既婚男性は社内で好意を寄せる女性に対してこんな態度を取る!職場に好きな人ができるきっかけや好意に気づいてほしい時に出すサイン
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

同じ社内で働いていると、毎日顔を合わせている同僚というだけでなく、性格や考え方を深く知り、ちょっとした仕草などが目に触れることから思わず好意を寄せることも珍しくありません。

それは、既婚男性でも同じ。

自分は恋愛をするつもりがなくても「気が付けば好意が芽生えていた」というのが恋というもの。

既婚男性が社内で好意を寄せる女性が出来た時、どんな態度を出しているのか知りたいと思うあなたへお伝えします。

あなた自身が家庭を持つ人に好意を寄せていれば、「奥さんがいる人だけど目で追ってしまう」「結婚している人の態度がどんな意味を持つのか知りたい」と相手の気持ちを気にしてしまいます。

既婚男性が社内で好意を寄せる女性に出す態度を知り、彼の本音を探り出してみましょう。

結婚している男性が、職場に好きな人が出来るきっかけや好意に気づいてほしい時のサインもお伝えするので、気になる男性の態度が当てはまるかどうか確認してみてくださいね。

密かに両思いになっていたと分かれば、あなたの決意次第では禁断の扉を開くことになります。

しかしそれは同時に、最高にしびれる刺激のある恋でもあるのです。

気になる相手とどんな未来に進んでいくのか、選択できるようになるためにも好意を抱いた時のカレの態度や行動を学びましょう。

目次

社内の女性に好意を抱きやすい既婚男性の性格

人の優しいところを見つけると急激に親しみを感じる

一緒に働いている女性に好意を抱きやすい既婚男性は、人の優しいところを見つけると急激に親しみを感じてしまう性格を持っています。

世の中には人の悪いところばかり見つける人と、いいところをしっかり見つけられる人といるものです。

人の悪いところばかりが目に付き指摘してしまう人は、自分の考えを人に押し付けやすい性質があり、自分と異なる人を拒絶する性格といえます。

一方、他人の長所をたくさん見つけられる人は、自分を誇示することなく新しい考え方や生き方を知ることで、我が身にとって成長だと感じる人です。

人のいいところを見つける事が得意で、関わっている人に新しい発見があれば、その人の今まで知らなかった一面を見たことで喜びを感じ、急激に親しみを感じやすくなります。

「自分はこの人のこんな面も知っている」「こんないい所があることを他の人にも教えてあげたい」と新たな発見があった人のことに親しみを持つことで、好意へと変化していくのです。

気が付けばいいところをたくさん発見していて、好きが止まらなくなってしまっています。

困っている所を見ると助けてあげたくなる

同じ会社内で人が困っているところを見ると、つい助けてあげたくなる気持ちが沸き上がる既婚男性は、職場の異性に好意を持ちやすい性格と言えます。

他人のことは見て見ぬふり、という世知辛い世の中でも「困った人を見ると放っておけない」と思う心優しい人はいるものです。

道端でお年寄りが重たい荷物を持っているのを見かければ「手伝いますよ」とに運びを手伝い、小さな子供が泣いて買い物が出来ず困っているお母さんを見かけたら「飴でもどうぞ」とご機嫌を取る。

そんなことが自然とできる優しい既婚男性は、社内でも困った人を放っておくことが出来ません。

コピー機が詰まっている人を見たら一緒に詰まりを直してあげ、資料の修正で他の仕事が遅くなっている人がいたら「この資料手伝ってあげるよ」と、スマートに手を貸してあげることができます。

困難な様子の人が女性であれば、レディーファーストの精神で態度はより優しいものとなり、柔らかな物腰で手伝いを買って出るはずです。

会社の中は狭い社会。

いつも困っている人というのも出てくるもの。

同じ人に対して手を貸し続けているうちに、「今度は何に困っているのかな」「気を付けてみてあげておきたいな」といたわりの気持ちだけではない感情が沸き上がります。

女性から好意を寄せられることに慣れていて「自分はモテる」と自覚がある

社内の女性に好意を持ちやすい既婚者は、女性から好意を寄せられることに慣れていて、「自分はモテる」と自覚があるナルシストな性格です。

自信家でナルシストの彼が、職場の女性を好きになってしまうのは、相手に好かれていると思えず不満を感じるから。

ずっと人気があり「自分はモテる」という自覚がある人にとって、興味を持たれないことは恐怖となります。

「どんな女でも勝手に好きになってくる」と思っている男性にとって、自分に興味を示さない女性を見つけると「なんでオレに興味を持ってくれないんだろう」「何を考えているんだろう」「どんなことに興味を持つのだろう」と相手の女性に対して興味を抱くようになるのです。

