不倫相手との略奪婚を成功させるために欠かせないのは『罪悪感』!彼に離婚し結婚してもらう方法&2人が辿る末路
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「不倫相手の彼とずっと一緒にいたい」「どうして早く離婚してくれないのかしら」と既婚男性と不倫をしている女性は、彼と早く結婚したいという願望を持っている人も少なくありません。

「略奪婚したい!」「略奪愛に必要なコツってなに?」と既婚男性を今の奥さんから略奪するために必要なことを知りたいなら、「罪悪感」についてお伝えしましょう。

不倫相手との略奪婚を成功させるために欠かせないのは、実は「罪悪感」なのです。

彼に離婚して結婚してもらうために、罪悪感を持つことが大切な理由や離婚を決意してもらう方法、結婚を決心してもらう方法など具体的にご紹介していきます。

不倫カップルが略奪婚を成功させると、どんな末路が待っているのかも伝授するのであなたが求める未来を手に入れるための参考にしてくださいね。

あなたが幸せになるために、略奪婚を成功させられる女性になりましょう。

目次

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプ

人に裏切られる痛みを知っている

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプは、人に裏切られる痛みを知っている人です。

過去に人間関係で傷ついた経験がある、生きづらさや誤解を受けやすい人生を送ってきた、など苦しい思いをしている人ほど、人の痛みに寄り添うことが出来ます。

略奪婚を成功させられる女性が人の痛みを知っているのは、略奪される側の考えや心理を理解しているからこそ説得する方法や対策を実行に移すことが可能なのです。

略奪愛や略奪婚は、奪って終わりではありません。

家庭を持っている人が一つの家族という形を終わらせて、新しい人と生きていくというのはプツンと関係を切ってしまえば終わりということではないからです。

既婚男性は、再婚した後でも子供との関わりが続くし、養育費の支払いなどで連絡を取り合うことも続きます。

人の痛みを知っていれば、相手の立場に立って物事を考えることが出来るのです。

再婚した後も、夫の立場や考えを理解できる人こそ、離婚をしてもらって略奪再婚を成功させることが出来ます。

既婚男性の苦しみを理解できる

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプは、既婚男性の苦しみを理解できる人です。

不倫をする既婚男性は、妻に対する悩みを抱えている人も少なくありません。

しかし、一般的に保守的な男性は、妻とうまくいかない、パートナーのことが理解できないと悩んでいたとしても、離婚を選択することが難しいと感じてしまいます。

不倫相手の女性が、既婚男性の抱える悩みを受け止め、大きな愛情で包むことが出来ていれば、彼はとても安らぐことが出来るのです。

離婚という大きな問題を乗り越えてまで彼女と一緒にいることに意味を見出すことが出来ます。

感情で決断する女性と違い、男性は理屈や世間体、手続きの面倒さや現状維持を選ぼうとするもの。

そんな男性に離婚と再婚を決意させる不倫相手の女性は、並大抵の愛情ではないはずです。

常に彼に寄り添い理解し、夫婦関係の何に悩んでいるのかという部分も、自分の嫉妬心を抑え込んでまできちんと耳を傾けようとする人こそ、略奪婚を成功させることが出来ます。

彼との恋愛を不倫と意識せず幸せだと感じる

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプは、彼との恋愛を不倫と意識しなくても幸せだと感じている人です。

不倫恋愛をしている人の中には、不倫という制限のある恋愛だから燃え上がっている人もいます。

しかし、不倫だからとは関係なく「彼だから好き」「あの人と一緒にいたい」と思えている人は、略奪婚を成功させるだけの深い愛情を持っている人です。

「人の夫だから奪いたい」という略奪婚への憧れを持っている人は、奪った瞬間に愛情を失ってしまいます。

再婚しても長続きすることなく、「こんなはずじゃなかった」と後悔する再婚生活となってしまうに違いありません。

「既婚者だけど一緒にいることが幸せ」「あの人といると結婚している人って忘れてしまう」と思うほど、心の底から必要としている人であれば、お互いが一緒にい続けるためにどうすればいいかきちんと話し合いを進めることが出来るのです。

