ダブル不倫(W不倫)は一年続いたらどうなる?心の繋がりの変化と長続きした関係について既婚男性が考えている事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

ダブル不倫は、お互いに結婚している二人が恋愛関係になることです。

ダブル不倫を一年も続けていると、「最初は思いをよく言葉にしてくれていたけど、一年も一緒にいると気持ちを教えてくれることはなくなってきちゃった」と、相手の既婚男性の気持ちが分からないと感じる既婚女性も少なくありません。

他の恋愛と同じように、交際期間が長くなればお互いの気持ちも変化し、付き合い方や言葉や行動も変わってくることも当然です。

しかし、特別な恋愛だからこそ相手の既婚男性が本気なのか遊びなのか、どう気持ちが変化していくのかは知っておきたいところ。

そこで今回は、ダブル不倫は一年続いたらどうなるのか、既婚男性の心に注目して詳しくお伝えしていきましょう。

W不倫を続けていくことで、二人の心の繋がりがどう変化するのか、長続きした関係について既婚男性が考えていることなど、一年経過した今の彼の気持ちを知ることができます。

既婚男性の彼の本音を知って、これからどんな関係を続けていくのか改めて向き合って幸せになれるように考えてみましょう。

目次

ダブル不倫が一年続いたら既婚男性の心はこう変化する

恋愛のドキドキから居心地の良さへ

ダブル不倫が一年続いたら既婚男性の心は、恋愛のドキドキから居心地の良さに変化します。

恋愛の始まりはどんなカップルでも、ドキドキしたりソワソワしたりと、感情を揺さぶられることで、余計に「好きだ」「早く会いたい」と自分の恋愛感情を焚きつけるものです。

しかし、一年も関係が続けば、ドキドキしたりソワソワしたりといった、「もしかしたら会えないかも」「もしかしたらバレるかも」といったダブル不倫の不安が沸き起こらなくなります。

お互いの生活サイクルやデートのペースも定着化しているので、急な変更があったとしてもある程度予想できるものばかり。

そのため、付き合いたての手探り感というものがなくなるのです。

代わりに、一緒にいる時の空気感や過ごし方も分かってきているので、過ごす時間がとても心地いいものに仕上がってきています。

会話の間や合いの手、なども予想していることが返ってくる心地よさが、自分の一部となって定着しているはずです。

一緒にいるのは「好きだ」「今すぐ会いたい」という情動に突き動かされるものからではなく、安定の癒しが得られるからだと安心しています。

相手を束縛する気持ちから相手の自由を尊重する気持ちへ

ダブル不倫が一年続いたら既婚男性の心は、相手を束縛する気持ちから相手の自由を尊重する気持ちへ変化します。

結婚しているのに好きな人と一緒にいる時間を選んだ男性は、自分のことはさておき相手のパートナーへの嫉妬を強く持つものです。

「わかってはいるけど、辛い」「少しでも長く一緒にいたい」「旦那の元に帰したくない」と束縛する気持ちが全面に出て、辛い気持ちを処理できずに悩むもの。

しかし、その嫉妬心も時間の経過とともに「相手に旦那がいるのは仕方のないこと」「自分にも嫁がいるし」「それでも好きって言ってくれる彼女の気持ちがありがたい」とふたりの関係があること自体に感謝をするようになります。

