彼氏といると自信がなくなる辛い気持ちの正体!自信をなくさせる彼氏の特徴&男女で違う恋愛での自己肯定感の感じ方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「彼氏といるとなんだか自分に自信がなくなる」「良かれと思ってしたのに喜んでくれなかったな」と恋人との間に違和感をもって悩んでいる人は、出口の見えない迷路に入り込んだようで、気持ちがいつまで経っても晴れずに苦しいはずです。

あなたの心をモヤモヤさせている原因が何か、どうすれば楽しい恋愛になるのか、答えが知りたいなら恋愛における自己肯定感の変化について理解するのも一つ。

好きなヒトは心を満たしてくれるはずなのに、一緒にいる程気分が優れなくなり、彼氏といると自信がなくなる時の、辛い気持ちの正体を解き明かします。

あなたの自信を無くしてしまう男性の特徴や、男女で違う恋愛での自己肯定感の感じ方を詳しくお伝えしているので、彼氏との関係を見直すための参考にしてくださいね。

「この人とは終わり」と見切りをつけるのではなく、今のカレと付き合いながら、自信をつけていく方法もあるので、実践してみましょう。

目次

本来なら幸せなはずなのに…彼氏といる事で自信を失っていく女性の特徴

両思いの人とは足並みをそろえたがる

彼氏といることで自信を失っていく女性の特徴は、両思いの人とは足並みを揃えたがるというもの。

考え方や行動など、全てにおいて、同じことをする事で、両思いの証だとしたがります。

そのため、ファッションにおいて、ペアルックやペアアクセサリーなどを好み、会話の中でも共感に最も重きを置いているはずです。

質問一つにしても、「○○についてどう思う?」という様な聞き方ではなく、「絶対、○○だよね」「○○君もそう思うよね」と強制的に同じ意志であることを植え付けようとする言動が目立ちます。

基本的にはポジティブなタイプですが、彼氏が主張するタイプだったり、平気で共感の束縛を破るような人であれば、二人の間に溝を感じざるを得ません。

「俺は、そうは思わないけど」「別に興味ない」など、彼なりの価値観が目立ち始めると、愛されていないと感じてしまいます。

運命共同体という意識が強いため、シンクロする出来事が重なるほど、自分の愛の大きさや相手から想われている安心感を抱けるのです。

彼氏の長所に嫉妬する

交際するほど自信を無くしてしまう女性は、彼氏の長所に嫉妬してしまうという特徴を持っています。

大好きな人が素敵であればあるほど、「そんな彼と付き合えている私は幸せ」と思える人は、自信を失ったりはしません。

彼氏といると悲しくなったり、苦しくなったりする人は、自分の方が優位に立っていないと途端に不安になってしまいます。

大好きな人が優れているほど、自分が見合っているのか、同じ土俵に立てているのか不安になり、劣等感を持ってしまうのです。

長所が輝いて見える度に、遠い人のように感じ、「いつか捨てられてしまうのではないか」と恐怖心に襲われます。

人気者や何でもできる人、スポーツや経営などで有名な人など、「私には、彼ほどの素晴らしい才能がない」と落ち込むわけです。

好きなヒトを自分が守ってあげたいという気持ちが強く、母親のように何もかも心配する傾向にあります。

自分が知る人物像で居て欲しいため、カレの長所も自分だけの宝物として、隠しておきたいと考えているのです。

友達に紹介することもなく、ダメなところばかりアピールして、秘密裏にしようとします。

「愛されていない」という言葉に執着している

彼氏といると自信がなくなる女性は、「愛されていない」という言葉に執着しているという特徴がみられます。

愛を求める人は多くいますが、気持ちが複雑に絡まりすぎると、悲観的になってしまうものです。

元々心の奥底で持っている不安から、「私は、何をしても愛されていない」「カレには、他に素敵な女性が沢山いる」と考えると、なぜ愛されないのかの理由をいくつも探し始めます。

「カレのために、もっと尽くせるはずなのに出来ていない」「能力もサービス精神ももっと高い人にならないと、釣り合わない」と自分に足りない部分を見つける旅に、「やっぱりそうだ」「だから私は、愛されていないんだ」と勝手に納得するわけです。

