既婚男性が別れてくれない時に知るべき別れを受け入れられない男性心理とトラブルにならず別れるコツ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

既婚男性との恋愛を終わらせたい。

「一生懸命恋をしたけど、やっぱり不倫という恋愛は終わらせるべきだ」という結論が自分の中できっちりとついた時、別れを告げる言葉に悩むものです。

既婚男性に別れを告げたけど、「別れない」と返事をされた時には驚愕してしまいます。

相手は結婚して家庭を持っているのに、どうして別れないのか不思議なあなた。

既婚男性が別れてくれない時のことについて詳しくお伝えしていきましょう。

別れを受け入れてくれない男性の心理、絶対別れると決めた時にトラブルにならずに別れるコツを伝授していくので、しっかりと理解して行動に移してください。

言葉や行動を間違えてしまえば、やけになった既婚男性が不倫を公にしてしまったり、気がおかしくなってしまって独占欲に支配されてしまうこともあるものです。

大人の男女として、別れてくれない既婚男性との終わり方も美しくしていくために別れ方を身に着けて、スマートに新しい人生に踏み出しましょう。

目次

既婚男性が不倫相手を決して離したくないと感じる時の心理

妻との関係が最悪で逃げ道が欲しい

既婚男性が不倫相手を決して離したくないと感じる時の心理は、妻との関係が最悪で逃げ道が欲しいという気持ちです。

不倫をしている男性は、当然妻という人がいて、夫婦生活を営んでいます。

周囲には言わなくても家庭内のことは色々あるものです。

特に妻以外の女性と恋愛をするような既婚男性の夫婦は、何かと問題が多く、現実逃避のための恋愛でもあります。

浮気相手から別れを切り出されても、恋愛する前の状況を思い浮かべて「またあの日々に戻る野は嫌だ」「家と会社だけの往復なんて辛すぎる」と別れを受け入れられません。

恋愛をしているから夫婦関係が悪くても、どうにか「家に帰ろう」「関係を続けよう」と思うことが出来、別れるには勇気が必要だから可能なら穏便に関係を荒立てたくないというのが本音。

恋人がいなくなってしまえば、気持ちを分散することが出来なくなり、再び空気の悪い夫婦関係に逆戻りです。

家に帰ることも億劫になり、何に対しても張り合いがなくなってしまうことを懸念してしまいます。

本気で不倫相手のことを愛していて将来結婚したい

不倫相手からの別れを受け入れられない既婚男性の心理は、本気で相手のことを愛していて将来結婚したいというものです。

不倫といってもきっかけにすぎず、結婚した後でも運命の人に出会うことはあります。

「どうしても彼女を手放したくない」「タイミングが来たら離婚をして、彼女と一緒になるつもりだったのにどうして別れるなんて言うのか分からない」と感情的に別れを拒絶する事に。

本気で愛してしまった既婚者の男性は、彼女がいなければ生きていられないほどにハマっているので、今は我慢をさせているとしても「いつか絶対に幸せにしてあげる」と固く心に誓っています。

ただ、男性は気持ちを伝えることが下手なので、上手く愛情を言葉にして伝えることが出来ていないことが多いし、伝えられていたとしても女性側が「いつか」なんて待てないと見切りをつけてしまえば終わりです。

