婚約破棄からの復縁はハードルが高い?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

婚約破棄、という言葉はとても悲しいものです。

大好きな人と「結婚しよう」と約束して、これからに向けて動き出すのが婚約ですから、婚約破棄することは非常に辛い選択です。

婚約破棄される側もする側も、ただのお付き合いとは違ってとてもその選択に対して罪悪感をもつものなので、ずっと心の中に残っているかもしれません。

婚約破棄した元彼を忘れられずに「復縁したい」と思う時、通常の復縁よりもちょっとハードルが高いことを覚えておいてください。

今回は後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因や復縁はハードルが高いのか?ということをご紹介していきます。

また、婚約破棄から復縁を成功させる効果的なきっかけ作りもお伝えするので、参考にしてみてください。

目次

後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因

「これが最善の決断なの?」マリッジブルーのまま婚約は破棄してしまった

後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因1実は、もっとも多い理由がいわゆるマリッジブルーです。

マリッジブルーというのは、何も女性だけに舞い降りてくる感情ではなくて、男性でも十分にあり得る感覚だといえます。

結婚を決める時は、慎重に決める人から「この人だ!」と情熱的に決める人までさまざまいるかもしれませんが、いざ結婚に向けて物事が進んでいくと急に怖くなることもあるんです。

「本当にこのまま結婚していいのだろうか?」「自分の人生がここで結婚で決めていいの?」たくさんの不安や疑問が押し寄せてきて、自分でもどうにもならない不安感を抱きます。

この感情は、相手とうまくいっている時でも感じる気持ちですし、ちょっと彼氏とのケンカが続いた時でも感じるものです。

マリッジブルーになると、そもそも結婚すること自体が怖くなり、本当にこのままでいいのか、自分の決断は結婚が最善なのかがわからなくなります。

もちろん、相手のことは好きですし、ずっと一緒にいたいと思っていますが、結婚ともなると人生においての大きな決断となるので、その決断に対してふっと自信を見失ってしまいます。

人は「こうだ!」と思ったことに対しては、盲目的に頑張ることができますが、信じていたものの信用性を一度失うと、今度は一転して疑いにしかならなくなります。

ただ、そうこう悩んでいるうちに結婚に向けての準備は進んでいきますし、幸せそうな楽しそうな相手の顔を見ていると何も言えなくなってしまうんです。

そして、結果的に「あと少しで結婚式」というところで、「やっぱり結婚できません」という判断をする人って、結構たくさんいます。

ずっと言えなかった、ずっと不安だった、そんな気持ちが爆発すると、結婚ギリギリのところで婚約破棄につながるんです。

マリッジブルーで婚約破棄をすることは、別々の道を進むと何かお互い嫌いなところがあるとか、婚約破棄をする大きな原因があったというわけでもありません。

なので、気持ちが落ち着いた頃に「どうして別れたんだろう?」「あのまま結婚していたら、ずっと元彼と一緒にいられたのに」と心が苦しくなります。

基本的にマリッジブルーというのは、いっときの感情なので、振り回されてしまえば結果的に自分を苦しめることになるかもしれません。

自分の親から反対されて、意見を鵜呑みにした

後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因2婚約というのは、結婚の約束をするというになるので、自分達だけの問題ではなくなります。

結婚するためには双方の親に紹介し、それぞれの意向を聞きながら結婚式の準備をして、招待する親戚はどれくらいで…など結婚と一言で言っても自分達だけがOKすればいいわけではなくなるのです。

