失恋した時におすすめの映画を紹介!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

失恋をして辛いとき、何をしても気持ちが落ち着かない、癒されないというときはあります。

そんな時は、映画を観てみましょう。

心が沈み、どうしようもない時こそ感情に訴えかけてきてくれる映画を観ることで、恋を失った痛手をとり戻すことができます。

自身の気持ちと向き合えたり、また一歩新しく踏み出せる手助けをしてくれるような映画はたくさんあるんです。

ここでは、失恋して辛いときにおすすめな映画をご紹介します。

少しずつ、気持ちが前に向けるように意識してみてください。

目次

失恋して辛い時には映画を見るのがおすすめな理由

「こんなこともあった」と共感できる

おすすめな理由1映画の中でも、特に恋愛映画はすごくロマンティックな部分もあれば、すごくリアルな部分もあります。

自分の恋愛を振り返ってみて、「こんなこともあったなぁ」とか「こういうときとっても辛いんだよな…」と思う人が多いです。

失恋をして苦しい気持ちを映画の中に投影させることもできますし、楽しかった毎日を思い出して涙するかもしれません。

失恋をして映画を観ながら泣く人に対して「みっともない」「女々しい」と言う人がいますが、好きな人と別れて全く涙を見せない人の方が不思議なのです。

本当に好きじゃなかったか、心のどこかで無理をしてしまっている可能性があります。

そんな風に涙を我慢してまで自分をいじめる必要はなくて、失恋して映画を観て泣くことはストレス発散ですし、心のデトックス効果が期待できるのです。

自分の中でいろんな考えが巡り、涙を流すことは自然な行動であり、自分に無理をしないことが失恋の痛手をしっかりと受け止めて自分に優しくできるきっかけにもなります。

逆に「頑張らなきゃ」「泣いちゃいけないんだ」と思うことで、自分に無理を課すことになるので、よりメンタルがボロボロになってしまった…って人も多いんです。

映画を観る、といっても映画館に出向くのはちょっと大変なので、DVDをレンタルして観る人がほとんどでしょうが、その場合は1人家で観るわけなので、とても心穏やかに観ることができます。

静かな気持ちで、恋愛映画を観ながら「こういうこともあったな」「元彼ってこういうことしてくれたよな」なんて思って泣いてしまいましょう。

涙をたくさん流して、映画を観終えた後は少しスッキリしているはずです。

失恋の辛さって、もう永遠に続くんじゃないか?と不安になりますが、映画の主人公のように日々を大切に生きていれば、必ずステキな人に出会います。

「ああ…こうすればよかったのかな…」自分の恋愛の参考になる。

おすすめな理由3名作と言われるものでも、ちょっとマニアックなものでも、結構自信が交際している間にしてしまった悪い癖だったり、相手への無配慮だったりを気づかせてくれます。

人を好きになることや特別な感情を抱くことに正解も不正解もありませんが、それでも「こんなことしなきゃよかった」と後悔することって日常多く存在しているものです。

映画を観ている時に、例えばケンカのシーンが出てくれば「なんで男の人ってこういうことするんだろう?」と参考になります。

また、仲直りの方法や関係を継続させていく方法、いろんな面で「あんな風にすればよかったのかな」と終わってはしまったけれど、1つの愛に対して深く考えることができます。

映画によっては自分が理想としている恋愛が描かれていることも多く、どんな行動をとれば愛されるのか、相手に対してどういう態度をとればこちらを見てくれるのかなど、細かな部分かもしれませんが人の内面をうかがい知ることができます。

映画は小説と違って補足説明をしてくれません。

その分、出演者の表情や天気の移り変わり、光の加減などでお互いの距離感や心の憂いを表現しています。

失恋したばかりの女性って、すごく感性が豊かになっているので、普段なら気付かないような繊細な部分まで把握することができて、ある種「映画の本質を見抜く力」が出ているものです。

