失恋して死にたいほど辛いなら読んで。
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

好きな人に振られる、というのはとても苦しいことですし悲しいことです。

失恋した後、新しい恋愛に踏み出したいと思っていても、なかなか思うように物事が進まない、ということはよくあります。

自分自身でも前に進まなくちゃ、出会いのある場所に行かなくちゃ…と思いつつも、なかなか行動ができずに悩んでいるかもしれません。

失恋したショックが深すぎて、どうしようもないと毎日泣いている女性も多く、どうやったら元彼を忘れることができるんだろう?と苦しんでいます。

普通なら月日が経てば失恋の痛みも薄れていくはずなのに、どうしてか難しい…と傷ついているあなたへ、何をしていても苦しい時に立ち止まって考えて欲しいことや今の元彼の気持ちをお伝えしていきます。

また、どうしてこんなに失恋が苦しいのかも併せてお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

目次

今回経験した失恋が死にたいと思ってしまうほど苦しい理由

あまりにも2人でいた毎日が楽しすぎた

苦しい理由1元彼と付き合っていた時は、とても毎日が楽しくて色鮮やかな日常を過ごしていたかもしれません。

デートをすれば待ち合わせの時点でドキドキして、一緒に食事をしても会話をしても、ただ隣に座っているだけでも幸せです。

とにかく元彼のそばにいる自分がとても輝かしくて、楽しいと思っていたからこそ、失恋した事実が非現実的すぎて、気持ちが追いついていないんです。

あまりにも2人一緒にいた毎日が楽しすぎて、別れたなんて嘘みたい…と思うことで、失恋の苦しみからいつまでも抜け出せないといえます。

元彼から見ると、もう自分に対して恋愛感情がなくなったから別れを選んだのでしょうが、あなたにとって元彼はまだまだ輝きがあり、好意を持っている相手だったのです。

大っ嫌いになっていて、失恋した時も「あーよかった」くらいに思っているのであれば、あまり苦しみません。

もちろん、失恋したすぐ後は「別れたんだな…」という、今まで隣にいた人がいなくなってしまった光景に悲しくなります。

さらに、2人一緒にいる時が楽しかった分、1人なった寂しさに苦しさを感じるのです。

時間が経過してからもずっと失恋に苦しんでいる人は、別れたこと自体は受け止められていても、1人でいる辛さや2人でいた時の自分の魅力が削ぎ落とされてしまったのではないか?という不安もあります。

この頃には、本当に元彼のことがまだ好きで苦しんでいるのか、それとも元彼に執着しているから苦しんでいるのか、よくわからなくなっているんです。

自分の気持ちの整理をつけることができず、元彼との楽しかった記憶だけが頼りになっていると失恋の苦しみから抜け出しにくくなります。

振られた原因がよくわからない

苦しい理由2カップルが別れる時、はっきりとした理由がわからないこともあります。

例えば、「他に好きな人ができた」とか「もう一緒にいるのが嫌だ」というような、付き合っていくのは難しいような理由であれば、あなたも「仕方がない」と諦めることができるかもしれません。

ですが、「別れることが正しいと思う」とか「君に僕はもったいない」といった、非常にふんわりとしていて「え?どういう意味?」と聞き返してしまうような理由だと、失恋した後しばらく引きずります。

元彼の意見を尊重しようと、その場では別れに対して了承したとしても、いざ1人になった時に「実際なんで別れなくちゃいけなかったんだろう?」とモヤモヤもした気持ちが残り続け、だけど元彼に質問することもできないし…と苦しむのです。

人間は、何か悲しい出来事があった時に必ずといっていいほど「あの時こうしていたら」「あの時引き止めていたら」「あの時言葉をかけていたら」と何かにつけて後悔し、苦しみます。

実際には、何を言ってもどんな行動をしても、元彼がその時「別れて」と言った気持ちが変わらなかったとしても、行動しなかった、言わなかった自分に対して嫌悪感を持つんです。

