「子どもが大学卒業したら離婚する!」離婚しようとする際の注意点やスムーズに離婚する方法
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 「子どもが大学を卒業したら離婚しようと思っている」と、夫との生活に我慢を続けている人も少なくありません。

    長年、夫婦生活を続けてきた人にとって、離婚を決意して実行する時のリスクや注意点は気になるところです。

    子供が大学卒業したら離婚すると決めている人のために、注意点やスムーズに終わりを迎えるための方法など、具体的に解説していきます。

    リスクなどを知ったうえで覚悟を決めれば、いざ離婚届を提出した後にも、幸せになる為の心構えを持つことが出来るはずです。

    目次

    子どもが大学を卒業したら離婚しようと思っている人が気をつけるべき注意点

    相手の同意がないと離婚はできない

    離婚は、相手の同意がなければ成立しない事を知っておかなければいけません。

    結婚も同じですが、婚姻関係は法律上の契約と同じですので、お互いがこれから生活を共にする事、別々にすることを理解し、納得した上で履行する必要があります。

    現在(令和4年7月4日時点)では、押印は法律的に任意となっていますが、印鑑を使う場合には、夫婦それぞれ別のモノを使うという決まりもあるほどです。

    成人2名の承認も必要ですので、勝手に一人で届け出を出すということは出来ない仕組みとなっています。

    いくら長年我慢してきたからと言っても、相手が合意しなければ離婚訴訟という形になるのでです。

    同意が必要という事は、今まで話し合いをしたことが無ければ、いきなり「はい、分かりました」とはならないことがすぐに想像がつきます。

    結婚した時には、「一生二人で力を合わせて生きていきたい」「どんなことがあっても乗り越えられる」と思っているものですが、子育てを通して家族の形が変わるほどに、すれ違う夫婦も多いものです。

    離婚を考えているなら、どのタイミングで成立させたいという目標を立てた上で、少しずつでも受け入れてもらえる下準備をしていくことがスムーズな方法と言えます。

    離婚後経済的に1人でやっていけるのか

    離婚した後の経済面も考えておきたいところです。

    新たな生活のスタートは勢いだけでも出来ますし、二人で力を合わせていくバイタリティもあるので、少々お金がなくても支え合っていくだけの愛情があります。

    感情だけで始まった夫婦生活でも、終わりが来るときには勢いだけではなかなか上手くいきません。

    感情のままに家を飛び出し、そのまま夫婦の終わりを迎えたとしても、経済状況が一気に変わってしまう事に対して、どれだけ対応する力があるのかを考えておかなければ、たちまち生活に苦労してしまいます。

    子が大学を卒業したらと考えているわけですから、それまでの仕事経験も重要になるはずです。

    共働きで正社員としてお給料を頂いていたのであれば、経済面でも心配はありませんが、夫の収入を主にしていてパートで稼いだお金を家計の足しにしていたり、専業主婦としてずっと暮らしていたりしたのであれば、生活費のことを考えておく必要があります。

    養育する子のいない元妻の生活費をどこまで見てくれるのか、こちらから離婚を切り出しておいて頂くことが出来るのか、その辺りもしっかりとリサーチがいるわけです。

    経済面で一人でやっていけるだけの安心できる収入源が確保されるかどうかチェックしておきましょう。

    離婚のデメリットの大きさをしっかりと考える

    メリットと感じることがある時、必ずデメリットもあることを知っておかなければいけません。

    何事も表裏一体ですので、良い事も悪い事もあって当然です。

    あらゆる可能性を多方面から見た上で、自分が納得して選択できるかどうかが今後の人生を豊かにするかにかかってきます。

    「今すぐ別れたいけど、我慢しているから絶対に解放感で嬉しすぎるはず」「ようやくのんびりできるから、あれこれしたい」と今ある状況から良くなる事ばかりを考えていると、想定外の出来事が起こる可能性も広がるわけです。