恋に恋焦がれている状態や、既婚者だから好きだと思っている人では、略奪婚という難関を突破することは難しいといえます。

どれだけ時間がかかっても待つことが出来る

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプは、どれだけ時間がかかっても待つことが出来る人です。

略奪婚を成功させるためには、既婚男性が離婚成立するまで待つ時間が必要になります。

離婚待ちの期間は、先の見えないトンネルに入ってしまったように感じる人も多いはず。

それでも「絶対に彼は私のところにやってくる」「もし離婚話が進まなくてもずっと待っていたい」と思える人こそが、最終的に大好きな彼を手に入れることが出来るのです。

待てる女性というのは、待ち合わせやデートの期間でも見ることが出来ます。

不倫恋愛では公に付き合うことが出来ないため、デートのために急いでいても周りの人から呼び止められれば断る理由を伝えることが出来ません。

そのため待ち合わせの時間に遅れてしまうこともありますが、待てる女性はそんな突然の出来事が起きても笑顔で待つことが出来る人です。

また、仕事や家庭の用事が立て込むこともある既婚男性と付き合っていると、デートが1カ月以上できないこともありますが、待つ彼女はそんな時でも文句を言わずに待つことが出来ます。

彼の状況を冷静に見て、待つことが出来る女性こそが略奪婚を成功させることが出来るのです。

どんな場面に遭遇しても不倫の事実は口外してはダメ!口が堅い女性

略奪愛や略奪婚を成功させられる女性のタイプは、どんな場面に遭遇しても不倫の事実を口外しない、口が堅い人です。

女性はおしゃべりな人が多いというのは、よく知られた話。

実は不倫をしている女性の中にも「実は彼氏が結婚している人なんだよね」「内緒なんだけど、不倫してるの」と飲み会でお酒が入って気が緩んだ時や、親しい友達にだけと気を許したときに、自分の不倫話を言ってしまう人がいます。

けれども不倫からの略奪愛を目指すなら、絶対に口外してはいけません。

不倫の噂はどこからどう広がるか分からないものです。

信用しているからと言って、不倫のことを伝えても、言われた相手が罪悪感に押しつぶされてリークしてしまうこともあれば、話をしている最中に実は周りに知り合いがいるという可能性もあります。

不倫関係がバレてしまえば、奥さんは絶対に離婚に承諾することはなくなるばかりか、訴えられて暗転の人生を送る羽目になるからです。

どんな場面に出くわしても、絶対に不倫のことを話さない口の堅い女性こそが、略奪婚を成功させることが出来ます。

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しない理由

罪悪感があるから一緒にいる時間に価値を感じる

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しないと言われる理由は、罪悪感があるからこそ一緒にいる時間に価値を感じることが出来るからです。

罪悪感とは不倫をしていることで傷ついている人がいると理解していること。

自分たちが一緒にいることで、誰かを傷つけていることを分かっているからこそ、「この時間は一秒たりとも無駄にすることが出来ない」と感じることが出来ます。

例えるなら、飢餓で亡くなる子供がいる国の実情を知っている人が食べ物を無駄にしない精神と同じです。

今ある現実に感謝の気持ちを持っている人こそ、未来に向かってポジティブに取り組めます。

罪悪感がある不倫恋愛だから、一緒にいる時間を大切にし、一つ一つ丁寧に思い出を刻んでいくのです。

未来の自分たちはどうあるべきなのか、話し合いを重ね、ベストな方法を二人で一緒に見つけ出していきます。

罪悪感は妻を超える努力をする原動力になる

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しないと言われる理由は、罪悪感は妻を超える努力をする原動力になるからです。

既婚者の男性と妻を引き離すことに、不倫相手の女性が罪悪感を持つことで「彼が幸せになるためには、奥さんと同じやそれ以下であることは絶対にありえない」と自分に厳しい判断基準を設けることにつながります。

「夫婦を引き離してまで私のところに彼を引き込むんだから、常に女性として磨いておかないといけない」「最低限、奥さん以上の女性になっておきたい」と目標設定をすることで、努力をする原動力となるのです。

