お互い泣きながら別れた2人は復縁チャンスあり!振ったのに泣く男の心理や別れから時間が経っても泣く理由&復縁方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

お互い泣きながら別れたら、実は復縁のチャンスが高いと言われています。

「彼が流した涙の理由が知りたい」「あの人から振ったのに泣いたのはどうしてかな?」と相手の気持ちが気になってしまうと、破局した後も心がすっきりせず、次の恋に進むことも出来ません。

お互い泣きながら別れたら、復縁できると言われるのはなぜなのか、男性の心理や涙の理由を深堀してお教えしていきましょう。

作っておくとやり直しやすい元カレとの関係性や、復縁を決意させる方法についても詳しくご紹介していますので、別れた事に落ち込まず、チャンスを掴んで、あの人と新しい恋愛をスタートさせて幸せになってくださいね。

目次

自分から振ったのに男性が泣く時の心理

彼女の夢の為なら遠くから応援する事が正義だ

男性は30代になると恋愛心理が劇的に変化する?

自分から振ったのに泣いてしまう男性は、彼女の夢を応援するために、身を引く事が正義だと思っているからです。

自分の中の正義に従う時、内から込み上げる活力を感じる時と、欲望を抑え込む事で相手の幸せを願う場合とがあります。

彼女が、大きな夢に向かって、日々努力している人なら、一番近くで見ている彼氏は、「自分がいなければ、もっと集中出来るのかな」「本当は本場でもっと学びたいはずだから、足かせになっているのかもしれない」と不安になるものです。

お互いに大切に思い合っているカップルであれば、いくら夢のためとはいえ、彼氏の事を邪魔者扱いするはずがありません。

彼女が何も言わないからこそ、本人からすれば、大問題。

「早く彼女を自由にしてあげなければいけない」「あの子の口からは言えないだろうから、自分から切り出すしかない」と思考回路を狭めていきます。

夢を応援する事、幸せを願うことは、遠くからでも出来る事です。

だからこそ、男性は涙を流しながらでも、自分から身を引くことが彼女の夢を応援することになると考えています。

相当な遠距離になるから一緒にいられなくなって悲しい

鳴いているのに自分から振る男性は、相当な遠距離になる事が分かっているから、これから先一緒にいられなくなる事が悲しいという心理を抱いています。

遠距離恋愛でも関係を継続しているカップルはありますが、多くはその距離感や今までとは会える頻度が変わってしまう事に、不安が大きくなったり、辛さに耐えられなかったりして、破局を迎えてしまうところです。

遠距離恋愛を継続していこうと思うと、強い精神力と、包容力、相手を信頼する気持ちと少々の事では揺るがない自分への自信も必要。

毎日会っていたのに、月に1度しか会えなくなるとなれば、やはり寂しさは隠し切れないものです。

女性の社会進出が進んでいる事もあり、彼女の方が転勤を命じられたり、どちらかが海外赴任になってしまったりすれば、次に会えるのはいつか分からない等、状況になるのも珍しい話ではありません。

大好きな彼女と、「いつ会えるか分からないから辛い」「離れている間に他の男性に奪われてしまわないか不安」と思ってしまうなら、いっそ別れてしまった方が気持ちが楽だと考えます。

一緒にいられない事への悲しさと、好きなのに離れなければいけない辛さが涙となって表れているのです。

経済的な面や立場が不釣り合いで情けない

悲しい別れを経験する理由8

涙を流しながら別れを告げる男性は、経済的な面や社会的な立場が不釣り合いだと感じ、情けないという気持ちになっています。

恋人とは、気持ちの面でお互いに大切にしあえればいいのですが、男性は、どうしても男らしさを求めたり、支えてあげたいという気持ちが強くなったりするところです。

経済面でも稼ぎは上でありたいし、社会的な立場も、役職や肩書きなどを持っていたいと思います。

彼女の方が稼ぎが良かったり、会社を立ち上げて社長だったりすれば、彼氏は肩身の狭い思いをしている事も。

彼女がイキイキと働いている証拠なので、最初の内は応援していたり、理解を示していたりしますが、デートのたびに「余裕があるから」と料金を払ってくれたり、「今月は〇百万しか売り上げがなかった」など高いレベルで落ち込まれたりという会話があれば、彼は小さなショックを積み重ねていくことになります。