同時に、相手の家庭の時間、W不倫をしているデートの時間、と併せて彼女の自由な時間も大切にしたいと考えるようになるところです。

女性がいかに忙しいか、自分の時間を持つことができないのか、恋愛をしていく中でまざまざと知ることができるから。

彼女の自由な時間を尊重することで、「いつも笑顔でいてほしい」「幸せな時間を過ごして欲しい」と願い、自分だけが束縛することは彼女の幸せではないと知っているのです。

恋人から第二の妻へ

ダブル不倫が一年続いたら既婚男性の心は、恋人から第二の妻の存在へ変化します。

ダブル不倫をしているということは、相手の女性も当然既婚者であり、夫や家族がいる女性です。

既婚者の女性はとても精神面で強くなっているもので、様々な局面を乗り越えてきている経験値を持っています。

恋愛中であっても、一度手に入れたメンタルの強さを忘れることはなく、経験を積むたびに彼女の人相や考え方に影響を与えているものです。

すると、好きな人と一緒にいてもついついその女性ならではの強さが出てしまうもの。

かよわく、儚げな女性像からはかけ離れていきます。

例えば、夫や子供のことで悩んでいた時に既婚男性が支えたことでダブル不倫関係に発展した二人であっても、一年も経過した頃には悩んでいたことが嘘のように、既婚女性はどんな状況もうまく乗り越えていくことができるほど成長しているはずです。

W不倫相手の男性に対しても、彼女として尽くすというよりも気心知れた男性に対して上手に頼る、という感覚になっています。

そのため、少し横柄になったり、口うるさくなったりと、第二の妻のような存在に変化しているところです。

なんで一緒にいるのかわからなくなる

ダブル不倫が一年続いたら既婚男性の心は、なんで一緒にいるのかわからなくなります。

W不倫という恋愛は、最初から難題だらけ。

不倫恋愛というだけでもバレるリスクに怯えて、不安や恐れから恋愛が続かないということもよくある話です。

ダブル不倫ともなれば、お互い既婚者なのでそのリスクは倍になり、デートする機会もかなり少ないものとなります。

会えない苦しさ、時間の都合、嫉妬や不安を乗り越えても一緒にいることができているのは、お互いに交際のスタイルを見つけたからです。

数々の問題を乗り越えてきた二人にとって、もはや何も怖いものはなく、不安に思うこともありません。

刺激やスリルというものがなくなった今、急に戦意喪失してしまうという状況になってしまいます。

目的がなく、乗り越えるべき壁も見当たらず、果たして一緒にいたいのかどうかさえわからなくなってしまい、なぜ一緒にいるのか考えることもなくなるのです。

目的を失った一年の壁は、ダブル不倫カップルが破局を考え始める時期にもなります。

二人の心の繋がり方も以前とは変わる。既婚男性が前と比べて許せるようになる事

相手が家族の予定を優先すること

一年もダブル不倫をしていると二人の心の繋がり方も以前とは変わっていくものですが、その中でも既婚男性が前と比べて許せるようになる事は、相手が家族の予定を優先することがあります。

ダブル不倫をしているとそれぞれ家族の予定でデートがドタキャンになったり、唯一空いている日が家族の予定で埋まって予定を立てられなかったり、ということもよくある話です。

しかし、家族が理由でデートが延期になったり予定が立たなかったりすることに、腹が立つのも最初のうち。

「ダブル不倫なんだから当然」とそんな状況も受け入れられるようになります。

そして、相手の家庭の都合を含めて、彼女自身だということを受け入れているので、家族の予定で不倫関係が揺らぐことはなくなるのです。

「しばらく会えなくても別れるわけじゃないし」と大きな心で接することで、二人にとって不要な不安や苛立ちはなくなります。

同じように、自分の家族の都合も調整してもしきれなかった場合は、素直に伝えることができるようになっているはずです。

お互い様の精神が成長しているので、ケンカに発展することはありません。

子供との間に起きた出来事の話

一年もダブル不倫をしていると二人の心の繋がり方も以前とは変わっていくものですが、その中でも既婚男性が前と比べて許せるようになる事は、子供との間に起きた出来事の話をすることがあります。

好きな人が自分の子供の話をすることは、通常不倫相手であればつらく悲しいと感じるものです。

特に女性側の子供の話は、既婚者男性からすれば好きな人とその夫との愛の結晶であり、子作りの姿まで想像してしまう受け入れがたい話題と言えます。

不倫をしている既婚男性は、いくら自分も既婚者だからといって彼女のことを考えている時には、自分の家族のことは頭の隅に追いやっているもの。

始めの頃は絶対に聞きたくなかった子供の話も、一年ダブル不倫を続けていると聞くことも平気になってきます。

子供の存在は彼女の人生の一部であり、子育てを含める全てが彼女の生き様だと理解しているからです。

子供の存在を否定することは、彼女が悲しむことにもなる、ということは今まで経験で知っています。

女性にとって子供は夫との愛の結晶とは別に、自分の生きがいであり分身であるということを知ったからこそ、子供の話題も許すことができるのです。

恋人が夫と仲良くすること

一年もダブル不倫をしていると二人の心の繋がり方も以前とは変わっていくものですが、その中でも既婚男性が前と比べて許せるようになる事は、恋人が夫と仲良くすることがあります。

