からかってくる男性の本音!職場などでよくからかわれる年上・年下男性の気持ち&女性を異性として見ていない時のからかい方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「からかってくる男性の本音が知りたい」「いつもふざけているけど、心の奥底で思っている気持ちが分からない」とかけられる言葉一つ一つに、楽しんでいいのか悲しむべきなのか分からなくて曖昧な応対しかできないあなた。

人間関係を深める中で、冗談の一つや二つは大切だとは分かっているけど、あちらの本当の気持ちが見えてこなければ、どう返答するのが正解なのか困ってしまいます。

からかってくるあの人は何を考えているのか、本音をご紹介しますので、気になるあの人の行いが脈ありかどうか判断するための参考にしてくださいね。

知人や友人だけでなく、職場での年上や年下の男性の心理に近づきましょう。

職場関連における繋がり以外にどんな風に思っているのか真実が見えます。

特別な間柄になるきっかけになる事もあるはずです。

こんな時によく使われるセリフや行動から、気に留めなくていい絡み方までお伝えしているので、あの人にどう接してきているのか判断しましょう。

目次

男性が女性をからかう時によく使うセリフや行動

「どうせ料理なんて苦手に決まっている」

茶化す時によく使うセリフは、「どうせ、きみなんて料理なんて出来ないだろう」というもの。

女子力の高さを低く見積もり、ふざけて会話に使うのは、バカにしたり冗談でコミュニケーションをしようとする人の常套句です。

料理の他に、「洗濯物が溜まっているんじゃない?」「裁縫道具すら持ってないでしょ」など、力や才能があるほど嬉しい要素を指摘します。

一人暮らしをしている人なら、生活の全てを自分で行わなければいけないので、日々の積み重ねで徐々に自炊が出来るようになる人も多いものです。

ただ、家事が苦手な女子も多く、つい外食に頼ってしまう人も。

女子力を求める男からすれば、付き合う女性には料理が出来る方が望ましいと感じます。

冗談が通じる相手には、「どうせ君は出来ないよね」とからかいます。

一人で生きていく力の低さを指摘すると、女子力や日常の中で重要視しているポイントも分かるというもの。

「自分で料理も作るよ」と返事をすれば、「卵割って、かきまぜるんだよね」と再び低いレベルをふっかけ、攻撃するワードを重ねます。

身長が低い女性に「どこから声がするんだ」

背が低い女性は、一般的な男の人の身長から真っすぐ正面を見ると、視界に入らないこともあり、すぐ目の前にいるのを分かっていながら、存在を目視で確認できないことを面白がります。

いじる時によく使うセリフとして、背が低い女性に対して「どこから声がするんだ」と容姿を絡めたもの。

身長や体格に関するものをいじることで、パッと見てわかるやりとりが可能です。

女性自身がぽっちゃり体型を笑いにしているのなら、なおさら男性もいじりやすく「このお腹気持ちいいんだよね」「浮き輪がなくても水に浮かぶからいつでも海に行けるね」など。