    「考えていなかった」と思って後悔しても、再婚するのも一苦労。

    ワガママな考えを夫が受け入れてくれるとも限らないものです。

    離婚がメリットしかないように思えているかも知れませんが、どんなデメリットがあるのかもしっかり考えておきましょう。

    思い浮かばないのであれば、調べることも必要ですし、場合によっては経験者の方に話を伺ってみるのも一つの方法です。

    想定外のことを減らしておくことが、離婚後の自分自身を満たしていくことに繋がります。

    デメリットばかり考えて、しり込みしてしまうのも考えモノですが、客観的事実を集めていくことも意識していましょう。

    老後子どもに頼りにくくなる

    今はよくても、これから年月が経過して老後の時期、離婚している事で子どもに頼りにくくなるということも知っておきましょう。

    離婚の時期に関して、いつがベストというものは人によって異なりますし、一概に言えるものではありませんが、大学を卒業するタイミングで考えているなら、かなり夫婦生活も長かったはずです。

    夫婦関係を子どもがどう捉えて見ていたかという部分も、今後の関係性に影響してきます。

    大人となっているわけですから、どちらに就くといった幼児や児童の養育のような感覚はありません。

    夫、あなた、子供という大人目線での三角形が出来ているので、「老後の面倒をみて欲しい」という要望を伝えてもいいのかどうか分からなくなるところです。

    息子や娘は、本人の意志で夫と会いますし、同じ感覚であなた自身とも接してくれます。

    子どもの立場としても、両親の介護やお世話は平等に見たいところですが、住んでいる場所が離れていれば、どちらかに偏ってしまうのも無理はありませんし、主張ばかりをすることも遠慮してしまうものです。

    自分の好きな選択をしているので、お願い事はしづらくなるのが人の心理と言えます。

    子どもへの影響は大きい

    「子供が十分大きくなった」と思って離婚をしたとしても、影響は大きいという事を知っておきましょう。

    親の離婚は、年齢によって感じ方が違いますし、受け入れる心の器も違うものです。

    だからこそ、「大学を出て、子育てが終わってから」「自立してそれぞれの道を歩き始めてから」とこのタイミングを考えているはず。

    年齢が大きくなるにつれて、親の気持ちも尊重してくれるようになりますし、どちらかだけが正しいというジャッジは少なくなります。

    大人として会話が成立するという点でも、大学卒業という時期を見計らいたいところです。

    一方で、子供側からすると自身が何歳であろうと両親が離れて暮らすようになるのは、とても考えるところがあり、どちらも大好きであるほど辛い気持ちになってしまいます。

    親の気持ちも分かるからこそ、「離れて欲しくない」という本音さえも言えなくなるのも事実。

    結婚観や人生観にも影響を与えますし、「裏切られた」と感じてしまえば人間不信になってしまう事もあります。

    全ての子供が理解をしてくれるわけでもありませんので、離婚を告げた途端に大喧嘩となって縁が切れてしまう事もあると知ったうえで、進めていきましょう。

    離婚が子どもに与える影響は?

    社会的地位の低下

    親が離婚する事で、子供の社会的地位の低下が起こる可能性があります。

    離婚率が上昇している昨今の状況では、さほど影響がないように思われがちですが、本人の精神面を危惧して信用しきれない部分があったり、お堅いところに就職をする際には、家族構成なども考慮されたうえでの本人を見ることがありますので、知っておく必要があります。

    子供が小学生など小さい頃であれば、親の離婚で家庭を悪く言われたり、いじめられたりという事が起こることは、一昔前に比べるとかなり減少しているはずです。

    しかし、大学卒業というタイミングでは、就職が現実問題として立ちはだかっています。

    実際に、家庭環境のことで採用するかどうかを決めることはないとされていますが、社会にはいろんな考えの人がいますから「親が好き勝手する家の人間」という人が全くいないとは言い切れません。

    また、婚姻を決意するという岐路に立った時、本人同士は全く問題がなくても、相手の親から「離婚している家庭だ」「環境が良くない」「子供に苦労をさせたくない」と反対されることも。

    子供自身に問題がなくても、親を引き合いに出して文句を言いたい人もいるという事も覚えておくべきです。

    精神的なトラブルを抱える恐れ

    精神的にトラブルを抱えてしまう心配も出てきます。

    先ほどもご紹介したように、何歳であっても親の離婚は子供に大きな影響を与えるものです。

    主に精神面において、「捨てられた」「裏切られた」と感じるケースは少なくないですし、「相談相手を奪われた」「自分も同じように離婚するかも知れないから止めておこう」と悲しみから不要な決意を生み出してしまう可能性もあります。

