やってしまった!プライドを傷つけてしまう言動や傷つけてしまったときの対処法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「あっ…プライド傷つけちゃったかも…」と、意図せず、つい相手のプライドを傷つけてしまうこともありますよね。

ですが、それがきっかけで、あっさり関係が壊れてしまうのは悲しいですよね。

今回の記事では、「相手のプライドを傷つけてしまう言動」や「傷つけてしまったときの対処法」を紹介します。

誰しもが関係することなので、ぜひ素敵な関係作りの参考にしてください。

目次

こんな言葉にプライドを傷つけられた(女性編)

「デブ」や「ブス」など外見を否定されるような言葉

外見のことをあれこれ言うのは、今の時代、言った人に対して厳しい目が向けられるようになったので、昔ほど、外見を否定するようなことを言うことも言われることも減ったのではないでしょうか。

女性同士でも、面と向かって「ブス」や「デブ」などと、相手の容姿をけなすようなことを言うことは無いですよね。(激しいケンカでもしないかぎり)

また、もしそんなことを同性に堂々と言える人がいるとしたら、その人は、よほど性格の悪い、根性のねじ曲がった女だけでしょう。

でも、こんなパターンもあるのではないでしょうか?

たとえば、こちらは特に深く考えずに、ふざけた感じで親しい同僚などに「ちょっと今日化粧濃くない?いつもより老けて見えるよ」などと言ってしまって、相手の顔色が変わるのを見て、「まずいこと言っちゃったかも…」となったり。

もちろん、自分は相手を傷つけようとして言ったわけではなく、ただ何気なく、思ったまま言ったことだとしても、相手からしてみれば、ひそかにずっと気にしていて、言われたくないことってありますよね。

そういう言葉一つで、プライドを深く傷つけてしまうこともあるでしょう。

女性同士って、そういう部分はとても難しいですよね…。
もしかしたら、本当は、男性よりも気を遣う相手かもしれません。

自分は言われても平気と思うようなことでも、相手は実はすごく気にしていることかもしれませんし、こればかりは分かりませんよね…。

ですから、相手が同性のときほど、すごく気をつかいながら話さないと、と思っている女性って、多いのではないでしょうか。

相手のことを傷つけず、言葉を選ぶことは、大人の女性として当然の姿勢ですから、普段から気を付けるようにした方がいいのではないでしょうか。

「女だから〇〇」「女のくせに◯◯」など性別で区別するような言葉

「女だからやっぱりダメだった」とか、「女のくせに生意気」というような、「女だから」という決めつけと偏見って、すごく女性を傷つけますよね。

こういうのって、あまり同性からは言われる言葉ではありませんが、男の人、特に同年代や上の世代の男で、言ってくる人もいるかもしれません。(ただし、こういうことを言ってくる男は、皆からも嫌われているものです)

「女だから○○」と言ってくる男って、自分自身への真の自信がなく、同性の男の中では、劣等感を抱いているようなタイプが多いです。

だからこそ、自分のくだらない自尊心を守るために、自分が下に見ることができる相手を探しているのです。その役割を、女性に求めているのでしょう。

特に、自分よりも、あらゆる面で優秀な女性に対して、異常なまでの嫉妬心を抱いて、嫌味を言ってくる男ってたくさんいます。

嫉妬に関しては、女性同士の方が激しそうに思われますが、男の人も負けずおとらず。

例えば女性の同僚などに、自分よりも出世しそうな優秀な人がいると、陰で悪口を言いふらして足を引っ張ろうとしたりと、ひどいことをする男もいます。

そういう男には関わるとろくなことがありません。そういう相手の言うことは、完全にスルーしていきましょう。

こういう相手と、仕事などでどうしても絡む必要があるなら、周囲のまともな人に相談するのもアリです。今の世の中は、そういうハラスメントに厳しいですから。

ひどいことを言う男性心理に隠されているのは実は弱さかもしれません…。興味がある方はこちらの記事もどうぞ↓↓↓

「結婚はまだなの?」など未婚についての言葉

「結婚はまだ?」と女性に聞いてくる人って男女問わずいますよね。

「まだ」という言葉には、結婚は必ずするもの、というニュアンスを感じますし、別に結婚したいと思っている女性ばかりではないのに、失礼ですよね。

プライドが傷つくというよりも、相手の価値観を押し付けられているようで、正直迷惑な言葉ではないでしょうか。

それに、「結婚はまだ?」と聞いてくるのはたいてい既婚者のはず。
もし、そう聞いてくる人が異性の独身なら、それは交際を申し込める相手なのか見極めたいという発言なので、また別の話です。