女性は恋愛のためならいくらでも努力をすることが出来ます。

結婚してしまうと努力を怠ってしまう女性も多いものですが、「奥さんと引き離した」という罪悪感を持つ女性は、努力をし続ける原動力を持ち続けるわけです。

努力し続けることが出来る女性と一緒になることが出来た男性は、二人で一緒に人生を歩むことに喜びを感じます。

罪悪感があるから幸せに対して貪欲になれる

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しないと言われる理由は、罪悪感があるから幸せに対してどん欲になれるからです。

略奪婚の成功は、幸せになること。

略奪婚を成功させる手前には、既婚男性の離婚という大きな出来事を乗り越えているはずです。

夫婦が離婚するという出来事は、簡単なことではなく、多くの決断や度重なる話し合い、将来への不安や一緒に生き抜くことが出来なかったことへの落胆など多くの感情を相手の奥さんにもさせてしまったということになります。

一人の女性のあるべき幸せを奪ってまで、彼を自分のものにしたのなら、必ず幸せにならなければいけません。

人の不幸祖踏み台にしているという罪悪感こそが、略奪婚の幸せへの貪欲さを生み出します。

「幸せにならなければ申し訳ない」「幸せになるために略奪した」と思うからこそ、二人にとって何が幸せか、どんな生き方をしていきたいのか、パートナーとしての自分を深く見つめることになるのです。

罪悪感は既婚男性の子供との距離感を適度に作る

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しないと言われる理由は、罪悪感は既婚男性の子供とのきょろかんは適度に作る理由になるからです。

既婚者を離婚させて略奪婚することで、夫になる彼に連れ子がいる再婚になることもあります。

奥さんと別れさせておいて、「連れ子とは一緒にやっていけない」というワガママは通りません。

彼が「俺が育てる」と決めたのであれば、再婚する女性も母親になる覚悟が必要です。

しかし、連れ子に対して急に母親になることは無理なこと。

思う通りに意思疎通が出来なくて歯がゆくなったり、「自分の子供じゃないのにどうして気を使わないといけないの」と思ったりしてしまう気持ちも、罪悪感を持っていることで「彼を奪ったのは私だから」と連れ子に対してずっと優しく接する理由を持つことが出来ます。

子供に対して優しく接することが出来る再婚相手であれば、夫となる彼も安心して新しい生活の基盤を作っていく気力が生まれるはずです。

罪悪感が新しい家庭を円満にしていく秘訣となります。

不倫相手との共通認識で罪悪感を持つと共に生きる絆が強くなる

罪悪感なくして不倫相手との略奪婚は成功しないと言われる理由は、不倫相手との共通認識で罪悪感を持つと、共に生きる絆が強くなるからです。

二人が一緒になるために、離婚という選択をするに至るまでに、不倫恋愛の中でも何度も話し合いを重ねてきたはず。

「離婚してくれない」「離婚するつもりはない」「一緒に生きていきたい」「もう離婚しようと思うけどまだ話し合いをしている」など、多くの話し合いと感情のアップダウンを経験して、たくさんの壁を乗り越えてきています。

二人が一緒になるために、「奥さんに離婚してもらった」という罪悪感を二人が共通認識で持っておくことで、「もっといい家庭を作ろう」「絶対に失敗するわけにはいかない」とともに生きるための絆を深めることが出来るのです。

前の結婚で失敗だと感じていたことをさらけ出し、改善点として見直し、二人のルールを作るなど、新しい人生を手を取り合って生きていくことに責任感を持っています。

「今までもたくさんの壁を乗り越えてきたね」「これからもどんな壁が来ても一緒に乗り越えようね」と誓い合うことで、本物の夫婦になるものです。

略奪婚へのステップ1:既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらう方法

「私だったらもっと愛するのに」と彼を大切にできることを伝える

略奪婚へのステップで、既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらうためには、「私だったらもっと愛するのに」と彼を大事にできることをきちんと伝えることから始めます。