誰も何も言っていないのに、自分で不安を作り、問題を大きくして、ガッカリしてしまいます。

「愛されていない」と口癖のように言葉に出すことで、いつの間にか「私は愛されるべきではない」と変換して受け取っているのです。

自分の思い通りに動かないと上手くいっていないと考える

恋人と過ごしていると、だんだん自信が無くなっていく女性は、頭に思い描く恋愛の通りに動かないだけで、上手くいっていないと考えてしまうという特徴がみられます。

恋人になる男性とは、気が合ったり趣味が一緒だったりと、他の人よりもっと、親しみを感じたり、憧れを抱いたりするから恋愛に発展するものです。

同じ時間を共有すると、付き合う前には分からなかったことも次々と発見され、心が魅了されていきます。

「こうなるといいな」という理想は、誰しも思い浮かべるものですが、願望が計画や予定として自分のものとして考えてしまう人は、理想と現実とのギャップを受け入れらない事が、苦しみが生まれる原因となるはずです。

「最近デートが出来ていないから、今日あたり寂しくて電話がかかってくるはず」「そろそろ私の誕生日が近いから、プレゼントに悩んだりデートの計画を立てたりし始めて、ソワソワしてくると思う」など、恋人の心情を読んで、行動を予測します。

ところが、違う体で思考を持つ別の人との事なので、思い通りに行く事ばかりではないのは当然です。

予測が外れると、「私の事なんて、ちっとも考えてくれていない」「一人ばかり好きで、バカみたい」と途端に悲劇と感じてしまいます。

完璧な自分を思い浮かべて求める

完璧な自分を思い浮かべて、二人の関係に投影する特徴を持つ女性も、苦しみを抱えがちな人です。

好きなヒトに、格好悪い姿を見せたくなかったり、愛を感じてもらって幸せに満たされたいと思うのは、何も特別な事ではありません。

しかし、「あの人とは、絶対に幸せになりたい」と思うからこそ、自分へのハードルをどんどん高めてしまうと、苦しむ原因となってしまいます。

自分の理想を持つことは素敵な事ですが、ノルマとして課し、出来なかった時には、「あの人に見合わない」「愛する価値がない」と勝手に結論付けてしまうと、自信を失うのです。

相手から求められている事ではないのに、自分の理想像に苦しめられ、ダメな自分を責めたり、出来ていないことを羅列したりすると、「彼女としての才能がない」「恋愛に向いていない」と自己否定することになります。

完璧な理想通りの恋愛をしたいと思うほど、相手にも負担をかけ、二人の間の溝が深まっていくわけです。

彼女が良かれと思ってしても彼氏に喜んでもらいにくい行動

休日の予定をすべて空けておく

せっかく行動に起こしたことでも、喜んでもらいにくいのは、休日の予定をすべて空けて待っておくというもの。

「いつでもスタンバイOK」「彼が求めてくれるなら、すぐにでも動けるようにしておきたい」と思う気持ちから、休日を全て空けておくという女性は少なくありません。

「勝手にしている事だから、会えない日があっても仕方がない」と思ってはいるのですが、自分が予定を空けているのに、彼が友達と遊ぶ約束を入れたり、仕事を後回しにして休日に持ち越したりすると、気持ちを踏みにじられたような気分になるのも仕方のない事です。

見返りを求めていないはずなのに、いつの間にか同じだけの愛情を待っています。

向こうに知らせないまま予定を空けているだけだったり、「あなたの都合のいい時でいいよ」と伝えていたりするため、彼には、待つことの切なさが分からないのです。

「いつも待ってばかりいる」「私はこれだけあの人を優先しているのに、彼は休日に他の予定を入れてしまう」と一方的な愛情を注いでいる気分になります。

積極的にデートのプランを立てる

彼女が良かれと思ってした行動でも、彼氏に喜ばれにくいのは、積極的にデートのプランを立てる事です。

二人が愛を育む行為であり、楽しい時間を共有できる幸せなひと時となるデート。

楽しみにしているほど、あれこれと行きたい場所や一緒に食べたい食事、やりたい事などが浮かんできます。

計画を立てるのが好きなヒトや、サービス精神が旺盛なタイプであれば、デートの予定組をする事自体、楽しくて全く苦にはなりません。

ところが、交際が長くなり、毎度刺激的なデートや新しいスポットを選ぶのは、至難の業となってきます。

「会いたいけど、特にコレと言ってしたいことはない」と思い始めると、途端に計画を立てるのがしんどくなってくるものです。

「カレは忙しいから私が決めておこう」「あの人が思いつかない所に行きたいな」と、よりデートを盛り上げるために積極的な計画を行っても、相手からすれば「行きたいところがあったんだね」「良い所を知っているんだね」という程度で、対して感動されないのがオチ。

