付き合って半年の彼氏の心境
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

付き合って半年にもなると、お互いの感情が落ち着く頃かといえます。

まだまだ半年しか経ってない!と思う人もいれば、もう半年かーあっという間だなーと思う人もいるなどさまざまです。

半年経ってみるといろんな変化が出てきたり、マンネリになったりもするので、ちょっとずつ2人の関係を改めて向き直していくことが大事だと言えるでしょう。

そこで、付き合って半年経った頃の男性の心境やこれからもラブラブになるコツをお教えしましょう。

2人の明るい未来のために、参考にしてみてください。

目次

付き合って半年経つ頃カップルに訪れる今までの関係からの変化

全然変わらない

今までの関係からの変化1半年、と聞くと長いような短いような気分になりますが、実際そこまで関係に変わってしまうようなカップルは少ないです。

まだ付き合ったばかりのような、一緒にいると緊張したり、相手の出方を伺うようなことはなくなります。

一緒にいるときに「楽しい」「嬉しい」という感情が強くなる頃でもあるので、とにかく2人でいろんな場所に行きたいなと思ったり、旅行も行きたい美味しいものも食べたい!とたくさんの感情が溢れてきます。

気持ちが募っていくような時期なため、一緒にいられることの喜びもひとしおでよりラブラブになる時期です。

半年を長いのか短いのか、どう捉えるのかは人それぞれ違いがありますし、自分がそう考えていても相手も同じように考えているとは限りません。

だからこそ、話をしたり距離感をちょっと縮める必要があるのです。

片想いをしている頃や、付き合う付き合わないでヤキモキしていた時は、どうしても「付き合うこと」「好きになってもらうこと」を考えてしまいます。

本当に大事なことは付き合ったあとに「長く一緒にいること」です。

すぐに別れてしまったり、自分の思いを表現できないまま離れ離れになってしまった、ということになったら意味がありません。

大事なことは、相手と自分が仲良く毎日を過ごせて、楽しい幸せと思えることなのです。

好きな人だから、自分の良い部分を見せたいと思うものですが、付き合う前まではその感覚もOKですし、意識した方が良いかもしれません。

いざ付き合った後にそのままの感覚で彼氏と一緒にいても、お互い本当の相手をみることができなくて、距離感を感じてしまうことも多いです。

多くのカップルが半年程度ではそこまで大きく変化が起きることはありません。

好きだな、という気持ちが薄れることもないですし、一緒にいることがまだそこまで当たり前にもなっていないものです。

まだまだラブラブになれる時期だといえます。

ちょっと慣れてきて飾ることをやめる

今までの関係からの変化2付き合いたてのちょっとしたよそよそしさはなくなり、だいぶ普通にお互いに対して会話ができたり、気兼ねなく相手へ物言いができるようになる時期です。

よそよそしい、といえばちょっと距離感があるのでは?と思うかもしれませんが、男女の関係で緊張感があるというのは非常に良いことだと知っている人はなかなかいません。

全く緊張感がなくなってしまうと、お互いを異性として見ることが難しくなってきますし、現実的に魅力が半減することにもなりかねないのです。

半年程度経った頃には、良い意味で相手に慣れてくるので自然体な関係を築くことができます。

自分を隠すことなく、受け入れてくれる存在なのだと相手に対して信頼感を持っていることになるので、飾らない自分を出すことができるようになったら、彼氏ももっとあなたのことを知りたいと思うようになりますよ。

