嫉妬しすぎると恋愛は冷めてしまうって本当?女性と男性の嫉妬や嫉妬の対処の仕方を徹底紹介
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「嫉妬しすぎると恋愛は冷めてしまうって本当?」と不安を感じているあなた。

彼氏が誰かと話していたり何かをしていたりするだけで、ついシットしてしまっていると、心が疲れてしまうものです。

少しだけなら恋愛にスパイスになるものですが、気持ちが冷める原因になることもある嫉妬について、詳しくご紹介していきましょう。

女性と男性の違いや嫉妬しやすい人、男性から向けられてくる場合の対処法などもお伝えしていますので、今までのパターンから切り替えて信じあえる関係性を築くための参考にしてくださいね。

目次

嫉妬しすぎると冷めてしまう理由

嫉妬のしすぎて相手との愛情の温度差を感じる

彼氏に嫉妬しすぎると、相手との愛情の温度差を感じてしまい、疲れてしまったり、投げやりになってしまったりすることがあります。

大好きだからこそ他の人と話してほしくなかったり、カレと行動を共にしたいのに友達を選ばれて悔しかったりするのですが、思いを伝える程相手の表情はどこか冷めたように感じるはずです。

「両想いのはずでしょ?」「私と一緒に居たいと思わないの?」と思うほど、彼の気持ちが分からなくなります。

気持ちが膨らむほど「こんなに好きなのに、どうして分かってもらえないの」と怒りが沸き上がってくるものです。

相手からすれば、自由を奪われているように感じる事もあり、「束縛されている」「嫉妬されてばかりで一緒に居たくない」と思うようになり、愛情の温度差が広がっていきます。

「あの人は私の事そんなに好きじゃないの?」と疑問を抱いてしまえば、気持ちを信じることが難しくなってくるわけです。

温度差を感じる程、「付き合っていてもいいのかな」「愛されていないのかな」と悲しみが大きくなってしまいます。

疲れてくる

嫉妬は、怒りの感情の割合が大きいため、精神的に疲れてしまいます。

人の感情を100%で考えた時、大きな割合を占める何かがあると、他の気持ちが小さくなってしまうものです。

上手くいっている時には、幸せ70%、構ってほしい20%、あの人がいるから頑張れる10%という構成で日々を送っていたとすれば、嫉妬を始めることで怒り80%、悲しみ20%などと中身も割合も変わってしまいます。

怒りのエネルギーは、何かを始める時にエンジンにもなりますが、安定を維持しようと思うとかなり労力ばかりが必要な感情です。

いつも不満を持っている状態になってしまい、好きな人なのに攻撃的な言葉や表情を向けるばかりになります。

怒り続ける事で心が疲弊していき、投げ出したくなってしまうのです。

「こんなに疲れるならもういいや」「付き合うってしんどい」と思うと、相手への気持ちよりも「楽になりたい」という心境が大きくなり、愛情が冷めてしまいます。

人は、心の安定を求めることが多いので、いつも怒ってしまう自分にも飽きるわけです。

嫉妬ばかりしている自分が嫌になってくる

嫉妬ばかりしていると、自分自身の事を嫌いになってしまい、恋愛の存続が難しくなります。

多くの人が、「自分はいい人でありたい」と思っているものです。

綺麗ごとは嫌だと考えている人でも、無意識にいい人になろうとしていることが多いはず。

好きな人に対しても理想の彼女でありたいし、カレの願いは叶えてあげたいと思うのが、自然な恋愛感情です。

最初から「嫉妬する彼女がステキ」「あの人を私だけで独り占めして誰ともかかわらせたくない」と思っている人はいません。

それでも、勝手に心がザワザワして、休日でも「私のために動いて欲しい」と思ってしまうものです。

モヤモヤしている自分に気が付くと、「そんなつもりはなかった」「穏やかな愛情を育みたい」と考えるため、理想と現実のギャップに苦しみます。

「嫌な自分になってしまった」「こんな気持ち捨て去りたい」と思っても、勝手に心が動くものですから、なかなかコントロールできずに泥沼に落ちていく気分です。

自分の嫌な部分を見せつけられてしまい、抜け出せないことに腹が立ち悲しくなります。

そこまで相手のことが本当に好きか分からなくなる

嫉妬して、束縛しようとするほど「あの人の事、本当にそこまで好きなのかな」と気持ちが分からなくなることがあります。

激しく感情が動くと、出来るだけ早く忙しない心の状態から抜け出したくなるはずです。

無意識のうちに対価を考えるようになり、相手に対して強いジェラシーを抱いているけど、見合うだけの情熱をもっているか、カレから同じだけ愛されているか、量り比べようとします。