「喜んでくれると思ったのに、冷たい態度でガッカリ」と熱量の違いを見せつけられたことで、ショックを受けてしまいます。

自分の行動を逐一報告する

良かれと思ってやったことでも、対して喜んでもらえないのは、自分の行動を逐一報告するというものです。

依存体質の女性や、何でも共有したい彼女が、やりがちな一日の行動報告。

実は、男性からすれば「全く興味がない」と思ってしまう人が多いのも、事実です。

離れている時間にどう過ごしていたのか気になる人ほど、自分の事を話したがります。

「私の事を知りたいよね」「面白い話を早く伝えたい」と思っての事ですが、男性は離れている時の行動は、特に変わったことが無ければ、聞かなくてもいいのです。

「朝、遅刻しそうだった」「職場の○○さんの彼女は、~らしいよ」など、自分がハッとしたり、驚いたりしたことを共感して欲しいだけなのですが、カレからすれば自分には関係のない事なので、「そうなんだ」と聞き流そうとします。

一人暮らしをしている彼の部屋の掃除

良かれと思ってした行動が、対して喜んでもらえないのは、一人暮らしをしているカレの部屋の掃除です。

これは、下手をすれば大喧嘩に繋がってしまう問題。

男の一人暮らしは、相当長い年数経験していない限り、自分なりのこだわりを追及している人は少ないと言えます。

お金持ちやずっと一人暮らしをしている人なら、鑑賞コーナーを作っていたり、トレーニング機材を揃えていたり、食事やルーティンまでこだわっている人もいますが、生活をする事に必死で、職場と家の往復だけの人で、そこまで強いマイルールを持っている人は稀です。

洗濯物が散らかっていたり、食べた食器がそのままになっていたり、といった多少のだらしなさは、考えられる範囲内。

だからこそ、彼女としては「綺麗に片づけて、喜んでもらいたい」と思うのですが、勝手に掃除してしまうと、逆鱗に触れることもあります。

見られたくないものや仕事の重要書類、自分なりに分かるように置いていたものなどが、動いていると不安からパニックになり、責め立てられる事も。

好きなヒトの部屋の掃除をして、サプライズで喜んでもらいたい気持ちは分かりますが、触ってはいけないものがある可能性を考えて、一言声をかけてからの方がいいと言えます。

友達にカレの苦手な事を先回りして伝える

良かれと思ってした事でも、あまり喜んでもらえないのは、友達に彼の苦手な事を先回りして伝えるというものです。

女の人は、彼氏に対して、どうしても母性が出てしまう時があります。

「お世話を焼きたい」「必要とされたい」と思うからですが、母性も行き過ぎると、彼を怒らせてしまう事に繋がるところです。

大好きな人が困っている姿を見るのは、誰もが胸を痛めるもの。

嫌いな食べ物は出さないようにしたり、疲れていたらそっとしてあげたりと、彼氏の確認を取る前に気を利かせて、行動を先回りする事があります。

「カレが苦手な事なのに、周囲の人は、彼を頼って言ってくるかもしれない」「彼の苦しむ姿を見たくない」と思うからこそ、友達に「○○はしないであげて」「あの人、それは苦手だから無理強いしないでね」など。

