男が引きずる別れ方を解説!彼に未練を残させる別れ際の態度や思わず振った事を後悔する彼女からのLINE&プライドを傷つけダメージを与える別れ方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「男が引きずる別れ方を知りたい」「もう恋人関係も終わってしまいそう。せめて未練を感じさせる終わりにしたい」と思っているあなた。

恋愛は、終わり際の印象で今後の記憶に残るかどうか、大きく影響してきます。

男が引きずる別れ方を解説していきますので、忘れられない人になるのか、復縁に繋げる印象を残すのか、あなたの望む未来を手に入れるために、活用してくださいね。

男の人が一度別れて見ないと彼女の存在の大きさに気付けない理由や破局したことを引きずっている時に見せる態度や言葉等、思わず降ったことを後悔する彼女からのLINE例文、プライドを傷つけてダメージを与える別れ方など、あの人の心理に関連する全てを解説していきますので、じっくり学びましょう。

未練を持たせることが出来れば、彼の記憶の中にいつまでもあなたが残り続けます。

あの人から一方的に別れを告げられる前に、先手を打ちましょう。

目次

男性は一度別れてみないと彼女の存在の大きさになかなか気づけない理由

付き合っている間は愛されていると信じて揺るがないから

男性が、別れて見ないと彼女の存在の大きさに気づけないのは、付き合っている間は、「俺は100%愛されている」と信じて揺るがないためです。

交際中、多くの女性は、「本当に愛されているのかな」「彼にとって、ワタシはどれほど重要な存在かな」と思いの強さに敏感で、愛情の深さを図ろうとします。

男性の場合は、相手の気持ちを疑う事はほとんどなく、「付き合っているのだから、愛されているのは当たり前」「もちろん、自分も彼女の事は好きだから、言わなくても分かるだろう」と考えているはずです。

