好かれてたのに嫌われた…と落ち込むのはまだ早い!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

男女って、お互いにしかわからない独特の雰囲気ってあるんです。

「もしかしてこの人私のこと好きなんじゃない?」「きっと好かれている」という感覚が言葉やハプニングがなくても感じ取れることもあります。

特に女性は、勘に良い部分が多いので、すぐに好意の有無を嗅ぎ分けることができるのです。

自信を持って男性と関わり、さあそろそろ交際かな?告白かな?という段階で、ふっと男性の態度が変わる可能性もあり得ます。

ずっと好意を感じてきたのに、好かれていると思っていたのにどうして?と悲しくなります。

ここでは、好かれていたと感じていたのに嫌われたとがっかりする瞬間や本当は前より好かれている時のサインをお伝えするので、参考にしてみてください。

人の感情は目に見えないもののため、自分1人ですぐに決めつけてはもったいないです。

相手の一挙一動を確認して、本当の心を感じ取ってください。

目次

あの人に好かれてる!と感じた女性が相手男性に取りがちな態度

声が甘くなり、距離が近くなる

相手男性に取りがちな態度1男性は、相手のことが好きとか恋をしている時に、表現方法が案外あからさまで分かりやすいことも多いです。

なぜなのか、というと男性は基本的に無愛想な人も多く、好きな人とそうじゃない人の対応のテンションが全く違うからです。

気になる人、好意を持っている人が自分の近くにいると気持ちが高揚して嬉しくなり、自分の気持ちを抑えきれなくなります。

付き合っていない時がある意味男性の恋心のピークとも呼べるので、そんな時は心が有頂天点となって分かりやすい態度の変化が生じるのです。

女性の場合は、基本的に愛想の良い人が多いため、好きでも嫌いでも一応笑顔で受け答えしてくれます。

男性はこうした社交辞令的な優しさと本当に好意があって見せる優しさの区別がつかなくて、時々勘違いしてしまうことも多いです。

それくらい、女性は自分の気持ちのコントロールをしている、ということになりますが、それでも愛情が溢れた時には周囲とは違う態度をとります。

あからさま、というわけではないのでしっかりとみておかなくて、気づかない可能性が高いです。

分かりやすいのは、好意のある男性の前では声がワントーン高くなります。

女性って、相手に良い印象を与えたい、自分の姿をよく見せたいという時に声が高くなる傾向があり、声質も甘くなるのです。

気になる男性に対しては、自分を可愛く見せたいと思って甘い声を出したり、ちょっと高めの声で話す人が多くいます。

話している時の距離感も通常の距離感ではなくて、ちょっと近めになりますし、相手の顔をしっかりみて、興味があることをアピールしてきます。

あからさまなように見えてそんな風には見えない女性がほとんどなので、男性は気づきにくいことも多いです。

男性の方から好意を感じた上で女性の好きになった場合、急に今までとは違う声になったかどうかが感情の変化を読み取るポイントになります。

無意識な変化なので、女性が好意をついつい見せてしまう瞬間です。

男性に対して「今好きな人いるの?」「最近恋愛はどう?」などと詮索する

相手男性に取りがちな態度2自分にとって魅力的に感じる人や、自分の魅力に気づいてくれる人って、すごく貴重な存在だといえます。

学生時代とは違って、大人になると多くの女性が恋する尊さに気づき、欲した時には周囲には誰もいなかったなんてことがよくあるのです。

大人の恋は若いときよりもずっと切なくて難しい、というのは知り合った時には相手は誰かのもので、自分には見向きもしてくれないケースが非常に多いからなんです。

自分に好意を向けてくれる男性が自分の好みか、といえばそうじゃないこともたくさんある中で、本当に奇跡的数値だといえます。

そんな人に出会ったのだから「この人は逃したくない!」と思うのは、普通の感覚です。

ちょっとずつ距離感を縮めていこうと思っても、「早く好きって言って」とはやる気持ちも女性は芽生えます。

女性としては、好意があることをこちらがわかるくらいに思いが溢れているのだから、早く告白してほしいとモヤモヤしてしまうのです。

