自分の過去を話す男性心理って?子供の頃の話や辛い過去などを聞いてもらいたくなる時の本音&女性への本気度
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「自分の過去を話す男性は、どんな心理なのか知りたい」「相手の本音を知って、脈ありなのか教えて欲しい」と突然始まった昔話を、どう聞けばいいのか戸惑っているあなたへ。

未来に向かってポジティブな会話を持ち出す人といると、明るくて頼もしい印象を受けますが、逆にもう過ぎてしまった事を言い始めてネガティブなイメージを受けてしまった時には、どんな心境の裏側があるのか知っておくと恋愛に繋げられるヒントが見つけられます。

自分の過去を話す時の男性心理について、詳しくご紹介していくので、気になるあの人との関係に変化を起こすための参考にしてくださいね。

子供の頃の事、辛い過去の失敗談やトラウマなど内容別の気持ちや、相手が抱いているあなたへの本気度もお伝えしているので、しっかりと彼の心を汲み取れるはずです。

ベストな聞き方についても触れていますので、ぜひ恋愛に繋がるように実践しましょう。

目次

自分の過去を話したい男性は実は多い!昔話をしてくる男性の心理

トラウマなど傷付いた過去をさらけ出せる程信頼している

昔話をしてくる男性の心理は、トラウマなど傷ついた過去をさらけ出せるほど信頼しているというものです。

男性は、自分の弱い部分を見せたくないというプライドを持っています。

基本的には、どんな困難も一人で立ち向かい、トライアンドエラーの精神で、「まずはやってみる」「失敗したら、違う方法でまたチャレンジしてみる」と考えているはずです。

積極的にチャレンジすることが多いほど、失敗は逃れられないもの。

上手くいかなかった事の中には、ひどく心が傷つき、「もう関わりたくない」と思うほど、トラウマになることもあります。

「自分以外に、わざわざ知らせる必要はない」と考えていますが、心から信頼する相手には、「頑張って隠さなくてもいいや」と気持ちが緩み始めるところです。

心を開く相手程、弱みを見せられるようになります。

親友や恋人、またビジネスパートナーなど大切な人にだけ、自分の弱い部分として過ぎ去った記憶を持ち出し、聞いてもらおうとするのです。

信頼している相手に、心をさらけ出す時には、相手から何か声をかけて欲しいと考えたり、アドバイスがもらいたいと思ったりしているわけではなく、ただ静かに受け入れてくれれば満族します。

以前の方が仕事も恋愛も順調だったから悔しい

昔話をしてくる男性の心理は、以前の方が仕事も恋愛も順調だったから、過去の自分に悔しさを抱いているというものです。

嫉妬の対象は、何も他人ばかりではありません。

今現在の自分自身と比べて、「圧倒的に良い人生を送っている」と判断できるなら、過去の己も嫉妬の対象となります。

生きていれば、良いこともあれば悪いこともあるものですが、今までの経験を振り返った時、「あの頃が一番よかった」と思ったことがある人も多いはずです。

過去の事を話し始める男性は、思い返した時期が、仕事も恋愛も良い事続きだったため、今とのギャップに嫉妬しているということ。

もちろん、他のタイミングで、悪い事もあったはずですが、「あの時が一番幸せだった」と思う時には、都合の良くない記憶は薄れてしまっています。

今は、失敗続きや失恋など、悲しいことが続いていて、つい良かった記憶に縋りたくなったものの、余計に虚しくなってしまったのです。

何もかも知ったうえで自分という人間を見て欲しい

昔話をしてくる男性の心理は、何もかも知ったうえで自分という人間を見て欲しいというものです。

人柄を判断するために見る基準は、様々ありますが、今の姿や状況だけを見てジャッジして欲しくないと考えている時に、過去の話を持ち出します。

立派な職業、人格者、多くの人望など、誰から見ても羨ましがられる状況にいる男性でも、過去を振り返れば全く違う生活を送っていて、同じ人物だとは思えないという事。

成功や転落など、人生何があるか分からないのが面白いのですが、目で確認できる今の状況だけを見ては、本来の姿が見えないと考えます。

芸能人の中でも、今は華々しく活躍していて、多くのファンもいる、高級マンションに住んで、年間数億円稼いでいる様な人が、実はその日どうやって空腹をしのいで生きるかというような貧乏な日々や自殺を考えたほど孤独や苦しみを抱えていた、という人も少なくありません。