好きだな、という気持ちは単純に継続できるものではありません。

相手のことが理解できない、いつまでも距離感が遠い気がするなど、いろんな要因で相手への気持ちが半減することはよくあることです。

付き合ってすぐの頃はお互い様な面も考えられますが、半年経っても相手に慣れていないとよそよそしさを感じてしまいます。

半年というのは短いようで割と一緒にいる期間を設けた、という印象を持っている人がほとんどの中、飾ることをやめられないと距離感を抱くのは当然のことです。

一方で、彼氏彼女の関係であることに慣れてきて、自分を飾ることなく話をしたり、デートの時もリラックスした雰囲気になります。

男性は、女性が安心している姿が大好きですし、自分を信用してくれている人も好きです。

手に入れにくい女性を追いかける男性は多いですが、彼女の場合はやはり雰囲気が変わってきます。

彼女は自分のことを1番に信用して欲しいし、愛して欲しいと思っているので、男性の方も慣れてきて、自分をよく見せようとしたり背伸びをしたりはしません。

少しずつ現実的な目を持つことになる

今までの関係からの変化3女性って、実は付き合いたての頃は比較的冷静な面を持っていて、男性の良い部分悪い部分を見極めようとします。

一方で男性は交際がスタートしてから、冷静さが出るので段々と気持ちが落ち着いてくるのです。

どうして違うのか?というと、基本的に恋愛の始まりは男性の方が積極的に女性へアプローチするからだといえます。

アプローチする側は、まず相手の良い部分しか見えません。

例えば「顔や声が可愛い」「とにかく性格が優しい」「身体的に魅力がある」というように、女性の良さに目を惹かれ、どうにか一緒になりたい、どうにか付き合いたい、できるなら裸にしたいと思っているのです。

気になる、好意を持っていると感じた瞬間に男性は一生懸命に女性に対してアプローチを仕掛けてこちらに向いてくれるよう必死になります。

その間、女性の悪いところなんて見えてこないのです。

ところが、やっと付き合うことができて、ちょっと冷静に彼女のことを見るようになると「この仕草が嫌」「食べているときの音が嫌」など、アプローチしていたときには気づかなかったような部分が一気に気になるようになってきます。

すると途端にあんなに可愛い、キレイ、手に入れたいと思っていた女性の魅力が半減どころかほとんどなくなることだってあるのです。

こうなると女性は「急に態度が変わった」「付き合った途端に興味がなくなったみたい」ととても悲しい気持ちになります。

男性が冷静に女性を見るようになるのが、数ヶ月経った後だったり1年程度経つくらいから、女性への目が厳しくなりますが、逆に女性は付き合ってから男性の良さを感じることも増え、「こういうところもあるんだなぁ」と思って魅力に感じることが多いです。

つまり、男性は女性を100点からスタートさせていき、付き合いが長くなるにつれて点数が減っていく生き物ですが、女性は0点からスタートさせていき、付き合いが長くなるにつれて点数が増えていく生き物だといえます。

この点は男女の差となり、お互いに理解できるできないが変わってくる部分です。

0点スタートというのはちょっと大袈裟かもしれませんが、現実的に女性は自分がアプローチされる段階で男性に対して100%の気持ちを感じたり、思ったりすることができません。

女性は、男性に性的な目で見られることも多いので、特に交際したいと積極的に迫られるとその真意を見極めようとかなり慎重になりますが、付き合って半年になると安心感が出てきて、彼氏のことを本当に好きになる頃だともいえます。

逆に男性は冷静になるから、女性との温度差を感じてしまうのです。

付き合って半年過ぎた時の彼氏の心境や男性心理

安心感が芽生え始めて「この子は大丈夫」と思う

半年過ぎた時の彼氏の心境1男性の中には、あまり恋人との関係が長続きしない人もいます。

付き合っても1年くらいしか持たないとか、なんとなくすぐに彼女への感情が変化してしまう…という人もいるのです。

悪気はなくても、結果的に女性への感情が下がることもあるので、付き合って半年過ぎた時にまだモチベーションが下がっていない、付き合う前ほどのドキドキ感はないけど、安心感のある付き合いができているという場合は「この子は違う」と思ってもらえます。

男性は、比較的早い段階で「この子とは長くいることができるか」を見極めることができるのです。

女性よりも勘は働かない人も多いので、はっきりとした感覚ではないかもしれませんが、どことなく「この人は結婚するかも」「なんか一緒にいると幸せだ」と思う時と、「思っていたのと違うなあ」「付き合う前が最高潮だったな」と思う時があります。

