既婚者同士の本気の恋は生涯消えない心の繋がり。お互い本気の時にだけ現れる特徴と一生愛し合うための注意点
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

結婚していても身を焦がすような本気の恋愛をして、人生を謳歌している人もいるものです。

「既婚者同士の本気の恋ってどんな感じ?」「本気の恋愛をしている時には何か特徴があるの?」と家庭を持つ者同士が本気の恋をした時のことを詳しく知りたいと思っているあなた。

既婚者同士の本気の恋で、生涯消えない心の繋がりがどんなものかご紹介していきましょう。

今恋をしている相手と、お互い本気の時だけ現れる特徴や一生愛し合うための注意点もお伝えしていくので、楽しい恋愛から本気で唯一無二の相手としていくためには、どうすればいいのか参考にして、行動してみてくださいね。

幸せになりたいときには、あなたが一歩相手の心に近づく努力が必要になってきます。

生涯お互いのことを本気で愛し合える関係になるために、幸せのヒントを掴んでいきましょう。

目次

夫や妻以外と本気の恋に落ちてしまう既婚者の特徴

独身の頃に恋愛経験がほとんどない

夫や妻という婚姻関係にある人以外の人と本気の恋に落ちてしまうのは、独身の頃に恋愛経験がほとんどない既婚者です。

高校生の時の初めての彼氏と、卒業したらそのまま出来ちゃった結婚したり、純潔を守りたい信念があって結婚するまで彼氏を作らないと決めていたり、と恋愛経験がない人の経歴も様々。

しかし、恋愛経験値が低いと夫婦生活に不満を持ちやすく、「結婚生活ってこんなものかな」「他の男の人を知らないから、比べようがない」と感じてしまいます。

そんな状態で、夫以外の異性と出会った時「旦那はこんなこと言ってくれない」「家にいるとなんでもやってあげるのが当たり前なのに、男の人がこんなに優しいなんて知らなかった」と初めて比べる対象が出てきたことで衝撃を受けるのです。

夫とは違う一面を持つ他の男性にどんどん惹かれていき、初めて知る配偶者以外の異性に夢中になっていきます。

夜の営みも夫婦間でしか経験がなければ、他人に自分の体を見られるなんて恥ずかしくて人生初めての緊張感に恋心が止められなくなるわけです。

家計が苦しくて家にいても沈黙やため息が多い

夫や妻以外と本気の恋に落ちる可能性が高い人は、家計が苦しくて家にいても沈黙が多かったり、ため息が多かったりして家の中の空気が重いと感じている人です。

男の人であれば、家庭を支える重責を感じることで自分の収入で家族が養えているのか心配になることもあるし、汗水たらして働いたお金を自分のためだけに使うことが出来ずにストレスを抱えることも出てきてしまいます。

女の人であれば、旦那が稼いできたお金で家計のやりくりをしないといけないことでプレッシャーを感じ、「お金が足りない」と伝えては夫婦ゲンカになってしまい、お金が足りない日常から逃げ出したいと嫌になっている人です。

夫婦がお互いお金のことで悩んでいても、家に入ってくる収入が増えることはなく、どうにかしたいと嘆く気持ちで家の中に漂う空気は最悪。

日常的に「お金がない」と会話に出てくる夫婦は、一緒にいても楽しい会話が自然と少なくなり、沈黙やため息ばかりの毎日となり、新しい出会いがあったときについ日常から逃げたくなって恋愛に夢中になります。

生活環境やリズムがガラリと変わった

生活環境や生活リズムがガラリと変わった人は、パートナーではない人と本気の恋に落ちてしまいます。

日常とは、平坦なものを望む人が多いものです。

変わらず毎日を過ごせることが、平穏であり幸せだと感じている人にとって、環境の変化や生活リズムの変化は心の不安定を生み出します。

心の不安定は、冷静さをなくし、普段とは違うことをすることが今自分にとって必要なことだと考えるようになるのです。

専業主婦が働きに出かけるようになったり、夫の仕事の勤務形態が大きく変わって出勤サイクルや帰宅時刻が変わったりすることで、日常が変化し始めます。

子供の成長でも日常の変化は起こるはずです。

未就学児が小学校入学すると同時に、送迎が必要なくなり朝夕の時間にゆとりが生まれます。

義務教育が終わって高校に就学することで、習い事に必要な金額が増加したり、大学進学のために必要な準備を始めたり。

日常が変わっていくことで、時間の使い方やお金の使い方が変化しストレスが加わったり、自由を手に入れて今まで我慢していた気持ちが噴き出したりして、恋愛にのめり込むのです。

