男が冷めたときの行動は分かりにくい?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

付き合っている彼氏の温度感って気になるものです。

大好きな彼氏だからこそ、自分のことも愛して欲しいと思うのは当然のことですが、なんだか付き合ってから「彼氏の態度が変」だとか「なんだか冷たい」という感覚になる人も多いかもしれません。

実際に、男性があなたに対して冷めてしまった可能性もありますが、男性って冷めてなくても冷めたような行動をとることがあります。

そこで、本当に彼氏が冷めているのかいないのかをしっかりと理解しておきましょう!

男は冷めていなくても冷めたような行動取りがちな理由、実は冷めていないのに冷めてるような対応をする男の行動をご紹介します。

どちらも似ているようでちょっと違うので、見極めてみてください。

目次

男は冷めていなくても冷めたような行動を取りがち。その理由

常にかっこいい自分を演出したい

その理由1全員ではありませんが男性って、かなり自己肯定感が高く、ナルシストが多い生き物です。

なので、付き合った彼女に対しては常に「自分がかっこいい」と思ってもらいたいといえます。

もちろん、交際が長くなっていくとかっこつけてもいられなくなるので、もっと自然体で接することができますが、特に最初のうちはあまり素直な自分を出すこともできずになんとなくかっこつけたい気持ちが先に出てくるんです。

特に男性って「クールな男ってかっこいい」と思っている傾向があり、女性に素っ気なくすることで自分がかっこいいと思っている節があります。

ただ本当にクールな男性というのは、好きな女性には優しくするものですし、クールだからといってむやみに相手に対して素っ気ない冷めた態度をとるわけじゃありません。

クール、という言葉の意味を履き違えているので、女性に対して誤解を招いてしまっています。

女性に対して愛想良くするのはカッコ悪いから自分なりの「かっこいい男はこうだ!」というものを追求しているだけです。

わかりやすいのは、付き合う前までは優しくてデレデレしていた人が、付き合った途端に冷めた態度をとる場合だといえます。

付き合う前まではかっこつけるよりも先に「この人と付き合いたい!」という気持ちが先に立っているので、もともとの自分の感情に素直です。

でも、付き合った途端に「かっこいい自分を見せたい」と思うようになるので、急に冷めたような態度をとってしまいます。

男性としては理由があるのかもしれませんが、女性にとってはあまりにも急な変化に戸惑ってしまって「嫌われてしまったんだろうか?」ととても悲しくなります。

この点をもしも理解したとしても、なかなか男性に対して「素直になって」と言えるわけもないので、なんとなく気まずい関係になることも多いです。

男性は、プライドが高くてかっこつけたい気持ちが強いものなので、ある意味女性に比べると子供っぽいのです。

女性の思うかっこよさと男性の思うかっこよさは違うため、急に男性が冷めるような態度をとられた時にはその他の態度の変化を注意してみてください。

冷めたような態度の他にはあまり変化がなくて、優しいのであればそれは冷めたのではなく単にかっこつけているだけなのかもしれません。

「大好きでどうしたらいいかわかんない!」愛情の逆転的な態度をとってしまう

その理由2男性だけではなく女性でも言えることですが、相手への感情が強ければ強いほど、「どんな風に好きを表現すればいいのかわからない」と思ってしまいます。

例えば、片思いをしている場合でも好きな気持ちが強くなりすぎると、逆に相手を避けてしまったり、視線を合わせることが怖いなどいろんなことを考えます。

相手への印象を考えるあまりに、自分から積極的に行動ができなかったり、自信を持てないというような気持ちが出てきてしまうんです。

その気持ちはいわゆる「好き避け」と呼ばれるもので、これはまるで小学生の男子が好きな女の子に対していじめてしまう感覚と一緒です。

緊張感がまだあるから接し方がよくわからずに相手の心に寄り添えないような態度をとってしまいがちですが、内心女性から受け入れられることをとても期待しています。

なので、心の中ではもっと女性に対して優しくしたいとか素直になりたいと思っていても、自分じゃどうにもならないことにもいらだっているんです。

付き合っているのだから、もっと素直になりたいと思っても行動できない自分にとても焦りを感じています。

自分ではどうにもならないもどかしい気持ちがあるから、女性に対してどう振る舞えばいいのかよく分からなくなっているんです。

大人の男性だからこそ、一度このようなサイクルになってしまうと「いつ素直になったらいいんだろう?」と混乱していき、冷めた態度が加速します。

女性にとっては「なんでそんなに冷たくされるの?」と悲しくなるかもしれませんが、こうした男性の場合は言動の端々から優しさを感じることも多いので、パッとした印象だけで相手の気持ちを決めつけてしまってはいけません。