他にも、身長が非常に高い女の子も「彼氏泣かせ」「壁かと思った」と言われたり、髪が短い人に「今日も美しい髪がなびいているね」と揶揄したりすることもあります。

見えるままを指摘してツッコミを入れることで、笑いとして話題に出せるのです。

生まれつき持つ体や見た感じの特徴を冗談にすることは、何も知らない人から見るとイジメともとられかねません。

ジョークとして面白がってくれる人をよく選別して行っている場合がほとんどだと言えます。

「絶対にお前の彼氏になりたくないわ」恋の予感をちらつかせる

「絶対付き合いたくないわ」というのも、男の人が女性をいじる時によく使うセリフです。

望まれてもいないのに、恋愛対象として見られる前提としての言葉。

女性からは「こっちもだよ」と同意を返されたり、「お願いしていないから」と端から取り合わなかったりと、ラリーが続きます。

異性間の会話だからこそ成り立つ内容ですが、この言葉を掛け合う事で、「付き合ったらどんな風になるかな」とイメージを膨らませるのも事実です。

急接近し始めた時や、過去に付き合ってきた異性と全く違うタイプと出会い戸惑っている時などに、お互い掛け合いをすることが多くあります。

女性のずぼらな性格が表立った時や、男勝りな面が出てきたときなど、急にそれぞれの性別について言及し始めます。

言われた側としても驚きの一言に繋がるケースも。

異性として意識したことが無く恋人になる話など、表に出ない場合にしか使えない言葉だとも言えます。

「胸がないから早く走れそうだね」

容姿に関するからかいは他にも多くありますが、胸に対するいじりはひときわ多く目立ちます。

男性が女性をジョークで面白がる時によく使うセリフは、「胸がないから早く走れそうだね」というもの。

男性にとって、女の子のおっぱいは、絶対的なものであり、本当の所大きさはあまり関係ないと言われているものです。

巨乳好き、微乳好きなど好みこそ様々ありますが、正直なところ「ある」だけでいいと考えています。

つまり、この「胸がないから早く走れそうだね」というセリフは、サイズに対するからかいであり、「ある」ことそのものは認めているはずです。

しっかり性別を女として受け入れているので、密かに好意を持っている場合でも、使うセリフでもあります。

胸が大きい女性が走るのが大変だというのは、男性にとっては想像も出来ない事ですが、話しくらいは聞いたことがあるもの。

「どうやら走りにくいらしい」と不確かな情報で本当の大変さを知らないからこそ、貧乳女子の事を面白がることができるのです。

突然の「御馳走さまです」

共通の仕事をした時や、偶然出会った時など、何の脈絡もなく食事に行こうと軽く誘うついでにからかいます。

ふざけて、からかって遊ぶ時によく使うセリフは、「ごちそうさま」というもの。

「え?今日食べに連れて行ってくれるの?」と、知らないうちに約束をしていたことになっており、先にお礼を言われてしまうというものですが、この言葉を言われることにより、全額支払うつもりはなくても、誘いに乗ってもおかしくありません。

「あなたの分の支払いはしないけどね」と言いながら、どの店に行こうか考え始めます。

支払いをする事は、単なる経済力の問題だけではなく、日頃のお礼の気持ちや尊敬などの心情も反映される場面です。

「食事代金を支払いして」と伝える事は、「俺を尊敬しろよ」「労うべきだ」という願望を込めたお願いでもあります。

仮に上司から「今日はご飯に行くけど、先に言っておく。ごちそうさま」と言われたら、暗黙の命令となり、従わざるを得なくなるのですから、仲間など、優劣がない関係性で使われることが多いセリフです。

好意がなければからかわない?女性をからかってくる男性の基本的な心理

相手の事を推測して交流を深めたいという脈あり心理

女の人にふざけて遊ぶ言葉をかける男性が基本的に抱えている心理は、たくさん話したい相手の生活の様子を推測して、やりとりを楽しみたいというもの。

この言動は、脈ありと言っても過言ではありません。

意中の相手に絡むなんて、子供のする事だと思われますが、大人になってもその心理は男性の中に少なからず残っているもの。

「用事もないけど近づきたいな」「目の前にいたらついちょっかいを掛けたくなる」と心の奥底から沸き上がる好奇心と少年心に行動を支配されます。

相手の事が好きなら、嫌がる事をしてしまうのはタブー。

楽しくイメージできるいじりを投げかけて、受け取り側に笑顔で許してもらえるように仕向けます。

「ひとり言ばかりなんだよね、寂しいね」「誰も食べてくれる人がいないけど、料理が上手になるように練習をしているんだよね」など。

一度話の流れに沿ってから切り返す、ノリツッコミが出来るような事を言うのがベストです。

話をする頻度が多くなるほど、会っていない時の様子も知れるし、楽しく切り返してくれるやりとりが心の距離を近づけます。

「自分なら許せるけど」という付属するのは脈あり

女性をからかってくる男性の基本的な心理は、「俺なら全然かまわないけど」と追加して言葉を足すのは、脈ありだからです。

遊び半分の言葉をかけた時に、「まあ、俺なら気にしないけど」「僕くらいしか受け入れられる人はいないだろうな」など自分を例外に入れるのは、女性にとって特別な存在だとインプットしたいから。