世の中には、自分たちが結婚しているだけで、独身者より偉いとでも思っていそうな人って多いですよね。

それは、結婚していても子供がいない女性に、「子供はまだ?」と聞いてくる子持ちの女性に似ている気がします。結婚していたら子供ができて当たり前、という考えの人って、いろんな意味で配慮が足りないと思います。

欲しくてもできない人もいますし、最初から子供が欲しくないと思っていて作らない人もいます。

はっきり言って、結婚しているからと言って幸せとは限りませんし、子供がいるいないもそうです。

その人の人生の自由なのに、まるで自分の人生の方が有意義とでも言いたいような人には反発をおぼえますよね。

プライドが傷つけられるというより、「何言ってんだ、コイツ」という感じではないでしょうか。

実際、結婚してあまり幸せを感じていない人ほど、自由な独身の人がうらやましいのが本音というところもあると思います。

なので、「結婚はまだ?」とか「子供はまだ?」なんてことを言ってくる相手は、適当な距離感を保って付き合っていくのがベスト。

そういう人間と深くかかわっても、デリカシーのない発言をされるだけだと思います。

「◯歳なのに…」「◯過ぎちゃったら…」など年齢についての言葉

年齢に結びつけてあれこれ言うのって、いわゆるエイジハラスメントですよね。

こういうのって、下の世代に対してのものもありますが、上の人へのものもあるので、若いとかある程度の年齢とかにかかわらず、こういう発言をしてしまうのは、その人の人間性の問題ではないでしょうか。

年上の人から「〇〇才なのにこんなことも知らないの??」と言われるのも嫌ですが、自分より若い人から、「もう○○才だから、分からなくても仕方ないですね」と言われるのもムカつきますよね。

はっきり言って、年齢で人を判断して、どうこう言っちゃうタイプに大した人間はいないので、エイジハラスメントをされても、できるだけスルーしていきましょう。関わるだけ、時間がムダになります。

「元カノはもっと〇〇だった」のような過去の彼女と比較する言葉

元カノと比べる男ってサイテーですよね。

ただ、人のフリみてわがフリ直せです。自分も元カレと今カレを比べたりしていないかは気を付けましょうね。

男の人って、別に悪気もなく、「元カノだったら、こういうことしてくれたな~」とか言っちゃうものなんです。なにも深く考えていないから。

ですから、もし、そこに彼が嫌味を込めて言っているわけでないのなら、「そういう風に言われたらイヤだな」と軽く返して様子を見てみましょう。そして、彼がはっとして、謝ってきたら、許してあげましょう。だんだんとそんな調子で、元カノに関する発言には気を付けるようになるかもしれません。

悪質なのは、彼がそこに超嫌味を込めて言っている場合です。

例えば、「元カノの方が料理がうまかった」とか「元カノの方が可愛かったから自慢できた」などと言ってくるなら、それは完全にあなたに対する侮辱です。

そんなことを言う相手なら、別れを考えてみるのもいいでしょう。そういう根本的に嫌味な部分は一生治らないでしょう。

そういう比べ方って、一番女性を傷つけますよね。そんなことも分からないような男性と付き合って、結婚したとしても、幸せにはなれませんから…。

こんな言葉にプライドを傷つけられた(男性編)