失恋という心に大きな傷を負った時には、自分を奮い立たせ、生きているために多くの人は自分自身を責めます。

「私が何も言わなかったから悪い」「気になるならちゃんと納得するまで話せばよかった」といった、いろんな後悔から失恋の苦しみをいつまでも抱き続けるのです。

何事も原因がわからないと、改善もしないので、ぼんやりとした別れを経験すると自分の気持ちを切り替えることも難しいといえます。

浮気されて自分が選ばれなかった

苦しい理由3別れの理由は千差万別です。
大きな理由はなかったとしても、お互いが話し合いを繰り返して、納得した上で別れた場合や女性にとっては「え?」と思うくらいに唐突な別れなどカップルによって違いはあります。

どんな別れでも悲しいですし、苦しいですが、女性にとって1番心に傷がつきやすいのが元彼の浮気が原因だった場合です。

浮気をするような男性とは交際をしていても、浮気を繰り返されたり、疑心暗鬼になったりとあまりうまくいかないことが多いです。

浮気をされた側とすれば、相手への愛情よりも「浮気されて悔しい」という気持ちが強く、失恋したとしても逆に「別れてよかった」と思うのでは?と多くの人がイメージします。

確かに、浮気する男性の多くが一度浮気をするともう一度したり、彼女自身が自分の元に戻ってきてくれてもちょっとした変化に敏感になって付き合っていることに疲れてしまう…と思って別れることは多いです。

ですが、逆に浮気相手を選んだことで元彼から「別れて欲しい」と言われると、浮気をされた悲しさに上乗せで「自分を選ばずに相手を選んだ」というプライドを傷つけるような出来事が発生すると、自分でも思っていた以上に傷つきます。

浮気されただけでも悲しいのに、さらに自分を捨てて浮気相手の方を選ぶ、となれば体温が沸騰してしまうくらいにイライラすることでしょう。

女性にだってプライドがあるので、「別れたくない」とか「私を選んで」なんて言いたくありません。

のしでもつけて浮気相手に渡してやる!くらいの気持ちで、元彼と別れたと思いますが、ふっと1人になると、自分を選んでくれなかったことに対して怒りと悲しみが沸き起こります。

その感情にいつまでも支配されて、悔しくて悲しくて苦しいんです。

自分は好きなのに拒否されたことが辛い

苦しい理由4失恋、というのは自分が振られることを意味しているので、大好きな元彼から自分を拒否されたことと同様だといえます。

別れの予感が心のどこかであったのであれば、「ああ…そうだよなあ」とどこか納得感もありますが、全く予想もできないまま「別れて欲しい」と言われてしまうと、驚きと共にとても悲しい感情が惹き起こるのです。

自分としては、好きな気持ちがまだあるし、別れが唐突すぎて気持ちがついていかない…と苦しみます。

別れの理由はカップルによって違いますが、どんな理由だったにせよ「もう君と一緒にはいたくない」と遠回しに言われているので、好きな人から拒否されたと落ち込んでも不思議じゃないです。

別れたいと言われた時は、いきなりのことで何も言えなかったという女性も多く、後々になって悲しみが溢れていくことが多いです。

拒否されたと思うと、今まで付き合ってきた2人の関係もどんどん嘘に見えてきてしまい、自分は元彼にとってどういう存在だったのか、と気持ちが苦しくなります。

苦しい気持ちを抱えたまま、失恋について考え込んでいても、結局ポジティブな方向に考えは動きません。

堂々巡りのような感覚があなたの中に渦巻き、いつまでも元彼のことを思い出にできなくなるんです。

失恋する事で女性が精神的に受けるダメージの正体

自分の存在価値がなくなった気がする

ダメージの正体1失恋が女性に与える影響は、自分の存在価値を否定された気分になることです。

人間は誰しも、相手から受け入れられたい、拒絶しないでほしい、と思っています。

恋愛期間中は「この人以外にもう恋はできない」とすら思い、自分を受け入れてくれる存在として彼氏を頼りにしている女性がほとんどです。

失恋をした時、女性は無意識に自分を認めて愛してくれる彼氏が「自分を拒絶している」と感じ、怖くてたまらなくなります。

単純に、恋愛が終了することに対して傷つきたくない、という恐怖心もそうですが、信頼して頼りにしている人に失恋するとある意味1人きりにされてしまったような気分になるんです。