芸能人であれば一つの話題として取り上げられ、過去と今を比べることが一つのエンターテイメントですが、辛い過去の話を聞いて、「努力家なんだね」「良い人たちに恵まれて今があるんだね」など、心動かされた人もたくさんいます。

話死の内容から見えない部分を知って、どういう人間かを判断して欲しい時に語り始めるのです。

話しやすくてうっかりしゃべってしまった

昔話をしてくる男性の心理は、話しやすくてうっかりしゃべってしまったというものです。

わざわざ自分から意図をもって言い始める人もいますが、うっかり何の気なしに昔の事を持ち出したというケースもあります。

第三者と共に、目の前の事に取り組んでいるとき、考え方や判断などで意見を述べる場面は多くあるはずです。

当然の様に、思い浮かんだ考えを伝えても、相手には簡単は理解できない事も。

「どうしてそうなるの」と質問された時に、過去の経験から出てきたものだったら、そのまま思わずディープな出来事までうっかり話してしまいます。

また、冗談で「○○みたい」と突拍子もない例えを出したつもりが、経験者だったといううっかりツッコミをされた途端、「いや、本当だよ」と暴露して語り始めるということもあるところです。

本人の意図しない場面で引き出された話題で、つい話しやすい相手だったから乗っかってしまったというケースであれば、特に意味はありません。

自分の事を話すから相手にも心を開いて欲しい

昔話をしてくる男性の心理は、自分の事を話すから相手にも心を開いて欲しいというもの。

部下や友人に精神面で成長して欲しい時や、相手が何を考えているのか分からない時など、「もっと知りたいな」と思う場面が訪れます。

「あなたについて教えて欲しい」と正面からお願いしたところで、自慢話や恥ずかしい話だと自己判断すればなかなか話してくれません。

また、人の心を開くのは簡単ではないので、ただお願いしても警戒心を解かなければ、相手の気持ちは動かないのです。

そのために、自分の事をさらけ出すという方法をとります。

彼自身の過去の話や経験談を伝えることで、共感を生み出したり、親近感を抱いてもらったりすることで、相手からも昔話を引き出すことが出来るわけです。

経験してきた人生や心の奥にしこりとして残っている出来事などを理解して、成長に導ける道を探そうと考えています。

自分が子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ち

才能があることを認めて欲しい

子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ちは、才能があることを認めて欲しいというものです。

子供の頃は誰でもとても純粋で、駆け引きや取引など行う事はありません。

だからこそ、小さなころに得意だったことは、本来持っている長所や強みと言えるのです。

性格や特技は、生まれ持ってのものと、人生経験から学び得ていく後天的なものがあります。

現在は、シャイで人間嫌い、何をするにも不安が先に出てしまう人でも、元々は明るくて誰に対しても臆することなく話しかけたり、初めての事でもチャレンジ出来たりしていた人であることを、自分自身が一番よく知っているわけです。

「あなたには、出来ないでしょう」と言われた場面などで、悔しくて「本当の僕はこうなんだ」と示したいときに、子供の頃の話をします。

バカにされた時や、勝手に決めつけられた場合などに、悔しさがきっかけとなる事が多いと言えるはずです。

今生きている大人社会に絶望

子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ちは、今生きている大人社会に絶望しているというものです。

人間社会というのは、誰もが幸せでのびのびと個性を出しながら、平和に暮らせるところであるのが理想ですが、残念ながら世知辛いと感じている人がほとんど。

子供の頃には、両親や地域、学校などから安全に守られているため、幸せを感じやすく「あの時はよかった」と思う人が多くいます。

社会人になると、全ての責任は自分が持つことが当然であり、一つの判断が人生を大きく左右するものとなるからです。

自分で生き方を選べる自由を得る事は、その分苦痛を伴う作業でもあります。

幸せになるのも、不幸になるのも自分次第ですが、あまりの重責に苦痛を感じる大人が多いのも事実。

社会人になって見えてきてた世界は、胸が痛むことも多く、何も知らなかった子供の頃の方が遥かに平和だと感じます。

今の社会に絶望し、回想に逃避することで、思考を停止し、「前に進まなくてもいいかな」と頑張ることを辞める理由にしようとしている可能性もあるところです。

初心を思い出したい!理想の自分はこうだった

子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ちは、理想の自分や夢を思い出すために初心に戻りたいというものです。

