体をくっつけてくる男性心理を解説!触れてくる体の部位で分かる彼の気持ちと体を寄せてくる男性への対処法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「体をくっつけてくる男性はどんな心理なの?」「ただの下心なのか他の気持ちがあるのか教えて欲しい」と気になるあの人や、気軽に距離を詰めてくるその人の動作が、気になっている方へ。

付き合っていないのに近すぎる距離感の人は、どう対応すればいいのか本心が分からなければ判断に迷ってしまいます。

ただの下心なのか、それ以外に意味があるのか、体をぐっとくっつけてくる男性の心理を詳しく解説していきますので、対応するための参考にしてください。

顔や手の平など、好意を見極めやすい部分ではなく、肩や腕、足など触れてくる体の部位で相手の気持ちが分かるようにお伝えしているので、恋愛に発展させるのか体の関係になるのか、断って一線を引いて接するのか、あなたの思う距離感になるようコミュニケーションをとっていきましょう。

目次

体をくっつけてくる時に男性が考えている事や心理を解説

女の子の体に触わりたいという下心

男性心理4

男の人がボディを近づけてくる時には、女の子の体に触れたいという下心を持っています。

自然と筋肉が付きやすかったり、骨が太くゴツゴツした男性からすれば、女性の体は柔らかくて神秘そのもの。

自分にないものは、憧れが大きくなるため、少しでも触れたいと思うのは、自然に沸き上がる願望です。

指先が少し当たるだけでもドキドキするし、二の腕のふわふわした感触は胸とよく似ているとも言われています。

お酒に酔っ払った時や、彼女と別れて辛い時、ずいぶん独り身が長くて人肌恋しくなった時など、女性の肌に触れて癒されたいという願望が強くなるのです。

男性が女性に触りたくなったけど、性欲が強い事を隠したい場合は、体をくっつけて柔らかさや温もりを感じ取ります。

相談に対応しているようでも、寄り添っているふりをしているようでも、心の中では「どこまで触っても大丈夫かな」「このままいい雰囲気にならないかな」と下心満載で探っているはずです。

ほんの一部分でも体が触れていれば、意識はその一点に集中しています。

癒される子にくっついて甘えたい

体を寄せてくる男性は、癒される子にくっついて甘えたいという心理を抱いています。

日々、社会の中で神経をすり減らしている男性は、母性に甘えたくなる瞬間があるもの。

穏やかな温もりで包み込み、抱きしめてくれる女性には、弱い自分をさらけ出して身をゆだねたくなります。

癒しの要素を持っている女性とは、隣にいるだけ、声を聴いているだけでも傷付いた心がリラックスしていくほどです。

仕事で失敗した日や、人間関係が大きく崩れて揉め事が起きた日など、心が酷く傷付いた時には、心を許している相手に思わず甘えたくなります。

黙って話を聞いてくれたり、深刻な悩みをポジティブな言葉に転換したりと、男性の心を回復させてくれる女の子は、甘えさせてくれる母性がある人です。

「膝枕をしてもらいたい」「ハグをしたい」と母性に甘えたい気持ちが、くっつくという態度を引き起こします。

相手に対する恋愛感情がないとしても、一人では耐え切れない辛い日には、隣にいてくれるだけで癒される子に、甘えたくなるのです。

「好きになるかな?」恋愛の駆け引きをしている

容姿を褒める男性の心理とは?