思いが強いほど、あれこれ求めたり気持ちを昂らせたりしますが、「こんなに疲れる程、あの人の事本当に好きなのかな」と考え始めると分からなくなるわけです。

交際の中で何を求めているのか、一緒に居たいのか、など考えていると、「離れた方が気が楽かもしれない」と破局の選択肢も出てきます。

かき乱されることで「合わない」と感じたり、「私を困らせないように考えてくれないの」と自己都合で相手の愛情を決めつけたりしてしまうので、すれ違いが起きていると考えてしまうところです。

もっと嫉妬しないでいい、楽な恋愛をしたくなる

ジェットコースターのような感情のアップダウンが激しい関係よりも、楽な恋愛を求め始めてしまいます。

ただ好きな人と一緒に居たいだけなのに、胸が締め付けられるように痛かったり、小さなことを気にしてクヨクヨ悩んだり、恋をしていると心がとても忙しくなるものです。

「恋愛をしたくない」と思う人は、感情のアップダウンで自我を見失ってしまうのが怖いからだと言われています。

付き合っていると、否が応でも自分の様々な面を見せつけられるはずです。

嫉妬深いのもそうですし、案外傍に居なくても平気だと気が付く人もいます。

イメージしている自分像と違う姿を見つけると、受け入れるために時間がかかったり、逃げ出したくなったりすることも。

穏やかな愛情を求めている人にとって、自己との向き合いやカレに対する激しく燃え上がる感情は、とても苦痛を伴うことなので、出来れば体験したくないと思い始めます。

「他の人と付き合えば、苦しまなくてもいいのかもしれない」「相手も同じだけ愛してくれたら、嫉妬する事もないのに」と「たら」「れば」を繰り返して、愛を手放していく訳です。

あなたが相手に嫉妬しすぎてしまう本当の理由

もともと執着しやすいタイプ

元々執着しやすいタイプの女性は、相手に嫉妬しすぎてしまう傾向にあります。

「何で、私はこんなにイライラするのかな」「好きな人に自分だけを見て欲しいと思うのは普通の事ではないの?」と悩んでいるあなたは、そもそもが何に対しても執着心を持ちやすいという特徴を持っているにすぎません。

「自分だけが楽しめる」「今だけしか手に入らない」などの限定品にも弱いはずです。

自分が納得したモノに関しては、とことん尽くしたり愛情を注いだりします。

その代わり、他の人には知られたくないし、自分だけが知っている状態をキープしたいという願望を持っているわけです。

恋愛に関すれば、自分が注いだ愛情の分だけ、受け取りたいと願っているし、誰にも邪魔されたくないと思っています。

執着すると視野が狭くなり、息抜きも出来なくなるので、カレしか目に入らなくなり、人生の全てになってしまうのです。

相手がモテるから独占欲が強くなる

相手の男性がモテるタイプの場合も、独占欲が強くなります。

だれから見てもイケメンだったり、周りの人みんなに優しかったり、愛嬌のある人などは、どこにいてもモテる人です。

彼の周りには笑顔が絶えなくて、いつも話題の中心。

そんな人とお付き合いできていること自体が幸せな事ですが、人に囲まれている彼を見る度に、置いてけぼりにされているような気分になってしまいます。

「いつかステキな女性が現れたら、奪われてしまうかも知れない」「たくさんの人と接しているから、私がかすんで見えるかもしれない」と思うと、居てもたってもいられなくなり、あの人を他の人の目から隠してしまいたい衝動に駆られるのです。