もともと交際している時から恋人を紹介していて、親公認の仲であれば特に問題はありませんが、中には「婚約をした時に初めて親に紹介した」という人も少なくないです。

恋愛と結婚は別物、と思っている人がほとんどなので、恋愛している時は別に相手を親に紹介しないと考えています。

婚約をするから親に相手を紹介する、となると「この人は自分の恋人です」ではなくて、「この人と結婚しようと思います」という報告になります。

親としては、自分の子供が将来の伴侶を見つけ出すということは非常に嬉しいものですし、あまりにも怪しい相手以外なら良い、と思う人がほとんどです。

でも中には、「自分の子供と相手はふさわしくない」とか「気に入らない」と親から恋人に対して不満を漏らされる可能性もあります。

そもそもの親子の関係性にもよりますが、良好な関係を築いている場合、とても親の意見は重要視されます。

結婚は、自分の親とも深く関わりが出てきますし、なにかと親戚付き合いって多くあるものです。

そのため、あまり自分の親が反対するような相手だと結婚してからも苦労してしまいそうだな、と感じて結婚する前から嫌な気持ちになります。

「このまま結婚しても認めてもらえないなら相手にも悪い思いをさせてしまう」とか「親と疎遠になったりするのは嫌だな」といった、いわゆる世間体や気まずさなんかも複雑に絡んできて、結局婚約破棄をする人も多いんです。

せっかく結婚をするのであれば、全ての人に祝福されるような結婚がしたい!と思うのは当然のことですが、自分達の愛情を置き去りにしてしまうのはいけません。

でも、親という絶対的存在に反対されると気持ちが萎縮する人も多く、婚約破棄しやすい傾向があり、第三者のせいで別れるとその分後悔の大きさもひとしおです。

「親のことをもっと説得すればよかった」「結婚してしまえば、関係は変わったかもしれない」など、いろんなたらればが頭の中に押し寄せて気持ちが辛くなります。

後悔して復縁したいと思いやすい婚約破棄の原因として、意外に多いです。

情熱的過ぎたのかも。短期間で婚約して破棄した場合

後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因3男性でも女性でも、じっくりと相手を見極めて交際するタイプと「この人!」と思えばとことん情熱的に行動する人の2パターンがあります。

慎重派の人は、恋人選びの段階から慎重になる傾向があり、あまり恋愛に対して積極性がありません。

一方で情熱的な人の場合、出会った瞬間に恋に落ちる可能性も高いですし、情熱的に愛した人だからこそ、すぐに結婚したいという考えになるのは、何もおかしなことではないです。

情熱的に相手を愛し、相手からも愛されて、とんとん拍子に結婚に向けて進むのは何も悪いことではありませんが、そういう関係だとふっと我に返る瞬間が必ず一度はやってきます。

どんな時?というのは人それぞれですが、情熱的に出会い、恋をして婚約していても、例えば結婚式の日取りを決める、ウェディングドレスを決める、新婚旅行先を決める、お互いのこれからについて話をしてみる、といういろんなことが押し寄せてきます。

単に「結婚しようね」と口先だけの約束と婚約というのは別なので、情熱だけで過ごせない部分も当然発生するのです。

その時に、「あれ?こんな人だったけ?」「こんな風に物事を考える人なんだ」というような気持ちになると、それまでの情熱が嘘のように急激に現実世界に引き戻されます。

結婚は超リアルなものなので、情熱を持ってお互いの夢にばかり目を向けているわけにはいきません。

だから、話し合いをしている時にふっと我に返るのは良いことですが、問題なのはあまりにも短期間で情熱的に関係が進展していって、いざ現実になった時に「思ってた相手と違う」と感じてしまうことです。

恋は盲目、という言葉があるように、恋に一生懸命になっている時は相手の悪いところにはめが向けられず、相手を愛しているという感情を大事にします。

なので、本来相手の良い面も悪い面も受け止め、自分なりに咀嚼して「それでも好き」と思うような人と結婚した方が幸せになれますが、情熱的に短期間に時間を過ごした2人はそこまでお互いを理解してません。

婚約をして、結婚がリアルになった時に初めて知るお互いの顔がどんどん出てくるので、自分からが抱いていたイメージとの乖離についていけなくなるのです。

「結婚は無理かも」と我に返って思ってしまって、婚約破棄というのは珍しい話ではありません。

結婚に向けての話し合いでケンカばかりになった

後悔したり復縁を望む事になりやすい婚約破棄の原因4婚約をすると結婚向けて多くの話し合いを繰り返します。

まず、いつ両親に挨拶に行くか、その時どんな風に結婚したいことを伝えるのか、結婚式をするかしないか、新居はどうするのか、女性側の仕事はどうするのか、子供は?なんてあらゆる方向から話し合いをする必要があります。

