不倫経験者が辿った末路の一覧!全てを失った悲惨な女性や相手の奥さんにバレた後の結末・幸せを手に入れたケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「不倫をしているけどこの先どうなっていくんだろう」「不倫のカップルってどんな結末を迎えているの?」と、不倫をしている女性で、この先自分にどんなことが起きるのか不安を抱えている人は少なくありません。

不倫の末路を知りたいなら、不倫経験者に学ぶのが一番の早道。

不倫を経験した先輩カップルは、千差万別の末路を歩んでいるので、どんな未来が待っているのか知る手掛かりになるはずです。

今回は不倫経験者が辿った末路の一覧をご紹介しましょう。

不倫恋愛では、ほとんどが不幸や後悔にたどり着いてしまっていて、悲惨な末路になってしまっています。

不幸や後悔にたどり着く理由や状況別に末路のご紹介、そして中には幸せを手に入れたケースもお伝えしているので、あなたの未来を想像しながらこの先の恋愛のヒントにしてくださいね。

「このまま不倫を続けるのはやめよう」と思った人は、悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまる事なく不倫を切り上げるコツを実践して、自分の人生を取り戻してください。

目次

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着いてしまう理由

未来について真剣に話し合うことを避けてしまうから

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着くのは、不倫カップルがどれだけ愛し合っていても未来について真剣に話し合うことを避けてしまうからです。

結婚している既婚者との交際は、不倫している二人にとって未来を確定することが出来ない関係と言えます。

いくら「愛している」と言葉で伝えても、だからといってすぐに結婚できるわけでもなければずっと一緒にいられるわけではないからです。

不倫カップルの未来は約束できるものではなく、今この瞬間に一緒にいられることが出来るだけで満足するしかない、刹那的な関係と言えます。

だからこそ、具体的に将来設計を話し合うことも出来ず、バレた時の話なんて恐怖で言葉にすることも出来ません。

真剣に二人の関係について向き合って話し合うことが出来れば、いつまで交際を続けるのか、どんな関係を望んでいるのか、将来離婚や再婚などは考えているのか、など具体的に決められます。

具体的に決めることが出来れば、その未来に向かって着実に現実を動かすことが出来るはずです。

しかし未来に向き合うことのできない不倫カップルにとって、未来はいつまでも不透明で思いがけない出来事にも対応力が皆無となります。

知らない間に本気になっていて振り回されるから

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着くのは、知らない間に本気になっていて自分でもコントロールできないほど振り回されてしまうからです。

不倫恋愛の多くは、最初から本気になるつもりで交際を始めるわけではありません。

ほんの出来心や興味半分、雰囲気や流れで関係を持ってしまったという場合が多くを占めます。

自分自身、相手が結婚しているということも十分理解しているし、相手の既婚者も自分が結婚している立場だということは痛いほどわかっているものです。

だからこそ口をそろえて「本気になるつもりはない」と言ってしまいます。

しかし不倫恋愛の恐ろしいところは、本気になるつもりのないカップルでもいつの間にか本気になってしまうところです。

自分でも感情のコントロールが出来ないほど、相手がいなければいけない心理になっていて、別れることが難しくなってしまいます。

気が付けば泥沼不倫になっており、修羅場が待ち構える現実へと入っていくのです。

自分の感情だけを考えてしまうから

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着くのは、不倫をする多くのカップルが自分の感情に素直になって、自分のことだけを考えてしまうからです。

不倫というのは、周囲の人も自分さえも不幸にしてしまう恋愛だということは常識的に知られています。

しかし、不倫をしている最中は自分が不幸になるなんてことは微塵も思うことなく、ましてや周りの人が不幸になるか幸せを感じているかなんてことは思いつきもしません。

周りの幸せを考えることが出来ないほど視野が狭くなってしまうのが、不倫恋愛。

既婚者との恋愛という高いハードルを乗り越えて恋愛をしている自分に酔いしれてしまいます。

そして、「会いたい」「大好き」「彼が私を選んでくれた」と舞い上がることで、周りの人の感情はおろか、自分の未来さえも想像する力を削がれてしまうのです。

未来への想像や人への想いやりは、イマジネーションが豊富でなければできることではないもの。

優しさを失ってしまっている恋愛中は、自分に降りかかる不幸や後悔も全く思い浮かべることが出来ない状態になっています。

バレるはずがないと高を括るから

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着くのは、自分と彼の不倫恋愛が誰かにバレるはずがないと高を括って大胆になってしまうからです。