本気になればなるほど辛い不倫は、不倫相手の女性だけの感情ではなく、奥さんがいる男性も同じように苦しんでいます。

本当の自分をさらけ出せる相手が傍にいて欲しい

別れを受け入れられない既婚者の男性の心理は、本当の自分をさらけ出せる相手が傍にいて欲しいというものです。

不倫恋愛は、第二の自分の発見でもあります。

既婚者の男性は、普段の自分として会社に勤めたり夫や父親としての務めを果たすために懸命に動いているものです。

けれども本当の自分として第二の姿を見せることが出来る相手が、不倫相手。

普段は厳格でまじめな性格の男性も、彼女の前だけでは甘えん坊の赤ちゃんのような姿に変身することも珍しくありません。

普段のストレスが空想の自分を作り上げることもあるし、社会的な責任を感じているからこそ隠している本質の部分でもあります。

既婚者の彼にとって、不倫相手との時間は本当の自分を取り戻す時間です。

失ってしまったら、また自分を抑え込む日々が待っているだけ。

すなわち耐え難い日々へとなってしまい、毎日が辛いということになります。

不倫相手から別れを告げられたからと言って簡単に受け入れるわけにはいかないのです。

モテる実感を得られる人のありがたみが分かった

既婚者の男性が浮気相手の女性から別れを告げられて受け入れられない時の心理は、モテる実感を得られる人のありがたみがわかったというものです。

男性は誰が何かを言わなくても、自然に会話の中から自分がいかにモテているか、誰が好意を持ってくれているのか察知しようとしています。

そのため、不倫相手と別れてしまうと完全に好かれていた相手を失うことになるわけです。

例えモテなくても、たった一人から愛されていると分かれば、男としての自信へと繋がります。

モテる実感を得ることが出来、常に「嫁がいるのに好きっていてくれる人がいる」という喜びをかみしめていたはずです。

男としてのプライドを高めるきっかけにもなる彼女の存在は、是が非でも手放したくない存在。

別れてしまえば、しがないおじさんになってしまうことを恐れています。

女性から好かれるということが、モテる証となり自分自身を若返らせるエッセンスにもなっているのです。

別れを受け入れてしまえば、一気に老け込んでしまいそうで恐怖を感じています。

体の相性がいいからもっとセックスしたい

不倫相手からの別れを受け入れてくれない男性の心理は、体の相性がいいからもっとセックスしたいというものです。

恋愛に関係なく体の相性のいい・悪いは、男女の関係に大きく影響します。

体の相性がいいから愛情も深くなる、という本来とは逆の愛情の育み方もあるものです。

可愛い子と恋愛したいと思って始めた関係だけど、「体の関係を持ったらますます離れられなくなった」というのが既婚者の彼の本音。

体の相性は、セックスしてみて初めてわかるもの。

また、二人で行う行為ではありますが、相性の感じ方はそれぞれで異なります。

女性側は他の男性とあまり変わらないと感じていたとしても、相手からすれば「今までこんなにピッタリの相性だった人はいない」と感動していることもあります。

セックスの相性がいいと感じている女性を手放すことは、宝物のおもちゃと大好きな人を同時に失うようなものです。

とても耐えがたい苦痛となってしまうので、絶対に阻止したいと思い別れ話にNOを突きつけています。

既婚男性が既に不倫相手に未練はないけれど別れそのものを受け入れられない時の心理

自分を否定されたようで悔しい

既婚男性が未練がない相手の別れを受け入れられない時の心理は、自分を否定されたようで悔しいという気持ちが浮かんでいるからです。

男の人は自分自身を否定されることを何よりも嫌います。

不安だけれど弱い部分を人に見せたくない、という複雑な心境が影響しているところです。

「自分に自信がないけどそうも言っていられない」「不安を口にしたところで何も変わらないからとにかく頑張るしかない」と、いつも気を張り詰めている男性は、浮気相手の女性からの愛情を感じることで安心しています。

「彼女の前では気取らなくていい」「ありのままの自分でいられる」と心を許している人から別れを告げられることで、今までの自分も全て否定されたような気持になってしまうのです。

