付き合う前なのにデート代を全部出してくれる男性の心理や奢ってもらう際のお礼のポイント
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

「良い感じにはなっているけど、付き合う前なのにデート代を全部出してくれる男性ってどういうつもりなのかな」と奢ってもらうことに対して、意味を考えてしまうあなた。

食事や遊び代など、一回のデートでも合計すると金額的には結構するものです。

「二人分だから、倍支払ってくれている」と考えて、お礼をするべきかどう対応するべきか分からないと感じている人もいます。

付き合う前なのにデート代を全部出してくれる男性の心理について、詳しく解説していますので、スマートに対応して好感度をさらに高められる女性になりましょう。

奢ってもらった時のお礼のポイントや態度なども学んでおくことで、もっと距離を近づけて、一緒にいるのが幸せに感じてもらえる女性を目指すための参考にしてくださいね。

目次

男性がデート代を出してくれる理由とは

女性に対して好意を寄せているから

好意を寄せている相手とデートをした時に、良い格好したくて奢ってくれるのです。

男性は、好きな女性の前では紳士的で頼れる存在でありたいもの。

経済的な安心感は、男性がアピールできるステータスの一つです。

付き合ってないけど奢ってくれる時点で、「お金に困っている人」だとは思わないはず。

お金を出してくれたからと言って、女性が好きになるわけではないと分かってはいますが、不安要素を減らす事は、今後の恋愛の展開の可能性を高められるチャンスです。

最初からお金に困っている姿を見せてしまうと、「この人と付き合うと、どこにもデートに連れて行ってもらえないかもしれない」と思われてしまえば、彼女になってもらえる可能性はグッと低くなってしまいます。

「女性にお財布を出させるわけにはいかないよ」と無言でアピールすることで、頼もしさと社会人としての地位や信頼を得ていると考えているわけです。

好きな人の事は、お姫様扱いしたいのも男性の心理。

「あなたは何もしなくていいよ」とお姫様扱いすることで、カレの中でも特別な人だと再確認しています。

単に女性にはおごるのが当たり前と考えているから

毎回奢ってくれる男性は、女性のデート代を全部出すのが当たり前だと考えています。

彼の中では、交際しているのも付き合ってないのも関係ありません。

女性よりも男性の方が、仕事に向かう時間は長くとっている人は多いですし、お給料も頂いているケースが多いものです。

キャバ嬢やフリーランスのキャリアウーマン等の一部の仕事での地位を確立している女性であれば、結構なお給料を頂いていることもありますが、一般のサラリーマンとしての女性社員であれば、男性が社長や起業家でなくても多く稼いでいます。

紳士的な男性は、女性にお金を出させると思ってもみない人がほとんど。

男気でもあります。

デートでかかる支出は、女性を受け止められる男性のキャパシティを示しているとも言えるところです。

ワガママや甘えをどんと構えて受け止められる男性ほど、男としての器量があると考えています。

そのため、女性が「欲しいな」と言った物は、サラっとプレゼントしたり、「○○が食べたい」と言えば、「いいよ」と受け止めるやりとりがされる場面が多いはずです。

紳士的な男性の態度は、女性からすると「どうしてこんなにしてくれるの?」と驚く人もいるくらい。

こちらの記事では、女性扱いしてくれる男性の心理が分かるだけでなく、丁寧に扱われる人の特徴までも紹介していますので、あなた自身の女度を高めるためにも参考にしてくださいね。

女性の前では見栄をはりたいから

付き合う前のデート代を支払うのは、男性の見栄からです。

男の人の思考回路の中で、「支払いをスマートに済ませられると、カッコいい」というものがあります。

逆の場面を想像すると、思考の背景が見えてくるはずです。

デートをして、一緒に楽しい時間を共有し、会話も弾み、「次もまた会いたいね」となっているくらい充実している時に、いざお会計となったら「ちょっと待ってね」と金額を計算し始めて、「移動する時のガソリン代と食事代と、間でクレープ食べたからその分も足すね」と電卓をたたく姿は、「カッコ悪い」と感じる人も少なくないもの。