不倫恋愛をする人は、上手にアリバイ工作をしたり、デートや連絡を取る日時や時間もしっかりと考えて行動しています。

そんな慎重さも付き合い始めて1カ月もすれば、慣れが訪れてしまうものです。

「こんなに気を付けているんだから大丈夫」「結局誰にも会ったことがないから、これからも会うはずがない」と不倫がバレないと高を括ることで、行動がだんだんと大胆になっていきます。

連絡をしてはいけないと思っていた時間に連絡を入れてしまったり、「いつもなら仕事をしている時間だから」と仕事が終わったかどうかも確認せずに電話をしてしまったり、と慎重さに欠ける行動をしていくことで、周囲や奥さんにバレてしまうきっかけを生んでいくわけです。

本気になっても困難が多すぎるから

不倫の末路のほとんどが不幸や後悔にたどり着くのは、不倫カップルのお互いが本気で恋愛をしていても一緒になる夢をかなえるためには困難が多すぎるからです。

不倫恋愛をしているカップル全てが遊びの関係で割り切っているわけではありません。

お互いに本気で愛し合っていたとしても、二人が一緒になるためには幾重にも困難が待ち受けます。

「お互い本気で愛しているなら困難なんて問題ない」と不倫をしていない人は思うかもしれませんが、実際に当事者は既婚者であり、自分一人の感情では家庭を簡単に動かすことは出来ないのです。

家庭を築いてしまっていることで、家族は自分一人の所有物ではなく、奥さんと二人で築き上げてきた財産であり資産となります。

親や親せきも奥さんと密にかかわるコミュニティであり、財産分与なども関係してくるもの。

本気で恋愛をし、不倫相手と一緒になろうと思った時に初めて、結婚したことで自分の人生が自分一人のものではないと痛感するわけです。

多くの困難を乗り越えて一緒になろうとするには、多くの時間と労力が必要となります。

問題を一つ一つ解決している間に心身ともに疲労してしまい、一緒になる夢を諦めたり途中でトラブルが発生したりと、不幸や後悔の道に入っていくのです。

不倫の末路:既婚男性との愛の果てに全てを失った悲惨な女性たち

既婚男性の子供を妊娠!中絶を求められ破局

不倫の末路には、既婚男性の子供を妊娠し、大好きな彼から中絶を求められた挙句、破局して全てを失った女性がいます。

不倫恋愛をしていると、どのカップルも避けたいリスクとして既婚男性の子供を妊娠する事が挙げられるもの。

しかしある女性は「大好きな彼の子供を妊娠したい」「赤ちゃんが出来たら彼が離婚して私を選んでくれるはず」と思って、排卵日に避妊せずエッチをし、妊娠することに成功しました。

普段から「妻とはもうすぐ離婚するから」「早く君と一緒になりたい」と言っていた彼なので、当然妊娠の事実を告げたら彼は離婚して自分の元へ来てくれると信じていたのです。

