元彼に依存してしまうのはなぜ?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

元彼のことを忘れられずに執着している自分が嫌だ…と悩んでいる女性はたくさんいます。

どうしても好きな気持ちが忘れられない、自分を愛してくれるのは元彼だけなのだ、そんな気持ちを抱えてずっと元彼のことを好きなのです。

頭では「もう次の恋に行かないと」と思っていても、心が止まっているから何もできない…ということはよくあります。

ここでは、このまま元カレに依存し続けていると後悔する理由をご紹介します。

気持ちと向き合って、ゆっくり依存心を取り払っていきましょう。

目次

元彼の事がまだ好きで辛い…依存してしまう女性の特徴

全てにおいて自分が1番じゃないと気が済まない

依存してしまう女性の特徴1実は、元彼に対して依存してしまうというのは「好き」って気持ちがそうさせているわけでもないんです。

確かに「まだ好き」という気持ちは大前提でありますが、好きって意外と使い勝手の良い言葉でもあり、一度付き合ったのだから元彼は自分以外の相手と付き合って欲しくないという感情を好きって言葉で丸め込んでいることも多くあります。

相手の幸せを願えないことも、相手が自分と別れて他の女性と楽しくやるのも、絶対に嫌!だって好きだから、といえば自分の仄暗い気持ちにも理由をつけることができるのです。

でも本当は、単純に「今まで私が1番だったのに、急に他の誰かを1番にすることは許せない」という感情が依存させています。

一度でも手に入れた相手に対して、別れてからもずっと自分を1番にしていてほしいという女性は案外たくさんいるもので、そういう感覚の人は交際相手のことを自分の所有物のように思っている傾向が高いです。

特に、元彼から「別れてほしい」と言われて別れると、執着心もひとしおで「私のことを好きでい続けてほしい」と思う感情から依存心が芽生えます。

まだ好き、という言葉の裏側には「私を捨てるなんて許せない」という憎しみにも似た感情が湧き起こっている可能性が高く、元彼に依存すうる女性の多くが抱いていることが特徴的です。

このタイプの女性は、自分が新しい恋愛を始める、元彼よりもかなりイケメンもしくはお金持ちなど、ステータスで大きくメリットを持っている男性が現れたら急にそっちに夢中になり、あれだけ依存していた元カレのことなんて思い出さなくなります。

つまり、自分が幸せなのはいいけど相手が先に幸せになるのは許せない、ということです。

1つ1つの恋愛に対して熱心になり過ぎる

依存してしまう女性の特徴2元彼のことを好きなまま、依存してしまう女性の特徴はとにかく恋愛に対して一生懸命になってしまう人です。

恋愛するたびに「この人が最後の恋!」「こんなに素敵な人とはもう出会えない!と心がパニック状態になります。

常に「本当に好き!」「彼以外考えられない!」という状態なので、そんな相手と別れてしまえばもう心が消滅したくらいに落ち込んでしまうものなのです。

いわゆる恋愛体質と呼ばれる女性が、元彼に依存しやすいと考えられていて、男性がいないと辛くて苦しい、1人の時間をうまく使えないなど弊害が起きます。

恋愛にのめり込みやすくて、ある意味自分の世界に入り込んでしまいやすい女性は、元彼に依存する傾向が高いです。

好きという気持ちは純粋なものだと思いますが、あまりにも熱心になりすぎると、いざ別れた時に気持ちが切り替えられないとかいつまでもずっと元彼のことを忘れられずに苦しみます。