あの人が体をぴったりとしてくるときには、「好きになるかな?」と恋愛の駆け引きをしている心理になっています。

恋の駆け引きは、女性が得意なイメージを持っている人も多いでしょうが、実は男性も行うのです。

自分がモテることを証明したい、ハードルが高い女性を落としたいという時に、体を近づける事で意識を向けてもらうという方法。

カレ自身、自分の魅力を試したいという心理が働いている時に、女性をその気にさせる駆け引きとして使う場面です。

ボディの一つ一つ、丁寧に見ていけば男女の違いは明白。

「こんなに男らしいぞ」「逞しいでしょ」と筋肉や骨格、を触れる事で伝えています。

ドキドキさせることが出来れば、恋愛に発展させられる可能性が高まるため、パーツの中でもお気に入りの部分を見せるようにしたり、くっつけたりするところです。

男性が恋の駆け引きを行う場合、数多くの言葉を重ねると、余計なこと言ってしまったり、相手の機嫌を損ねる一言を発してしまったりと、失敗する可能性が高くなります。

失敗を避けるために、男性ならではの魅力で勝負を挑んでいるというわけです。

手を繋いだり肩を抱いたりするきっかけを作りたい

褒める男性の心理3

体をくっつけてくる男性には、手を繋いだり肩を抱いたりするきっかけを作りたいという心理が働いています。

仲良しの異性に好意を持っている時には、相手をもっと身近に感じたいという心理から、きっかけを探しているものです。

今すぐにでも恋人になりたい願望から、隣で歩いている場面では彼氏っぽく振舞えるような触れ合いをしたいと考えます。

手を繋いだり、肩を抱いたりという行為は、端から見れば恋人そのもの。

「まだ実際には付き合えていないけど、せめて今だけは彼氏のように見られたい」と気持ちが高ぶっている時、体をぴったりと寄せて相手の反応を窺います。

抵抗されないようなら、そのまま手を繋ぎたいし、目を見つめてくるようなら肩を抱きしめて歩きたいと考えているはずです。

勢いが付けば告白も可能になる為、自分の勇気を奮い立たせるためにも、仲良しの彼女とのぐっと距離感を近づけたいとチャレンジしています。

距離感ゼロ!話したい事に夢中になっている

男性の心理1

体をぴったりとくっつけてくる男性は、話したいことに夢中になっている状態で、距離感ゼロに気が付いていないというものです。

人とのパーソナルスペースが極端に狭い人というのも、世の中にはいます。

一般的には、真っすぐ立ち、両手を広げてサークルを描いた内側がパーソナルスペースだと言われている部分です。

もっと距離を撮りたい人もいれば、驚くほど近い人も。

話に夢中になるうちに、どんどんと近づいて気が付けばいつも体がぴったり引っ付いているという男性は、彼の心理的安全地帯がとても狭い人であり、超至近距離に人がいても不快にならないというタイプです。

誰かが近づいてくることも不快には感じない代わりに、誰かにとって自分が距離を縮める事を嫌がられるという想定がありません。

カレは単に会話を楽しんでいるだけであり、面白い事を共有しようと考えているだけです。

他の人に対しても近づいていく傾向にあるので、多くの人から「あの人すごい寄ってくるよね」と噂されていることもあります。

肩が触れるように体を寄せてくる男性の気持ち

隣にいるのは恥ずかしいけど少しでも距離を近づけたい

付き合う前のデートをする男性心理って?

肩が触れるように体を寄せてくる男性は、隣にいるのは恥ずかしいけど少しでも距離を近づけたいという気持ちを持っています。

好意があるサインで、気持ちを言葉で伝えるのが苦手な人です。

告白をしたり相手の気持ちを聞いたりする事に、憶病になっているため、隣に入れるだけでとても嬉しいと感じています。

友達から恋愛感情を抱いてすぐの場合など、隣にいられる状況が自分にとって幸せな事だと気付いた瞬間など、「もっと近づけないかな」「今の時間を大切にしたい」と身を寄せていくのです。