妊娠の事実を打ち明けて、「あなたと一緒に育てたいの」「あなたと家族になりたいの」と伝えたけれども現実は残酷なものでした。

「本当は俺は離婚するつもりはない」と衝撃の言葉を伝えられ、「今すぐ中絶してほしい」と中絶費用を渡され、お願いされたので従うしかありません。

その後、「君をこれ以上傷つけるわけにはいかない」と別れを告げられ、心も体もボロボロになり、一人ぼっちになったのです。

会社にバレて仕事も人間関係も失った

不倫の末路には、不倫をしていることが会社にバレてしまい、仕事も人間関係も全てを失った女性がいます。

不倫をしていると周囲にバレてしまうリスクがつきものですが、社内恋愛ともなるとそのリスクは一層高くなるものです。

不倫がバレたのは、会社の上司と不倫をしていた女性。

社内では至って平然を装っていたつもりでしたが、残業時間に二人で恋人の会話をしていたところを他の社員に聞かれていたようです。

運の悪いことに、その社員は人事の人と仲が良く、噂話からあっという間に会社の上層部にまで話が伝わってしまっていました。

突然常務に呼び出された上司と女性は、それぞれ辞令が下されたのです。

上司は県外への転勤、そして女性は自主退社を促され、結局仕事を失うことになってしまいます。

会社内部でも二人の噂は広まり、社内で仲が良かった人も、全て連絡が取れなくなり、仕事も人間関係もすべて失ってしまった女性は、地方の実家に戻ることになったのです。

一方通行の愛だった…奥さんと関係が修復して別れを告げられた

不倫の末路には、全身全霊で愛していたのに一方通行の愛だったことを体験した人で、既婚男性が奥さんとの夫婦関係が修復して別れを告げられ、全てを失った女性がいます。

不倫をしていると二人だけの世界に入ってしまい、周りの忠告を聞くこともなければ、既婚男性の言葉にどれだけ信憑性があるのかも知る手立てがありません。

しかし、愛しているからこそ、目の前にいる彼の言葉をすべて信じてしまうのが乙女心。

「奥さんとはセックスレスなんだ」「もう家庭内別居して長くなる」と悪いことはどんどん伝えてくるくせに、少し状況が良くなってきてもその事実を彼女に伝えることはないのです。

不倫相手の女性はずっと既婚男性が奥さんと不仲だと信じて、「いつか私と一緒になってくれる」と愛を注ぎ続けていましたが、ある日突然既婚者の彼から別れを告げられます。

「実は奥さんと話し合ってやり直すことになったんだ」「俺たち夫婦はすれ違っていただけだった」と夫婦関係が修復したことを告げられ、さっさと家庭に戻っていったのです。

残された不倫相手の女性は、ただ茫然と彼からの別れを受け入れるしかありませんでした。

「どれだけ愛を伝えても夫婦の絆には敵わない」と悟ったところで、何の意味もないことだとつぶやき、一人孤独になった心の傷を埋められずにいます。

不倫相手は他にもいた!知らない女からの挑戦状

不倫の末路には、不倫相手は自分だけではなかったという経験をした人で、知らない女から挑戦状を突きつけられ、全てを失った女性がいます。

不倫恋愛をしている人のほとんどは、「奥さんよりも私の方が愛されている」「彼には私が必要なの」と思っているはず。

しかし、実は既婚者の男性は不倫の目的が”非現実へ逃げたい”という願望や、”男として認められたい”という欲求が多くを占めるので、「彼女でなければいけない」と思っている人はほんの一握りです。

女性はオンリーワンを求めているのに対して、男性はその場の癒しを求めています。

そのため、この不倫経験者の女性は、自分以外にも彼が不倫をしているとは知りませんでした。

ある日突然、知らない番号から電話が鳴り「あんた誰?」と不躾な質問を投げかけられます。

「あんたこそ誰?」と応戦しますが、話になりません。

よくよく聞いてみると、大好きな彼と不倫をしている彼女だというではありませんか。

お互い自分が愛されているの一点張りでしたが、結局彼が選んだのはもう一人の彼女の方だったのです。

突然ライバルが現れたと思ったら、急展開に別れが訪れ、一瞬にして彼との愛しい日々を失ってしまいました。

彼が困っていると思っていたのにお金を捧げた相手に騙された

不倫の末路には、彼が困っているから助けたいと思っていただけなのに、お金を捧げてきた不倫相手に騙されて全てを失った女性がいます。

既婚男性が不倫をしている時には、お金がないと言われても彼女は「家庭を持っていると自由なお金もなくて当然」と思って、不自然だとは思いません。

「会社で失敗をして自腹で補填することになった」「お客様を怒らせてしまってお詫びをもっていかないといけない」と言われると「奥さんにはバツが悪くて言えないのか」「私にだから頼ってくれるんだよね」と助けていました。

