別れて1ヶ月で連絡してきた元彼の本音の見抜き方&目指したい関係ごとのベストな対処法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「元彼が別れて1か月で連絡してきた」「あの人の本音が知りたい」と思っているなら、現状の心理を知っておく必要があります。

恋愛を続ける事が出来ないと判断して、辛い決断をしてからたった1か月。

彼が何を考え、どんな思いなのか、期間ごとに心理は変わっていくので、別れて1か月で連絡してきた場合の元カレの本音について、徹底解説していきましょう。

今後、同じ相手ともう一度付き合いたいのか、友達や知り合いとして新たな距離感を作っていきたいのか、あなたが目指したい関係ごとの対処法までお伝えしますので、ベストな方法で応対して、満足のいく結果を手に入れてくださいね。

未練タラタラな気持ちを見抜くポイントや、既に友達感覚になっている元彼からのLineや電話の内容まで、言動から心の中身を知る手がかりもありますよ。

目次

別れて1ヶ月で連絡してきたのはなぜ?元カレの本音

「どう考えても納得できない!」別れた理由をもう一度話し合いたい

1か月経過した頃に連絡をしてきた元カレの本音は、別れた理由について「どう考えても納得できない」と、もう一度元カノと話し合いをしたいと願っているものです。

一度は受け入れた別れを、蒸し返すことは、男性にとって「器が小さい」「女々しい」と言われかねない問題となります。

彼女の方から終わりを告げられた時、現実をすぐには理解できないことも。

その場で「考えさせてほしい」と言ったところで気持ちが変わらないことが分かっていれば、「受け入れるしかない」と悟るはずです。

「拒絶したところで、気持ちが無くなった時点でもう終わりなんだ」と勘の鋭い男性であれば、抗うことなく彼女の言葉を飲み込みます。

離れてからも、彼の頭の中では、何度も彼女の言い分を繰り返していると、どうしても腑に落ちない点がある事に気が付くのです。

「もしかして勘違いがあったのかな」「あの言葉がどうしても引っ掛かるな。どういう気持ちで言ったのか確認したい」と彼女ともう一度話し合いたい気持ちが募っていきます。

モヤモヤした状態で半月過ぎ、連絡をしてもいいものかとさらに2週間悩み、ようやく1か月経過した頃に、「やっぱり話し合おう」と決意出来るため、連絡という手段に行きつくわけです。

「そろそろ寂しくなって後悔している頃かな?」相手の反省を見込んで復縁狙い

繋がりを自然に再会させる話題3

1か月たって連絡してくる元カレは、「そろそろ寂しくなって後悔している頃かな?」と元カノの気持ちを想定して、「やり直してもいい」という気持ちになっています。

そもそも元カノの心は、変わらずに自分の事を好きでいるはずという前提があるカレ。

彼女から別れを告げられた時にも、「はいはい、少し時間を空けて連絡をすれば、元に戻れるでしょう」と考えて、安易にOKを出しています。

すぐに感情的になったり、口癖のように「別れる」と言ったりする女性であれば、彼氏は破局に対して大きな意味を感じなくなるのです。

破局と復縁を繰り返していたり、実質的に別れていなかったりするやりとりが、過去に何度もあれば、「そろそろ、戻る時期かな?」と連絡をし始めます。

頭を冷やすためにも、適度な距離感を持続するためにも、別れからすぐに行動を起こす事はありませんが、お決まりのパターンだと思っていれば、1か月くらいした頃に仲直りを仕掛けるはずです。

「忘れようとしたけど無理!」会いたい気持ちを我慢できなくなった

終わりを迎えてから、ひと月で連絡をする男性は、「忘れようとしたけど無理!」とグッと堪えていた会いたい気持ちを、我慢できなくなったという本音を抱えています。

このパターンの場合は、別れを切り出したのが、女性とは限らず、男性が自ら振った場合にも起こり得る事です。

「もうこの人とは付き合えない」「気持ちが変わってしまった」とどちらかが思い、付き合いを解消する提案をし、同意を得た終わり方でも、時間の経過とともに、決断が間違っていたと気付くことがあります。