「やっぱり俺はダメなのか」「彼女だけは傍にいてくれると思っていたのに」と悔しい気持ちでいっぱいになります。

別れを受け入れてしまえば、自分を否定された事実までも受け入れなくてはいけないので、耐えがたいと感じているはずです。

決定権は自分にあるから勝手に決められたくない

未練がない浮気相手の別れを受け入れられない男性の心理は、決定権は自分にあるから勝手に決められたくないというものです。

何でも自分が決めたことが出ないと納得できないカレ。

奥さんにはもちろん、会社の中でもワンマンで何でも決めて行動してしまうため、上司や部下から対応に困るという声もチラホラ聞こえてくる人です。

家庭の中では必ず、一家の大黒柱として全てに対してお伺いがないと怒ってしまいます。

関わる全ての人を見下している節があり、妻が役立たずで面白くないという理由で不倫を始めますが、恋人に関しても愛を伝えるわけでもないのですぐに破綻してしまうことも。

不倫をしている彼女から別れを告げられても、自分の非を認められないので、なぜ彼女が別れたいと言い出すのか理解に苦しみます。

自分が別れを言い出したわけではないので、「到底その話を飲むわけにはいかない」と頑なに拒絶するのです。

ストレスを発散する場所がなくなるのが困る

未練がないのに浮気相手からの別れを受け入れない既婚男性の心理は、ストレスを発散させる場所がなくなるのが困るというものです。

不倫は非日常を楽しむものであり、日頃のストレス解消としてもってこいの時間となっています。

彼女との癒しの時間は、現実で起きている嫌なことを忘れられるし、愛をささやいてくれる相手はドラマや小説を読むようなフィクションの感覚を持っているところです。

浮気相手とのセックスは、何に縛られることもなく自由に本能をむき出すことが出来るので、普段抑え込んでいるちょっと変わった性癖や嗜好も存分に発揮することが出来ます。

彼女といる時間は、普段隠して抑えている部分だけを解放できる絶好のストレス発散タイム。

日常とは違う一面をさらけ出してもいい相手がいなくなってしまうと、24時間ずっと仮面をかぶり続けなくてはいけなくなります。

心のスイッチングが出来なくなれば、無理がたたって精神面のバランスを崩してしまうことが危惧されるのです。

「今の自分でいられるのは彼女との時間があるおかげだ」と思っている限り、相手の女性を手放すことは受け入れられません。

完璧に隠しているから不倫がバレそうという理由が納得できない

未練がないのに不倫を解消できない男性は、完璧に隠している関係だと思っているのに「不倫がバレそう」という理由を挙げられても到底納得できないからです。

不倫を止めたいと言い出す女性の理由には、「これ以上は隠しきれない」「既に数人は気づき始めている」と周りの状況を冷静に観察して、身の危険を感じているからというものがあります。

しかし男性は自分のしていることに絶対的な自信があり、普段は冷静で客観的な人でも恋愛に関しては彼女しか見えなくなってしまうことがあるのです。

「完璧に隠し通せている」「疑われているなんて勘違いだ」と思っているうちは、別れたいと言われても、その根拠がない限り受け入れることが出来ず頭を悩ませます。

「いつバレそうなことをしたか覚えがない」「彼女の勘違いだろう」と自分がミスをしているはずがないと思い込み、具体的な場面の提示を求めるはずです。

自分の奥さんから明らかに疑われたり、問い詰められたりしない限りは周囲の人にバレそうといわれても実感を持つことが出来ません。

楽しかった時間まで消えてしまいそうな気がする

浮気相手に未練を持っていないのに別れを受け入れられない既婚男性の心理は、楽しかった時間まで消えてしまいそうな気がして寂しいというものです。

不倫をしている既婚者の男性は、彼女と過ごした時間を「夢のような時間だ」といつも思い出してはデートの記憶に浸っていることも少なくありません。

本気の恋愛とは違い、女性に好意を寄せられている、パートナー以外の女の人と一緒に過ごしている自分、という状況に酔いしれているのです。

結婚してしまうと、他の女性と関係を持つなんてことは滅多にある事ではないはず。

不倫をしている自分は、”選ばれた男”なのだと感じ、それだけで喜びが沸き上がります。

彼女と過ごした時間は、配偶者がいるのに独身の頃のような時間を謳歌した貴重な時間。

簡単に手放してしまえば、今までの夢のような時間が本当に夢だったような気にさえなってきます。

別れてくれない既婚男性を説得する時に言うと逆効果になってしまうセリフ

「あなたには奥さんがいるでしょ」

別れてくれない既婚男性を説得する時に逆効果になってしまうセリフは、「あなたには奥さんがいるでしょ」というものです。

別れたいあまり、つい「あなたには奥さんがいるんだから、大切にしてあげなくちゃ」「私なんかにうつつを抜かしている場合じゃないでしょ」と諭そうとする人がいます。

女性側は、至極まっとうなことを言っており、本当に不倫という恋愛を反省しているからこそ言葉として出てきたものですが、男性側からすれば受け入れられるものではありません。