ちょっと不思議なことに、元彼に依存しやすい恋愛体質の女性って、自分が恋愛で苦しんでいる姿を好むことが多いです。

「こんな風に苦しんでいる自分、可哀想!」と嘆き、そんなに恋愛に対して一生懸命な自分ってステキだと思います。

可哀想な自分をみんなに見てほしい、自分の気持ちを共有したいと思って、SNSなどで泣き顔の写真を投稿したり、ポエムを投稿することが多いのもこのタイプの特徴です。

恋愛体質の女性はナルシストなところも多く、恋愛していない自分は自分じゃないような気がして嫌なんです。

失恋し、センチメンタルな自分を楽しんだ後に「元彼に愛されたい自分」を演出し、本当に依存していきます。

つい元彼との思い出を全て美しいものにしてしまう

依存してしまう女性の特徴3恋愛の思い出って、苦いも甘いも別れてしまえば全てが美化されやすい記憶です。

特に元彼に依存しやすい女性は、どうしても記憶を美化しやすくて楽しかったことしか思い出さない人が多い特徴があります。

恋愛は一緒にいる時間が長ければ長いほど、楽しかったことも苦しかったことも多く、別れてしまうとそれらの記憶が一斉に美しい、儚いものになるのです。

別れるときにたくさん傷ついても、依存心や執着心の強い女性の場合は全てが美化されて「あんなに好き合っていたのだから、今でも私のことを求めているに違いない」と考えています。

実際、別れた時にひどいことを言われていたり、冷静に考えれば付き合っている時から、すでに関係が冷えていたとしても別れてからはすっかり傷つけられた気持ちを忘れてしまうのか、美しい日々だけに思いを馳せていきます。

「あんなに好きだった」「あんなに優しかった」そんな元彼の思い出に縋り、いつまでも自立ができません。

思い出に酔うタイプの女性は、基本的に悲劇のヒロイン、ナルシストな傾向があるので、失恋して苦しみ悲しんでいる自分にちょっとよっている部分もあります。

そのため、いざ元彼が復縁に対して前向きになってくれても、なぜか急に現実的になって「どうしよう?」と一歩引いた気持ちになってしまいがちです。

本当に好きなのか?元彼じゃなきゃダメな理由は?など総合的に考えて、自分の気持ちに向き合いましょう。

実は元彼に依存している自分のことが好きだっただけ、ということもあるので冷静になることが大事です。

自分に自信がなくて人を信じられない

依存してしまう女性の特徴4元彼に対してずっと執着心を持ち続けて、嫌いになれない、好きなままで苦しいと思っている人の多くが、自分に自信がありません。

執着心が強いのは、自分に魅力がないという自信のなさの表れでもあるので、本当に元彼のことが好きなのか、それとも単純に自分を愛してもらいたいだけなのか、ということをよく考えてみましょう。

自分に自信がなくて、必要とされたいといった気持ちが強い女性の場合、いざ元カレが自分の方に振り向いてくれたとしても、結果的にまた破局するということもよくある話なので、まずは十分に自分の気持ちを理解するようにしてください。

本当に復縁したい、元彼のことが好きだと思う場合、執着心や依存心は変化しません。
本当に復縁したい、元彼のことが好きだ、と思う場合に執着心や依存心には変化しません。

相手の幸せを願い、自分で身を引くことも1つの愛情表現です。

ただ、人間の気持ちというのは自分でもどうしようもないものなので、好きがパニックになることもあります。

自分に自信の気持ちというのは自分でもどうしようもないものなので、好きがパニックになることもあります。

自分に自信がないからこそ「自分のこういうところがダメで嫌われてしまったんだ」「直すからどうにかもう一度愛してほしい」と必死になることもあるので、元彼に対する気持ちを見直してみてください。

また、自分に自信がない人の多くが他者を信用できない傾向があります。

自信がないからこそ「笑顔で話してくれているけど、本当は嫌いなんじゃないだろうか」と不安に感じたり、別れた後も「本当は他に誰かいたから別れたかったんじゃないのか?」と気持ちが不安定になるのです。

どんどんその気持ちが膨らんでいくと、いてもたってもいられなくなり、元彼に愛して欲しい気持ちが爆発しやすくなります。

自分の感情を信じ込みたい

依存してしまう女性の特徴5だんだんとメンタルが執着心として生まれ変わってしまう理由で多いのは、元彼が自分を好きなままだと好感を持っているままだと信じたい気持ちが執着心に変化するということです。

「自分がこんなに好きなんだとから元彼だって受け入れてくれる」「今離れているのはちょっと冷静になりたいだけ」「本当は復縁を希望しているのだ」と言った、自分がこうなってほしいという願望を信じ込む力が、元彼への執着心につながっています。