まだ告白するには早いけど、自分の気持ちはその子を「好き」と気付いている状態。

異性として意識している事を、悟られてもいいのか、本人には知られない方が友達としていられるのか、彼の中での気持ちの整理がついていません。

ほんのわずかだけでも、肩が触れ合う事で、ドキドキが味わえて、当たっている部分に意識が集中して、他には何も考えられなくなります。

「もう少しだけこのままでいたい」と思える、穏やかな時間が流れているところです。

異性に触りたい。このくらいなら触れても気づかれないかも知れない

肩が触れるように体を寄せてくる男性は、異性に触りたいから、ほんの少しなら触れても気づかれないかもしれないという気持ちを持っています。

どうにかして女性の体に触れたいという衝動に駆られている時、試験的に少しだけチャレンジしてみるという事があるのです。

楽しく会話をしている最中に頭を撫でてみる、何気なく隣に並んで偶然を装って指先を当ててみる、など試してみた上で、そっと肩が当たる程度のミッションに挑戦。

相手の女の子は、どこまで気づかずに見過ごしてくれるのか、わざと触っているとバレたら嫌われてしまうだろうか、と心はソワソワしています。

夜に女の子と二人きりになると、いくら仲のいい友達であっても、急に異性として意識し始めるものです。

「触っても良いかな」「相手は自分の事を異性として思ったことがあるのかな」など、考え始めると気になって仕方がなくなります。

日中なら、二人きりでご飯に行ったり遊びに行ったりしても、そんな気持ちになる事はないのに、夜であれば急に思考回路がモードチェンジするわけです。

存在感をアピール!悩んでいる時にはいつでも思い出してほしい

男女の感覚5

体を寄せてくる男性は、悩んでいる時にはいつでも思い出してほしいという気持ちで、自分の存在感をアピールしているという状態です。

男性はいつだって、関わりのある女性から頼られたいもの。

特に相手が弱っている人なら、頼られることで男としての魅力も発揮出来ます。

プライベートで親しかったり、仕事上面倒を見ている後輩だったりすると、放っておけないのが世の男性の優しさです。

また友達同士であっても、異性間で親しくしている人は、同性よりも特別感を抱いている人も多いため、その子の為なら「何かしてあげたい」といつも以上の男らしさが芽生えます。

悩みを相談してくれていたり、一人で落ち込んでいたりする女性に、自分の存在を思い出してもらい、心の支えになりたいと考えているのです。

ただ話を聞くだけでなく、一瞬でも触れ合う事で、意識の中の存在の大きさは変わるもの。

「どんな時でも思い出してもらいたい」「俺はいつでも味方だよ」と無言のアピールをしています。

寂しくて一人でいるのが辛いから女性が居てくれて嬉しい

肩が触れるように体を寄せてくる男性は、寂しくて一人でいるのが辛いから女性が居てくれて嬉しいという気持ちです。

男性は、寂しくても言葉にして伝えることが出来ない、不器用な人が多いもの。

特に寂しさや辛さは、言葉にして誰かに言ってしまうと、自分が弱い人間だとカミングアウトしているような気分になり、プライドが傷ついてしまいます。

一人でいたいと思っても、どうしようもなく時間が過ぎるのが遅いと感じて虚しくなる時、飲酒が日頃の楽しみなら飲みに行ったり、自宅で一人感傷に浸りながら嗜むことが出来たりしますが、最近は飲めない男性も増えているところです。

一人でいるのが辛い時、隣に仲良しの女性がいてくれると、それだけでとても心が満たされます。

「ありがとう」という意味を込めて、肩を寄せて親愛の情を伝えているのです。

一人でいるより誰かといた方が、弱い自分を認めなくて済みます。

孤独に耐え切れなくて情けない姿をするのは、男性自身が耐えられない人も多く、一緒にいてくれるだけで、救われているわけです。

心が疲れてしまったから甘えたい

肩が触れるように体を寄せてくる男性は、心が疲れてしまったから甘えたいという気持ちです。

仕事をひたむきに頑張っても、望むままに成功を手に入れられる人は、ほとんどいません。

多くの挫折を繰り返し、努力しても報われず、時には後輩に追い抜かれて悔しい思いをする事も。

恋愛も上手くいかず、両親からは結婚をせかされ、友達はみんなパートナーを見つけて家庭を築いていく頃、男性は心がすっかり疲れ切ってしまいます。

「もう頑張れない」と思っても、無情にも時間は待ってはくれず、また新しい一日が始まるのです。

「せめて誰かに甘えたい」と思うのは、心の疲労がピークに達したから。

少し休憩をして、また戦いの日常に戻る為に、信頼している女性の肩に寄り掛かります。

何も話さなくてもいい、穏やかな時間があれば、一層心が休まり、意味のある休息になるのです。

相手は、自分の疲れや心の傷を理解してくれている人、であることが大前提と言えます。

腕を密着させてくる男性が女性に抱いている感情

一緒にいるだけで楽しい!ウキウキしている

腕を密着させてくる男性が抱いている感情は、一緒にいるだけで楽しくて、ウキウキしているというものです。

心の情景を行動で表すタイプの人は、嬉しくてウキウキしている時に、スキンシップを十分に行うという方法を取ります。

恋人でなくても、腕を絡めるくらい密着することもあるほどです。

趣味が同じだったり、ショッピングで気分転換をしていたら楽しくて仕方が無くなったり、希少性の高い意見がたまたま一致したりなど、気持ちの高揚を心の中だけで押さえることが出来ない状態となっています。