でも、こういう人生の深い話し合いというものは、恋人同士の時にあまりしてこない話題です。

結婚願望や子供が欲しい云々は恋人同士の甘い会話の中で出てくるかもしれませんが、結婚式や新居の話などはあまり出るものではありません。

女性の方が結婚式がしたい!と言っても、男性の方が写真だけでいいんじゃない?と言う可能性もあります。

もちろん、意見が全て合致するもしくは話し合いの段階で解決する可能性の方が高いですが、中にはどうしても思い合えなかった部分があるとか、話し合いをしているとどうしてもケンカが増えてしまって、相手の魅力が半減したということも多いんです。

ケンカをするくらいお互い真剣に話し合っているということになりますが、それでもケンカって嫌な気持ちになります。

そういう気持ちを引きずってしまって、「結婚してもこんな風にケンカが多いんだろうか?」「付き合っている時はこんな人じゃなかったのに」とどんどん不満が蓄積されていって、最終的には婚約破棄につながる傾向があります。

ケンカするしないはお互いの性格にもよりますし、些細なケンカだけという人からケンカをすれば数日は口も聞かないというような人もいるなどさまざまです。

婚約をするとすでに同棲している人も多いですし、一緒にいる時間が増えたという人がほとんどなので、ケンカが多くなることは仕方がないことですが、その点があまり理解できなかったり、受け止められない人は婚約破棄をしてしまいがちです。