新たな道を踏み出す決意をした時や、これから自分が変わりたいと強く願った場面などでは、子供の頃に憧れたヒーローを思い描き、「絶対になれる」と信じてやまなかった日々を思い出します。

子供の頃は、社会のしがらみや能力の限界など考えることなく、純粋に「こんな人になりたい」「ヒーローになるんだ」と無邪気に望んでいたはず。

成長するにつれ、いつしか夢を見る事を忘れ、諦めを覚え、つまらない日々を過ごす事に慣れてしまいます。

人生の転機が訪れた時、「このまま廃れていってはいけない」「子供の頃に憧れた大人になるには、今がチャンスだ」と感じ、昔話を語り始めるところです。

新しい一歩を踏み出す時に、自分だけで決意するよりも誰かに来てもらっておいた方が、モチベーションを維持しやすくなります。

子供の頃の夢と共に、今変わろうとしている決意をセットで聞いて欲しいのです。

共通の話題を探してもっと仲良くなりたい

子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ちは、共通の話題を探してもっと仲良くなりたいというものです。

同じくらいの世代であれば、子供の頃の話をすれば、流行りのお菓子やテレビ番組、芸能人など記憶の中に色濃く残っているものに共通点がいくつか見つかります。

世代が違っても、自分の時代との共通点を探すために、子供の頃の話を持ち出し、少しでも盛り上がれることが無いか探しているところです。

世代を超えても不動の人気を誇るお菓子や、長年続いているアニメなど、共通事項が見つかれば、そこをきっかけに仲良くなれる可能性が一気に広がります。

恋愛を期待している人、ビジネスで関わりを持つ必要が出来た人など、仲良くなろうと考えた時に、子供の頃の記憶を思い返すのは非常に有効な手段です。

一つでも多くの共通点を探すために、学生の頃の遊びや印象的な先生などあらゆるジャンルの話を持ち出します。

相手の女性が「私も同じだった」と反応を見せてくれると、仲良くなれるだけでなく、どういう子供時代を過ごしてきたのか、知ることも出来るので一石二鳥です。

トラウマを克服したいからまずは闇を吐き出そう

子供の頃の話を語り出す時の男性の気持ちは、トラウマを克服したいから、まずは自分の中にある闇を吐き出そうというもの。

自分の心を整理するのは、家の中を整えるとの同じです。

断捨離ブームで重要とされているのは、捨てる事により物の大切さや新しいアイテムの必要性をしっかり考えることが出来るようになると言われています。

心の整理においても、過去の苦しみや悲しみ等、ずっと抱えてきたトラウマを手放す事で、視野を広げることが出来たり、チャレンジできる分野が見えてきたりするのです。

深い心の闇を抱えている人ほど、「トラウマを克服したい」「生まれ変わりたい」と願っている人は多く、どうにかして前に進もうと考えます。

子供の頃のトラウマを誰かに話を聞いてもらうというのは、それだけでカウンセリング効果があり、心に変化を生み出すわけです。

「この人なら受け入れてくれそう」「最後まで話を聞いてくれるかも知れない」と相手を選んで、自分の闇を伝え始めます。

辛い過去の失敗談やトラウマについて聞いてもらいたくなる男性の本音

自分の欠点を受け入れて欲しい

辛い過去の失敗談やトラウマについて聞いてもらいたくなる男性の本音は、自分の欠点を受け入れて欲しいというものです。

人は自分の欠点について、実はよく理解しています。

「こういうところがダメなんだよな」「分かっているのに、やってしまう」など、頭で理解していても、思考クセが付いていたり、行動が習慣となっていたりと、すぐに正すことが出来ません。