自分のこれからの参考にしながら、映画を観て「本当は元彼とこんな風になりたかった」とちょっとセンチメンタルな気分になるのもありだといえます。

映画は芸術作品なので、芸術に触れて感性を磨くことは、魅力をアップさせる方法でもあるので、試してみてください。

また恋がしたいと思えるように背中を押してくれる

おすすめな理由4好きな人を失うと、今まで自分が信じてきたものがガラガラと崩れていくような気分になります。

本当に相手は私のことを好きだったんだろうか?遊びだったのかも?一緒にいた毎日は無だったんじゃないか?気持ちが沈み、いつまでも元彼のことでモヤモヤしてしまうことだってあるのです。

裏切られたとか、元彼氏の気持ちが見えないなど、心の奥底で不安や悲しみが残っていると、どうしても次にまた人を好きになれるのかが見えなくなります。

なんとなく、また別れてしまうのではないか?もう元彼以外に自分を好きになってくれるような男性は現れないのでは?など、いろんなことが不安で仕方がなくなり、気持ちを消極的にしてしまうものです。

自己感覚としては、そこまで落ち込んでいるつもりはなくても自然と色恋に発展しそうな場に行かないようにしたり、他者から好意を示されても信用できない…といった感じで、踏み出す勇気がなくなります。

そんな時に恋愛映画や感動の名作を観ると「キュンキュンする!」と楽しくなったり、ちょっと切ないストーリーだったら自分の過去の恋愛を投影するかもしれません。

映画は、どんな話でも想像力を豊かにしてくれるので、非常に感性を磨くチャンスです。

映画にも正解はありませんし、人を好きになる気持にも正解はありません。

答えは自分で決めてしまえばいいのでです。

映像の中ですれ違ったり、恋をしたり、泣いたり、嬉しかったりを繰り返して、結果的に幸せになれる2人もいれば、どうにもならない2人もいる、どちらも否定するものではなくて受け入れるものだと理解できるので、また恋をしようかなという気持ちになれます。

否定していた心は、主人公たちによって勇気を抱き、背中を押してもらえるのです。

もしも、悲しい結末だったとしても、自分だったらこうするああすると考えることで、心が恋愛よりもになっていきます。

失恋した時に見る映画:大人の失恋にとにかく泣ける&感動する名作洋画

ファンタジックだけど妙にリアルで切ない「シザー・ハンズ」

泣ける&感動する名作洋画1不屈の名作と呼ばれ、今なお根強いファンがいる作品です。

発明家が製造過程で亡くなってしまって、手だけがハサミの不完全な人造人間・エドワードが、ある日1人の少女・キムと出会って恋をします。

キムはエドワードを住まわせてくれるペグに娘で、とても心優しい少女なので自然と惹かれ合う姿がすごく感動的です。

エドワードは人造人間なので、人の心を持たないはずですが、キムと出会うことによって常に一人ぼっちだったエドワードの心に火が灯り、真っ直ぐ純粋無垢な感情をキムにぶつけていきます。

最初は、エドワードのハサミの手は周囲から受け入れられず、哀れまれたりして異質な存在として映る中で、キムだけは1人の人間としてエドワードを受け入れたのです。

誰しも、自分が孤独だと思う中で受け入れてくれる存在を見つけたら嬉しいように、エドワードもそんなキムに対して初めて誰かに心を開く喜びを知りました。

恋愛って、普段は隠している気持ちを好きな人ださらけ出せる、そんな自分が嬉しいと思うことってあります。

エドワードを通して、初恋の苦しさ、嬉しさを思い出させてくれるのです。

終始、キム以外の存在とは調和を合わせることができず、エドワードは居心地の悪さを感じているような表情ままで、劇中エドワード以外の人はすごくカラフルなのにエドワードだけがモノクロなのもそういった周囲の違いを表現しているように感じます。

少しずつエドワードはキム以外の人にも受け入れられてきたかな?といったところで、物語は急展開が起き、またエドワードは孤独の真ん中に立つこととなり、キムの家に住む前の山の上の城に引きこもることになりました。

キムへの気持ちは捨てきれないエドワードですが、自分のハサミの手ではキムを抱きしめてあげることはできないと苦しみます。

好きだけど、一緒にいることで幸せになれない、また失うことが怖いという考えがエドワードの表情から見て取れて、「恋をするってすごく怖いよね」ってことを考えさせられるのです。