なぜなら、男性側に奥さんがいることは最初から分かり切っていることだからです。

二人の関係が始まる前から結婚している事実はあって、分かっていたうえで不倫を始めたのは、既婚男性の勝手な行動だけというわけではないはず。

きっかけは男性に流されたことがあったとしても、その後関係が続いているのはお互いの同意の下です。

今更、妻の存在を引き合いに出されたところで、何の理由にもならないのです。

男性としては「そんな理由なら離れる必要はないだろう」と取り合ってくれなくなります。

「他の女の子と不倫すればいいじゃない」

別れを告げる時に逆効果になってしまうセリフは、「他の女の子と不倫すればいいじゃない」というものです。

不倫は始めるのは簡単でも、続けるのは勇気の必要なこと。

恋愛をしてきた二人にとって、不倫という同じ罪を背負ってきた人に対して、急に他人にその役割を振ってしまうのはNG。

相手は裏切られたと感じるだけでなく、急激にあなたへの愛情を失い、「もう冷めたけどそんな勝手な理由で自由になんてさせない」と束縛を強めてしまうこともあります。

ドロドロの不倫に発展してしまったり、脅迫されてしまったりと最悪の事態に動いてしまう可能性が高くなるので、感情的な男性であればその時点で既にトラブルが起きてしまうはずです。

自分が行ってきた不倫という背徳の恋愛に責任を持ち、自分自身でけりをつける覚悟を持たなければ、完全に別れてお互い前向きな人生を歩きだすことは難しいと言えます。

誠意をもって既婚者との関係に向き合っていれば、易々と第三者との不倫をほのめかす言葉は出てこないものです。

「別れてくれないなら関係をバラすよ」

別れを受け入れてくれない既婚男性に言ってしまうと逆効果になるセリフは、「別れてくれないなら関係をバラすよ」というものです。

恋愛関係にあった相手に対して脅迫めいた言葉を出してしまうと、一気に関係は険悪ムードに。

お互い愛し合っていたはずの二人は、憎しみあった関係になり、恐怖と不安に支配されてしまいます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「バラすよ」と言葉にしてしまうことで、相手は「バレても構わない。ともに地に落ちよう」と覚悟してしまえば、あなた自身もピンチに陥ってしまうはずです。

相手の男性は、バレたら浮気相手の女性も困ることをよく理解しているので、同じ手法で今度はあなたが脅される番になります。

当然別れを受け入れてくれないうえ、いかに離れられなくするか作戦を練り始めるので、タチが悪くなる一方です。

男の人にも色々なタイプがいて、すぐに劇場してしまうタイプの人にこの言葉を言ってしまえば、一気にストーカーとして変貌してしまう人もいるので要注意しましょう。

「待つばかりで疲れた」

浮気相手の別れを受け入れない相手に言ってしまうと逆効果な言葉は「待つばかりで疲れた」というものです。

不倫をしている女性の多くは、まさにこの言葉通り「待つことに疲れた」と別れを考えます。

誰にも言えない既婚者との恋愛はいつも相手の予定に合わせてしか動けないし、相手の家庭ありきの限りある時間のデートしかできないので、どれだけ納得していたとしても不満が付きまとう関係です。

行きたい所にも行けない、堂々と手を繋いで歩くことも出来ない、旅行も無理、誰かに彼氏の自慢をすることダメ、と我慢を積み重ねることで女性の精神状態は憔悴してしまいます。

「もうこんな関係続けるのは無理」「悲しいばかりで報われない」とありったけの想いを伝えて別れようと思っても、既婚者のカレは彼女に悲しい思いをさせてしまっていることを分かっているので、素直に反省するのです。

改めて言葉にして伝えられたことにより、「そんなに追い詰めてしまっていたんだね」「悲しい想いばかりさせてごめん」と反省して態度を改め、会える時間を増やしてくれます。