男性にも順序というものがありますし、告白して振られたら?と思うとなかなか行動できないのも仕方がないことです。

あなたの好意に気づいていますよ、というアピールのために、女性はついつい男性に異性の話を繰り返してしまいます。

「好きな人はいるの?」「どんな女性が好み?」などなど、今まで聞いてこなかったような質問を根掘り葉掘り聞こうとしてくるのです。

理由としては、女性についてのアレコレを質問することによって、自分と照らし合わせることができるからです。

質問を繰り返し、返答内容が自分と合致するようであれば、ある意味自分が感じた男性からの好意は革新的なものに変わります。

答え合わせをしたいがために、女性についての質問をしつこく繰り返す傾向が女性にはあるのです。

まだ付き合ってもいないのに嫉妬する

相手男性に取りがちな態度3女性はとても独占欲が強い人が多いです。

例えて言うなら、同性同士の友人でもずっと自分と仲良くしていた人が、急に他の人と仲良くし始めると「裏切られた」と思って嫌な態度を取ったり、悲しんだりしがちです。

友人としては「みんなで仲良くしたらいいのでは?」と思っていますが、女性にとっては「自分が1番の仲良しじゃないと不満」に感じて、特別感が必要なんです。

純粋に友達同士ですら、こうした嫉妬が発生することもあるので、男女間なんてもっと嫉妬に溢れています。

付き合っている男性に対して、今この瞬間何をしていて、誰といるのかを知りたがる人もたくさんいます。

付き合っていない男女の関係でも似たようなことが言えて、男性から好意を感じ取ると、女性は自然と「自分が1番」と思うようになります。

「自分は特別」「彼にとって私は魅力的な人なのだ」と思っているので、もしも男性が他の女性に親切にしたとか親しげに笑い合っていたという光景を見たら、一気に憤慨します。

まるで浮気をされた女性かのように怒り、「好意を見せてきたのは嘘だったのか」「騙された」と男性に対して攻撃的な感情を持つのです。

男性としては、何も変なことをしたわけじゃないし、むしろ付き合っているわけじゃないのに…と違和感を感じることもあります。

女性としては、相手からの好意を感じていて、自分は特別だと思っていたのに、他の人にも似たようなことをしているなんて許せない!と怒るものです。

この点は、男女の差として受け止めて欲しいのですが、男性は自分の気持ちを言葉にしなくても気持ちは伝わると思っていて、物事の裏を女性にはみて欲しいと願っています。

逆に女性は、基本的に目に見えるものを信頼している傾向があり、プレゼントの価格の高さや貴重さ、自分のためにどれだけ男性が自らを犠牲にしてくれるのか、といったことで自分の価値や相手の愛情の大きさを測っているのです。

特別感が女性の恋愛観にとって大事な部分でもあるため、感じさせてくれない男性や期待を裏切るような行動をする男性に対しては一気に怒り狂うこともあり得ます。

連絡がないと怒り出す

相手男性に取りがちな態度4相手が自分を好き、気にしてくれている、そんなことを思っていると、自分が1番になった気分になるのはよくあることです。

付き合うまでの男性は基本的にマメで、一生懸命女性の気を引こうとして必死になります。

女性も自分が連絡をすればいつでもどこでも何時でも連絡をくれるものだと思っています。

ところが、男性から連絡をもらえなかったり、電話に出てくれないなどがあると「嫌われた?」と不安になってしまいます。

何度も恋をしたことがある人ならわかるでしょうが、男性って自分が今忙しいと感じるとどれだけ好きな女性だとしても自分のペースで連絡したいと思うものです。

一旦自分の用事や仕事が終了した後に、ゆっくりと女性に連絡をしようと考えていますが、女性ってまるで逆の感覚を持っています。

好きな人がいるならいつどこでも何時でも、男性のために時間を作ることが当たり前だと思っているので、仕事で忙しかろうが趣味の時間を楽しんでいようが関係ありません。

好意を持っている人からの連絡が第一優先なので、自分の時間の使い方はどうでもいいのです。

同じような感覚を男性にも求めているので、男性が最初の頃よりも少し連絡頻度が下がってしまうとすぐに「もう自分への気持ちが冷めたんだ」とパニックになることもあります。