本当の親切心からの言葉なのですが、男性はプライドを傷つけられるため、恥を掻かされたと、憤慨します。

悪気がある訳じゃない事も…恋人に自信をなくさせる彼氏の特徴

女性は守られるべきと決めつけている

恋人に自信をなくさせてしまう男性の特徴は、女性は守られるべき存在であると決めつけているというものです。

現代では、かなり男女の価値観や考え方の差は埋まってきましたが、「女は何もしなくていい」と考えている男性は、未だ一定数います。

「どうせ何もできない」「力も智慧もないんだから、無理をしなくてもいいよ」と男らしさのアピールや親切心から言っている事もあるのです。

「女は、守られる事に価値がある」「汚れ役や努力しないといけないのは、男だけで十分」と考えているため、彼氏としては死ぬ気で守り抜く覚悟を持っている、とも言えます。

大切にされているからこそなのですが、やはり考え方の違い。

「私には、何も決めさせてくれない」「言いなりになっているみたいで、嫌だ」と感じてしまう事で、彼にとっての恋人の意義や、自分の存在価値を疑ってしまいます。

彼女がわざわざしてくれた事でも気が付かない

恋人の自信を知らないうちに奪ってしまう男性は、彼女がわざわざしてくれた事であっても、全く気が付かないという特徴があります。

超が付く程の鈍感な人で、彼女が注いでくれる愛情に気が付きにくいため、気持ちの面でのすれ違いが起きやすい人です。

女性が、いつも仕事の終わりが遅いのに、デートがあるから、頑張って早く切り上げた時も、密かな努力を知ろうとしないので、彼女はガッカリしてしまいます。

「彼が好きだから、買っていこう」「休日はゆっくりしたいだろうから、私が迎えに行こう」など、女性側の配慮があっても、気持ちを汲み取ってくれず、事実のみを受け取る為、薄い反応になるのです。

「僕のためにしてくれたの?」「わざわざありがとう」と言われれば、彼女も嬉しくなりますが、反応がなければ「私の気持ちも少しは考えてくれてもいいのに」と怒りが沸き上がります。

積み重なる事で、愛されていないと感じ、一緒にいる事の意味を見失ってしまうわけです。

気分の変動をストレートに出す

気分の変動をストレートに出す男性も、彼女の自信を失う原因となります。

人間は、感情の生き物。

瞬間ごとに気分が変わるのは、当然の事ですが、全てをさらけ出す必要はありません。

素直でいることと、幸せになる事はイコールではなく、相手がいるなら配慮も必要です。

付き合っているからと言って、何でも共有しようとするのは、ワガママ。

身体の調子が悪い時、ストレスが溜まっている時、忙しくて誰にも構う暇がない時など、イライラや怒り、心のモヤモヤがあるのは、仕方のない事です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

恋人も、「今は、大変な時期なんだな」と察することが出来ます。

全てを顔に出してしまい、感情をストレートに表現してしまう男性は、不用意に好きなヒトを傷つけてしまうのです。

彼女は全く悪くないのに、「あっちに行けよ」「放っておけ」など、乱暴な言葉を浴びせられ続けると、何で一緒にいるのか分からなくなります。

不満の捌け口にされているだけなのか、体目的なのかと疑ってしまい、自信を失うのは当然の事です。

恋人とは支え合う存在が理想であり、本音を話すときにも不快感を抱かせないよう、気を付ける必要があります。

彼女の気持ちを信じていない

彼女の気持ちを信じていない男性は、愛しい人を深く傷付け、心に影を落とします。

人付き合いが苦手な人も、多くいますが、恋人にまで敵意を向ける人がいるのも事実です。

好きなのに、信じることが出来ず、いつか別れる事が前提で話をしたり、一人で生きていく宣言を頻繁にしたりする男性は、彼女の事を蔑ろにしているのと同じ。

彼の心の闇の部分ではありますが、一言発するごとに、恋人を侮辱しているのと同じであることに、気が付いていません。

「好きだから、信じる」という事が出来ないので、突き放すような言い方が多くなります。

好きな感情と信用は別問題。

付き合っているのに、「他の男と浮気をするのか」「どうせ言い寄っているのも今だけだ」など、端から愛されていないと考えているため、彼女は気持ちが届かないことに悲しみを覚えます。

