好きだけど別れると決めた既婚者相手の恋。その後未練が残って後悔するパターンと別れた後の既婚者男性の気持ち
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫をしているとどんなに愛していても別れを決断しようと思う瞬間が訪れます。

「好きだけど別れる」「これが最善の方法なの」と別れを決意して離れた人、これから別れを告げようと思っている人のために、あなたの決断が後悔につながらないためのヒントをお伝えしていきます。

好きだけど別れると決めた既婚者相手の恋は、同じく好きだけど別れを受け入れなければいけなくなった相手の気持ちや別れてから後悔してしまうパターンを知っておくことで、これから先の心の整理に役立てることが出来るのです。

別れてからも好きな気持ちが抜けない時には、彼と過ごした時間の中でも前向きになれることを厳選して思い出すことで、未練さえもあなたにとってプラスに働くものになります。

せっかく別れを決めたのに相手から連絡やアプローチがあったときの対処法も合わせてお伝えしているので、あなたらしく人生を歩むために参考にしてくださいね。

目次

不倫相手が好きだけど別れる…そんな悲しい決断をしなくてはならない切実な理由

既婚者側の関係性の近い人にバレた

好きだけど別れるという悲しい決断をしなければいけない切実な理由には、既婚者側の関係性の近い人に二人の関係がバレたというものがあります。

奥さんにバレてしまえば、二人の気持ちなんて関係なく強制的に別れることになるのは当然です。

それだけでなく、彼の子供や親、仲のいい友達、ご近所さんなど奥さん以外にもバレたらいけない人ばかり。

特に近しい人は直接問い詰めてくることはないけれど、奥さんに告げ口をしたり、周囲に噂を流したりと余計に問題が大きくなってしまうことになりかねないので、関係を断ち切るほかありません。

「近所の人に見られた」となった時点で、密会しないという選択をすることが賢明であり、二人にとっては不本意でも大事になる前には何事もなかったように過ごしておきたいものです。

後ろ髪引かれながらも、別れを決意して今の状況を悔やみながら会わない努力をしていきます。

秘密の恋が誰かに見られてしまった時点で二人の関係は終わりです。

悔やんだところでその事実は変わらないので、受け入れましょう。

好きすぎて自分の気持ちがコントロールできない

気持ちが残ったまま別れる決断をする切実な理由は、好きすぎて自分の気持ちがコントロールできないからです。

最初は一時の刹那的な恋愛を楽しもうと思っていたり、後先考えずその場の流れで関係を始めてしまったりしても、一緒に時を過ごすうちに気持ちが入りすぎてどうにもならないこともあります。

妻帯者を好きになりすぎてしまうと、今までは平気だと思えていたことも全てが辛く感じてくるものです。

何気ない会話でも「彼の好きなご飯を奥さんは作ってくれるんだよね」「同じ屋根の下で寝ることが出来るなんて、どれだけ幸せだろう」と相手の日常を想像してしまい悲しくなってしまいます。

楽しいはずの会話も、自分が一緒にいられない時間がある事実が、恋焦がれている人の存在を不完全にしてしまい、決して自分のものではないという現実を突きつけられるわけです。

好きになりすぎることで一緒に過ごしていても全てのことが辛く感じてしまい、好きなのに離れたほうが気持ちが楽になると考え始めます。

物理的に距離が離れることになった

好きなのに別れなければいけない切実な理由は、物理的に距離が離れることになったという場面が訪れたからです。

栄転と呼ばれてはいますが事実上の別離を意味する海外赴任が決まったり、昇進や親の会社を継ぐことになるなどでプライベートの時間が一切なくなってしまったりする場合には、恋愛をする暇がなくなってしまいます。

家族はそんな状況でも受け入れることも一つの家族の形ですが、恋人としては全く会えないのに関係を続けることは出来ません。

会えないことはつまり破局を意味しているからです。

海外赴任が決まれば、家族は一緒に移住することが出来ますが、恋人が一緒に行くわけにもいかないし、不倫相手のために自分の生活を変化させるのも違います。

物理的に距離が離れることになったら、いくら二人が求め合っていても離れざるを得ない状況なのです。

強制的に終了する場面がやってきたときには、当人たちも「やっぱりいつまでもこんな関係を続けてはいけないということだね」と神様からのメッセージと受け取ることも多く、別れを受け入れます。