恋愛経験が少なくて愛情表現の仕方がよくわからなくなっている

その理由3最近の男性は、草食系男子が多くてそもそもの恋愛経験が少ないこともよくある話です。

若い男性だけではなくて、ちょっと大人の男性も恋愛経験が少なく女性のエスコート方法がわからない!と思ってしまう人も増えてきています。

どんな風に女性に対して愛情表現をすることが、相手に伝わりやすいのかということを考えすぎてしまって逆に冷めた言動をとるのです。

愛情表現が下手な人は、女性に自分の気持ちを知られてしまうことが「かっこ悪い」と思ってしまいます。

好きな気持ちを素直に伝えることによって、なんとなく恥ずかしいとも思っているんです。

気持ちをどう表現すればいいのかわからないし、知られてしまうことも恥ずかしいと思っているので、ある意味男性の頭の中で女性への感情が混乱しているとも言えます。

表現方法は人それぞれですし、はっきりと「好きだよ」と伝えなくても愛情表現はあります。

でも、恋愛経験が少なすぎて愛情表現のレパートリーが少ないのです。

そういう人は、女性に対して「ちゃんと好きって言わなきゃ」と自分に対して責めるような気持ちを持っているんです。

本当はそんなにはっきり明確に伝える必要がない、ということもよくわからないまま、自分なりの愛情表現の方法を見つけることもできずに自分の気持ちがモヤモヤします。

まるで相手に興味がないような雰囲気を出していますが、結局彼女のことは気になりますし、彼女の反応がどうなのかがとても気になります。

かといって、女性の愛情を試してみても自分の愛情を表現することができないので、なかなか自分の感情をコントロールするのが難しく感じている人は多いです。

駆け引きを楽しんでいるつもりでちょっとから回っている

その理由4冷めた行動は、自分が冷たくしたことによって女性がどんな反応をするのか、彼女がもっと自分を愛してくれるんじゃないかと思うからこそとっているともいえます。

自分への愛情を確認したいから、わざと冷たくして相手の反応を楽しんでいることもよくある話で、駆け引きをすることによってよりお互いの存在を強固なものにすると信じているんです。

でも、駆け引きというのは相手もそのことをある程度理解し、きちんとお互いの手中で感情がおさまっている時に使えるものであり、女性がただただ傷つくような冷めた行動は駆け引きとはいえません。

むしろ、そういうことをする男性の気持ちが女性には理解できなくて破局する理由にもなるので、男性としては予期せぬ時に別れ話をされてしまう可能性もあるんです。

わざと女性に対して冷めた行動をする人は、駆け引きが上手な人もいれば下手な人もいるので、結局冷めた行動をした後のフォローの有無が女性への印象を変えていくことを理解しているかどうかにもつながります。

女性って、どれだけ冷たくされても自分が情熱的に好きな男性であれば別れることもありませんし、気持ちが冷めることもありません。

ですが、情熱というのはいつまでも残っているわけではなく、燃やし続けるためには彼氏からの愛情が必要不可欠です。

ここで、駆け引きが上手な男性であれば、そんな女心を汲み取って適度に優しくしますし、ここぞという時にはきちんと愛情表現をしています。

でも、駆け引きが下手な男性というのはこうしたフォローができず、彼女の立場から見るとすごく辛いをさせられていると思うだけで、惹きつけられる部分がないんです。

この場合、男性本人は空回りしていることに気付いていないことも多く、わかった時には振られているなんてこともよくある話です。

距離をあけることでいざという時に傷付かないように防御している

その理由5彼女に対して、しっかりと愛情表現ができない男性というのは、基本的に臆病な人が多いです。

冷めたから相手に対してサインを送っているわけではなくて、本当は好きなのにあまり自分の愛情を彼女に表現すると彼女から「気持ちが重たい」と思われてしまわないかと不安になります。