しかし、後から分かったのはその女性から預かったお金は全て、キャバクラへ消えていたという残酷な現実。

不倫をしている事実を知らない人が、彼のことを「ダメなやつだ」と面白半分に話していたことで発覚した事実でした。

彼に問いただしても、ヘラヘラと笑うばかり。

今まで捧げてきたお金は数十万に及び、愛もお金も失ってしまいました。

不倫の末路:相手の奥さんや自分の家族にバレた後に迎えた結末

因果応報!略奪婚を果たすも前妻からの嫌がらせに加え不倫される側になった

不倫の末路には、略奪婚を果たしたけれど、前妻からの嫌がらせと自分が不倫される側になる因果応報に苦しむ結末を迎えた女性がいます。

不倫をしていると、「絶対手放したらいけない」と愛情が燃え上がり、お互いに盲目になってしまったことで、略奪婚を果たす人もいるのです。

無事に略奪婚を果たしたカップルでも、多くは幸せになるとは限りません。

盲目になって不倫がバレても平気な顔で略奪婚にまで進んだ二人に待ち受けていたのは、壮絶な前妻からの嫌がらせ。

そして、今度は不倫をされる側になるという因果応報の生活でした。

あんなに愛し合った彼はいなくなってしまい、結婚してからは豹変して何の魅力もない男になってしまったのです。

挙句の果てに明らかに不倫をしている様子の夫、前妻からの金銭の要求や嫌がらせの電話などに精神がボロボロになってしまいました。

奥バレして本気で愛した彼を失った

不倫の末路には、奥バレしてしまったことで本気で愛した既婚男性を一瞬で失ってしまったという結末を迎えた女性がいます。

不倫恋愛が終わる時には、自主的に自分たちの未来のことを考えて別れを選ぶ場合と、第三者に不倫関係がバレて別れざるを得ない状況になって破局する場合とがあるものです。

奥さんにバレてしまう通称奥バレ。

これは一番最悪のパターンです。

既婚男性のことを心からい愛していた女性は、普段から彼に「奥さんよりも君の方が好き」「妻とは夫婦関係が終わっている」と言われていたこともあり、当然自分が一番愛されている自信がありました。

しかし、休日に彼から連絡があり、少し話が長引いてしまったことがきっかけで奥さんに怪しまれてしまったのです。

「今の誰?」と問い詰められる彼は、当然言い訳をいくつか繰り出しますが、妻の勘は恐ろしく当たるもの。

すぐに彼女の方へも電話がかかってきて、話し合いをすることになりました。

奥さんよりも愛されている自信のあった彼女は、「望むところ」と意気込んで話し合いに参加しましたが、結局彼は家族を選んだのです。

「ごめん」とたった一言で全て許されると思っているのか、彼はそのまま姿を消してしまいます。

残された女性は、愛する彼に裏切られたような気持ちで立ちつくすしかありませんでした。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

自分の親にバレて強制的に破局と勘当

不倫の末路には、自分の親に不倫をしていることがバレて、強制的に破局をされたうえに、親子の縁も勘当されてしまった結末を迎えた女性がいます。

不倫をしていると奥さんにバレてはいけない、会社の人にバレてはいけない、と念頭に置く人がほとんどですが、実はバレてはいけない人のリストには自分の親も含まれるものです。