彼氏に失恋するというのは、女性にとっては予想外の出来事であり、自分ではそこまで思い込んでいるつもりはなかったとしても大きなストレスが体にかかっています。

強いストレスは、副交感神経系がかなり影響をもたらし、気持ちが不安定になったり食欲がなくなって落ち込みをもたらします。

しばらく時間をかけて見ると治るものから、いつまでも自尊心が傷ついたままという人まで、いろんな状態になるんです。

失恋をするというのは、あなた自身を否定するものではありません。

タイミングだったり、お互いの環境などが別れを引き起こしているものがほとんどです。

好きな人への気持ちが強すぎるからこそ、相手への依存心だったり信頼が、失恋によって引き起こされるショックを助長させています。

「どうして?」「嫌いになったの?」まるで、この世の終わりのように、彼氏から別れてほしいと言われると心が途方に暮れる女性は、失恋の苦しみから抜け出そうともがいても、なかなか難しいかもしれません。

さらに、相手から拒絶されたと思って失った自尊心というのは、自身を取り戻しにくく、感情の行き先を見失ってしまうものです。

喪失感や痛みを癒すためには、それ相応の時間とあなたの「立ち直りたい」という強い心が大事になります。

「また1から恋愛するの…?」将来が見えなくて途方に暮れる

ダメージの正体2人を好きになり、相手からも好きになってもらうということは、とても奇跡的です。

「恋愛はいつでもできる」とか「出会いさえあれば」と思っている人も多いですが、出会いの幅というのは年齢を重ねるごとに狭くなっていきます。

社会に出れば、仕事に追われる日々という人も多く、自分の時間や誰かと交わる時間は非常に少ないんです。

だからこそ、貴重な恋愛をしている時は「もうこの人しか愛せない!」と彼氏のことをで頭がいっぱいになり、些細なことでも不安が心を支配していって、気分が落ち込んでしまうという人も多くいます。

彼氏は、自分にとってかけがえがなくて、自分の心が苦しい時には誰よりも何よりも真っ先に助けにきてくれる、問題を解決してくれるような存在だと考えているのです。

こうした感覚は、男性に対して気持ちを許しすぎて、自己判断ができなくなっている状態だといえます。

自分でもわからないうちに、心全てを彼氏に分け与えてしまい、自分の半分は彼氏でできているような共存の気持ちが生まれてしまっているんです。

好きな気持ち、というのはストレートな感情から少し遠回りした感情まで、様々な愛があります。

依存心は恋愛をしている女性で弾き起こりやすい感情で、自分の存在があるのは彼氏がいるからこそ、彼氏は自分をこの世で1番愛してくれると信じ切ることで、彼氏は絶対に自分から離れないという自信を得ているのです。