絶対にその勘が当たっている、というわけではないですが、中にはこうした直感に従って、もう別れようかな?と思う人もいるものです。

男性にとって、付き合い始めてから半年までの間は彼女への情熱が継続できるかどうかの瀬戸際です。

半年を乗り越えることができれば、そのまま一緒になることができるのでは?とも思う人が多いので、あなたより彼氏の方が付き合いの消費期限を気にしていたりします。

彼女と半年を平和に過ごすことができた、という自信は彼氏の中で強くなっていって、このまま一緒にいようという気持ちが強くなるものです。

意図していなくても、男性は付き合いたての頃より半年経てば連絡の頻度が少なくなったり、会っている時にスマホばっかりしてしまいます。

そんな時、女性が感じることといえば彼氏が変わってしまって、愛情が薄いと思って、すごく悲しくなるものです。

ここで、ケンカになったり彼氏を責めるだけだと男性側から見ると「俺の気持ちをわかってくれよ」とイライラするだけです。

男の人にもいろいろな感情がありますし、単純な言葉では説明することが難しい場合も多数あります。

話をするだけでは理解不能なことも多い上に、何も言わなければより分かりません。

結局のところ、話をしてわずかでも理解したり受け入れたりすることによって、良好な交際を続けることができるといえます。

「なんで冷たいの?」「なんでたった半年でそんなに態度を変えるの」と怒りたくなる気持ちもわかりますが、恋人といえども他者としての感情の揺れ動きの差だと思うと、少し気持ちが楽になります。

結果的に、男性は「言っても理解が難しいだろうから言うのはやめよう」という決断になりがちです。

そうじゃなくて、相手の気持ちを配慮しながら、関係をもう少し熱のあるものに変えようとしてくれた方がきめ細かな愛情を感じられます。

男の人は、まだ恋愛がスタートさせていない時には自分から積極性を見せるのに、いざスタートすると彼女から愛されたいと思うのです。

その点は、仕方がないと思って女性側が一歩踏み込んでください。

なぜか、男性って自分の元にきてもらえるまでは一生懸命なのにそばにいると言いたいことも言えなくなるような人が多いので、彼女が頑張る番です。

2人一緒が普通

半年過ぎた時の彼氏の心境2お互いが日常生活の一部になり連絡をしたりあったりも普通になるため、男性の中には内心「ちょっと慣れたな」「ドキドキ感が薄れた」と感じます。

そのため、マンネリめいた雰囲気になりやすいですが、半年で訪れる少々のマンネリならすぐに回復させることが可能です。

多くの人が想像しているマンネリって、もう何年も交際した2人に起きるようなことだと思っているかもしれません。

女性よりも男性の方が多いですが、短いスパンで些細なマンネリが繰り返されていることがあります。

彼氏としても、6ヶ月という期間をあまり長い交際だとは感じにくいため、彼女に気づかれないように頑張っています。

内心「ちょっと距離を置きたいな…」と思っていたり、「1人の時間が欲しい…」と思って気持ちが辛くなることも多いです。

自分からアプローチして付き合おうとそうじゃなかろうと、男の人はあまり関係なく感情の波が揺れ動きやすい生き物です。

男性は、彼女に申し訳ないからと自分の気持ちの変化を隠しているつもりでも、女性って少しの変化ですぐに異変に気づきます。

そこから「もう愛されていないの?」と不安になって、だんだん束縛をしたり気持ちを確かめるような行為をする人も増えてきますが、実際こうした行為を行っても、男性の気持ちは戻ってきません。

むしろ「え?怖い」と思って距離感ができてしまう可能性だってあるのです。

男性の気持ちは付き合ってからは下降しがちということを女性も理解しておかなくてはいけないといえます。

理解しておけば、男性がちょっと変化しても「あ、これはまさか」と状況をすぐに飲み込むことができますし、マンネリを回避しようと早めの対応ができます。

あからさまな何かをすることはありませんが、ちょっとしたサプライズを仕掛けてみるとか、普段行かないような場所にデートで訪れてみるなどの些細な違いでOKです。

彼女の優先度が変化する

半年過ぎた時の彼氏の心境3付き合う前までは、毎日連絡してきて「会いたい」と言っていたかもしれませんが、ほとんどが付き合った後は「会いたい」も「好き」言わなくなります。