自分の親には何も言わなければバレるわけがない、と思っている人が多いのですが、親ほど子供のことを見てきた人はいません。

娘の様子がおかしいと思った親から問い詰められ、相手が既婚者であることを告白した女性は、すぐさま相手の家に乗りこみ、強制的に別れを告げさせます。

さらに女性は「そんなに勝手なことをする娘は知らない」と勘当を言い渡され、頼る人が誰もいなくなってしまったのです。

W不倫で修羅場!自分だけが離婚して全てを失った

不倫の末路には、W不倫で修羅場を迎え、自分だけが離婚をして全てを失ってしまった結末を迎えた女性がいます。

不倫の結末で忘れてはいけないのがダブル不倫。

お互い既婚者であるW不倫では、常に緊張感をもってバレないよう気を付けて交際をしているためバレるリスクも低いはずです。

しかしバレてしまう時は訪れます。

双方の夫婦が出揃い、泥沼の修羅場となりました。

女性は「家族に申し訳ない」と夫から突き付けられた離婚を承諾し、子供の親権も持たせてもらえず、一人ぼっちになってしまったのです。

一方相手の男性は、「もう二度と不倫をしない」と一度限りの許しをもらい、夫婦関係をやり直すことに。

結局女性だけが家族も愛も全てを失ってしまいました。

不倫のレッテルのおかげで生涯独身

不倫の末路には、不倫が周囲にバレてしまったことで、”不倫をした女”とレッテルを貼られたおかげで、生涯独身の人生という結末を迎えた女性がいます。

不倫恋愛をして、失うものは仕事やお金ばかりではありません。

こちらの女性は、不倫をしたことで、婚期を逃しただけでなく生涯結婚出来なくなってしまいました。

不倫をしていたことが周囲にバレて、職場を離れた女性は、新天地で新しく人間関係を築き上げようと思っていましたが、現実は予想よりも厳しいものだったのです。

以前の職場で不倫をしていたことを知っている人が、女性のSNSにコメントを残してきました。

「どこ行っても不倫して男に困らないね」と。

女性はすぐにコメントを削除しましたが、そのコメントを見た人からうわさが広まり、彼女は知らない人にまで「不倫の過去を持つ人」と言われるようになってしまいました。

新天地でも当然SNSを見た人は、女性と親しくなろうとする人はおらず、既婚男性は下心をもって近づいてくるので周りは「やっぱりあの人は不倫している」と悪循環を繰り返します。

おかげでどこに行っても、真剣に交際をしてくれる男性は現れず、気が付けばアラフィフになっていて、生涯独身の道を歩むことになったのです。

不倫の末路:略奪婚が成功した例も。幸せを手に入れたケース

相手の円満離婚から堂々と交際

不倫の末路には、相手の既婚者が奥さんと円満離婚したことから堂々と交際を始めたという不倫の結末を迎えた女性がいます。

不倫をする既婚男性は、そもそも夫婦関係が修復不可能な状態になっている人も少なくありません。

しかし離婚するには多くの問題があり、簡単に出来るものでもないため、夫婦関係が破綻していても離婚せずにズルズルと仮面夫婦を続けていることも多いのです。

離婚していなくてもまともに家族として機能していない既婚男性は、不倫をすることで心を安定させていました。

不倫恋愛をしている間に、「自分の人生を考えたい」と真剣に妻と向き合い、家族の話が少しずつ進み円満離婚していたのです。

不倫相手が関与していないところで進んでいた離婚話が成立したおかげで、堂々と交際することが出来るようになり、幸せいっぱいのカップルになりました。

別れさせ屋に依頼して離婚を成立

不倫の末路には、別れさせ屋に依頼して既婚男性と奥さんの離婚を成立させた不倫の結末を迎えた女性がいます。

本気で彼を奪いたいと願う人の中には、プロの別れさせ屋を依頼することもあるのです。

プロに依頼することで、素人では思いもつかない方法で完全に離婚に導くことが可能になります。

ある女性は、本気で彼を奪うために、プロに依頼をして奥さんが離婚に納得する方法をひたすら探し出し、離婚を成立させることが出来ました。

今まで頑なに奥さんから「どんなことがあっても離婚しないから」「子供に父親がいないのはかわいそう」と首を縦に振ってくれることはなかったのですが、別れさせ屋に依頼したことで、幸せを手に入れたのです。

既婚男性の居場所を作り帰る時間を短くしていった

不倫の末路には、既婚男性の居場所を作って家に帰る時間を短くしていき、彼の愛情を受けることが出来るようになった不倫の結末を迎えた女性がいます。

不倫をしている既婚男性は、家での居場所がないと感じている人も少なくありません。

そのことに気が付いた不倫相手の女性は、とにかく彼と一緒にいる間に「彼が落ち着く場所を作ろう」と居場所づくりに努めました。

ちょっとしたおつまみや小鉢など、サッと作ることが出来るように料理教室に通い、二人が過ごす部屋は自分の好みよりも彼の好みを取り入れたシンプルな装飾など、とにかく彼が「帰ってきた」と思えるように全てのことに注意を払ったのです。