親からお見合いを進められ結婚話が進んでいく

独身女性側が、親からお見合いを進められて結婚話が進んでいっている時には、いくら不倫相手のことを好きでも別れを決断しなければいけません。

女性の結婚問題は、本人だけの問題ではなく、娘の結婚を心待ちにしている親も幾多と存在します。

「うちの娘はいつ、いい人を連れてくるのかな」「安定した職業の人と結婚して幸せになってほしい」と親の期待は膨らむばかり。

親の代から高収入職業の家系では、「うちの子にはいいご子息と結婚させる」と決めている人も少ないはずです。

親からの結婚の期待が大きければ、お見合い話が勝手に進んでいることもあり、いくら本人が断ろうと思っても決定的に断る理由がなければ、拒否することも難しくなります。

付き合っている人が家庭持ちなら尚更「好きな人がいるの」とは言えるはずもなく、伝えたとすれば即座に「それなら会わせなさい」となるに決まっているのです。

お見合い話が進んでいれば、断ることも出来ずお見合いに沿って自分の人生を決めていくしかなくなります。

既婚者側が家族を大事にし始めているのを感じた

既婚者側が家族を大事にし始めているのを感じてしまえば、どれだけ惚れていても別れを決意するタイミングとなります。

相手の男性も「本気で好きだよ」と言ってくれていたとしても、言葉の端々に家族のことを心配する言葉や妻との関係が順調になっていることを感じる言葉が出てくれば、浮気相手としては身を引くことを考えるのは当然です。

「彼の気持ちに嘘はないと思うけど、きっと自分でも気が付いていないだろうけど家族のことがものすごく大事になってきているな」と女性の勘が働くと、当人だけの問題ではなくないことに気が付きます。

不倫恋愛をしていても、家族の中の状況は次々に変化していき、いつまでも同じ状況で付き合い続けることは出来ないと悟ってしまうはずです。

「お子さんが小学校卒業って言ってたな」「奥さんが新しい仕事に不慣れで大変って言ってたな」と家族の状況が垣間見える度に、あちらの日常の中に自分がいないことを痛感します。

いくら好きでも、自分は家族ではないと感じてしまえば一緒にいることが辛くて別れを選ぶのです。

好きなまま既婚者と別れると決めたのにその後未練が残って後悔するパターン

既婚者の男性が明らかに悲しんでいる姿を見せる

好きなまま別れると決めたのに後から後悔するパターンは、既婚者の男性が明らかに悲しんでいる姿を見せている時です。

不倫関係に発展する場合の一つの要因として、職場が一緒というものがあります。

職場不倫であれば、別れてからも相手の姿を見る事があるので、その後どう過ごしているのか知ることが出来るのです。

辛い思いをしていたのは自分だけ、相手は結婚している立場の人だから別れても困ることはないと考えていたのに、職場にやってくる彼が日に日に憔悴している姿を見せていれば、「あんなに傷ついている」「そこまで思ってくれていたなんて」とせっかく別れを決意したのに、手を差し伸べたくなってしまいます。

当然、既婚しているあの人が落ち込んでいる理由を「失恋したから」なんて言えるはずもないので、同僚に「どうしたの?」と質問されても「何でもない」と強がるしかありません。

彼の気持ちが痛いほど伝わってきて、別れたことを後悔しまうのです。

家庭が上手くいかなくてストレスを抱えている状況が変わっていない

好きをキープしつつ別れると決めたのに後悔するのは、別れたところで相手は家庭が上手くいかなくてストレスを抱えている状況が変わっていないことを知ったときです。

好きな感情はそのまま破局すると決めたところで、恋愛は二人の問題。

不倫をしていた二人が別れても夫婦の問題が解決するわけではありません。

そもそも夫婦関係が良くないから他の女性と恋愛をするようになった既婚男性は、不倫をしている間、現実から目をそらしていたのです。

彼女がいたから家で嫌なことがあっても気持ちを穏やかに戻すことが出来ていました。

あなたと別れたことで、禁断の恋の相手は日常から逃げることが出来なくなったわけです。

夫婦関係が変化しなければ、彼のストレスが解消されることもなく、逃げ場もなくなった今となってはさらに気持ちが不安定になってしまいます。

イライラしたり、落ち込みがひどくなったりと、ストレスが与える日常への影響は大きく、不安定な彼を見ていると、「私が別れを切り出したせいで彼はあんなになってしまった」と後悔してしまうのです。