夫と結婚したのは無難な人生を望んだことを自覚している

パートナー以外と本気の恋に落ちてしまう既婚者には、夫や妻と結婚したのは無難な人生を望んだことを自覚している、という特徴があります。

ある程度の恋愛を経験し、ある程度の年齢になってくると、男女問わず結婚を意識し始めるもの。

「そろそろ落ち着きたいな」「家に帰って一人って寂しくなってきたな」と思うことで、結婚して家族という形に入ることで、落ち着いた人生を歩みたいと考えます。

安定という定義は人それぞれですが、多くの場合女性であれば相手の職業や年収、年齢や長男かどうか、など自分が結婚した後に困ることなく生活できるかを考えるはずです。

そして男性側の定義には、男に依存せずに家庭に入ってくれる、料理が上手、セックスに消極的ではない、などがランクインします。

平穏無事に過ごすことが出来れば、恋焦がれるような恋愛はもう卒業してもいいと考えている証拠です。

「恋愛と結婚は別の物」と捉えていることで、結婚する相手に本気の恋愛を求めていません。

いざ結婚生活が始まると、平穏な幸せを続けていることで好きな人が出来ると忘れていた恋愛の刺激を思い出し、本気になっていきます。

日常に不満はないのにどこか物足りなさを感じて虚しい

配偶者以外と本気の恋をするのは、日常に不満はないのにどこか物足りなさを感じている既婚者という特徴があります。

毎日朝ごはんがあって、帰ればすぐにお風呂に入れる日常。

子供たちは学校のことを楽しそうに話をしていて、妻は家のことを一生懸命しながらも家計の足しになるようパートをしてくれている家庭に、不満を感じる要素はありません。

何も不満はないはずなのに、どことなく虚しくなることがある人にとって、日常は少し物足りなさを感じてしまう日々です。

物足りなさを感じてしまう原因は、変化のなさ。

朝起きて仕事に行き、帰って寝る、という毎日のルーティンに飽きてしまったのです。

変化がなければ後退していること同じで、人は気力を失ったり男としての魅力や女の魅力を失ってしまったりと、自分自身の老化や衰退が身に染みてしまい減滅しまいます。

体力、思考回路など衰退することは老化していることなので、若く元気の合った昔の姿と比べては自分自身にガッカリしてしまうはずです。

恋愛を始めることで、自分に自信を持ち、魅力を向上させる努力をしていることが楽しくなり、生きがいにもなっていきます。

ダブル不倫中の既婚者同士に生涯消えない心の繋がりが生まれるきっかけ

お互いの家族から逃げるように旅行に出かけた

ダブル不倫中の既婚者同士に、生涯消えない心のつながりが生まれるきっかけには、お互いの家族から逃げるように旅行に出かけたということがあります。

お互い家庭を持っている二人にとって、不倫デートはほんのわずかな時間しか許されていません。

「少し声が聴けるだけで十分」「今日は夫がいないから少しゆっくり出来るけど、子供を置いてきているから早く帰らなくちゃ」と時間の制限とともに、気持ちにもブレーキがかかります。