独占してしまって、他の人と関わらないようにすれば、心配事が無くなります。

あの人は、彼女である自分を見るしかなくなるし、何でもしてあげるつもりなので、「不自由なはずはない」と決めつけるはずです。

モテる人と付き合っていると、「いつ離れてしまうか分からない」と不安になる人が多く、その気持ちが不安定に表れてしまいます。

自分の愛情の深さに気が付いて欲しい

大好きな思いが募りすぎて、愛情の深さに気が付いて欲しいと思っている人は、ジェラシーばかりを向けてしまいます。

寂しかったり、孤独感が強かったりする人は、彼に「構ってほしい」と願うものです。

自分の愛情が、誰よりも深いものだという自負があります。

辛い経験を乗り越えたり、沢山努力を積み重ねて頑張ってきた自信があったりすると、「私は他の人とは違う」と考えるはずです。

愛情深さや気遣い、お世話する甲斐甲斐しさやボランティア精神など、「私は何でもやるよ」と積極的なほど、精一杯の愛情を注いでいる自信があります。

「彼の事を私以上に愛せる人はいない」と思っているので、彼にはそれだけ思いを寄せられている事を自覚して欲しいと願っているわけです。

行動やモノをプレゼントして欲しいわけではありませんが、「気が付いて感謝して欲しい」という気持ちを見返りとして求めています。

自分の深い愛情は相手に受け入れられてこそ報われるものなので、構ってもらわなければ無意味になってしまうところです。

相手を信じ切れずに不安になる

相手を信じ切れない事で、心が不安定になってしまいます。

ジェラシーを感じるのは、カレが自分の事を本気で好きでいてくれていると信じ切れていない事を表している状態です。

本当に信じていれば、誰と会っていようと、仕事ばかりでデートが出来ていなくても、元彼と仲良しでも、平気なはず。

「もしかしたら、忘れられているかも」「どうでもいいと思われているのかも」と思うと、あの人を取り巻く環境や人たちにジェラシーをしてしまいますが、そもそも思わなければ何も気になりません。

「忙しそうで大変だね」「楽しい時間を過ごせてよかったね」とカレの充実している時間を喜べるのです。

気持ちを信じ切ることが出来れば、愛されている喜びの方を感じ取るので、嬉しくて仕方のない毎日を送ることが出来ます。

逆に言えば、立場が違えばあなた自身は他の人に心変わりをしたり、好きではなくなったりしてしまう可能性があるという事です。

相手の立場に立って、なぜ心が乱されているのか考えてみると見えてきます。

自信がないから自分を卑下することに本当はいらだっている

ヤキモキしすぎてしまう本当の理由は、女性が自分に自信がないからです。

自信がなければ、人は自分を卑下することを始めます。

「どうせやっても無駄」「私なんて愛されない」「あの人は、違う人の方がいいに決まっている」と自分責めをしてしまいますが、そんな行為を冷静に見るもう一人の自分がいるはずです。

「あの人の事を信じたらいいのに」「好きなら自由にさせてあげたらいい」と囁くもう一人の自分を知っているからこそ、現実とのギャップに苛立ってしまいます。

マイナスの想いや怒りは、小さな火種から次々と連鎖を引き起こし、抱えている以上の感情の爆発が起こってしまうのです。

「何にそんなにイライラしているのか分からない」「あの人の自由だと頭では分かっているけど、どうしても他の人といるのが赦せない」とコントロールできなくなってしまいます。