W不倫にとって、密かに重要なことはそれぞれの家庭がうまくいっていることです。

最初は夫婦不仲がきっかけでダブル不倫が始まっていたとしても、いつまでも夫婦不仲が続いていると、彼女は笑顔になることができません。

恋人になって苦しんでいる彼女を支えているつもりなのに、いつまでも支えになることができていないということを実感してしまうため、「ダブル不倫関係になったからこそ彼女の過程状況が良くなった」という実績が欲しいと考えます。

恋人である既婚女性が夫と仲良くなりすぎると複雑な心境ですが、「デートが終わって彼女が帰っていく家が平和であればいいな」と願っているのは当然のことです。

特にDVがある夫の元であれば、「帰したくない」というのが本音ですがダブル不倫関係がバレて最悪の状況になれば、彼女はもっと傷つきます。

彼女の夫が穏やかに過ごせることが、一番彼女にとって平穏な暮らしなのです。

連絡が取れない時間が長いこと

一年もダブル不倫をしていると二人の心の繋がり方も以前とは変わっていくものですが、その中でも既婚男性が前と比べて許せるようになる事は、連絡が取れない時間が長いというものがあります。

お互い恋愛の情熱が熱い最初の頃は、連絡が半日取れないだけ、デートが一週間できないだけでもヤキモキして、不安になったり逢いたくて苦しくなったりするものです。

しかし、その状態で交際を続けていれば体がもちません。

「お互い家庭があるんだから、連絡が取れない時があっても仕方がない」「バレて関係が終わるより都合のいい時間に連絡をくれた方がよっぽどいい」と考えることができるようになります。

すると、少々連絡が取れない日が続こうが、デートが一ヶ月以上できなかろうが、構わないと思えるようになることは必須。

会えない時間を受け入れる心の広さが育つと同時に、彼女との信頼関係が強くなっていくことを実感できます。

お互い無理なく続けることが、逆に愛を感じることでもあり、心から信頼できる人との絆ともなるのです。

デートの時でもオシャレをしてこないこと

一年もダブル不倫をしていると二人の心の繋がり方も以前とは変わっていくものですが、その中でも既婚男性が前と比べて許せるようになる事は、デートの時でもオシャレをしてこないことがあります。

恋愛をしていると女性側は「デートの時くらいはオシャレしたい」と思うものだし、男性は「女性は身なりを整えて男の隣にいるものだ」と求めているものです。

しかし、ダブル不倫恋愛の実際はそうもいかず、空き時間に彼のもとに飛んでいくことは、パートが終わってすぐの時間や家事の合間、子供の送迎の合間時間、など特別なデート日ではなく、日常の一コマでしかありません。

既婚女性が日常からばっちりメイクをして、フェミニンな服装や巻き髪など、独身の頃求められていたようなオシャレをすることはほぼ不可能。

OLや派遣社員などしっかり働いていて、仕事の合間時間や仕事終わりばかりにデートが出来るのであれば別ですが、バタバタの日常の子育てのスキマ時間にデートをするのであれば、動きやすい普段着のままというのが通常なのです。

最初の頃は女性らしさを求めてダブル不倫をしていた既婚男性も、事実上不可能なことがあるということを一年間で経験してきているので、オシャレに関して過剰な期待は持たなくなります。