願いは強く願えば叶う、とおとぎ話で言われていますが、現実的に強く願っていたとしても叶わないことも多いのです。

その点を理解できず、とにかく強く「自分は間違っていない」と信じ込むことによって、元彼のことを好きなまま忘れられなくなります。

好きな人と別れることは、どんな理由があるにせよ辛いことですし、認めたくありません。

でも、現実的に2人は別れているので、そのジレンマがどんどん精神的に自分を追い詰めています。

頭の中では2人は相思相愛だし、元彼だってまだ自分を好きなはずなのに、どうして別れてるんだろう?という疑問が出ていて、不安感ばかりが募っていくのです。

気持ちと現実がついて行かないので、精神的にもどんどん「自分を幸せにできるのは元彼だけ」と思い込むようになります。

新しい恋愛をすることは、元彼を思い出さなくなる、思い出にする方法でもありますが、執着心が邪魔をしてどうにもならないのです。

思い込みを自分で信じ込んでいるうちは、元彼じゃないと絶対にダメ、私は好きなままだし、きっと元彼は自分の元に帰ってくるんだ…と思っているからです。

どんなに周囲から「目を覚ましなよ」と言っても、こうした思い込み状態のうちは、るつぼにハマって何もできなくなります。

逆に、別れたことや復縁は遠いことを認めてしまうと急に自分が1人ぼっちになった気持ちになるので、いてもたってもいられなくなるのです。

別れた彼氏への執着を生み出すメンタルのしくみを理解しよう

過去の恋愛が起因して異性に対して疑心暗鬼になっている

メンタルのしくみ1人間は、誰もが恋愛をするとのめり込んでしまいますし、好きな人の好きな人でありたいと願っています。

その気持ちは間違っているわけではなく、好きな人に好かれたい、ずっと一緒にいたいと思っているからこそ恋愛関係になるわけです。

特に初めての恋愛は自分の異性に対する感情の基礎づくりにもなるくらい、とても重要なポイントになっています。

ただ、多育の場合は「初恋は叶わない」とか「初めて付き合う男性は結構ダメな人が多い」など、初めての恋愛はうまくいかないことがほとんどです。

なぜなら、初めての恋愛は相手も初めて女性と付き合うということが多く、お互いが恋愛に不慣れすぎてどうしたらいいのか戸惑ってしまい、結果的にお互いを傷つけてしまったということが多いからだと言えます。

また、年上の男性に惹かれる女性も多く、初めての恋愛に浮かれてしまって、結局相手の本質を見極める力がなくて傷つけられることも多いです。

こうした、初めての恋愛の失敗に関しては、本来なら自分の次にする恋愛で昇華させられるはずですが、中には初めての恋愛で心がボロボロになってどうしようもなくなる人もいます。

その場合、初めての恋愛で傷つけられたインパクトが強すぎて、次にする恋愛対しても臆病になる人が多いです。

「また傷つけられるのでは?」「好きって今は言ってるけど、本当は違うのでは?」など、本当に好きな人なのになぜか信じられなくなって、気持ちを確認するような行動をよくします。

そうすることで、男性が自分のことを好きなのか明確にわかるので、安心したいのです。

男性としては、こうした行動をとる女性と一緒にいるのは非常に疲れるため、別れたくなる人が多く、するとまた「あの時言っていたことは嘘だったの?」と気持ちが堂々巡りになります。

別れたとしても、自分を安心させたくて「当時の言葉は嘘だったのか」「好きじゃなかったの?」といった元彼の感情を再確認したいがために、執着していくのです。

つまり、執着の始まりは過去の恋愛が植え付けた異性への疑心暗鬼な気持ちだといえます。

本来なら、恋愛ってもっと楽しいものですし、終わってしまっても元カレが男性の全てじゃないってわかりますが、執着心にメンタルが変化してしまいやすい女性はなかなか気持ちを変えることができません。

物事を考えすぎる傾向があるので、その点でも元彼に執着してしまいやすいんです。

何事にも強いこだわりを持ってしまう

メンタルのしくみ2執着心、というのは裏を返せば自分のこだわりです。

いわゆるガンコ親父のような感覚で、自分がこうだ!と思ったことはとにもかくにも曲げたくありません。

恋愛に置き換えると、自分が好きになった人が自分を嫌うわけがない、自分のことを好きなはずだ、他の人と一緒になるなんて考えられないという元彼に対してのこだわりを持つことで、執着するようになります。