欠点を直そうと努力する事も素晴らしいですが、実は親しい人や信頼できる人に、ありのままの自分を受け入れてもらうというのも、とても重要。

欠点ごと受け入れてくれる人がいれば、苦しみから解放されます。

ただのクセと理解してもらえたり、「そういう人」と思ってもらえたりする事で、欠点ではなくなるのです。

自分がいつもやってしまう失敗で、辛い経験をしたと理解してもらう事で、ありのままの姿をさらけ出し、見てもらいたいと考えます。

欠点を受け入れてもらえる事ほど、生きやすくなり、幸せになれるわけです。

信頼しているから辛かったことを話して癒されたい

辛い過去の失敗談やトラウマについて聞いてもらいたくなる男性の本音は、信頼しているからこそ、辛かった事を話して癒されたいというものです。

男性が辛かったことを話すのは、よほど信頼している証。

思いを寄せる人に弱い部分をさらけ出すと、心が癒されます。

例えば、子供が学校で辛いことがあった時、母親に聞いてもらったら、心が落ち着いてくるのと同じ心境です。

信頼している人に対して、自分が困ったことや深く傷付いた事を話しているうちに、悲しみや苦しみが昇華され始めます。

今まで抱え込んでいた苦痛が、解けていく事で、癒しを感じるのです。

慰めたり、触れたりしてくれると、一層心が温かくなり、苦しみ続けてきた出来事も、ようやく過去の事だと切り替えられるようになります。

今までしてきた失敗や間違いをさらけ出すのは、男性にとって恥ずかしい事です。

恥を見せられるほど、特別な人なので、聞いてもらってその優しさに甘えたいという願望を持っています。

一人では抜け出せないから違う視点でアドバイスが欲しい

辛い過去の失敗談やトラウマについて聞いてもらいたくなる男性の本音は、一人では抜け出せないから違う視点でアドバイスが欲しいというもの。

人は、多くの失敗して、その都度、創意工夫を行う事で、成長していく生き物です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

精神的にも身体的にも成長することは、生きる事の醍醐味であり、幸せの象徴とも言えます。

ただ、全ての失敗において、納得できる答えが見つかり、改善策でチャレンジできるわけではありません。

いくら頭をひねっても、失敗の原因が見当たらなかったり、正解が導き出せなかったりすると、思考の迷路に入り込んでしまいます。

辛い失敗やトラウマなどを話し出すときには、「この人が解決してくれないかな」「自分とは違うタイプだから、何かヒントが見つかるかもしれない」と希望を抱いたわけです。

一人で考えていても、同じ思考回路で一つの出来事を考えているわけですから、ある程度視野を広げても、それ以上というと、なかなか容易ではないもの。

違う視点や考え方を取り入れる事で、何か見えてくるなら、「今までずっと悩んできた答えにたどり着けるかもしれない」と期待を持ちます。

アドバイスをもらいたいのです。

成長した自分を見て欲しい

辛い過去の失敗談やトラウマについて耳に入れておいて欲しいと思うあの人の心は、成長した自分を見て欲しいというものです。

自分の成長を他人に評価してもらうためには、過去を知ってもらう必要があります。

けれども、家族や幼馴染でもない限り、一人の人間の生涯を、時系列を追って観察できる人はいません。

方法はただ一つ。

誰かが、彼の過去の出来事を話すことです。

第三者が言うこともありますが、自分がその役目を背負うことが、手っ取り早いので、人間としての成長を示すための手段として、辛かった経験を話します。

「昔こんなことがあったから、俺は強くなれたんだよ」「実はものすごくトラウマがあるんだけど、もう克服できそうなんだ」と強く、逞しくなった自分をアピールしているのです。

異性に対して逞しさや頼もしさをアピールするのは、「いいな」と好感を持っているサイン。

ネガティブ風な流れから、聞く側は同じ様に辛くなったり、同情したりすることもありますが、「今は全くそんなことはないよ」「あの頃の経験が強くなるターニングポイントだった」とギャップを見せつけることが出来るので、彼的にはポジティブな内容であるはずです。