    異性に対する不信感を抱いてしまえば、これから先の恋愛も上手くいかなかったり、「どうせいつかは愛情も冷めてしまう」と深い仲になる事に恐れを感じてしまったりと、冷めた人間になってしまう事もあるところです。

    家庭は、一番身近な社会ですから、崩壊した事で精神的健康が保たれなくなります。

    居場所がないと感じたり、愛される価値がないと自分を責めたりすると、自己肯定感が低くなり、何事も失敗を恐れてチャレンジできない考え方になってしまう事もあるのです。

    大学卒業は、社会に出るタイミングでもありますので、環境が大きく変わる時に親の離婚という出来事が重なる事で、抱えきれなくなってしまい、自律神経のバランスを崩して体調まで壊してしまうケースもあります。

    子ども自身が結婚したときの離婚率が3倍になる!?

    親の出来事は、そのまま子供の離婚率に繋がります。

    幸せな夫婦をみて育った子供ほど、幸福な家庭を持つイメージが明確にできていて、結婚願望を抱いているという統計が出ているのです。

    一方で、両親の離婚を経験していると、自身も別れることに抵抗がなく、離婚率が3倍になるというデータもあります。

    離婚がいけないという訳ではなく、「上手くいかなかったら、自分のしたい道を選んだらいい」という選択肢が出来るので、少しのすれ違いや違和感でも「これ以上続けるのはムリだ」と判断するのが早くなるのかも知れません。

    もちろん、子供も必ず離婚するということではないですし、幸せな家庭を築いているケースも多くあります。

    一人の大人として両親を見る目線も持っていますので、どちらが悪い、上手くいかなくなり始めたのはいつ位から、など冷静に見ているはずです。

    反面教師にすることもありますが、「自分も同じようなところがある」と似ている部分から自信を失って、夫婦生活を続けることに恐怖を抱くケースもあります。

    結婚する時にも、決断までに時間がかかったり、「もしかしたらいつか離婚するかもしれない」とネガティブな言葉をパートナーに言ってしまったりと、勢いを押し殺してしまう事もあるのです。

    両親の不仲解消によるストレスの軽減

    彼女と別れるつもりはない?男性の見極め3

    ずっと両親の不仲を見続けてきた子供にとって、離婚はストレスからの解放になります。

    子供は、小さなコミュニティである家族からの言葉の影響や空気感を肌で感じてストレスを抱く事もよくあるものです。

    「お父さんは、本当にダメな人なのよ」「あんな人と二度としゃべりたくない」と母親から聞き続けてきた子供は、父親を嫌いになるのも無理はありません。

    ケンカばかりを目の前で見続けてきたなら、対人関係に問題を抱えたり、感情を抑えられない人間になったりすることも。

    両親の仲が悪ければ、家に帰ることが億劫になり、どちらかの味方になる選択を迫られることもあると、どっちにも就く事が出来ず「居場所がない」と感じることも少なくないものです。

    離れることが分かれば、ようやく張り詰めた緊張感から解放されることが約束されるわけですから、「ようやく息が出来るようになる」と感じます。

    母親と一緒に父親の事を嫌いになってしまった子供は、「アイツから離れられる」と喜びを感じたり、自由になれたことでストレスから解放され、途端にイキイキとし始めるところです。

    子供側が「早く離婚すればいいのに」と思っていても、親が「大学を卒業するまでは我慢しないといけない」と考えているなら、余計なお世話と感じていることもあります。

    自分の幸せのための選択肢があると伝えられる

    別れるまでの過ごし方4

    親の離婚は、子供に生き様を見せることが出来ます。

    いくら夫婦と言っても、長年生活をする中で、人間として尊敬できない部分が見えてきたり、支え合いたいときに同じ方向を見てくれなかったりすると、「この人と一緒に生きていく事は出来ない」と思うこともあるものです。