実際、人の気持ちはそう簡単なものではなくて、どれだけ好き合っていたとしても、終わりが来ることはあります。

心が彼氏でいっぱいの女性は、現実的な考えがあまりできなくて、目の前の彼氏が世界の全てのように思っているんです。

そんな頼りきっている男性が、唐突に目の前から消えてしまう、というのはかなりショックな出来事です。

同時に「また1から恋愛なんてできるの?」と大きな不安が押し寄せてきます。

今まで恋愛をすることによって受けてきた恩恵が全てなくなり、元彼のように自分を愛してくれる人、またはそれ以上の存在を見つけ出す自信が女性にはなくなります。

その恩恵というのは、大きなものではなくて、例えば仕事で夜遅くなった時に迎えにきてくれていたとか、缶ジュースの蓋を開けてくれたとか、些細な部分です。

「そんなところ?」と思うかもしれませんが、こうした日常生活のさりげない恩恵がなくなる事実は非常に女性の心を苦しめます。

男性の性格は様々あるので、元彼と同じような人と付き合えたとしても細かな部分で違いを感じるものです。

失恋したのだから、新しい一歩を踏み出さなきゃと頭では分かっていても、元彼との日々が幸せだったのであればより忘れられずに苦しみます。

世界の真ん中で一人ぼっちになったような孤独感で心が苦しいんです。

「もう自分は恋愛なんかできないのでは?」と自己嫌悪に陥ってしまう

ダメージの正体3失恋は、女性にとっても男性にとってもある種失敗をしてしまった、というような気持ちにさせます。

仕事でも恋愛でも、失敗してしまったという感覚は、人の自信を奪っていきます。

仕事であれば、今後失敗しないようにできる対策を考えることは可能ですが、恋愛って付き合う人が変わったり、年齢を重ねるごとに気持ちの変化があるので、なかなか失敗を改善させることが難しいです。

「元彼はこうだったから、今の彼氏にはこうしよう」と思ったとしても、そもそも元彼と今の彼氏の感覚が同じとはいえません。

10人いれば10人の感覚があり、恋愛観があります。

今の彼氏との経験が、次の彼氏への参考になるのかといえばなかなか難しいです。

そのため、できるのであれば今の彼氏と結婚したい、このままうまくいくようにして「もう恋愛をするわずらわしさから解放されたい」と心の底では思っています。

好きな人と出会うのにわずらわしいと思う人はいるの?と思うでしょうが、多くの女性が失恋をすると、非常に心が疲れて、もう恋愛ができないかもしれないと悩むんです。

人間は、できる限り失敗せずに自分を否定せずに生きていきたいと願っていますから、失恋のような身近な失敗を繰り返すことに毎回心を痛めています。

繰り返し失恋することによって「もう自分は恋愛しないほうがいいのではないか」「もう二度と男性から愛されないのではないか」と、自分の気持ちがどんどん削ぎ落とされていくのです。

失敗を繰り返すごとに自分は魅力がない人間のように感じられて、以前だったらもう少し恋愛に対して気軽な気持ちを持っていた人も、年齢を重ねていくうちに、相手への選別が変化していきます。

もう失敗したくない、と思う気持ちが強くなるたびに彼氏との失恋がとてもあなたに重くのしかかって、この重さから逃れることはできない、恋愛のチャンスはもう自分には巡ってこないと苦しみます。

元彼の全てが嘘に見えて執着する

ダメージの正体4失恋して忘れられずに苦しんでいる女性の多くが、毎日付き合っていた時のことを思い返しています。

「あの頃はこんな風に言ってくれた」「こんなことをしてくれた」「あんな言葉をくれた」など、元彼からしてもらったことを一生懸命思い返して、自分と付き合っていた日々は間違いじゃなかったと再確認したいんです。

でも、ふっと思うことは「付き合っていた時の元彼の全ては嘘だったんじゃ?」ということです。

失恋をして、精神的なダメージを受けていると、どうしてもネガティブなことしか考えられません。

よくある話で「別れた彼氏には感謝している」と言う女性も多いですが、実際そんな風に思える女性は一握りです。

好きな人との別れをポジティブな気持ちに変化させるにはそれなりの時間が必要になりますし、それなりの覚悟も必要になります。

どれだけ円満に別れたとしても、元彼への愛情が強かったり、精神的なダメージが強すぎるといつまでも心は前向きになれません。

その感覚は悪いことではありませんが、あまりにも長い期間失恋の苦しさに悩んでいると、徐々にここまで自分を苦しめている元彼が憎くなります。

「付き合っていた時はこうだったのに、結局失恋した。嘘だったんじゃないか」と憤慨することによって、自分の苦しみを元彼に転嫁しているのです。

自分を奮い立たせるためには何かを憎まなくちゃ難しいという人も多く、自分を責めたり元彼を憎むことによって自分の気持ちのバランスをとっています。

もちろん、付き合っていた時と気持ちの変化があったから元彼はあなたと別れることを決断したのです。

付き合っていた時の気持ちはその時の元彼の本心だったはずなのに、失恋の苦しさから逃れられない女性は全てが嘘に感じられて、自分は元彼に裏切られたんだと思うことによってますます逃れられなくなります。