どれほど冗談を重ねても、自分だけはどんな姿も受け入れられるとアピールするチャンスだと考えています。

好きな人にとって特別な存在でなければ、恋愛をするに値する人物だと認識してもらえないと不安に駆られているのです。

恋の駆け引きをする上で「ライバルよりも選ばれる存在でなければいけない」「ひときわ目立つ存在でなければならない」と思い込んでいるため、自分に大きな負荷をかけています。

からかいながらも、どんな女性も受け入れる覚悟がある事を遠回しに伝えているのです。

料理が出来なくても、おっちょこちょいで失敗ばかりしていても、自身にとっては許容範囲内だと素直に言えないだけな人と言えます。

脈ありかなしか半々。一緒に笑う瞬間が楽しいだけ

頻繁にからかってくる男性の心理は、一番近くで笑いたいだけというもの。

大人になってまで冗談ばかり言い合う事に、特に意味はないと考えている人も一定数います。

若い頃のように、何でも面白く感じる年代と違い、経験を重ねるごとに「裏があるかもしれない」「次の展開を考えて対策を練っておこう」と憶病になるもの。

考え方も行動も慎重になるほど、笑いとは程遠い生活になるのは自然なことです。

年齢を重ねた大人が大笑いをする姿が、若い人よりも少ないと感じるのは、そういった成長記録があるから。

ただ、特定の人にだけは心を許していて、何でもないことで大笑いできる人がいるのも事実。

限られた交友関係の中で、悪い所も弱みも全部さらけ出して、冗談を言い合える関係は、とても貴重な存在です。

一緒に笑いたいと思っているだけで、好意があるかどうかはその他の関係性にもよります。

用事がなくても会いに来たり、親身になって心配してくれたりするようなら、脈ありと判断できますが、面白い時間を共に過ごすだけというだけなら、いい大人の限られた大切な友達という可能性も高いところです。

実はもっと知りたい!ちょっかいを出すついでに女性を探る

ちょっかいを出してくる男性の基本的な心理は、気になる人の事をもっと知りたいというもの。

冗談を言い合っている時には、僅かずつでも相手の事を知るチャンスが含まれています。

相手が無言でやり過ごすタイプでない限りは、何かしらの返答を得ることが出来るはずです。

「○○くらいできるよ」「ご飯食べに行く友達くらいいるわ」など、普段の生活を垣間見ることが出来ます。

親しくなりたい、興味を持っているという段階では、情報収集をしているところ。

どんな友達と遊ぶことが多くて、休日はどんな過ごし方をしているのか、彼氏はいるのか、女子力はどの程度なのか、過去の恋人とは現在どういう関わり方をしているのか、など掛ける言葉を工夫すればいくらでも相手の事を知れるのです。