どうにかこうにか二人の都合を合わせ、お泊りの旅行に出かけられる状況はそれだけで軌跡です。

さらには、夫婦不仲の互いの家庭から逃げ出すように、思い付きのまま旅行に出かけた場合には、「駆け落ちみたい」と罪悪感と高揚感が入り混じった感情に興奮するもの。

衝動で動いてしまった自分の大胆さに、「この人じゃなければ、ここまで本気になれなかった」と自分がどっぷりと相手にハマっていることを自覚します。

特殊な性癖を発見して満たされる関係になった

ダブル不倫中の既婚者同士が、不倫セックス中に自分の中に眠っていた特殊な性癖を発見して、心も体も満たされる関係になったとき、生涯消えない心の繋がりが生まれます。

結婚して夫婦セックスをしている人は、マンネリ化しやすいという話も珍しいことではありません。

子供がいる環境で、家計を考慮したら、エッチできる頻度や場所、時間帯などもあまりバリエーション豊かにすることも難しいものです。

夫婦のセックスに満足している人たちは、お互いの性癖や性感帯について話し合っています。

パートナーとエッチについて、話し合うことが出来ないと感じている人たちにとっては、満足できなくても伝えること自体ハードルが高く感じてしまいます。

ダブル不倫中の性交で、普段夫には言えていない気持ちいい場所を伝えたり、言ってほしい言葉を言ってもらったりすることで、自分が今まで感じた事のないほどの強い快感を得ることが出来た時、衝撃を受けるはずです。

「セックスってこんなに気持ちいいの?」「電気が走るくらいの快感、初めて」と不倫相手との営みに満たされた時、「この人とは離れられない」と感じます。

「叶わぬ恋なら心中してもいい」と二人で思ったことがある

「叶わぬ恋なら心中してもいい」と二人で思ったことがあるW不倫カップルは、生涯消えない心の繋がりが生まれます。

それぞれ家族がいる身でありながら、「この人と一緒になりたい」「全てを捨ててでも好きな人といたい」と思うほど本気の恋をした時、離婚を切り出すことが出来ない人にとっては心中を考えるほどの重大案件です。

「この恋が実らないなら死んだほうがまし」「一緒に暮らすことが叶わないならいっそのこと一緒に死にたい」と二人同時に願うことで、思いを分かち合っていると信じています。

現実的に離婚を切り出し、再婚にまで進むことが出来れば一番理想の未来に進むことが出来ますが、二人にとってその行動は死ぬよりもハードルが高いことです。

実際に行動に移さなくても、二人で心中を考えたことがあるカップルは生涯消える事のない絆を繋げることが出来ます。

パートナーにひどく傷つけられた心を不倫相手が癒してくれた

生涯消えない心の繋がりが生まれるのは、パートナーにひどく傷つけられた心を不倫相手が癒してくれた時というきっかけがあります。

結婚生活を送っているすべての人が、順風満帆に平穏な暮らしを手に入れているわけではありません。

暴力を振るわれることもあれば、言葉で「価値がない」と言われ続けることもあり、夫婦の在り方そのものに疑問を持たざるを得ないことも…。

それでも「離婚はしない」「お前は俺(私)のものだ」と命令されることで、自由になることも許されず、心に傷を負いながらも毎日を過ごすことを虐げられます。

ダブル不倫を始めたことで、心が癒され救われ、久しぶりに人間として扱われる喜びに感動することもあるはずです。

パートナーにひどく傷つけられた人が恋愛をすることで、相手に癒された事実は希望の光となります。

人生という長い道をパートナーのせいで暗く閉ざされたと思っていた人にとって、かけがえのない大切な人となるのです。

二人の子供を身ごもって離婚せずに出産を決めた

だぶる不倫中の人たちが生涯消えない心の繋がりを生み出すのは、二人の子供を身ごもって、離婚することもせずに出産を決めたという事実がきっかけとなります。

家族がいる身の二人にとって、妊娠の事実は衝撃的な出来事です。

不倫がバレる、大好きな人の子供を中絶したくない、現実的に浮気相手の子供を出産は出来ない、とたくさんの葛藤がありながらも、夫に父親の存在を内緒で出産を決めると必然的に二人だけの秘密を持つことになります。

不倫相手以外の誰にも言うことのできない秘密を共有することで、二人の心の間には切っても切れない絆が生まれるのです。

出産して育てている最中も、徐々に父親に似てくる子供を見ながら、いつバレるか不安になったり、今後カミングアウトするかどうかを話し合ったりすることで、一心同体として生きていくことになります。