「不倫はいけない」と常識を自分に当てはめて無理に納得しようとした

別れたのに未練が残って後悔するのは、「不倫はいけない」と常識を自分に当てはめて無理に納得しようとした時です。

不倫をしていると、隙という気持ちが盛り上がる一方で「常識的にタブーとされていることを自分の判断の甘さで続けている」という罪悪感も大きくなっていきます。

いけないことをしていると分かっていても、関係が深くなるにつれて罪悪感に押しつぶされてしまい、最初から分かっていたことだからこそ余計に胸を締め付けていくわけです。

「いつかは別れなくては」という思いが強くなりすぎて、早く決断をしようとして焦ります。

自分自身を無理に納得させて別れることで、心の中では整理が出来ないままとなるのです。

当然整理が出来ていない状態では、別れた後にふとした拍子に感情が押し寄せてしまい、後悔してしまいます。

不倫を終わらせる時には、感情の根底から納得して別れていなければ本当の意味で別れることなど出来ないので、注意しましょう。

実は親に独身と偽って会わせていたら気に入っていた

好きなまま別れると決断したのに後悔するパターンは、実は親に独身と偽って彼を会わせていたら、親が気に入っていたという場合があります。

実家暮らしの女性であれば、「彼に手料理をふるまいたい」と思ったり、部屋でイベントの時のケーキを一緒に食べたいと思ったりしても、堂々と「既婚者です」と親に紹介するわけにはいきません。

彼のことを独身と設定して紹介し、家に出入りさせていれば、親と彼氏が仲良くなることもあります。

「これ食べなさい」「こんなのは好き?」と親が彼のことを気に入って、あれこれ食べ物やお酒など部屋に差し入れてくれていると、親密さを増していくのです。

好きなまま別れようと決断しても、親が「最近あの子来ないわね」「今度はいつ来るの?」「何で別れちゃったの?」と関係性を気にし始めると、頻繁に彼のことを思い出すことになり後悔してしまいます。

「あの人が結婚していなかったら、親とももっと仲良くなれたのに」「親に寂しい思いをさせてしまった」と好きになったことも別れたことも後悔するはずです。

よく行く場所にばかり二人で行っていた

想いを残した状態で別れたかったのに後悔してしまうのは、自分自身がよく行く場所にばかり二人で行っていたせいで、あちことで彼のことを思い出してしまうからです。

禁断の関係でも、相手の生活テリトリーから外れていれば、自由に動き回っているカップルもいます。

最寄り駅がかなり離れていれば、知り合いに会うこともめったになく、普通の恋人と何ら変わりなくデートをしてきたという人もいるはずです。

あの人と過ごした時間は全て、あなたの生活そのもの。

近くのスーパーもショッピングモールも、よく行く居酒屋も、全て彼との思い出が詰まった場所になってしまっています。

好きなまま別れたからこそ、彼の温もりを感じてしまう場所を見る度に消えない愛情が胸を覆い尽くして、現在は隣にいられないことを後悔するのです。

やるべきことがあればまだ気を紛らわすことが出来るけれども、休日に一人で家にいると見える景色は全て彼のいた景色。

一人ぼっちの空間に孤独を強く感じてしまいます。

お互い好き同士なのに女性から振られた既婚男性が抱く気持ち

自分が結婚していることに対する後悔

互いに好きなのに彼女から振られてしまった既婚男性は、自分が結婚していることに対する後悔を抱いています。

結婚というのは生涯一緒にいることを約束することなので、簡単に決意している人は誰もいません。

けれども、その重大な決断をした後に運命の人に出会うということも、皮肉なことにあるものなのです。

本気で好きになった人とずっと一緒にいたくても、自分が結婚していることで愛する人を傷つけている、悲しい顔をさせてしまっている事が情けなくて胸が締め付けられます。

「何で俺は結婚しているんだ」「結婚する前に彼女と会うことが分かっていれば、絶対に独身を貫いていたのに」と思っても仕方のないことばかりが思い浮かんでしまうのです。

お互い好きだと分かっているのに、女性から振られた時には「彼女に別れを決断させるほど辛い思いをさせてしまったんだ」「全ては自分が既婚者だからいけないんだ」と自分を責め続けます。