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事

「あんた」と呼ぶ

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事は、恋人の既婚男性のことを「あんた」と呼ぶことです。

男性はどんな場面であっても、自分のことを見下されたり、低レベルの扱いをされたりすることが嫌い。

特に妻から日常的に「使えない」「家にいても邪魔」など、夫としての威厳や家長としての尊厳を持ってもらえてないと実感している男性であれば、恋人といるときくらいは男としてのプライドを捨てたくないと思っています。

彼女から男として頼られること、自分が支えることで彼女が笑顔になることが交際をしている上で重要な意味を持っているのです。

そんな彼女から「あんた」と呼ばれた時には、ショックが隠しきれません。

いくら長い付き合いになったからといっても、恋人同士間柄で男としての価値を低く見られたと感じてしまえば、許しがたい発言であり怒りがこみ上げるもの。

お互い気のおけない関係になったからといって、呼び名で自分に対して粗雑な扱いをしていると感じることは許せません。

妻の悪口を当然のように話す

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事は、妻の悪口を当然のように話すことです。

ダブル不倫はお互い既婚者同士なので、お互いの家庭について会話に出すことも珍しくありません。

一年も付き合っていれば、お互いのパートナーがどんなタイプの人で、どんな夫婦関係にあるのか、家庭ではどんな様子なのか、容易く想像できるほど具体的に知っている状態です。

人というのは不思議なもので、自分の頭の中で想像した人物と自分の立場が同じであれば、勝手に自分とその人とを比べてしまう思考回路を持っています。

恋人である既婚女性は、会話の中で勝手に自分と彼の奥さんとを比べて、「私だったらそうはしないけどな」「何もしない奥さんでしょ?」「あなたのこと好きじゃないのよ」と決めつけた物言いをしてしまうのです。

このあたり、男性の方が一線を引くのは上手であり、不倫をしている男性がたとえ彼女の夫と自分を比べたとしても、相手の悪口を言うことはありません。

平然と自分の妻の悪口を言ってしまう彼女のことが憎らしくなってきます。

自分が選んだ人を悪く言われることは、いくら好きな人であっても許せないところです。

夫と経済力を比べられる

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事は、夫と経済力を比べられることです。

既婚者男性という立場でいえば、不倫相手と女性の夫はライバル。

男同士のライバル意識は「男として」という全般に及びます。

男としての魅力、包容力、経済力、など自分の頭の中で比べてしまっているものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

しかし、そのことを決して口にすることはありません。

口に出した途端、器が小さな男として自分の価値が下がってしまうことを知っているからです。

それなのに、恋人である既婚女性が「うちの夫、お金だけはあるのよね」「お金には困らないから大丈夫」と経済的に家庭が安定しているということを言葉に出すことで、「彼女に経済力を比べられた」と感じてしまいます。

女性側としては、そんなつもり微塵もなかったとしても、不倫相手の男性が勝手にライバルとして比べている部分なので、負け宣言をされてしまった気持ちになるのです。

特に経済面で負け宣言をされたと感じることは、男性としてかなり屈辱的。

許すことができないほど怒りが湧き上がります。

エッチを適当にあしらう

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事は、エッチを適当にあしらうことです。

初めのうちは情熱的なセックスをしていても、交際期間が長くなるとだんだんとマンネリ化してしまうのは何も夫婦のセックスだけではありません。

恋人同士とは言え、お互い既婚者の恋愛。

野性的なエッチも、知らず知らずのうちに二人のお決まりパターンが出来てきたり、「もう気持ちいい部分は知り尽くした」と相手の体を開発する楽しみを失ったりと、マンネリ化が起きてしまいます。

特に女性は恋愛において体の繋がりを軽視していることも多く、付き合いが長くなると「エッチがなくても愛情は何も変わらない」と考える人も珍しくありません。

しかし既婚男性からすれば、わざわざ結婚しているのに恋愛をしている二人にとって、エッチはコミュニケーションの一つとして必須だと考えているものです。

エッチに対して温度差が出てきてしまうことで、態度にも変化が訪れます。

彼氏が誘っているのに「はいはい、もういいから」「エッチしか能がないの?」など適当にあしらわれてしまうと、彼女の愛情が冷めてしまったと感じると同時に、自分に対して適当に扱っていると感じるので、許せなくなります。