男性は、格好いいと思われる状態を目指しますが、何もクールな人ばかりではありません。

感情を素直に表現する事で、自分らしくあろうとします。

現在の関係性が恋人なのか、そうでないのか、という事は一切関係なく、普段から彼のペースで生きている人です。

楽しくなると、ボディタッチが増え、ウキウキして腕を絡めたり、ひっついてきたりします。

自分が感じているウキウキを、同じ空間にいる人にも共感してもらいたいから、オーバーにリアクションしているということもあるのです。

もう不安な思いはさせたくない。守ってあげたい

彼が抱いている感情は、もう不安な思いはさせたくないし、今から先は傷付くことから守ってあげようという気持ちです。

大切な人が出来ると、男性の心の中には「この子は僕が守らないといけない」という使命感が生まれます。

いつも強気な女性が、ふと見せる寂し気な表情や泣き崩れる姿を見ると、一人で苦境に耐えてきた苦しさを想像し、「自分の手であらゆる悲しみから守ってあげよう」という気持ちを、腕を密着させることで強い意志として伝えてくるのです。

体に触れる時の心の親密度は、末端部分から体幹に近づくにつれ、大きくなります。

ただの知り合いや友達なら、大切な器官がたくさんある体幹に触る事はありませんが、恋人なら許可されやすい場所とも言えるはずです。

指の先や手の平よりも親密度が高いことを示しており、どんな関係であっても繋がり続けるという気持ちを表しています。

もう二度と目の前の子を不安な思いをさせないように、強い男性でありたいという願望でもあるところです。

溢れてくる思いを知って欲しい、好き

腕を密着させてくる男性が抱いている感情は、溢れてくる思いを知って欲しいというものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

好きだと思っていても、伝えられない時もあります。

友達の恋人だったり、男性自身が既婚者だったり、言葉にしてしまうと何かを失ってしまう可能性が高い場合、告白は大きなリスクを生み出すことです。

関係を始めるわけにはいかない、伝えたところで受け入れてくれないと分かっている場合、懸命に気持ちを我慢しなければいけません。

けれども一度想いに気が付いてしまった男性は、溢れる感情を抑える事がとても辛く感じます。

腕を引っ付けて、言葉に出来ない思いを悟って欲しいと願っているのです。

女性側が男性の気持ちに気が付いていて、実は密かに両想いになっているけど、行動に移すことが出来なくてグッと我慢している場合は、より密着度が高くなります。

禁断の恋が表面化しないうちは、互いに想いを押し殺していますが、こういった仕草で徐々に抑えが利かなくなっていく訳です。

抱きしめたいほど愛しいけどハグを我慢している

腕を密着させてくる男性が抱いている感情は、抱きしめたいほど愛しいけどハグを我慢しているというものです。

本当は今すぐにでも抱きしめたいという想いを抱いていて、両手を広げて包み込む動作を我慢しています。

付き合っている相手でも、いつでもどこでもラブラブしている訳ではありません。

公衆の面前では、恥ずかしくて手も繋げないという男性も多くいます。

付き合う直前の男女なら、なおさらどのタイミングでスキンシップをとってもいいのか、まだお互いを探り合っている最中。

待ちデートをしていても、友達と一緒にいても、本当はこの瞬間にでも抱きしめたいほど愛しい思いで、胸はいっぱいになっています。

本能に素直な男性なら、人目をはばからずにハグやキスをするものですが、他の人の目を気にしたり、スマートで紳士的な理想の自分を見せたいと思っていたりするなら、理性でぐっと我慢をするものです。