付き合う前の男性はある種の興奮状態にあるので、とにかく自分の気持ちを伝えたい!言わなくちゃ気が収まらない!と思いがちです。

女性も最初のうちは「気安くそんなこと言っちゃって…」と疑っていても、ずっと継続的に言われてしまうと心がほだされていっちゃいます。

いざ付き合って見るとだんだん言葉もなくなり、デートも減った…と言うことはよくある話です。

なぜなら、あれだけ求めて手に入れたいと思っていた宝物が手に入ると、男性は途端に手のひらを返したようになります。

友人や仕事が1位になって優先度が下がり「この仕事がひと段落したらどうにかする」「このイベントに行ったら、次はデート」など、一緒にいる時間の大切さが薄れていくのです。

付き合ってしばらくのうちは、手に入れることができた嬉しさでワクワクしますが、どんどん優先度が低くなるのは男性が安心してしまうからだと言えます。

かといって、不安にさせようとしても「駆け引きする女の子は嫌だ」とそっぽ向かれる可能性もあるので、非常に扱いが難しい部分です。

男性は最初から強火で徐々にトロ火になるのに比べ、女性は最初のうちは火もついていないことがありますが、そこから意識した途端に強火になる人はたくさんいます。

こうした違いは些細なことのようであって、恋愛を継続させるためには非常に大きな部分でもあるものです。

性的な面と心の面にズレが出る

半年過ぎた時の彼氏の心境4付き合って半年経つ頃には、彼氏からの愛情表現が少なくなってしまっている可能性が高いです。

そんな状態を女性は不満に感じていることが多く、「もっと会いたい」「好きって言って欲しい」と気持ちを募らせています。

一方で、男性から性的な面で求められることは、変わらないどころか増えていくこともあるのです。

半年付き合っていると何度も体を重ねているはずなので、彼氏は気兼ねなく彼女に触れることができます。

彼女目線で言えば、愛情表現が言葉から肉体的なものに変わったのかな?もしくは、体だけが欲しいのかな?といろいろ深く考えてしまうものです。

一方で男性は、彼女がいるのだから好きな時に求めたい!とストレートに思っています。

その感情に「体だけ」という思いは微塵もなく、好きだからこそ、彼女という愛しい存在がいるからこそです。

女性も、体の関係は愛情表現の1つと言うことはわかっていますし、そういった関係がないほうが不安に感じます。

不安の根源は、言葉がないからです。

付き合う前の女性は、どこか簡単に心を開かない態度を取ることも多いですが、いざ付き合ってしまうと全面的に男性を信頼して、甘えます。

その期待に応えられない男性が多い、と言うのは彼女に心を許しすぎているのばあう

性的な面と心のズレは、さらに付き合いが長くなっていくと自ずと調整できるので、試練の時だと思いましょう。

マンネリや倦怠期に負けずこの先もっとラブラブになるコツ

気持ちを伝えることを怖がらない

この先もっとラブラブになるコツ1半年くらい経つと、相手の価値観だったり、考え方をよく知ることができるようになります。

理解できることはとても嬉しいですが、だんだんと「あれ?こういうところもあるんだな」と感じる部分が理解できない、とモヤモヤすることもあるでしょう。

そんな時、見て見ぬふりをするのも1つですし、話をすることも1つです。

言わない、ということは相手に気持ちを伝えないことにはなりますが、相手と不用意なケンカをしない防衛策にもなります。

言う、ということは相手に気持ちを伝えられて相手の考えも知ることはできますが、当然ケンカのきっかけになるかもしれません。

「こういう感じに思ってるんだけど」と話してみることによって、相手の改善を見込めるかもしれませんし、相手の気持ちや真意を知ることもできるのです。

我慢することによって、平穏な日々は手に入るかもしれませんが、わずかにできたほころびが今まで我慢してきた言いたかったけど言えなかったことに対しての怒りに変化する可能性は十分にあります。

なんでもかんでも言うことは、相手への配慮が欠けることにもなりかねませんが、言うべき部分を言わないのは関係が深まらない原因になるのです。

心配しすぎないで信じることが大事

この先もっとラブラブになるコツ2長く同じ時間を過ごすためには、やはり相手に対しての信頼感ってすごく重要なポイントになります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

好きな気持ちが募っていくと、つい「今誰と一緒?」「今私のことを考えてる?」あんて思ってしまいますが、彼女の気持ちほど彼氏っていつも恋愛のことを考えてはいられないといえます。