「気持ちを切り替えて、仕事に専念しよう」「しばらく恋愛はコリゴリ。自分の時間を謳歌したい」と考え、初めの内はあれこれやりたかったことに手を出したり、友達と楽しい時間を過ごしたり、会社にこもって打ち込むなど、行動をガラリと変化させるはずです。

新たな生活を手に入れて、一見充実しているかのように思えるのですが、どこかで物足りなさを感じます。

「元カノの事は、もう忘れてしまおう」と思うほど、会いたい気持ちが募り、我慢できなくなるのが、この頃です。

やり直すためのいい方法を思いついた

「やり直すためのいい方法を思いついた」という本音を持って、元カノに連絡をするのが4週間経過した時期です。

別々の日常を送るようになってからも、「どうにかしてやり直せないかな」「いつから心が離れてしまったのかな」と考えても、パッと妙案が浮かぶ事はありません。

最後を迎える前までも、散々悩んで決めているはずだし、何度もどうすれば上手くいくのか話し合ってきたカップルなら、破局という事実は、最終決断と言えます。

簡単に覆せるものではなく、性格を良く知って理解しているからこそ、何か方法を提案した後の反応も想像が出来るのです。

理解し合っているカップル程、画期的な発想が浮かびにくくなっています。

そんな状態でも、今まで試したこともない方法が思い浮かんだ時、「これなら上手くいく」「やり直して、仲良しに戻れる」と思えると、ウキウキして教えたくなるわけです。

一人で時間を使う事に飽きてしまった

一人で時間を使う事に飽きてしまったという本音を持っているのが、4週間経過した時期の元彼氏。

男性は、恋人がいる時期には、趣味の時間や仕事仲間とのお酒を飲みに行く時間、残業をしてまで打ち込みたい仕事など、全てにおいて、セーブを掛ける事があります。

「飲みに行きたいけど、仕事終わりの電話を待っているから止めておこうか」「しばらくこのプロジェクトに打ち込みたいけど、デート出来なくなると起こるから、最低限のことだけやっておこう」「本当は、一人で釣りに行きたいけど、付いてくるって言うだろうな」と自分だけの時間を我慢しているのです。

別れた事で、今まで我慢していた自分の時間を堪能しますが、沢山やりたいことがあるわけではないので、時間を持て余すようになってしまいます。

集中しても2週間。

その後は、ふと思い浮かぶやりたい事をやってみたり、たまにしかできない掃除やDIYに取り組んでみたりしますが、褒めてくれたり、喜んでくれたりする彼女がいなければ、集中力も持続しないところです。

彼女との会話が、心救われていたのだと気付き、声を聞きたくなります。

別れて1ヶ月頃に来た元彼の連絡から実は未練タラタラな気持ちを見抜くポイント

やけに元カノの様子を聞いてくる

未練タラタラな気持ちを見抜くポイントは、やけにあなたの様子を聞いてくるという言動です。

元カノの事を忘れられないと感じている彼にとって、約30日という期間は、あまりにも長く感じます。

毎日、どんな風に過ごしているのか、気持ちに変化が起きてはいないか、あなたの事が出来になって仕方がありません。

恋人ではなくなっているため、気軽に連絡するわけにもいかず、まだ声をかけるきっかけすら見つけられていない時期なので、モヤモヤは募るばかりです。

ようやくコミュニケーションを取る勇気が出て、ラインや電話をした時には、聞きたいことが山ほど出てきます。

今まで一人で悶々と考えていた、あなたの状況や気持ち、普段の生活に変わりはないかなど、一気に質問を投げかけてくるはずです。

相手も同じように、「自分の事を気にかけてくれていたら嬉しい」と期待を込めています。

会話がかみ合っていなくても一方的に話題を振ってくる

彼の未練を見抜くポイントは、会話がかみ合っていなくても、一方的に話題を振ってくるという態度です。

恋人としている事が出来なくなれば、交際中にすれ違ってきた日々や考え方の違いなどが脳裏によぎり、どんな会話をしていたのか忘れてしまったり、楽しいと感じていた掛け合いが分からなくなったりと、気まずさを感じます。