本当なら、女性も男性の多くが連絡はマメじゃないってことを理解していますが、いざ自分に連絡がこないと途端に冷静さを見失うのです。

頭の片隅では理解していたつもりでも、自分だけは違う、この人は違うという気持ちが強くなって最終的に「期待はずれだ!」と怒ります。

結局、男性の方からまた連絡がきて、連絡が来なかった期間の説明を受けると、すぐに納得してまた甘い感情を抱くことがほとんどなのも、付き合う手前の男女に多いやりとりです。

なんでも知りたがる

相手男性に取りがちな態度5男性も女性も好きな人、気になる人についてはなんだって知りたくなります。

男性の場合は、ちょっと過去の恋人の話や自分がマイナスイメージを抱きそうな内容のことは聞かない傾向がありますが、女性ってとにかく全てを知りたくなるものです。

「今まで何人と付き合ったの?」「どんなタイプが多かった?」という一般的な質問から、別れの原因やどちらから別れを告げたのかまで事細かに聞いてきます。

「そんなに気になる?」とか曖昧に流すようなことがあれば、それだけで「隠したいの?」「言いたくないの?」と詰め寄る人も多いです。

相手の気持ちが考慮できない人だという印象が強くなってしまい、男性が引いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

好きだから、私のことを好きならなんでも話せるはず、という思い込みは、逆に自分の印象を悪くしかねないので、知りたいという気持ちは大事ですが質問するときは少し慎重担ってください。

言わないのはそれだけ深い過去があるということにもなり、気にしたりしないようにしましょう。

女性の特徴で、自分が深く質問してせっかく話をしてくれたのに、聞いた内容について嫉妬や気持ちが沈むことが多いです。

「前の彼女ことがそんなに好きだったんだ」「別れなきゃよかったんじゃない?」など、嫉妬心をあらわにしてしまうこともあるので、男性側から見ると「聞いてきたのは自分では?」と思ってしまいます。

ケンカの種にもなりますし、お互いの関係が悪くなりかねない行動なので、せっかく自分に好感を持ってくれている相手に対してイライラすることは違うと思ってください。

付き合ってからも似たような行動をしてしまう女性はたくさんいて、男性の過去を根掘り葉掘り聞きたがる割に「もういい!」と怒って、男性を困らせることはよくあります。

好きだからこそ、相手が自分を好きだからこそ、いろんなことを知りたくなりますが、知っても良いことは男性個人の価値観や考え方だけなので、過去を把握することではありません。

女性が「好かれてたのに嫌われた…」とがっかりしてしまう瞬間

話を適当に流され、視線が合わない

がっかりしてしまう瞬間1男性って、女性に対しての態度があからさまなときがあります。

「気になる人だ」と昨日まで女性に言ってたかと思えば、急に話もしなくなったり、いつも優しかったのに急に態度が変わる時があるのです。

女性側から見ると、なぜそんなことをされなくてはいけないのか理解できない、自分が何かした?もう嫌いなのといろんなことを考えてしまいます。

分かりやすい変化で言うと、視線が合わなくなり、会話が一方通行になるということです。

男性は、自分が興味のない人、気にならない人に対しては、視線が合わないといった特徴があります。

男性心理として、好きな人のことはいつまでもみていたいしずっと視線で追いかけ続けているものですが、好きでもない人やむしろ嫌いな人のことは視界になんて入れたくもないと思うのです。