「ほら!〇〇して!」みたいな子ども扱いをした言葉

彼女から子供扱いされると、プライドを傷つけられたように感じる男性もいます。
特に、同世代、もしくは年下だと、彼女に子ども扱いされるのは嫌がることもあるでしょう。

年上の男性ならまだ、「自分より若い女性から言われるのも悪い気がしない」と心広く受け止めてくれることもあるでしょう。

しかし、ほぼ同世代や年下だと、変に張り合ってくるところがあるので、ちょっとした言い方にも突っかかってくることもあります。

また、反対に、子供扱いされる方が好き、というマザコンっぽい男性もいますから、一概に彼のプライドを傷つける、とは言えません。

ただ、それを言われた場所やシチュエーションにもよるので、たとえば人前など、恥をかかせるような場所で言うのはやめた方がいいのではないでしょうか。

二人きりのときの、言葉プレイみたいな感じだったら、喜ぶ性癖の男性もいると思うので、そのあたりは二人で話し合って確認してもいいのではないでしょうか。

「〇〇くんってすごいんだよ!」と男友だちを褒める

自分以外の男性を褒められたときも、男の人のプライドを傷つけることがあるかもしれません。

こちらは彼と比べたり、嫌味で言ったわけではなくても、男性によっては、ちょっとプライドが傷つくという人もいるのではないでしょうか。

逆の立場なら、やっぱり嫌じゃないですか?

彼氏が自分以外の女性を褒めたとして、男性側にあなたをおとしめるような意図はなかったとしても、「なんで他の女のことを私の前で褒めるわけ?」と苦々しく感じますよね。

全く自分以外の女性の話をしてはいけない、というわけではありませんが、彼氏には、他の女性のことを話題にするときは、それなりに慎重にしてほしいですよね…。

少なくとも、目の前の彼女をおとしめるような形で、他の女性のことを褒めるのではなく、「○○さんはこういう人で~」と、フラットに話してくれれば、まだ彼女側も我慢できるのではないかと思います。

ですから、女性側も、彼の前で他の男性の話をするときは、彼氏が「どうせ俺なんて…」と思わないように、気を遣って話をするといいのではないでしょうか。

たとえば彼氏じゃない男性でも、その人の前で他の男性を褒めたりしすぎると、気分を害することもあるので、気を付けましょう。

「努力が足りないんじゃない?」といった頑張りへの否定

一生懸命やっているけど、結果につながらないことって多々ありますよね。

それを、女性から上から目線で、「あなたの努力が足りなかったんじゃないの?」などと言われたら、いくらなんでも頭に来ますし、プライドも傷つきますよね。

もちろん、彼が何も努力せず、本当に頑張りが足りなかったのであれば、女性の言葉は彼に響くかもしれません。

でも、一生懸命努力をしたのに、残念ながら結果に結びつかないとき、恋人でもそうでなくても、事情をよく知りもしない女性からそんなことを言われたら、今までの信頼関係も吹き飛んでしまうのではないでしょうか。

ですから、彼が努力していない、という確かな証拠(毎日ダラダラしているのを見ていたり、飲み歩いているのを知っている場合)がないのであれば、彼の頑張りを否定するのはやめましょう。

そういうところで、男性は「この女性とは将来一緒にやっていけるだろうか」というのを見ているのです。なので、よく知りもしないのに不用意に相手のことを責めたり、なじるのは極力控えた方がいいと思います。

「もっとこうすれば?」など仕事へのアドバイス

女性の方が、自分よりもその道のキャリアがあったり、社会的にも成功しているとしても、自分のやり方に口を出されたくない、上から目線のアドバイスはプライドが傷つく、と感じる男性もいるのではないでしょうか。

もちろん、女性の言い方にもよりますが、一人の社会人としてプライドを持って仕事をしている男性に対する敬意がない言葉は、絶対にやめましょう。

仕事に関しては、特に他のことよりも男性にはシビアに響きますし、女性が彼のためを思って言った、と考えていても、相手はそう受け取ってくれないことも多いです。

たとえそれが、彼の方からアドバイスを求めてきたとしても、あまりに上から目線で対応するのはやめた方がいいでしょう。ケンカになってしまうこともあります。

仕事のことで彼が困って相談してきたときは、あれこれ上から目線でアドバイスをするというよりも、まずは彼の話をよく聞いて、彼が自分で解決策を気づけるようにアシストするくらいの感じの方が、男性の方も素直に受け入れてくれることもあります。