二人は以前よりも仲良く交際することが出来るようになりますが、これでは何度も繰り返すダラダラ不倫になりかねません。

いつまでたっても関係が解消されることなく、出口の見えない関係が続く限り、女性側の疲労は解消されないのです。

「ちゃんと話し合って納得してから終わりにしよう」

別れを受け入れてくれない相手に対して逆効果になってしまうセリフは「ちゃんと話し合って納得してから終わりにしよう」というものです。

恋人同士の別れに、ちゃんとした別れはとても大事。

特に不倫というあいまいな関係は、別れ際をハッキリさせておくことで「もう同じ過ちは繰り返さないだろう」「また会わないための予防線として話し合いをしておこう」と考えるのは、正常な考えです。

ただ、不倫関係の二人において通常のセオリーは通用しません。

きちんとお互い納得してから別れようと、話し合うために約束を取り付ける度に体を求められて結局話し合いが出来ないまま時間が終わってしまったり、話をはぐらかされて愛をささやかれたりして、一向に話し合いが進まないのです。

会うたびにズルズル関係が繋がってしまうことに悩み、「いつになったら終わるのかな」と別れ話を成立させることもあきらめてしまいます。

別れてくれない既婚男性との関係をズルズルそのままにしておくと生じるリスク

最初はお互い好きだったのに体だけの関係で都合よく遊ばれる

別れてくれない既婚男性との関係をズルズルそのままにしておくと生じるリスクは、最初はお互い好きだったのに体だけの関係で都合よく遊ばれるようになってしまうことです。

恋愛にも波があって当然。

不倫は禁断の関係だからこそ、感情に波はあまり怒らないと思われがちですが、大きな出来事があればやはり人の心は動いてしまいます。

一度別れ話をしたことによって「本気で付き合っても未来はない」と心のどこかで思ってしまい、別れなくても本気にはなれない中途半端な関係になってしまうものです。

別れ話をするまではお互い好きで仕方がなくて、苦しい恋愛をしていた二人も、一度別れ話をして「いや、別れない」とやりとりをしたことで、恋愛感情にも冷静さを取り戻していきます。

別れを渋ったときにはまだ好きという感情があって受け入れられなかったとしても、「こんなに都合のいい相手、手放すわけにいかない」「相手はもう本気じゃないならお互い良い距離感で一緒にいればいい」と遊びの関係を求める感情が浮かんでくるわけです。

本気の恋愛が出来ない

いつまでも別れられない関係を続けることで生じてしまうリスクは、本気の恋愛が出来ないというものです。

不倫恋愛は別れ話さえも一つの大きなイベント。

付き合い始めた時には「会いたいけど会えない」「奥さんがいる人とこんな関係になってもいいのかな」と悩みを抱え、別れを決意した時には「本当に終わらせよう」と胸を痛めます。

別れを受け入れてくれなかったことをきっかけに「いつになったら別れられるのかな」「ずっとこの関係を続けても仕方がない」と新たな悩みを抱えることになるわけです。

頭の中にはいつも彼のことでいっぱい。

あなたが他の人と恋愛をしたくても「でも関係が切れていないし、どうしよう」「好きな人に不倫をしていることがバレたら終わりだ」と男の人を避けてしまいます。

本気の恋愛をするきっかけを逃してしまい、自分だけが取り残されていく孤独感を味わうことになるのです。

不倫を隠そうとする気持ちが緩んでしまう

いつまでも別れられない関係を続けてしまうことで生じるリスクは、不倫を隠そうとする気持ちが緩んでしまうというものです。

不倫を始めたばかりのころは、何をするにもドキドキして周囲を警戒しているはず。

関係に慣れてきても「ちょっとのミスも許されない」と最低限気を付けなければいけない部分は慎重になります。

けれども別れ話をして受け入れてもらえないという理由で、関係が終わらなければ「どうでもいい」「どうせ終わってもいい関係だ」と危険を察知する能力が低下してしまうところです。

その結果、関係が長続きしたことによる馴れ合いも相まって、知り合いがいるかもしれないところで車に乗り込んだり、職場のカレと一緒の時間に退社したりして、不倫がバレるリスクを高めてしまいます。