「男ならドンと全部受け止めるべき」という暗黙のカッコいい常識があるがゆえに、理想に近づこうとして、見栄を張ります。

下心があるから

付き合ってないのに奢ってくれるのは、女性からお礼をもらおうと下心を持っているケースがあります。

交際をしていない段階で、お礼を期待しているのは、やはり相手からの気持ちと、あわよくば一夜を共にすること。

元々好意を抱いている相手なら、「恋愛に発展させたい」という願望もありますが、好きなわけではないけど、楽しい時間を共有する事を趣味や嗜好としている時には、体の関係を求めている時もあるのです。

援助交際とまではいかないですが、デート代をすべて出す代わりに自分も喜ばせて欲しいという願望を持っています。

男女間で見返りを求める時には、たいていセックスを求めているところです。

食事が終わって、いい雰囲気になった時に「少しゆっくり休もうか」「景色が良い所に行こうか」とホテルや人が少ない所に出掛けようとします。

全く何も深読みしていない女性が「そんなつもりじゃなかった」「こんなことになるなら、ご飯が終わってすぐに帰ればよかった」と後悔するようなトラブルになるケースは、このパターンです。

女性よりも年上だから

女性よりも年上の男性は、年齢を理由に奢ってくれることがあります。

カップルの場合でも、年上彼氏はいつも奢ってくれる傾向があるものです。

年功序列が色濃く出ていた一昔前と比べて、現代では実力主義の社会ですから、さほど年齢で見方を変える事はなくなっています。

しかし、恋愛となるとやはり年齢が上の方が「しっかりしている」「頼れる」と思われるところです。

女性の方が上であれば、「姐さん女房」「年上彼女」とアピールすることも多いですし、リードするのもカノジョの方。

男性の方が上であれば、「女性を守ってあげないといけない」「可愛がってあげよう」と大事にしたい思いが金銭面にも表れます。

年齢が上であれば、一般的には社会人歴も長い事を意味しているため、収入も多かったり積み立てていたりという背景もあるからです。

昇給も多く経験しているので、女性側も「彼の方がお金は持っているはず」と考えます。

「お金は持っている人が使った方がいい」といった考えが、自然と年齢が上の人に頼る構図が出来上がるのです。

デート代を出す人と出さない人の違いは?それぞれの男性心理を解説

どんな女性でもデート代を出す男性

どんな女性に対しても、スマートにデート代を出す男性は、女性に対して金銭的に負担を掛けたくないと言う考えを持っている人です。

男性は、仕事が取柄と言っても過言ではありません。

人生の中で、どれだけ仕事に没頭するかで、男の価値が決まるとも考えています。

実績を出すことで収入は上がるし、評価されるほど昇給できる社会のシステムを分かっているわけです。

「女性を喜ばせるためには、お金の心配をさせたらいけない」という大前提がある為、デート代くらい支払えなくては、男として情けないと考えています。

相手の女性が年上であっても、元カノや全く恋愛感情のない人であっても、男性が支払いをするのが当たり前で、「信頼してエスコートされたらいい」と思っているのです。

このタイプの男性は、さりげなく道路側を歩いたり、荷物をサッと受け取ったり、扉を開けて女性が通るのを待つことが自然にできます。

紳士的な態度なので、女性から人気が高く、嫌味のないエスコートにメロメロになる人も少なくありません。

好きな人とのデート代だけ出す男性

好きな人に対してだけデート代を出す男性は、恋愛感情を大事にするタイプです。

このタイプの人は、付き合ってからデート代を出すようになるケースも少なくありません。

つまり、付き合う前のデートは、割り勘にすることが多いという事です。

立場による行動を明確に分けていて、何とも思っていない人には当然支払ってあげる事もないと言えます。

デートの場所を決める時にも、好きな人が相手ならプランを立ててリードしますし、違う人なら「どこでもいいよ」と女性に決めてもらったり、話の流れから一緒に決めたりするところです。