トラブルが起きる時女性は、自分の事に関しては「察して欲しい」と思い、相手への要望は「言葉で伝えて欲しいほしい」と考えます。

男性は、「自分の事は分かってくれているはずだし、相手の事も理解している」と自信満々で感がているため、すれ違いが起こるのです。

交際しているという事実は、気持ちが伴っているという大前提があるので、疑う事がありません。

失った時に初めて、「気持ちが通じ合っていると思っていたのは、自分だけだったのか?」「不満何て一言も聞かなかったけど、どうしてだろう」と驚きます。

理解しようとする歩み寄りが足りなかったことに気付くので、「もっと大事にすればよかった」と後悔するところです。

独占欲が満たされることで自分の一部と感じてしまうから

離れた時に彼女の大きさに気づくのは、付き合っている時には、独占欲が満たされているため、自分の一部だと感じてしまっているからです。

男性は、恋人の事を、パートナーという感覚よりも、「自分のもの」「所有物」「俺だけの宝物」と思う傾向にあります。

彼女の事は、何でも思い通りになると考えているので、相手の意思確認を怠りがち。

会いたい時、どこかへ出かけたい時、「自分が好きな子と一緒に過ごしたいから」という動機が大きな原動力です。

仕事で忙しい日が続けば、彼女がどれだけ会いたいと言っても「時間がないから仕方がない」と聞く耳を持たない事も。

関係が終わると、いかに自分が一方的に彼女を振り回していたのに気付き、願望を受け入れられていなかったという事実に気が付きます。

別れを告げられたり、自分が見切りをつけたりした後で、独りよがりだったことを後悔し、「もっと大事にすればよかった」と悲しくなるのです。

愛し続けていれば上手くいくと思うから

別れてから初めて元カノの存在が大きい事に気が付く理由は、愛し続けていれば上手く生き続けると思っているからです。

交際中の男女間に必要なのは、愛。

愛し続けていれば、思いは通じ合えていると考えます。

確かに、愛情は大切ですが、それぞれの意見が違う時には、向き合って話し合う事も必要だし、ぶつかって価値観を引き出しあう事も重要なポイントです。

愛を送っていれば上手くいくというわけでもないはず。

男性は、一筋に愛し続けていれば、関係は揺るぎなく安定し、上手く生き続けると考えています。

絶対的な自信があるので、彼女が不満を持っている事にも気が付けません。

歩み寄る為には、相手が何を考えているか、意識を向けて耳を傾ける事。

彼氏の方だけが愛しているだけでは、関係も一方通行となってしまうのです。

失った時に、コミュニケーションや相手の気持ちを受け取る事も必要だと分かるので、彼女との関わり方にもっと工夫が出来たと気付き、後悔します。

付き合っている時には追いかける努力を止めて仕事に集中してしまうから

いなくなってから大事な存在だと思う理由は、付き合っている時には追いかける努力を止めてしまい、やらなければならない仕事に集中してしまうからです。

男性にとって、仕事はアイデンティティであり、生きがい。

恋愛は、自己肯定感を高めるものであり、満足感を得るものです。

どちらかといえば、娯楽やプラスアルファのものといった感覚でとらえている人が多いのも事実。

マストとして毎日否応なしに追い込まれるものと、心を満たすためのプラスアルファの幸せ、どちらを優先させるかといえば、多くの人は仕事を選択します。

人間は本来、幸せになるために生きているのですが、経済社会の中で生き抜くためには、ビジネスは必須です。

付き合っている人がいれば、ひとまずは認めてくれている人がいるという安心感を得ることが出来るので、今まで必死に追いかけてきた相手であっても、恋人になった途端、愛を注ぐ度合いが少なくなります。

釣った魚にえさをやらないとは、よく言われますが、必至に社会の中で戦っている男性にとっては、優先順位が低くなってしまうのは仕方のない事です。

付き合う前までは必至でアプローチしていた相手にも、恋人になれば放置してしまうので、気持ちは変わらなくても、愛想をつかされてしまいます。

破局した後に、自分の行動が変化していたことに気が付くのです。

恋愛の相手はいくらでもいると思ってしまうから

恋人ではなくなってから、ようやく存在の大きさに気が付くのは、恋愛の相手はいくらでもいると思ってしまうからです。

男性は、どんな時でも、とにかくモテたいと考えています。

世界の人口の半分は、生物学上、女性です。

付き合っている時には、特定の人物からの想いを受けている安心感から、「この子がだめでも他にいくらでも女の子はいる」と調子に乗ってしまいます。

他の女性に体の関係だけを求めてしまう事もあれば、彼女の扱いが酷い人も。

この時にはまだ、「いくらでも恋愛の換えは利く」と考えているのですが、付き合っていると、気持ちの本気度が高まっていくのと同時に、他の人ではいけなくなっているという事に気がつきません。

離れた時に初めて、「本気で好きなヒトには敵わない」と実感するため、いかに彼女が大切な人だったのかを実感します。

男が別れを引きずっている時に見せる態度や振る舞い

ご飯が食べられなくなる

男性が別れを引きずっている時には、ご飯が食べられなくなるという態度や行動が視られます。

女性は、心理状況が表情や言葉に出やすいですが、男性は日常の行動に表れるのです。

毎日の食事は、生命を維持するため、また次の日のパフォーマンスをベストな状態にするためにも、必要なエネルギーチャージ。

プチ断食やファスティングが流行ではありますが、何日もまともに食事が出来ない状態が続けば、健康状態を害してしまいます。

男性が、破局をきっかけに心を病んでしまえば、生きていくために重要な食事に大きな影響が出るのです。

「美味しい」と思う事が出来ず、固形物を飲み込むのも難しくなるため、食欲も落ちていきます。

食べる気力が湧かないので、痩せこけてしまい、声はか細くなり、覇気が無くなってしまうため、明らかに様子がおかしいと察知した周囲から心配されるほどです。

笑えなくなる又は笑顔がぎこちなくなる

男性が破局を気にしてしまっている時には、笑えなくなったり、笑顔がぎこちなくなるという変化が起こります。

心とカラダは、基本的に一致しているもの。

嬉しい時には、自然に笑みがこぼれるし、悲しい時には涙があふれてきます。

正直に表現すれば、心もすっきりするのですが、素直さが欠けているのが現代の人です。

感情が泣いているのに我慢して笑おうとしたり、平気なふりをしたりするので、心の状態が読みにくいと感じる事もあります。

しかし、辛い時や後悔している時には、やはり心からの笑顔は出せないものです。

女性は、一般の人でも女優と言われているぐらいですから、『顔で笑って心で泣いて』という状態を作る事も出来ますが、男性には不可能。

無理してニコリと笑おうとしても、ぎこちなく表情がこわばったり、笑顔を作っていても、一言も楽しいという言葉が出てこなかったりします。

恋人と別れた後に、ぎこちなさが出てくる男性であれば、「心から笑えていない」というのが、目で見てわかるはずです。

元カノの話題や名前に敏感に反応する

破局を引きずっている時の男性は、元カノの話題や名前に敏感に反応して、動きが止まったり、目で追いかけたりしてしまう、という態度が見られます。

男性にとって、彼女の名前は特別なものです。

何度も愛しい人の名前を呼ぶことが、愛を実感出来る一つの行動でもあります。

女性は、友達に戻れたら、今まで通り呼ぶことに何も抵抗を持たないという人も多いですが、男の人は、「別れたら、もう軽々しく名前を呼ぶことは出来ない」と考えるところです。