婚約破棄からの復縁はハードルが高い?その理由

復縁したいと思っても親戚一同に会わす顔がない

復縁はハードルが高い?その理由1婚約=結婚前提、なので婚約をする際にはお互いの親に挨拶に出向くなど、親戚付き合いのスタートとも言えることをします。

そして、お互いの親に認められ、結婚に向けて動き出したあとに「やっぱり結婚はできない」と婚約破棄をするわけです。

結婚というのは2人の問題ですし、うまくいくいかないと2人がどうにかしていくことだといえます。

ですが、例えば関係が崩れてしまいそうな時は親のサポートを得られたり、相談に乗ってもらうなどいろんな面で頼りになるのも、家族同士で関わる大きな理由です。

特に相手の親にとても可愛がってもらっていた場合、婚約破棄をすることが非常に心苦しく感じますし、申し訳ないと思います。

単に交際している2人が嫌になったから別れます、というわけにはいかず、家族にも「婚約はなかったことにします」と言いに行くこともあり得るのです。

そこで、お互いの親を悲しませ、中には怒り心頭になる親もいるので、婚約破棄も単純なことではありません。

そんな思いをして、家族を巻き込んだ上で婚約破棄をしたのに、再度婚約もしくは復縁したいと行動するのはとても大変です。

元彼としても「復縁するにしても親にどう言えばいいのかわからない」とか「もう会わせる顔がないよ…」と尻込みする大きな原因になります。

親、というのは結婚してからもずっと関係が続くものですし、親からの印象が悪ければ結婚生活で気まずい思いをすることは非常に多いです。

親戚の集まりに顔を出さなければいいだけかもしれませんが、子供ができたとか法事があるとか、結婚した人ならではの出来事が起きると会わないわけにはいきません。

そういうことを考えると「復縁はちょっと…」と思われてやすく、元彼が一歩踏み出せないよう理由にもなります。

家族を一度巻き込んだ上で別れているということが、復縁を阻む大きな原因だといえます。

友人達にどう報告していいのかわからない

復縁はハードルが高い?その理由2家族と同様に、婚約というめでたい報告を友人一同にしていたカップルも多いと思います。

「婚約した」「結婚式にはぜひきてね」など、舞い上がっていろいろ幸せな話を友人達にしていたかもしれません。

そんなあなたの姿に、友人も微笑ましく見ていたでしょうし、応援をしていたはずです。

結婚が決まった人達は、独身から見ると非常にキラキラしていてとても幸せそうです。

「結婚っていいなぁ」と思うきっかけも、友人が結婚したことだったという人が多いのもそのためです。

身近な人の幸せな姿は誰しも見ていて嫌な気分はしませんし、純粋に応援します。

そんな2人が、ある日婚約破棄をしたと聞かされたら、応援していた友人達は悲しみますし、婚約破棄された側の心配をするものです。

友人は家族とは違うので、婚約破棄をしたからといって、誰かを責めるわけではありませんし、何か気まずい思いをするわけでもありません。

ほとんどの場合が、「お互いの決断ならしかたないよね」と理解を示してくれます。

ならなぜ、そんな友人の存在が復縁のハードルを上げているのか?というと、婚約破棄をした時に大事になっているかいないかによっても違いますが、多くの場合友人に涙ながらに婚約破棄を報告しているかもしれません。

そして友人達に慰められ、友人達の時間をたくさん使ってもらっていたはずです。

婚約破棄後の復縁は、そんな友人達の時間を無碍にすることにつながります。

実際、恋愛関係というのは他人が思うような素直な方向に進むことは珍しく、ほとんどが他人には理解できないような恋愛をしています。

一般論だけでは解決できないような感情が渦巻いているのが恋愛ですし、婚約破棄をしても相手への情熱が絶えたわけでもありません。

だから、復縁したいと思う可能性はお互い十分にありますが、婚約破棄をした時に友人達に対していろんなことを言ってしまったな、とか相手の悪口を散々言ったなと振り返った時に、ここで復縁したなんて言えばどう思われるかわかったものじゃない…と怖くなります。

通常の復縁と婚約破棄後の復縁は、人に与える印象が違うので、どうしても当人同士の気持ちだけではなくて周囲からの印象も気になってしまうことが婚約破棄後の復縁はハードルが高いと言われる所以です。

相手が恋愛不信になっている可能性が高く信頼してもらいにくい

復縁はハードルが高い?その理由3婚約破棄、というのはされた側にとっては大きな心の傷となります。

破棄をするだけの理由があればいいですが、理由によっては単に自分の気持ち1つで婚約破棄したような状態になりかねません。

元彼にとっては「そんなことで婚約破棄するの?」というような理由で離れたかもしれませんし、そうなれば非常に元彼は傷つきます。

自分に非があれば、改善しようもありますがそうじゃなくて、マリッジブルーのようないっときの感覚で別れて欲しいと言われると、どうしようもありません。

なので、婚約破棄を承諾したとしても、その後は「もう恋愛なんてしたくない」とか「女性は怖いものだ」というトラウマが植え付けられる可能性は十分にあります。

好きな人だからこそ「結婚したい」と思って、婚約をするわけです。

男性の多くが結婚に対しては腰が重く、なかなか行動しないものです。

そんな男性が、結婚するために婚約をしていたので、破棄されたとなるとかなり傷つきまし、これから結婚どころか恋愛に対しても不信な気持ちが芽生えるかもしれません。

信じていた人から婚約破棄をされたショックは、元彼自身が思うよりも強く、今後出会う女性に対しても「どうせこの人も自分を捨てるんだ」と斜めから物事を見るようになりやすいです。

元彼に対してそういう思いをさせた、という気持ちを持って復縁に挑まなくてはいけませんし、元彼自身がすでに恋愛不信になってしまっている場合、非常に復縁のハードルは高くなっているということも理解しておきましょう。

しかも、あなたが元彼の恋愛不信の原因ともなるとそれだけ復縁できる確率も減っていきますし、最初のアプローチはかなり手こずることも覚えておいてください。

婚約破棄した、というのはそれだけ相手の気持ちや尊厳を傷付けることになるので、復縁したいという自分だけの気持ちを優先してこうどうせずに、相手の気持ちに寄り添うように、相手のペースに合わせなくてはいけません。

そのため、最初のきっかけを無事つかめた時は、復縁に向けて動く前にまず謝罪しましょう。

相手を傷付けたことをしっかりと受け止め、そこを踏まえて復縁したいのだ、ということを相手に伝えていけば、元彼も向き合ってくれるようになります。

気持ちの落ち込みが激しい元彼の場合は、やはり冷却期間を設けて、少しずつ少しずつ関われるように努力してください。

心の傷が復縁へのハードルを高くしているケースは非常に多いので、慎重に行動することが大事です。

「本当に結婚していいのかな」と不安に感じる

復縁はハードルが高い?その理由4マリッジブルーと同じで、復縁もいろいろ悩みます。

相手に大きな原因があって婚約破棄した場合は、「あんな思いをさせれた人とは復縁できない」と思うものですし、復縁に躊躇する気持ちもわかります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