恋愛というカテゴリーに対してしっかり枠組みを持っているので、付き合っていない人とボディタッチもありませんし、いい雰囲気になる事もないので、一緒に居ても「好きではないと思う」と感じ取ることが出来ます。

好きな人に対しては、とことん尽くしたい想いが強いので、デート代を全て出すだけでなく、率先して誘ったり、連絡を取ったりするはずです。

一緒にいる時の態度も全く違うので、なかなか友達から恋愛に発展する事も難しいタイプと言えます。

どんな女性でもデート代は割り勘にする男性

どんな女性でも割り勘にする男性は、女性と対等でありたいと考えているタイプです。

逆に、デートでお金を出す女もまた、「男性に出してもらいたくない」とプライドを高く持っています。

お互いに対等でありたいという考えなら、「今回は出すけど、次はそっちね」などのやり取りが行われて、面倒な事にはなりません。

女性側が「男性が出してくれるなら甘えたい」と考えているのに、男性が「自分の分は自己払いするのが当然」と考えているタイプであれば、ショックを受けてしまうため、その後はデートに繋がらないことも多くあるはずです。

どんな女性でも割り勘にするのは、お金に対して「働いた対価」としっかりした価値観を持っているので、「払ってもらうのが当たり前と考えている女性は理解できない」と考えています。

考えが違う人と付き合うと、その後のデートでも価値観が合わないので、ストレスがかかってしまい、破局に繋がる事もあるのです。

もちろん、男性がすべての支払いをする義務はありませんから、考え方が一致する人と時間を共有するのがベストになります。

正しく奢られるための女性の心構え

男性が奢る場合でも念の為出す意志を伝える

女性が持っておくべき心構えは、男性の考えを知っていたとしても、念のために支払う意思を伝えることです。

最初から「ここは僕が出すからね」「今日は、ごちそうするよ」と言ってくれていたとしても、当たり前のような顔をすると、誰しも嫌な気持ちが残ってしまいます。

「私も出すよ」「自分のくらい支払うよ」と言った上で、「本当にいいから」と言ってくれた時に、言葉に甘えましょう。

世の中に当たり前の事などありません。

男性が裕福だったり、しっかり稼いでいると知っていたりしても、誠意を見せるべきです。

世の中のサービスは、貨幣という対価を出すことで、受けられているわけですから、自分の代わりにお店に対価を渡してもらえるのは、本当に有難い事だと言えます。

出す意志を伝えた上でお断りをされたのなら、心から「ありがとうございます」とお礼を伝えるのが、誠実さを示す態度となるわけです。

大人の女性として、正しい姿勢を見せて、女度を高めていきましょう。

会計の時は財布を出す姿勢でいる

前項のように、言葉でのやり取りをするチャンスがなかった時には、お会計の時に自分のお財布を出す姿勢を見せましょう。

何もやりとりがないのに、「出してくれるんでしょ」という顔をして、先にお店を出たり、素知らぬ顔で後ろに立って支払いが終わるまでスマホをいじったりする態度は、かなり失礼です。

いくらお金持ちの男性であっても、金銭を出すという行為をする時には、意味を持っています。

お店への感謝というのはベースにありますが、自分の権力や社会力を誇る場面でもありますし、女性へ良い格好するシーンでもあるのです。

支払い場面をジッと見つめ続けるのも気まずいですが、当たり前のように見て見ぬふりするのは無視と同じで、失礼な行為となります。

自分の分は支払うつもりで、お財布を準備していれば、男性から「ここはいいからね」と声をかけてもらえるはずです。

例え、割り勘になったとしても、嫌な顔を見せてはいけません。

「自分が出すのは当たり前」と考えていれば、先に払ってもらえたときに、心から感謝出来ます。

再度奢ってくれると言われたら素直にお礼を伝える

「またご飯奢るよ」と言われた時には、拒絶するのではなく素直にお礼を伝えましょう。

謙虚な姿勢は必要ですが、あまりにも過剰に拒絶し続けると、相手の男性はショックを受けてしまいます。

「余計な事をしてしまったのかな」「他に連れて行ってくれる人がいるのかもしれない」と思うと、せっかくお金を出したのに、楽しい時間ではなくなってしまうのです。

大事なのは、カレがしてくれた行為に対して、気持ちよくなってもらう事。

必要以上に、「そんな!そこまでしてもらわなくても、いいですよ」「何度も申し訳ないから結構です」と断ってしまうよりも、素直に「ありがとうございます」とお礼を伝えると、「喜んでもらえていい事をしたな」と思ってもらえて、いい関係を続けられます。