興味を持たれないどころか、何を考えているのかよくわからずミステリアスな女性に惹かれます。

「あの子を振り向かせてみたい」「このまま興味を持たれなかったら、モテる男の名が廃る」と全力で女性を口説き落とそうとするはずです。

あまり人に言うことのない趣味を持っていて内向的

社内の女性に好意を抱く女性は、あまり人の言うことのない趣味を持っていて内向的な性格の既婚男性です。

結婚しているのにパートナーではない人に好意を抱いてしまうのは、社交的で人と関わるのが好きなタイプと思われがち。

けれども実は、内向的な性格の人も職場内の異性に好意を抱きやすいといえます。

仕事柄、クリエイティブな業務内容で他人と関わることもネット上で終わらせることのできる人は、リアルな社会で人と会話をすることが少ない状況です。

趣味を持っていても公にするほど社交的な趣味ではない場合、一人で孤立して楽しむこともしばしば。

そんな人が、思いがけず異性と趣味の話で盛り上がることがあれば、カレの中で相手は特別な人へと変わります。

アニメやオンラインゲーム、サバイバルゲームなど普段一人で楽しむ趣味であれば、家族にも邪魔されない専用の趣味部屋を持っていることも多いものです。

ひっそりと楽しんでいた趣味を共感してもらえ、同じ趣味を持っていると分かれば、すぐさま同志と感じ、好意を抱きます。

周囲の人に対していい人でいる事がスムーズな職場環境だと思っている

同じ企業内の異性を好きになるのは、周囲の人に対して”いい人”でいる事が、スムーズな職場環境を作るのに最適だと思っている既婚者です。

このタイプの男性は、周りの人に本音を話すことがなく、八方美人な性格をしています。

誰から見られても”いい人”と思ってもらうことで、誰かとトラブルになることもなく、自分の仕事も順調に進めることが出来るからです。

けれども”いい人”の仮面をかぶっている人は、そのキャラクターを続けることに疲れてしまいます。

日常的に平和的な顔をし続けているうちに、疲れがたまり「癒されたい」と思うのです。

会社の中で”いい人”をしているおかげで、家庭内では暴君になってしまう人もおり、自宅内の雰囲気は最悪。

家に帰ることも気が進まなくなり、居場所がないと感じてしまうと、身近にいる女性に癒しを感じ好意を抱くわけです。

職場で既婚男性から好意を持たれやすい女性のタイプ

何でも自分のことを素直に話す

職場で既婚男性から好意を持たれやすい女性は、何でも自分のことを素直に話すタイプです。

人は大人になるにつれて、「言ってもいい事」と「言わなくてもいい事」を分けるようになります。

話の内容を選別することで、自分のことをあまり話さなくなってしまうのです。

そのせいで、会話自体も表面上の薄っぺらいものとなってしまい、人間関係も細いつながりとなります。

自分のことを素直に話す人は、基本的に周囲の人を信用している純粋な人。

悩みや困っている事も包み隠さず話してしまうことに抵抗がありません。

本人は目の前にある問題に頭を悩ませていたり、先の見えない不安で孤独を感じていたりしながら、自分のことを話しているのですが、それを聞いている側は「そんなにプライベートなことを話してくれるの?」「裏表なくて好感が持てるな」と驚きと安心感に包まれながら話を聞いています。