そうした心は、どんどん執着心へと変わっていき、あなたは元彼から離れられなくなるのです。

元彼に振られて死ぬほど辛い時に試してほしい心が癒やされる過ごし方

自分を大事にする時間を作る

心が癒やされる過ごし方1失恋で苦しみ、死ぬほど辛いと思っている状態だと、感情の優先順位が元彼に向いています。

朝起きてまず元彼のことを考えて苦しみ、何かしていてもふっと気を抜くと元彼のことを考えて苦しむ…というようなルーティンになっている人がほとんどです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

こうした感情の優先順位のままだと、いつまでも失恋の痛手から抜け出すことはできませんし、元彼のことを考えないようにするのも難しいです。

そこで、感情の優先順位を変えてみましょう。

例えば、朝起きて第一に元彼のことを考えていたのであれば、朝起きたらすぐに料理をする、お風呂に入る、など自分に課題を与えてください。

丁寧にメイクをするでも、掃除機をかけてから出勤するでもなんでもいいです。

とにかく、自分の生活を丁寧に過ごすことを意識しましょう。

元彼のことで頭が支配されている状態だと、どうしても自分のことをは疎かにしてしまいがちですし、何も手につかないという状態が多いかもしれません。

そのような生活態度だとあなたの魅力はどんどん失われ、新しい出会いからも排除されてしまいます。

新しい恋愛が全てではないので、まずはあなたがあなた自身に対してもっとゆったりとした心構え、大事にしてあげたいという気持ちを持って接してください。

ふとした瞬間に思い出してしまうのは、すぐ変化させられないので仕方がありません。

もしも、ふっと思い出すのも苦しければ、思い出した時にコーヒーを飲むとかお菓子を食べるなどあなたを労る行動もプラスしましょう。

傷はすぐに治るものではありません。

少しずつ、感情の矛先を変化させることで、少しずつ、元彼のことも思い出にしてくれます。

自分で沸き起こる感情に対して、どう思うのか、どう対処するのか、は元彼が決めることではなく、あなた自身の意識でどうにでもなるものです。

あなたが今感じていること、悩んでいることは、無意識のうちにあなたが思い込んでいる「こうしなくてはいけない」「そうするしかないんだ」という部分が大半を占めています。