「もっと稼いでよ」など収入面への否定的な言葉

彼の収入に関する発言も、彼のプライドを傷つけることがあるので注意した方がいいでしょう。

「もっと稼いでよ」というのは、NG中のNG。

もちろん、付き合っている彼氏といずれ結婚しようと思っていれば、同一家計になるわけですから、結婚を考えている相手だからこそ、収入面のことをつい言ってしまうこともあるでしょう。

でも、彼にとっては、今の年収は、精いっぱい頑張って働いている結果のはずです。
それを否定してくるような女性と、付き合いたい、さらには結婚したいと思う男性はいないでしょう。

女性側のもどかしい気持ちや不安は分かるのですが、彼に収入を増やしてもらうよりも、自分の稼ぎをよくすることをまずは考えましょう。

自分が満足に収入を得ていれば、男性に「もっと稼いでよ」ということはないからです。

「元カレは〇〇だった」のような過去の彼氏と比較する言葉

先ほどの逆バージョンですが、男性だって、過去の彼氏と比較されるような言葉を嫌います。

二言目には、「元カレはこうだった」「元カレだったらこういうときはこうしてくれた」「元カレと付き合っていればもっと幸せだったのに」など、全てNGワードです。

特に女性の場合、男性と違って、何も考えず、ふと思ったから言ったとか、悪気がなくてそんなことを言う場合はほとんどありません。

元カレのことを話題に出すとき、女性は彼氏に対して何か不満を持っている場合が圧倒的。

たとえば彼氏に嫌味を言いたくて元カレの話を持ち出したとか、もっと自分に関心を持って欲しくて、やきもちを焼かせるために元カレの話題を引っ張り出してくるとか、とにかく何らかの意図をもって、元カレの話題を口にするのです。

なので、当然、言われた彼氏の方は、ぐさっときますし、プライドを傷つけられることもあります。

また、一度だけならまだしも、そういう「元カレ」攻撃を何度も受けると、男性の彼女に対する愛情は、どんどん減っていくでしょう。

ですから、彼氏に対して、元カレの話をするのは、かなりのタブーだと思った方がいいのです。なので、女性は十分気を付けましょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「〇〇ちゃんの彼氏はこんなことしてくれるんだってー」と比較する言葉

友達の彼氏と比較されて、けなされるのも男性のプライドを傷つけます。

どんな人もそれぞれ違うのですから、○○ちゃんの彼氏がそうだからと言って、自分の彼氏にもそれを望むのは、おかしなこと。

逆に言えば、○○ちゃんの彼氏がしてくれないことを、あなたの彼氏がしてくれることだってあるはずです。

無いものねだりよりも、あるものに感謝する姿勢が、いい恋愛を持続させてくれるのではないでしょうか。

相手からも、「××の彼女はお前と違って素直でいい子なんだよな~」なんて言われたら、女性は100%ブチ切れますよね。そんな風に言われたらイヤだな、と思うことは、相手には言わないことは恋愛の鉄則です。