不満の発端も分からなくなることで、収め方も見失い、折り合いが付けられなくなることで、気持ちが止められなくなるわけです。

あなたが嫉妬しすぎて相手が冷めてしまった時の対処方法

時間をかけて信頼関係を取りもどしていく

相手が冷めてしまったのなら、時間をかけてでも信頼関係を取り戻していくことしかないと言えます。

あなたの言動で、彼の気持ちが動いたわけです。

人間関係は常に、自分の心の反映が起こっています。

愛情を注げば温かな現実が戻ってくるし、怒りや嫉妬、悲しみを投げかければ冷酷な状況がやってくるものです。

行動を束縛し、言葉で脅し続けたことで、彼の気持ちが冷めてしまったなら、逆の事をし続ける必要があります。

信頼というのは、長い時間をかけて培っても、崩れるのは一瞬。

あなたのたった一言で、信じてもらえなくなることもあります。

本当に大切な人なら、もう一度関係を築いていくべきです。

あなたから決して手を離さず、いつかは分かってもらえる日が来ると信じましょう。

約束を守る、小さな気遣いを積み重ねる、など地道なことを続けるのです。

まずは、これ以上妬みを相手に伝えないことが第一優先になります。

反省したところから気持ちを変え、言葉を変化させ、行動を思い直すことで、徐々に関係修復していけるはずです。

冷却期間を設ける

付き合っているままでも冷却期間を設けるのは、有効な手段です。

二人の心がすれ違い始めているのなら、このまま近くに居続けても、お互い苦しい思いをしてしまう可能性があります。

あなたが攻撃的な言葉を投げかけたり、思っている事とやっている事が違ったりすると、上手くいくものもいきません。

胎と口を一緒にする。

冷静に考えると反省したり、「もっと優しくしたいな」と思ったりしても、現実が出来ていないのなら、一旦離れてみるのもいいのです。

別れなくても、心を冷却するための時期を設定すれば、向き合う事が出来るようになります。

何もせず離れているだけなら、ただの逃げ道ですが、連絡を取らない間に自己成長したり、コミュニケーションスキルを学んだり、アンガーマネジメントで心と向き合うなどの努力をする事で、有意義な時間を過ごせるはずです。

普段とは違う過ごし方に入る前には、ちゃんと相手に目的と終わりの期日を伝え、ゴールを一緒にイメージしてもらう事で、二人の付き合い方が見えてきます。

彼の気持ちを優先的に考える

相手の気持ちを最優先に考えることが出来るようになれば、心をコントロールすることが可能になります。

人は、誰もが自分勝手だし、悪気なく他の人をコントロールしようとしてしまうもの。

気持ち一つで、意見を押し付けたり、考え方を主張したりして、相手がどう受け取るか、その人の想いは何か、を知ろうとするのを忘れてしまいます。

心がヒートアップして疲れてしまうのは、自分にばかり目を向けているからです。

「私が、寂しい」「私が一番でありたい」「私が、こんなに好きなのに分かってもらえない」と、全部が「Me」となっています。

恋愛は二人でするものですから、当然相手の気持ちは尊重するべき。

ラブラブな時にはできている事でも、視野が狭くなってくると忘れて出来なくなってしまいます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「今の一言、言われたあの人はどんな気持ちかな」「こんな想いを抱えていると知ったら、どう思うかな」と想像してみることです。

大好きな人が苦しんでいると知ったら、相手はいたたまれない気持ちになるに決まっています。

苦しめるつもりがないのなら、余計な不安を煽るのは止めるべきです。

初めてのデートを再現して相手の気持ちを信じる

初めてのデートを再現することで、初心を思い出してみましょう。

交際が長くなってくると、様々な面で変化してくるものです。

もちろん、ステキな変化もたくさんあります。

恋が愛に変わり、お互いに理解が深まり、信頼し合う事で会話が減ったり、お家デートが増えたりすると、「情熱がなくなった」と感じる事もあるはずです。

根底の愛情が深まった自覚があるなら、変化も怖くないところですが、気持ちに揺らぎが生じているなら最初の頃との違いに不安を感じてしまいます。

改めて、自分の想いを確認するためにも、初めてのデートを再現して当時の記憶を呼び起こすのと同時に、今の感情を味わうと心に向き合う事が出来るのです。

同じデートをして、あの頃と変わらないカレの気持ちを信じて、自分の中に芽生えたマイナス変化だけを取り除くように意識しましょう。

「大切な気持ちは何も変わらない」という所だけしっかり見つけることが出来れば、苦しみを自ら招いているのだと気付けます。

傷つけてしまったことを素直に謝る

感情のままに言葉をぶつけ、大好きなカレを傷つけてしまったことを素直に謝る事も大事です。

起きた出来事をなかったことにはできません。

言葉は形のないものですが、心の奥底に深く突き刺さります。

好きな人から投げられた酷い言葉は、想像以上の破壊力があるものです。

言う側は、ただ感じた事を口に出しただけですが、受け取る側は色々な感情が芽生えます。

「信じてくれていないのかな」「今の言葉で傷つくとは想像しないのかな」「恋人だからって何でも言えばいいって問題でもないのに、分からないのかな」とあなたの想像力の欠如にガッカリしている可能性もあるはずです。