不倫恋愛を遊びと考えている男性や、彼女のことを好きだけど離婚までは考えられないと思っている男性は、彼女の本気の愛に気が付いていません。

妻と彼女を比べることがなく、結婚生活と不倫恋愛は別物だと考えています。

そのため、彼女と妻が同じ”女性”と腑に落ちた時、急に妻が入れ替わることを想像するのです。

「彼女が妻になったらどんな生活だろう」「奥さんのこんなところに不満があったけど彼女にはその点がなさそうだな」と想像することで、離婚を決意するように誘導します。

離婚を意識させることから始め、彼女の愛情を深く感じるほど、ぼんやりしていた離婚の意識も強く決意する事になるはずです。

「一緒に生きていけるためなら待てるよ」と覚悟を見せる

略奪婚へのステップで、既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらうためには、「一緒に生きていけるためなら待てるよ」とあなた自身の覚悟を見せることから始めます。

離婚するということは、結婚の時のようにサインと印鑑で終わるほど簡単なことではありません。

離婚が成立するまでには、さっさと話し合いが終わる夫婦もありますが、話し合いに時間がかかり心身ともに疲れ切ってしまう夫婦が多いものです。

共通財産として築き上げてきたモノやお互いの両親の将来についての心配、子供に関しての準備の話し合い、納得させるための説明、離婚した後のお互いの住む場所や連絡をするかどうか、当面の生活費をどうするか、など夫婦だけで話し合いが出来そうになければ裁判所に出入りすることも珍しいことではなく、疲労の原因にもなります。

それでも、待ってくれる人がいるというのはとても心強く感じる事です。

「どのくらい時間がかかっても、絶対に待ってる」と覚悟を伝えることで、彼も安心して離婚に向かう決意を決めることが出来ます。

「いつだって逃げてきていいよ」と家庭からの避難所であることをアピール

略奪婚へのステップで、既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらうためには、「いつだって逃げてきていいよ」と家庭からの避難所であることをアピールすることから始めます。

不倫をしている既婚男性は、彼女のことを好きだという理由の他に家庭に帰りたくないという理由を持っていることもあるはずです。

「帰っても居場所がない」「嫁の親と同居で気まずい」「妻がDVをしてくる」など家に帰りたくない理由も様々と言えます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「私のところに逃げてきたらいいよ」と愛情を求めるばかりでなく、彼の居場所を作ってあげることで、いつでも既婚男性がやってこれるような状況を作ることです。

常に愛情を求められないことで、彼女からの気持ちの重さを感じなくなり、既婚者の男性が本当に家に帰りたくない時に「彼女を利用しているみたいで嫌だ」と我慢していた気持ちも薄くなります。

「いつでも迎え入れてくれる」と安心することで「手放してはいけない人」という存在に昇格し、略奪愛に向かう決意を生み出すのです。

既婚男性の男としての魅力を羅列する

略奪婚へのステップで、既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらうためには、既婚男性の男としての魅力を羅列することから始めます。

既婚者の男性が不倫をしている時には、自分の男としての魅力を受け入れてもらいたいという願望を持っているものです。

「結婚してから妻は同居人になってしまった」「セックスレスが続いて自分は嫁の何だろうかと思ってしまう」「子供が生まれてから奥さんが母親でしかない」と妻との関係が男女ではなくなったことに不満を抱いている男性は多くいます。

そのため、不倫をすることで相手の女性に男としての自分を見てもらい、自信を取り戻しているところです。

そんな彼に離婚を決意してもらうためには、とことん男としての魅力を羅列して伝え「いつでもあなたを男性として尊敬しています」という気持ちをアピールすることで、彼の自尊心を高めることが出来ます。

男性が自信を取り戻すことが出来れば、あなたのことを必要な人と認識して、女でなくなった妻とは離れようと決意するはずです。

今の結婚生活を続けるメリットとデメリットを一緒に考える

略奪婚へのステップで、既婚男性に奥さんとの離婚を本気で決意してもらうためには、今の結婚生活を続けるメリットとデメリットを一緒に考えることから始めます。

結婚生活が長くなっている既婚男性は、何となく結婚生活を続ける事に疑問を抱いていない場合が多く、不倫をしていてもセカンドとしていることが当たり前だと思っているものです。