自分のことをさらけ出して素直に話している女性に対して、聞き手は「信頼してくれているんだ」と喜びを感じ、好意を持ちやすくなるのです。

積極的に行動してきちんと質問できる

職場で好意を持たれやすい女性は、積極的に行動して質問できるタイプです。

積極的な女性は、女性ならではの力強さと陽気さを感じることが出来ます。

元気がありハツラツとしている女性は、職場の中では太陽のような存在。

仕事量が増えて根を詰めて業務にあたっている人にとって、オアシスとなります。

積極的に行動できる人の中にも2タイプいて、全て自分の考えで突っ走ってしまうタイプと分からないことは質問しながら、確実に進めていくタイプです。

突っ走ってしまうタイプの人は、後からミスが発覚したり違うことをしていても周りの誰も知らなかったり、ということになりがちで、後からトラブルになりやすいもの。

モテるタイプの女性は、積極的に行動しながらも分からないことはすぐ質問することで、各段に業務のスピードも早いものです。

しかも質問をしながら経緯や考察を伝えることで、現段階の報告にもなります。

確実に素早く仕事をこなしていく姿は、既婚者の男性から「信頼できる」「彼女に任せたい」と一任され、好感から好意へと発展しやすいわけです。

誰も気が付かないことに気が付いてそっとフォローする

職場内で好意を持たれやすい女の人は、誰も気が付いていないことにいち早く気が付き、そっとフォローすることが出来る女性です。

やらなければいけないことに取り組んで、報告をするのは業務上当然のこと。

気が利く女性はモテますが「細かいところに目が行き届いていれば必ず好意を持たれる」というわけでもありません。

落ちているごみを拾う、社内清掃時に誰もやらないホワイトボード磨きをやる、というのは「プラスアルファの親切」が出来る人。

これだけでも十分好意を持たれやすい対象ではありますが、既婚男性が目を奪われるのは「誰も気が付かないところを特段アピールをすることなく無言でフォローする」という点です。

来客があったときにいち早くお茶を出すことも気が利くことですが、そこに外の天候に合わせてプラスアルファのおもてなしが出来ると、既婚男性の心は一気に奪われます。

例えば雨が降っていれば乾いたタオル、暑い日には冷たいおしぼり、寒い日には温かいお茶に足元ストーブ、など「それは嬉しい」と思わず唸るようなひと工夫が出来る人です。

書類にミスがあれば訂正してから付箋でそっと教えてくれる、疲れていて服装が乱れている人にそっと社長が来社する日を教えてくれる、など「それは誰も教えてくれなかった」というフォローをしてもらうと、思わず好きになってしまいます。

くだらない冗談でもとにかく返答をしてくれる

くだらない冗談でもとにかく返答をしてくれる女性は、社内の既婚者から好感度が高く好意を持たれやすいタイプです。

大人社会ではおやじギャグを言う人もいれば、過去自慢をする人も数多く存在します。

色んな人がいて、成り立っているのが社会であり企業です。

ある程度社会人としての経験を積んでくると、自分自身の軸を持つようになり、自分と合わない人がいても「そういう人」「気にしなくていい」と割り切る能力も発達しているので、くだらない冗談やおもしろくない話を受け流せるようになっています。

社会人として全ての人が他人の言う事に全力で向き合っていては、みんなが疲れてしまうので、それが正当な姿ともいえるものです。

一方で、そんなちょっと個性派の人にも一人一人丁寧に対応できる女性は、妻帯者からも好感を持たれ、「感じのいい子だな」「誰からも相手にされていないのに、この子だけは笑顔で返事をしてくれる」と浮かれているうちに、好意を持つようになります。