女性を探りつつ、恋愛に進めそうか、友達として良いポジションを確保したほうが良いのか、見極めています。

好きな人には悪態を吐けないから言いやすい相手で発散

女性をからかってくる男性の基本的な心理は、好きな人には悪態を吐けないから言いやすい相手で発散したいというものがあります。

この場合、男性にとって好きな人もしくは彼女がいるということになり、恋人の前ではありのままの自分を出し切れていないことを意味するものです。

何歳になっても男は、好きな人の前では格好つけたいという願望を持ち、女性は可愛くありたいと願うもの。

その結果、受け入れてくれている相手に対して、良い人ぶったり理想の人になろうと背伸びしたりしてしまいます。

好きな人が目の前にいるだけで緊張し、上手く話せないだけならまだしも、ウソの自分を作り上げて自ら首を絞める行為を行っていることもあるわけです。

いくら思いを寄せている人に良い格好したいからと言っても、無理が祟ればストレスが溜まります。

不満の捌け口として、言いやすい女性に対して悪態を吐いて発散しているのです。

からかう度に、封印していた自分を呼び起こすような気分で、気持ちよくなります。

年上男性が職場などでからかってくる時にあなたへ抱いている気持ち

会話のきっかけを作りたい

年上の男性が会社などでやけに絡んでくるときに、内心で思っていることは、会話のきっかけ作りをしたいというものです。

年上の男性は、同じ職場の人とはいえ年下の女性に話しかけるには、勇気を必要とします。

特に直接仕事のやり取りがなかったり、接点がなかったりすれば、話をするきっかけどころか、何も起こらず日々が過ぎてしまうところです。

少々意識してしまう異性が現れても、話しかけることが出来ず、若い者同士楽しそうにしている様子を遠巻きに観察しています。

「混ざりたいな」と思っても、場違いだと考えていると声をかけることは不可能です。

冗談なら、特に用事がなくても話をすることが出来、女性との距離感も近づけるので、深く考えなくても良く、便利だと考えています。

会話のきっかけさえできれば、顔を合わせる度に接点を持つことが出来、心の距離感も近くなり、お互い抱えている遠慮が無くなるのです。

気軽に口をきけない関係性の異性と、一歩近づける突破口として、軽いノリで話せる方法は、年齢を問わず、利用しやすいものと言えます。

仕事の息抜きに気の合う人と笑いたい

年上男性が職場などでからかってくるときに抱いている気持ちは、仕事の息抜きに気の合う人と笑いたいというものです。

与えられた業務だけでなく、より効率よく成果を上げるための事を日々考えている社会人として先輩のカレ。

勤務先の敷地に一歩踏み入れば、気合を入れ、一日中仕事の事を考えて過ごしています。

けれども人間は、緊張状態をずっと維持し続けることは出来ません。

スポット的に休憩を入れる事で、よりハイクオリティな仕事が出来るようになるものです。

パソコン業務なら目を休めたり、体を少し動かすためにストレッチをしたり、また営業職なら仕事モードから切り替えるために自分だけの空間を作るなど、リフレッシュする時間を設けることも必要ですが、誰かと会話をすることも心を癒すためには重要となります。

気の合う人と笑い合う時間は、緊張を解きほぐし、自然な笑顔を生み出すための大切な時間。

女性をからかう事で、笑い声が生まれ、その場の空気と共に心が和みます。

いつも落ち込んでいるから和ませて励ましたい

年上男性が職場などでからかってくるときに抱いている気持ちは、いつも落ち込んでいるから和ませて励ましたいというものです。

職場の先輩である男性は、仕事に関しても余裕が生まれていて、困っている人がいないか全体に目を配ります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

特に女性は、業務に関する困りごとを一人で我慢している人も多く、文句も言わずに頑張っている姿も珍しくありません。

社会というのは理不尽な事が山積み。

言われたとおりに仕事をこなしても、何故か怒られてしまったり、手一杯やることを抱えているのに次々とこなさなければいけないことを増やされたりと、職場環境や上司により快適とばかりも言えないのも事実です。

全体に目を配り、気にしている男性にとっては、困っている女性はどうにか手を差し伸べたい存在なので、声を掛けます。

ただ、声をかけるだけでは悩みを話せなかったり、「大丈夫です」と壁を作られたりしてしまうので、面白おかしく話しかけるだけで一気に女性の気持ちを和ませることが出来るのを知っているのです。