起きてしまった出来事ナシには出来ませんが、訂正する事は出来ます。

「あの時は、自分の気持ちばかりを押し付けてごめんなさい」と素直に謝り、怒りを受け止めてくれたカレの心の大きさに感謝をして伝えましょう。

謝罪する事で、二人がこれからどんな関係でいたいのか、楽しく過ごしたいのか、信頼して安心できる存在でありたいのか、話し合いをするチャンスが生まれます。

男性が嫉妬しすぎると相手に冷めてしまう理由

女性は気持ちが燃えるが、男性は冷める

女性は嫉妬すると気持ちが燃え上がりますが、男性は恋愛感情が冷めてしまいます。

男の人は、片思いの時なら周りの人をすべてライバルに思っているので、燃え上がりますが、両想いになると「他の人と仲良くする気持ちが分からない」と信用を失ってしまうのです。

嫉妬する反面、「離れるなら勝手にすればいい」と早い段階で投げやりになります。

必死で気持ちを繋ぎ止めようとするのは格好悪いと思っているので、誰を選ぶのかハラハラしながら見守っているわけです。

つまりは、強がっているだけなので、本当は好きな人を取られたくないと思っているのは当たり前といえます。

気持ちを表現するのが苦手だし、恥ずかしい方が先に立つので、先に手放すことで傷つかないように自分を守っているのです。

嫉妬している自分が嫌になるので、みっともない姿から早く解放されたいという想いもあります。

諦めてしまえば、格好悪い姿をさらすこともないし、気持ちをかき乱されて自分らしさを失うこともないので、結論を早まるわけです。

他の異性と仲良くしている姿を見ると自分に気持ちがないと思ってしまう

男性の嫉妬は、恋愛感情の方向性をハッキリさせようとします。

彼女は、自分のことをちゃんと好きなのか、他の人に向かっているのか、白黒はっきりさせたいという気持ちを常に持っているものです。

他の人と仲がいい様子を見ると、瞬時にどんな関係なのかを見極めようとします。

友達か、仕事関係の人か、ただの知り合いか。

立場が分かれば、さらに細分化してどんな距離感の人なのかを知ろうと見定めようとします。

ただ挨拶する程度の人、共通点がありその事だけを話しする人、何でもないことまで良く知っていて隠し事もしない様な関係、など。

彼女と相手との関係性を分析した後、自分との親密度と比べて少しでも劣っていると感じれば、「負けた」と思ってしまいます。

何でも勝ち負けの勝負を無意識にやってしまうのが男性です。

愛情が負けてしまったのなら、自分への気持ちは大したことはないと考え、離れようとします。

「どうせ○○の方が上だろう」と考え始めるとみじめになるので、早く離れたくなってしまうのです。

相手を信用できなくなる

嫉妬してくる男性心理2

彼女に嫉妬すると同時に信用できなくなってしまうのが男性。

恋人がいるのに、他の異性の話をしたり、その日あった楽しかった出来事を教えてくれたりすると、目の前にいる自分よりも話の中の登場人物の方が大事に想えて来ます。

「どういうつもりでこんな話をしているんだろう」「聞かされているオレの気持ちを考えないのかな」と思う度に、気持ちが冷めていくのです。

相手の事を思いやることが、恋人のあるべき姿。

自分のことばかりになっている彼女の品位を疑い始めます。

自ら束縛するつもりはないですが、「彼氏との時間を最優先させるべきだ」と考えている男性は、彼女の言葉を全て注意深く聞いているわけです。

信頼関係を築くためには、思いやりが大事。

どんな話をするのかも考える必要があるし、人間関係もよく選んで作っていかなければいけません。

信用できない人の事を愛し続ける事は難しいので、言葉にして伝える前に自ら気持ちを引いてしまうのです。

冷めてしまうと会話が無くなるのが男性ですので、二人でいる時の態度や表情を観察すると見えてきます。

器が小さい自分を拒絶してしまう

嫉妬深い彼氏って実は愛情とは違う?