見たくもないものをわざわざ視界に入れる必要はない、と思っているので自然と目が合わなくなってきます。

視線が合わないことは、実際脈がないと判断してもおかしくはありませんが、本気で好きになったことによって、視線を合わせるのが恥ずかしいという場合があるんです。

好意を感じていたのに、視線が急に合わなくなったときはどちらのケースも考えられると思ってください。

女性が男性の変化でがっかりしてしまう部分で言えば、視線が合わないことも然り、もう1つは女性の話をあまり聞いていないということです。

なんとなく上の空になる人も多く、女性から見ると「本当に話聞いてる?」とか相槌は打ってくれるけど、実際会話の内容を理解しているのか、といえばきっと違うな…といった態度の変化に感じます。

通常、気になる女性に対してはいつも男性は前のめりで話を聞くでしょうし、何度も質問を繰り返したり、楽しそうな表情を見せてくれます。

好意を感じていたときは男性のそういう態度を見ているからこそ、女性は変化に敏感になるのです。

「急に冷たい!」とがっかりする定番の変化だといえます。

返信の速度が遅くなる

がっかりしてしまう瞬間2男性が異性に興味を示している、好意を持っているときの大きな特徴は「とても連絡がマメになる」ことです。

手に入れたい人が目の前にぶら下がっている状態なので、ある種興奮状態のまま突き進んでいる人がたくさんいます。

男性って、手に入れやすい身近な女性よりも手に入りにくい遠い女性を得ようと必死になることはよくある話なので、アプローチしている時が一番男性が輝く瞬間かもしれないです。

女性は、そんな男性の姿を見て「もしかして私のことが好きなのかな?」と好意を感じて、自分でも好意を持ち始める人も多くいます。

実際に、まるで付き合っているようなペースでやりとりをしていることもあり、あと少しで交際なのでは?と期待感が強くなる可能性が高いですが、ぷつりと糸が切れたように、突然男性からの連絡頻度が遅くなることもあるんです。

「あんなに仲良く連絡してたのにどうして?」と思うでしょうが、男性って女性が自分の方に顔を向けてくれた、とわかると途端に「あとはもうそのうち付き合える」と思って、気が緩むものです。

後一押しをしないのは、駆け引きとしている場合もありますし、興味がなくなったからともいえます。

どちらにせよ、女性側から見ると思わず「がっかりした!」と言いたくなるような変化です。

本能の違いとして、男性が恋をすること、女性を口説くことをどこかゲーム感覚で思っている人も多く、目的が「この人と付き合うこと」ではなくて、「自分に振り向かせること」になっている可能性もあります。

連絡の頻度が最初のうちは「本当に仕事してるの?」と聞きたくなるくらいに速いのは、それだけ女性に集中しているのです。

男性は1つのことにしか集中することができないので、浮気をしてもすぐにバレる傾向があります。

今気になる方にしか意識を向けることが難しく、もう片方は雑な対応しかできなくなるため、バレるのです。

恋愛の手前の段階でも似たような部分があり、自分に振り向いてくれた瞬間に「よし、クリアした!」と安心して、連絡が疎かになる人ってたくさんいます。

あんなに必死に女性を追いかけ回して、積極的に食事などにも誘っていたのに、女性から好意の香りを嗅ぎ取ったが最後になってしまうのです。

女性は、付き合ってからが本番なのに対して、男性は付き合うまでが本番といった違いがあります。

こうした違いは、男女の中でもよくあることなので、気にしすぎはよくありません。

当たり障りのない話しかしてくれない

がっかりしてしまう瞬間3好き嫌いがはっきりわかるのは、会話の内容です。

どんなに良い顔をして話をしてくれても、会話の内容が薄っぺらで明日には忘れてしまいそうな内容だと、全然興味がないのでは?と女性は不安に感じます。

今まで内容が濃い会話だったり、お互いの深い部分を話してきたこともあるでしょうが、段々と男性が「今日いい天気だね」程度の会話しかしてくれなくなったら、当然「急に興味がなくなったのかな?」と不安がるのは変なことではありません。