職場は一人ではなく仲間がいる事を知って欲しい

年上男性が職場などでからかってくるときに抱いている気持ちは、一人ではなく仲間がいる事を知って欲しいというもの。

社会に出ると、責任を感じる場面が多く訪れます。

「頑張らなくちゃ」「一人でやらないと」と気負い過ぎてストレスを抱え、自滅する人が多いのも確かです。

ただ、年上男性は同じ企業内での経験を積んでいるからこそ、周りの人の力を借りる必要性を十分知っています。

一人で頑張ろうとしていても、限界が訪れ、どうにもならないことを誰もが経験するのです。

男性もその一人。

経験者だからこそ、「一人じゃないって知って欲しい」「周りの人を頼って欲しい」と強く願います。

仲間の長所や短所を知り、お互いサポートしあうことで、初めて大きな仕事をこなすことが出来るようになるわけです。

男性がからかうのは、あなたに「顔を上げて周りを見て欲しい」「沢山の仲間の存在に気づいて欲しい」と願っているから。

ほんの少しの関わりでも、視界が大きく開けて、価値観や人生観が大きく変わることもあります。

一人で責任感を持たなくてもいいと、教えたいと願っているのです。

言葉では言えないけど好意に気付いて欲しい

遠距離恋愛だった2人にきっかけが訪れて復縁したエピソード1

年上男性が職場などでからかってくるときに、抱いている気持ちは、言葉では言えないけど好意に気づいて欲しいというもの。

年齢が上の男性は、プライドが高いので自分から好きだという事を軽々しく言葉に出来ません。

むしろ、女性側から「付き合って」と寄ってきてほしいとすら思っています。

けれども明るく元気に毎日過ごしている女性や、人懐っこくていつも誰かに上手に甘えるような人を見ていると、恋人にしたい願望が膨らむところです。

女性から好かれるためには、距離感を詰める事。

頻繁に話をして、笑い合う事で自分からの好意に気付いて欲しいと考えています。

大人の恋愛は、必ずしも告白があるわけではなく、お互い両想いを察して何となく関係が始まるというのがスマートな姿。

理想のスタートを切るためにも、相手に自分が抱く気持ちに気付いてもらい、女性側からも好かれる必要があるので、地道に関係性を深めようとしています。

よくからかったりちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音

年下は恋愛対象として相手にされないだろうから悲しい

ちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音は、恋愛対象として相手にされないだろうから悲しいというものです。

男性の方が女の子より年齢が下の場合、劣等感や気後れしている心理が働きます。

思春期からずっと、女性の方が精神年齢の高い時期を過ごしているので、実年齢が舌の男性はずいぶんと幼く感じてしまうからです。

女性からは、子ども扱いされるし、頼りがいがないと言われてしまいます。

けれども恋をした相手には、年齢なんて関係ないのがリアルなところ。

「年に捉われずに一人の男として見て欲しい」「恋愛対象に入れて欲しい」と願う気持ちから、少しでも男らしさを示したいと考えます。

女性の出来ないところや困っている所を指摘すると、少しでも自分の方が立場が上のように感じられるもの。

からかうことで、自分の方が頼もしいという印象を植え付けようとしています。

年下男性は、恋愛対象に見てもらうまでに、最初の努力が必要なので、何気ない日常の中で少しずつ男を意識してもらうよう頑張っているのです。

少しずつでも気にかけてもらえるようになるまで頑張ろう

ちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音は、少しずつでも気にかけてもらえるようになるまで頑張ろうというものです。

そもそも恋愛対象どころか、人間関係の輪にも入れてもらえないことの多い、年下男性。

仲良くなりたくても、普段遊びに使うスポットも会話も合わないと思われています。

職場の中で、話しに入れてもらえない場面に直面すると、仲間外れにされた感覚を強く抱くものです。

女性側からすれば、「若い男の子は友達と遊ぶのが楽しいでしょう」と別の生き物として考えています。

年齢を重ねてきた女性は、若い頃のように自分を偽ってまでかわい子ぶったり、猫をかぶって男の人に取り入ろうとすることが無くなるので、少々がさつになったり、ありのままの自分でいることが楽だと感じたりするようになるもの。

ちょっかいを出されても、若い子のイタズラとして取り合いません。

男性側からすれば、せっかく面白い話をしようとちょっかいをかけているのに、全く相手にされないのでは、悔しさがこみ上げ、「視界に入るまでやり続けよう」と心に決めるのです。

年下と過ごすと楽しいという事を分からせたい

ちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音は、自分と過ごすことが楽しいという事を分からせたいというものです。