決して消える事のない二人の愛の証を、この世に誕生させることで不倫カップルにはゆるぎない結びつきとなるに違いありません。

既婚者の男女が本気で愛し合っている時にだけ現れる特徴

見つめあうと言葉が出てこない

既婚者の男女が本気で愛し合っている時にだけ現れる特徴には、見つめあうと言葉が出てこないという様子があります。

会いたくて恋焦がれている二人が、短い時間でもやっと会うことが出来た時、言葉など必要ではありません。

ただ相手の表情や存在をしっかりと目で確認したいと思い、何も言わずに見つめます。

相手の目の奥に燃える情熱に、引き込まれるような感覚を覚えるはずです。

「大好きな人が目の前にいる」「夢じゃなくて現実だ」と今恋焦がれている人に会えている瞬間を実感しています。

本気で愛し合っている時には、存在を確認することが嬉しく感じるもの。

触れることが出来る距離にいること、温もりを感じること、自分に向かって笑いかけてくれていることが、全て宝物です。

ただの遊びの不倫では、存在自体が喜びとなることはなく、本気の関係だからこその光景と言えます。

どんな時でも体に触れている

どんな時でも体に触れている二人の様子は、本気で愛し合っている時にだけ現れる特徴です。

既婚者同士の恋愛では、不倫のリスクも二倍となります。

お互いの職場の人や家族など、見られてはいけない人の数が尋常ではないため、基本的に外でデートをすることは避けるはずです。

それでもデート中にコンビニに寄ったり、郊外にまで出かけたりすることで外デートをすることもあります。

既婚者たちの恋愛は、外に出る用事があるなら一人ずつ外に出たり、一緒に歩いていても少し離れて距離感を意識しているところです。

ところが本気の恋人同士は、外でもずっとちょっと触っている状態になっています。

服の裾をつまんだり、お尻を触ったまま歩いたりとほんの少し触れ続けていることで、「近くにいたい」「少しでも離れたくない」という感情を隠し切れない状態です。

本気の二人は、お互いの体が離れる事が嫌だと感じています。

距離感を近づけるほどに、一つになれるような気持になっているのです。

外でも構わず触れている姿は、周りへの注意を払うよりも相手のことだけを考えている証拠と言えます。

パートナーの名前は禁句

既婚者の男女が本気で愛し合っている時、パートナーの名前は禁句になっているという特徴があります。

それぞれ家庭がある二人にとっては、話の話題も家族のことが多くなるのも仕方のないこと。

夫や妻の不満や子供の悩み事、姑問題や家計や介護のことなど、家庭の中で抱える問題を不倫相手に相談することは、コミュニケーションの一つとなっています。

似たような境遇を嘆き合い、話をする中でいい案がないか模索することもあれば、自分にはない家族トラブルを聞いて周囲の言い分を代弁して心の整理を手伝うこともあるものです。

好きな人に話をすることで、冷静にトラブルの分析をすることも出来、現実に抱えるトラブルに向かっていく勇気を出していきます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

しかし本気の恋愛をしている二人にとって、現実の家族の話を聞くことはとても苦しい感情を伴うことです。

「自分が聞いて苦しくなる話は、相手にもしたくない」と考える事で、自然とパートナーの話はタブーとなっていきます。

好きな人を苦しめたくない、自分も好きな人に家族のことを話したくない、と思うことはお互い思いやりの気持ちの象徴です。

お互いの子供の将来について話し合うことがある

本気で愛し合っている時にだけ現れる特徴は、お互いの子供の将来について話し合うことがあるというものがあります。

自分の子供は、自分自身の分身と思う親も少なくないものです。

愛している人の子供もまた、相手の分身と考えるほどになれば、その恋は正真正銘本物と言えます。

「大好きな人の分身は、将来どんな道に進むのだろう」「相手の子供の悩みを解決するサポートをしてあげたい」と自分の子供と同じくらい、不倫相手の子供にも愛情を感じるようになれば、二人の恋愛はよほど深いきずなで繋がれた関係です。