誰でも人生何かしら抱えている事を伝えたい

辛い過去の失敗談やトラウマについて聞いてもらいたくなる男性の本音は、誰でも人生で、何かしら抱えている事を伝えたいというものです。

いつでも、悲劇のヒロインを演じたい人はいるもの。

この世に命ある、自分以外の全ての人が幸せだと考えている人です。

いかに辛い思いをしているか、不幸の中にいるのか、言葉の端々に出てくるため、周囲の人は、現実を彼女に教えてあげたいと考えるようになります。

生きていれば辛い事は多かれ少なかれ、誰にでもあるもので、彼女だけが苦しい思いをしているわけではないと知らせるために、意を決して男性は自分の過去の経験談を語り始めるのです。

自分の体験談を話すと、ウソをついているわけではないし、リアリティもあるので、彼女の心に響きやすくなります。

「辛いのは君だけじゃないよ」というメッセージを込めて、自分の失敗談を教えてくれているわけです。

自分の過去を話す男性のここをチェックすると分かる女性への本気度

辛い部分で手を握ってくるのはかなり本気

自分の過去を話す男性は、話しの辛い部分で手を握ってくるとかなり本気だということが分かります。

心に傷を負った話をするのは、勇気が必要な事だし、感情が高ぶるもの。

思いがけず涙が溢れそうになったり、フラッシュバックでパニックを引き起こしそうになったりすることもあります。

自分の事とはいえ、思い出すだけでも辛い話を伝えている時には、心を許している人と触れ合うことで、気持ちを落ち着かせることが可能です。

好きな人の手を握る事で、話を続けながらも「格好悪い所は見せられない」「今はこの人がいる」と考えられるので、崩れそうになる気持ちを持ちこたえられます。

男性の場合、相手が同性の友達やかなり信頼しているビジネスパートナーでも、手を握るほどの事はありません。

触れ合いを求めるのは、異性として求めている証拠なのです。

興味がある程度ではもちろん、触れる事は遠慮しますので、よほど本気で好きな事が分かります。

頭を掻いたりイライラしたり話しているとその場を収める手段なだけ

自分の過去を話す男性は、頭を掻いたりイライラしたりと落ち着かない様子であれば、単にその場を収める手段であるだけという事も。

恋愛に関連する感情は全くなく、彼が昔の事を口にすれば今の状況を抜け出せるという場合です。

しつこく女性側から、彼の癖について理由を聞かれたり、頑なに隠し通してきた生い立ちを知りたがったりする事で、このままでは話しが先に進まないと判断する時など。

好奇心旺盛な女性は、自分の興味関心を抱いた対象から、納得できる答えが返ってくるまで引かない態度を取り続ける人がいます。

一歩も譲らない姿勢に根負けし、男性は過去の事を話し始めるのです。

しかし、あの人にとっては仕方なく言葉にするだけであり、事態が収束するなら、話を聞いて一刻も早く立ち去ってもらいたいとさえ考えています。

信頼や愛情などがあるわけではなく、逆に心の中では「面倒だな」と思っていたり、苦手だと感じていたりする事も多いはずです。

家族に関しての話題なら深く信用している証

自分の過去を話す男性は、家族に関しての話題なら深く信用している証で、本気度も高めと言えます。

男性が家族の話をするのは、心を許した人である可能性が非常に高いはずです。

母親はもちろん、家族は男性にとって特別な社会。

両親と仲が悪くて嫌いと言う場合でも、根本的には「愛されたかった」「ちゃんと見て欲しかった」という願望が含まれます。

そのため、仲が良くても悪くても、ペラペラと他の人に話すことはありません。

だからこそ、好きな人や結婚を考えている人は別格。

家族について幼少期に抱えてきた思いやトラウマ、生い立ちなどを知ってもらうことで、今後の関わり方を一緒に考えたいと思っています。

癖のある家族であれば、好きな人が困らないようにしたいし、大切な人同士を繋ぐ役割として、いい部分を伝えたいとも考えているのです。

長い付き合いをしていく覚悟が出来ていて、相手の女性にもしっかり考えてもらいたいと願っています。

結婚を決める前なら、子供の頃の生い立ちなどをしゃべる事で、振られる可能性もあるため、全てを知ったうえで人生のパートナ―になって欲しいと願いを込めて、伝えているはずです。