本当に迷惑なのであればお礼を言った後で、次の機会を設定しないようにしたり、ご飯に行く前に「今回は、ちゃんと出しますね」と宣言してからデートに行ったりするようにしましょう。

会計後に値段のことについて触れない

男性の行動の正しい受け取り方は、会計した後に値段について触れない事です。

支払金額は、現実問題として気になるところ。

金額によって、どのくらいの女として見られているかも判断できるからです。

付き合う前の初めてのデートで、ファストフードに行くのと、静かなレストランを事前に予約しておくのとでは、伝わってくる気合も違いますし、本気で約束している時間を大切にしてくれている事が窺えます。

かといって、食事に行ったあと「いくらしたの?」「高かった?」と聞くのはナンセンスです。

高額支払いをしてくれたとしても、それをそのまま伝えてくる男性も配慮が足りないですし、嘘を吐くわけにもいきませんから、「大したことないよ」「気にしなくていいよ」と女性が嫌な思いをしない言葉を選ばないといけないという手間を掛けさせてしまいます。

金額についてあれこれ口を出すと、お金に対して配慮が足りないと思われてしまう原因となりますから、出してもらったのならお礼だけを伝えて、それ以上の言及は留めておきましょう。

この辺りのやり取りが上手な女性が尽くされる女です。

こちらの記事では、そんな出来る女の特徴をお教えしています。

診断もありますので、あなたが尽くされる女かどうかチェックしてみましょう。

男性にデート代を出してもらった時のお礼のポイント

会計時と会計後にお礼を言うのがベスト

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

お礼を伝える時には、会計をするその時と終わってからの二度がポイント。

「一回言えばいいでしょ」「同じこと何回も言った方が、しつこくてマイナス印象じゃないの?」と思っているなら、まだまだ男心が分かっていません。

会計をしている時には、お金を出してくれている行為そのものにお礼を伝えます。

その時には、男性の後ろから声をかける形になっているはずです。

お店を出てから、改めて顔を見ながらしっかりと「本当にごちそうさまでした」「ありがとうございます」とお礼を言うことで、相手の気持ちに対して「想いを汲み取りましたよ」という意味も含めて伝えることが出来ます。

目を見て改めて言われることで、男性側も「喜んでもらえてよかった」「楽しんでくれたなら嬉しい」と一緒に過ごせた時間に対しての満足度が高まるのです。

伝える場合は改まった態度だと印象がいい

先ほどご紹介したように、再度お礼を言う行為そのものが、気持ちを丁寧に伝える事に繋がります。

態度に意識を向けると、より一層誠意が伝わるはずです。

ビジネスの場面を思い出してみてください。

クライアントや取引先が、成約したり何かの段取りを先にしてくれていたりすると、心から感謝が沸き上がり、しっかりと頭を下げて心を込めて感謝を伝えます。

ところが、プライベートの場面になり男女のデートとなると、どこか「出してもらえてラッキー」と思ったり「当たり前」と言う気持ちが出てきたりするので、頭を深く下げてまで感謝を言う場面は少なくなるのです。

どんな時だとしても、発する気持ちは同じ。

お礼を言うなら、ちゃんと心を込めて頭を下げて、改まった姿勢で伝えるようにすれば、男性も満足感でいっぱいになります。

友達でも、付き合う前でも、恋人になった後でも同じです。

感謝の気持ちを持ち続けることが、人間関係を良好に保ち、トラブルを回避する秘訣と言えます。

感謝だけでなく「楽しかった」などのポジティブな感情も伝える

ただ「ありがとう」と言うだけでなく、プラスアルファでポジティブな感情も加えると最高です。

サービスを受けた事に対する見返りが支払いであり、出してくれたことへのお礼が感謝の言葉となります。

そこには、システムとしての当たり前の構造があるだけです。

ポジティブな気持ちを加える事で、付加価値を足すことが出来ます。

「すごく楽しかったです」「ステキなお店に連れてきてもらえて、世界が広がりました」「一日中ワクワク出来ました」など、どんなメリットがあったのかを加えると、出したお金以上の価値があったと感じてもらえるはずです。