むしろ、ストレートに「彼女だからそこまできめ細やかな対応をしなくてもOK」と思ってしまうことが多いです。

変化があったとか、愛されている気がしない、などいろいろ思うでしょうが、女性が思っているほど深く考えているわけではありません。

男性の場合は、自分の気持ちを付き合っている彼女は絶対に自分をわかってくれているのだ、という自信を持っているため、女性側もあまり考えすぎないことが1番です。

恋愛、というのはずっと同じ気持ちを継続させることのほうが難しいので、半年や1年、3年と経てばまた気持ちに変化が芽生えます。

感情が薄くなったのかな?と思ったとしても、また1年や3年程度経過していけば、お互いの感情にも変化が起きやすく、付き合いが深くなるにつれてまるで家族のような感情になる人も多いです。

なので、半年経ってちょっと彼氏が変化したとしても全然気にせずにいましょう。

付き合っていることは事実ですし、不安よりもまずは交際している事実を楽しんでみてください。

自分と一緒にいて楽しそうな女性の方が男性は魅力的に感じるので、いつもニコニコしているほうが可愛いです。

一緒にいることを当たり前にしない

この先もっとラブラブになるコツ3恋人といつまでもラブラブでいられる人は、一緒にいること・デートができること・電話ができることに対して「当たり前」と思っていません。

常に「こうして一緒にいることができるのはとっても嬉しいことだ」という認識を持っているので、相手に対しても新鮮な気持ちで対応することができます。

もう半年経った、と思うよりもまだまだ半年、と思う人の方が彼氏に対して優しくできたり、甘い態度をとることが可能です。

男性は、自分にすっかり慣れてきた女性ももちろん好きですが、もっと好きなのは少し慣れてきて自分に甘えてくれるような女性です。

付き合ってより自分を好きになってくれたんだな、とすごく可愛く見えちゃいます。

男性心をくすぐるためにも、甘えるときと1人の大人として振るまうときのメリハリはすごく重要です。

恋をしている時のモチベーションが保てない人の多くは、自分の中で本当はプラスにとらえなくてはいけない部分をマイナスにとらえている傾向があり、自ら彼氏を疑ったり悲劇のヒロインのようになったりしていることがあります。

結局恋愛って、他人同士が一緒にいることになるので、分かり合えない部分の方が多いでしょうし、高揚していた気持ちが冷静になることもあるのです。

それでも、好きという気持ちがなくなったのだと思うのは早まった感覚なので、きちんと彼との毎日を楽しみましょう。

まずは、一緒にいることが奇跡なのだということに気づいて、日々に感謝し、好きという気持ちを伝えてください。

付き合う前は男性の方から積極的に言われていたかもしれませんが、付き合ってしまえばそういった関係ではなくなります。

お互いが愛情表現できるような関係なら、自ずと仲良しさが続くことでしょう。

時々変化をしてみよう

この先もっとラブラブになるコツ4例えば、マンネリになった時に多くの人が「いつもとは違う何か」を行おうとします。

刺激が必要と思うことは普通なので、もちろん効果はあるでしょうが、まだ付き合いを開始して6ヶ月程度の場合はそもそもお互いの本当の部分を知らないことも多いため、何かしら変化を付けたとしてもそこまで「すごい!」と思うほどの驚きはありません。