子供が中学生や高校生など将来のことを真剣に考え始める時期に差し掛かっていれば、自分の子供のことと交えて相手の子供の心配もしていきます。

躊躇いなく二人ともが子供の話を真剣にするようになれば、それは二人にとっても将来のことを考えるきっかけにもなっているはずです。

本気で愛している人の子供には、幸せになってもらいたいと願うことで、頻繁に話題に上り、同時に本人たちの未来のことも密かに考えています。

こっそりイニシャルのペアアクセサリーを付けている

こっそりイニシャルのペアアクセサリーを付けているカップルは、本気で愛し合っている既婚者同士の男女です。

結婚して家族がいる二人にとって、恋人とのペアアクセサリーを持つことはとてもリスクの高いことになります。

誰かに見られてしまえば「そのアクセサリーどうしたの?」「自分で買ったにしてはペアデザインっぽいけど」と疑いの要因となるところです。

ペアアクセサリーはデザイン性があるため独特のペア感があり、付けている様子を見るとなんとなくペアのアイテムだと分かってしまうこともあります。

しかし本気で恋をしている当人たちにとっては、リスクよりもペアのものを持つことが出来ている事の方が重要です。

アクセサリーを手で触り確認する事が、日常の中のオアシスであり、愛しの人を感じられる瞬間となります。

リスクを冒してでも繋がりあっていたいという思いが強い二人は、本気の恋から抜け出せない状態です。

本気の恋をしたままW不倫相手と別れなければいけないケース

夫の家業を本格的にやらないといけなくなった

本気の恋をしたままW不倫相手と別れなければいけないケースには、夫の家業を本格的にやらないといけなくなった時というものがあります。

結婚する時、嫁入りという言葉があるのは、昔ながらの家業に入るという名残があるからです。

夫が伝統の家業がある家系であれば、結婚することで妻となる人は必然的に家業を一緒にすることになります。

それでも最近は、自由な時間を与えられていることも多く、「40歳までは好きなことをしなさい」「お父さんが元気なうちはあなたの人生を好きに生きなさい」と言われている人も多いので、あまり家業のことを実感なく結婚することもあるものです。

ところが、来たる時が訪れたら急に現実味を帯びてきます。

親との同居、家業修行、嫁としての務めなど家業を継ぐことになった途端に、やらなければいけないことが山積みです。

W不倫で本気になっていても、家業が本格的になれば思うように自分の時間が取れなくなり、嫁さんとしての肩身の狭い立場も考えるとのほほんと気楽に動くことが出来なくなってしまいます。

不倫相手のことを心から愛していても、別れを受け入れざるを得なくなってしまうのです。

目撃者が出て怪しまれ始めた

本気の恋なのに別れなければいけないのは、目撃者が出て怪しまれ始めてしまったというケースがあります。

目撃者とは、職場の人だけでなく友人や家族という場合もあるわけです。

最悪の場合、相手の家族や自分の子供にデート現場を見られてしまうこともあり、言い逃れ出来なくなってしまいます。

目撃者が半信半疑の場合「〇日に○○にいた?すごい似ている人を見かけたんだけど」と質問形式で投げかけられれば、どうにかごまかすことが出来、嘘をついて逃れるはずです。

しかし、既にこの状況で別れのフラグは立ってしまっています。

疑問を持たれてしまった時点で、「似ていたんだけどな」「本当に違う人かな」と疑いがなくならず、監視が厳しくなるのです。

「そういえば最近服装が変わったな」「なんかイキイキしているよね」と思われれば、益々バレてしまう可能性が高くなります。

こうなったら本気で好きでも離れるしかありません。

このまま関係を続ければ、確信を持たれてしまい人生の終わりに向かって進んでしまいます。

生活環境の変化で夫婦で過ごす時間が増えることになった

本気の恋をしているのに離れることを決意せざるを得ないのは、生活環境の変化で夫婦で過ごす時間が増えることになったケースです。

本気の恋愛をしていても、生活環境がガラリと変化してしまうことで、デートの時間どころか電話やLINEをすることさえ難しくなってしまうと、交際を続けることが出来なくなってしまいます。

生活環境の変化の種類にも様々ありますが、仕事が絡むと問答無用で適応しなければいけないものです。

最近、急激な普及を見せるテレワークもその一つ。

オフィスに行かなくても、在宅で仕事をすることが出来る職種であれば、移動時間を短縮することが出来るし、オフィスの維持するための電気代などを節約することも出来るので、推奨している企業も増えてきています。