結婚していたから彼女に出会えたのか、自問自答を繰り返すところです。

一度は既婚者と受け入れてくれたのに納得できない

お互い好きなのに振られてしまった男性は、一度は自分が既婚者であることを受け入れてくれたのに今更別れる決断をするなんて納得できないという気持ちを抱えています。

不倫が始まる時には、ほとんどの場合既婚者であることを納得した上で付き合い始めるものです。

会えないことも、自由に連絡が取れないことも、承知の上でわずかな時間を作ってデートを繰り返します。

やっと会えたと思えば家に帰る時間がすぐ迫り、声を聴きたいときにも時間を確認してからでないと自由に連絡できない日々を過ごすうちに、自由な恋愛ではないことを痛感せざるを得ないわけです。

「こんなに自由がないなんて、やっぱりつらい」「どんどん好きになって最初とは心境が違う」と既婚者である相手の環境を受け入れられなくなっていきます。

お互い好きでも、既婚者であることを受け入れられなくなったことで、二人が隣で過ごすことは辛いだけとなり別れを選ぶことになったのですが、男性からすれば「最初から分かっていたことじゃないか」と納得できません。

「辛いのは彼女だけじゃないのに…」自分も被害者気分

各々が好きなのに女性から振られた男性は、「辛いのは彼女だけじゃないのに…」と自分も被害者気分になっています。

既婚者の彼も、自分の方こそ好きな人と一緒にいられなくてかわいそうな人間だと思っているのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

自分が結婚していることで、彼女がどれほど我慢しているのか、どんな思いをしているのか想像するよりも、自分が我慢して辛い思いをしている事の方が大変なことだと思考を巡らせています。

自宅に帰れば夫や父親としての顔を作り、一人の男としていられるのは彼女の前だけ。

「自分の方こそ、毎日ストレスが溜まって大変な思いをしているのに、なんで振られなくちゃいけないんだ」と怒りすら感じています。

こんな風に感じるのは、彼女といる時間だけが唯一気持ちが癒される時だと感じているからです。

自分にとって必要な時間が無くなってしまい、失いたくない人が去っていくことを受け入れることが出来ずに悲しみの矛先を見失っています。

彼女だけ未来に向かって歩き出して自分は置いていかれた

お互い好きなのに振られた男性は、彼女だけ未来に向かって歩き出して自分は置いて行かれたと感じています。

二人で過ごす時間はとても短いけれど、かけがえのない時間だったものです。

全世界の人を敵に回しても、唯一彼女だけは自分のことを信じてくれていることが幸せで、いつまでも二人だけの世界に浸っていたいと感じていました。

お互い好きだと分かっているのに、彼女から別れを切り出されたことで、いつも一緒にいたあの子がいつの間にか一人で未来に向かって歩き出していたことに気が付いたわけです。