詳しい内面に関してはまだまだ知られていない部分も多いです。

最初のうちからお互いの全てを知り尽くすことはできず、当然ですが同じ時間を過ごしていくうちに徐々にわかり合います。

他人同士なので、全部を丸ごと理解できるわけではありませんし、相手にもわかってもらえることは期待しないようにしましょう。

大事な考え方は、どれだけの時間を過ごそうともお互いを完璧にわかることはない、ということです。

過ごす時間が長くなればなるだけ、飽きもくるでしょうし新鮮さも感じなくなっていきます。

半年だろうと5年だろうと、慣れというものはやってくるものです。

人間の気持ちは移ろいがちで、確実性はありません。

どれだけ好きでも離れないと思っていても、気持ちの浮き沈みは訪れるものです。

「どうせ」って思うのも1つの気持ちの防衛策ですが、そんな風に相手のことを思うとせっかくの恋愛も楽しくなくなります。

「そういうこともある」程度に考えておくと、少しは楽になるでしょう。

もしも、「そういうこと」があったとしても、必ず別れてしまうとか関係が崩れるというようなことはそこまで強く考えることもありません。

本当に好き同士なら、どのような試練も乗り越えられますし、あなた自身も少し変化しましょう。

あまり彼氏を頼らないようにしたり、自分の意見をはっきり言ってみるなどしてみると効果があります。

付き合っている彼氏との同棲やプロポーズを引き出し結婚に繋がるこの先の付き合い方

とにかく自然体に!我慢はしない

結婚に繋がるこの先の付き合い方1そばにいる時間が長くなるにつれて、気持ちが変わったりズレが生じる場合もあります。

彼氏の感情が見えない、逆に自分の気持ちもよくわからなくなってきたなんて思う可能性だってあるのです。

人との関わり合いになるので、やっぱりすれ違いは多いですし、恋愛は人を幸せにしてくれる一方で「この世の終わりが来た」とすら思うくらいに辛くなる場合もたくさんあります。

女性も男性も、好きな人のことになったらいろいろ考えてしまいがちですし、不安定になることは間違ってもいません。

不安を抱えたままでは、相手に対しての態度もぎこちなくなりやすいですし、それとなく距離感ができてしまう可能性もあります。

気持ちの中では好きなままなのに、なんでか関係がうまくいかないな…と悩むこともあるでしょう。

まるで、自分が自分じゃないような感覚に苛まれてすごく自己嫌悪になることだってあるのです。

そのままずっと不機嫌なままだったり、不安定なままだったとしても別れる結果になりかねません。

自分を抑えて、なんとなく一緒にいるだけでは同棲も結婚もできないまま、いつか訪れる別れへのカウントダウンをするだけです。

そうならないためにも、常に自然体でいることが大事だといえます。

自然体って言ったってどうすればいいのかわからない!と思うかもしれませんが、意識しておくべきなのは「彼氏彼女」だという事実です。

不安も焦燥感も、本来なら感じることがないくらいに2人の関係は確立されているので、自信を持ちましょう。

「気持ちを言葉にしてくれないし、態度にも出ないからどうしたらいいのか」と悩むとは思いますが、自分との関係に不安を感じている女性って、男性から見るとあまり魅力がないのです。

自然体で我慢をしないような雰囲気作りを心がけてみてください。

自分たちの将来について定期的に話題にする

結婚に繋がるこの先の付き合い方2今仲良しだからOK、今ちょっと不安定だからNGといったように、目先のことにばかり目が奪われていて、本当の意味での「2人の関係」について考えていない人は意外に多いです。