一方で、そんなにお互いが嫌な気分になったとか、大きなケンカをしたから婚約破棄に至ったというような理由もない場合、復縁のハードルも低いように感じるかもしれません。

でも、本来は明確な別れの理由がない方が復縁のハードルって高いんです。

どちらかに原因があって婚約破棄した場合は、その問題点をクリアし、反省して、これからの2人の展望をイメージすることさえできれば、案外復縁は簡単です。

大きな別れの原因がない2人の場合、そもそも何を改善すればいいのか、復縁するためにどんな努力をすればいいのかまるで見えてきません。

「何が婚約破棄のきっかけだっけ?」と振り返ってみても、あまりわからない…どちらが原因というわけでもないから改善策が見当たらない可能性があります。

理由がない、ということはお互いがお互いに対して悪い印象を持っていない可能性もあるので、声はかけやすいですし、連絡を再開させやすい関係です。

ただ、いざ復縁に向けてアプローチをしようにも、相手の方も「嫌な気持ちはないけど、この人と結婚して本当に大丈夫なのかな?」「また些細な理由で別れるのでは?」と薄ら不安が押し寄せてきます。

大きな原因があれば、相手が変化したことも目に見えてわかりますし、そうまでして復縁を願っていることにとても感動します。

理由が曖昧だからこその難しさが復縁に関しては言えて、変化させようにも「何をどうしたらいいんだろう?」「気持ちをどうすれば伝えられるのか」と非常に悩みます。

そんな時は単純に自分が思っていることを伝えたらいいのです。

あなたに対して元彼が悪い印象を抱いていないことが重要なポイントではありますが、あなたが婚約破棄を後悔していること、そして復縁を願っていることをまずは正直に伝えてみるのも1つの手です。

女性の素直さに男性は非常に心打たれるものなので、もう一度やり直してみようか?という気持ちになります。

婚約破棄という事実は変わりないので、元彼があなたとの結婚に対してネガティブイメージを持っている可能性もあるので、その場合はまずは恋愛を再開させたいのだ、という気持ちを伝えましょう。

焦ることは禁物です。

婚約破棄で別れた後に復縁や結婚を果たすカップルの特徴

お互い30代を超えていた

別れた後に復縁や結婚を果たすカップルの特徴1婚約破棄を乗り越えて、復縁や結婚しやすいカップルというのは、基本的に30代以上です。

20代の場合、一度婚約破棄を経験すると「もうしばらく恋愛とか結婚とかいいや」と投げやりになったとしても、まだ取り返しがつく年代のため、元カノから復縁を希望されても首を縦に振りにくいといえます。