「僕らはいつもお互いの方を向いていると思っていたのに、あの子は未来を見ていたんだ」と見ていた方向が違ったことにもショックを受けています。

今という時の中に取り残されてしまった気分で、唯一の味方がいなくなってしまう心細さに孤独感が強くなってしまうのです。

彼女の未来に自分がいないこと、一緒に先のことを考えられないことを悔やみ、自分だけが暗闇の中に取り残されたように感じます。

何とか他に関係を続ける方法はなかったのか

お互い好きなのに振られた時、何とか他に関係を続ける方法はなかったのかと既婚男性は後悔とともに未だ手放せない未練を抱えています。

結婚しているのに一人の女性を愛することが出来たというのは、レアな体験です。

既婚者と分かっていて付き合ってくれた彼女にも感謝をしているし、秘密の恋の中で育んだ愛は本物。

不倫がバレてしまうリスクを抱えていたものの、今の状況を変えることなく恋愛を楽しむことが出来た時間は、既婚者の男性にとってとても贅沢な時間です。

彼にとって、彼女と過ごす時間を手放すのはとても惜しいことであり、別れる以外にもっと何か別の方法はなかったのか、未練を手放すことが出来ません。

自分が離婚をすることはとても難しいことだけど、好き同士の人と別れなければいけないのはかなりの苦痛です。

別れることがベストな選択だったのか、納得できず別れを告げられた後もなんとか説得できる方法はないのか、探し続けています。

なにかきっかけさえあれば、もう一度不倫を始めようと考えているので、連絡先を消すことはないはずです。

既婚男性への未練がなかなか消えない時に思い出すと心が前向きになる不倫中の思い出

誰も言ってくれたことがない自分のいいところを教えてくれた

未練が消えない時の前向きになる思い出は、誰も言ってくれたことがない自分のいいところを教えてくれた場面です。

好き同士で別れたなら、未練が残って当然。

無理に未練を感じないようにして、忘れようとすると心に負担がかかってしまって余計に苦しくなってしまいます。

そんな時には、思い出すと前向きになる不倫中の思い出を振り返ることで新たな気持ちに切り替えることが出来るはずです。

彼しか言ってくれなかったあなたのいいところを教えてもらった時、あなたはとても驚いたに違いありません。

「そんなこと初めて言われた」とつい言ってしまったことを思い出しましょう。

「何でも真剣に考えてしまうところも好きだよ」「困っている時の顔がカワイイ」とあまり言われなれないような誉め言葉をもらった言葉でも、確実にあなたが長所として持っている部分です。

未練が消えない時には、そんな言葉を思い出して「彼が見つけてくれた私のいいところはきっと誰かの役に立つ」と思うことで、新しい視点を見つけることが出来ます。

「他の人とはあんな想い二度とすることない」何でもないことだけど初々しい恋心が表れているデート

未練が残ってしまう時には、「他の人とはあんな想い二度とすることない」と思えた何でもないことだけど初々しい恋心が十分表れているデートを思い出し、前向きになりましょう。

不倫関係は何でもないことをしていても、一つ一つのデートが新鮮で、ドキドキするもの。

初めてのデートで手を繋いだ時、一つのイヤホンで一緒に音楽を聴いた時、二人の初めてのキス、など彼だからこそドキドキできた思い出がたくさんあるはずです。

結婚している人と恋愛をしてもいいのか躊躇いながら進んでいた最初の頃を思い出せば、手を繋ぐくらいでドキドキしていた自分に驚きます。

不倫でなければ、新しい恋愛が始まったときのドキドキはもっと穏やかなものに違いありません。

順調な恋のステップも、不倫だからこそ心のどこかでストップをかけながらの進展で、ずっと刺激を感じ続けていたのです。

「もう二度とあんな気持ちを味わうことが出来ない」と思うことが出来れば、そんな気持ちを体験させてくれた恋愛に感謝をすることが出来ます。

貴重な体験をしたことで、心が一つ成長し、人としてまた考え方を広げることが出来たわけです。

無駄なことではなかったと思えることで、未練が前向きな嗜好にチェンジします。

実現していなくても「君を選ぶ」と言ってくれた場面

思い出すと前向きになれる思い出は、例え現実で実現していなくても、過去あの人から「君を選ぶよ」と言ってくれたあの場面です。

家庭のある人と付き合ってお互い本気で好き同士になってしまうと、離婚に進もうか悩みだしたり、彼女の幸せのためにはどうすることがいいのか話し合ったりという場面があったはず。

「離婚しようか」という話まで進んでいたのに、そこから離婚話が進展していないのは家庭内で話がうまくいかなかったり、気持ちとは裏腹に現実的に離婚が不可能な状況だったりするからです。

離婚して彼女と一緒になることが実現しなかったとしても、彼が「君を選んでもいいかい」「僕と一緒になってくれないか」と言ってくれた過去を思い出せば、そこまで本気で愛されたことに自信が持てます。

不倫をすると自分に自信を失ってしまう女性も多いものですが、そこまで愛されるだけの魅力があると納得することが出来れば、必ず次の恋愛では幸せになることが出来るのです。