今まで1人で生きてきたのに、素晴らしい人と出会い楽しい毎日を送っていたのに、別れることで不意に幸せがなくなってしまうっていうのは、辛いものです。

ラストのシザーハンズの名シーンと呼ばれる、雪のシーンはまるでエドワードの代わりに雪がキムを抱きしめているような優しさと切なさに包まれて、思わず涙してしまいます。

好きな人だできる喜び、失う苦しさ、自分は変わっていないのに誰かの心の移ろい1つで全てがなくなる恐怖感、そんな思いが映画1本で目まぐるしく感じられ、喪失感と同時に「人を愛せて、一緒にいられることはすごいことなんだ」と思えます。

共演したジョニーデップとウィノナライダーはこの映画をきっかけに交際していますが、それくらい、心にグッとくる内容です。

恋愛物の名作映画「ゴースト/ニューヨークの幻」

泣ける&感動する名作洋画2映画のストーリーはよく知らないけど、ライチャス・ブラザーズの「Unchained Melody」がロマンティックに流れる中ろくろを回している女性の後ろで抱きしめるように男性が現れる…というシーンだけは知っている、という人も多い名作です。

映画が有名になると、陶芸教室の受講を希望する人が殺到したということがニュースにもなりました。

ロマンティックなシーンが有名なので、ラブラブな2人の幸せな物語…とイメージされるかもしれませんが、思わず涙を流すこと間違いなしです。

仲の良い恋人同士のサムとモリーは、ある夜突然暴漢に発砲されてサムが亡くなってしまいます。

嘆き悲しむしむモリーでしたが、サムは幽霊となってモリーのそばに付き添っているうちに恐ろしい事実にたどり着く…という物語です。

実は「ゴースト/ニューヨークの幻」は、サムが幽霊になってモリーのそばにいるのは「まだ好きだから」という未練として受け取られている人が多いですが、映画をきちんと観るともちろん愛情ゆえのものではありますが、愛する人を守るために必然的に幽霊になっています。

幽霊、という非現実的な存在ではありますが、恋人なのであれば幽霊でもいいから会いたいと思うのが普通です。

モリーも目には見えないけれどサムの存在を感じて、とても安心したような表情をしています。

好きな人と一緒にいる時の喜びと、奪われた悲しみが早い段階で感じられ、その後はサムのモリーへの一途な愛情を感じることができます。

終始「こんな風に愛されたらめちゃくちゃ幸せだろうなあ」といった、ちょっとした願望を含めて観ることができます。

そして、あの名シーンに差し掛かる頃には、感情はモリーに移入しているので感動的で官能的に見えて思わず涙が溢れてしまうんです。

本当に見ていて理想的な恋愛ですし、サムが亡くならなければ当たり前のように2人は結婚していたことでしょう。

現実でも、不意な事故や思いのすれ違いで一瞬にして離れ離れになってしまうことがあるので、胸が痛みます。

失恋ではありませんが、突然愛する人が自分のそばからいなくなってしまったモリーの悲しみや空虚感は手に取るようにわかる人も多いからこそ、人気があるのです。

衝撃の事実を知り、サムは絶対にモリーを守ってあげたいという気持ちから、霊媒師を利用してモリーに危険を知らせ、ことなきを得ます。

最終的には、ある意味復讐劇も出てくるので終始ハラハラドキドキさせられる物語です。

サムとモリーは、暴漢に襲われる前に結婚の話が出ていて、「愛してる」と言って欲しいモリーとどう自分の気持ちを伝えればいいのか困惑しているサムがギクシャクした形で描かれています。

そんな時に死という形で強引に引き離されているわけです。

恋愛でよくある「ちゃんと自分の気持ちを伝えたらよかった」「どうして何も言わなかったんだろう」といった後悔が、このシーンには描かれています。

後悔しないためにも、自分の気持ちはきちんと伝えようと思えますし、ずっと好きな人がそばにいるわけじゃないのだから、思った時には愛情を表現する気持ちも教えてくれる映画です。