恋愛に執着しやすい人は、何事にもこだわりが強い傾向があり、自分の感覚から1mmでもズレるとイライラして仕方がなくなります。

自分はこう思うのに、相手がこうしてくれない、物事がうまくいかない、そういったジレンマを抱えやすくて、自分を追い込みやすいです。

自分を追い込んで、悲しくなった先に「結局自分の思うように動いてくれない相手が悪い」とメンタルが良くない方向に進んで、執着します。

相手が間違っているのだから、自分の正しさを相手に教えたい、自分は間違っていないのに否定されたくない、という感情が募っていき、執着になるのです。

こだわりを持つことは、自分の考えを持つといったことにもなるので、ステキなことですがこだわり過ぎることはよくありません。

こだわりに対しても、時と場合によっては柔軟に変化させる必要がありますし、特に恋愛に対してこだわりを持っても非常に難しいものがあります。

自分にとっていかに元彼が大事な存在だったのか、という気持ちを別れてから気付くこともありますし、そもそも「別れたことに納得がいっていない」と思えば、こだわりが強くなるのも不思議な話ではありません。

ただ、こだわるあまりに元彼の気持ちを無視してしまうこともあるのはNGポイントなのです。

恋愛は2人でするものなので、元彼にこだわりすぎて相手の気持ちが疎かになってしまうのは、復縁に程遠くなります。

相手に自分の気持ちを理解して欲しい

メンタルのしくみ3執着心が芽生える理由の1つとして、自分を理解してほしい気持ちの表れでもあります。

こんなに好きなのに、どうして理解してくれないんだろう?もやもやした気分のままだからこそ、元彼に執着してしまうものです。

人は自分が理解できないもの、納得できないものに対しては冷たいですし、興味を持とうとはしません。

恋愛においても同じような感覚があり、自分が理解できない相手のことはなかなか好きになれないといえます。

だからこそ「きっと元彼は私のことを理解していないから別れる道を選んだん」と思うようになり、自分をわかって欲しいと強く願うことで、元彼への執着心がむくむくと大きくなっているのです。

わかってくれさえしたらすぐに復縁ができる、きっとまた好きになってくれる、そんな願いを強く持っているので、いつまでも元彼のことを忘れられないのです。

好き、という気持ちは純粋なのに、執着が入り混じるとどうしてもあまり美しいものではありません。

単純に一方的に相手のことを追いかけ回しているような印象に映るので、理解してもらえるどころか嫌がられることの方が多いです。

でも、執着心で元彼に一生懸命になっているうちは、そういうことにあまり気付くこともなく、とにかく元彼を追い回すこと、執着し依存することが自分の使命感のように思ってしまっています。

本当は、相手に好きだという気持ちや自分自身を理解して欲しいのであれば、きちんと向き合うこと、相手の気持ちを尊重することが大前提です。

どれだけ相手のことを思っていたとしても、一方的なら単なる押し付けになるので、避けてください・

このまま元カレに依存し続けていると将来的に後悔する事

自分の幸せが遠のいていく

将来的に後悔する事1振り向いてもらえない元彼に依存し、執着していても後悔してしまうことは非常に多く、特に自分の幸せが遠のいていってしまうことは大きな後悔となるでしょう。

どうして後悔するのか?というのは、すぐに理解はできません。

例えば、長年元彼だけに依存して、気づいた時には周囲は結婚も出産も済ませていて、家族を築き上げているというような状況だったとすれば、そこでふっといつまでも新しい恋人もできず1人でいる自分に気づきます。

周囲が新しい恋愛、家庭を築いている時に自分はただ元彼に依存し、叶わぬ復縁や復縁できたとしても同じことの繰り返しになっていたということは、自分の幸せを疎かにし、本来なら築けていた幸せが元彼に依存することによって遠のいてしまうのです。

元彼への依存心をなくして、しっかりと自立していたとすれば、本当はもっともっとステキな人と出会えたかもしれませんし、魅力的な男性との結婚がまっていたかもしれません。

どれもこれも元彼に依存しなければ、手に入れることができたような幸せなのです。

元彼に対しての依存心が招くことは、自分の幸せに背を向けることと同じだといえます。

依存する、執着するということは「この世界で元彼しか男性はいない」と思い込むことで、自分の元彼への感情は正常だと信じ、元彼のことを思い続けます。

だけどそれは、自分に対しての言い訳でしかなく、後悔した時に多くの女性は「もっと早く元彼への依存心を解放していれば、こんなことにならなかったのに」と後悔するのです。