とはいえ、恋人になって6ヶ月程度で「結婚しよう」とか「一緒に住まない?」って発言はちょっと時期尚早だといえます。

いざお互いの関係にマンネリを感じた時に、何をどう対応すればいいのかわからなくなってしまいがちです。

同棲とか結婚とかをはっきり言わずにどう将来の話をするのか?というと、時々でいいので「一緒に暮らせたら楽しいだろうなぁ」と伝えてみましょう。

男性によっては、そのままスルーする場合もありますが、ほとんどの場合が「そうだね」とか「確かに楽しそう」などと言ってきます。

返答が来たときには、「まだまだ先だろうけど、一緒に住みたいね」「お嫁さんになれたらうれしいなあ」なんて言ってみましょう。

ジョークともとれますし、真剣ともとれるので彼氏側は彼女の本気を感じるものです。

交際期間半年では難しいかもしれませんが、早い段階で「一緒に住む?」「前言ってた同棲したいなって話覚えてる?」など、言われやすくなります。

将来の話、というのはちょっと気持ちが重たくなる可能性も高く、男性に負担をかけてしまうのでは?と女性は躊躇しがちです。

男性って、女性から何も言われなければそのまま時間を過ごしていく一方で、何も進展はしません。

理由は、女性の場合は「これからの将来一緒にいたい人」を彼氏に選びますが、男性の場合は「今魅力的な人」を彼女に選ぶからです。

男の人は、結婚する女性と付き合う女性それぞれタイプの違う人を選ぶことも多く、全く別物としてとらえています。

そのため、付き合っている=結婚も視野に入れているのか、と言えばそういうわけでもありません。

そんな男性は、基本的に女性から何を言われてもなんとなくで流します。

つまり、あなたとの将来を考えているかどうかはあなたから将来についてやんわりと話した時に分かるものです。

いつも優しいけど、将来的な話をそれとなく伝えたら会話が終わるもしくは違う話題に逸らされるなどであれば、カレにとって今はそのタイミングじゃないか、もしくは将来的なことは何も考えていないかのどちらかになります。

求めすぎない程度に愛情表現しよう

結婚に繋がるこの先の付き合い方3自分が好意をもっている人から、好意を表現されたいと思うのは何も不思議なことではありません。

実際に言ってもらえるのかどうか、というのは別問題ですが、ある程度の愛情表現を求めるのは可愛らしさの表現にも繋がります。

男の人って、素直に愛情表現してくれる女性のことを可愛いと思いますし、自分に対して従順な印象があってうれしくなるのです。

そんな女性が彼女だと、自然に「この人を大事にしなくちゃ」と考えるようになり、もっと一緒にいたいと同棲に誘う・結婚を前提に話を進めるなど、逆に男性の方がより積極的になりやすいです。

注意しなくちゃいけないことは、彼女から愛情表現が重荷になる可能性もあります。

女性としては、素直に愛情表現しているつもりでも「なんか恩着せがましい」「同じ言葉を自分にも求めているような気がする」と心がどんよりしてしまう男性も中にはいるのです。

どんな言い方がNGかと言えば、「私はこれくらい好きだよ。○○くんは?」「こんなに私が好きなのに、どうして○○くんはもっと私を好きになってくれないの?」などだといえます。

自分の愛情を伝えるだけではなくて、相手からの愛情も求めていることが見え隠れしますし、言葉の裏には「あなたの態度が不満です」という気持ちが感じられます。

すると途端に男性は、彼女からの愛情表現を「自分にも言わせたい口実として好きだと言っているんだ」と思い、めんどくさいとか重荷だと思うようになるのです。

そんなつもりはなかった、と感じる人がほとんどですが、女性のちょっとした言葉の端々に自分への思いを見つけようとする男性も多いので、言葉選びには注意しましょう。

あくまで、自分の感情として伝えるのみにしてください。

彼氏から邪推されると、あなたも自分の気持ちを疑われているような気分になるので、言い方には気をつけることが大事です。

付き合って半年経つのにお祝いが何もない、未だ体の関係なし…彼が冷めているのか確認する方法

「ねえねえ、半年過ぎたね」と自分から聞いてみる

彼が冷めているのか確認する方法1男性にとって、カップルの記念日と言えば「○周年」とかお互いの誕生日くらいです。

人によっては、○周年のお祝い自体も「する必要ある?」と思っていることもあります。

○周年については、基本的に結婚記念日に当てはまると意識している可能性が高く、それまでは別にお祝いなどしなくてもいいんじゃないか、と男性は感じている可能性が高いです。

祝う感覚自体がない彼氏の場合、何をどう遠回しに言っても伝わらないので、はっきりと教えてあげましょう。

「もう付き合って半年経ったね!」と明るい口調で伝えると、彼氏も「あれ、そんなに経った?」と言ってきたり、「そうだね」と言ってきたりします。

どちらの反応にせよ、あなた自身が明るく「半年のお祝いしようよー」と言ってみてください。

この時に、全くやる気を見せない彼氏だとちょっと心が冷え始めているかもしれません。

本来彼女から求められたらなんでも応えてあげたい、と思うのが恋心です。

全然応えようとしないのであれば、男性の気持ちに陰りが見えたと思っても過言ではないので、関係性に対して改善を図る、話し合いをするなどの考慮が必要になります。

「私ね、○○君のこういうところ好きだよ」相手の良さを伝える

彼が冷めているのか確認する方法2人の感情や愛情というものは、全く目には見えないですし、メジャーでもはかることはできません。

お互いの信頼関係だったり、関わりの深さがものをいわせる部分が強いです。

「まだ付き合いが浅いから…」という気持ちで、相手に対して遠慮したりあまりはっきりと気持ちを伝えることに抵抗感が出ている人も多くいます。

関係性を深めるために、何が必要なのかというと会話と時間です。

どれだけ忙しくて会う時間がなかったとしても、眠る前の1時間程度はLINEや電話をする、必ず週に1回、もしくは月に1回はデートするなど、2人の中でいろんな決め事を作ったほうが、関係性はうまくいきます。