若い世代だと、気持ちの切り替えも早く、婚約破棄後すぐに新しい恋人を見つける可能性も大いにあります。

冷却期間を経ていざ復縁アプローチ!と思った時にはすでに新しい恋人ができて、その人と結婚していたなんてことはよくある話です。

人は、ずっと同じ場所に止まっていられません。

しっかりと自分の時間を生きています。

だから、婚約破棄の傷を早く他の誰かで埋めてしまいたい、と思う人も多くいるので、新しい恋愛で気持ちを切り替える人が多いです。

若いからこそ、そのような勢いを持つことができますが、お互いが30代を超えている場合、そこまでの勢いを持つことができません。

むしろ、結婚適齢期を迎えた男性と少し結婚適齢期を過ぎている女性という扱いになるので、非常に出会いに慎重になります。

「この恋愛で最後にしたい」とか「前回のような失敗を繰り返したくない」と行動が慎重になって、逆に出会いを逃す人がほとんどです。

つまり、30代を超えていると多くの人が「ああ、別れてもったいないことをした」と思う傾向があり、特に婚約までした相手のことというのは案外忘れられないものです。

婚約していたということは、早々に破棄しなければ結婚していた可能性が大いにあります。

なのに、お互いの些細なきっかけで婚約破棄してしまったことに対して、深く反省し、後悔するような年代だといえます。

かといって、新しい出会いを求めるのもなんだか疲れてしまった、とか新しい恋人ができても結婚できるかわからないし…というような考えが巡るのです。

そういうカップルは、結局元の相手が1番素晴らしかったと思うので、復縁しやすいですし、復縁は結婚を前提ということもよくある話です。

価値観や性格がよく似ている2人はお互いが唯一無二の存在

別れた後に復縁や結婚を果たすカップルの特徴2「この人は他の人とは違う」と感じたからこそ、婚約を決める人は多いです。

いろんな理由があって婚約破棄してしまったとしても、結局他の誰かと出会っても頭の中で「元恋人だったらこんな時はこうしてくれてた」とか「笑いのツボが一緒だったな」などいろんな面で後悔しやすい状況となります。

好きな気持ちが残っている場合もそうですが、婚約破棄した時にケンカ別れしてしまた場合でも、離れてみて実感する相手の良さに気付くことができたら復縁したいなと思うようになるのです。

恋愛でも結婚でも、お互いの価値観や性格が合わないとどうしても一緒にいる時間が長くなるにつれて嫌なムードが漂います。

だけど好きな人だから、と自分が我慢すればいいのかななんて思って自分を抑えていても、結局別れが待っているのです。

逆に価値観や性格が似ていると、お互いの感じることや考えることも似ているので、理解しやすく、相手にも理解してもらっているのだ、という感覚が強いです。

そういう人にはなかなか出会えるものではありませんし、出会えても結婚できるかどうかなんてわかりません。

なので、別れた後に「やっぱりあの人じゃないと無理!」と思いやすいカップルですし、復縁のきっかけさえつかめたらすぐに関係が深くなるような相性です。

心の奥底でお互いがお互いを求めている傾向があり、再会できたらそのまま復縁→結婚に進む可能性が非常に高いです。

お互いが似ていると、どんな障害にも2人で向き合っていこう!という気持ちになりやすく、壁があってもお互い諦めないで頑張れます。

価値観や性格が似ているかどうかは、恋愛だけではなくて結婚生活では非常に重要なポイントなので、大事にしたい相手です。

お互いを嫌いにならないまま、対した話し合いもせずに婚約破棄した

別れた後に復縁や結婚を果たすカップルの特徴3マリッジブルーや自分の両親に結婚を反対されたなど、自分達の問題というよりもお互いの環境、ちょっとしたすれ違いや不安によって婚約破棄した2人は、復縁するとそのまま結婚しやすいです。

なぜ?と思うかもしれませんが、当人同士に大きな婚約破棄の原因がない場合、そもそも婚約破棄する時に何か深く時間をかけて話し合っていないという可能性が高く、お互いの本音を話さないまま別れた可能性が高いと言えます。

そうなると、別れた後に「本当に婚約破棄したかったんだろうか?」「あの人の気持ちをきちんと聞くことができなかったな」など、いろんな後悔が押し寄せてきます。

復縁が成功するポイントは、お互いが相手との別れを惜しみ、なんで別れたんだろう?と後悔することです。

離れたことを後悔するような相手から再度復縁したいとアプローチを受けたら、多くの人が復縁に前向きになります。

婚約までした2人なら尚更、お互いの気持ちをはっきり話し合わずに別れたことは後悔しますし、本音を聞きたかったと思うものです。

そのため、再度連絡のやり取りができるようになると、婚約破棄の時の気持ちを聞きたいと思う人が多いです。

そこで、お互いの本音をやっと話すことによって、復縁のきっかけをつかむことができます。

「あの時そんな風に思ってくれていたんだ」「後悔してくれているんだ」ということがわかれば、婚約破棄は間違いだったのかもしれない、と思ってもらえて、復縁する可能性が高くなります。