居場所づくりを繰り返していくことで、既婚者の彼はだんだんと家に帰らなくなり、自然に半同棲のような生活を手に入れることが出来ました。

彼女は特に結婚をせかしているわけではないのですが、彼は時期を見て奥さんとも離婚をするつもりだと伝えてくれています。

既婚男性と奥さんとの不仲に決着をつけさせた

不倫の末路には、既婚男性と奥さんとの不仲に決着を付けさせたという不倫の結末を迎えた女性がいます。

不倫をしているカップルの悩みの種である、既婚男性の夫婦問題。

付き合う前から奥さんに不満を持っているのに、別れたいとは思っていないというあいまいな感情にイライラしてしまう彼女も少なくありません。

「うちの奥さん本当ダメなんだよ」「家では無視されてて、辛い」と既婚男性が不満を漏らしているのに、離婚を提案すると「面倒だよ」「まだ子供も小さいし」と何かと理由を付けて実行しようとしない男性に苛立ちます。

既婚者の彼に奥さんへの愛情があるのかと言えば、そうでもなく、ただ現状を変化させることが怖いと思っているだけのことも。

そんな彼を見かねて「もうハッキリさせて!」「奥さんと別れないなら私も別れるから」と選択を迫り、妻との関係に白黒決着を付けさせた女性がいます。

既婚者に選択を迫ったことで、曖昧な不倫関係ではなくなり、本当に愛されているのか彼の気持ちを知ることにもなったのです。

真剣に愛されていることを知った女性は、奥さんよりも自分を選んでもらえたことに幸せを感じ、今でも一緒に過ごしています。

「いつまでも待つ」と全てを受け入れたら離婚に動いてくれた

不倫の末路には、「いつまでも待つよ」と彼の全てを受け入れたら、自発的に既婚男性が離婚に向かって動いてくれたという不倫の結末を迎えた女性がいます。

既婚男性は離婚を迫られると拒否したくなるもの。

この女性は「いつまでも待つよ」と離婚を迫らなかったことで、成功を手に入れた女性です。

家庭を持つ男性は、離婚をしようと思ってもよほどの覚悟がなければ現実的に動き出すことは難しいもの。

自分一人の感情ではどうにもならないことを痛いほどよくわかっているからこそ、奥さんの気持ちや子供の将来を考えて、離婚を躊躇ってしまいます。

しかし不倫相手の女性から「私はあなたがいてくれるだけでいい」と言われることで、自分の存在価値を見出すことが出来、「こんなに必要としてくれる人は他にいない」「こんなに求められるなんて幸せだ」と自分の人生を見つめ始めるのです。

「今のままでは誰も幸せになれない」と考えを持った既婚男性は、離婚に向けて奥さんと話し合いを始め、夫婦それぞれの人生を充実させるための提案をしました。

奥さんも納得し、無事離婚が成立。

一言も離婚をせかしていないにもかかわらず、女性は大好きな彼と一緒になることが出来たのです。

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまる事なく不倫を切り上げるコツ

既婚男性に「結婚を諦めたくない」と伝える

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまることなく不倫を切り上げるには、既婚男性に「私は結婚を諦めたくない」と伝えるというコツがあります。

既婚者にとって、彼女の結婚意識はとても気になるものです。

自分自身が妻帯者なので、彼女に無理を言って「結婚するな」と言うことも出来ないし、かといって「俺が結婚する」とも簡単には言えません。

しかし交際期間が長くなるほど、独身女性の婚期は遅くなっていきます。

ここであなたが「早く離婚して、私と結婚して」と言ってしまえば、確実に泥沼不倫へと突入するはずです。

「もうこの辺で終わらせよう」「泥沼不倫になる前に自分の人生を取り戻したい」と思うのならば、あなたの結婚願望を伝えること。

「私はやっぱり結婚を諦めたくない」「早く婚活したい」と伝えることで、急に離婚することが出来ない既婚者は対象が自分ではないことを知ります。

相手の結婚願望を否定することも出来ないので、別れを受け入れてくれるに違いありません。

「私を妊娠させる覚悟ある?」と目の前で避妊具をはさみで切る

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまることなく不倫を切り上げるには、「私を妊娠させる覚悟ある?」と目の前で避妊具をはさみで切るというコツがあります。