人生に満足感を得るためには、何をするべきなのか、自分の幸せって何なのかということをよく考えなくてはいけません。

本当に元彼が自分の最善の幸せなのか、自分が思い描く将来って何か?をイメージすることです。

今、あなたは幸せかどうか考えてみましょう。

そして、あなたがどう幸せになりたいのか、そのために必要なことは何かをきちんと丁寧に考えることで、元彼への依存心は気持ちを疲れさせるだけだと気付くはずです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

自分の大切な時間を消耗していたことに気付く

将来的に後悔する事2依存心が強くなっている時は、右も左もわかりません。

「元彼と復縁したい」「まだ好き」そういう気持ちに支配されいると、自分が今何をすればいいのか考え方は?など、あらゆることに関して正しく自分のために判断をすることはできないのです。

元彼に依存することだけに執着してしまうと、なぜか1日1ヶ月1年と大事な時間全てを元彼を思うことだけに費やしてしまいます。

たった一度の人生を元彼という呪縛によって制限されてしまうのは、とってももったいない考え方です。

もっと広い視野を持ち、自分のことを第一に考えてみることが大事なのに、元彼に依存していることで全然自分に対しての気持ちがおそろかになっています。

復縁するために行動し、一生懸命になることはステキなことですが、だけどその時間は自分の貴重な時間を費やしていることをよくよく思い出してください。

そして、その時間の使い方は果たして自分にとって正しいのかどうか?自分は元彼に執着して輝いた毎日を過ごしているのか?などを考えてください。

執着し、依存しているその瞬間もあなたの時間はどんどん過ぎています。

出会うはずだった人とも出会わないでしょうし、夢見ていた結婚や子育てができる年齢もあっという間に過ぎていってしまうかもしれません。

元彼に対しての気持ちが残っている中で、新しい出会いに向けて足を運ぶことは、自分としてもとても悲しい行動ですし、なんだか自分の気持ちに嘘をついているような気分でしょうが、それは自分のこれからにとっては健全な行動だと思いましょう。

一生懸命になるものを間違っていることで自分の道も見失う

将来的に後悔する事3執着や依存は、自分の時間全てを費やしたとしても後悔しませんし、間違っているとも思いません。

元彼に依存している今この瞬間が自分の全てで、それに伴っては何があったって別に構わない、とすら思っています。

それぐらい、自分の心の中で元彼が溢れているので、自分の時間はないのです。

でも、一生懸命になってもよいものというのは自分のためになることだといえます。

例えば仕事、例えば新しい恋愛、趣味など頑張ることで自分が良い方向に進む物事に対しては一生懸命になることによって得られるものも多いですし、自分を高めていけます。

元彼に対して一生懸命になったところで、元彼はあなたに何をもたらしてくれるのかということをよく考えてみてください。

元彼のことばかりを考えて、日々の効率が悪くなり、仕事でも集中できなくて評価は下がるなどよいことはありません。

友人たちとの時間よりも元彼のことを考え、SNSを追いかける時間を大事にしているので、周囲との壁もできやすいです。

そうこうしているうちに友人たちは次々と結婚していくでしょうし、残った独身はあなただけだったということは変わった話でもありません。

元彼に依存していると、なぜかオンオフの切り替えが効かなくなる人が多く、物事に集中できなくなります。

だからこそ依存だといえますが、大人の女性として魅力的な毎日を過ごすためには、一生懸命になるものに対して考えた方が良いです。

自分の時間を元彼に費やして何か成長できるのか、自分を魅力的にできるのかということを考えるようにすると、少しずつ自分の現状に気がつくはずです。

だんだんと元彼に対して憎しみが募っていく

将来的に後悔する事4自分が元彼に対してとても愛情を費やしてきたこと、表現をしてきたことに自信を持っています。

「こんなに尽くしたんだから報われて当然だ」という気持ちが強いので、元彼と別れた後も未練となって残りやすいです。

恋愛というのは「自分がいかに相手を好きか」「どれだけの期間好きだったか」といった感覚は全く関係なく、恋愛は双方の感情が同じかどうか、だけだといえます。

自分が好きだから、相手も好きになる確証はどこもありません。

お互いの気持ちが一致して初めて恋愛は成り立つもので、だからこそ尊い感覚なのだと理解してください。

破局をした、ということであればそれだけ何かしたら相手に嫌な部分があった、自分の気持ちに変化が起きたといったことでもあるので、なかなか関係を修復させることは難しいです。