少し時間が経過している事もあり、「何から話そう」「会話が続くかな」と不安を抱いていてもおかしくはない状況です。

そんな場面でも、彼はあなたと話せる機会がやってきた事が嬉しくて仕方がなくて、次々と言葉を投げかけてきます。

「とにかく沈黙を避けたい」と思っているため、弾丸のように言葉を紡ぎだすのです。

言葉を投げかけてはいますが、元カノからの返しを受け取る余裕はなく、返事をもらっても、耳に届かず、次に思いついた話題を投げます。

会話がかみ合っていなくても、気が付いていない状態。

「とにかく、会話を続けないといけない」「黙ってしまうと気まずい」と思ってしまい、嫌われたくないという気持ちが強いため、一方的であっても、ひたすらしゃべり続けます。

理由をつけて会おうとする

未練を見抜くポイントは、理由をつけて会おうとしてくるという言動です。

本来、別れた相手に会う用事は、ないはずです。

付き合っていた時に、貸し借りしていたものでも、よほど重要なモノでない限りは、処分をお願いしたり、配送を頼んだりします。

気持ちがすれ違ってしまった二人が、直接会うというのは、とても勇気のいる行動です。

自分が会おうとする側ならまだしも、言われた方がどんな気持ちかを考えたら、「嫌がるかな」「余計に傷つけてしまうかな」と遠慮するように考えが傾く事もよくあります。

好きだったからこそ、気持ちを想像する事が出来る関係。

「別れたのに会うとなったら、気まずいよな」と分かっていても、理由を見つけて顔を合わせる機会を作るのは、「会いたい」「声が聞きたい」「話し合いたい」と強い気持ちがあるからです。

彼の心の中には、あなたに触れられるほどの範囲に行きたいと思えるほどの衝動があるという事。

断ち切れない想いを窺わせる態度です。

別れた事の後悔や反省を話す

別れた事の後悔や反省を話し始めるのは、未練があるポイントと言えます。

既に、終わったことを蒸し返して話題に出すのは、関係を修復したいと思っていたり、彼女の中の自分のイメージを良くしておきたいと願っていたりするからです。

未練がなければ、過去の事として「どうでもいい」と考えます。

「自分のイメージが悪くなったかな」「街で偶然見かけたら、声を掛けられないほど気まずいな」と思ったとしても、わざわざ好感度を上げておく必要がありません。

破局からひと月もすれば、様々な想いが巡ります。

「言い過ぎたな」「あの態度はよくなかったな」「おかしいと思った時に言えばよかったんだ」など、反省する事や「たら」「れば」ばかりが浮かぶところです。

ようやく連絡をしたのだから、心に募っている詫びる気持ちを伝えたくなっています。

「あの頃は、本当に自分勝手でごめんね」「もっと上手くやれたはずなのに、気が付かなかった」と謝ったり、思考をめぐっている後悔を言葉にしたりして、二人の間にある問題を解消しようとするのです。

付き合っていた頃の不満をまだタラタラ言ってくる

未練を見抜くポイントは、付き合っていた頃の不満を、未だにタラタラと言ってくるところです。

愚痴、不満、不服を言葉に出してきている時点で、聞いている方はうんざりしてしまいます。

「もう終わったことをいつまで言っているの」「しつこい」と腹が立つ人も少なくないはず。

彼が、もうどうでもいいはずの事をいつまでも根に持っているのは、あなたに期待をしているからです。

彼の愚痴や不満は、あなたに対して「こうなってほしい」「こんな風に期待をしていた」という気持ちの裏返しと言えます。

素直に表現してくれなければ、分かりにくいので、多くの場合は喧嘩に発展したり、絶縁したりと、良くない展開へと進んでしまうものです。

あの人の期待は、いわば願いでもあります。

「君が、こうなってくれたら好きなままでいられたのにな」「嫌わずに済んだのにな」という残念に思っている気持ちです。

回りくどい言い方や酷い言葉のチョイスであれば、聞くだけでもうんざりしてしまいますが、愛情の裏返しなので、無下には出来ません。

別れて一か月ですでに友達感覚になっている元彼からのlineや電話の内容

共通の友達の面白かった話をする

既に、友達感覚になっている元彼からのLINEや電話の内容は、共通の友達の面白かった話をする事です。

友達とは、何でもない話を面白く笑い合いたいもの。

恋人とは、何でもない話から、喜びや悲しみ、苦しみや学びなど、様々な感情を共有したいと願います。

元カノに未練がある場合には、共通の友達の話をするにしても、出来事を通して、相手が「○○って言われているみたいだ」「私達も○○について考えた方がいいね」と一緒に思考を巡らせるような案件を持ってくると、濃密な時間を過ごせるはずです。