感情の方向性を変えると、こうした思い込みにも変化が訪れるので、自然と失恋の苦しみから気づいた時には抜け出せています。

友達や家族と一緒にいる時間を長くする

心が癒やされる過ごし方2誰かと一緒にいる時間は、とても大切なものです。

特に友達や家族と一緒にいる時間は、あなた自身を肯定してくれて、見守ってくれる、とても大切な時間になりやすいです。

もちろん、友達も家族もあなたや元彼に対しての意見はあるでしょうし、その意見が全てあなたの思うような言葉じゃないかもしれません。

ですが、そういった言葉達は全てあなたのことを真剣に思ってくれているからこそで発せられています。

失恋に苦しみ、もう死にたいとまで思っている時は、塞ぎ込んでしまう人も多く、誰かと会う気持ちにはなれない人が多いです。

無理して誰かに会ったとしても、なんとなく笑える気持ちにはならないし、元彼に固執している自分の姿を見られるのはプライドが傷つく…と避けている傾向があります。

恋愛中も彼氏にべったりだった女性は多く、友達や家族との時間を取らなかった人も多いです。

「失恋したからって頼ったら今更って思われそう」という恐怖心もあるため、友達に頼っていいのかに迷いが生じます。

この感覚も、失恋が女性を全てのことから放り出して1人ぼっちにさせたような気分になる要因です。

恋愛に夢中になりやすい女性は、彼氏との時間が最優先で友達との付き合いが疎かになることが多く、いざ失恋した時に頼れる友人がいないと感じています。

そう思うのは実はあなただけだったりして、友人としても「彼氏がいたら、そっち優先するのは当然」と思っている人が多いです。

自分自身も彼氏ができたら、その人との時間を大切にしたいと思っている友人が多く、あなたのことを理解してくれています。

ただ、直接話として聞いたわけじゃないので、あなたは自分の中で「きっとこうだ」という思い込みを発せさせて人を避けているのです。

勇気を出して、失恋した苦しみを話してみましょう。

きっとみんな、あなたと一緒にいる時間を増やしてくれますし、中には新しい出会いを提供してくれる人も現れるかもしれません。

徐々に元彼のことを思い出す時間より誰かと一緒にいる時間が増えたら、思い出すことが少なくなり、自然にあなたの心は癒えていきます。

おいしいものを食べて気持ちを静めよう

心が癒やされる過ごし方3人間には3大欲求というものがあり、食欲・睡眠欲・性欲と生きていく上で子孫を残す上で大事な欲求があります。

そのうち、失恋をしたときに大事になるのは食欲です。

失恋をして苦しいときにはとても食事なんてできない、と悲しむかもしれませんが、失恋して苦しいからこそ、食事って大切だといえます。

理由として、食事をすることによって、心が落ち着いたり幸福感を得ることができるからです。

例えば、ダイエット中には遠ざけられがちな炭水化物には幸福感が得られるセロトニンというホルモンを作り出してくれます。

恋愛をしている時もセロトニンがたくさん分泌されるから、幸福感を得られて「大好き!」といったいった感情が引き起こされます。

チョコレートやとり肉なども同様のホルモンを分泌しやすくし、気持ちを落ち着かせることができるのです。

そのため、失恋で苦しんでいるときこそおいしい食事をして、心を落ち着かせて別の角度で幸福感を得ましょう。

ただ、注意が必要なのか食事内容です。

やみくもに食べることが正しいのではなくて、心に効く食事をしてください。

ストレス予報や軽減につながるとされるブルーベリーや視覚効果で心を落ち着かせてくれる緑黄色野菜などを取り入れることが大事です。

ジャンクフードや塩分過多な食事は、逆に体に必要な栄養素を奪っていくこともあるので、幸福感を得られずに倦怠感や憂鬱感を引き起こす原因にもなります。

健康的でおいしい食事を心がけてみましょう。

もしも、1人で食事することに抵抗感があるのであれば、誰かを誘って食事に行くのもいいですし、居酒屋のようなちょっと騒がしい場所で食事をしてみると、寂しさを紛らわすことができます。

1人の時間を楽しめるようになることが、元彼から抜け出す一本になります。

泣くことを我慢しないでたくさん泣く

心が癒やされる過ごし方4失恋をして、いつまでも泣いていることは悪いことだ、と思っている人はたくさんいます。

「いつまでもメソメソしていて情けない」と自分を責めて、しっかり前を向けるようになりたいと願っているかもしれません。

でも、人にとって生きていく上で泣くことってとても重要なんです。

赤ちゃんの頃は自分の意思を伝えるために人は泣いていましたし、悲しいだけではなくて喜び感動の涙もあります。

人間にとって涙というのは生きていく過程で切ってもきれない部分であり、必要なものです。

泣く行為を情けないと思う人も多いですが、実際は違います。

泣くことによって自分の感情をコントロールできたり、バランスをとることができます。

さらに、相手に対して想いを伝えるときにも涙は効果的ですし、辛いことがあった時に泣くのはストレス発散にもつながるんです。

失恋して辛いときだからこそ、自分に対して我慢を要求せずに「泣いてもいいよ」と認めてあげてください。

自分に優しくできるのも厳しくできるのもあなたしかいません。

失恋の苦しみを受け入れ、昇華させるためには、泣くことも1つのステップだと思いましょう。

泣いて泣いて、散々泣いた先には青空は広がっています。

心のゆとりが生まれるようになれば、自然に泣く時間も減っていきますし、どんどん自分への自信も取り戻せていくものです。

気を抜くと泣いてしまう、といつも緊張感を持って生きていたのであれは、すこ気持ちを緩めて泣くことを許してあげてください。

泣く時間は、今のあなたにとった必要な時間だと思うことは必要です。

失恋した後何をしていても苦しい時に一度立ち止まって考えてほしい事

自分は自分のために生きていることを思い出して

一度立ち止まって考えてほしい事1失恋して、何をしても苦しい、楽しくない、元彼に会いたい…と心を閉ざしてしまっている状態の女性にまず理解してほしいことは、あなたは元彼のために生きているわけでもなく、これから先に出会う異性のために生きているわけでもないということです。