「どれだけ愛すれば、あの人の心に伝わるのかな」「私は必要とされていない彼女」「召使いくらいに思っているのかな」と考える程、求められない悲しみが大きくなるのです。

何に対しても感謝をしない

何に対しても、感謝が出来ない男性も、女性の心を不安にさせます。

どんなことでも、してもらって当然と考えている男性は、日頃から「ありがとう」という言葉が使えません。

わざわざ会う時間を作っても、料理をしても、先に好きな方を選んでもらうなどの、些細な選択や動作も、全て当たり前。

自分中心で動いていると思ってしまっているので、当然彼女の気持ちにまで配慮出来ないのです。

「好きだと言うなら、動いてくれるはず」という気持ちが根底にあるため、無理なお願いも平気でしてきます。

飲み会の送迎やお金の段取り、時には「俺のために、美しくいる事は絶対条件だ」と言う事もあるほどです。

彼女に対してだけでなく、会社の同僚や友達にも感謝が出来ないため、お店に行った時や家族といる時にも、横柄な態度になり、周りに不快感を与えます。

その度に「彼女として、もっとちゃんとしていないと」「彼をこんな風にしているのは、私かも知れない」と感じ、自分を責めてしまうのです。

悩んでいるなら知っておくべき!男女で違う恋愛での自己肯定感の感じ方

男性は相手に喜ばれることで必要とされている事を実感出来る

男性は、自分の行動により相手に喜ばれることで、「必要とされている」と実感でき、自己肯定感を高めることが出来ます。

何をしたかよりも、相手がどの程度喜んでくれたかという点を重要視しているので、自然に優しい行動が出来たり、先回りしてエスコートしたりと、紳士的な態度と言われる行動になるのです。

「ありがとう」「そんなことまでしてくれるのね」と喜ばれることで、自分の行動に価値があったと思う事が出来、相手を幸せに導いているという自信に繋がります。

そのため、サプライズを計画したり、以前ポロっとこぼした言葉を覚えていたりして、常に恋人が喜んでくれることに意識が向いているはずです。

どんなに泥臭い事でも、喜んでくれるなら身体を張って望むことが出来るため、「彼女のために」と自己犠牲を払うのも構いません。

彼女が驚き、喜んでくれるほど、「やってよかった」「彼氏として役目を果たせた」と思い、自信をもって隣に並べます。

男性は思いがけない喜びで愛を感じられる

男性は、思いがけない喜びを与えられる事で、愛を感じ、自己肯定感を高められるものです。

基本的に、日常は決められたことで満たしたい男性。

論理的思考が働くため、ルーティンがあったり、マイルールを作ったりして、安定した毎日を過ごすことで、安心します。

そんな中で、彼女から予想外の事をされると、「そんなにまで、想ってくれているのか」と愛の大きさを感じられるのです。

男性は、彼女よりも自分の方が愛していたいという気持ちが強く、常にリードする事が男らしいと考えます。

そのため、想定外の事が起こると、見積もっていた愛情よりも大きかったと感じられるため、深く愛されていると感じ、満足できるわけです。

「こんなにまで愛されて、幸せだ」「自分が思っている以上に、大切にされている」と感じ、今まで以上に彼女を愛そうと心に誓います。

心の満足度は、彼氏としての存在意義を示し、「なんて素敵な彼女を手に入れているんだ」と自分の能力さえも褒める事に繋がるのです。

女性は「愛しているよ」と言われてやっと自分を認められる

女性は、彼氏から「愛しているよ」と言葉で表現されることで、ようやく自分を認めることが出来、愛されている事を受け止められます。

愛されている事は、「この人の恋人でいていいよ」というOKサイン。

隣にいる資格をゲットしたことになります。

いくら深い愛情を持っていても、黙り込んでしまう男性といると、不安になってしまうと言う事。

言語によるコミュニケーションを重視する女性だからこそ、相手の気持ちは言葉で聞きたいという思いが強いのです。

第六感が優れているため、雰囲気や顔色を見ると彼の気持ちが分かる事もよくありますが、言葉で聞かれない限りは、思った通りなのか確証を得ることが出来ません。

「思っている事は、ちゃんと言ってよ」「何も言わないと分からない」と悲しむ女性が多いのは、そのためです。

愛していると言われることで、ようやく相手の気持ちを受け取ることが出来、愛情をかけてくれている事の喜びや、求めている気持ちと相手からの想いが一致した事の安心感を得られて、自信につながります。

女性は自分の行動に対しての対価が欲しい

カップルで昼寝デートってありかなしか?