仮にもし、いつもついそんな愚痴をぶつけたくなるくらいあなたに何もしてくれない彼氏なら、そもそも付き合っていること自体を見直すことも必要でしょう。

プライドを傷つけてしまう行動

彼の友人や同僚など、知人の前でけなす

彼のプライドを傷つける言葉などを、二人きりでケンカの最中にぶつけてしまっても、まだそれはケンカだから、と後から仲直りすることも可能でしょう。

しかし、そういう言葉を、彼の知人や同僚などの前で言ってしまうのは大NG。

彼のプライドどころか、彼の周囲に対するメンツもぼろぼろになってしまうでしょう。
恥をかかされたと、あなたを許さない可能性も高いです。

愛情って、何かのきっかけで憎しみに変わると、とても怖いものです。

一生恨まれたり、陰口を言われて評判を落とされたり、一歩間違えると、その後の人生に暗い影を落とすことになるでしょう。

ですから、他の人の前では彼を傷つけるような言葉を投げつけないように気を付けましょう。

もちろん、それが知人の前でなく、ただの赤の他人の前であっても、メンツを重んじる男性にとっては、恋愛関係を見直すことにもなりかねません。

「こんな風に自分のプライドを人前で傷つけるような女性とはもうこれ以上やっていけない」と別れを決意させることにもなりかねませんから、十分気を付けましょう。

洋服や髪型などを否定する

洋服や髪型も、自分が好きでやっている人が圧倒的ですから、そこを否定されると、プライドが傷つきますよね…。それは女性でもそうではないでしょうか。

ただ、自分にとって、相手があまりにもダサすぎて、一緒に歩きたくない、というレベルだとしたら、それはあまりに自分とセンスが違いすぎる男性だということ。

やはり、どこか、センスも許せる範囲でないと、付き合っても長くはうまく行かないのではないでしょうか。

一緒に並んで歩くのが恥ずかしいと思うような相手って、それは本当の意味では相手のことを愛していないということでしょう。

ですから、相手を否定するのではなく、もうこれは自分とは縁がない相手、と思って、別の人を探すのもいいと思います。

それに、センスが似通っている人の方が、恋愛の相性もいい場合が多いです。

ファッションセンスに限らず、センスの合う合わないって、たとえば結婚して生活をともにすると、住居などのインテリアや居住空間の雰囲気をどうするかにもかかわってきますよね。なので、そこが合う合わないって、結構重要なこと。

ですから、あまり好きになれないと思うセンスの相手との付き合いは、ちゃんと考えてから決めた方がいいでしょう。いつも会うたびに、彼の髪型や服装、持ち物などに一言文句を言いたくなるような相手とは、付き合わない方がお互いのためです。

女性が先に会計してしまう

今時の恋愛では、男女が平等に割り勘の方がいいと思う人も多いですよね。

ひと昔前だと、デートでは男性の方が全てお金を出したり、食事をしたら、おごりだったりするのが当たり前だった時代もあります。

ですが、今はそういうのは古い考えですし、お金の面でも男女平等ですよね。

ですから、逆に、女性が先に会計をしておごってしまう、というのも男性のプライドを傷つけてしまうことがあるのではないでしょうか。

特に、女性の方があきらかに収入が高く、男性に気を遣っているケースです。

女性におごられてもそんなことでプライドが傷つかないタイプであれば全く問題はないと思うのですが、男性の方が、「自分が稼ぎが少ないから憐れまれているようで、イヤだな」と感じる男性の場合は、厄介ですよね…。

なので、女性の方が稼ぎが良くても、基本はできるだけ、割り勘を心がけた方がいいと思います。

ただ、何かのお祝い事など、はっきりした理由があれば、「今日は私がおごるね!」などと、お金を出すことがあってもいいのではないでしょうか。

でも、逆に、男性の方が開き直っていて、「俺の方が稼ぎが少ないから、おごられて当たり前」という態度を毎回取ってくるのも問題ですよね。ただのヒモ状態になる可能性も高いので、そういうタイプには気を付けた方がいいと思います。

張り合って、相手の話に勝とうとする

話しているとついヒートアップしてしまい、相手と討論のようになり、言葉で打ち負かそうとしてしまう女性もいるのではないでしょうか。

ただ、女性の方が口が達者な場合、言い負かされた方の男性のプライドは深く傷つくでしょう。

なので、できるだけヒートアップしそうなときは、心を落ち着けて、お茶を飲むなど一呼吸置くことも大切ではないでしょうか。

そこまで激しく言葉の応酬をしてしまうと、後できまずくなってしまうのは間違いありません。

人前でミスや間違いを指摘する

人前で男性のミスや間違いを指摘されるのも、男性によってはプライドが傷つけられたと感じる人もいるでしょう。

もちろん、自分に自信があり、間違いやミスを指摘されても、フラットに受け取れる立派な人もたくさんいます。なので、みんながみんな、間違いを指摘されたくらいでプライドが傷つくということはないでしょう。