どれだけ喜んでいるのかは、「ありがとう」一辺倒の言葉だけでは伝わらないものがあります。

具体的に感情を言語化する事で、お互いにとって最高の時間を共有できたと認識出来るのです。

あなたが価値をプラスするほど、相手の男性にとっても良い時間になったと思えるようになります。

これから恋愛に発展させたい男性が相手なら、誰にでもいえるようなお礼ではなく、あなたらしさを表現できる言葉を探してみるのも、本気にさせるためのコツです。

タイミングを逃した場合は解散後にLINEで伝える

ちゃんとお礼を伝えるタイミングを逃してしまったのなら、家に帰ってからでもいいので、LINEで言いましょう。

デート全般のお礼に加え、お金を出してもらった事へも謙虚に触れておくことで、「気にしてくれていたんだ」と伝わります。

何も言わないまま解散した時には、男性も気にしていないかもしれませんが、お財布を開いた時というのは、後からジワジワ感情が沸き上がってくるものです。

「そういえば、あの子は何も言わずに帰ったな」「いつも男に出してもらっているのかな」とあなた自身の評価が下がってしまいます。

家に帰った後でもいいので、慌てた様子を出しながら「言うタイミングを逃してしまってすみません。デート代までお気遣いいただきありがとうございます」と一言先に伝えてから、振り返りの感想を伝えると、楽しんだことが伝わるはずです。