女性は、自分の行動に対しての対価が欲しい生き物であり、認めてもらう事で自己肯定感を高められます。

「○○をしてくれてありがとう」「この前は頑張ってくれたから、次は、こっちがしてあげるね」など、対等の関係になるためには、同じ気持ちや行動量を目で測れるモノが欲しいと感じているのです。

彼の誕生日にプレゼントを渡したら、その分お礼の食事を連れて行ってもらったり、料理を作ってあげたら、精一杯の言葉で「最高に美味しいよ」「もっと食べたい」など評価をして欲しいと願います。

奉仕の気持ちであったとしても、お礼があるというのは、自信につながるもの。

最初から見返りを求めていなくても、言葉や行動による対価が与えられることで、「やって良かった」「ちゃんと受け取ってもらえた」と思うことが出来、自分の行動を承認できます。

一方通行ばかりが続いてしまうと、いくら「私が愛していれば、それでいい」と考えていたとしても、虚しくなったり、辛くなったりするのは当然です。

行動を認め、対価として自分に返って来て初めて、「意味のある事だった」と思えるのです。

女性は男性の人格に自分の価値を投影する

女性は、男性の人格に自分の価値を投影してしまうため、彼の人柄から自己肯定感を高めたり下げたりしてしまいます。

母性本能が備わっている女性は、付き合っている相手に対しても、母のように感じることがあるものです。

「疲れている時には、お世話をしてあげたい」「傷付いているなら、癒してあげたい」「頑張っているカレを支えてあげたい」など、サポート的な面を担いたがるのは、母性が働くから。

母性に従い色々なサポートをしていると、自分でも知らないうちに、「私が育てた」「教育係としての責任が課せられている」などと感じるようになります。

お店で店員に横柄な態度を取ったり、職場の人たちに迷惑をかけてまで、自分の仕事を有利にしたりなど、他の人が困るような言動を目の当たりにすると、「私があの人をこんなにしてしまった」「もっと優しい人になるように、悪い事は教えてあげないといけない」と責めてしまうのです。

彼の人柄が素晴らしければ、「あんなに素敵な人に選ばれるなんて、私はなんて幸せなの」と、心から満たされ、難ある人なら「私が悪い」と卑下してしまいます。

今の彼氏と付き合いながら自分に自信を付けていく方法

とにかく褒めてもらう

褒める男性の心理4

今のカレと関係を壊さずに、自分に自信をつけていくには、とにかく褒めてもらうことが大切です。

褒めるという行為は、自信をつけるために重要な行動。

外見や内面、行動や考え方など、何でもいいので、とにかく褒めてもらいましょう。

男性は、言葉に出して褒めるという事が苦手なうえに、こと好きなヒトに対しては、特に恥ずかしがってしまう傾向にあります。

けれども、カレといてもうつむいてばかりでは、これからもずっと同じ状態が続いていくだけです。

「今日、美容院に行ったんだよ。可愛いでしょ?」「あなたの好きな料理を作ったよ、美味しい?」など、YESと言えるように導く事も成功の秘訣。

「言わせたみたいで、嫌だ」と思う人もいるでしょうが、それでもいいのです。

「可愛いね」「似合っているよ」「嬉しいな」「美味しいよ」など、簡単な言葉でも、褒めてもらって、認めてもらう事で、二人の関係は良好になります。

カレのダメな部分は指摘して結果を求めない

彼のダメな部分は、指摘してあげるけど、結果を求めないというのは、自信をつけるために覚えておきたいポイント。

付き合っていると、なぜか相手をコントロールしたくなる人が多いのは、仕方のない事。

「あの人のこんなところが直ったら、もっと幸せになれる」と思う気持ちは大事です。

忘れがちですが、同じ人間は二人といないのも事実。

いくら愛し合っていても、性格も違えば趣味も考え方も一致しないのは当然です。

あなたがどうしても許せない部分は、アドバイスとして指摘をしてあげましょう。

ポイントは、伝えた事実を受け入れなければならない義務も、彼にはないという事。

落ち込んでしまう人は、恋人の悪い所を見つけた時点で、丸ごと受け止めてあげられない自分にバツをつけてしまいます。

「すぐに機嫌が悪くなるのは、彼の悪い所だけど、そんなことを気にしている私は小さくてダメだ」と思う必要はなく、サラっと伝えるだけにしましょう。

「そうやって機嫌を顔に出すと、気になるから嫌だな」とあなたの気持ちを伝えておいて、課題として取り組むかどうかは、相手の問題として切り離して考えておくと、自分を責める事もなく、見返りを求めずにいられるので、気持ちが楽になります。