それに、「こんなに好きになったのに、振られるかもしれない」という恐怖心から彼女に冷めた行動をして、もしも別れたとしても「ほらやっぱり」と自分の中で言い訳が欲しいのです。

相手のことが好きだからこそ、ケンカした時や別れた時のダメージは計り知れないものになるので、防御しています。

この感情は全て、本当に彼女のことを好きだからこそ思う恐怖心なので、女性側も理解できる感情です。

別れることなんて想像したくないけど、好きな気持ちが強いからこそ、手放しで一緒にいる幸せをそのまま受け入れていられる余裕がない、という人も多いことでしょう。

好き、という感情は時として人をパニックに陥れることもありますし、本来の自分を見失わせる可能性もある魔性の感情です。

そんな感情に翻弄されないためにも、男性は心を鬼にして彼女に対して冷めた行動をとって自分の気持ちを保っています。

この恋愛がだめになれば、どれだけ自分がダメージを受けるのか、立ち直るまでに要する時間はどれくらいなのかを冷静に見極められている男性だからこそ、最初のうちから
浮かれた態度をとりません。

逆にいえば、とても繊細な感覚の持ち主だとも言えるので、女性側も少し配慮してあげたほうがいいです。

女性も冷めた態度をとる男性の行動全てに一喜一憂して、心が振り回されてしまうと2人は別れにまっしぐらになるので、少し冷静に、そして客観的に2人の関係を見直してみましょう。

その後、どうしても冷めた行動をとられる原因を見つけ出せなければ、話し合いをしてみることも大事です。

自分が傷つきたくなくて彼女を避けている人は、自分の本心を伝えることにも怯えているので、向き合うことも避けています。

だからこそ、彼女の方から歩み寄って欲しいと願ってもいるので、関係を継続させたいのでれば、男性の心理を汲み取って女性から向かってあげてください。

実は冷めていないのに冷めてるような対応をする男の行動

視線を合わせないでスマホばかり見ている

冷めてるような対応をする男の行動1彼氏があなたと一緒にいても視線を合わせてくれなかったり、スマホばかり見ているとかなり辛いですよね。

一緒にいるのに、なんだか1人でいるようなとても悲しい気持ちになります。

でも、視線を合わせないというのは緊張をあらわしています。

好きな人だからこそ、恥ずかしくて視線を合わせられなかったり、視線が合った時に何を話せばいいのかわからない、と悩んでしまうから、スマホを見てなんとなく時を過ごしているのです。

冷めたとか嫌いだから視線を合わせないようにしているのではなくて、とにかく彼女と一緒にいる時間の中でいかに自分をかっこよく見せられるのかを意識しています。

女性としては、彼氏が自分と視線を合わせてくれないこともスマホばかりいじっていることも不満に感じることでしょう。

デートをしているのだから、こっちを見て!スマホばっかり見てないで!と思いますが、その気持ちをすぐにぶつけてしまわないようにしてください。

例えば「こっち見てよ」と言ってみるとか、スマホを見ている時は「何か面白いニュースでもあるの?」なんてちょっとジョーク交じりの物言いをしてみると、彼氏も素直になりやすいです。

男性は基本的に自分に対して素直になることがなかなか難しいので、女性の方から男性
素直になれるような配慮をしてあげてください。

そんな風に配慮してもらえると男性も女性に対して好感をもちますし、ちょっとしたことかもしれませんが、お互いの関係をよくする手助けをしてくれます。

一方的な感情はお互いを傷つけるだけなので、何か不満なことや不安なことがあれば言葉を丁寧に選ぶなどしましょう。

「今は忙しいから」を常にアピールする

冷めてるような対応をする男の行動2あなたの方から「会いたい」と言ったり、「今度はいつデートしようか?」と聞いた時に「今忙しいからまたにして」と言うような男性も実は冷めいているのではなくて、乗り気になる自分がかっこ悪いと思っているから避けています。