カレ自身「お金の事で、別れようと思うなんて、心が狭すぎる」と思う気持ちもあるため、すぐに別れ話を切り出すことはありませんが、心の傷はどんどんと大きくなり、ある日を境に我慢出来なくなってしまうのです。

「もっと稼ぎがあれば、こんな悩みはなかったのに」「ちょっとした言葉にイラつくなんて、小さな器な男でごめん」と愛情よりも心の傷の方にフォーカスしてしまった事に後ろめたさがあり、涙となります。

純粋な彼女を騙そうとして近づいた事を後悔している

振ったのに泣く男性は、純粋な彼女をだまそうとして近づいてしまった、浅ましい自分に後悔しているからです。

知り合ってから、トキメキやウキウキする出来事が重なり、両想いになってから告白を経てカップルになるのは、理想の形ですが、中には心の闇を感じる始まりもあります。

「落とせるかどうか試してみたい」と恋愛テクニックが通用するかどうか試して上手くいった場合や、嫌がらせを止める代償として好きでもない女性と付き合う事を強制されることも。

人間には、黒い部分を持つ人もたくさんいますから、「あの子には悪いけど、自分の利益のために彼女になってもらう」「恋人にしてから、タイミングよく別れよう」と考えながら付き合い始める男性がいるのも事実です。

どんな理由であれ、付き合い始めた時に女性は、男性の事情なんて知りません。

とても純粋に彼を愛し、尽くしてくれている姿を見ていると、付き合う事にした理由がどれほど彼女を傷つけるものなのか考えて、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

「これ以上彼女を騙し続ける事は出来ない」と涙ながらに、お別れを告げるのです。

冷めていると思っていたけどもう終わりだと思うと寂しさがこみ上げる

男女の感覚2

男性が振ってきたのに泣いている時は、とっくに気持ちが冷めていると思っていたけど、「いよいよこれで最後か」と思うと、急に寂しさがこみ上げてきているからです。

特に、付き合いの長いカップルにありがちな心境。

長い期間共に過ごしていると、楽しい事一つとっても、行動を起こす前に、反応も感動も予想できるようになり、驚きや喜びが半減してしまいます。

恋愛初期には「驚いてくれるかな」「喜ばせたいな」と相手の反応を想像して、ウキウキするのも楽しみの一つですが、その感覚を失ってしまえば、同じ歴史を刻んでいるだけという感覚になる瞬間もあるはずです。

マンネリ期を迎えていると、デートの予定もパターン化し、一緒にいても会話がない状態が、普通になっていきます。

トキメキが無くなり、この先何か発展があるかどうか考えても、未来が見えない時には「気持ちがすっかり冷めてしまっているんだ」と考え、破局に向かうわけです。

実際に終わりを告げるとなると、今まで積み重ねてきた歴史が終わってしまう寂しさや切なさがこみ上げ、無性に名残惜しさを抱き、涙となります。

大好きなのに会えないことが原因で寂しい思いをさせてしまうのが苦しい

自分が振ったのに泣いている男性は、大好きなのに会えないという状況が原因で、好きな人を一人ぼっちにさせてしまって、我慢させてしまうから心配しなくてもいい道を選ぶという現実に、苦しさを感じています。

恋人同士付き合っていても、都合よく会える日ばかりが作れるとも限りません。

誰かと交際をする事は、日々の予定の中に、自分一人で使う時間以外も組み込まれてくるという事。

仕事や人との交流に忙しい人は、ほんの少しの時間でも、貴重です。

「あと1時間あったら、少しでも寝ていたい」「2時間空いていたら、その時間にデスクワークを済ませたい」など、やりたいことは山積みとなっていて、一人の予定でも既にいっぱいいっぱいの人も、多くいます。

紛れもなく彼女を好きな気持ちはあるのに、どうしても時間の都合をつけることが難しい日々が続けば、寂しさと同時に、申し訳なさが募っていくものです。

男性が忙しくしている間、相手はずっと待ち続けているという状況だから。

「これ以上寂しい思いをさせられない」「いつも待たせてばかりで、自分はダメな彼氏だ」と思ってしまえば、恋人としての責任能力がないと責めるばかりで、落ち込んでしまいます。