遅れたとしても、一日が限界。

三日も一週間も過ぎてから「あの時、言うの忘れていましたが」と言っても、何も響きませんし、失礼な態度を蒸し返すだけで逆効果です。

すっかり頭から抜けてしまっていたのなら、顔を合わせたタイミングで「きちんとお礼もお伝え出来ずに申し訳ありませんでした」と謝りましょう。

好きな人であれば奢り返すかプレゼントをして次につなげる

好きな男性からデート代を出してもらえたのであれば、同じくらいの気持ちがあるということを態度で示しましょう。

お金を払うだけの想いを持ってくれている事に対して、あなたも同じように返すのです。

食事に誘って「次は私が出しますね」と宣言しておいたり、「楽しかったから、今度お茶をごちそうさせてね」と誘ったりすることで、次につなげます。

プレゼントでも同様の効果があるので、男性の好きなものが分かっている場合には、準備しておくのも好印象です。

全く興味のないものをもらっても、男性の心は動きませんから、プレゼントをしたいけど好きなものが分からない場合は、しっかりリサーチが必要となります。

趣味に関係するものがお勧めです。

好きだけど付き合うかどうか迷った時には、こちらの記事で不安の要因を徹底的に理解する事も大事。

何に対して迷いを感じているのか、本当に恋愛に繋げてもいいのか、見極めてから付き合い始める事で、後から後悔することを防げます。

診断チェックもありますので、やってみてくださいね。

男性に奢ってもらう場合の注意点やNG行動

財布を出す仕草を見せない

無視したほうが無難な場合2

何度もお伝えしているように、当たり前の様な素振りをするのはNGです。

財布も出さずにボーっと支払い終わるまで待っていると、集っているようにも受け取れます。

そんな人ともう一度デートをしたいとは思いませんし、人としてのマナーがないと判断されたら、女性としての魅力も低く見られてしまうところです。

財布を出すタイミングは、お会計に行く前かレジに到着する直前。

少なくとも、割り勘派の人が「○○円出して」と言った時に、何も用意していなくてあたふたする姿は、見せるべきではありません。

「出してもらって当然」と考えているのがバレバレですし、出してもいいと考えている人であっても、感謝のない人の分まで出したくはないのが本音です。

割り勘となっても困らない準備は、最低限しておくべきです。

改まってお礼をしない

何度もお伝えしていますが、感謝の気持ちが無ければ、どんな人と何を共有してもトラブルを呼ぶ原因となってしまうので、気持ちを改める必要があります。

お礼は、人間関係の最低限のルール。

金銭問題だけでなく、デートをした時点で、相手の大切な時間もあなたのために使ってもらっているわけです。

どうにかして楽しく過ごそうと考えてくれたはず。

それらの背景を想像する力が必要です。

どんな思いであなたとデートをしたのか、金銭がかかるサービスを受けている時に、どう受け取って払ってくれる気持ちになったのか、相手の立場に立ってイメージするところから感謝の想いが生まれます。

当たり前の事なんて何もありません。

親しき中にも礼儀ありという美しい日本語にもあるように、友達でも親子でも、好きな人であっても、礼儀を重んじる事でお互いに大切な存在になっていけます。

「ありがとう」というワードは、何度使っても悪い気はしないものです。

連発で言うと、しらじらしくなってしまいますが、場面ごとに伝える分には、言い過ぎという事はありませんから、心を込めて伝えましょう。

「奢られて当たり前」と相手に伝わる態度でいる

あなたの態度を相手はしっかりと見ています。

心の中では、「嬉しい」「申し訳ない」と思っていても、言葉に出していなかったり、姿勢が悪かったりすると、横柄な態度と受け取られることもあるのです。

腕組みをして待っていたり、疲れたからと言って会計中に後ろに座っていたりすると、相手にとっては「当たり前と思っているのかな」「出してもいいけど、出すとは言ってないんだけどな」と不満が沸き上がってきます。

目線や姿勢を始め、別件であっても不機嫌な姿を見せたら、相手にとっては自分に向けられたものだと感じてしまうので、気分が悪くなるのは当然です。

スマホを見ながら、画面の向こうにいる相手に「何でよ」「はぁ」と不満を漏らしていると、実際の行動を共にしているデート相手が、「自分に向けて言っているのかな」と勘違いします。

一緒にいる時には、その人に全集中して、誠実さを出すことが大事です。

奢られるような流れに自分で持っていく

実際に言葉で「出してよ」「払ってよ」と言っていなくても、誘導していると相手には伝わってしまいます。

「今日は手持ちが少ないんだ」「前の彼氏は、全部デート代出してくれていたんだよね」などの言葉は、目の前の相手に強要していなくても、そのように受け取られてしまうのも当然です。

お財布の中身がない話などが事実だとしても、わざわざ公表する事ではありません。

最初から割り勘にするつもりで話をしているなら、「手持ちが少ないから、安く済ませられるところでお願い」と先に伝えておけば、「自分で出すつもりがあるんだな」と理解したうえで、「いいよ、出してあげるから」と言ってもらえることもあります。

期待を込めて言っても下心が伝わりますので、本心でなければ言ってはいけません。

本当に、出してもらいたくないのなら、「今回は金欠だから、もう少ししてから改めよう」とデートのお誘いを断ってしまいましょう。

言葉や態度だけでやりとりをしているつもりの人も多いですが、人はもっと細かなところから相手の心情を読み取っています。

表情や前後の話、態度や目線、声のトーンなど様々なところから、本音か嘘か見極められる力を持っているので、口先だけで上手くコントロールしようと考えるのは止めるべきです。

割り勘を主張しすぎる

先ほどと同じように、割り勘を何度も主張しすぎるのも、逆に奢って欲しいと伝えているのと同じで、相手に不快な思いをさせてしまいます。

あなたに好意を抱いている人なら、デートに誘っている時点で支払いをさせるつもりは毛頭ない人もいますが、割り勘を主張されることで、「迷惑なのだろうか」「脈なしなのかな」と思われてしまうのです。