あふれ出る愛しさをどうにかして伝えたいとき、腕をぴったりとくっつけて、体温を感じてもらい、見えない愛のエナジーを受け取ってもらおうとします。

友達以上恋人未満の相手に構ってほしい

友達以上恋人未満の相手に、構ってほしいと思っている時の男性は、腕を密着させてくることがあります。

恋愛感情かどうかも定かでもないけれど、特定の女性の事をとても気に入っている状態の時、他の友達とは明らかに違う関係を楽しんでいるはずです。

距離感や会話の内容、居心地の良さなどあらゆる面で一緒にいる空間を満喫しているので、楽しくてテンションが高くなりすぎ、コントロールできなくなることも。

ちょっかいのつもりでひっついたり、寂しさを埋めて欲しいと思っていたりと、親しい間柄だからこそ出来るコミュニケーション方法を期待しています。

恋愛に発展させるつもりはないけど、イチャイチャしたいという心理を持っている場合も、「構ってほしい」という心情を引き起こすものです。

彼女にするとその後の関係が面倒だけど、曖昧な関係でイチャイチャするのはとても気兼ねがなく、楽しいもの。

「優しくしてほしい」「甘えさせてほしい」「楽しく笑い合いたい」など、女性が反応してくれること自体を喜んでいます。

足をくっつけてくる男性が女性に気づいてほしい思い

周りの人がいないところへ一緒に抜け出したい

足をくっつけてくる男性が気付いて欲しい思いは、周りの人がいないところへ一緒に抜け出したいというもの。

合コンや職場などで、周りの人から見えない机の下などで行われます。

ふくらはぎをぴったりくっつけたり、つま先をコンコンとノックしたりすることで、「誰もいないところに行こうよ」「ちょっと抜け出そうよ」と合図を送っているのです。

二人で話をしたいというものが主なものですが、必ずしも大事な話とは限りません。

その場の雰囲気がつまらないと感じたり、無意味だと思ったりした時、仲のいい女性と抜け出す事で、緊張感から解放されたり、よそ行きの顔をしなくて済んだりするからです。

他愛もない話に付き合ってもらうつもりや、静かなところでのんびり過ごしたいという、下心が全くない場合もあるので、見極めが必要。

お酒の場から抜け出す場合には、下心を持ってお持ち帰りを依頼しているという場合もあるので、男性との普段の関係性や性格を知っておくことで判断が出来ます。

エッチがしたくなってきた

足をつけてくる男性は、エッチがしたくなってきたという気持ちに気付いて欲しいと思っています。

体のパーツでも、下半身はよりセクシャリティを感じる部分。

セックスを思わせる場面でも、「足を開く」「腰を振る」などと表現するように、下半身に集中しています。

足を寄せるのは、下心を伝えたいからです。

セックスフレンドや、今まで何度か良い雰囲気になったことがある相手などは、「エッチをしようよ」というお誘いと言えます。

あまり相手の事を知らなかったり、全くセクシーな雰囲気になっていなかったりするなら、誘われているというのは考えにくいはずです。

元彼氏や普段からボディタッチの多い友達などは、セフレに発展しやすいので可能性は高くなります。

遊び人の男性ほどベッドへの誘導は、言葉で誘うと、女性をしらけさせてしまうという事を知っているので、態度で示しているのです。

相手の女性を、ベッドに誘う際の、その気にさせるテクニックの一つと言えます。

誘いに気が付いた時の女性の反応も見ものであり、楽しみのうちです。

緊迫した場面!余計な事を言わないで欲しい

緊迫した場面で、足を寄せてくる男性は、「余計な事を言わないでね」という警告に気付いて欲しいというものです。

誰かがやってきたときに、二人の間だけで秘密を持っていたり、その場をうまく取り繕ってしのぎたいと思っていたりする場合、「さっきの話は内緒にしておいてね」というお願いや「余計な事を言わなければ、上手くごまかすからね」というメッセージと言えます。

彼女がいるのにその人と浮気をしていたり、昇進が約束されているのに責任を問われるミスが発覚したり、など問題解決するにはベストなタイミングではない場合、とりあえず場をしのぐという方法をとるはずです。

別れた元彼女と一緒にいるところに親がやってきて、二人が破局したことをまだ切り出せていない場合などは、「いいタイミングで切り出すから、今は言わないでね」という暗黙のメッセージとなります。