ただ、自分に自信がない男性の場合、人前で女性からミスなどを指摘されると、逆恨みする場合もあります。

なので、わざわざそこで自分がミスを指摘しなくても、後で二人きりのときに教えてあげれば十分、というときは、人前で言わなくてもいいと思います。

しかし、その間違いが、その時指摘しないととんでもない結果を招いてしまうような重大なミスの場合は、言わないわけにもいきませんよね…。

そんな時は、キツイ言い方にならないように、たとえば、「あれ、そこってそれでいいんだっけ?」というように、本人に気づかせるような形で指摘してみましょう。

そうすれば、プライドを傷つけられたというより、大事なポイントでフォローしてもらった、とポジティブに受け取ってもらえることもあるのではないでしょうか。

全く期待しない

女性から全く期待されないことも、男性のプライドを傷つけることがあります。

期待されすぎるのもイヤだけど、何も期待されないのも、自分という人間がちっぽけに思えてきて、プライドが傷つくというのは、めんどくさいですよね…。

「どうせあなたにはこういうことはムリでしょ」と、女性から見切りをつけられてしまうのって、やっぱり男性からしてみれば、ショックな部分もあるのではないでしょうか。

適度に相手に期待している、という態度をとることも、男性の気分をよくさせる一つの手なのかもしれませんね。

コンプレックスをイジる

彼のコンプレックスをいじるのは絶対にやめましょう。

自分だって、そんなことされたらイヤですよね。相手が異性だろうが同性だろうが、人が気にしている部分をふざけていじるのは人として最低な行為です。

ただ、それが彼のコンプレックスだと気づいておらず、自分がちょっとふざけて言ったことで、彼を傷つけてしまうようなこともあるでしょう。

彼がショックを受けた顔を見せたり、そこで会話が突然止まってしまったりして、明らかに自分がまずいことを言ってしまった、というのが分かることもあります。

そんなときは、まず、素直に謝りましょう。そして、「気にしてると思わなくて」とはっきり伝えてしまったほうがいいと思います。

相手の反応次第では、もうその話題は切り上げて、別の話題に移るなどするのもいいでしょう。

そして、大切なのは、もう二度と、同じ過ちを繰り返さないことです。相手のコンプレックスが分かったのなら、その話題は二度と持ち出さないようにしてください。

時間が経って、もう二度とあなたが同じようなことを言わないと分かれば、相手も許してくれるのではないでしょうか。

相手のプライドを傷つけてしまったときの対処方法

素直に謝る(謝りすぎは逆にNG)

相手のプライドを傷つけてしまったな、と思ったら、とにかく謝りましょう。

なんとなくスルーする、という手もありますが、二人の間にしこりのようなものが残ってしまいます。

なので、プライドを傷つけたと自分が思ったなら、まずは素直に謝ってみましょう。
きっと、たいていの場合、相手は「全然大丈夫。気にしていないから」とその場は言ってくれると思います。

大事なのはそこから。

相手はきっと、いくら謝られても、その時はあなたを本当の意味では許せないのではないでしょうか。でも、その場では空気を悪くしたくないから、許した振りをしてしまうのです。

ただ、その後、あなたが二度とプライドを傷つけるようなことを言ったりやったりしなければ、いずれ許してくれるはずです。

また、次に会うときに、さらに謝罪するようなことはやめた方がいいと思います。
謝りすぎるのも、相手に余計な負担になり、さらにプライドが傷つくということもあります。

なので、その場できちんと謝ったなら、その話はそこで終わりにしましょう。そして、次からは、発言や行動に気を付け、相手からの信頼を取り戻すようにしてください。

反省はしつつ変わることなく接する

相手のプライドを傷つけたという自覚があるなら、きちんと反省すれば、もう同じ間違いは繰り返しませんよね。

もし、はっきり言葉にして謝らなくても、なんとなくその場は相手もスルーしてくれて、普通の会話に戻れたのなら、それはそのままで、無理に謝罪しなくてもいいと思います。

相手にとっても、その方が気が楽なのでしょう。ただ、もし、またプライドを傷つけられるようなことがあれば、その時はもうあなたのことを許さないと決めているかもしれません。

なので、プライドを傷つけてしまったことを本気で反省したら、今後相手と接するときは、プライドを傷つけるようなことは絶対しないようにしましょう。そうすれば、今までと変わらずに付き合いを続けてもいいのではないでしょうか。