あなたはあなたのために生きていて、あなたの人生はあなたのために存在しています。

生きてれば失恋もしますし、友達と仲違いすることだってあるものです。

それら全ての悲しい出来事を単純に「生きているときに起きた失敗」と片付けてしまうのではなくて、あなたの人生に必要な傷だったと思ってください。

人は、全く傷つくこともせずに生きていくことは難しいです。

誰かに守ってもらっていた分、守ってくれた人がいなくなれば虚無感に襲われて、不安があなたを支配するでしょう。

人に頼ることは悪いことではありませんが、本当の意味であなたを守ってあげられるのもあなたしかいません。

誰かに頼っていても、その人がいなくなる日は当然訪れます。

永遠の気持ちも永遠の関係も存在はしないのです。

失恋は特に顕著で、どれだけ好きな男性だったとしても、相手が同じようにあなたのことを思い続けている保証はありませんし、いろんな感情の変化によって別れを選択することだってあります。

失恋全てを重く受け止めて、もう二度と恋愛なんかしない…と落ち込むかもしれませんが、恋愛できるできないもあなたの行動1つなのです。

だから、あなたはあなたのために生きましょう。

自分の思う幸せはどんなものか、叶えるためには何をしよう?そんなことを思えるようになれば、失恋の苦しみからも解放されていきます。

あなたはただ1人の存在

一度立ち止まって考えてほしい事2自分を大事にしましょう、と言われても難しいかもしれません。

そこで考えてみて欲しいことは、元彼の代わりは実はいくらでもいます。

広く目を向けてみれば、もっとかっこいい人はいるでしょうし、優しい人もあなたを思いやってくれる人もいます。

あなた自身が見ようとしていないだけなんです。

元彼の代わりはいくらでもいたとして、あなたの代わりはいません。

あなたはあなたであり、自分を幸せにしてあげられるのも実際はあなた自身です。

彼氏を見つけて幸せ感を高めるのも、仕事に一生懸命になって幸せ感を高めるのも、行動するのはあなたであり、あなたがいなければあなたの日常は何も変化しません。

ただ単に呼吸をして、生きているだけの人生を歩むこともできますし、恋愛を重ねて結果的に結婚をしたり、別れと出会いを繰り返すことに疲れて一休みすることもできます。

あなたの可能性は無限なのです。

その可能性を開き、進化させることができるのは異性でも友人でもお金でもなく、あなたの気持ち1つだ、ということをもう一度考えてみましょう。

実は最後の恋って存在しないもの

一度立ち止まって考えてほしい事3「この恋が最後…」とか「この人以外はもういない」と恋愛が始まると思う人はたくさんいます。

男性は最初に付き合った女性のインパクトが強いようですが、女性は男性の最後の女性になりたがります。

最後の女性であれば、結婚も視野に入れられますし、人生を通して一緒にいる時間を長く取れるからです。

好きな人の最後の女性になりたい、と思う気持ちはすごく愛情豊かで素敵です。

だからこそ、失恋してしまうと「もう恋愛はできない!」と落ち込むでしょうが、実は最後の恋なんて誰にも訪れないといえます。

何歳だって恋はできるし、彼氏がいたって恋愛をしている人はたくさんいます。

浮気をしてもいい、という話ではありませんが恋愛ができない状況なんて、実はどこにもないんです。

ロマンスはどこにでも落ちていて、見つけて拾うのか見て見ぬふりをするのかは、あなた次第だといえます。

年齢的な問題で恋愛をリタイアする人もいますが、人の感情に年齢制限はありません。

何歳だって素敵な異性に出会ったら恋愛をすればいいのです。

でも、結婚したいとか子供が欲しいと思うのであれば、付き合う男性に対して最後の恋だと言い聞かせることは必要になります。

そんな相手に失恋したとき、最後の恋と言い聞かせていた相手が消えた喪失感から苦しみますが、最後の恋は存在しないって理解しておくと、もう少し心が楽です。

失恋の痛手が未来の自分にもたらしてくれるポジティブな要素

自分の良い面も悪い面も知ることができた

ポジティブな要素1失恋をすることによって、自分自身を振り返ることができます。

付き合っていたとき、こんなところが悪かったなとか元彼と付き合ってきて、自分はこういうところが良かったと元彼に言われたな、など恋愛にとっての自分の特徴を知ることができるのです。