しかしテレワークはダブル不倫をしているカップルにとっては大敵です。

在宅勤務のため、仕事が終われば移動することなく家の時間に切り替えることになります。

すなわち一人で外出する機会が減り、当然既婚者同士の恋愛も成立しません。

どれだけ愛し合っていても、会う時間も連絡を取ることも確保することが出来なくなれば、離れることを余儀なくされてしまいます。

借金の取り立て屋が身辺を調べて脅してきた

本気の恋をしたままW不倫相手と別れなければいけないケースには、借金の取り立て屋が身辺を調べて脅してきた場合があります。

生活をしていれば、大きな出費が重なってしまうこともあるものです。

ましてや急激な不景気などで、収入が激減してしまっても家族が生活していくためにはお金が必要となります。

致し方なく借金をしたところで、あっという間に返済期限がやってきて、催促が始まるのです。

借りたところが悪ければ、利子が高くて返済に手いっぱいとなってしまうこともあり、質の悪いところであれば取り立て屋が身辺を調べ上げて、直接返済に脅しをかけてくることも。

W不倫をしている既婚者にとって、身辺を調べられることは弱みを握られることです。

「家族や会社にバラされたくなければ」と脅されることで、相手への迷惑も考えて別れを選びます。

本気で好きすぎて現実とのはざまで苦しむことに耐え切れない

本気で好きすぎて現実とのはざまで苦しむことに耐え切れなくなることが、本気の恋をしたまま別れなければいけないケースです。

結婚して家族がいるのに、本気で不倫相手のことを好きになってしまった。

好きなだけならいいけど、過剰に好きすぎることで離れている時間が苦しくて仕方なく思ってしまいます。

「こんなに好きなのに一緒にいられない」「隠れてしか会えない」「自分が離婚したところで相手も離婚が成立するとは限らない」と悩むことで、本気の恋をしている高ぶった感情を自分一人で処理しきれなくなってしまうのです。

「苦しい気持ちをどうすればいいのか分からない」と思い悩みすぎて、自分を見失ってしまい、家庭まで崩壊してしまうこともあります。

「好きすぎて、現実的に一緒にいられないという苦しみに耐えきれない」と思った時には、「いっそのこと離れよう」「会うから離れたくなくなるんだ、会わないようにしよう」と別れを決意するわけです。

既婚者同士が本気で一生愛し合っていくための注意点

絶対安全地帯である時間帯と場所を確保する

既婚者同士が本気で一生愛し合っていくための注意点には、絶対安全地帯である時間帯と場所を確保することです。

二人とも結婚して家庭があるということは、知られてはいけない人が大勢いるということ。

その分危険区域がたくさんあるということを意味するので、デート一つとっても安易に考えてはいけません。

少しのミスが二人を破局に導いてしまう要因となるからです。

二人が一生愛し合っていくためには、絶対にバレない方法を見つけ出す必要があります。

それぞれの家族の一人一人の行動パターン、行動範囲、生活リズム、関わっている人たち、など全てリサーチして、絶対に会うことのない場所と時間帯を見つけ出し、デートをする時間にあてがうのです。

ホテルも場所によっては、入るところを見られてしまったり、入店して置いている車を見られたりすれば、バレてしまいます。

ワンパターンにならないように、そして抜け目のない様に絶対安全地帯を調べておきましょう。

一緒にいる事よりも離れても愛を感じられることを見つける

本気で一生既婚者同士が愛し合っていくためには、一緒にいる事よりも離れても愛を感じられることを見つける事です。

お互い結婚生活を持っている人たちにとって、デートをする時間を頻繁にとることは難しいことだといえます。

予定していた日に子供が熱を出して行けなくなったり、急な仕事が入ってどうしても抜けられなくなったりと、なかなかタイミングが合わず苦しむ人も少なくありません。

そんな二人が一生愛し合うためには、離れていても感じる愛を見つけるべきです。

一緒にいる事だけが愛情ではないと知り、離れていても心の底から信頼して愛を感じられる関係になる事が、一生二人が心を通わせあう関係になる関係へと繋がります。

こうなれば、デートが例え半年に1回しかできなくても、幸せしか感じられないはずです。

相手が生きていることに感謝し、日常を送れていることに喜びを感じることが出来ます。

離れていても愛情を感じられる究極の愛を知ることが出来れば、誰にも負ける事のない本物の愛情へと成長させていくことになるのです。

無理をしすぎて家庭に影響を及ぼす付き合い方をしない

本気で一生愛し合っていくためには、無理をしすぎて家庭に影響を及ぼす付き合い方をしないという注意点があります。

恋愛に夢中になるあまり、家庭を顧みず恋人に身も心も捧げることがあるものです。

寝る間を削って会いに行ったり、ほんの一瞬会うためだけに遠くから駆け付けたり、そんな愛情のかけ方を続けていれば、本来大事にするべきである家庭をないがしろにしてしまいます。