本当に好きな人とはどんなことがあっても一緒にいたいと思わせる「卒業」

泣ける&感動する名作洋画3結婚式に突然本当に好きな人が現れて、手を握って結婚式を逃げ出す、というシーンはあまりにも有名です。

どんな困難があっても、好きな人とであれば乗り越えられると思わせてくれますし、それぐらい強引にでも自分を求めてくれる男性って素敵!と思わずにはいられません。

ドラマや映画などで現在でもパロディされるシーンで、時代を超えて支持されている名映画です。

物語は、大学卒業後エリート街道をまっしぐらなのでは、思われていた主人公のベンジャミンは内心目標を見失い、心が虚ろになっていくことを感じていたところ、卒業記念パーティーで父親の親友である夫妻と出会うところから始まります。

花嫁を連れ去るシーンがかなり有名なので、最初から最後まで純愛モードなのか、と思いきや実際は好きになる人と出会う前に彼女の母親でもあるミセス・ロビンソンと卒業記念パーティーの日に誘惑を受けることになるのです。

いきなり?と観ている側はびっくりしてしまいますが、ベンジャミンの目標が定まらずに鬱屈した気持ちを抱いている時に魅力的な人から誘惑をされると確かに流されてしまうかもな…とリアルな感覚を覚えます。

結局最初は断ったものの、不倫関係になった2人はベンジャミンの最後の夏休みを機にどんどん関係を深めていってしまいます。

この辺りまで観ていると、どうにもベンジャミンが軟弱な気がして共感できない!と感じますが、ベンジャミンの転機はミセス・ロビンソンの娘・エレーンとひょんなことからデートをすることになったことです。

もともと幼馴染だった2人は、なんとなく気まずい空気をまといながら、ミセス・ロンビンソンのこともあるのでベンジャミンはエレーンになんとかして嫌われようとします。

けれど、エレーンは常にベンジャミンに真摯な態度をとり、気付けば2人は惹かれ合う…といった展開です。

最初の方ではちょっと不穏な空気が漂っているので、失った恋に思いを馳せるどころか、安易に不倫してしまう2人にモヤモヤすら感じますが、エレーンの登場で空気がガラッと変わります。

ベンジャミンにとって、不倫というのは自分としてはしたくなかったことで、流されてした事実を後悔していました。

誰もが、人には言えないこと、好きな人にバレたくないことってあります。

本当に好きな人だからこそ言えないこともありますが、それでも好きな人には受け入れて欲しいという気持ちが芽生えるのも事実です。

別れるまで、自分の気持ちに素直になれなかった人も多いでしょうし、もっと話をすればよかった後悔している…と2人の交際を振り返って思うかもしれません。

ベンジャミンは劇中でエレーンにミセス・ロビンソンとの不倫関係を告白しています。

それってすごく勇気が必要なことですし、エレーンが「最低!」と言って自分の背を向けるかもしれません。

エレーンはそのまま受け入れてくれて、純粋にベンジャミンを愛してくれます。

このシーンは花嫁を連れ出す時よりも、感動しますし、自分だったらどうしていただろうか?と考えさせてくれるのです。

段々とベンジャミンに対して執着を抱き始めたミセス・ロビンソンの画策でエレーンは結婚をすることになりますが、この時ももっと早くベンジャミンがエレーンに自分の気持ちを伝え、行動することが大事だったといえます。

交際してる時って、一緒にいることが当然で何も言わなくても相手に伝わると思ってしまいがちですし、パッと行動しなければ目の前にもう好きな人はいなくなっているかもしれません。