家庭を持つ男性にとって、浮気相手の彼女が妊娠するという事態だけは避けたいもの。

彼女の妊娠ほど、男性が窮地に立たされることはないからです。

そんな既婚者と自分自身を追い詰め、別れを納得させるためには、エッチの直前にコンドームを切ってしまいましょう。

避妊するために欠かせない避妊具。

傷がつけばもちろんその用途を失ってしまいます。

言葉だけでは決心が鈍り、自分自身も流れで体をゆだねてしまうような雰囲気であっても、回避することが出来る方法です。

離婚届けと婚姻届けを準備して目の前で書かせる

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまることなく不倫を切り上げるには、離婚届けと婚姻届けを準備して目の前で書かせるというコツがあります。

家庭を持つ人にとっては、婚姻届けも離婚届けもただの紙切れではありません。

結婚をするときに奥さんと一緒に区役所に提出に行った婚姻届け。

同じものを彼女が持っている姿を見るだけで、彼は胸がドキドキしてしまいます。

届けの用紙を見せただけで「妻を裏切っている」「彼女は本気で選択を迫っている」ということを一瞬で実感させることが出来るのです。

「奥さんと別れて、私と結婚するならこの二枚を今ここで書いて」と迫れば、簡単に決意出来るはずもない既婚男性は別れを切り出してきます。

「それは出来ない」と心から反省しながら別れを告げてくれば、流れで再び付き合い始めることもなく泥沼不倫から抜け出すことが出来るはずです。

その時には、覚悟の印として目の前で彼に二枚の用紙を破ってもらいましょう。

あなた自身とても辛い思いをしますが、不倫を続けて泥沼になるよりはよほど幸せに近づきます。

二人が一緒にいることで不幸になる人の名前を全て出す

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまることなく不倫を切り上げるには、二人が一緒にいることで不幸になる人の名前を全て出すという方法がコツとなります。

不倫恋愛で楽しく幸せになっているのは当事者の二人だけ。

この先付き合いを続けていても、当事者の二人さえも傷つけあう可能性もあるのです。

不倫を切り上げるためには、二人の交際で不幸になっている人がどれだけいるのか、きちんと認識しておくべきだといえます。

一人一人、名前を出して確認してみましょう。

彼の奥さんはもちろん、彼の子供、お互いの両親、奥さんの両親、祖父母、迷惑をかけることになる会社の上司、支えてくれている親友など場合によってはまだまだ出てくるはずです。

一人一人の顔を思い出しながら名前を連ね、その人が悲しむ姿を想像して共有しましょう。

二人同時に辛い気持ちでいっぱいになれば、これ以上関係を続けることは出来なくなってしまいます。

略奪婚を狙うなら覚悟をもって相手を本気にさせる

悲惨な結末にたどり着く前に泥沼にはまることなく不倫を切り上げるには、奪ってしまって不倫を終わらせる方法があります。

略奪婚を狙うなら覚悟をもって相手を本気にさせることがコツです。

略奪婚は生半可な気持ちで出来るものではありません。

彼自身が自分の意思で離婚を決めなければ、必ず泥沼不倫になってしまいます。

彼の本気度を高めるために、本気で彼とぶつかり、考え方の意見交換を行い、離婚についてどう考えているのか、再婚したらどんな夫婦になっていくつもりなのか、真剣に語り合う必要があるはずです。

未来を一緒に思い描くことが出来れば、長丁場となる離婚話も覚悟するべき。

「必ず彼は離婚を成立させて私の元にやってくる」と心から信じて、どれだけ長い時間待たされようと彼を支え続けましょう。

不倫の事実が公にならなければ、泥沼不倫になることなく、ただひたすら耐える不倫として任期を全うすることです。

彼と同じ未来を真剣に話し合うことが必要なので、その時点で別れが訪れる可能性があることも覚悟して話をしましょう。

不倫経験者が辿った末路から未来を予測しよう

不倫をしていると「この先どうなるんだろう」と不安になってしまうのも当然です。

未来を約束された関係ではないからこそ、自分の将来や二人の未来が気にかかるもの。

不倫経験者が辿った末路から、しっかりとあなた自身の不倫の末路を予測して、あなたが幸せになれる未来を選択していきましょう。

あなたの幸せは、彼の手に委ねられているわけではありません。

泥沼不倫から抜け出したい、彼と幸せになりたい、などあなたが望む未来に向かって、あなた自身が納得できる未来を掴みましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事