家族がいる時間と分かっているのに呼び出す

W不倫が1年も長続きした今だからこそ男性が相手にされると許せない事は、家族といる時間と分かっているのに呼び出すことです。

ダブル不倫の二人が家族の目を忍んでデートをするというのは、どれだけ回数を重ねても緊張感が走るもの。

たった一回の失敗で今まで積み上げてきた長い年月があっという間に終了してしまいます。

そのため、デートの予定も会う時間もパターン化していたとしても、念入りに予定組を確認して、家族への言い訳を考え、家を出てくるはずです。

それなのに、恋愛にしか頭がない女性は一年も付き合っているのに、その形態を理解していないことがあります。

「彼に会えるならいつでもすぐ会いたい」と一年の交際を経ても、相変わらず彼氏のことが大好きで、どんな時でも彼氏が第一優先。

そんな女性は、自分の時間が少し空いたら「今時間が空いたよ!会いに来て!」「これから迎えに行くね!ちょっとくらい家出れるでしょ?」と自分の都合で突然の呼び出しをすることがあり、彼氏にとっては大迷惑です。

家族と一緒にいるときにはそちらを優先することが当然だと思っているのに、当たり前のように呼び出してくる彼女に「いい加減理解してほしい」「ダブル不倫なんだから危険なことくらい分かってよ」と腹が立ちます。

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケース

大切に扱われていないことを実感するとき

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケースには、自分が大切に扱われていないことを実感する時があります。

一年もダブル不倫をしていると、お互い馴れ合いが出てきても仕方がないもの。

それでも、危険を一緒に背負っている関係だからこそ二人のことを特別大切に思っていて欲しいと求めています。

既婚男性がいくら大切に思っていても、いつもデートの予定を適当に任せられたり、バレそうなことを平気でしてしまったりする彼女の姿を見ると、「もうこのまま続けることはできないな」と思うに違いありません。

「彼女は本当に僕と一緒にいたいのかな」「馴れ合いで一緒にいるならもう離れるべきじゃないかな」と潮時を感じます。

長く一緒にいてもリスクが減るわけではなく、これ以上愛情が深まることがないと判断してしまったなら、リスク回避を選択するのは当然です。

交際の理想がお互い食い違ったまま

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケースには、交際の理想がお互い食い違ったままというものがあります。

ダブル不倫の関係において、お互いがどんな恋愛をしたいのかという交際の理想は擦り合せておくことがベター。

例えば、どちらか一方が遊びでこのままダブル不倫の関係で満足しているのに、もう一方が本気の恋愛に発展させて今後は結婚したいと思っているなら、デートの時の会話も考え方も全く違うものになります。

また、片方が一ヶ月会えなくても平気なのに対して、もう片方が毎週合わなければストレスが溜まって精神バランスを崩してしまうような関係であれば、いくら一年続いていたとしてもこの先一緒にいることは難しいと判断できるはずです。

お互い一緒に幸せな時間を共有できない関係であれば、一年というタイミングをきっかけに終わらせようと考えるのは必然の思考回路と言えます。

一年という期間は長いようで短い期間です。

ダブル不倫であまりデートができない二人にとっては、付き合い方を構築するだけでも月日があっという間に経ってしまいます。

ケンカが増えて一緒にいても楽しくないとき

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケースには、ケンカが増えて一緒にいても楽しくないときというものがあります。

結婚している男女は、それなりに考え方もしっかりと確立されていて、曲げられない自我を持っているものです。

いくら好きだからといっても、意見のすれ違いや生き方の違い、価値観の違いを押し付けあうようでは幸せな時間とは言えません。

交際期間を重ねるにつれて、ケンカが増えてきて「せっかく会えたのにまたケンカしちゃった」「好きだと思うのになんでケンカになっちゃうんだろう」と悩んでいる人も少なくないはずです。

いろいろな経験をして大人になった二人だからこそ、生き様として曲げられない思いがあり、その部分を共有できないのであれば、この先二人一緒にいることは厳しいと言えます。