次の恋では、ちゃんと好きな人と一緒にいられるようにそばにいたいと思うきっかけにもなります。

その流れで有名な花嫁を連れ去るシーンを観ると、すごく感動につながるんです。

失恋した時に見る映画:別れの切なさに共感できる感情移入しやすい邦画

ずっと好きでいることと思い出にすることの大切さを教えてくれる「世界の中心で愛を叫ぶ」

感情移入しやすい邦画1TVCMで平井堅さんの「瞳を閉じて」が流れる中、空港で「助けてください!」と叫ぶ姿は今でも記憶に残っている人は多くいます。

小説が原作となっていて、高校時代の純愛を大人になり振り返るストーリーです。

振り返るきっかけになるのは、主人公の朔太郎は自分の婚約者が姿を消し、ある時婚約者が自分の地元にいることを知った朔太郎が久しぶりに実家に帰ることからです。

実家にあったカセットテープを見つけ、聞いてみると流れてきたのは高校時代の初恋の相手、亜紀の声でした。

カセットテープを婚約者も聞いたことを知った朔太郎は、高校時代に記憶を遡らせる…という展開です。

有名な部分で言えば、高校時代の恋人が白血病になって失ってしまう、ということかと思いますが、その他にも病気が発覚する前の幸せな毎日、それからケンカをした仲直りのきっかけとして使われたカセットテープと、時代柄もありますがちょっとレトロなやり取りが懐かしさを感じさせます。

観ていると、初恋の甘酸っぱい感じとケンカをした時のもどかしい感覚を思い出して、「もっと自分から歩み寄ったり、ちゃんと謝ったりすればよかった」と自分が元彼への態度を振り返るきっかけにもなります。

お互いが純粋にお互いだけを見つめる時間の大切さが丁寧に描かれていて、こんな恋愛したいなって思いますし、病に倒れた亜紀に対しての朔太郎の態度は本当に女性なら誰しもが「いいなあ」と共感することばかりです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

ラストは、相手の幸せを願う亜紀の想いとその想いに応えようとする朔太郎、再会した婚約者の3人の優しい気持ちがつながる瞬間でした。

全員が誰かのために、しっかりと生きていて、思い合えるということは本当にステキなことだなって思いますし、自分の恋愛にも少なからず影響を与えてくれるような映画です。

今この瞬間が大切だと感じさせる「君の膵臓をたべたい」

感情移入しやすい邦画2インパクトのあるタイトルですが、内容はすごく純愛です。

高校で教師をしている「僕」は、図書委員の生徒と本の整理をすることになり、生徒に「12年前、僕が高校生の頃にクラスの人気者と図書委員をしていたんだよ」と話し始めるところから物語は始まります。

恋愛要素は高いですが、よくある「とにかくラブラブな話」ではなくて、高校時代の「僕」は寡黙で消極的な性格からクラスでも地味な存在として目立たずに学生生活を続けていたのに対して、ヒロインの桜良は容姿端麗で明るくみんなの人気者です。

なんの接点もない2人が少しずつ距離感を縮めていく様子が、まるで絵画を観ているような美しい光景として描かれています。

通院している病院で「僕」は桜良の書いている「共病文庫」という本を拾い、桜良が膵臓の病気だと知り「秘密を知ったのだから、生きている間に叶えたいことに付き合って」と言われて、最初は渋々付き合うのです。

観ていると、最初はちょっと桜良の態度に天邪鬼な雰囲気を感じてイライラしてしまうかもしれませんが、その態度も結局は病魔と戦うための術だと後々気づいていきます。

クラスの人気者がからかっているだけだと「僕」は最初思っていても、段々と惹かれていくことになるのですが、自分の気持ちに気づいた時にはもう手の届かないところにいた…という切ない別れが待っているんです。

恋愛って、自分が「今だ!」って思う瞬間でも足踏みをしてしまったり、隣いることに慣れるとどうしてもちゃんと気持ちを伝える、ということを疎かにしてしまいがちです。

今までずっと人と関わることがなかった「僕」が、桜良と一緒にいることで、少しずつ人の関わりを大切にするようになっていく変化が見ていてとても感動します。

思わぬ別れ方で2人は離れてしまいますが、恋愛はいつだって思わぬ時に別れるものです。

爽やかな2人の雰囲気と、もどかしい空気感が共感せずにはいられません。

関係は不純でも気持ちは純粋な「昼顔」

感情移入しやすい邦画3TVドラマで人気を博した「昼顔」ですが、映画化にもなっています。

この映画では、女性の強かさと男性の優柔不断さが存分に出ていて、元彼にイライラしていた人や「そうそう!こういうことある」って共感することができます。

不倫の話なので、正直倫理観等の話で言えば失恋をした時に観る映画なの?と思うかもしれませんが、関係は不純でもお互いの気持ちは純粋で「出会うのが遅すぎた」「選ぶ人を間違えた」というような感覚の2人なので少し共感できる部分もあるのです。