    早い段階で「ムリ」と切り捨てることも出来ますが、その選択をしなかったあなたは、希望を見つけ、どうにかして自分が決めた人と上手くやっていける道を探してきたはず。

    それでも、やはり尊敬できない人と同じ屋根の下で暮らし続けるのは苦痛を伴う事も多くなります。

    あまりにも我慢を続けてしまうと、子供に「辛い時にも耐えなければいけない」という姿を見せることになるわけです。

    「本当に決めた事があるなら、幸せになるために行動するのも大事」と見せられるのは、親子ならではの関係性と言えます。

    すぐに切るのでもなく、耐え続けるのでもなく、幸せになるための選択を身を持って見せることが出来ると、大切な子供の今後の生き方にも影響を与えられるのです。

    スムーズに離婚する方法

    離婚する原因の証拠を集めておく

    子育てが落ち着いてからの離婚を考えているのならば、決定的な証拠を集めておくべきです。

    子供が成人して、「やっと別れられる」と思っても、証拠がなければ、あなたの思惑通りに進まない場合も。

    男性からすれば、「熟年離婚は避けたい」「今更一人での生活は考えられない」と思ってしまうものです。

    それは、パートナーに頼りきった生活を長年に渡り行ってきたから。

    離婚するなんて考えを相手は持っていません。

    だからこそ、決定的な別れの証拠を提示しなければ、離婚話を進めることは不可能です。

    離婚する原因はそれぞれあるもの。

    不倫や浮気、モラハラやDVなどの問題が起きた時、今すぐの別れは考えてなくも、後々に優位な証拠になります。

    持っておいて損はない証拠ですから、別れる決意をした時に、集めておくことが重要です。

    夫婦の中には、様々な問題があるもの。

    こちらの記事では、旦那から過剰な嫉妬をされることで心が疲弊してしまう妻の気持ちに寄り添った内容となっています。

    取り扱いが難しい旦那の特徴や対処法が学べますので、「いい加減にして欲しい」と思うことがある方は、参考にしてくださいね。

    話し合うべき内容をあらかじめまとめておく

    夫との間で話し合う内容を決めておきましょう。

    離婚は夫婦関係を解消する為の大きな問題です。

    お互いの同意がなくては、問題を解決することは出来ません。

    だからこそ、予め話し合うことを決めておくべきです。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    離婚問題で話し合うべきことは、色々とあるはず。