男性が嫉妬してしまうと、器が小さい自分を拒絶してしまって、一緒にいることが苦痛になっていきます。

男たるもの、堂々としていたいという願いを持っているものです。

「女性のワガママはどんと受け止め、笑顔で楽しんでいる彼女を見ているのが楽しい」と望んでいるのが、カッコいい男だとイメージしている人も少なくありません。

堂々としていて、小さなことで気持ちが揺らぐことのない彼氏でいたいと願っているのに、実際に出来ている人は少ないのが現状です。

ジェラシーを言えなくて苦しかったり、彼女の周りにイケメンがいて不安になったりと、様々な心の葛藤を抱えています。

心の中はザワザワしているのに、そんな自分を受け入れることが出来ず、「こんなのは本当の自分ではない」と否定するのです。

「彼女といると、自分のペースを狂わされる」「本当の落ち着いた男で居られなくなるから、嫌だ」と考える事で、恥ずかしさと同時に離れた方がいいと考えるようになります。

器の大きい自分になりたいけれど、実際には苦しくて投げ出そうとするわけです。

彼女に隙があることに腹が立つ

他の男性と仲良かったり、アプローチをかけられたりしている彼女を見ると、恋人自身に隙があるという事実に腹が立ってしまいます。

彼女が、本当に「彼氏一筋」と思っているなら、他の人が寄ってくるようなことはないと考えているわけです。

人を寄せ付けないオーラや近寄りがたい雰囲気は、心ひとつで作られます。

誰でも受け入れる気持ちでいるから、多くの人が彼女の周りに集まり、恋愛のチャンスさえ生まれているのではないかと考えているのです。

「もっとガードを固くしてほしい」「誰でも仲良くするのは止めた方がいい」と行動を制限したい気持ちが強くなります。

付き合っているうちは、彼女の行動も心も全て自分のものだと考えがちの男性。

他の異性が近づくほどの隙を作るのは、心がだらしないからだと責める気持ちを止められません。

彼氏との時間を最優先させるべきだと考えているからこそ、彼女を束縛したい気持ちから嫉妬心を拭いきれずにイライラしてしまいます。

彼氏を嫉妬させるのは逆効果!嫉妬深い彼との関係を上手に保つ方法

自分の気持ちを素直に伝える

自分の気持ちをカレに素直に伝えることが、関係を上手に保つコツです。

お互いの事をよく理解している恋人同士でも、思っている事はちゃんと言葉にしなければ、相手には伝わりません。

「他の人と仲良くしている姿を見せて、ヤキモチを妬かせたい」と思っても、元々気にするタイプのカレであれば、苛立ちを抱かせたり、腹を立てたりしてしまう原因となってしまいます。

わざとイライラさせてくる貴方に対して「何をしたいのか分からない」と気持ちが離れるきっかけとなりますので、最初から話し合う機会を設けた方が想いを通じ合わせるには早いのです。

「もっと会う時間を増やしたい」「あなたの事が一番大事」「楽しい事があったら、いつも顔が浮かぶ」と思っている事を素直に伝えるだけで、離れている時でも繋がっている絆を感じ取ってもらえます。

嫉妬深い男性は、女性からの気持ちを信じ切ることが出来ていない訳です。

「こんなに愛しているよ」と常に伝えていくと、信頼関係を積み重ねられて、安心して離れて過ごす事が出来るようになりますし、相手からの愛情表現も分かりやすくしてもらえるようになります。

褒める

あなたにべた惚れのカレを安心させるには、しっかりと言葉にして褒める事が大事です。

男性は、プライドの生き物ですし、評価されることが何よりも嬉しいと感じます。

「どんなことを褒めればいいのか分からない」「いつもの彼だから、特に変わったことはない」と思っているなら、もっとカレのことを知るべきです。

どんなに些細な事でも嬉しいはず。

当たり前の事なんて何もありませんから、改めて傍に居て支えてくれている事にお礼を言うところから始めても大丈夫です。

「いつも愛してくれてありがとう」「変わらない気持ちを真っすぐ向けてくれて嬉しい」と気持ちを伝えることに加えて、「毎日、仕事を頑張っているのに私のことまで考えてくれてスゴイね」「デートに連れて行ってくれる優しさを尊敬するよ」と、伝えましょう。