女性と男性の違いがここでも露見されますが、女性って基本的にコミュニケーションは会話です。

「今日何してた?」「休みの予定は?」「明日何食べるの?」そんな会話の繰り返しを行うことによって、相手をより近いものに感じられ、お互いの距離感を縮めようとします。

男性は会話よりも、自分の行動を見て欲しいと思っています。

好きでもない女性にはこんな行動をしない、こんな態度はとらない、だからわかってよって女性に期待していますが、コミュニケーションの認識がズレていれば、理解することは難しいです。

今まで好意を感じてきた男性との会話が味気ないものに感じられると、交際もしていないのにマンネリに陥ったような感覚になって、一緒にいてもガッカリした気分になります。

男性は、会話をしていることが重要であり、中身はどうでもいいと思っているからこそ、当たり障りのない話をしている可能性もあるのです。

どちらの理由だとしても、女性は不安感を抱き、男性との距離をとるようになるものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性は「え?好きなのになんで?」と混乱し、女性は「急に態度変えられて意味がわからない」と怒っているといった状況になりやすいといえます。

特に女性は会話に楽しさを求めているので、話のつまらない男性だと思われるとそれまで感じていた好意がガタ崩れして酷評される可能性だってあるんです。

はっきりと「今仕事で忙しい」と言ってくる

がっかりしてしまう瞬間4好意を感じていたときは、ずっと連絡をくれたりちょっと間があいても、必ず「ごめんね、こういう理由で連絡遅れちゃった」と話してくれたことでしょう。

女性は、男性に対して安心感と信頼を求める傾向があるので、一時自分を傷つけた相手だとしても、その後のアフターケアがしっかりしてくれたらすぐにまた、気持ちは復活します。

中には「今仕事で忙しいから、連絡は無理です」とはっきり言う人もいますが、この態度って女性目線ではガッカリポイントが高いです。

「はっきり伝えているんだからいいんじゃない?」と男性の多くは思いますし、実際理由が明確なので、女性も安心するのでは?と疑問に感じるでしょうが、そこが感覚の違い、と言える部分になります。

女性って、安心感を得るためには「君のことを忘れているわけじゃないよ」といった優しい思いが見え隠れしていないと難しいんです。

男性は理由を伝えるだけでOKと思っている傾向があり、端的に理由だけを伝えがちですが、それだけだと女性から「冷たい」と思われます。

「もっと言い方ってものがあるのでは?」と嫌な気分になって、距離感ができてしまうものです。

女性はガッカリしてしまうかもしれませんが、男性としては悪気がないこともあるため、端的な用件しか伝えてくれてなかったとしても、そこまで気にする必要はないことも多いです。

男心は複雑!嫌われてると思ったら本当は前より好かれていた時のサイン

本気で好きになってしまって逆にわからない

前より好かれていた時のサイン1人を好きになるとき、いろいろレベル感があることになかなか人は気付けません。

「ちょっといいかも」「結構好きかも」「もうその人しか考えられない」など、人の気持ちは段階的に変化していきます。

男性から好意を感じていたときは、向こうも「好きだな」とか「良い人だな」くらいの好きの段階で、徐々にやり取りを進展させることで、本当に好きになっていくものです。

「この人と付き合いたい」「ずっと一緒にいたい」と男性が思うと、いっそう積極的にアプローチする人もいれば、逆に「好きすぎてわからない」と女性を避けるような行動をとる人もいます。

自分の気持ちが増加していく前は、気軽に好意を表現できていたにもかかわらず、段々と思いが溢れてくると「顔を見れない」「緊張してしまう」こんな風に男性自身が変化するのです。