こうした良い面悪い面を知ることによって、次の恋愛に活かすこともできますし、自分の自信にもつながります。

元彼と過ごした日々が毎日楽しいだけではなかったと思いますが、そんな時でも純粋に相手を愛していた自分を認めることができるのです。

元彼とケンカした時を振り返って、こういうところが悪かったなと思えるのは、簡単にはできませんし1人でいるとあまり気づけない部分です。

だから、元彼との失恋をバネにして、新しい恋愛に向かうときは良い面も悪い面も自分で理解した上で進むことができます。

強みと弱みを理解している、ということはそれだけ異性に自分のアピールを的確に行えるということにもなるので、失恋がポジティブになる瞬間です。

元彼との日々で変わった考え方を活かしていける

ポジティブな要素2元彼と付き合う前と付き合った後で、あなた自身に変化があるかもしれません。

以前だったらこういう考え方だったけど、今はこういう考え方に変化している、好きなものが変わったなど、元彼があなたに与えた影響はたくさんあるはずです。

変化、と聞くとマイナスなイメージを持つ人も多いですが、変化は人間必ずあります。

元彼からの影響じゃなくても、生きていると昔の考え方が違ったのではないか?と振り返る瞬間があるので、そこで変化をすることは当然あるんです。

特に恋愛をしていると、男性の意見や感覚に合わせているうちに、自分の価値観も変化していたという女性は多く、普通のことだと言えます。

大事なことは、その変化を自分にとってポジティブなものにしていけるのかどうかということです。

単なる変化として受け止めるのか、新しい自分の強みとして生きていくのかではだいぶ印象が変わってきますし、新しい恋愛をしやすくもしてくれます。

変化した考え方によって、あなたの魅力がもっと異性に伝わりやすくなったともいえるので、変化を怖がらずに行動してみましょう。

自分の弱さを知り改善することができる

ポジティブな要素3失恋をして苦しんでいる時、あなたは自分のことを弱虫と思ったり、自己否定をするかもしれません。

確かに、失恋を受け入れるためには自分を否定してみることも必要ですが、いつまでも否定し続けていると、あなたの心は疲れてしまいます。

失恋をして苦しむことも、元彼があなたを振った理由も全てあなたの弱さに直結しています。

自分では気づかなかった弱さについて、失恋を通して知ることができるので、「自分はいつも辛いときにこういう考え方になるからダメなんだ」「これじゃあ幸せになれない」など、自分の感情と向き合う時間をくれたと思ってください。

恋愛をしている時、自分と向き合う時間なんて全然なかったと思うので、次の自分を目指すためにも一度自分の弱さと向き合い、改善するためにはどうしたらいいのか?ということをよくよく考えてみましょう。

失恋で苦しいのは仕方がない!大事なことは前をどうやって向くのか

失恋して死にたいほど辛いなら読んで。 まとめ失恋で苦しみ、死にたいほど辛いと感じている方へ…をお伝えしました。

大好きで、この世の全てだった元彼に失恋してしまうと心が苦しくて、元彼のいない日常なんていらない!とすら思うものです。

でも、事実としてあなたは失恋しています。

元彼と復縁できるかもしれませんが、失恋で苦しみもがいている時はどうしても自分の魅力が半減していると思えて、何も行動できないまま足踏みしていることでしょう。

だからこそ、失恋の苦しみから抜け出すには自分をまず愛してあげることが大事だといえます。

失恋してもがき苦しむ自分を否定せずに、ゆっくりと時間をかけていいので、自分を愛してあげましょう。

少し顔が上を向いた頃、また新しい出会いがあなたを待っているかもしれません。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事