一度壊れたものを直そうとしても、全く同じものにはなりません。

どこか歪みやヒビが入ったままでしょうし、お互いの関係性も付き合う前に戻る訳ではないといえます。

以前付き合っていた人に対して、いつまでも依存するような女性はこうした感覚がなく、復縁ができれば全て元通り、と思っている傾向が高いです。

「ここまで好きだったのに」「ずっと好きなのに」と、徐々に自分の気持ちを理解してくれないことに苛立ちを感じています。

復縁さえすればOKなのに、どうしてわからないのか、どうして自分を受け入れてくれないのか、そんな風に思うようになると好きな気持ちが裏返って憎しみを抱くこともあるのです。

ストーカー、まではいかなかったとしても、執着心が段々と相手に対する憎い気持ちが増えていくといっそう元彼に固執するようになります。

「もう忘れてしまった方が気持ちが楽なのに」と思いながらも、どうしても自分じゃ抑えきれなくなるのです。

執着、という感情は自分の正常な判断能力を失わせ、単純に元彼への気持ちだけを膨れ上がらせてしまい、もう引き返せないようなところまでいってしまいます。

依存心が深くなればなるだけ、自分の意思で自立した気持ちに引き返すことは、できなくなることもありますし、難しいと感じるかもしれません。

一度溢れ出した執着心、依存心は、自分が思うよりもずっと根深く、知らぬ間に増殖してしまうんです。

自分がとても小さく女々しい存在に感じる

将来的に後悔する事5依存している、執着心がある自分というのは、気づいていないうちは何もおかしなことをしているような印象はありません。

自分はただ相手のことを思い、好きでいることが変なことではないでしょう?と感じて、一生懸命元彼に対して依存しますし、執着します。

大好きって、気持ちが悪いわけないし、好きでい続けることができれば元彼だって自分に振り向いてくれるはずだと信じています。

でも、あなたが一生懸命元彼に執着しているうちに周囲からも「いつまで元彼のこと引きずってるんだろう」と呆れられてしまうようになるのです。

自分の気持ちは間違っていない、元彼のことを好きなのは変な話じゃない、と思っているからこそ、ずっと依存し執着しますが、周囲から見ればそれは単純に「女々しい女性の行動」にしか見えなくて、ダサいなって思われてしまいます。

未練に対して一生懸命になっていると、自分の行動について振り返ることはできませんし、本当に相手に対して好きなのかという事実に関してはよくわからないものです。

「好きだから行動してるに決まってる」と思っていても、実は単純に相手に執着してるだけで自分の気持ちがよくわからないという人も多く、依存から解放された時には自分がいかに女々しかったのかを知ることになります。

そんな自分に気づいた時、当然周囲からも似たようなことを思われているんだろうなと知ることになるので、非常に恥ずかしい気持ちになるのです。

「どうしてあんな風になってしまったんだろう」「恥ずかしいことをしていた」と気づいた時には、周囲からの評判も変化していますし、自分の時間も消費した後だといえます。

依存をやめたい女性が元カレへの未練を捨てて前に進む方法

1つずつ元彼を思わせるものを消していく

未練を捨てて前に進む方法1元彼に依存しているとき、電話番号もメールアドレスもSNSも何もかも消し去ることができません。

写真も捨てられないですし、手紙やもらったものなど全部残している人がほとんどです。

好きな人との思い出を忘れられていないわけですから、元彼を感じられるものを失うのは身を引き裂かれるような思いになります。

自分の置かれている現状に気づかず、自分の気持ちが一方的に溢れている状態の場合、なかなか連絡先を消すとか、写真やもらったものを捨てる、というのは結果的に気持ちを落ち込ませてしまうだけで、実りはありません。