家族のご飯を作らなくなったり、「休日に遊びに行きたい」と言っている家族を無視したりと、不倫相手のことを好きすぎるあまり、家族に対する対応が非常に冷たくなってしまうことです。

一生愛し合うために二人の時間を大切にすることも重要ではありますが、家庭を壊してしまえば二人の関係も壊れてしまうことも十分にあり得ます。

家族が壊れてしまうことで、精神的に苦痛を感じてしまい大好きな人に迷惑をかけてしまうことも。

そうならないためにも、今ある家族を最低限大事にすることも、あなたがこれからもやらなければいけないことです。

証拠が残っていないか徹底してチェックするリスト作成と指差呼称をする

既婚者同士が本気で一生愛し合っていくためには、不倫をしている証拠が残っていないか徹底的にチェックするためのリストの作成と、指差呼称をすることです。

指差呼称とは、工場や企業などで使われる安全確認の方法の一つ。

分かりやすい言い方をすれば指差し確認です。

当たり前の毎日でも、一つ一つ言葉に出して指差しをしながら丁寧に確認していくことで、事前にミスをしたりチェックが甘くなっているところを早期に発見出来たりする、基本中の基本のやり方となっています。

ダブル不倫で本気になったら、「一生この人と愛し合いたい」と願うのも当然のことです。

一方で、関係が長くなるにつれ慣れが出てくるのも必然と言えます。

慣れが招く不倫のリスクは高く、関係がバレるとダブル不倫では傷つく人が数えきれないほどになってしまうもの。

二人一緒に「絶対に証拠を残さないためのリスト」を作成し、デートをしたら帰り際に二人で指差呼称をして確認しましょう。

「髪の毛は落ちていないか?」「ドライブレコーダーは切ってあったか?」「香水は香りが移っていないか?」などリストにある一つ一つを言葉に出し、「OK」と確認していきます。

習慣付けば、いくら関係が長くなってもうっかりミスをしてしまうことがなく、一生愛し合う関係を続けることが出来るはずです。

おじいちゃんとおばあちゃんになったら一緒になる約束をする

既婚者同士が本気で一生愛し合っていくためには、おじいちゃんとおばあちゃんになったら一緒になる約束をすることも一つの注意点です。

本気の恋をしていると、どうしても「今すぐ一緒になりたい」「これから先の人生もずっと一緒にいるためには二人とも離婚して再婚するしかない」と結論を急ぎがちになります。

しかし、その考えはまだ若い証拠です。

今すぐ一緒になるには、たくさんの難題をクリアする必要もあり、子供が成人するまではお金もたくさんかかるので、早々に離婚してしまうと金銭面的にもややこしくなってしまいます。

本気で不倫相手に恋をしていても、今の家庭でもう少しやっていこうと思うことが出来るのなら、結論を早める必要はありません。

しっかりと今の家庭を充実させながら、「いつか一緒になる」という夢に向かって生きがいをもって生活をしていくことも方法です。

「おじいちゃんやおばあちゃんになってから、一緒になろうね」と約束することで、確固たる心のつながりを感じることが出来ます。

そして、夢を持つことにもなるのでイキイキと人生を送ることが出来るのです。

不倫がバレて修羅場が訪れ、社会的にも破滅を味わうよりも、夢を抱きながら毎日を懸命にこなしていくことも美しい姿と言えます。

既婚者同士の本気の恋は繋がりを信用できる関係

お互い結婚している既婚者同士の本気の恋は、恋愛中であれば様々な悩みを生み出し、将来に対して不安を抱くものです。

しかし一生愛し続けると決めることが出来るのなら、相手のことを本気で信用できるかどうかも重要な要素となります。

心から繋がっていることを信じて、幸せを感じることに集中出来れば、既婚者同士の本気の恋も、満たされた気持ちになるはずですよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事