別れた後も心の中に残っている人って、少なからずいますが「昼顔」に出てくるのは、そんな2人が再会してまた気持ちを通い合わせるところから始まっています。

好きって、気持ちは人が思う当たり前とか、周囲の意見とは違うことも多いですし、自分たちが良しとしていることが正しいとも限りません。

だからこそ恋愛は難しくて、もどかしいものですが「昼顔」が題材にしているとは、不倫だけど純愛な2人なので、共感できる部分もすごく多いですし、ラストに向かうに流れての不穏な感じもすごくよくわかります。

かなり衝撃的な終わりかたをしているので、観た後に若干のめまいを感じるほどです。

恋愛が実ることは奇跡なんだな、ということを改めて教えてくれる映画だといえます。

失恋からの立ち直り方を学べる勉強になる映像作品

後悔とさよならするための方法を教えてくれる「コーヒーが冷めないうちに」

学べる勉強になる映像作品1豪華な俳優陣がたくさん出ているので、見応えのある映画です。

喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると希望した通りの時間に戻してくれるという噂が町中にありました。

それを聞いた人たちが、自分たちの後悔や心残りを解決するために来店してきますが時間に戻るためにはルールが存在しています。

タイトル通り、コーヒーが冷めないうちに現実世界に戻ってくることが大きな条件となっていて、4つの愛の物語を観ることができます。

普通の男女の恋愛、夫婦や姉妹などいろんな愛情が出てくるので、家族愛などでも恋愛観に影響を与えてくれたり、こんな風に別れと向き合えばいいんだなって気持ちを切り替えさせてくれます。

みんな、何かしら別れに後悔していて、誰かを求めていて、自分がこれから生きる理由が欲しいんです。

本当に好きだからこそ、思っているからこその感情なのでそこには愛しかありません。

基本的な舞台が喫茶店の中なので、大人の男女が静かに言葉を交わし合う物語です。

そんな静かな雰囲気の中、それぞれの愛を見つけて、自分の気持ちにケリをつけていく様子を観ていると、自身もこのままじゃダメだな…という気持ちにさせます。

失恋って、別れた後からすぐに感情を振り返ることはできませんし、冷静に相手のことを考える余裕もありません。

「もしもあの時に戻れるのなら…」と過去に戻りたくなることも多いですが、現実的には映画のようにいくら過去に戻れたとしても現実は変わらないです。

それでも、過去に戻りたいのはあの時の自分にケジメをつけたいから、少しだけでもいいから会いたいからに他なりません。

別れと出会いを繰り返す中で、人は強くなっていくことを教えてくれる映画です。

過去に戻れる、ということ以外は変わっている設定があるわけではないので、ごく自然に受け入れられるストーリー展開に心奪われます。

しっかりとした演技力のある人たちが出演しているので、感情移入しやすく、別れを受け入れる部分やそこからどう立ち直っていくのかを学べる映画です。

終始優しい雰囲気に包まれているので、失恋で辛い気持ちを癒すにもってこいだと言えます。

愛の形は人それぞれな「ラブ・アクチュアリー」

学べる勉強になる映像作品219人、という非常にたくさんの登場人物が出てきて、それぞれの愛情を描くクリスマス映画の名作とも言われている映画です。

観ていると思わず「わかる!」と言いたくなる話や、ほろっと涙が出てきてしまうものまで、登場人物が多いからこそいろんな感情を見ることができて、それぞれにわかる部分もわからない部分が出てくるので観ている側はとても感情を巡らすことができます。