緊張感が長続きしていないので、いつ誰が見かけてもおかしくないデートをしてしまい、結果自分の首を絞めてしまうことに。

未練はないのに呼ばれたら行ってしまう自分が情けなくなる

別れを受け入れてもらえないことで関係が続いて生じるリスクは、未練はないのに既婚者の彼に呼ばれたら行ってしまう自分が情けなくなってしまうというメンタルの問題です。

「関係を終わらせようとしたのに終わらなかった」という事実は、自分の心を蝕んでしまいます。

「いつまでこんなにいけない恋愛を続けるんだろう」「もう会わなければいいんだ」と心の中で固く誓うのに、終わらせることが出来なかった人は相手の男性に呼び出されたらつい言いつけられた場所に行ってしまうはずです。

「また言われるがまま行ってしまった」「どうして断れないのだろう」と自分自身を責め続け、自己否定を繰り返します。

その結果心を病んでしまい、正常な恋愛が出来ないどころか日常生活でもうつの症状を引き起こすなど健康面にも心配が及んでしまうのです。

相手への愛情はとっくになくなっているのに、断ることが出来ないという一点で関係が続いている限り、断固とした態度をとることは出来ず弱い自分と直面し続けます。

人生の時間を無駄にする

関係が終わらせないことで生じるリスクは、人生の時間を無駄にするということです。

不倫をしていること自体が、したことのない人からすれば「時間の無駄」と言われること。

恋愛の延長と考えられる結婚が出来ないだけでなく、一番になることが出来ない相手と一緒にい続けることは、自分の価値を下げていることになります。

不倫恋愛に夢中になっているうちは、自分の価値や相手の家庭のことまであまり考えることが出来ませんが、関係を清算した後で「自分に申し訳ないことをした」と気が付く人は数知れず。