本音を知った上で復縁をすると、結婚に向けても再スタートを切ることができるので、とんとん拍子に物事が進みやすいですよ。

婚約破棄からの復縁を成功させる効果的なきっかけの作り方

婚約破棄にともなう事務的な連絡をする

復縁を成功させる効果的なきっかけの作り方1婚約破棄をしてすぐに「やっぱり元彼がいい!」と思った時におすすめな復縁のきっかけの作り方ですが、婚約破棄に向けての事務的な連絡を利用する方法です。

「それじゃあ、別れを進めていることになるのでは?」と思うでしょうが、パッと見た感じはそうかもしれませんが、話の展開によっては結果が変わってきます。

婚約をしている時に指輪を購入したり、部屋を借りたりなど、いろんなことを新しく進めてきたと思います。

そこで、婚約破棄をしたことによってどちらかが引っ越さなくてはいけないとか、指輪をどうするのか、など婚約破棄を決めた後も何かと相談事をしなければならない状態ってあるんです。

その時に、淡々と物事を進めていくフリをして、会う機会を設けましょう。

相手が婚約破棄を求めてきていた場合は、事務的な作業を進めるようなていで会う約束をとりつけて、そこから話し合いのきっかけを掴んでください。

あなたに大きな原因がある場合は、どれだけ話し合いのきっかけをつかもうとしても、相手から拒否されてしまうかもしれませんが、そうじゃない場合は基本的に話し合いにくらいは応じてくれます。

そこで元彼の思っている婚約破棄の原因を突き止めることによって、復縁に向けた話し合いに切り替えることができるんです。

何事も原因がわからなければ解決にも向かわないので、まだ元彼と気軽に連絡がとれる時期を大いに活用してみましょう。

まずは元彼のご両親に謝罪しよう

復縁を成功させる効果的なきっかけの作り方3元彼に復縁のアプローチをする前に、元彼の実家に突撃する、というのも1つの手です。

非常に緊張する手段ではありますが、婚約までした2人なのでお互いの両親とは何度も会って話したこともあるでしょうし、関係が深かい場合も多いといえます。

元彼に連絡をするのはまだちょっと怖い…とか、誰かのサポートや後押しが欲しいと思う場合は、元彼の両親に会いに行ってください。

もちろん、会ってくれたからと言って「息子さんと復縁したいのでサポートしてください!」と言うわけにはいきません。

まずは、婚約破棄に至ったことを謝罪し、復縁したいという気持ちは伏せます。

それじゃあ気持ちは伝えられない、と不安に感じるでしょうが、元彼の両親に謝りに行く、ということはそれだけ元彼のことを思っているからこそできる行動ですし、そんなあなたの思いは必ず元彼の両親に届くはずです。

あなたが元彼に「実家に行ってきた」と言わずとも、両親の方から元彼にあなたが訪ねてきたことを言うはずなので、何かしら元彼からアクションがあるかもしれません。

もしも1週間程度待っても連絡がなければ、あなたの方から実家を訪ねたことを伝えても問題ありません。

そこで、本当に婚約破棄を後悔していることを伝えることで「実家に行くくらい真剣に考えてくれているんだ」というように元彼は感じるので、連絡するきっかけ作りとして元彼の実家に出向くことは、あなたのイメージアップにもつながって良いです。

きっかけがつかめない時は1年以上間をあけてから連絡してみる

復縁を成功させる効果的なきっかけの作り方2もしも、元彼の方から拒絶されたとか、婚約破棄を希望されたというような場合であれば、復縁のきっかけを見つけることが難しいかもしれません。

婚約破棄、というのはそうそう簡単に決断することではありませんし、お互いの家族を巻き込む話になるので、非常に大事です。

そんな状況を踏まえても婚約破棄をする、というのはそれだけ決意は固いといえますし
元彼にも何か事情があったのかもしれません。

そのため、なかなか復縁アプローチのきっかけをつかみにくいパターンもあります。

その場合は、一旦通常の別れの時のように冷却期間をあけましょう。

ポイントは、3ヶ月とか半年などではなくて、1年以上期間をあけることです。

そこまで期間をあけると元彼も自分も環境が変わってしまって、復縁なんか無理なのでは?と思うかもしれませんが、2人の年代によっても違いがありますが、ほとんどの場合が1年以内に新しい恋人ができるというようなことありません。