最終的にラブラブになることもありますし、うまくいかないこともあります。

そんな男女の思いのぶつかり合いがとてもリアルで、観ているこちら側も一喜一憂してしまうようなストーリー展開です。

舞台は、クリスマスがあと1ヶ月ちょっとというところのロンドンです。

大人気ロックスターだったビリーは、カムバックを果たしたいと過去に作った名曲をアレンジして曲を発表するものの、不甲斐ない思いをしていました。

その頃、ロンドンの至る場所で愛に悩み、もがいている人たちがいます。

みんなのクリスマスまで刻一刻と時間はすぎていきますが、どうなるのか?という物語です。

1人の選択が他の人の恋愛に影響をするということはありませんが、この世界中で多くの愛が存在しているように、この映画でもたくさんの人の愛を観ることができます。

その中で、失恋をした人は特に共感を持つのでは?と思うのは、作家のジェイミーとオーレリアの物語です。

もともと、ジェイミーは元恋人と別れたことのショックから1人篭るように仕事を始めて、その家政婦としてオーレリアが自宅に通うようになる、という話です。

言語が違うので言葉は思うように伝わりませんが、それでも心を癒し合える関係になれることはとてもステキですし、失恋してもまた良い出会いには恵まれるものなんだな、と思わせてくれます。

思いを伝えられないまま、離れることも痛み、忘れられない思いなど、たくさんの愛が「ラブ・アクチュアリー」には詰まっていて、個人的にこの2人の話が好き!というのはいろんな意見があります。

それぞれの恋愛の形がどこかしら自分に近いものを感じる人も多いので、失恋の痛手を忘れて前を向く方法を教えてくれる映画です。

恋愛のどん底からはい上がる術を教えてくれる「ホリデイ」

学べる勉強になる映像作品3まさに失恋方立ち直るために観る映画!と言えるくらいおすすめです。

ロンドンの新聞社で務めるアイリスは片思いの相手に失恋し、ロサンゼルスで映画予告制作会社を経営するアマンダは同棲していた恋人に裏切られて恋を終え、2人はお互いの家を交換しようという話になります。

インターネットで知り合った2人絵はありますが、お互いの心境が似ているからかとんとん拍子に話は進んで、お互いが見知らぬ土地に足を踏み入れ、家を交換するというちょっと変わったストーリーです。

2人の女性が失恋から立ち直るためにクリスマス休暇をとって、知らない土地で過ごすことで新しい恋愛や価値観を身につけていきます。

出演している女優がとってもキレイで「こんな人でも失恋でしちゃうんだな」と思うくらいです。

監督も女性なので、映画の中に出てくるセリフや行動は、女性なら誰でも「あるある」「わかる」と言えるようなものばかりだといえます。

なかなか失恋の気分転換で、見知らぬ人と自宅を交換しよう!という話にはならないかもしれませんが、それでも出会いに積極的になろうとか、新しい友人を見つけて意気投合するというようなことは大なり小なり起きるものです。

映画に出てくる2人も同じで、国を超えて環境を変えることで、失恋した相手への執着心を解き放ったり、自分の感情と向き合う時間を作る、というのはとても大切なことだなと思いました。

過去に起きた苦しい失恋も、自身の糧にして新しい恋愛をしよう!もっと自分を大事にしよう!と思えるようなストーリーです。

大人の女性の物語ですが、失恋をしたことによって、ちょっと自暴自棄になっちゃったり、心が不安定になるなど別れを経験した人なら誰でも起きるような変化があるので、思わず共感して2人を応援したくなります。