    もし不安ならば、離婚経験者にどのようなことをするべきなのかを聞いておきましょう。

    精神的なストレスや負担も大きくなるのが、離婚問題です。

    スムーズに別れたいのならば、事前の準備と計画をしっかりと練っておくことが重要だと言えます。

    あなたの人生をこれから開花させたいと思うのであれば、不満を感じているパートナーとの別れが必要不可欠。

    その為の話し合いの場ですから、しっかりとプランを立てて進めましょう。

    話し合うべきことをあなたがリストアップしていれば、パートナーも「妻が本気だ」と感じてくれるもの。

    適当に流すのではなく、真剣にあなたとの話し合いに応じてくれるはずです。

    話し合いでは冷静にする

    感情的になりがちなのが、離婚の話し合いです。

    冷静さを忘れてしまっては、上手くいきません。

    長期の年数に渡り、パートナーの態度や言葉に不満を感じていたのならば、目標である離婚が迫った時に、感情的な面が出てしまうことも。

    お互いにヒートアップしてしまえば、喧嘩となり、それ以上の話し合いができなくなる場合もあります。

    冷静さを忘れずに、客観的な視点を取り入れながら、慎重に話を進めましょう。

    あなたの想いばかりをぶつけても、彼は納得してくれません。

    お互いに譲り合うべき部分を持ち、離婚問題を進めていけば、スムーズに別れることが出来ます。

    もし、冷静な話し合いの場を持てないのであれば、一度保留にすることも一つです。

    お互いに冷静になり話し合いが出来る時期があるはず。

    その時にもう一度、離婚についての話しをすれば、二人にとってのより良い答えを見つけられます。

    いざ、別れを決意して進むときには、言葉や態度にも注意を払うべきです。

    こちらの記事では、やってはいけない別れ方について学ぶことが出来ます。

    トラブルを避けるためにも、賢い別れ方や受け入れてくれない相手に対しての方法を知って、行動に起こす際には取り入れてみてくださいね。

    公正証書にまとめる

    お互いの意見を公的証書にまとめましょう。

    公的証書を作る為には、第三者の立会いが必要になります。

    公証役場へ出向き、あらかじめ二人で考えていた取り決めを説明してください。

    その後、公的証書の準備が出来れば、夫婦そろって公証役場へ出向き書類を完成させます。

    この手順をしっかりと行うことで、離婚した後も取り決め通りに動いてもらえるのです。

    慰謝料の請求があっても「パートナーから約束通りに振り込まれない」とか「支払いが滞った」などの問題が起こることはありません。

    また、問題が起こったとしても、公的な書類があるので、相手に支払い義務を生じさせることが可能です。

    公的証書を有効活用して、離婚後の生活を安定させることが出来ます。

    また、公的証書があることで、相手には「復縁は不可能なものだ」と思わせることが可能です。

    二人の心が離れてしまった以上、もう戻ることのない関係だと相手に理解してもらえます。

    離婚問題は様々なトラブルを引き寄せるもの。

    そのトラブルを未然に防ぐためにも、公的証書を作り、お互いの同意の元に離婚を進めるべきです。

    弁護士に頼る

    問題が大きくなる前に弁護士を頼りましょう。

    「早く別れたい」と思っているのならば、専門的な知識を持つ弁護士の介入が役立ちます。

    弁護士はこれまで多くの離婚問題を解決してきたエキスパートです。

    弁護士を頼ると、費用面での心配はありますが、きちんと金額を提示してもらっていれば、それほど問題になることはありません。

    昔から「夫と別れたい」と思っていた人は、別れる時に資金を事前に準備しているもの。

    「別れたい」と思った時に、「弁護士費用」として、確保しておけば、問題なく頼ることが出来るはずです。

    別れる時に夫側が無理難題な言い分を示してきても、専門家がズバリとその意見を退けてくれることも。

    あなたの気持ちを弁護士に話し、夫との別れをスムーズに行いましょう。

    弁護士を雇ってでも別れたい相手ですから、早くその話し合いが終息すれば良いはずです。

    お互いに執着地点を早く見つけられるように、専門家の意見を参考にしながら進めましょう。

    そうすれば、夢にまでみた離婚が現実のものとなり、あなたの待ち望んだ世界が広がります。

    離婚後の養育費について

    離婚後の養育費の相場は?