しかし、不倫相手の女性も一人の人間。

セカンドでいいと思える人ばかりではありません。

離婚を決意してほしいのであれば、どれだけ彼にとって今の生活が”現状維持”のためだけに続いている関係なのか、人間として成長するためには夫婦生活でさえも高みを目指すことが必要だということを説明して納得してもらうことです。

奥さんがどれだけ彼の長所を認め伸ばそうとしてくれているか、何のために毎日働いていて家族はどう捉えているのか、今の結婚生活で送られている日常を客観的に分析することから始めましょう。

あなたと一緒に過ごしている不倫恋愛の時間に、どれだけ人生の彩りが増えたのか、人として思いやりや優しさが増えたのか、メリットを伝えるのです。

あなたと一緒にいる事がセカンドにしておくにはもったいないと思うことが出来たなら、離婚を決意してくれます。

略奪婚へのステップ2:離婚が成立し家庭を手放した彼に結婚を決心してもらう方法

「家庭って本当は安らげる場所だよね」と温かい家庭をイメージさせる

略奪婚へのステップで、離婚が成立して家庭を手放した彼にあなたとの結婚を決心してもらうためには、「家庭って本当は安らげる場所だよね」と温かい家庭をイメージさせます。

離婚が成立した彼は、「家庭って理想の通りにはいかない」「相手との思い描く家庭像が違えばうまくいかない」と一度失敗した経験から、男女の思い描く家庭の違いに落胆しているはずです。

「何をすればよかったんだろう」と自分の失敗の原因がいまいち分からない彼には、あなたが考える理想の家庭を伝えることから始めましょう。

男性が求める家庭は、温かいもので安定したものです。

家に帰ると笑顔があって、一緒に食卓を囲めることが落ち着く空間だと認識しています。

しかし実際には「家事を手伝ってくれない」「育児は何もしてくれない」と文句を言われるばかりで、求めていた笑顔を忘れてしまったのです。

温かい家庭を思い描いていることを伝えることで、彼自身の過去の失敗から「こんな風に思い描いていることを言葉に出せばいいのか」とギャップを感じ、修正方法を見出すことが出来ます。

「この人となら上手くやっていける」と感じることが出来れば、結婚を決意させることが可能です。

離婚して半年後に「家でおいしいごはん作って待ってる」

略奪婚へのステップで、離婚が成立して家庭を手放した彼にあなたとの結婚を決心してもらうためには、彼が離婚してから半年後に「家でおいしいごはん作って待ってる」と家デートを開始させます。

離婚してからすぐは絶対に自宅デートをしてはいけません。

離婚した彼は自由の身になり、すぐにでも羽を伸ばしたくなるものですが、そこで彼を自宅に招き入れてしまうと勝手に次の疑似家庭を連想してしまい、結婚をしなくても今の関係が続けばいいと思ってしまうからです。