単純に、面白おかしく、サラっと終わってしまう話をしてくると、「そうなんだ」と返事をすれば、会話は終了してしまいます。

相手の反応が分かり切っている話題を持ってくる時点で、単調な会話でも構わないと考えている事がうかがえるのです。

別れて1か月で共通の友達の話題を出すのは、思惑があるか何も考えていないかのどちらか。

まだ、相手の気持ちが整理できているか分からない時点で、何でもない面白話をするのは、何も考えていないからだと言えます。

新しい恋の相談をもちかける

既に、友達だと思っている場合の元彼は、新しい恋の相談を持ち掛けてきます。

ラインや電話など、顔を見ないケースのコミュニケーションツールは、思わず言わなくてもいい事を言ってしまうものです。

頭の中で一杯になっているものが、つい口を突いて出てきます。

元カノに恋愛相談をするのは、よほど時間が経過してからが通常です。

1か月程度で、次の恋の話を持ち掛けるのは、酷だと言えます。

彼の頭の中は、既に新しい恋の相手で埋め尽くされており、友達感覚になっている元カノに、話を聞いてもらいたくなるのです。

あの人にとって、一番身近な異性であり、恋愛に関してアドバイスをくれそうな相手として、あなたの顔が思い浮かんだはず。

「何かアドバイスくれないかな」「女の子に付いて教えてもらいたい」と思っているのは、もう恋愛対象として見られていないことを意味しています。

合コンを開いて欲しいとお願いしてくる

合コンを開いて欲しいとお願いしてくる元彼は、友達感覚になっていると言えます。

破局からさほど経過していないのに、合コンをする事は、一般的に見ると普通かもしれませんが、別れた元彼女からすれば「早すぎる」「誠意がない」と思われがちな事です。

別れた本人としても、半年もたたないうちは元カノに頼むのは気が引けるもの。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

けれども、カレの気持ちが既に吹っ切れていて、友達として認定している状態であれば、他の女の子にお願いをするのと同じ感覚になります。

むしろ、元カノの友達回りを知っていたり、同じタイプが集まっているだろうと予測出来たりすることから、頼みやすい相手でもあるのです。

合コンを開いて欲しいとお願いしてくる元カレは、次の出会いを求めており、罪悪感を抱く事もなく、あなたを頼ってきていると言えます。

自由を手に入れてから、同性の友達や自分の周りにいる女の子たちと遊ぶ時間は、経過済みです。

違う顔ぶれ、新しい出会いを求めて、あなたに合コンのセッティングを依頼しているため、やり直そうという気持ちは持っていないことになります。

自分の趣味の話を永遠と語る

自分の趣味の話を永遠と語るのは、友達として考えているサインです。

趣味の話は、とても親しい間柄の人と話したいもの。

自分の好きな世界を理解してくれたり、受け入れてくれたりする人でなければ、心を開いて話したいと思えないからです。

同じ趣味を持っていなくても、「面白そうだね」「そうなんだ」と関心を持って聞いてくれるのは、仲のいい相手や話を聞いてくれるであろう友達。

好きな人に対しては、趣味とは違う次元で考えているため、話を持ち掛けたとしても、軽く終わらせることが多くなります。

共通の話題や相手が喜びそうな話を用意するものなので、自分の趣味の話は後回しです。

久しぶりに連絡をしてきて、自分の世界観や楽しんでいる事を永遠と話しているなら、あなたが聞いてくれるであろう人だと認定され、ひたすらに話を受け入れてもらいたいからだと言えます。