本当はすぐにでも「いついつ会おう!」と言いたいのに、なんとなくかっこ悪いような気がして、自分が今忙しいことをアピールしだします。

男性にとって、仕事に忙しい人=大人な男性と思っている傾向があり、彼女からかっこいいと思ってもらいたいから忙しい自分を演出するんです。

それに男性から見れば「恋愛に一生懸命になるのはかっこ悪い」と思ってしまいますし、かといって冷めた行動をとることで彼女とのデートが遠のくのも寂しいと感じています。

基本的に冷めていないのに冷めているような態度をとると、彼女が傷ついてしまうものです。

「どうしてそんな風に言うの?」と思いますし、仕事が忙しいからといって自分と会ってくれないのはとても寂しいです。

冷めていないのに冷めたような態度をとるような男性は、そんな女性の気持ちに気付かずに自然と行動しています。

やっと彼女の心の傷に気づいた時には、もう手遅れだった!なんてこともよくある話です。

好きなのに、どうしてうまくいかないんだろう?と男性の方も悩んでいますが、女性としても男性の態度に対して悩んでいます。

お互いが自分1人で悩んでいるだけで、結局何か改善させることもできないです。

忙しいとアピールする男性の中には、本当に忙しい人もいますし「そんなに忙しくないでしょ」と思うような人もいます。

その時に女性が責めてしまうと、男性もますます意地を張ってしまい、本当は会いたいのに会おうとしなくなってしまうんです。

なので、できるかぎりやんわりと自分の気持ちを伝えましょう。

強気の女性よりも、やはり優しい女性が好きな男性がほとんどのため、忙しいアピールをされたとしても、少し見守ってあげるくらいの心の余裕が必要になります。

「そうなんだ」が口癖!彼女の言葉の反応がとにかく薄い

冷めてるような対応をする男の行動3彼氏と話している時に、彼氏の口調が単調な場合は好き避けの王道とも言えます

たとえば「そうなんだ」とか「へえ」といった、女性からすれば「本当に話聞いてるの?」と聞きたいくらいの素っ気ない返答しかない場合、ほとんどが冷めていないのに冷めたような態度をとっているだけです。

本当に冷めているのであれば、素っ気ない態度をとると女性がどんな反応をするのかということを理解しているので余計な揉め事を起こしたくなくて、返答は普通にします。

冷めている男性の特徴が、会っている時は普通だけどふとした態度が冷たい、というものです。

その逆に、最初から男性の返答がとにかく素っ気なかったり、女性に背を向けるような態度をとる場合、好きすぎて目を合わせるのが怖かったり、うまく会話ができないから返答が単調になります。

本当は話を聞いているのに、あんまり乗り気に会話をしたらカッコ悪いんじゃないか、とか、女性との会話を盛り上げるような自信がない、という気持ちが強いです。

このタイプの男性は、会っている時の返答は素っ気ないのに、LINEやメールの場合は普通に返答が返ってきます。

なぜなら、LINEやメールは対面しているわけではないので、即レスする必要がありません。

顔を見る緊張感もないため、自分の考えををゆっくりとまとめてから返信ができます。

でも、対面しているとすぐに返答しなくちゃいけない、と思うから焦ってしまって結局素っ気ない態度しかとれないんです。

本当に冷めているのかいないのか、という見極めは会っている時とそうじゃない時の差があるかないかを意識してみてください。

LINEの返信が遅いわりに短文

冷めてるような対応をする男の行動4男性の冷めた態度でよく聞くのは「連絡の頻度が少なくなる」というものです。

たしかに、好きな女性に対しては一生懸命になるものですし、自分を良く見せようと大きくアピールします。

付き合うまでは積極的になって、どんどん自分を好きになって欲しいとアプローチすることが多いですが、付き合うと途端に安心して連絡の頻度が少なくなります。

それは、求めていた女性を捕まえたことに対する安心感もそうですし、そこでパッと冷めてしまう人もいるんです。

付き合ったことに満足している男性、もしくは冷めてしまった男性の場合、LINEやメールの返信が早くないどころか1通に対して返信までに数日かかったり、1日で1通や2通程度のやりとりしかなくなります。