一緒にいた中で生み出された彼の名言集

未練中に前向きになれる不倫の思い出は、一緒にいた中で生み出された彼の名言集です。

人は時に、名言をつぶやくことがあります。

特に愛している人の前だと、一生懸命物事に取り組むようになるので、魂の声として名言を数多く輩出するのです。

不倫恋愛では「結婚なんて誰かが決めた制度。制度じゃなくて心に従いたい」「離れていても同じ空を見上げれば繋がっていられるよ」「会えない時間は必ず君のことを考えている」「来世では必ず一緒になろう」などの名言がありがち。

くさいセリフほど、不倫中の恋人には心にグッと刺さるものです。

リスクがあっても惹かれあった二人だからこそ、通じ合える言葉があります。

ましてや不倫恋愛で、相手を勇気づけようと繰り出した言葉は、前向きなものばかりです。

未練を感じてしまう時には、彼が出した名言集を思い出して、「未来に向かって歩いていれば必ずいい方向に進んでいく」と信じていれば、希望が湧いてきます。

仕事で落ち込んだ時に応援してくれた姿

思い出すと前向きになれる不倫中の思い出は、仕事で落ち込んだ時に応援してくれた姿です。

仕事をしていると失敗したり、人間関係が上手くいかなかったりすることも出てきます。

そんな時に支えてくれるのが不倫相手です。

仕事の相談や人間関係の相談は、数多くしてきたことでしょう。

未練が残っているからと言って、そんな時に背中を押してくれた姿までも忘れてしまうのはとてももったいないことです。

仕事で落ち込んだ時に、応援してくれた姿は、心からあなたのことをサポートしてくれている姿となります。

未練があると感じた時には、彼の姿を思い出して、そんな自分さえも応援してくれていると切り替えましょう。

いつも彼はあなたのことを応援してくれています。

未練を抱えていても、前に進めと応援してくれている彼の姿に励まされて、自分が幸せになることを考えましょう。

好きだけど別れた既婚男性から連絡やアプローチがあった時の対処法

別れを決めた覚悟を無駄にしないため返信すらしない

別れた既婚男性から連絡やアプローチがあった時には、別れを決めた覚悟を無駄にしないために、返信すらしないという対処法を取りましょう。

好き同士の二人が別れる決断をしたというのは、いくら不倫という禁断の関係であっても辛いものです。

つい連絡を取り合っても、そもそも内緒の二人なので誰にも責められることもないしバレなければまた関係を繰り返すことも可能。

「今度は深入りしないようにしよう」「また辛くなったら離れればいいか」と甘えた気持ちになりがちです。

けれど、どんな思いで決断したのか思い出してみましょう。

好きなのに一緒にいられないことの苦しみ、好きなのに強制的に別れさせられる屈辱、全て乗り越えるために固く決意をしたはずです。

今連絡に返信してしまえば、なし崩しに関係が戻ってしまうのは明白となります。

ここは返信すらもしないことを誓い、別れたあの苦しみを繰り返さないように努める事が重要です。

「また会ったらもう気持ちを止められないよ」と不倫を再開したら困ることをアピール

別れた不倫相手から連絡が入ってきたりアプローチがあったりしたときには、冗談交じりでもいいので「また会ったらもう気持ちを止められないよ」と不倫を再開したらお互い困ることをアピールしましょう。