仕事の評価が低い社員のいいところを見つけて褒める

仕事の評価が低い社員のいいところを見つけて褒めることが出来る女性は、既婚者の男性から好意を寄せられやすいタイプのヒトです。

一つの企業として一致団結して成長を目指していても、与えられた業務が思うように進まない社員もいます。

書類ミス、日程のブッキング、営業成績が伸びないなど、周りの人から仕事でイマイチと感じられているとどんなに性格が良い人でも、疎まれてしまうもの。

職場の中で居心地が悪く、ストレスが溜まる中で、女性が良いところを見つけて褒めてくれることで、その人にとって女神のような存在となります。

職場のオアシスとなり、周囲の人も「仕事は出来ないけど、いいところはあるよな」「みんなでフォローしようよ」とプラスの影響を与えることになるのです。

周りに合わせて不満や愚痴を言う女性よりも、はるかに好感度が高く「自分もどこか褒めてもらいたい」といいところをアピールしようとします。

いけないと分かっていても…既婚男性が社内の女性をつい好きになるきっかけ

意外な趣味を知った時

既婚男性が社内の女性をつい好きになるきっかけには、意外な趣味を知った時というのがあります。

社会人女性に多い話題は、ランチやカフェ、オシャレや美容に関しての話題。

女性同士で盛り上がる話も、男性にとっては結構どうでもいい話と感じられてしまうこととも少なくありません。

平日が休日の企業では、社員同士が仲良くなることも多く、友達とも休みが合わないため仲良しの社員仲間でプライベート遊ぶこともあるものです。

そんな中で女性の口から意外な趣味が告白されれば、既婚男性は一気に興味を持ち、つい好きになってしまいます。

例えば大人しそうな女性がボルダリングやトレッキング、アクティブそうな女性が茶道や華道などが趣味で習っていると話していれば、そのギャップに興味深々です。

「そんな姿を見てみたい」「どうしてその趣味にたどり着いたのか聞いてみたい」と頭の中を占領されます。

無理なお願いをした時に「次はないですよ」と言いながらも引き受けてくれる

社内の既婚者が女性のことをつい好きになってしまうきっかけは、無理なお願いをした時に「次はないですよ」と言いながらも、仕事を引き受けてくれるという出来事があったときです。

仕事をしていれば、自分一人のほんの少しの業務の遅れが次の工程に迷惑をかけてしまうこともあるものです。

「期限厳守」は社会人として当然ですが、頑張っても難しい仕事というのも中にはあるもの。

「今回だけ、お願いします」「怒られるの分かってるけど、見逃して」と腰を低くしてお願いをした時、口をとがらせながら「次はないですよ」と怒りながらも、きちんと引き受けてくれ、さらに円滑に次の工程へ進めるようにサポートしてくれる姿を見れば、男性も胸がきゅんとします。

「無理を言って申し訳なかったな」と反省する気持ちと同時に、「仕事だからとはいえ、困ることを引き受けてくれてありがたい」「怒りながらもちゃんとやってくれて優しい」とプラスの印象を持つところです。

自分のために動いてくれたという事実が、つい相手の女性のことを好きになってしまうきっかけになります。

仕事中にこっそり関係ない話題で盛り上がった

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

結婚しているのについ好きになってしまうのは、仕事中にこっそり関係ない話題でもりあがったという出来事があった時です。

業務中の私語は、どの企業も基本的にはするべきではありません。

かといって一日中仕事のことだけに取り組んで、一切休憩もなしというのも過酷です。

適度な休憩は、業務効率を上げるものでもあるので、計画的に取る必要があります。

会社の中に休憩ルームがある企業もありますが、特に設けられていない場所も多くあるもの。

社会人の休憩は学生のころと違い、取得時間は各自の責任能力に任せられています。

ついつい休憩が長くなってしまったり、他の人が仕事をしている横で大きな声を出して笑ってしまえば、迷惑になるので周りの人のことも考えながら動かなければいけないものです。

業務中にちょっとしたプライベートな会話が、ついつい盛り上がってしまうと、周りの目を気にして距離を近くして小声で話すようになります。

自然と二人の心の距離も近くなり、秘密を共有しているような感覚になるはずです。

ふと気づけばすぐ近くに笑顔の女性がいる状況に、思わず恋愛感情を抱きます。

私服に着替えた時の抜け感が色っぽい

つい好きになってしまうきっかけは、職場の女性が仕事終わり、私服に着替えた時の抜け感が色っぽいと感じたというものです。

制服がある企業では、オフィスに更衣室が設けられているところも多くあります。

更衣室がある職場であれば、会社に到着してから着替えるのが通常です。

すると必然的に私服を目にする機会があり、その人のセンスや好みがわかります。

業務中はきちんと制服を着こなして真面目な雰囲気の女性が、更衣室から出て来たら服装や髪型が変わり、首筋が見えたり、太ももが見えたりすることで女性らしいシルエットや抜け感を感じ、魅力的だと感じるのです。