女性に対して気持ちがこもらないからこそ、連絡のやりとりが適当になるのです。

自分の気持ちが先行しているから、彼女への配慮がない態度をとってしまいます。

連絡がなければ、彼女が寂しい思いをしたり、悲しい気持ちになることはわかっているのに、気持ちが冷めた自分自身の心を大事にするあまりに彼女を傷つけることに鈍感です。

冷めていなくても冷めているような行動をとってしまう男性もLINEやメールの返信は遅いんです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

なぜなら、気持ちがないから遅いのではなく、「どう返信したら彼女によく思ってもらえるのか」ということを最優先に考えているから、遅いといえます。

冷めている男性とは真逆の理由で返信が遅く、慎重に考え過ぎているからこそ短文だったりします。

冷めていない男性の場合は、どれだけ返信が遅くても必ず返信をして、放置することはありません。

きちんと考えてから返信をしたいと思っているから遅いだけで、毎日コンスタントに返信はあります。

この点は、冷めているのかいないのかを見極めることができる部分です。

もう君を好きじゃない…男が冷めたときの行動

デートの場所が自宅だけになる

男が冷めたときの行動1付き合う前や付き合いたての時は、しっかりとデート計画を立てて相手との楽しい時間を考えながらデート場所を決めます。

男性は、基本的に女性が喜ぶ顔を想像しながらデートの場所を決めたり、相手の行きたい場所を考慮しつつ決めるものなので、自分が行きたい場所と相手の行きたい場所のそれぞれを取り込んでいくものです。

でも、彼女に対して冷めているような男性の場合は、デート場所を自分で選ぶことはめんどうですし、相手の好みに合わせるのもめんどうになります。

そこで多くの男性が選ぶのは、どちらかの自宅です。

自分の自宅だとそのまま彼女を待っているだけでOKなので楽ですが、何かと綺麗にしなくてはいけないなど気を使う部分があるので、相手の家でデートしたがる男性も多いです。

女性としても、デートをすることに満足している人が多くいますが、もちろん今日はカフェに行きたいとか映画が観たいということだってあります。

ですが、冷めた男性の場合はどれだけあなたがリクエストをしてもなかなか応えてもらえません。

2人の記念日だとかあなたにとって特別な日だったとしても、特別な場所に連れて行ってくれることはないです。

「一緒にいるんだから」と言い訳をされて、結局特別感のない時間を過ごします。

冷めてないけど冷めた行動をとる男性の場合、素っ気ない態度をとるかもしれませんが、記念日やデートに関していえばきちんと意識をしてくれるので、彼女自身も随所随所で「好かれているのかな?」と認識することができます。

だけど全くそういう感覚が沸き起こらない関係の場合は、もう彼氏の心が冷めてしまっているのだと判断しても良いです。

全くケンカにならないのは仲が良いからじゃない

男が冷めたときの行動2どんなに仲の良いカップルでも、意見の相違が全くなくて毎日仲良く過ごすことは難しいです。

恋愛だけではなくて、人間関係というのは実はずっと意見が合っているよりも少し意見が合わなかったり、自分が今まで触れたことのないような感性に出会った方が関係性が良くなります。

本来、喧嘩はしたくないものですし、できればいつでも仲良くしていたいと思うものでしょうが、ずっと同じベクトルを向いているわけではありませんし、良い部分も悪い部分も見ることで、本当の相手を知ることができます。

最初のうち、男性は一生懸命女性のことを知ろうとしますが、冷めてしまうと相手に興味がなくなるので、知ろうともしませんし、自分を知ってもらおうともしません。

だから、揉めることがないんです。

ケンカをするということは、それだけ自分の気持ちを伝えたいと思うし、相手の気持ちも教えて欲しいと思うからだといえます。

冷めている関係じゃないと、やはり意見の相違があればぶつかり合いますし、結果的に分かり合えないことだってあるんです。

そういうぶつかり合いがあるからこそ、本当の意味で相手を知ることができるので、必要なことではありますが、ケンカは非常にめんどうですし精神力を削られる行為です。

好きだからそんなめんどうな行為も乗り越えられますが、冷めている状態だとケンカ自体が無意味に感じられますし、時間の無駄だと思います。

男性は、一度見切りをつけるとかなり冷たくなる傾向がありますし、喧嘩なんてめんどうで絶対にしたくないんです。

そのため、ケンカになりそうな時にはそれとなく話題を避けようとします。

女性と話をしている時に「それはちょっと違うんじゃない?」と思っても、言ったらケンカになるかもしれませんし、自分の気持ちを伝えなくてはいけないのでめんどうなことに発展する可能性があるので、むやみに意見を言うことはしません。