あなたも想いを持っているなら、遠慮の気持ちがあるからこそ、割り勘を主張するのも無理はありませんが、恋愛面で逆効果になる事もあると覚えておきましょう。

ある程度、脈ありの要素を見せてあげることが、男性への優しさだという事も大人の女性として知っておくべきです。

押したり引いたり、駆け引きが難しい所ではありますが、相手の気持ちを想像することがベストな方法を見つけるヒントとなります。

奢られる前提で高いメニューばかり注文する

高いメニューばかり注文したり、食べきれない量を頼んで残したりするのは、絶対にNGです。

バイキングで、「食べきれる量だけ取ってください」と注意書きがあるのは、食べ物に対する誠実さとフードロスの減少、他の人への配慮、作った人への感謝の気持ち、など様々な理由があります。

定額を支払うだけで、好き放題食べることが出来るので、何でも「欲しい」という気持ちが先立つことが原因で、取りすぎてしまうのです。

奢ってもらうという気持ちがあれば、バイキングと同じ心理が働きます。

自分の出費がない分、好きなものを食べたいと思う気持ちは、無理して見ないふりをする必要もありませんが、節度は必要です。

量だけでなく、高額メニューばかりを厳選するのも、呆れた行為。

あなたの下心もバレてしまい、「卑しい女」「下品な人」という印象を持たれてしまいますので、次はないと思いましょう。

よほどのセレブから「いくらのでもいいよ」と先に料金に関して言及されているのであれば、ありがたく便乗させてもらえばいいですが、何も言われていないのに「きっと出してくれるはず」と見切り発車で注文をするべきではありません。

奢られたのに文句が多い

文句を言うのは言語道断。

そもそも、文句を言う女性は、男性からすると可愛げがなくて、耳を塞ぎたくなるものです。

せっかく「ご馳走してあげよう」と思って行動に移してくれたのに、文句を言われてしまったのでは、元も子もありません。

喜んでもらいたくてしたのに、不満が返ってくるなんて思ってもみなかったはずです。

相手の気持ちを踏みにじる行為ですし、人間性の品位を欠くことですので、やるべきではないと覚えておきましょう。

良く、冗談を含めて「奢ってくれるって分かってたら、もっと高いの頼んでおけばよかった」と言う人もいますが、かなり関係性がしっかり構築されている人に限られた言動です。

初めてのデートや仲良くなりかけの人に言うと、引かれてしまいますので、言葉を選びましょう。

デートしてもらったのに「楽しくなかった」「別の所が良かった」などの不満も以ての外です。

楽しませてくれようとしてくれた気持ちに感謝をして、お礼は忘れないように伝えましょう。

お礼を伝えたのにLINEで改めて伝えるのはしつこいことも

帰ってからラインをするのは、多くの場合喜ばれますが、時には「しつこいな」と思われてしまう事もありますので、注意が必要です。

その場できっちりお礼を伝えていて、相手にも喜んでもらえて良い感じで解散したのに、帰った後から、またその事について触れると、お金について執着しているようにも感じられます。

「いいって言ったのに」「まだ、言うの」と終わったことを蒸し返された感じがして、不快に思うのです。

デートが終わって、帰宅してラインをすること自体は、喜ばれます。

「今、帰宅しました。今日は本当にありがとうございました」と、報告に加えて、楽しい時間を共有出来た事の喜びに関して伝えることは必要です。

男性からすれば、それだけで十分。

奢ったことに執着しているわけではないので、改めて言われると、自分が気にさせているのかと感じて、失敗したように思ってしまいます。

付き合う前からデート代を全部出してくれる男性の心理や奢られ方を知って好感をもたれる女性を目指そう!

付き合う前なのにデート代を出してくれる男性は、タイプによってそれぞれの想いが違います。

恋愛を視野に入れている人か、男気として考えている人か、相手との関係性ややり取りから見極める必要があるところです。

絶対に覚えておきたいのは、あなたの態度が良くも悪くも今後の関係に影響を与えるということですので、正しい受け取り方を学んでおきましょう。

好感を持たれる女性を目指すことで、尽くされる人にもなれて、好きな人と両想いになる事も夢ではありません。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事