あまりにもがちがちに決めてしまうと、束縛されている気持ちになってしまうので、そうならないためにも軽めの約束をしてください。

「無理な時もあるだろうけど、やっぱり月に1回はデートしたいな!」「1日1回は声くらい聞きたい」など、ちょっとしたお願いをしてみましょう。

本当に好きなら、あなたのお願いを聞いてくれるものです。

そして、会ったりLINEなどで会話をしている時にポイントとしては、気持ちを素直に伝えることだと言えます。

男性の気持ちを確認する時、ついつい相手の気持ちばかりに意識が向いて、確認作業のように「私のこと好き?」「どう思ってる?」と自分の評価を求めてしまいがちです。

もちろん、自分の不安な気持ちを素直に伝えることは大事ですが、気持ちが降下している男性から見るとうっとうしさMAXだと言えます。

段々距離ができてしまう可能性が高いので、本心を見極めるためには相手の評価を直接伝えてください。

「あなたのこういうところが大好き」と教えてあげれば、気持ちがある男性の場合、ちょっといちゃいちゃできたりします。

一方で、気持ちが冷めた男性の場合はどれだけ自分の評価を彼女から聞こうが気持ちが揺らがないので、テンションが低いままです。

微妙な違いですが、愛情表現を受けた時に少しでもテンションがあがるのか変わらないのかを見極めることで、相手のあなたへのモチベーションがわかります。

普段行かないようなデートを企画してみる

彼が冷めているのか確認する方法3新鮮さ、というのは女性よりも男性の方が好むことです。

いつも同じデートコース、いつも同じような会話を繰り返していても、結局飽きてしまいます。

よく浮気をする人は、普段から野菜を食べているとお肉も時々食べたくなるから、浮気をしたと言い訳をしますが、それは言いえて妙なのです。

交際しているカップルにも似たようなことが言え、いつも同じことの繰り返しは単調な毎日を引きずっているような気分になって、つまらなく感じます。

男性側から変化をつけてくれたらよいですが、飽きを感じた時点で、彼女に対しての輝きがうせてしまうので、何か自分が努力をしようとは思いません。

こういうときは、女性側も「最近なんかマンネリだな…」と感じているものなので、自分で変化をつけてみてください。

勘違いされてしまうのは、身につけている下着をセクシーなものにするとか、服装を変える、などですが、男性によっては「急に怖い」と引いてしまう可能性もあります。

無理やり関係をよくしようとしている風に感じて、気持ちが重たく感じるため、見た目や関係にセクシーさを出すのではなくて、デートに変化を与えましょう。

例えば、サプライズで温泉をプレゼントするとか、ずっと彼氏が行ってみたいと言っていた場所に行くなど、何かしら企画を立ててみてください。

彼氏も自分が興味あること好きなことならどんどん乗り気になるはずなので、話題の1つとして提供してみてもいいです。

いつも似たような場所に行っていれば、誰だって新鮮さはなくなるため、彼氏任せにせずあなたが進んで企画するのも、愛情表現だと思いましょう。

付き合って半年から彼氏の感情は揺らぎがち

付き合って半年の彼氏の心境 まとめまだ付き合って半年じゃん!と女性は思うでしょうが、男性にとっての半年って結構長いんです。

そのため、気持ちに揺らぎが生じたり、いろんな変化が起きることも多いので、女性としては振り回されているような感覚になってもおかしくありません。

彼氏が変わってしまうと悲しい気持ちになりますが、あなたの心の持ちようで関係は回復していくので、好きでずっと付き合いたいと思うのであれば、ちょっと勇気を出して頑張ってみましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事