冷めているからこそ、逆にケンカをせずに過ごすカップルが多いんです。

この点は、非常に女性は仲良くやっているのだと勘違いしやすい部分でもありますが、ケンカをしないだけで男性から積極性や思いやりを感じることができなければ、それだけ冷めているということになります。

ケンカをしないから絶対に良好な関係を築いているのか、といえばそういうわけではなくて、冷めている関係だからこそ、そもそも揉め事に発展しにくいという部分があるので、ちょっと悲しい理由です。

男性はわかりやすい!体のスキンシップが終われば後はそっけない

男が冷めたときの行動3男性と女性の大きな違いは、心と体が別の場所にあるということです。

女性の場合は、好きな人じゃないと体に触れられるのも嫌!と思う人も多く、心が冷める
女性の多くがスキンシップを避けるようになります。

体の関係だけではなくて、キスやハグも嫌がるようになるので、男性側は女性が冷めた時にこの部分で比較的見極めやすいといえますが、男性の場合は違います。

男性は年代にもよりますが、好きではない女性でも容姿が好みだったり、その時の自分の欲求によっては体の関係を持つことは容易にできるんです。

体と心は裏腹なので、女性としては体の関係がある、ということはまだまだ男性は自分のことが好きなのでは?と思うでしょうが、この点は男女の差が大きく出る部分なので、本当に好きだから体の関係を続けているのか、単に自分の欲求を満たしたいから続けているのかというのはなかなか見極めができません。

例えば、スキンシップ中でも素っ気なさがあるとかキスがない、などのわかりやすい表現があればいいですが、多くの場合がそういうわけではないので、女性は見極めができないんです。

ただ、冷めたか見極めるポイントは1つだけあって、行為が終わった後の男性の態度です。

すぐにシャワーを浴びに行ってしまったり、スマホを眺めるというような男性であれば、心が冷めています。

本来、スキンシップ後というのはお互いの愛情を感じられる時間でもあるので、大事にしたいと思う人がほとんどですが、心は冷めているのに体だけ別の場所にいる男性の場合は、素っ気なくなります。

これは、無意識に行っていることなので、女性がよくよく見ておかなくてはいけない部分でもあるんです。

彼女への気持ちはもう戻らない。彼が冷めたら終わりなケース

とにかくあなたに対してイライラしている!

彼が冷めたら終わりなケース1女性もそうですが、男性は好きな人の前ではとても上機嫌です。

好きな気持ちがオーラとして現れていて、隠しきれないといえます。

好きな女性の前ではニコニコ笑顔が続き、ちょっとやそっとのことじゃ不機嫌になったり、女性に対して怒ることもありません。

でも、気持ちが冷めてしまって、心の中では「もう別れたい、めんどくさい」と思っている場合、男性は女性に対して常にイライラしています。

デートをしていても、会った瞬間から不機嫌だったり、あなたとの会話もそこそこにスマホばかり見ていて、スマホを触らないのは食事している時くらいなんてこともよくある話です。

そして、何かにつけてあなたに対してケンカを売るようなことを言ってみたり、あなたを否定するようなことを言うような人であれば、別れが近いことを示しています。

もともと、口うるさい男性も少数いますが、そうじゃなくてもともとすごく優しくてあなたを愛し受け入れてくれたような男性が、急変したのであればそれはもう感情が冷め切ってしまったといえます。

ただ、男性って別れ話をする勇気が持てなかったり、自分が悪く思われたくないという気持ちが強くて、なかなか「別れたい」とはっきりは言いません。

女性の方から振って欲しいと思っている男性がほとんどなので、女性としてはとても嫌な気持ちのまま交際することになります。

女性の中には「今はマンネリ期間でいつか関係が良くなる」と思う人もいますが、実際ここまで男性の気持ちが冷めてしまうと関係修復を見込むのは難しいです。

少しでも好きな気持ちがあって、男性としても自分の気持ちの整理がつかないからイライラしている場合、時折優しさが垣間見えます。

あなたへの感情が消えている相手は、イライラしていることはわかるけれど好きな気持ちは一切見えてきません。

本当にイライラをあなたにぶつけているだけの場合、改善の見込みは残念ながら望めないです。

自然消滅を狙っているからこそ会わないように調整する

彼が冷めたら終わりなケース2デートの回数、というのはお互いが置かれている状況下でも変化がありますが、一般的な大人の男女の場合、土日の休みには一緒に過ごすとか平日でも夜食事に行く、など何かにつけてデートする時間をとろうと努力します。