好きな相手に別れを告げるのは、胸が苦しいもの。

「ごめんね」という気持ちが胸を押しつぶし、涙となって流れます。

男性が別れから時間が経っても女性の前で泣く場合の理由

3か月未満は元カノを見ると別れ話のシーンを思い出すから

破局から3か月未満の場合に、もう一度会って女性の前で泣く男性は、元カノを見ると別れ話をしたシーンをリアルに思い出してしまうからという理由があります。

男性にとって、1か月や2ヶ月という月日は、一瞬の出来事。

涙を流してまで別れを告げた思い入れの強い元カノを見ると、瞬間的に当時の記憶や感情がこみ上げます。

タイムスリープしたような気分になるほど、鮮明に思い出すため、再び心はざわめき、悲しみや苦しみに支配され、涙が流れるのです。

半年経過していると自分の情けなさばかりが目立って悔しくなるから

半年経過しているのに、男性が女性の前で泣くのは、自分の情けなさばかりが目立ってしまい、悔しくなるからです。

半年と言えば、季節も2シーズンほど経過していて、春には新社会人だった人も、仕事に慣れる頃。

破局から半年経過していれば、さすがに心も落ち着きを取り戻しているかと思われますが、涙ながらに別れを切り出した男性は、その後もずっと「あの別れは正解だったのか」「彼女はあの後どうなったのだろうか」と思考を巡らせ続けている可能性が高いのです。

過去に想いを馳せると、どうしても後悔が浮かんできます。

「もっと他に方法があったのではないか」「自分がもっと男らしかったら、彼女を幸せにできたのかもしれない」と考える程、情けなくなってしまい、悔いが押し寄せているところです。

元カノの顔を見ると、心の中で感じていた後悔が、感情の上層部に上がって来て、涙となって溢れてしまいます。

1年経っている場合は別々の道を歩いているという現実に虚しくなるから

破局から1年経過しているのに、男性が泣く理由は、別々の道を歩いているという現実を見た事で、虚しさを感じるからです。

破局から1年も経過すれば、恋人がいなくなった生活も安定し、すっかり新しい環境に適応しています。

未練を持っていたり、心が動かされたりした元カノは、男性の中にしっかりと残っている存在です。

「もしかすると、まだ元カノは自分の事を好きと想ってくれているかもしれない」「破局の傷が癒えずに悲しみを抱えたままかも知れない」と思っている男性は、すっかり自分がいない環境になじんでいる相手を見て、別々の道を歩いている事を実感します。

「手の届かない存在になった」「自分がいなくても平気になっている」と目の当たりにした風景にショックを受け、切なさから涙が出てくるのです。

2年以上は相手の様子を見て心が動くから

別れてから2年以上空いているのに、女性の前で泣く男性は、相手の様子からこれまでの生活や心情を察して、心が動くからです。

この場合、女性が成長していたり、輝いていたりする場合は、うれし涙や悔し涙であり、痩せこけて笑顔が消えているような場合は、情けなさや申し訳なさが起因となり、涙が溢れます。

2年という月日は、フリーとなってから自分の人生を確立するのに十分な期間。

再会という場面で、お互いの為だと思って別れたあの時の成績表を受け取ることになります。

付き合った時間を一つの経験として気持ちを切り替え、自分の人生と向き合えれば、新しいことにチャレンジしたり、新しい恋を見つけたりして、幸せに向かって動き始める事が出来るところです。

逆に、いつまでも過去に縛られて、「あの時こうしていれば」「私が悪かったんだ」など、立ち止まってしまっていたなら、当然新しい恋も出来ないし、日々も彩りを失い、悲しいばかりの毎日を積み重ねてきたはず。