どれだけ男性の事を想っているのかが伝わりますし、改めて二人の関係性が強く結びつくきっかけとなるはずです。

他の異性の話はしない

惚れられすぎて困るような彼氏と付き合っているなら、その人の前では他の異性の話はしないことが鉄則。

あなたは、男女の垣根なく交流を持つタイプで、「やましいことが無いのであれば話をしてもかまわない」と考える人かも知れませんが、彼氏は同じ考えではない事をまずは認めましょう。

同じ考えを押し付けるのではなく、「カレは彼の考え方を持っていて、しっかりと愛情を持ってくれているからこそ厳しい事も言うのだ」と理解する事で、あの人の言い分が腑に落ちるようになります。

あの人は、好きな人の口から、自分以外の異性の話が出るのが悲しいのです。

わざわざ悲しませるようなことを続ける必要はないので、最初から避けるべき話題として覚えておくだけの事。

何でもない話でも、関わるのは男女問わずですから、話題に出すときには名前を出すのではなく「友達」や「会社の人」と表現するのも一つの方法です。

相手が性別を気にするなら、「聞いてどうするの?友達でいいでしょ?」と一度言ってみましょう。

彼の前で携帯をいじらない

あなたの行動を随時気にしているカレなのであれば、目の前でスマホを触るべきではありません。

目の前でラインや電話をしているから「隠し事はしていない」と思っていても、カレとしては、自分が関われない世界に没頭しているように見えてしまいます。

目の前で人がいて会話をしているわけではないので、どんな言葉を使っているのか、相手は誰なのか、何の話をしているのか知りたくても分からないのがもどかしいのです。

「誰だよ」「今しないといけないの」と不満につながってしまいますので、見える世界だけで接することが大事になります。

仲のいい友達は直接紹介して会ってもらったり、家族にも顔を覚えてもらってちゃんと付き合っている事を知ってもらったりと、公表することを意識的に行うべきです。

隠し事がないと信じてもらえれば、会社の人や友達から電話がかかってきても、「大事な用事だな」と思ってもらえます。

調べ物やラインなどは、彼とのデート中に急いでしなくてもいいはずなので、帰宅してからゆっくり行いましょう。

嫉妬はヤキモチとは違う!駆け引きで使わない

感情の違いをしっかり理解して、不用意に心理戦に使わないことが大事です。

嫉妬とは、自分よりも他人の方が優れていると感じてしまい、妬んだりひがんだりしてしまう感情の事。

ヤキモチは、恋人以外と仲良くするのを不満に感じる気持ちです。

ヤキモチを妬かれると「愛されている」と感じたり「夢中になってくれている」と思えたりして、愛情確認できたようでうれしくなります。

「好きな人に構ってほしい」「あの人の愛情を目で確認したい」と思って、テクニックとして使うケースもありますが、嫉妬をしている時はもっとダークな感情で、攻撃的な一面が出てきていますので、望んでいない方向に展開していく可能性が出てきてしまうのです。

可愛いやきもちで終わらず、周りの人を傷つけようとしたり、優位に立つために過剰なアピールをしたりと、不穏な空気を作り出してしまうかも知れないので、避けておきたいことだと言えます。

過剰な愛情を表現してくる彼に駆け引きをすると、周りの人とトラブルを起こしたり、大喧嘩に発展したりすることも十分あり得るので、止めておくべきです。

「愛されている」と感じると嫉妬さえもうれしく思ってしまうものですが、そうとばかりも言っていられません。

嫉妬深い彼氏について、詳しく学べる記事をご案内していますので、相手の気持ちや心理状態をよく理解するための参考にしてください。

相手からの愛情が重い時の対処法もありますので、関係修復に役立つはずです。

嫉妬しすぎると冷めるのは疲れてしまうから!男女の違いにも着目して

嫉妬しすぎると恋愛は冷めてしまうのは、精神的に疲れを感じてしまうからです。

根底にある理由は、相手を信じ切れていないことが挙げられます。

男性と女性の性別の違いでも、受け止め方や今後の発展の方向性が異なりますので、これからも仲良く続けていきたいと願うのなら、しっかり向き合うところから始めるべきです。

伝えたい事は言葉にしたり、相手の事を信じて遠くから見守る愛情を知ったりすることで、恋から愛に成長するので、ステップアップするチャンスとも言えます。

対処の仕方を実践して、本物の愛を確立していきましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事