離婚して半年、それまでは今まで通り外でデートするだけに留めておきましょう。

半年が過ぎたころ、一人の自宅に帰ることが寂しく感じている日々に慣れてきます。

「待っている人がいない」状況に慣れてしまうことで、あなたが待つことに価値が生まれるのです。

「温かいご飯作って待ってるね」と言われ、自宅に出向いた彼は、「おかえり」と出迎えてくれる人の温かみを実感し、感動するはず。

「やっぱり人の温もりって嬉しい」と強く実感した時に結婚を意識します。

姑との関係がうまく出来る話をする

略奪婚へのステップで、離婚が成立して家庭を手放した彼にあなたとの結婚を決心してもらうためには、姑との関係がうまくできる話をします。

離婚の原因に嫁姑問題が絡んでいることはよくある話。

不倫がバレたという理由ではなければ、嫁姑問題で頭を悩ませてきたかどうか大きなポイントです。

自分が選んだ嫁と、自分を生んで育ててくれた母親、既婚男性にとってはどちらも大切な存在ですが、他人同士の二人が上手くいかないことで男性が板挟み状態になることも。

どちらの味方をしても肩身の狭い思いをしてしまいます。

そんな彼であれば、姑の性格を把握しておくことで先に対策を練ることが可能です。

実の母親を敵視されるような言い方をされてしまうと、トラブルになってしまうので作戦は心の中だけにとどめておきましょう。

「私ならお義母さんと上手くやれる自信がある」と伝えるだけで、長年悩んできた彼はとても嬉しくなり「こんな人二度と現れないかもしれない」結婚を決意します。

我慢しなくていい夫婦を約束

略奪婚へのステップで、離婚が成立して家庭を手放した彼にあなたとの結婚を決心してもらうためには、我慢しなくていい夫婦を約束します。

離婚を経験した男性は、「夫婦とは何か」と真剣に考えているものです。

不倫を経験している自分は、結婚生活に何を求めていて何が不満だったのか、冷静に分析しています。

奥さんがいるにもかかわらず、不倫をしたという事実は、不倫相手の女性が魅力的だったからというだけではないはずです。

どれだけ魅力的で理想の女性が目の前に現れても、家庭に不満が一切なく満たされていれば不倫をしていなかったから。

彼は何かしらの我慢を夫婦生活でしていたことが伺えます。

居心地のいい女性になるために、彼には何も我慢してほしくないことを伝えましょう。

もちろんワガママ放題は困りますが、我慢するのではなくよりよい関係を築くために何でも話し合いをして、お互いにとってベストな状況をいつも作ることを心がける約束をするのです。

この約束が絶対守られると信じることが出来た時、結婚を決意してくれて尚且つ不倫されない妻になることが出来ます。

心配なことをしっかり聞いて解消に向かって話し合いをする

略奪婚へのステップで、離婚が成立して家庭を手放した彼にあなたとの結婚を決心してもらうためには、心配なことをしっかり聞いて解消に向かって話し合いをします。

離婚した彼にとって、これからの将来には多くの不安があり、一人で悩みを抱えているものです。

子供とは本当に約束通り合わせてもらえるのか、養育費を支払いながら自分の生活水準を保つことが出来るのか、仕事を持っている自分に親の介護はどこまで出来るのか、など自分の人生においても親の将来においても不安が尽きません。

再婚するにしても「また失敗したらどうしよう」「俺には女を幸せにする力がないんじゃないか」と考えてしまうと、前に進むことが出来なくなります。

男性は結果主義であり、未来が見えないと不安な生き物です。

彼の不安に耳を傾け、一つづつ未来を提示していきましょう。

女性のほうが想像力が豊かで、コミュニケーション能力にたけているので、世間の情報を得る力もあります。

彼の抱えている不安を解消するためには、外部の力を借りることも有効だと話して、具体的な対策案を話して聞かせるのです。

未来に対する不安が少しでも晴れることが出来たら、「一緒にいてずっとこうしてサポートしてほしい」と願うようになり、結婚を決めます。

略奪婚は本当に幸せ?不倫カップルが再婚した後に辿る末路

反対に不倫される側に回っただけ

略奪婚は本当に幸せなのか、不倫カップルが再婚した後に辿る末路には、反対に不倫される側に回っただけという実話があります。

不倫した相手と愛情が盛り上がったことで離婚を促し「早く一緒になりたい」「私こそが本当に妻になるべき人」と結婚を急がせたことで、二人の愛情のすれ違いに気が付かないまま一緒になってしまうケースがあるのです。

手に入れた途端、どちらか一方あるいは両者が、不倫の時にあれほど燃え上がった愛情が急激に冷め、せっかく夫婦となったのに不仲となってしまいます。

夫となった彼は再び不倫をし始め、不倫相手だった女性は”不倫される側”に回っただけという虚しい現実を突きつけられるのです。

反対の立場に立って初めてわかる、不倫される側の辛さや苦しさを体験することになり、略奪婚をしたことに後悔してしまいます。

そもそも離婚に難色を示していた彼なら戻りたくなる願望が出てくることも

略奪婚は本当に幸せなのか、不倫カップルが再婚した後に辿る末路には、そもそも離婚に難色を示していた彼が前の家庭に戻りたくなる願望が出てくることがあります。

男性は変化を嫌う生き物です。

不倫相手のことをいくら好きになっても、「離婚までは考えていない」「今の家庭は大事」と思いながら、不倫を続けていることもしばしば。

しかし、不倫相手の女性に急かされて離婚と再婚をしたのもつかの間、「前の奥さんとの慣れ親しんだ家庭のほうが落ち着く」「前妻の料理の味付けに慣れてしまったから恋しい」と思ってしまうことがきっかけで「やっぱり戻りたい」と言い出すこともあります。