元カノの様子から、どんな2年間を過ごしてきたのか想像でき、あの時の決断が、どんな影響を及ぼしてきたのか見て、心が動きます。

お互い泣きながら別れた場合は復縁できる可能性が高いと言える訳

性格の不一致だとしても愛情が心の根底にあるから

お互い泣きながら別れたのなら、性格の不一致だとしても愛情が心の根底にあるため、復縁できる可能性は高いと言えます。

両想いで付き合い始めても、一緒にいる時間が長くなると、今まで見えなかったことが見えるようになってくるものです。

「歩くペースを合わせてくれてもいいのに」「いつもデートの予定を尋ねるのはこちらから。本当はあまり会いたいと思っていないのかな?」など、些細な事が気になり始めます。

女性の方が、一致させることに囚われていても、彼氏の方は「会いたかったら会う、用事が入ればそちらを優先すればいい」とケセラセラな考え方であれば、具体的に予定を決めておこうとは思わないので、すれ違いが生じるところです。

小さな違和感が積み重なり「性格が合わない」「嫌いになる前に別れたい」と思っても、現時点では「大好き」「こんなに優しい人は他に見つからないかもしれない」など愛情が根底にあれば、迷いながらも一度進みだした破局話を止められずに、泣きながら別れます。

やり方や考え方さえ変化させられれば、これからも一緒にいられる二人なので、やり直せる可能性は非常に高いというわけです。

険悪な別れを避けるためで仲良くありたいというサインだから

お互い苦渋の決断で別れたとしても、険悪な別れを避けるための、「仲良くありたい」というサインの涙なら、これからもう一度やり直すことが出来ます。

交際をした相手ととサヨナラする事は、今後全く縁を切ってしまう可能性を含んでいるものです。

実際に、破局から音信不通になり、他の誰かと結婚した事も知らないという人も、世の中にはたくさんいます。

恋人としての終わりを迎える時、その先にどんな関係になるかは、二人の考え方次第。

「仲良しでいたい」「出来れば友達として繋がっていたい」「恋人ではなくなるけど、一番大事な人というのは変わらない」と考えるなら、最後の瞬間を険悪にするわけにはいきません。

ご縁を大事に想っているからこそ、「連絡が取れなくなるのは嫌だ」「二度と会えなくなるなんて、考えられない」という気持ちを、伝える必要があります。

涙を流し、「付き合い続ける事は出来ないけど、大事な人」とお互い認識できたなら、友達として繋がり続けたり、相談相手として別格のポジションを確立したりと、濃い関係性を維持できるはずです。

心の奥底で、離れたくないと思っているため、恋人としての関係を修復するのも、可能となります。

ベストな方法を探したけど見つからなかった結果だから

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

涙をこぼしてしまった時には、二人が上手に付き合い続けるためのベストな方法を探したけど、見つからなかった結果の別れであるため、やり直せる可能性も高いと言えます。

時間の使い方や考え方、デートの場所決めなど、「何でこんなにイライラするのかな」「もっと寄り添ってくれてもいいのに」と不満を抱え始めた時には、ネガティブな思考しかできなくなるものです。

「別れるしかない」という気持ちに縛られてしまっているため、修復する方法を見つけることが出来ません。

心の中は、出口の見えない迷路に入り込んだようで、リタイアしか選択できない事に悔しい想いを抱えています。

けれども、本当は視野が狭くなっているだけで、冷静に向き合えれば、付き合い続ける方法は見つけられるのです。

当時の二人には、出来なかったことも、時間が経過すれば見えてくるものも違ってきます。

やり直せる可能性は十分あると言えるわけです。

仕事を優先させないといけない状況だったから

二人とも涙を流す別れでは、仕事を優先させないといけない状況での決断だったという理由がある為、復縁できる可能性は十分あります。

人生には、正念場という場面がいくつか存在するものです。

特に、社会に出れば、男女関係なく、仕事に専念しなければいけないタイミングというのが訪れます。

資格取得や昇進試験、初めてのビックプロジェクト、価値観や今までのやり方を大きく変えなければ乗り越えることが出来ないトラブル、初めて組織を持つ事で人間関係を根本的に学ぶ機会、など。

仕事に関係して集中する日々が続けば、それまで順調に交際を続けていたとしても、急に上手くいかなくなっている感覚を受けます。

当事者としては、バランスが上手に取れず、頭がパンク状態になり、恋人は急に構ってくれなくなったことに寂しさを募らせるはずです。

多くの恋愛は、目の前の事しか見えなくなるので「上手くいかない」「変わってしまった」と思う事で、破局を決意しますが、状況が落ち着いたり、やり方が上手になって心に余裕が出来たりすると、また恋人を愛する事が出来るようになります。