仕事モードと違う様子の女性に目を奪われ、色っぽく感じるその人にドキッと男性の本能をクスがられ、ある日突然一目ぼれのような現象がおきます。

いつも褒めてくれるけど落ち込んでいると叱ってくれた

職場の女性を好きになるきっかけには、いつも褒めてくれる女性社員が落ち込んでいる時には一変して叱ってくれたという経験が挙げられます。

勤めている職場で他人に対して、気分のまま当たり散らしたり不満をぶつけたりする人は、非常識として敬遠される人です。

そのため、たいていの人は余所行きの顔を作っていたり、不満を持っていても笑顔で切り返す手段を身に着けていたりします。

いつもは業務中に、いい所をどんどん見つけて褒めてくれたり、社外の人の前で立ててくれたりしていることで、慢心してしまって人もある瞬間に気持ちが切り替わるのです。

それは落ち込んで弱音を吐いてしまった時。

男性が弱音を吐くと一気に自信を失い、立て直すのに時間がかかることもよくある話です。

けれど「あなたはそんな人じゃないでしょ、弱気になっている場合じゃないでしょ」と叱ってくれた瞬間、普段からよく見てくれていることと自分の本質を見抜いてくれていることに感動し、恋愛感情を抱きます。

既婚男性が社内で好意を寄せる女性に対して取る態度

小さな声で名前を呼ぶ

社内で好意を寄せる女性に対して既婚男性が取る態度は、小さな声で相手女性の名前を呼ぶことです。

これは、仕事に関係することでも、関係ないプライベートのことでも共通してみられる態度と言えるもの。

自らが結婚している立場だけど、好意を抱く女性と会話をするということは、恋愛が始まっていなくても男性にとってはとても禁断の出来事のように感じているわけです。

「自分の気持ちが周囲にバレてはいけない」「少しでもあの子と話したい」と拮抗する気持ちから、秘密裏に話したいという行動に移ります。

小さな声で名前を呼ばれると、人は「こっそり聞いた方が良いのかな?」と腰をかがめて近くにより、小さな声で「何ですか?」と対応するはず。

この行動が、二人にとって秘密の行動を共有している気分になり、ますます好意が止まらなくなります。

秘密の恋を予兆させる小声の会話は「自分がこの子と話していることを知られたくない」という心理を助長させるため、親密度を高めていくのです。

業務予定を尋ねて休憩しそうな時間を探る

社内で好意を寄せる女性にとる既婚者の態度は、業務予定を尋ねて休憩しそうな時間を探るというものです。

同じ職場で働いていても、業務内容がみんな同じわけではありません。

それぞれの部署では全く異なる仕事をしているし、同じ部署内でも担当している業務はそれぞれ違うので、進捗状況も異なります。

そのため、「疲れたな」「一休みしよう」と思うタイミングもそれぞれ。

社内で好きな人と会話をしようと思ったら、相手の気持ちが休憩モードに入っている時でなければいけません。

仕事の邪魔をするわけにはいかないので、相手の業務予定を尋ねていつぐらいなら会話する時間が取れそうか、どのタイミングで飲みものを買いに行くか、予想を立てるのです。

同じタイミングで「たまたま休憩が被った」と思ってもらえれば、自然に会話をすることができ、既婚者が好意を持っていることがバレずに済みます。

周りに人がいないところでプライベートの連絡先を聞く

周りに人がいないところでプライベートの連絡先を聞く態度が見られれば、既婚者の態度は、好きな女性に対して向けられたものだといえます。

企業の多くは、職場内の誰もが共通して番号を知っている仕事用の携帯電話を持っているところが多く存在するものです。

業務上緊急連絡を取る時には必須となります。

当然、プライベートで個人的に持っている番号とは違うので、職場の備品として扱われているものです。

けれども社内の人同士で連絡を取り合うのは、基本的に仕事のことだけ。

当然、職場から支給された携帯電話で用事は事足ります。

既婚男性は、「もっと会話がしたい」「完全に仕事以外の話が出来るアイテムが欲しい」と求めてプライベートの連絡先を尋ねるわけです。

聞き出し方は様々で、まっすぐに「もっと話がしたい」と言葉にする人も中にはいますが、ほとんどは「知りたいって言っていた○○、調べてあげるよ。仕事とは関係ないからプライベートの番号教えて」と何かと理由を付けて聞き出します。