ケンカばかりで一緒にいる時間が楽しくなければ「この先もずっとこうなんだろうな」と未来を予測することも当然。

別れを決意するきっかけとなります。

自分の家庭が大きく変化するとき

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケースには、自分の家庭が大きく変化するときというのがあります。

例えば、既婚男性の奥さんが妊娠した、仕事の部署が変わり仕事スタイルが変わりストレスが大きくなった、転勤を言い渡された、など環境の変化で今のW不倫を続けるのは難しいと判断できる場合です。

特に既婚男性の家庭に、初めての子供が生まれたときなどの環境の変化は、男性自体に父親としての自覚が芽生え「不倫している場合じゃない」「これから家族のために頑張らないと」と気合いを入れ直す時期とも言えます。

ダブル不倫の関係では、相手にも家族があるので「別れたところで相手にも帰る場所がある」「お互い幸せになればそれでいい」とポジティブな考え方で別れを考えることができるのです。

自分の変化に突き合わせてしまう、というワガママな思考になっているということに気がつかないため、一方的に既婚女性が傷つくことも少なくありません。

しかし、本人はいたってまじめに「お互いの幸せのため」と考えているため、至極明るく別れを切り出します。

お互いのパートナーにW不倫を勘付かれて調査されている気がするとき

既婚男性が一年続いたダブル不倫の関係を「そろそろ終わらせよう」と考えるケースには、お互いのパートナーにW不倫を勘付かれて調査されている気がするときというものがあります。

実は不倫がバレてしまう原因の一つに「探偵による調査」というものがあるのです。

一年もW不倫を続けていると、どこかしらほころびが出始めるのがこの頃。

二人の間では完璧だと思っているデートのアリバイも、家族からすれば不審な点と感じることも多くあるものです。

「なんか最近同じ車を見かける気がする」「妻の態度がおかしい」「嫌な予感がする」と感じ始めたら、何もかもが怪しく思えてきます。

「もしかして不倫を勘付かれてる?」「探偵に調べられているかも」と思いながらダブル不倫を続けることは、かなりの勇気が必要です。

「怪しまれてたらもう終わりだ」「この辺が潮時なんだろうな」と思い始めると、デートをすることも連絡を取り合うことも恐怖に感じます。

「もう終わりにしたい」と思うことは当然の結末であり、別れるなら早いほうがいいと考えているに違いありません。

これは本気の恋?それとも遊び?既婚男性のW不倫への本気度が分かる質問

「会えないって分かってる時は何考えてる?」

既婚男性が本気の恋と思っているのか遊びと思っているのか、W不倫への本気度が分かる質問は、「会えないって分かってる時は何考えてる?」というものです。

付き合い始めの頃に「もちろん会いたいって思ってるよ」という言葉が聞きたくて、よく聞かれる質問ですが、一年経過したからこそ本音が見える質問となります。

会えないと分かっているとき、ダブル不倫を長く続けていると、当然現実は家族のことや自分の仕事のことに集中するものです。

しかし、それを正直に彼女に伝えるかどうかという部分をポイントとして観察しましょう。

「別に何も」「仕事のこととか?」と当たり前のように、素直に心境を伝えるのはあなたに対して既に思いやりが薄くなっている証拠。

あなたを傷つけたくない、少しでも愛情を感じていてもらいたい、と思うのならば嘘でも「君のことに決まってるじゃない」「会えなくても会いたいよ」と答えてくれるのが、本気の愛を持った紳士です。

彼女をがっかりさせないことを大前提に、言葉を選んで会話をしてくれているのがわかります。

長続きしてきたからこそ、なんとなくの会話ではなく一緒にいる時間を大切にして、彼女に喜んでもらえるような会話を心がけていれば、本気の恋愛を続けていると言えるのです。