「どうにかして依存をやめたい、でもどうしたらいいかわからない」と悩んでいるのであれば、まずは何か1つでもいいので元彼を思い出させるものを捨てましょう。

例えば、元彼がしているSNSを見ない、削除する、自分のアカウントも消してしまうことから始めてみるとか、スマホに残っている写真データを1日10枚ずつ消すとか、本当に些細なことでいいのです。

消すこと、捨てることに意味があるのでちょっとずつ慣れていってみてください。

最初の頃は10枚消すだけでも涙が出たのに、しばらく経ったら一気に全部消してしまってもなんとも思わなくなります。

連絡先を消し、写真やもらったものを捨てることで、少しずつ元彼の面影を消していってしまいましょう。

人間は、案外頑丈に作られていて、絶対元彼じゃないとだめなんてことはありません。

むしろ、元彼に囚われている状態の自分のメンタルの方がまずことを理解してください。

ただ、一気に全てを捨てたり消去することは避けてください。

自分の中に全く免疫がついていない状態で元彼の全てを消し去ってしまうと、逆に「どうしてあんなことしたんだろう」「もう何もかも消えてしまった」という苦しみが芽生えてしまって、執着心が増していくばかりです。

そのため、少しずつが基本になります。

婚活しちゃおう

未練を捨てて前に進む方法2元彼を忘れたい、依存心を捨てたいと思った時、ちょっとは無理やりな方法の方が効果的だったということも多いです。

試してみて欲しいのは、いっそのこと婚活してしまうことです。

恋愛を飛ばして、一気に結婚相手を探す方が、自分としても気持ちのきりかえができるし、結婚と恋愛は別の視点でみることが可能なので、元彼と新しく出会った人を比較することはありません。

恋愛に対しては、どこか甘い夢を見ている女性も結婚に対しては非常にシビアな気持ちなりやすいです。

きちんと「将来的に幸せになれるのか」「生活に困らないか」そんな風に結婚に対しては考えた上で、相手選びをするので元彼への未練等々のことは関係ありません。

恋愛ということだけを考えれば、元彼が1番かもしれませんが、結婚となると少し違う感覚を持つので、いっそのこと婚活することで自分の気持ちを変化させられます。

未練が残り、いつまでも元彼に執着しているうちは結局自分の気持ちを切り替えることもできないですし、新しい一歩を踏み出すことだってできません。

好き、という気持ちが溢れてしまうと自制心が効かなくなり、周囲のことも相手のことも自分のことですら良くわからなくなります。

自分が本当はどうしたいのか、元彼に対しての愛情は真実なのか、復縁したい気持ちは?復縁してどうなりたいの?そんなことばかりを考えてしまうのです。

転職や引っ越しも1つの手

未練を捨てて前に進む方法3例えば、元彼と同じ職場、自宅や生活圏が同じということであれば、どうしても偶然元彼に出会う可能性だってありますし、なんとなく「どこかで出会えるかも」と期待すらします。

そうなれば、いつまでも依存してしまいかねませんし、心のどこかで「いつか復縁できるかも」という希望の光が消えることはありません。

元彼が身近に感じられていることが、自分の未練を引き起こしているのだということに気づいたのであれば、思い切って転職したり引っ越しをすることも必要です。

新しい土地や仕事で奮闘しているうちに、元彼のことを思い出す時間が減っていくこともありますし、新しい場所で新しい出会いに恵まれるかもしれません。

本気で元彼のことを忘れたい、未練を捨てたいと思うのであれば、心機一転新しい場所でチャレンジすることも1つのてだといえます。

自分の心の中で、どのように行動することが元彼をしっかりと忘れられる方法なのかを向き合うことで、心の苦しみをなくすこともできますし、無理やりでも自分を前に向かせることができます。

元彼に未練を残して依存している状態が、1番自分を苦しめているのだということに気づきましょう。

元彼への執着を手放したいのに余計依存してしまう逆効果な対処法

思い切って連絡をしても依存心が増加するだけ

逆効果な対処法一元彼のことを忘れられず、モヤモヤと依存している状態の人でやりがちなのが、思い切って元彼に連絡をすることです。

こんなに忘れられないのだから、いっそのこと連絡をしてもう未練を忘れたい、という方法になります。

確かに、自分から行動することによって元彼との接点を設けることもできますし、復縁に向けて行動できるかもしれません。

ただ、うまくいけばいいですが、もしもうまくいかなかった時、今度こそ諦めきれなくなってしまうことも多いです。

元彼に連絡をして、いっときはやりとりができるかもしれませんし、気持ちが落ち着くかもしれませんが、現実的に復縁が絶対に成功するというわけでもありませんし、成功しなかった場合また連絡したい気持ちがわき起こって、何かにつけて連絡する可能性が高いです。