未練があったり、あなたの気持ちを考えたりするなら、話を切り上げるなり、「面白くなかった?」と心境を確認したりするところです。

仕事や人間関係の愚痴を口にする

仕事や人間関係の愚痴を口にするのは、あなたに対して友達感覚になっているからだと言えます。

終わりを迎えてから初のコンタクトが、愚痴とは、かなり印象が悪い事です。

やり直そうと考えていたり、いい関係で友達以上をキープしようとしていたりすれば、明るい話題や楽しい事、気付きや学びなどを取り上げます。

愚痴は、言う方はストレスが発散出来たり共感を得られて気持ちが軽くなったりしますが、聞かされる方は、いい気分ではありません。

これからいい関係を築いていこうとする相手にする話題ではなく、軽く受け流してもらったり、同調して味方になってくれたりする事を期待していると言えます。

仲間が欲しいという心境なので、恋心とは別物です。

別れてから初めての連絡が愚痴なら、完全に友達として割り切っているサインであり、トキメキやウキウキした感情は無くなっていると言えます。

愚痴を聞いてもらうことで、現状を伝えつつ、恋愛感情を遠ざけている言動でもあるのです。

元彼と復縁を目指したい時に実行するべき別れから1か月目の連絡への対処法

ラインは簡単な文面だけで返信

関係を取り戻したいなら、ラインは簡単な文面だけで返信する事です。

1か月という期間は、未練を持っている人にとっては、とても長い空白の時間と言えます。

ようやく連絡をする勇気を出して、行動を起こしたのに、あなたからの反応が薄ければ、ガッカリするに違いありません。

「もうやり直せないのかな」「怒っているのかな」と、ショックを受けると共に、動き始める感情は、「元カノの本当の気持ちが知りたい」というもの。

ひと月の間、ずっとあなたの事を考え続けてきた人なので、諦める決意をしたところで、すぐに出来るはずがないのです。

簡単な返事をしてから、2週間後くらいに会うように提案すれば、「何を言うつもりだろうか」「会うのは嫌ではないのかな」とさらに、頭の中に様々な思いを浮かべます。

元カノへの想いは、手放すことが出来ないものとなり、言葉のやり取りや心の状態などに敏感になり、深いつながりが作られていくわけです。

未練を増幅させるのは、緊張感と不安。

簡単な言葉を返すだけで、彼の心を一気に掴むことが出来ます。

「連絡してくれてありがとう」と繋がりが持てることに喜ぶ

1か月目の連絡にするべき復縁を目指す対処法は、「連絡してくれてありがとう」と別れた人と繋がりが持てることに喜ぶ反応を見せる事です。

恋人関係が終わってしまった男女は、そのまま音信不通となったり、絶縁状態となったりすることも珍しい事ではありません。

同じ会社や共通の友達と頻繁に会うような近い間柄でない限り、連絡を取り合わなければ顔を合わせる事もないからです。

終わりを迎えてから、互いに交際期間を振り返ったり、懐かしい思い出に浸ったりという時間を過ごしますが、そのままフェードアウトするのではなく、繋がりをもう一度モテたという事に感謝をしましょう。

「あのまま二度と会えないと思っていた」「あなたが連絡をくれなかったら、もう顔を見る事もなかったと思う」と彼の行動が、いかに意味のある事だったかを評価します。

勇気を出して行動を起こした彼にとって、あなたの言葉はさらに心を強くするはずです。

「やっぱりそのまま縁を切らなくてよかった」と自分の行動に誇りを持ちます。

信頼関係が生まれ、価値を見出すのです。

会わないように意識しながら頻繁にやり取りをする

関係を戻すための対処法は、会わないように意識しながら、頻繁にやり取りをする事です。

お付き合いに発展させるためには、対面する方がスムーズですが、一度恋愛関係にあり、上手くいかなかった経験がある二人であれば、彼の気持ちを揺るぎないものにしていく事の方が先決となります。

あなたの気持ちを告げて、両想いになっても、あちら側の愛情がが不安定だったり、寂しさからの行動だったりすれば、再び終わりを迎えてしまう可能性もあるからです。

彼の行動をきっかけに、もう一度親しくなるのは必要な対策ですが、すぐに会うのではなく、頻繁に連絡を取り合いながらも、頭の中に姿を思い浮かばせ「会いたい」と強く願うようになってもらう事が大切になります。