なかなかデートの時間がとれないようなカップルの場合は、いっそのこと同棲する!なんて結論にいたる場合もありますが、気持ちが冷めている男性の場合はそういう思い切ったことはしません。

男性の中には、本当に仕事が急に忙しくなってデートの回数が減ってしまう場合もありますし、何か自分の中で没頭したい出来事があればデートの回数は減ります。

でも、男性の環境で何も変化がないのにデートが減るのは、あなた過ごすための時間をとりたくないと思っている可能性が高いです。

デート、というのはLINEやメールで自分の都合の良い時間に自分の都合で返事をするのとはわけが違うので、時間を使いますし、対面することによって相手に気も使います。

そういう感情からデートを遠ざけようとしている場合は、距離を置きたいと思っている傾向があります。

会いたくない、という感情が沸き起こっている証拠なので徐々に関係を遠ざけたいという気持ちにつながっているんです。

ただ、そこではっきりと「もう会いたくない」と言うわけにもいかないですし、別れ話をするほどの明確な理由もない場合、デートの回数を減らしていき、ちょっとずつ自然消滅を狙っているといえます。

つまり、もう彼女との関係を改善させる気持ちはないからこそ、デートの回数も減らしてできれば自然消滅して欲しい、もしくは女性から別れてと言って欲しいと願っているんです。

こうした感情を男性が持ってしまうと、女性側が改善に向けて行動しても、あまり感情が戻ることはありません。

逆に女性が一生懸命になればなるほど、男性は女性の姿を見て「重たい」と感じるようになります。

すでに他に気になる女性がいて、あなたとの時間を大事にしない

彼が冷めたら終わりなケース3男性の中には、もう彼女との関係に終わりを感じて、次に踏み出している人もいます。

女性にとっては浮気ですが、気持ちが冷めている男性にとっては新しい恋愛をしているだけ、なんて思っている人も結構いるんです。

だからこそ、本来ならの彼女との時間を作って関係を深めていくところを新しい女性に対して一生懸命になります。

あなたとLINEや電話をする時間やデートをする時間がもったいなく感じてしまって、関わり合いを避けるようになるのです。

最近連絡が少なくなったな?デートの回数が減ったな?一緒にいる時もすぐに帰っちゃうな?と思ったら、彼氏に他の気になる女性ができたのかもしれません。

人間というのは、結局恋人がいたとしても他に興味のある人がいればそちらの方に意識が向いてしまって、彼女への配慮に欠けた態度をとるようになります。

他に興味の対象ができてしまって、もう彼女に興味がないという場合はどう頑張っても彼氏との関係を修復することは難しいともいえます。

冷められたとしても諦めないで!挽回出来るケース

一度恋愛関係を忘れよう!大勢で楽しい時間を過ごす

挽回出来るケース1男性が冷めてしまっていると、どれだけ女性が努力してみてもどれだけ魅力的な見た目になったとしても、なかなか気持ちが戻ることはありません。

逆に一生懸命な女性を見ることによって、イライラを増してしまうこともよくあります。

そこで、大事なことは一旦恋愛関係ということを忘れてみてください。

恋人だからこそ、女性も意地になってしまう部分もありますし、男性も女性を遠ざけたいと思ってしまいます。

彼女だから、彼氏だから、と思うことでお互いの気持ちに負担をかけることが時々あるんです。

なので、一旦恋愛関係を強調せずに1対1の関係を築こうと努力してみてください。

そのためには、共通の友人と大勢で遊んでみたり、旅行に出かけるなど普段とは違う関係を築けるように意識しましょう。

彼氏も友人と一緒にいる時は素直になるでしょうし、あなたに対しても自然な空気を出すことができます。

友人同士で集まることを心がけていると、一緒にいることが自然になり、ちょっとぎこちない関係だったとしても少しずつ改善できる可能性が高くなるんです。

大勢で楽しい時間を過ごすことで、あなたと一緒にいることも自然に感じられるので、少しずつ一緒にいる友人の人数を減らしていき、2人になる時間を増やすようにすると、関係が改善されるようになる可能性が高くなります。