また連絡をして元彼から返信がないと「あの時はしてくれたのに」「他の誰かがいるんだろうか?」そんなことばかりが気になっていき、ますます依存してしまいます。

未練を断ち切るために行動したことが逆効果になるのは非常に悲しい出来事なので、復縁のために行動するのであれば別ですが、未練や執着を断ち切るために連絡するのであればおすすめはできません。

友達に自分の気持ちを伝えてもらう

逆効果な対処法2復縁の王道の行動で、友達経由で手助けしてもらう方法があります。

共通の友人を通して元彼との掛橋になってもらう方法ですが、執着を断ち切るためにあなたの気持ちを元彼に伝えてもらっても、元彼としては「それを言われてどうしたらいいの?」と困ってしまうのです。

もちろん未練があるみたいだよ、と伝える人はいないでしょうが、元彼のことを忘れられないみたいというような言い方をされるかもしれません。

あなたとしても気持ちを切り替えて、前を向くために1つの区切りのような気持ちで伝えてもらうのでしょうが、元彼としては急に友達経由でそのようなことを言われても、困ってしまいます。

本当に好きなのであれば、元彼に対して嫌な思いをさせたくないとか、自分がされたら困るかな…というようなことは避けるものです。

第三者を巻き込んで自分の気持ちを優先して伝えようとしていること自体、すでに独りよがりになってしまっていることに気づきましょう。

好きなら、相手の幸せを願うものだ、という意見も多いですが、好きだからこそ、相手の幸せのそばに自分がいたい、と思うことも間違っていないですし、自然な気持ちだといえます。

ただ、自分に一生懸命になりすぎて、相手を傷つけたり嫌われてしまうようなことがあれば、とても虚しいことだと思ってください。

お酒に逃げることは気持ちを落ち込ませるだけ

逆効果な対処法3執着心から解放されたくて、他のもの執着する人は意外に多いです。

例えば、芸能人の追っかけをするとか1つものを収集する、というような個人の趣味として楽しめるものであれば、心の平穏も保つことができます。

問題なのは、お酒やギャンブルなど依存しやすいものに対して流れていくことです。

女性の場合、ギャンブルに対しての抵抗感が強い人も多く、あまりすぐに依存しないかもしれませんが、お酒は別です。

すぐに手を出せますし、飲み始めの最初は楽しい気持ちにもなるのでどんどんお酒の量が増えていきます。

少しずつお酒がないと眠れないとか、気持ちが落ち込むというようなことになってしまうと、自分自身の変化を感じるかもしれません。

元彼に執着したり、依存するようなタイプの女性は、何かにつけて頼りたい、守ってほしい、必要として欲しいという気持ちが強い傾向があります。

そんな気持ちをお酒は満たしてくれやすいですが、結局お酒を飲んでいる時に元彼のことを考えて泣いてしまったり、酔っ払って大きくなった気持ちのまま、元彼に時間関係なく連絡をするなど本来の自分じゃない行動をすることも考えられるのです。

元彼の代わりに何かに依存しても悲しいだけですし、お酒の影響でますます元彼に対して依存心を持ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、別の何かに依存しようと目を逸らすのはやめましょう。

依存や執着はあなたの魅力を半減させてしまう

元彼に依存してしまうのはなぜ? まとめ元彼に対しての依存や執着心は、現実的にいえばあなたの幸せを逃してしまっていることと同じです。

まだ好きだから、思い続けていたらきっと元彼は自分の気持ちに気づいてくれる…そんな風に思っていても、実際はそういうわけではありません。

別れた原因を解消しているとか、元彼とも良好な関係を持っている、という場合なら別ですが、単純に自分の中で元彼の存在が大きくなって、依存しているといった状況であれば危険だといえます。

元彼にこだわるよりも、もっと広い視野を持って自分の幸せを見つけてみてください。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事