全く下心とは無縁の態度であり、心配や焦りさえ抱いている状況です。

男性との信頼関係が表れる場面ですので、相手の意図を汲んであげるのが優しさと言えます。

本音をさらけ出してほしい

本音をさらけ出してほしいと願っている時にも、男性は足をくっつけてくる態度を取ります。

大事な商談や真剣な悩み相談を受けている時など、「ひざを突き合わせて向き合う」という表現があるように、しっかりと正面から体を向けて話をする場面があるはずです。

この場合には、真剣に話を受け止める姿勢であると同時に、「味方だよ」「安心してさらけ出してくれていいよ」というサインでもあります。

お腹は動物で言えば、最大のウィークポイント。

生きていくために必要な臓器が詰まっている大切な場所です。

おへそを支点に、相手に向かってしっかり正面に向いているかどうかは、信頼と好意に比例しています。

安心感を引き出すために、自分の弱点を晒す行動とも言えるのです。

信頼感を勝ち取って、あなたに本音をさらけ出してほしいと願っています。

かなり辛そうな状況が続いていたり、監督する立場であるから心配していたりする場合、正面に座り、足をぴったりとくっつくように向き合い、心を開いてもらえる努力をするわけです。

いい加減好きな気持ちに返事を出してほしい

足をぶつけたり当たるように動かしたりする時には、いい加減好きな気持ちに返事を出してほしいという心理に気が付いて欲しいと思っています。

既に男性が告白した後だったり、言葉で表現していなくても明らかに好意を隠さない態度で接してきていたりするなら、女性側からの告白を待っている場合があるのです。

「僕の気持ちは知っているでしょう」「そろそろ次のステップに進みたいけど、返事はまだかな」とヤキモキしている心理を示しています。

両想いだと感じ取っていても、確実に確認できなければ付き合えないと思っている人もいるし、女性側の気持ちが全く読めない場合には、「どういうつもりで一緒にいるのか教えて欲しい」というお願いでもあるところです。

現時点では、交際しているとは言えないと思っているので、どれほど仲が良くても、「友達状態だから現状から脱したい」と考えて、態度に表しています。

友達でい続ける方が楽な場合も多くあるため、告白されたまま今までの関係を続けている女性も多くいますが、カレの気持ちを考慮して返事をしてあげるのが優しさです。

密着し過ぎには毅然とした態度も必要!体を寄せてくる男性への対処法

「当たっていますよ」と明るく的確に伝える

密着しすぎの男性への対処法は、「当たっていますよ」と明るく的確に伝えることです。

男性に対して好意的に想っている場合であっても、場面と所によっては嫌だと感じることもあります。

ましてや、なぜ体を近づけるのか分からない、相手の真意が見えなくて不安と感じる場合には、甘んじて受け入れるのは危険行為とも言えることです。

あなたが少しでも嫌だと感じるなら、毅然とした態度で拒否する事が大切となります。

けれども、人間関係を穏やかにしておきたいのが、社会という枠組み。

断りたいけど関係性を悪くするのは困るという場合には、笑顔を意識して作る事がお勧めです。

「当たっていますよ」と明るく笑顔で伝え、的確に部位を言葉で言ったり、視線を向けたりして行為を明るみに出すことで、無言で「受け入れていませんよ」とアピールすることが出来ます。

周りの人にも着目されるため、エロい気持ちを持っていた人もそうでない人も、今までほど距離を詰めることは出来なくなるのです。

パーソナルスペースに入ってきたら距離をとる

体を密着させてくる男性がいて、あなたに受け入れる気持ちがないのなら、相手がパーソナルスペースに入ってきた時点で、距離をとって対処しましょう。

パーソナルスペースは、自分が安心して過ごせる空間のことで、人それぞれ距離感覚が違います。

一般的には両手を広げた範囲内と言われていますが、あなたにとってそれ以上広くても、おかしい事ではありません。

「それ以上は近づいて欲しくない」「自分の領域を犯されているようで不安になる」と思うのなら、誰かが入り込んだ時点で、我が身を守るためにも一歩離れるようにしましょう。