「この前言ったのに、全然直してくれない」と思うのではなく、「それがカレだ」と受け入れると、自信を失うこともなくなるのです。

結婚を見据えて居心地のいい関係を作る意識を持つ

将来の結婚を想像し、同じ空間にいる事が居心地のいいと思える関係を作る意識を持つことが、彼といて幸せになる方法です。

実際に、結婚するかどうかは別として、長い時間一緒に過ごす相手として、長期スパンの視野を持つという事。

「どうして、もっと気持ちを伝えてくれないのかな」「自分勝手に進めるけど、何を考えているのか分からない私は、彼女失格?」と考えてしまうと、今この瞬間から、この先ずっと同じ様に苦しい関係が続きます。

「彼は気持ちを伝えるのが苦手だから、私がもっと表現して安心させてあげよう」「彼はこだわりを持っているから、任せる部分を増やしてもいいな」など苦しまずに済む考え方が浮かぶはずです。

長期スパンで考えると、相手を信頼する事が、大前提になります。

居心地いい関係でいるために、どう声掛けをすれば彼は心を開いてくれるのか、愛が通じ合っている実感が出来るのかを考えて、行動に移しましょう。

習い事や趣味を始めて自分の時間を充実させる

習い事や趣味を始めて、彼と離れた時間を作り、自分だけの人生を充実させることも、恋愛で自信をつけるためには大切な事です。

自分の趣味と恋愛とは、全く別物だと考えて、時間のやりくりが難しいと思っている女性も少なくありません。

しかし、自分の人生は、あなたしか歩むことが出来ないと言う事を理解しておけば、蔑ろにすることはないはずです。

習い事や趣味など、一つの事に没頭できる時間を過ごすと、瞑想状態と同じになります。

集中力が高まり、真理に近づけるのです。

スポーツや文化系の習い事でも、集中していると、抱えている困りごとや悩み事を解決させる糸口がピンと閃きます。

恋愛に対しても、考え方が変化し、依存や執着ではなく、「共に生きる」という未知が明確になるわけです。

時間を上手にやりくりしていると、自然と、彼氏の顔色ばかり見て不安になる頻度は下がり、いかに限られた時間で愛を深められるかという視点に着目し、デートを充実させられます。

自分が大好きな見た目になる

自信を持つためには、あなた自身が「大好き」と思えるものに囲まれると言う事が大事です。

見た目はもちろん、部屋の内装、考え方なども、キラキラやふあふわ、カラフルなど女の子が好きな感じでもいいし、クールでモダン、モノトーンなど格好いい系でも、レースやサテンなど姫系でも構わないので、大好きなもので一杯にしましょう。

ウキウキワクワクする、大好きなものは、心を満たしてくれます。

不安な気持ちも、落ち着き、自分らしさを見つけられるようになるはずです。

彼と一緒にいる自分に自信がないのは、相手に合わせようとするばかりだから。

自分以外の人間を生きようとしているのと、同じです。

恋愛は、個が並んで二人が織りなすから、幸せを感じられます。

相手の事を理解する事は大切ですが、同じように合わせる必要はありません。

自分自身の心が満たされ、満足してくると、彼と一緒にいても、不安にならずに、愛されていると確信を持てるようになります。

不安を解消する方法を実践しよう

「恋人がいるのに悲しい」「デートの後は決まって自信を失っている」と、カレとの関係で苦しさを感じている人は、あなたの心の不安を表面上で消そうとしているからです。

あなたの心のモヤモヤの原因は、自己肯定感の低さ。

カレが低くしてくる人なら、影響されないだけの強さを持つ必要があります。

考え方や行動を見直すと同時に、精一杯「私が好き」と思える事に全力投球する事も、自分を大切にする近道です。

彼と交際を続けながら、自信を持つためには、あなたが自分を好きになる努力をしましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事