思い描いていた未来があったから

泣きながら別れた時には、二人とも思い描いていた未来があったから流した涙であり、やり直すことが十分可能な破局と言えます。

涙が出ると言う事は、それほど感情が動いていると言う事。

「理想のカップルになれると思っていた」「この人となら絶対に幸せになれると信じていた」と幸せな未来を想像していたことを意味します。

現実は、理想の通りに進むことは少なく、ちょっとしたトラブルでも大きな問題のように感じ、二人の感情を揺さぶるものです。

幸せな未来を夢見ていても、すぐにその極致にたどり着けるわけではなく、紆余曲折しながら、互いに学び、成長するからこそ得られる未来と言えます。

終わりを迎えるのは、理想に到達する前に諦めたわけです。

全ての出来事を振り返りながら、目指す未来を揺るぎない目標として現実を捉えられたら、「このくらいの事は、想定内」「今は苦しいけど、乗り越えたらもっと絆が深まる」と思え、より信頼し合える関係を築けます。

途中で投げ出してしまった理想をもう一度取り戻し、向き合う事で、やり直すことは可能です。

お互い泣きながら別れた後に作っておくとやり直しやすい元彼との関係性

半年に1度でも近況報告が出来る連絡頻度

別れた後には、半年に1度でも近況報告が出来る連絡頻度を保ち、少し遠い友達の関係性を維持しておくと、やり直しやすくなります。

余りに近い友達関係は、プライドの高い二人であれば、弊害となってしまう事も。

「ここまで仲のいい友達として続けて来たら、もう一度付き合おうとは言いづらい」とプライドが先だってしまうからです。

半年に1回程度、「最近、どんな感じ?」「やりたいことは、出来ているの?」とお互いの近況を報告しながら、夢や目標を見守ったり、生活状況を把握したりすると、ちょっとしたきっかけで心が向き合いやすくなります。

寂しさを感じた時や、支え合いたいと思えた時、相手が傷ついていて癒したいと思った時など、元恋人だからこそ出来る事があるから。

全く音信不通になってしまうと、連絡をするきっかけを見失ってしまいます。

適度な距離感で、相手の姿を想像できるくらいの関係が、特別な人になりやすいのです。

何でもない時に呼び出せる友達

何でもない時に、すぐ呼び出せる友達でいれば、今後もう一度付き合える可能性が高まります。

破局してしまえば、元恋人と会う理由は無くなってしまうものです。

だからこそ、何でもない時に会える相手というのは、自分の中でとても重要なポジションになっていきます。

大人になってからの友達というのは、何らかの役割分担を決めていて、ご飯に行く人や何も考えずに騒ぎたくなった時に連絡する人など、自分の感情とシンクロしているはずです。

元恋人は、役割の中の何にも属さないため、「独り言を聞いて欲しい」「ボーっとする時間に隣にいて欲しい」など、特別な理由がなくても呼び出せる、気心知れた関係を築きやすいと言えます。

「特に、何もないんだけど、話を聞いて欲しいな」「一人だと寂しくなったから、時間つぶしに付き合ってほしい」など、友達には頼みにくい事だけど心が休まるような場面で、呼び出して距離感を保ちましょう。