相手の未練を感じ取って、すぐに会って、修復したとしても、中途半端な状態となって、上手くいかなくなることが多いものです。

「こんなに楽しいのに、何でダメになったんだろう」「付き合ったままなら、すぐに会いに行けるのに」と後悔を生み出し、彼の想いをさらに高めましょう。

「あれから色々考えているんだ」と振り返っている事を伝える

「あれから色々考えているんだよね」と付き合っていた頃の事を振り返っている事を伝えると、連絡をくれたあの人とやり直すように現実を導いていけます。

4週間の期間、彼も現実を受け入れるために、様々な事を考えてきたはずです。

決断が間違っていなかったか、嫌な思い出や好きだったところ、食い違うようになってしまった事への悔しさなど。

理性で物事を考える男性だからこそ、後から感情が押し寄せる事も少なくないところです。

友達として繋がっておくべきか、まだ捨てきれない思いをどう管理しようか悩みながら、時を経て連絡をするという行動を起こしています。

まだ揺れ動いている状態の彼に、あなたが同じように過去を振り返っていたことを知れば、瞬時にシンパシーを感じて、愛おしく感じるのです。

「やっぱりもっと話し合った方がいいかもしれない」「思い出せば、幸せな時間もあったんだよね」と急速に、思考がポジティブな方向へと動き始めます。

一緒にいて学んだことや大切に想われて嬉しかったことを伝えれば、彼の心に「付き合うことに意味がある」と強い確信を持たせられるところです。

交際していた時の楽しかった思い出を話題に出す

交際していた時の、二人で過ごした楽しかった思い出を話題に出すと、1か月目に連絡をくれた彼の心を動かすことが出来ます。

破局を迎えた二人にとって、楽しかった思い出は何物にも代えがたい貴重なものです。

夫婦で言えば、共に歩んだ歴史や想いが詰まった家具、子供との日常などと同じくらいかけがえのないものだと言えます。

カップルにおいて、笑顔で過ごした時間や二人で計画して出掛けた旅行、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら行ったサプライズなど、全ての事がキラキラと眩しい思い出です。

破局に至るまでは、相手の気持ちが分からない時期に苦しんだり、喧嘩が増えて気持ちの折り合いがつかなかったりと、ネガティブな感情が増えたことが要因。

ネガティブな気持ちが大きくなっている時というのは、楽しかった思い出さえ蘇らなくなってしまいます。

1か月という期間があったからこそ、彼はあなたとの時間を思い出し、このままにしておくわけにはいかないと気持ちを奮い立たせたはずです。

冷静になったあなたからも、楽しかったキラキラ時間を話題に出すことで、本当に必要な話し合いが出来るようになります。

元カレとはよりを戻さず友達や知り合いとして付き合っていきたい時の対処法

返信はツッコミ風を心がける

友達や知り合いとして繋がっていたい時には、ラインの返信はツッコミ風を心がけて、ポップなやりとりをしていきましょう。

彼なりの考えを持って連絡をしてきてくれたのですから、相手の話や想いに耳を傾けるのは誠実な態度と言えます。

優しくてまじめなあなたは、彼の気持ちに向き合うために、話を聞き、感情に寄り添う事が出来るはずです。

この行動を行うと、今まで付き合ってきたからこそ知ることが出来た、彼のステキな魅力や考え方などに情が湧き、手放すことが出来なくなってしまいます。

気持ちに応えられないのなら、最初から向き合わないようにするのも、一つの方法です。

真面目な空気にならないよう、ツッコミ風の茶化すような返信をして、サラっと会話を終わらせます。

雰囲気を作ることが出来なければ、カレも一歩踏み込んで話が出来ず、いつまでも友達感覚のままでいられるはずです。

「考えておくね」「また連絡するね」とやり取りを長引かせない

知り合いや友達として過ごしていきたい場合には、連絡が来た時に「考えておくね」「またこちらから折り返すよ」など、やりとりを長引かせないことがコツです。

「そろそろ話し合えるかな」「会って進展があるかな」と思っている時期には、心の距離感を近づけるために、会話のラリーを長く続かせようとしたり、接触する時間を多く持とうとしたりします。