若い男性は、「自分は何でもできる」「世界は作れる」と自信に満ち溢れています。

ところが、年上女性と出会い、関わることで思い通りにならない現実を経験するわけです。

目くるめく時代に乗り、最新の遊びや楽しい事を知っている年下男の良い所をアピールしようと考えます。

同年代で仲良くなりがちな人間関係ですが、世代が違うからこそ、楽しめるという面白さを分かって欲しいと考え、いかに楽しいかを分からせたいと意固地になっているのです。

女性の同年代の人や年上男と比べ、フットワークも軽く、体力もある年下男。

自分に魅力があるという事を、どうにかして女性に知らしめたいという、負けず嫌いな一面でちょっかいを出しています。

心を掴むテクニックを試したい

すぐに答えを出さない男性の心理1

ちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音は、心を掴むテクニックを試したいというものです。

若い男性は、女性を落とすテクニックをとにかく磨きたいと考えています。

年上の女性は、彼にとってハードルが高い相手であることに違いありません。

恋愛に進む可能性が低く、心を動かすのが難しい相手程、テクニックを試したときの効果がよく分かります。

彼自身が本命女性を口説くときに、「あれだけ難しい相手を落としたんだから、絶対大丈夫」という自信を持っているかどうかは、結果に大きな違いを生み出すはずです。

ちょっかいを出したり、からかったりするのは、相手の反応を見るための情報収集のやりとり。

いかに希望通りの女性を落とせるか、男を磨く一つとして、職場の年上女性を利用しています。

その気になってしまえば、痛い目を見るので、相手の望み通りにあれこれ付き合ってあげるのが大人の余裕です。

彼が男として成長する姿を見るのも、お姉さんのような気持で楽しめます。

時にはイレギュラーな反応をして、戸惑う姿を見るのもまた面白いものです。

キープとして年上女性も置いておきたい

ちょっかいを出してくる年下男性が相手女性へ素直に言えないでいる本音は、キープとして年上女性も置いておきたいというものです。

年下の彼は、多くの女性の気持ちを自分に向けておきたいと考えています。

本命彼女とは別に、付き合うかどうかは別としてモテたいと望んでいるのです。

突然ぽっかり予定が空いた時、好きな人と過ごせなかったら、他の人でも誰か女の子がいれば楽しく過ごせると考えている、根っからのプレイボーイ。

年上の女性も、漏れなく対象に入っています。

一番手っ取り早く捕まえられるのが、職場の人です。

幅広い年齢層の女性をキープしておくことで、気分によって休日を過ごす相手を選ぶことが出来ます。

同年代と楽しくはしゃぎたいときもあれば、しっとりと大人ムードでお酒を楽しみたいときもあるし、甘えたいときもあるので、どんなバージョンでも対応できる女性を匿いたいのです。

ちょっかいを出していれば、大抵の女は落とせると考えている事から、多くの人数から相手の希望通りの反応をすることが出来るテクニシャンだと言えます。

これは脈なし!女性を異性として見ていない時に男性がするからかい方

嫌な事があった後に限って声をかけてくる

女性を異性として見ていない時に男性がするからかい方は、嫌な事があった後に限って声をかけてくるというもの。

社会の中にいれば、嬉しい事や楽しいこともあれば、嫌な事も多くあります。

余りにストレスがたまると、適度に発散しなければ、頭がおかしくなりそうな時もあるものです。

ストレスと上手に付き合うことが出来る人は、趣味に没頭する時間を作ったり、リラックスするために森林浴やハイキングに出かける事を取り入れたりと、プライベートの時間をやりくりします。

ところが頑張りすぎる現代人。

プライベートの時間は、ひたすら体を休めるばかりで心が休まっていない状態のままの人も多くいるのも事実です。

心が休まっていない状態では、常に心がギスギスして攻撃的になってしまいます。

身近な人に八つ当たりをしたり、ふざけたりするのもその一つで、嫌な事がある度に特定の人に向かってヤジを飛ばしたり、酷い事を言ったりしてストレス発散を行うのです。

特に女性は弱者と捉えられることが多く、対象になりやすいと言えます。

女性が悩んでいる事をピンポイントで突いてくる

女性を異性として意識していない時に男性がするふざけ方は、悩んでいる事をピンポイントで付いてくるというものです。

いじられる本人が、ネタとして普段から公表していたり、自虐で使っていたりする者に関しては、例え容姿の事であっても笑えることもありますが、悩んでいたり周囲に隠していたりする内容なら、全く話が変わります。