    一人で子供を育てることになれば、「できるだけ養育費をもらいたい」と思うもの。

    ただ、養育費の相場は「思っていたよりも安かった」ということが大半です。

    大体、子供一人の場合だと3万円から6万円の間が多いとのこと。

    これも一概に言える金額ではなく、おおよその基準です。

    相場に応じて、パートナーに養育費を提示しても「高いから払えない」と言われてしまうことも少なくありません。

    また、あなたが望んだ上での離婚という場合には、「そもそも別れる必要はない」と支払いを拒否される場合もあるので注意しましょう。

    欲しい額に見合ったものを養育費として振り込んでくれるパートナーはそれほど多くはいません。

    だからこそ、必要最低限の費用はもらえるように、話し合いを進めておくべきです。

    子どもを育てていく上で養育費があるのとないのとでは、大きな差があります。

    少しでも満足のいく生活や教育を受けさせてあげる為にも、この問題は真剣にと入り組むべきものの一つです。

    子どもの人数や年収によって養育費は変わる

    子供に与える影響4

    養育費の相場というものはありますが、子供の人数や年収によって大きく変わってきます。

    高年収の夫が子供一人の養育費を払う場合は、月に8万円ということも少なくないようです。

    ただ、低所得者で子供3人に養育費を払う場合は、月に3万円あれば良い方ということも。

    夫の年収がどれくらいあり、子供は何人いるのかも計算して、希望の養育費を提示しましょう。

    夫に無理のない支払額を提示すれば、その約束を守ってくれるはずです。

    もし無理ならば、自分の生活を最優先して、支払いが滞ってしまう場合も。

    少額でも子供が成人するまで、コンスタントに支払ってもらえた方が良いはずです。

    初めから大きな額を相手に払わせるのは得策ではない場合もあります。

    年収や子供の人数によって、支払額が変わってくるというものも把握しておいてください。

    親の問題で別れてしまったのですから、子供を不利な状態にしないことを心掛けるべきです。

    養育費の相場算出には「養育費算定表」を使う

    「養育費をどのくらい請求すればいいのか分からない」という場合には、養育費算定表を使いましょう。

    養育費算定表とは、養育費をどのくらい払うのが適切であるのかが分かるグラフです。

    離婚問題に無知な方でも、算定表を見れば、すぐに計算することが出来ます。

    算定表では、所得額、子供の人数や年齢で細かく養育費の妥当金額を割り出されるので、離婚問題でよく使われるツールの一つです。

    費用の相場が分からない時はこの算定表を使い、パートナーとの間の取り決めを行いましょう。

    お互いに納得のいく額であれば、離婚問題をスムーズに進めることが可能です。

    養育費を払ってもらえないことがないように、収入に見合った額ですので、夫側も受け入れてくれやすいはず。

    大切な子どもたちに苦労させない為にも、養育費の支払いはきちんと決めてから別れましょう。

    不払いについての対処法を知っておく

    養育費をきちんと決めて別れてからも、問題はあります。

    それは「養育費未払い」の実態です。

    多くの家庭は養育費に納得してから別れているもの。

    「別れて数か月間は入金があっても、しばらく振込がない」ということも少なくありません。

    養育費を払ってもらえなくても、「連絡したくない」「元夫と音信不通になった」という事例もあります。

    そんな養育費の不払いを止める為の方法として良いのは、「一括払い」をしてもらうこと。

    コンスタントな支払いをお願いしても、相手側の懐事情は把握できません。

    ならば、予め一括でもらっておくことで、不払い問題は解消します。

    一括払いにすると「全額は払えない」と言われてしまうことも。

    そんな時は金額を下げてでも、一括払いを行ってもらいましょう。

    後々回収できなくなるリスクを回避できる方法です。

    養育費の不払いにより、子供を悲しませる結果にならないように、事前に対処しましょう。

    また、養育費の不払いによる行政執行も一つ。

    この場合は、きちんと公的証書を作成しておかなければいけません。

    夫婦間の公的な取り決めが養育費不払い問題を解消します。

    子どもが大学卒業したら離婚するメリット

    子どもに手が掛からなくなるので気が楽

    離婚する時期は人によりけりです。

    子どもに手が掛からなくなった大学卒業後は気が楽。

    夫婦間のトラブルは、子供にとっては関係のないものです。

    両親が揃っていれば、子供にとってメリットがあります。

    金銭面で苦労することはありませんし、片親だからと寂しい思いするのも防げるからです。

    その為、離婚を考えても、子供のことを思い、「大学を卒業するまでは、我慢する」という方も多いのです。

    大学を卒業すれば、子供は就職し、社会へと出ます。

    「養育費がない」「子供を一人で育てなければいけない」ということもありません。

    親としても、子供に影響を及ぼさないので、気持ちが楽です。

    子どもも大人になっていますから、「お母さんの好きなように生きればいい」と言ってくれることも。

    新たな人生を歩む為の絶好の機会と言えます。

    大きい出費が減る