昔の恋愛については女性と前に進みたい気持ちを持っている

自分の過去を話す男性は、昔の恋愛についての話題であれば、伝える相手の女性と前に進みたいという気持ちを持っているサインです。

友達以上恋人未満や、現在付き合っているけど、結婚の意思があるのか良く分からない状態のカップルで、彼が昔の恋愛について話し出したのなら、関係性の変化が起こるタイミング。

忘れられない人がいるという話なら、遠回しに「あなたは、その人を超えることは出来ない」と振っているようなものだし、辛い振られ方をしたというものなら、「女の人を信じることが怖くなっているから、あなたはどうなのかまだ不安だよ」というメッセージです。

いづれにしても、彼なりに今のままでいいとは思っておらず、何かしら変化を起こそうと考えて、話し始めています。

しかも、ポジティブに前進するための心境の方が圧倒的に多いので、話の内容から彼の気持ちを汲み取ることが重要です。

最初はうつむいて話していたけど徐々に顔が上がってくるなら好意を寄せている

自分の過去を話す男性から本気度を知る方法は、最初はうつむいて話していたけど徐々に顔が上がってくるようなら、好意を寄せているという見極め方です。

人は言葉を紡ぎだすときに表情や態度、仕草などにその心理が現れます。

未来の事を話している時には、顔全体が明るく上向きになっていることが多く、逆に過去の事となると、うつむいたり目を閉じたりするケースが多々見受けられるはずです。

心理の変化に伴い、態度や行動も動きを見せますが、本気度にも比例します。

頑なに心を閉ざしている相手なら、そもそも過去の事を話すこともありませんが、仕方なくそういう状況になったとしても、ずっと視線をそらし続けていたり、うつむいたままとなります。