こんなはずじゃなかったのに、と自分の変化についていけずに男性は戸惑いを感じて、一旦女性から距離をとろうとします。

なぜか男性は、女性に対して真摯な態度を取るために自分と一度向き合いたくて態度を変えている人もいます。

パッと見た感じ、冷たくも見えるので「嫌われてしまった」と女性が思っても不思議ではないです。

あまりデレデレすると下心があると思われるのが嫌

前より好かれていた時のサイン2女性は、自分の体を守るために、男性が下心を持っているかどうかについて非常にシビアな目を持っています。

「この人は信用してもいいだろうか?」と見極めるために、とても慎重になるものです。

男性もこの点は十分に理解しているので、本当に好きな相手であれば誤解されないように振る舞おうとします。

「自分は真剣に相手のことを好き」「下心なんかない」、伝えたいといった気持ちが強くなりすぎて、女性への態度が変わる人は多いです。

男性が思う下心は、女性に対してデレデレした態度を取ったり、甘い言葉をかける人だと思っていて、自分はそういうことをしない!と決めます。

今まで「可愛いね」と普通に女性に対して言っていたのに、ガラッと好意を言葉にしないようになるのです。

女性って、言葉にされるとすごく嬉しいですし、単純に「カレは自分のことを好きなんだ」と、相手の気持ちを探らなくて済み、安心感があります。

男性は下心があるとか軽い男と思われたくなくて、軽はずみに好意を口にしなくなっただけでも、女性にとっては「なんか急に冷たい」「嫌いになったんだ」と冷めてしまうことにもなりかねません。

男女差といえばそれまでですが、下心を感じないように行動し好意を口にすることは女性をよく見ていることでクリアできるので、男性も配慮が必要です。

好きだからこそ大事にしてあげたい

前より好かれていた時のサイン3女性は好きな人には無理をして欲しいし、自分のために時間を割いて欲しいと思っています。

男性は、好きな人だからこそガラスに触れるような繊細な扱いしがちで、遠慮しやすいです。

まだまだ本気で好きじゃないうちは、ちょっと女性が寝不足になっても電話で話がしたいといいますし、会いたい時に会おうと言ってきます。

女性も男性のこうした強引さが嫌いではなくて、自分を求められているような気持ちが出てきて、嬉しいと思う可能性が高いです。

段々心が惹かれていって、本気で好きになっていくと、今までとは真逆の行動をとる人がたくさんいます。

「今すぐ会いたい」「電話をしたい」といったちょっとドラマティックで、甘い言葉を欲している女性が多い中で、紳士的な態度をとろうとするあまり、全く女性に対して求めなくなる男性は魅力が半減します。

「興味が薄れてきたのかな?」と逆効果になりかねないので、メリハリって恋にはとても必要なことなんです。

好きだからこそ大事にしたい気持ちは十分わかりますが、大事にしすぎて女性が逃げ出さないように男性は注意しなくてはいけません。

女性側も表面的な変化だけを汲み取って、嫌われたんだ!と勘違いしてしまわないようにしましょう。

好意を持たれていた男性から本当に嫌われた場合と女性側の勘違いの場合の見分け方

女性の方から食事などに誘い予定が合うか確かめる

見分け方1分かりやすい見分け方としては、女性の方から積極的に誘ってみることです。

例えば「この前話していた○○なんだけど、すごく良いお店あるから○日~○日の間で行ける日ありそう?」と聞いてみてください。

ほとんどの人は「都合の良い日ある?」と相手への配慮をすると思いますが、相手の気持ちを確かめたい時は、自分の都合を全面的に出してみましょう。

「○日なら行ける」とか「夜ならOK」など、あなたの都合に男性が合わせてくれるなら、嫌いになったわけではありません。

男性は社交辞令のように誘われたからなんとなく行く、という感覚がないので、興味がない女性に対しては「ごめんちょっと今時期は無理」と平気で言ってきます。

本当に忙しくて、会いたいけど会えないのであれば「その日程だと難しいけど、○日は大丈夫。都合どう?」と逆に提案してくれるんです。

好きな女性とは、何がなんでも会いたいと思うので日程調整をしっかりとしますし、その時はダメでも何度か調整して会える方向に進めてくれます。

ダメな男性は提案せずに断るだけ、もしくは「確認して連絡する」と言って連絡がこないケースです。

女性に対して不誠実な態度ともとれるので、このタイプの男性は見込みがないと言えます。

愛情の有無は、相手に対して一生懸命になれるかどうか、という点が見極めのポイントになるので、しっかりと意識してください。

自分の都合だけを押し付けてくるような男性も、本当に好きと思っているわけではなくて、自分の欲望を満たしたいから女性との関係を進めていこうとしているだけでしょう。

自分の身を守るためには、それだけ男性を見る目を養わなくてはいけません。

どれだけ巧妙に隠していても、ふとボロがでてくるので、しっかりと見極めましょう。

誘った後の返答によっては、興味があるなしだけではなくて、体目当てかどうかもわかるので、1番あなたを思っている理想の返答を心の中で描いておくと見極めやすくなります。

自分だけに冷たいのか?