普通に彼女と別れたわけではなくて、結婚をしようと思った人と別れたわけですから、自分が決めたことだとしても非常に傷ついています。

その傷が癒えるまではどうしても新しい恋愛に向き合うことができない、と1人でいる場合が多いんです。

婚約破棄という現実が少し気持ちの中で整理された頃に、改めて連絡してみるとお互い新鮮な気持ちで相手に向き合うことができるので、話し合いもスムーズにいく傾向があります。

まずは穏やかに話ができるような環境を作ることで、復縁への距離が縮まっていきます。

過去に婚約破棄した元カノともう一度結婚を決意する時の男性心理

もともと婚約破棄をとても後悔していたから嬉しい

もう一度結婚を決意する時の男性心理1婚約破棄をした後、男性は意外に落ち込んでいる人が多く、しばらくは元カノのことが忘れられないという人も多いんです。

1人でいる間、ずっと「なんで婚約破棄なんかしたんだろう」と悶々と考えている人も多くいます。

でも、男性の意地のような部分が働いて、素直に元カノに対して復縁へのアプローチができなくて足踏みしてしまうことも多く、できたら女性から来てくれないかな?なんて思っていたりもするのです。

そのため、もしも元カノから復縁のアプローチを受けたら後悔していた気持ちが爆発して嬉しくなってあっという間に結婚まで進む!というケースは非常に多いです。

婚約破棄した時の後悔が強ければ強いほど、相手への思いも深くなりますし、改復縁できることが決まれば、そのまま結婚するというのは男性心理として当たり前のことだといえます。

一度結婚しようと思った相手だから「やっぱりこの人がいい」と思っている

もう一度結婚を決意する時の男性心理2通常の恋愛だと、復縁したとしても「結婚までは考えていない」という人も多く、特に男性は結婚に対しての意識が低い傾向にあるので、女性が持つ期待感とは裏腹に結婚に積極的になれません。

しかし、婚約破棄をして別れた2人の場合、男性も「この人となら結婚したい」と一度は思った相手なので、結婚へのハードルが非常に低くなります。

婚約破棄といった辛い経験をした2人なので、もう同じ失敗をしたくないとお互いが思っていますし、このような2人が復縁すると一層絆が強くなり、以前よりも仲が良くなることも多いです。

そのため、男性も「やっぱり結婚するならこの人だな」と思って、復縁をしてからそこまで期間を設けずに結婚に踏み出す場合が多いといえます。

元カノが素直になってくれたことによって自分の気持ちとも向き合う気持ちになった

もう一度結婚を決意する時の男性心理3婚約破棄後に復縁を願っている男性って、割といます。

もちろん、元カノのことを本当に嫌になって婚約破棄した、という場合は除きますが、結婚に向けてお互いのズレが生じて別れた時は、男性も「あんなに感情的にならなくてもよかったのにな」と自分の行動を後悔しやすいです。

なかなか復縁アプローチができない男性が多いですが、きっかけをつかんで元カノの素直な気持ちを教えてもらえると、やっと自分の素直な気持ちも白状できます。

こうしたきっかけさえつかめたら、男性は持ち前の積極性を発揮するようになるので、自分の気持ちを素直に元カノに対してぶつけて、復縁に向けて進もうとします。

男性心理として、プライドが高くてなかなか素直になれないことが原因なので、元カノの方から歩み寄ってくれたらすぐに素直になる人が多いです。

婚約破棄でも諦めないで!復縁のハードルが高いけど希望はある

婚約破棄からの復縁はハードルが高い? まとめ婚約破棄からの復縁についてご紹介しました!

そもそも婚約破棄をするということは非常に辛い選択ですし、相手のことをなかなか忘れられないものです。

なので、多くの人が後悔が大きくなると「復縁したい」と思うようになりますが、お互いの家族や友人も巻き込んでいることさえ忘れなければ、復縁のハードルは実際そこまで高くないかもしれません。

大事なことは、もう二度とお互いが傷付かないように一緒にいる決意をして復縁に臨むことです。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事