いつもラインでやりとりをしている状態や、何かあればすぐ電話が出来る間柄に戻れば、友達以上恋人未満の状態に進みやすいからです。

言葉のラリーを手早く終わらせるには、緊急性のないものに関しては、返信をしなかったり、後回しにして、リアルタイムに進めていかない事。

「今は、手が離せない」「また後で」と言って先送りにして、そのまま放置してしまいます。

あなたから特別な用事があるわけではないので、わざわざ義理立てて改める必要もないのです。

冷たいと思うかも知れませんが、知り合いで留めておきたいなら、これくらいの突き放し方を最初にしておくと、揉め事に発展しないで済みます。

相談事は彼の親友の名前を出して「聞いてもらいなよ」と促す

友達でいたい時の対処法は、相談事を持ち掛けられたなら、彼の親友の名前を出して「あの人に聞いてもらいなよ」と促すことです。

相談相手になると言うのは、精神面の交流に大きく影響します。

他の誰にも言えない事を話し、寄り添い、共に解決策を見つけるという作業は、共同で未来を目指すことを意味するからです。

元彼女であるあなたは、彼にとって打ってつけの相談相手。

仕事での悩みや、生き方、友達関係に関してまで、他の人以上に情報を持っているからです。

自分以上に理解してくれている相手でもあるので、客観的なアドバイスをくれると期待されるのも当然と言えます。

心に寄り添う事で、二人の距離感も近づくはずです。

親交を深める前に、役割自体を他の人に振っておくのが賢明。

仲のいい友達の名前も知っているはずなので、彼の抱える悩みに応えてくれそうな人を提案してみましょう。

「お互い幸せになろうね」と別の道への意欲を見せる

知り合いに戻りたい場合には、「お互い幸せになろうね」と既に別の道を進み始めたことに、意欲的な態度を見せる事です。

破局を経験していても、タイミングが悪かったり、思い違いがあったりすれば、改めて向き合う事は可能となります。

元カレは、交際中の事を思い返して、再トライするつもりなのかもしれませんが、同じように過去を振り返る必要はありません。

あなたは既に、新しい道を歩き始め、新たな視野を手に入れています。

あの人と付き合ったからこそ学んだことや、男性の考え方として知ることが出来た事など、知識や経験を積み、女性としての魅力をアップさせた状態です。

新たな出会いもあれば、やりたい事を見つけて打ち込むことも出来ます。

一歩踏み出している時に、足を引っ張られるような相手と一緒にいるのは、得策ではないので、問題を分離させて捉える必要があるのです。

やり直すつもりがないのなら、あなたがもう未来に向かって進みだしている事をアピールしましょう。

「あの別れがあったから、新しい事を見つけたよ」と目を輝かせながら言えば、彼もそれ以上深入りできないはずです。

電話は5分以内、LINEは3ラリー以下

友達としてや知り合いとしてに留めておきたいのなら、対応に関する数字を決めておくことです。

「どの程度関わればいいのか分からない」「完全に無視をするのはかわいそう」と思う人は、線引きする基準が欲しいと願います。

自分で判断できないなら、電話は5分以内、ラインは3ラリ―以下で終わらせると決めてしまいましょう。

交際をしていた二人にとっては、かなり短い数字の様ですが、一般的な知り合いであれば、十分用事は伝えられるところです。

やり取りをするにも効率を考えなければいけないし、数字を気にしていれば、深入りせずに対処する事が可能になります。

顔見知り程度のやりとりは続けながらも、完全に拒絶するわけではないので、適度な距離感を保てるはずです。

簡単な用事なら、聞くことも出来るし、対応が簡潔であることから、あなたが元彼に依存していない事も十分伝わります。

ダラダラとやり取りを続けるのをストップし、手短に会話を終える練習をしましょう。

未練を見抜き望む関係を作ろう

別れて1か月という期間は、大きく揺れ動いた心がようやく落ち着くくらいの時間です。

その辺りで連絡してきた元彼の本音を見抜くことが出来れば、対応の仕方も悩むことなく出来るようになります。

あなたの心も整理できている事が前提になりますが、未練を見抜けたのなら、あなたがこれからどんな関係でいたいのかを明確にし、望み通りの展開を作っていきましょう。

二人でもう一度話し合うのもいい時期です。

流されることなく、笑顔になれる未来を見つけてくださいね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事