二人はお互い気持ちが残っていることを理解していながらも、別れを選びました。

彼は気持ちが残っていることを昇華することが出来なかったから、あなたに再び連絡をしてきたのです。

つまり、会ってしまったらまた不倫が再開するのは当然の流れとなります。

一度別れてから再開した不倫は、二人の絆が強くなるか、「どうせ別れなければいけない二人だから」と適当な関係になるかのどちらかです。

今までのように好きだけど別れなければいけないのかな、と悩む恋愛は卒業しているので、次のステップに入っていきます。

そうなれば、当然出てくる問題は違うし、再開した恋愛でどんな気持ちに転ぶのかお互い違う方向であれば、余計に苦しさが増すことになるわけです。

もちろん不倫のリスクは同じように出てくるし、気持ちを止められなくなれば重い人として相手に迷惑をかける可能性も出てきます。

それらをすべて踏まえて、「もう終わったんだから、やめておこうよ」と諭すのがベター。

「離婚してから誘ってくださいね」と笑って流す

別れた既婚者の相手の彼から連絡があったときの対処法は、「離婚してから誘ってくださいね」と笑って流すことです。

いくら好き同士でももう終わった恋を同じように繰り返すのは、あまりにも進歩のないこと。

好き同士だからこそ、既婚者だという事実が重くのしかかっていたはずです。

同じ苦しみを味わいたくないなら、普通の恋愛として相手を思いあえるように、離婚してから出直してきてもらうことが最善方法。

もちろん簡単なことではないのは、重々承知です。

だからこそあえて「離婚してから誘ってね」と追い返すことで、あなたの意志の強さを伝えることが出来ます。

せっかく不倫を終わらせることが出来たのに、もう一度付き合ってしまっては次こそ別れる理由がなくなってしまうわけです。

自分の首を絞めてしまわないためにも、冗談でさっとかわしましょう。

別れた理由を改めて伝えて再び納得してもらう

好き同士で別れた彼から連絡があったときの対処法は、別れた理由を改めて伝えて、再び納得してもらうことです。

彼としては結婚している状態であなたと付き合い始め、別れたことでまた家庭と仕事の往復の生活に戻っただけ。

けれどもあなたは最愛の恋人を失ったことで、一人ぼっちの時間を余計に感じて辛い思いをしています。

不倫恋愛は、別れてからも辛いけど付き合っている時も同じくらい辛いものです。

その辛さは、いくらお互い好き同士でも家族の元に帰っていく男の人には分からないもの。

一人でどれほどつらかったのか、なんで別れを決意したのか、どれほど悩んで決めた事だったのか、あらためて伝えましょう。

涙が出るならありのままの姿を見てもらい、どれほど固い決意で別れを決めて、告げるまでにどれほど勇気が必要だったのか、懇々と説明すべきです。

相手は家族がいて安定している生活があるから、いくら好きとはいえ認識がぬるくなっているに決まっています。

「バレなければいい」と思っているかもしれませんが、待たされる女性がからすればそんな問題だけではないはず。

心の内をすべてさらけだして、二度と別れた決意をバカにするような真似はやめてもらうよう言い切りましょう。

「ずるいよ」結婚している立場からアプローチするのはズルいことを責める

別れた既婚者の相手の彼が連絡やアプローチしてきたときには、「ずるいよ」と結婚している立場からアプローチするのはズルいことを責めてしまいましょう。

婚姻している立場の人が恋愛を切り出すのは、実はとてもずるいこと。

恋愛をしている最中はあまり気にしていない人も多いのですが、婚姻をしている立場の人というのは、嫌われる心配があまりないのです。

付き合っていても、恋人と何かトラブルになれば即別れるという究極の選択を常にちらつかせられているのと同じ。

浮気相手が好きな彼と一緒にいるためには、彼が他の女(奥さん)といくら仲良くしていようと、デートの終了時間を決められようと、「忙しくて会えない」と連絡すら許されなかったとしても、文句が言えないのです。

けれども、男性側は「今日は嫁が遅くなるからゆっくり会えるよ」「本当はずっと一緒にいたい」と言うだけで、彼女の気持ちを繋ぎ止めることが出来ます。

そんな不公平な関係は不倫恋愛だけ。

大好きなのに意を決して別れを告げたのに、そんな不公平な恋愛をまた提案してくるなんて、ズルい以外の言葉が見当たりません。

彼だけが良い思いをするようなシステムは、そうそうに壊してしまいましょう。

好きだけど別れると決めた既婚者との恋は決めたら貫くことが肝心

お互い好きという気持ちを抱えながらも続ける不倫は、とてもしんどいものです。

好きだと思えば思うほど、相手を自分のものにしたくなるし、嫉妬をしても感情のぶつける先がないのでいつも消化不良で疲れてしまいます。

好きだけど別れると決意したのでらえば、この既婚者との恋は完全に終わり。

決めた事をしっかりと貫くことが肝心です。

不倫は気の緩みですぐに関係が戻ってしまいやすい恋愛だからこそ、一度決めたことはとことん貫き通しましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事