極端に距離を離したい場合は、相手に伝わらないことがあるので「それ以上近づかないで欲しい」と具体的に距離を示して教えてあげる必要があります。

普段から「人と近いのは苦手です」と伝えておく方がベター。

全身を寄り添わせてくる人にとっては、いかに近づけるかが勝負であり、スリルを楽しんでいるケースもあるので、最初から土俵に上げない事です。

「恋人としてください」と丁寧にお断り

体を近づけ過ぎる男性には、「こういうことは、恋人としてくださいね」と丁寧にお断りして対処しましょう。

好きな人にしか触れいあ好意を許さないという、貞操観念をハッキリと伝えることで、しっかりした女性だとアピールすることも出来ます。

恋人にしか体が触れる行為を許していないと伝えることで、相手の男性との現在の関係性を明確にすることが出来るはずです。

「あなたと私は、今なんでもない関係です」「付き合いたいなら段階を踏んでください」とわざわざ言葉にしなくても、そこまでのメッセージを、毅然とした態度として伝えられます。

誰でも触れていいボディではない事、関係性を確立させたい考えを持っている事が伝わり、相手が誠意ある好意を持ってくれているなら、気付いてからアプローチ方法が変わるに違いありません。

下心を持っている人は諦め、既に付き合っていると思い込んでいる人は、通じ合っていなかったことに気づきます。

触れられない関係性だと分かれば、それ以上踏み込んでくる人は、いないはずです。

「どうしてそんなにくっつくんですか?」と顔を覗き込んで質問する

「どうしてそんなにくっつくんですか?」と顔を覗き込んで質問するという方法で、密着しすぎの男性に対処しましょう。

完全なる天然の子を演じます。

実際問題、相手の男性が触れてくる真意が見えてこない以上、どう対応していいのか分からないもの。

「どうして触るの?」「他の人よりも距離が近い理由を教えて欲しい」と質問を投げかける事で、下心目的の人は恥ずかしくてその場から逃げ出してしまいます。

または、完全に開き直って「可愛いから触っちゃった」「柔らかそうで吸い込まれた」など、教えてくれるハズです。

好意を持っているのなら、何一つ気持ちが伝わっていなかったことに落胆し、アピール方法を変更せざるを得なくなります。

無言のまま態度で示してくるときには、男性は「察して欲しい」「気付いてくれないかな」という心理を抱いているので、言葉にしなければ分からないという事を伝えましょう。

言葉で伝えてくれると、女性側からも返答しやすくなり、拒絶も受け入れもやりとりがスムーズとなるのです。

相手が好きな人なら「他の人にはしないで欲しいな」と手を繋ぐ

体を密着させてくれる相手が好きな人なら、「他の人にはしないで欲しいな」と手を繋ぐことで、恋愛に発展させることが出来ます。

相手のきっかけが何であっても、好きな人からのボディコンタクトはチャンスです。

そのままの流れでセックスしてしまうと、セフレとなり恋愛を育むハードルは高くなってしまいますが、心をグッと掴み駆け引きを上手に使うことで、相手を夢中にさせる事は可能。

好きな人からピッタリ寄り添われたら、ドキドキして対応できないのが通常です。

あえて女の子らしさをアピールして「好きになっちゃうけどいいの?」「近すぎて男らしさを感じるよ」など伝えれば、相手の心を揺さぶることが出来ます。

ほんの出来心で触れてきていたとしても、「可愛いな」「他の男に触らせたくないな」と独占欲と支配欲を生み出す事で、本気度を高めていきましょう。

手を繋ぐと二人の間に一体感が生まれ、カレ自身が自分の行動を振り返り、心境の変化を受け入れてくれます。

そのまま流されていい雰囲気になったら、デートに誘ったり、まだ友達であることを再認識させたりと、空気を切り替えて名残惜しさを感じさせるのです。

意表を突く切り返しのテクニックを身に着けよう

手や顔など感情が分かりやすい箇所ではなく、体をくっつけてくる場合には、男性の心理がよく反映されています。

肩や腕、足など部位ごとに、触れてきたときの真意がわかれば、対処の仕方も分かるはずです。

意表を突く切り返しのテクニックを身に着け、不快感を抱く相手は撃退を、好きな人なら恋愛に発展させるようにコントロールしましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事