見分け方2好きだけど、女性に冷たくしている場合は周囲の人には優しい傾向があります。

あなたにだけそっけない態度をとったり、視線を合わせないようなことがほとんどなので、周囲の人と違いがないかどうか確認してみてください。

もしも、自分にだけ冷たいのであればそれは嫌いなのではなくて、好きだからこそ避けていると思いましょう。

本当に嫌いなのであれば、周囲にバレないようにはっきりと違いをつけることはしません。

それとなく避けることが大人としての対応なので、男性もすぐには態度に出しませんし、あからさまには見せないことでしょう。

あなたとしては、好意を感じていた時との違いがあるのでわかりますが、他の人からみると「勘違いじゃない?」と言われるくらいに変化が見えないのです。

つまり、本気で好意がなくなったのなら、あなたにだけわかるように変化します。

今までだったらこうしてくれたとか、こういうことを言ってくれたのにという部分がまるで変わってしまうので、周囲との比較はとても重要なポイントになります。

女性によっては、非常にネガティブになりすぎて、本来の自分を見失ってしまう可能性もあるので、冷静に見極めることが大事です。

「嫌われているかも…」と思っているときは、とても落ち込み苦しんでいる可能性が高いので、何もかもが自分に不利な状況に見えることでしょう。

きちんと見極めるためには、自分を第三者として見る目が必要です。

友人に相談してみる

見分け方3自分1人でもやもやしていてもしかたがないので、第三者の考えを聞いてみるのも冷静になれる1つの方法です。

友人であれば、第三者の中でもあなたのことを心配してくれる存在ですし、あなたの幸せを願ってくれる存在だといえます。

しっかりと真剣に話を聞いてくれることでしょう。

女性というのは、ああでもないこうでもないと考えを巡らせていくうちに、どんどん自分でもよく分からない方向に話が進んでいくこともあります。

結果的に男性に対して失礼な態度をとってしまって、好かれていたのに本当に嫌われてしまうことにもなりかねません。

一旦深呼吸する意味でも、友人に相談してみましょう。

「最初はこういう感じだったんだけど、今はすこしずつこういうことになって…」と素直に話してみてください。

女性の中には「ちょっとダサいからあんまりストレートに伝えたくない」と思う人もいますが、誰かに相談するとき詳細を省いてしまうときちんとした内容を相手が把握できなくて、的確なアドバイスができない可能性もあるので、恥ずかしいでしょうがしっかりと話をすることが大事です。

包み隠さず話すのは嫌だ、と思ったらSNS上での友人でもいいと思います。

自分が抱えているモヤモヤを整理するためにも、誰かに話してスッキリした方が、女性はもっと冷静になるんです。

男性の場合は、誰かに相談することがほとんどありません。

自己完結型が多く、理論的に物事を考えられる傾向があるのですが、女性って感情的になりやすく「自分がこう思っている」といった部分にしか目が向かないことが多いです。

友人に話すと、「それって向こうはこう思ってるんじゃない?」と言われることもあります。

そこで初めて「そうかも!」と思い出して、自分の気持ちを切り替えることができるんです。

自分じゃどうにも見極めがつかないという場合は、友人の力を借りてみましょう。

彼から好かれてたのに本当に嫌われてしまった時の上手な挽回方法

自分から身を引く

上手な挽回方法1身を引く、と聞くと「好意を持たれていたのに諦めるの?」とイメージしてしまいがちですが、実際はそういうわけではありません。

男性の好意を感じてから、自分からも積極的にアピールしていた女性もいるのでその場合は、一旦距離をあけることが望ましいのです。

今までは、不安になって何通も連絡していたけどしないようにする、食事の誘いもしない、などをすることによって男性から「あれ?どうしたのかな?」と思ってもらいやすくなります。