みんな自分の気持ちを純粋に伝え合い、前を向く姿は見習わなくてはと思わずにはいられません。

失恋した後元気になりたい時に!前向きにしてくれる映画

自分らしさを取り戻してくれる「マンマ・ミーア!」

前向きにしてくれる映画1ABBAの名曲に合わせて軽快にダンスが繰り広げられ、終始笑顔になる映画です。

小さな島でホテルを経営しているドナは、娘のソフィから「父親候補は3人いるんでしょ?」と知られてしまいます。

ドナは、ずっとソフィに父親の存在を隠してきましたが、ドナの秘密の日記を読み、3人の父親候補がいることを知って自分の結婚式に勝手に招待しちゃったのです。

とんでもない流れですが、元がミュージカルのため、すごくストーリー展開が早くて多いので、あっという間に物語は進んでいきます。

登場人物全員がポジティブで、いろんな環境の違いや思いのすれ違いに関してもおおらかな気持ちで受けとめ「それもそれOK!」と笑って踊る、というような展開です。

観ていると嫌なこともスッキリ忘れられそうなパワーを感じますし、人を好きになることに理屈は関係ない、ということも感じられます。

誰だって気持ちが奔放になることもありますし、別れてからも忘れられない人がいるかもしれません。

そんな思いを引きずって暗くなっていても仕方ないのだ、とこの映画は教えてくれます。

基本的にすごくパワフルで、笑顔が多く陽気な話なので、物語の主軸である「誰がソフィの父親なのか?」という点は、観ている側も登場人物もあまり気にしていません。

3人の父親候補は全員がそれぞれの視点、感覚でソフィに愛情を抱いていますし、ソフィ自体も「3人全員パパでもいっか!」と思っているのでは?というくらいに突き抜けて明るいです。

恋愛要素、というよりも家族愛の要素が強く、特に母娘の関係性の強さに涙が出るほどですが、人を愛することの大切さ、受け入れることの必要さについても教えてくれるので、失恋して心を閉ざしてしまった人にとっては、明るさを取り戻せるチャンスをもらえそうだといえます。

全て失ってもまた頑張ろうと思える「エリザベスタウン」

前向きにしてくれる映画2仕事も恋人も失った男性が、父親の葬儀のために地元に帰るところから物語は始まります。

帰るときに乗った飛行機のCA・クレアから連絡先をもらっていた主人公・ドリューは、なんとなくクレアに連絡をして、夜通し話をしたり雰囲気が良くなりますが、クレアには「傷を舐め合うだけ」と深い関係になることは拒否されます。

恋愛って、いい感じ!と思っても、心のどこかで「本当にこの人でいいんだろうか」と不安に感じることってよくあることです。

特に失恋をした後の恋愛って普段以上に繊細になってしまいますし、踏み込んでいいかどうか悩みます。

ドリュー自身も本当にクレアが好きだから、深い関係を望んだのかそれとも孤独感から優しくしてくれたクレアに惹かれたのか、というのは距離感が縮まった時点ではあまり分かっていなかったように思います。

最終的に、クレアの優しさのおかげで離れていた父親との思い出を回想することができるのです。

時間はかかったとしても人は何度でも立ち直ることはできて、人との出会いはあるということをわからせてくれる映画なので、観終わったあとはとてもハッピーな気分になれるのはとっても落ち込んだ気分を払拭することができます。

まさに失恋した時に観たい「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

前向きにしてくれる映画3恋人が心変わりをしたことで、失恋をしたエリザベスが悲しさを忘れるために傷心旅行に出かけるところからスタートします。

旅の途中で、同じように愛する人を失った男性と出会い、心惹かれるようになる流れです。

もともと、エリザベスが旅に出たのは、自分と向き合う時間を作るとか、そういうことではなくて、心の断捨離を行なっているような感覚だと言えます。

元彼にとらわれている自分、過去の嫌な思い出、旅行を通して出会った人たちとの交流でそういった感情とさよならをしていくのです。

旅行って、気持ちを静める大きなきっかけになります。

エリザベスも1年という長い期間を通して、いろんな人と出会い、過去に囚われていることの怖さ、虚しさを学び、結果的には前を向いて本当に大切なものは何かを思い出すことができるのです。

実際に仕事を休んで、1年もの間どこかに旅行へいけるのかと言えばなかなか難しいですが、映画を通して自分も旅をしているような気持ちになれますし、一緒に立ち直っていけるような気がします。

この映画は、まさに失恋した人にぜひ観てもらいたい映画です。

少しずつ前向きになるためには映画の力を借りよう

失恋した時におすすめの映画を紹介! まとめ自分1人でずーっと考えていても、失恋がひっくり返ることはありません。

感情の整理が追いつかない…と悩んだ時は、恋愛映画を含めたいろんな映画を観てみましょう。

普段だったらなんとなくで観ていた映画も大好きな人を失ったからこそ見えてくる部分もあるので、しっかりと気持ちを立て直すことができるかもしれないです。

大切な人が目の前からいなくなってしまう、背を向けられたというのはとても悲しいことではありますが、恋愛をする上で失うことはあるものなので、映画の力を借りながら頑張ってみてください。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事