相手にとっても、理由なく傍に居れるあなたという存在は、とても居心地よくなっていくはずです。

人生について真剣に悩んだ時の相談が出来る

人生について真剣に悩んだ時、本気の相談が出来る関係性を維持していれば、やり直しやすいと言えます。

人間関係において、本気で腹を割って話し合える人は少ないものです。

友達に話をすると言っても、意見を否定的にとらえる人もいれば、自分の価値観を押し付ける人もいます。

友人とは、一緒に楽しい事をしたり、面白い話で笑えたりすれば十分です。

皆、自分の人生に必死になって生きているので、正直相談を持ち掛けても、その人の価値観の軸で話を展開されて終わりになります。

これからどう生きるか、何を軸にしていくか、優先順位は何か、を考えた時、自分の事をよく理解している人に聞いてもらう事が大切です。

本気で相談をしあえる関係を維持できていれば、ここぞという場面で力になってくれたり、必要な助言をくれたりするので、心を通わせ続けられます。

SNSをチェックして「いいね!」やコメントし合える

SNSをチェックして「いいね!」やコメントをしあえる関係を続けていれば、復縁しやすくなります。

SNSは、現代においてアイデンティティを維持するために重要なアイテムです。

日々の事を投稿したり、考え方やノウハウをアウトプットする事で、共感してもらえることを数値化出来たり、会ったこともない人と同じ価値観で繋がり合えたりします。

別れてしまえば、多くのカップルは元恋人に興味を失い、どんな日常を送っているのか、知りたいとは思わなくなるものです。

SNSで繋がり続けていれば、恋人でなくなった後も、日々の暮らしを垣間見ながら、感覚を共有し合えます。

相手に遠慮することなく、読んだ形跡を残したり、コメントを入れたりして、交流が続けられるのであれば、二人の時間は完全に終わったとは言えません。

コメントの入れ方一つで、心を惹き付けられたり、また一緒に過ごしたいと思えたりするので、二人の歴史を再開させやすいのです。

寂しい時に電話で話せる

寂しい時には、電話で話せる関係をキープ出来れば、タイミングが来た時に、元の関係に戻しやすいと言えます。

現代の人は、電話よりもラインやメールなど、文字やスタンプでやり取りを済ませる人が増えているのが事実です。

声という音声情報が加わる事で、関わりを持つ相手を重荷に感じることがあるから。

サクッと切る事が出来る、軽い付き合いを多く持つことで、心の寂しさを埋めようとする人が多くなっています。

スマホに表示される友達の人数や承認されるSNSの数など、数字で見なければ安心できないという時代に、「寂しくなった」「声が聞きたくなった」と素直に言える相手がいるというのは、とても心強いものです。

仕事に一生懸命打ち込んだ後や、恋人がにぎわうイベントの時など、一人でいることにふと寂しさを感じる瞬間は誰にでもあります。

そんな場面で、気軽に電話が出来る関係を続けていれば、心の繋がりは強いまま維持され、必要な人物として、いつまでも離れられなくなるところです。

泣きながらバイバイした元彼に復縁を決意させる方法

「あの時はごめんね」謝れるポイントを見つけて罪をかぶる

泣きながらバイバイした元彼には、「あの時はごめんね」と自分が謝れるポイントを見つけて、破局の罪をかぶると、復縁を決意させることが出来ます。

両方が好きなままの状態で離れても、男性は未練に縋りつくのが恥ずかしいと思うものです。

「自分から謝るのは間違っている」「どうにもできない出来事だった」と他のせいにすることで、辛い感情から逃げようとします。

同じように意地を張っていては、いつまでも向き合う事は出来ません。

何か一つでも、本当に自分が悪いと思っていなくても、「ごめんね」と言えるポイントを見つける事で、カレが向き合うためのきっかけを作れるのです。

「あの事は、自分の方が悪かった」「仕方がなかったんだから、謝る必要はない」と彼の心が動けば、「本当に別れる必要があったのかな」と感情に目を向けなくてはいけなくなります。

元カノに謝らせるという事をさせておいて、いつまでも逃げるわけにはいかないと、腹が決まれば、二人にとってベストな方法を探そうと決意出来るわけです。

「もう少し頑張ればよかったな」と後悔している事を伝える

一生後悔するケース2

「もう少し頑張ればよかったな」と、ぽつりと後悔している事を伝えると、涙でお別れをした元彼に、やり直すきっかけを与えることが出来ます。

後悔は、誰にでも起こり得る事。

同じ想いを抱いていたとしても、どちらかの気持ちがハッキリしなければ、きちんと言葉に出して言い合える状況にはなれない事も少なくありません。

「元カノも後悔しているの?」「同じことを思っていた」と知る事で、ようやく彼の本音を引き出すことが出来ます。

涙を流しながら終わりを決めたなら、未練がないはずがないのです。

どうにか乗り越えようと努力しても、心の底から好きになった人なら、なかなか記憶が薄れる事もなく、辛い思いをしてきているはず。

「もう少し頑張ればよかった」という後悔が、共通しているという事に気づいてもらい、どうするのがベストなのか、もう一度二人で話し合う必要があります。

「どうすれば良かったのかな?」「今だったら、少し状況は変わったから、違う方法があるかもしれないね」と未来に向けて冷静に話し合う事が出来れば、再トライを強く決意してくれるのです。