押してもダメなら引いてみる、というのは鉄板の方法なので気にしてもらえるかな?という程度にちょっと引いてみてください。

そのままフェードアウトする可能性もありますが、そうなればその程度の関係だと見切りをつけましょう。

ダメだった部分を改善させる

上手な挽回方法2なぜ、男性が変化してしまったのかということを考えたときに、一番大事になるのは「いつ、どんな時から変化したのか」を見つめなおす必要性です。

そこからわかることは「あの時、こういうことを言って、ちょっと空気が冷えたんだ」とか「彼の顔色が変わっていた」など、相手の細かな変化だといえます。

全く何もない状態で男性が変化することって、ありえません。

必ず何かしらの理由はありますが、それがあなたのことを本気で好きになったからなのか、それとも何か理由があってちょっと気持ちが冷めてしまったのかは振り返ってみないとわからないことです。

冷静に、自分の感情抜きに男性の気持ちを汲み取り、なんとなくでも「ここがダメだったのかも」と思うような部分があれば、すぐに改善しましょう。

改善した自分をすぐにアピールすると、我が強い印象を与えるので、小出しにしていくことがポイントです。

ダメな部分がよくわからない、本当に唐突だったから振り返る余地もない、という場合はいっそのこと、男性に直接聞いてみましょう。

「なんか最近態度変わったね?」「嫌いになっちゃった?」など、言い方はいろいろありますが、男性に対して嫌味のような言い方だったり感情的な言い方は避けてください。

あくまで冷静に、男性の気持ちを知りたいという形で聞いてみると良いです。

思わぬ告白に繋がる可能性だって残っています。

ポジティブに仕事や趣味を頑張る

上手な挽回方法3女性の多くは、自分に好意を持ってくれていた人が急に変化してしまうと、びっくりして逆にしがみついてしまうような人も多いです。

そのように女性が変わると男性も、なんとなく「めんどくさい」と思う場合があります。

男性って自分が追いかけている時はよくても、女性から追いかけられると途端に拒否感を持つ人も多いです。

好意から急転して抵抗感のある女性に変化してしまっては、すごく悲しいので男性に対しての依存心をなくしましょう。

女性は、自分に好感をもってくれている相手に対して、どことなく執着心を持ちます。

「私のことを好きなんだから、もっとかまって」「連絡するべき」など、いろんな感情を男性に抱いているのです。

最初に好意を抱いてくれたのは男性だったとしても、結果的に女性の方がのめり込んで依存するパターンはよくあります。

そうなるまでの経緯があるわけですから、女性はなぜ男性が変わってしまったのか全くわからなくて混乱してしまって、いてもたってもいられなくなり、自分のことができなくなる人も多いです。

悪い循環になってしまわないように、まずは自分を自立させましょう。

自分の身の回りをキレイにしたり、趣味や仕事に邁進するなど、できる限りポジティブに毎日を過ごすようにしてください。

最初は男性のことが気になってしかたがないと思いますが、だんだんと男性との時間がなくても楽しくなります。

男性も女性の楽しそうな姿を見ると、また魅力的に見えることが多いので、自分のためにもしっかりと毎日を過ごすことを意識してください。

男女の気持ちのすれ違いはよくあること!

好かれてたのに嫌われた…と落ち込むのはまだ早い! まとめ女性にとっては好かれていると思っていたのに、男性は急に方向転換してしまうことはよくあります。

男性でも女性でも、好きな気持ちが募って行くうちに気持ちが溢れて、視線も合わせられないようなことも多いです。

本当に好きで思わず避けているのか、それとも本当に興味がなくなってしまったのかはしっかりと見極めていかなくてはいけません。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事