気が付けば年齢を重ねていて、婚期や出産適齢期を逃していて生涯独身を貫くことになる人もいます。

いつまで一緒にいても離婚しない人はしません。

関係が長くなるにつれ、その事実も十分わかっているはず。

けれども関係を断ち切ることが出来ないのは、相手の意見に流され続けているから。

自分自身の時間を大事にして人生と向き合わなければ、一緒になることは出来ない相手と一緒にいても、一生「二番の女」としていなければいけないのです。

別れたくないと言う既婚男性とトラブルにならず別れるコツ

「忙しい」といって会う日を減らしていく

別れたくないと言う既婚男性とトラブルにならずに別れるコツは、「忙しい」と言って会う日を徐々に減らしていくというものです。

不倫恋愛はただでさえ会う時間を確保することが難しい恋愛。

「会いたい」と思うだけでは成立しないこともよくあります。

そんな中でもお決まりの日程を組んでみたり、月に1度は飲み会と称してゆっくりデートする日を設けてみたりと、工夫を凝らして関係を続けてきたはずです。

別れたいと思った時に、何から変えていくかと言えばこのデートの頻度となります。

会いたいときに会えない思いを存分に味わってきた辛さを、彼にも味わってもらいましょう。

会えそうな日、定例のデートの日、あなたは次々に予定を入れていきます。

友達との食事や趣味のサークルなど恋愛よりも優先する価値のあるものを設定すると納得してもらいやすいです。

「新しいことを始めたから時間を作るのが難しい」「これからなかなか会えなくなると思う」と告げておけば、会えなくても感情的に怒られるようなことはありません。

あなたの予定をしっかりと詰め込んで断る理由を作るのですが、実はこれは嘘でも大丈夫。

不倫恋愛から遠ざかるための嘘なら、カレ以外傷つく人はいないからです。

別れを受け入れてくれない人には強硬手段をとるべき。

「忙しいから会えない」「予定が詰まっている」と伝えて徐々に会う頻度を減らすことで、会わないことに慣れてもらいましょう。

デートの時は友達の話ばかりする

別れてくれない人とトラブルにならずに別れるコツは、デートの時は友達の話ばかりすることです。

デートすることに抵抗があっても、その間友達と一緒にいると思っておけば十分。

恋愛をしている時には、お互いの話をすることで満足度を高めていきますが、逆に自分の知らない人の話ばかりされてしまうと気持ちが冷めていきます。

あなたの周りにいる友達の話ばかりをして、彼の興味を削いでしまいましょう。

既婚者のカレの話やあなた自身の話をすれば、真剣に耳を傾けて再び愛情を育てることになってしまうので、極力話題をずらしていくことがポイントです。

カップルの話、旅行に行った時の話、もらったお土産話、など友達に関するあらゆる話題を出していきます。

しかも敢えてカレの知らない人をチョイスすること。

知らない人の話に興味を持つ男の人は少ないので、会っている時間が苦痛になっていきます。

周りが結婚していく近況を伝える

別れてくれない既婚男性とトラブルにならずに別れるコツは、周りが結婚していく近況を伝えることです。

ある程度の年齢になると、結婚ラッシュなるものがやってきます。

次から次へと結婚する人で、”お祝儀貧乏”という言葉が生まれるほど。

おめでたいことですが、あまりにも度重なる知り合いの結婚は、結婚できない不倫恋愛をしている女性にとっては苦痛に感じる話題です。

これこそが不倫を終わらせる格好の話題。

「あの子は○○っていう式場で結婚式だって」「○○さんは△歳で二回目の結婚だよ」と結婚していく人々を見送る立場にあることをアピールします。

既婚者のカレは何も言わず話を聞いていたとしても、実はプレッシャーを感じているはずです。

彼女と結婚することは出来ないし、結婚を望んでいることを密かに感じ取ってしまうから。

恋人を引き留めてしまっているのは自分自身だ、ということに気が付いてくれることで、別れを受け入れてくれるようになります。

実家に帰るようにする

別れたくないという人とスムーズに別れるコツは、実家に帰るようにすることです。

この方法は特に一人暮らしの女性が行うと効果的となります。

一人暮らしの女性が不倫恋愛をしていると、女性宅がデートスポットになりがちです。

いつも入り浸っている状況になるので、既婚者の男性は彼女といると安心して恋愛をすることが出来ます。

そんな女性は、「実家の家族に呼ばれている」「家でトラブルが起きている」などの理由を付けて実家に帰るように伝えましょう。

女性の家族と関わるわけにはいかない既婚男性には、どうすることも出来ない理由のはずです。

実家にまで近づいてしまうと、親に怪しまれてしまい関係が破綻するだけでなく自分の家族にまでバレてしまう可能性が高まります。

また、親から「彼氏に会わせろって言われる」「連れて来いって言われる」と実家から要請されていることを伝えることで、「あまり近づくとそろそろ危険かも」というリスクを感じ、離れてくれるようになるに違いありません。

大胆な行動をし始める

別れてくれない人とスムーズに別れるコツは、大胆な行動をし始める事です。

今までひっそりと愛をはぐくんでいた二人にとって、行動を最小限にすることは当然のことだったはず。

けれども別れてくれない時には、思い切って行動を変えていきましょう。

例えば彼のために弁当を作って渡したり、夜家に帰ってくつろいでいる時間に仕事のラインを送ったりして、「今までこんなことしなかったのに、おかしい」「どこまでエスカレートするんだろう」とヒヤヒヤし始めます。

もちろん、相手の奥さんにバレないようにすることが大前提なので、お弁当は捨てられる素材で、ラインの内容はあくまでも業務的な内容にすることが重要です。

人は変化が起こると不安が沸き上がるもの。

「この先どんなことをしてくるんだろう」「もしかして家族に近づいてきたりはしないよね」と不安に駆られることで、あなたとの距離を取ろうとしてくれます。

既婚男性が別れてくれない時には戦略的に動こう

既婚者の男性にとって、浮気相手からの別れはスムーズに受け入れられない男性心理が働いています。

そのため、いつまでも「別れたくない」と渋っている相手に合わせて、関係を続けていてはズルズルと離れられないのも当然です。

結婚しているカレとの別れを考えたのなら、思い切って実践あるのみ。

既婚者ならではの男性心理を理解して、戦略的に相手の心を動かしていきましょう。

トラブルにならないよう既婚者のカレと別れることが出来れば、今後きっぱりと秘密の関係を断ち切ることが出来るはずですよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事