「どうしてあの時泣いたの?」涙の理由を言葉にしてもらう

「どうしてあの時泣いたの?」と涙の理由を言葉にして伝えてもらうと、復縁を決意することに繋がります。

多くの男性は、男らしさや固定概念から涙とは無縁の生活を送っているものです。

終わりの局面で、涙を流したことも「どうして泣いてしまったのか分からない」と失態として忘れてしまおうとする人も、少なくありません。

よく泣く人であっても、涙の理由に目を向けずに、サラっと流してしまおうとします。

あえて、本人の口からなぜ涙が出る程心が動いていたのか、それほどまでに強行しなければいけない破局だったのかを語ってもらう事で、本当は望んでいた事だったのか、本心に迫れるのです。

気持ちを振り返ってもらう事で、今ならどう考えるのか、正しい選択だったのか冷静に見つめる事が出来、「もう一度やり直そう」と決意してもらえます。

「辛い別れだったね。いつか幸せなカップルになれるかな」未来を想像させる

復縁後とってもラブラブになれたケース2

心を動かし決意させるには、「辛い別れだったね。いつか幸せなカップルになれるかな」と未来を想像してもらうことです。

恋人として終わりを迎えたとしても、人生において大事な人だと思えているなら、ただの通過点と認識してもらう必要があります。

「今は、別々になっているだけ」と思ってもらうには、未来を想像してもらう事。

幸せなカップルになれる未来をイメージし、どんな状態になっていれば満たされるのか、彼の頭の中でしっかりと具体的にしてもらいましょう。

「確かに辛かった」と振り返りながら、既に済んだことだと認識する事で、前に進むためには未来を見る必要がある事を意識してもらいます。

二人が何をすれば、お互いの心を満たせるカップルになれるのかを考えると、自然と改善方法や考え方の方向転換が出来るようになるのです。

「いつかはこの人と幸せになりたい」と決意すれば、出来る限り早く手に入れたいと思い始めるもの。

「今からでも、ゆっくりチャレンジしてみようか」と離れない方法を提案してくれます。

「私達にはルールが必要だったのかもしれないね」打開策を打ち明ける

この先もっとラブラブになるコツ1

「私達にはルールが必要だったのかもしれないね」と打開策を打ち明ける事で、復縁を決意させることが出来ます。

彼の中で、やり直すべきか悩んでいる時には、何から手を付ければいいのか分からない状態であり、一方通行でも上手くいかない事をよく分かっているからです。

お互いが、同じ方向性を持って取り組む事で、初めて二人の関係は良好に向かいます。

涙の別れを無意味なものにしないためにも、「何かが食い違っていた」という認識を共通して持つ必要があるのです。

解決策の一つが、ルール決め。

恋愛をルールで縛ってしまうのは、堅苦しくなるし、相手の気持ちを束縛するみたいで嫌がる人もいますが、一度破局した二人には、既に必要となる事です。

自由に恋愛をした末の別れなので、課題として納得できるルールを決める事は、成長するためには大事。

方法を提示すると、「やってみよう」「そうかもしれない。次は上手くいきそう」とポジティブに考えられるようになり、復縁を決意する気持ちに持っていけます。

元カレとの関係性を大事にしよう

恋人同士、色々な事がありますが、お互いに泣きながら別れたのなら、復縁するチャンスがまだまだあります。

終わりを迎えたからといって、諦めるのではなく、どうして涙が流れたのか、相手の気持ちに寄り添うと、解決策が見つけられるはずです。

まだ、離れた方がいいタイミングかも知れませんが、大切な人であれば、必ず想いが通じ合える日が訪れます。

関係性を大事にして、いつでもやり直せるような距離感や信頼関係を続けておきましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事