また、子供が前妻と暮らしていることで「子供と一緒に暮らしたい」という願望が大きくなり、離婚したことを後悔するのです。

当然そんなことを言われた再婚相手は、嬉しいはずもなく虚しさだけが心を埋め尽くします。

隣の芝生は青かった

略奪婚は本当に幸せなのか、不倫カップルが再婚した後に辿る末路には、隣の芝生は青かったという話があります。

不倫をするカップルは年の差カップルも多いものです。

うんと年上の男性に憧れる女性、既婚者という肩書が魅力的に思えていた、イケない恋だからたまにしか会えないことがかけがえのない時間だった、と不倫している時は特別な恋愛だということを忘れてしまっている女性も少なくありません。

いざ略奪婚してしまうと、ただのオジサンだと感じてしまったり、「奥さんが文句言ってた理由がわかるわ」と前の妻の不満に同調したりと、不倫だったから魅力的に見えていただけだと痛感してしまいます。

他の人の旦那だからよく見えていただけ、という状況はまさに「隣の芝生は青かった」ということわざそのものであり、実際に体験することになるのです。

子供が出来ずに夫とも親とも揉めることになった

略奪婚は本当に幸せなのか、不倫カップルが再婚した後に辿る末路には、子供が出来ずに夫とも親とも揉めることになったという話があります。

不倫からの略奪婚で再婚したからと言って、必ず子宝に恵まれるわけではありません。

二人だけで生きていくのもいい、と思うことが出来たとしても子供好きな夫であれば、前の奥さんとの間にいた子供に会いたい気持ちが大きくなることも。

逆に前の奥さんとの間に子供が出来ずに、「どうしても子供が欲しい」という理由で離婚して再婚したあなたとも子供が出来ないとなれば、彼の希望はかなわず激しく落胆してしまいます。

子供が出来ないことで夫だけでなく親と揉めることもあり、居場所がなくなってしまうことがあるのです。

最初から離婚したい人だったから初婚のように仲良し

略奪婚は本当に幸せなのか、不倫カップルが再婚した後に辿る末路には、最初から離婚したい人だったから初婚のように仲良しという話があります。

不倫を始めた当初から、前の奥さんとの不仲を嘆いていて、「早く離婚したい」と言っていた男性が相手であれば、離婚したことで自由を手に入れ、不倫相手と結婚したことで本当の幸せを手に入れることが出来たと感じているカップルもいるものです。

離婚することは最初から望んでいたことで、不倫がきっかけで離婚と再婚になったけれども、心からの幸せをつかみ取った彼とは、お互い初婚のように毎日仲良しに暮らすことが出来ます。

「好きな人と過ごすことがこれほどまでに幸せなことなのか」と結婚を経験しているにも関わらず毎日感激して過ごすはずです。

不倫相手の女性の方も「略奪した」という意識を持つことなく、「好きな人との結婚」に満足して生活を送ります。

男性が前の奥さんと離婚したがっていたことを知っていた周囲の友達も、再婚の時には「今度は幸せになれよ」と祝福してくれるのです。

不倫相手との略奪婚を成功させるためには罪悪感を持つべき

「不倫相手と交際を続けているけど、いつまで不倫関係のままなの?」と今の関係に不満を持ち始めているのなら、略奪婚に向けて動き出すサインです。

略奪婚を目指すなら、忘れてはいけないのが罪悪感。

罪悪感を持つことで、略奪婚に役立つ沢山のメリットが生まれます。

あなたと彼が本当の幸せをつかむために、罪悪感を持ちながら幸せな未来に向かって動き始めましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事