ご飯やお酒に誘う

職場の女性に好意を持った時、既婚者の男性は恋の相手をご飯やお酒に誘います。

大人の余裕を見せるかのように、「教えてあげるよ」というのが多くの誘い文句です。

女性の好きそうなお店をピックアップし、「人気のお店なんだよね?」と流行に乗せてあげようとする親切心を見せたり、「好きって言ってたよね?」と会話の中の情報から相手が喜びそうなものを提案するのがセオリー。

またお酒を飲むことが一番の交流方法だと考えている人も多いので、「仲良くなろう」という同意語として「飲みに行こう」と誘うこともよくあります。

こういう時はたいてい男性側がおごってくれることが多く、既婚者側も最初に「おごるからさ」と提案するものです。

男性におごってもらうことを承知した上で、食事やお酒の席に出向くのはもはやデートそのもの。

既婚者である男性は、好きな子と二人きりで会えるなら正直どこでもいいのですが、誘いやすいパターンとして食事やお酒を提案します。

自分の得意なことに誘う

既婚者の男性が社内で好意を持つ女性にとる態度は、自分の得意なことに誘うというものです。

独紙時代に様々な遊びをやり尽くして、結婚してから世界が変わり新たな経験が増えたことで、既婚者の男性は多くの趣味や得意な遊びを持っていることも少なくありません。

スノーボードやドライブで絶景巡り、丸く仕上げるのが上手なたこ焼きや焼き具合が絶妙なもんじゃ焼きなど、自信を持っていることは「あの子に教えてあげたい」という心理に駆られます。

先生となることで、相手から頼られたいと思っているのです。

自分の得意なことであれば、失敗することもほぼないのでどんなジャンルでも格好よく見せることが出来ます。

結婚していると、得意なことがあっても妻には見せ尽くしているので「いまさら何?」と取り合ってもらえません。

久しぶりの見せ場に、気合の入れ具合も違います。

好きな人の前では格好つけたいのが男心です。

得意なことに誘い、近い場所で見守ってほしいと思っています。

両思いになりたい…!既婚男性が自分の愛情に気づいて欲しい時に相手女性へ向けて出すサイン

「可愛い」と連呼する

両思いになりたいと願っている男性が出すサインは、好きな女性に対して「可愛い」と連呼する行動です。

男の人は好きになった女性は、好きになる前よりもずっと可愛く見えてきます。

「何をやっても可愛い」と思っている気持ちを言葉に出すことで、相手に好意を伝えようとしているわけです。

「ちょっと笑ってみて、可愛いね」「怒った顔も可愛いね」「可愛い顔して何を考えているの?」と何でも女性の行動や態度と「可愛い」をくっつけて言ってきます。

既婚者は独身男性よりも恥じらいというものがありません。

つまはじきにされたからと言って、何か損するわけでもないし、元々他人である妻と生活していることでありのままの自分をさらけ出すことに抵抗がないのです。

好きになった女性に可愛いといい続けたら、相手が照れる姿も見れるし、もしかしたら気にしてくれるかもしれないという思いも持っています。

相手に冗談として捉えられても、それはそれでOK。

自分は既婚者だから易々と不倫に発展するのも憚(はばか)られるからです。

結果を求めない好き好きアピールを楽しんでいます。

気持ちに応えてくれたらラッキー、気持ちが通じる喜びを感じたいとも期待しているものです。

大勢で会話をして解散した後に個別ラインで会話を続ける

好きになった女性と両思いになりたい既婚者のカレは、大勢で会話をして解散した後に個別ラインで会話を続けるという行動をとります。

会社の仲間で飲み会に出かけたり、プライベートで集まって遊ぶことも業種によっては珍しいことではありません。

みんなでワイワイ話をしているうちは、大勢の中の一人として楽しく過ごすのですが、好きになってしまっている男性にとっては当然それだけでは物足りないもの。

その場を解散した後に、「さっきの話なんだけどさ、君はどう思う?」「あの話面白かったよね、さっきは話さなかったけど実は○○っていう話もあるんだよね」とあたかも会話をし忘れていたかのように個別ラインを送ってきます。