愛情を伝える

プライドを傷つけてしまい、相手の機嫌をそこねてしまっても、あなたが相手に対して愛情があり、関係を続けていきたいと思っているなら、ちゃんとその気持ちを素直に伝えましょう。

恋愛に限らず、どんな人間関係でも、言葉のやりとりをする上で、ケンカになってしまったり、傷つけあうことも起こりえます。それは仕方がないこと。でも、相手のことが好きなら、そこで関係を終わらせるのはもったいないですよね。

好きという気持ちが根底にある関係であれば、ちゃんとその気持ちを相手に伝えて、プライドを傷つけてしまって申し訳ないと思っていることを分かってもらうこと。

馬鹿にしたり、嫌いだから言ってしまったわけではない、と相手が分かってくれれば、そこを乗り越えたら、二人の関係はもっと深まるでしょう。

そんな風に、傷つけ合ったり、ケンカをしたりしても、関係を続けていけることって、すごく大切なことです。むしろ、そういういざこざもないまま、平坦にうまく行く関係なんて無いと思っていたほうがいいのです。

大切なのは、そういう気持ちのすれ違いをどうやって乗り越えていけるか、二人で模索していくことなのではないでしょうか。

あなたにも主張があるならばしっかりと話し合う

プライドを傷つけたいわけではなかったのだけど、相手にそう受け取られてしまう、ということもあるでしょう。

もし、あなたに、相手に対して言いたいことがあるなら、たとえそれが相手のプライドを傷つけてしまうことであっても、言ったほうがいいこともあります。

ただそれは、一方的にぶつけるような言い方ではなく、あくまでも相手との対話でなくてはなりません。

自分だけが相手に言葉を吐くのではなく、きちんと相手の言い分も聞き、ちゃんと話し合う、という形であれば、片方だけがプライドを傷つけられるようなことはないと思いますし、あなたの言いたいこともちゃんと聞いてもらえるのではないでしょうか。

一旦距離を取る

もし、相手が本当に傷ついて、あなたとはしばらく会いたくないと言ってくるのであれば、いったん距離を取りましょう。そんなときに無理矢理会っても、いいことは何もありません。

そして、時間をあけても相手の気持ちが変わらないのであれば、残念ですが縁がなかった、と考えて諦めることも必要でしょう。

もしかしたら、自分では一度しか相手のプライドを傷つけるようなことは言ってないと思っていても、実はその人なりに、ずっとあなたの言動に我慢し続けていたのかもしれません。

自分の過去の言動を振り返り、相手を不快にさせることがなかったか、そして、もし思い当たることがあれば、それは自分が悪かったと反省し、相手が許してくれなくても仕方がないんだ、と理解しましょう。

そして、これからの人間関係に、この経験を生かしてください。

相手を尊重した言動が大事!

こちらは何の気なしに、相手のプライドを傷つけてしまうことって誰しも経験があるのではないでしょうか。

ただ、自分の言動が相手を傷つけたかも…と、思うことができる方がいいのです。

本当に何も相手の気持ちを考えずに、自分の言葉が誰かを傷つけていると思いもしていない人もたくさんいますよね。

気にしすぎても人との付き合いに疲れてしまいますから、あまりに相手のことを気遣いすぎるのも自分が大変です。

なので、ほどほどでいいので、相手の気持ちも思いやりながら、話すようにしましょう。

全く相手を尊重していない人は、誰かを傷つけることを言いがちですが、相手を思いやって話す人の言葉は、相手を傷つけることはないでしょう。

もし、偶然相手のプライドにかかわる部分に触れてしまったとしても、相手のことを思いやっていれば、相手も「自分を傷つける意図があって言ったのではない」と分かってくれると思います。

また、自分がプライドを傷つけらたと感じたときも、相手があなたを傷つけるために意図的にそんなことを言ったのかどうかは、相手の態度や言動、普段の接し方を見ていれば分かると思います。

相手が傷つけるつもりで言ったわけではないなら、一度は目をつむってあげることも大切ではないでしょうか。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事