    子供の教育資金の心配から離婚を懸念している人も多いものです。

    大学卒業後ならば、教育資金の心配はいりません。

    社会人となる子供は、親の手助けなしでも生きていけるからです。

    特に大学は大きな額の費用が必要となります。

    そこで一人親になれば、子供に苦労させることも。

    大学と言っても4年で卒業できるわけですから、その期間は離婚に向けての準備に充てるべきです。

    離婚はすぐに成立出来るような簡単なものではありません。

    それでも別れた側からすれば「スムーズに行いたい」と思うもの。

    しっかりと準備を行うことで、子供の大学卒業と同時にスムーズに話を進められます。

    子供にも迷惑を掛けず、あなたの望む人生を歩めるのです。

    お互いにスッキリとした未来を歩む為にも、子供の大学卒業を待ってから、夫婦関係の解消を行いましょう。

    1人の大人として子ども話せる

    子供が大学を卒業した後は、一人の大人として対等に話せます。

    離婚を考えていることを伝えれば、客観的な意見を伝えてくれることも。

    子供自身も自分の人生を生きることを考えていますし、「もう親の手助けはいらない」と思っているものです。

    離婚問題が出ても、両親にとって希望ある選択ならば、応援してくれます。

    子供の考えを聞きながら、あなたが望むべき選択をすれば、希望ある未来へと進めるはずです。

    また、子供と対等に会話することが出来れば、「この子も大人になったのね」と思えます。

    子供の成長を感じる良い機会になるはずです。

    離婚を考えたこれまでの経緯を話しましょう。

    なぜ、夫婦の問題が離婚を考えるまで大きなものになったのかを考えるきっかけになるはずです。

    もう一度、問題に向き合い、「やっぱり、我慢できない」「別れたい」と思うのならば、あなたの決断を叶える為の行動を取りましょう。

    頼りになる子供がいてくれるのですから、あなたは一人ではないはずです。

    離婚問題を真剣に考え、アドバイスをしてくれる相手がいます。

    大切に育ててきた子供の存在があなたの力となってくれるのです。

    同じ世代の熟年離婚の人と出会う確率が上がる

    現代では熟年離婚をする夫婦も増えてきています。

    あなたと同じように「子供が大学を卒業したら別れたい」と思っている家庭は沢山あるのです。

    その為、大学を卒業する頃に離婚問題に直面している人との出会いがあることも。

    どの時期に動けばいいのかが分かったり、良いアドバイスを聞けたりします。

    頼りになる人が現れ、あなたの味方となってくれるはずです。

    また、熟年離婚をした人同士のカップルも多いもの。

    離婚をすれば、これまで出会ったことのなかった人との巡り合わせがあり、あなたの幸せな人生がスタートすると言っても過言ではありません。

    「つまらない人生だ」と嘆くのではなく、これからはより良い未来が訪れることを実感出来ます。

    楽しみがあるからこそ、積極的な行動が出来るのです。

    あなたの気持ちをハッピーにしてくれる人と出会う、ステキな人生を歩みましょう。

    仕事や恋愛など第二の人生に集中できる

    大学を卒業した子供がいるということは、子育てからの開放を意味します。

    一生懸命に子育てを行ってきたのであれば、これからは自分の時間を楽しめるのです。

    今までは、子供を第一優先して、やりたいことも積極的に挑戦できなかったはず。

    大学を卒業した後では、あなたがやりたいことを精力的にチャレンジできる環境が整います。

    離婚をしても、それは夫婦の問題なので子供には関係ありません。

    二人の子供である当事者からすれば、両方とも大切な両親なのです。

    だからこそ、好きなように生きても誰からも文句は言われません。

    仕事を励みにしたり、趣味の時間を楽しんだりすることも可能です。

    心身共にリフレッシュできる環境が整っていますから、離婚をするのならば、今がチャンスです。

    「これからは、自分の好きなように生きる」と心に決めて、行動を起こしましょう。

    あなたが望む未来がそこにはあるはず。

    子育て終了後に第二の人生をスタートさせましょう。

    それは、あなたにとって輝きのある未来であり、「今からでも遅くない」と思える毎日を引き寄せます。

    一度キリの人生ですから、満足のいくように行動して、悔いを残さないようにしてください。

    離婚後は心から笑えるハッピーな毎日を過ごせるはずです。

    「離婚」は大きな決断。しっかりと考えよう

    パートナーと離婚を考え始めた時には、勢いに任せずに慎重に計画してからをオススメします。

    子どもが大学を卒業したら離婚すると決めていたくらいですから、勢いだけではない事はよく分かりますが、大きな決断ですからその後の事やメリット、デメリットもしっかりとリサーチして考えた上で、行動に起こしましょう。

    今回は、細かい部分にまで着目して離婚についてご紹介していますので、「それは考えていなかった」「気付きがあった」と思えたなら、深く考えるチャンスだと受け止め、素直に調べるところからスタートすることが、幸せな未来へと繋がります。

    子供の精神面にも影響を与える出来事ですので、話し合いにも加わってもらうのも一つの方法です。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事