「私が離婚するって言ったらどうする?」

既婚男性が本気の恋と思っているのか遊びと思っているのか、W不倫への本気度が分かる質問は、「私が離婚するって言ったらどうする?」というものです。

突然現れた急遽の選択。

付き合い始めの恋愛の情熱が高まっている時ならまだしも、一年も愛を成熟させた二人にとって離婚や再婚の言葉は重みが違います。

既婚者の彼があなたの機嫌を損ね内容にすぐに同調して「僕も離婚するよ、当たり前だよ」と答えるのは、一瞬嬉しい言葉に感じますが、あまり感心できた返事ではありません。

「とりあえず答えておけばこの場をしのげる」「どうせ本気じゃないだろう」と思っていることがわかります。

しかし、一旦動揺して「本気で言ってる?」「その後はどう考えてる?」とあなたの真意を確認しようとするう言葉が返ってくれば、彼の本気度はマックスです。

あなたの離婚に対する本気度を聞いて、「いよいよ自分も決断しなければいけない時が来た」と身構えている証拠。

あなたとのダブル不倫に真剣に向き合っているからこそ、最終の関門がやってきたと感じるはずです。

しかし、この言葉を言う時にはあなたも本気で離婚を考えているときがベスト。

軽はずみに彼の結婚生活を考えさせることは、あなたの気持ちを軽んじてしまうことにもつながるので要注意です。

「W不倫続けてきて、今どう思ってる?」

既婚男性が本気の恋と思っているのか遊びと思っているのか、W不倫への本気度が分かる質問は、「W不倫続けてきて、今どう思ってる?」というものです。

一年の交際を積み重ねてきたからこそ、腹を割って話し合うタイミングというのも訪れる時期。

相変わらず好きだと思っているのか、W不倫が予想以上に精神的に辛いものだと感じているのか、もう愛情がないと思っているのか、彼もそれなりに考えています。

この質問をして軽く答えを出そうとしたり、「好きだよ」と一言で返したりする彼氏は、W不倫という状況においても恋愛を軽く見ている傾向にあるはず。

事の重大さに気がついていない、遊びの恋愛だとも判断できます。

今までの交際を振り返ったり、思いをしみじみ語ったりするようならば、彼氏の気持ちは本気度が高いと言えるものです。

これをきっかけに、二人でしっかり話あうのもいいですね。

「ずっと一緒にいたいな、今日は帰らなくてもいい?」

既婚男性が本気の恋と思っているのか遊びと思っているのか、W不倫への本気度が分かる質問は、「ずっと一緒にいたいな、今日は帰らなくてもいい?」というものです。

この質問でわかるのは、彼があなたのことをどれだけ大切にしているかということ。

恋人にとって、彼女が「帰りたくない」と言ってくるのは、願ってもない幸せな言葉。

しかし、ダブル不倫においては勝手が違います。

ましてや一年も交際を続けている二人にとって、それがどれほど難しいことかは重々承知のはず。

それなのに、彼女がそんなことを言ってきたということは、本気の既婚男性であれば「彼女の心境に何か変化があったのかな?」「何か困ったことでもあるのかな?」「旦那さんと何かあったのかな?」と一番に心配をしてもおかしくない言葉です。

そんな心配も全くなく「いやいや、無理でしょ」「今日は帰らなくてもいいじゃん」と端的に返事をしてしまうのは、あなたのことを真剣に考えていない証拠と言えます。

あなたのことをよく見てくれていて、本気で大切にしてくれている相手であれば、「どうしたの?」「帰りたくない気持ちはわかるけど、どうしたらいいか考えよう」と寄り添う言葉をかけてくれるに違いありません。

ダブル不倫は一年続いたら話し合う機会を持ちましょう

W不倫が一年続いたら、態度や言葉も変化していき、相手の気持ちがわからなくなるという人も少なくありません。

しかし、一年という時間をともに過ごした二人だからこそ、大切な人に対しての言葉は重みを増していくものです。

心の繋がりの変化や長続きした関係で既婚男性が考えている事を知ることで、これから二人がどんな関係でいるのが幸せか考えるヒントになります。

彼の気持ちが遊びか本気か見極めるためにも、一度しっかり話し合う機会を持つことで、ダブル不倫の続け方や、あなた自身の幸せを見つけることができますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事