一度冷めた感情というのは、なかなか戻ることも難しくなるので改善させるためにはゆっくりと時間をかけてください。

しばらく放置して、久しぶりに会った時の変化を見てもらう

挽回出来るケース2気持ちが冷めている時、女性は彼氏に対して自分に興味を持って欲しくて一生懸命になります。

関係を改善させたいから一緒にいる時間を増やそうとしたり、連絡を多くしようとしたりします。

もちろん、好きな男性だからこそ一緒にいたいですし、すぐにでも関係を改善させたいと思うのは当然です。

でも、その行動が男性にとっては非常に負担になり、ますます女性への気持ちを冷めさせてしまう可能性があるので、あまりベタベタすることは避けてください。

逆転の発想で、彼氏の気持ちが冷めていることがわかったと同時にあなたも彼氏から距離を置きましょう。

「そんなことしたらそのまま関係が終わってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、焦る気持ちを抱いて彼氏と関わる方が、2人を別れに導いていくので、へたに関わらない方が関係を維持できる可能性が高いんです。

一旦距離感を保ち、その間は自分のために時間を費やしてください。

彼氏の気持ちが冷めているという不安感は、どうしてもあなたの心を支配してしまうでしょうが、彼氏に見直してもらうためにも自分のために努力をして、次会う時に備えることが大事です。

あまり期間を要することだと大変だと思うので、髪型を変えたり、メイクを変えたり、服装の好みを変えてみるなど、目に見えてわかる変化を自分で行うことが良いといえます。

彼氏が久しぶりに会ったあなたを見て「素敵だ」と思えるように頑張ってみてください。

変化があれば、彼氏に対して刺激を与えることもできるので、自分なりでいいです、ゆっくり進んでみましょう。

優しくしつつも尽くさない

挽回出来るケース3彼氏の気持ちが冷めていることを感じると、どうしてもあなた自身も彼氏に対して辛く当たってしまったり、逆に常に男性の機嫌を伺うようになることも多いです。

彼氏に嫌われたくなくて、自分の気持ちを隠して相手の感情にだけよりそうような状況になると、男性って逆に女性を大事にしなくなります。

「この人は何をしたって受け入れる」と思って、冷たい態度をさらに加速させる場合もありますし、「つまらない女」と思って、別れを決意してしまうかもしれません。

もちろん、だからといって相手に対して冷たくすることは間違っていますが、優しい態度の中にも尽くしすぎることはやめてください。

あなたが尽くせば尽くすだけ、男性の心はあなたとは別の場所に行きがちですし、下に見てしまいます。

きちんと優しさのメリハリを効かせることができれば、男性の印象も「自分が素っ気ない態度をとっても優しくしてくれた」という好印象として残ります。

優しさと尽くすこと、というのは似ているようで別物です。

男性に対して卑下しすぎないように、自分でも気をつけてみてください。

男性は意外に冷めていてもいなくても冷たい行動をとりがち!本心を見極めよう

男が冷めたときの行動は分かりにくい? まとめ男性が冷めた時の行動はわかりにくいのか?についてご紹介しました!

実際、男性ってわかりやすいようでわかりにくい部分がありますし、冷めていなくても冷めたような態度をとる人も多いので、女性としては見極めるのが難しいと思うかもしれません。

大事なポイントは、どれだけ素っ気ない態度をとったとしても、あなたに対する思いやりはきちんともっているのか、あなたへの時間をきちんともってくれるのかという点です。

男性は不器用な面もあるので、素直に彼女に対して「好き」と言えない人も多く、女性としては「はっきりして欲しい」と思うでしょうが、男性のペースに合わせてあげてください。

そして、本当に冷めてしまった彼氏に対しては状況によって対処方法が変わってくるので、よくよく彼氏の態度を見極めることが大事です。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事