まだ誰にも言っていない傷付いた出来事や、秘密にしておきたい事、真剣に悩んでいる事などを指摘されると、トラウマが出来るほど心が傷つくところです。

「そんなだから彼氏に振られるんだよ」「一回も恋人も出来た事もないヤツに男らしさとか言われたくないよ」など、本人が言われたくない事を言葉にした時点で、心をナイフでえぐる行為となります。

男性にはデリカシーがないという問題だけでなく、言葉にした時点で、周囲の人に知られてしまう可能性がかなり高くなるので、関わりたくない人になるはずです。

当然好意を持っている人は、傷付けることが分かっていながらする事はないので、悪意があるからかい方だと言えます。

からかわれて悲しい表情をしたら喜ぶ

女性を異性として見ていない時に男性がするからかい方は、悲しい表情をした時に喜ぶというものです。

弱者をイジメて喜ぶタイプの人は、人とのコミュニケーションも上手ではありません。

冗談を言ったり、いじったりする男性の中には、悪気がなくても思いがけず相手の女性を悲しませてしまう事も時にはありますが、表情を見て悟った瞬間に「悲しませるつもりはなかったんだよ」「何がいけなかった?ごめんね」とすぐ謝ります。

相手の表情を見るというのは、いくらふざけていても対話をしている時には、必要不可欠な事です。

悲しい顔をしたら辞めるべき事を、逆に喜ぶ男性は、好意どころか嫌がらせで行っているものに違いないので、すぐにその場を去りましょう。

悲しい思いをしているのに、相手に攻撃を続けさせると、向こうの成功体験として積み重ねることになるので、さらなる犠牲者が出てしまうのです。

人格や存在を否定してくる

女性を異性として見ていない時に男性がするからかい方は、人格や存在を否定してくるというものです。

人格否定は、イジメの中でも悪質で、いい大人がするべき事ではないはず。

「お前最悪な人生送っているな」「よく生きていられるな」など、存在自体を否定する言葉も然り。

冗談のつもりでも、異性として大切に扱おうと思ったり、好きな気持ちがあれば、根底には愛があるのでそんな言葉は出てこないものです。

「こっち見るな」「バカがうつる」など、子供じみた言葉でも、いい大人が使う事がありますが、幼稚で品位のかけらもないと言えます。

社会では支え合う事こそが成長に繋がり、認め合う事が幸福を生み出すところです。

異性として見られていないだけでなく、人間としての成長がまだまだ不足している相手をまともに応対していては、あなたの大切な時間が奪われてしまうので、放置しておきましょう。

どうしても無視できないほどしつこい仕打ちをされるのなら、周囲に支えてもらう大切さを目の当たりにさせるためにも、上司や同僚に相談し、協力を得ることが大切です。

聞こえなくてもいい程度の声で言ってくる

女性を異性として見ていない時に男性がするからかい方は、聞こえなくてもいい程度の声で言ってくるというもの。

「え?何か言った?」と聞き直さなければならないほど、小さな声でボソボソといじってくるのは、もはやただの文句です。

相手にハッキリ伝わる声で、言葉で言うからこそ、対話が成り立ち、楽しくその場を和ませることが出来ます。

男性の言葉を誰も聞き取る事の出来ないくらいの声量なら、からかいではなく、不満の独り言。

異性として見ているわけではなく、何かハッキリと言えないような心の状態になっているので、内面の健康状態が気になります。

不満を心に溜めすぎてしまうと、攻撃的な性格になり、何でもないことまで辛く感じてしまうようになるはずです。

あなたが自身が対応しなくても良いので、上司などにストレスチェックなどを提案してみましょう。

職場全体が明るくなれば、彼もきっと冗談として楽しい話が出来るようになるはずです。

今は異性として見ているという以前の問題なので、仲間が元気になる事を祈りましょう。

表情や内容に着目してみて

いつもからかってくる男性がいると、どういうつもりなのか本音が気になるところです。

意中の相手なら、絡んでくるときの表情や内容でお互いに楽しく過ごせているかをチェックする事で、相手の心理を読み解けます。

職場などで年上や年下バージョンの絡み方も、それぞれ特有の気持ちを抱えているので、迷惑でないのなら上手に対応してあげるのも優しさです。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事