うつむいた態度から徐々に顔を上げているのは、頭の中の時系列が現在に向かってくることで、隣にいるあなたへの意識が大きくなるからです。

「今はあなたがいるから大丈夫」「もう過去の事に出来ているよ」と大切な人が出来た喜びを感じつつ、安心感を与えたいという心理になっています。

男性が自分の過去を話している時のベストな話の聞き方

顔を上げたまま遠くを見ながら静かに聞く

ベストな聞き方は、顔を上げたまま遠くを見ながら静かに過ごすことです。

昔にタイムスリップしている人の話を聞いていると、自分は今どの次元にいるのか分からなくなることがあります。

一人だけ置いて行かれたような気分になり、内容が耳に入らなくなるのです。

回想タイムは、一緒にその時代に入り込むことが出来ないため、あなたは今という時間をセッティングする必要があります。

遠くを見ておくことで、今の時代にセットされ、いつでも戻って来られる場所を確保する事に繋がるわけです。

タイムトラベルをしてきたカレを、そのままの状態で出迎える事が、ブレない未来を歩き始める一歩となるため、とても重要な役割といえます。

辛い事や悲しい事、嬉しかったことでも、昔話をした人は、今との時間のギャップを埋めるのに若干混乱を起こすからです。

静かに聞き続けることで、帰って来られる安心感を抱き、ずっとそばにいたいと願います。

本気になる人ほど、居心地の良さを感じられるのです。

肯定も否定もせず「そっか」と受け止める

ベストな聞き方は、肯定も否定もせずに「そっか」と受け止めることです。

精神科の看護師などは、患者さんがどれだけ現実とかけ離れた事を言ったり妄想を膨らませたりしても、絶対に肯定も否定もしない聞き方を習います。

苦しい過去やトラウマも他人から見ればなんてことない事でも、語り手自身にとっては、紛れもない事実であり、深く傷ついた原因そのものです。

話の腰を折ってアドバイスを始めたり、「それは○○君が悪いよ」などと否定したりすると、一生立ち直れないほどの傷になってしまいます。

人生の歩み方は、感受性と捉え方が大きな影響を与えているので、同じ出来事でも記憶した内容が違ったりするのもよくある事です。

全てにおいて否定したり、間違いを訂正したりしていては、あの人が歩んできた人生そのものを拒絶することになります。

ただ受け入れるだけで十分。

「そうなんだね」「辛いと感じたんだね」とその人の言葉を受け入れ、リピートすることも効果的です。

受け入れてもらえたと感じる事で、心が癒されたり「話してよかった」と幸福を感じたりしてもらえます。

楽しい話ならノリノリで相槌を入れる

ベストな聞き方は、楽しい話ならノリノリで相槌を入れることです。

あなたがあの人の過去に興味がなかったとしても、楽しい話であれば、今起きている事と同じ様にノリよく聞くのがベスト。

相手が楽しかった記憶を聞かせたいと思っているのは、あなたに同じようにウキウキして欲しいからです。

「どうせ昔の事でしょ」「知らない頃の話をされても、よく分からない」と思って適当に聞いてしまうと、彼自身に興味を持っていないと思われ、これから話しかけられる頻度も減ってしまいます。

今は特別面白い話題を持っていなくても、「経験した事ならたくさん興味を持ってもらえそうな事がある」と思っているからこそ、あなたに聞いて欲しいと思っているのです。

時間は関係なく楽しい話を持ち出すのは、あなたと面白さやウキウキした感情を共感したいからであり、少しでも多く話をしたいと思っているサインと言えます。

相手に対してこれから親しくなるつもりがあるなら、楽しくノリノリで相槌を入れながら、「それで、その後どうなったの?」「信じられないね!今からは想像も出来ない」など相手が望むリアクションや次の話を引き出す合いの手を入れましょう。

決意に転じるようなら顔を正面から見つめる

ベストな聞き方は、話しの結末が決意に転じるようなら、顔を正面から見つめる事です。

突然、昔話が始まったり、悲しみに打ちひしがれて絞り出すように話し始めたりするのなら、まずは彼の気持ちが整理できるまで、聞きながら待ちましょう。

話をしながら、頭の中を整理している可能性もあるので、途中で茶々を入れてしまうと、結局何のつもりだったのか分からなくしてしまいます。

どん底期や辛かった記憶などから、徐々に未来に向かって希望を抱けるようになったという気持ちの変化が見えたり、今から変わりたいという決意が見えたりすると、その心を後押しするために力強い眼差しで受け止めることが大事です。

正面から顔を見て、しっかり目を見つめましょう。

「大丈夫」「あなたの思うようにしたらいいと思うよ」など、あの人の言葉に余計な感情を付け加えることなく、声を掛けます。

気持ちが落ち着き、自発的に切り替えが出来るようになるので、「話してよかった」と思ってもらえるはずです。

悲しみを乗り越えようとしている時には彼の背中や腕に手を添える

ベストな聞き方は、悲しみを乗り越えようとしている時には、彼の背中や腕にそっと手を添えるというものです。

人は孤独な生き物でありながら、一人では生きていけません。

社会的に守られたり便利を手に入れたり、といった物理面は置いておくとしても、人の温もりがある事で、生きる勇気が湧いてくるからです。

トラウマを抱え、一人でずっと苦しんでいる人が、初めて過去の事を打ち明けてくれた時や、強くあろうと必死で頑張ってきた人が心のほころびを見せる時、そっと彼の体に触れて、あなたの優しさや愛を流し込むイメージを持って、話を受け止めます。

気を張って生きてきた人は、人の温もりがいかに癒されるものか、身をもって感じるはずです。

ボロボロと涙がこぼれ始めるかも知れないし、胸が詰まって言葉が止まってしまうかも知れません。

そっと背中をさすったり、腕を撫でたり続けることで、その人の苦しみを解消する助けとなるに違いないのです。

心の繋がりを感じ取って大切な人になろう

出会う前の事や子供の頃など、男性が自分の過去を話すのは、あなたに対して特別な心理を抱いている事が多くあります。

「知らない話だから興味がない」と突きはねるのではなく、どんな経緯で今のカレが出来上がったのか、これからの関係を深めるためのヒントにしてみましょう。

恋愛に繋げたいと思う相手程、昔の事を受け入れ理解するのは、強い絆を生み出すきっかけとなるはずです。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事