けれども二人だけで”その後”の話をするのは、もちろん特別なこと。

相手の女性にも自分のことを意識してもらいたいし、自分だけが知っている話題を持ちたいと思っています。

そして、仲間内の会話では知ることのなかった彼女の話を得ることで、心の距離を近づけようとしているのです。

けれども家族にバレては不倫に発展するどころではなくなるので、あくまでも会話の続きを行います。

業務上移動がある時に率先して迎えに行く

相手の気持ちも得たいと思い始めた既婚男性は、業務上移動がある時に率先して迎えに行くことで、両思いになれるよう積極的に行動し始めます。

同じ会社内の異動であれば「持っていく荷物あれば一緒に行くよ」と手伝うことを申し出て、社外に出るのであれば「一人じゃ心細いでしょ」「車出してあげるから乗っていきなよ」など理由を付けて一緒に行動しようとするのです。

移動時間をゲットすることが出来れば、二人きりの時間を確保することが出来ます。

ほんの数分でも、好きな人と一緒に過ごすことが出来るのなら、カレ自身は幸せを感じるはずです。

堂々とデートをすることができないので、少しだけでも一緒に過ごす時間を積み重ねることで、相手の気持ちもどうにか自分に向けようと努力しています。

エレベーターや電車で人と密着する時も、知らない人を近づけないために護衛をすることも出来るので、片思い中の既婚者にとっては一石二鳥です。

出張土産が相手女性の好みに合わせている

両思いになりたいと願っている既婚男性は、出張土産が相手女性の好みに合わせていることで好きアピールをしています。

仕事内容が職場内で収まる職種もありますが、社外また県外まで出張に出なければいけない職種もたくさんあるものです。

日本列島をまたにかけて仕事をする男性の姿は、まさに日本のサラリーマンそのもの。

仕事で県外に出かけても、職場の人にお土産を買ってくるのが恒例の行事となっているところも珍しくありません。

その土地のご当地ものや名産、女性が好むスイーツ系、職場の休憩にお茶やコーヒー、などお土産に買ってくるパターンはたいてい決まってきます。

社内で好きな人が出来た既婚者は、家への土産と別に社内用のお土産を好きな女性の好みに合わせて選ぶようになるのです。

個別に上げることは出来ないからこそ、必ず買って帰る職場の土産でアピールをしています。

好きな子が好きなせんべいや、インスタ映えするキラキラしたお菓子など明らかに以前とは志向が違ってくることで、分かりやすい場合が多くあるはずです。

頭をポンポンと触る

既婚者の男性が好きな女性にアピールするのは、頭をポンポンと触るという行動です。

恋愛の王道ともいえる「頭ポンポン」は、もはや妻には何の反応も見られません。

交際していたころの妻は、嬉しそうな表情を見せたり、触れ合う喜びから腕に絡みついてきたりとかわいい一面を見せていたものですが、結婚して生活が始まってしまうと女の子っぽい仕草がなくなっていきます。

家庭を持つと、それどころではないからです。

けれども男心的には、いつまでも女性に女の子っぽくいてほしいもの。

妻では見られなくなってしまった、カワイイ仕草や表情を好きな子バージョンで診たいと願っています。

そして、妻のようにうるんだ瞳で腕に絡みついてきてほしいと元ているのです。

頭ポンポンは、男性にとって最大限の愛しさの表現。

めぐる思考の中では「触れた」「可愛い」「俺を見て」と様々な気持ちが飛び交っています。

既婚男性は社内で好意を寄せる女性に態度で示す

既婚男性が社内の女性に好意を寄せると、最初のころは恋愛に発展してもいないのに憶病になって様子見を繰り返します。

けれども次第に自分の心の整理が進んでいくと、社内ならではの二人きりの時間を作れるよう行動に移したり、相手に気づかれてもいいという覚悟で態度に示すようになるはずです。

既婚者の男性の態度を見て、好意を隠しきれていないと感じるなら、それは確信と言ってもいいもの。

既婚男性がどこまでの関係を望んでいるのか確認しながら、不倫に進みたいとお互い望んでいるのなら、秘密の恋愛をスタートするきっかけを掴むのも幸せの一つですよ。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事