よそよそしく苗字呼びになったり、何も言えなくて「あの」と話しかけたりするようになります。

好きなヒトとイコールの価値を持つ名前は、彼の中で簡単に忘れられるものではありません。

周囲で話題が上がったり、誰かが呼び止めたりするだけで、動きが止まったり、つい目で追いかけたりと気にかけている事が態度に表れます。

「あの子は、今何をしているのかな」「呼ばれていたけど、気付いたかな」とつい、その後の様子まで、気になってしまうのです。

すっかり気持ちを切り替えられている人なら、その他の人と同じ扱いとなるので、名前を聞いたくらいでは反応しなくなります。

男友達と頻繁に予定を入れる

破局したことを気にしている時には、男友達と頻繁に予定を入れて遊びに夢中になるという行動を起こします。

男性は、あれこれ平等に気にかけて行動するのは、難しいもの。

マルチタスクが出来ないので、恋人がいる間は、友達と遊びに行く事は減るというのも珍しくありません。

彼女がいても、友達と遊びに行く事が好きなヒトは、デート頻度が減っても気にしていなかったり、連絡が取れなくても平気だったりするので、女性側からすれば「もっと大事にされたい」と思う人も。

彼女がいる間、我慢していた友達との関わりを、ここぞとばかりに回収しようと、遊びの予定をたくさん詰め込みます。

しばらくすると落ち着いて、日常のルーティンが固定していくものですが、それでも尚予定を詰めようとするのは、別れを気にしている証拠です。

誰かと一緒に居なければ、別れた子の事を思い出してしまい、寂しくなってしまうから。

楽しいことに没頭する事で、悲しみから目を背けようとしています。

LINEの返事が遅くなる

「元カノから誕生日メールやラインが届く」ことの意味1

破局したことを引きずっている男性は、lineの返事が遅くなるという態度が見られます。

継続して友達の状態を続けられていたり、連絡を取り合う事が出来る関係という前提ですが、気にすることが無ければ即レスしてもいいはずです。

仕事の関係で、返信が遅くなるのは仕方がありませんが、それを考慮してもまだ、「呼んでくれているのに、まだ返ってこない」と感じる時には、頻度を調整している可能性が高いと言えます。

今までと同じように、即レスポンスを繰り返すやりとりをしていれば、また好きになってしまいそうと考えているため、頻度をできるだけ遅くして、やりとりする回数を減らそうとしているのです。

どちらから別れたにしても、「カノジョではなくなったのに、頻繁にラインのやりとりを行うのは、おかしい」と考える人は多くいます。

「別れてよかったのかな」「きっと正解だったんだ」と迷いながら納得しようとしている時には、離れた選択を正当化するために、再び好きにならないように気を付けるところです。

彼氏に未練を残させる別れ際の態度や言葉

明るく笑顔で「いつかまた会おう」

未練を残させる別れ際の態度や言葉は、明るく笑顔がポイントで、「いつか、また会おうね」と未来に向かって歩き出す事です。

恋人同士が破局するという瞬間は、決して明るい話題でも、嬉しいものでもありません。

別れを告げる側も、受け取る側も、辛く悲しい気持ちになるものだし、心は傷ついてしまいます。

切り出した彼も、「傷つけたくないな」「きっと修羅場だな」と覚悟して伝えてきているはずです。

ところが、あなたからは、明るい表情が返って来て拍子抜けするはず。

「彼女はもう、未来に向かって歩き出している」「既に、前に歩みだしている子だから、いつかまた会う時には、もっと素敵になっていそう」と遠くへ旅だってしまうような淋しい想いを抱きます。

男性側からのお別れの話だったとしても、彼女に置いて行かれてしまうような孤独感を味わうのです。

「この子の方がよっぽど、精神年齢が大人だ」と実感する事で、「自分も成長して、男らしい姿を見せたい」「必ずまた会いたい」と思うようになります。

引き留めることなく彼の言葉を素直に受け入れる

別れ際に未練を残させるには、離れて行こうとする彼を引き留めるのではなく、告げられる言葉を素直に受け入れる事です。

終焉を告げる時には、相手も反発されることを予測しています。

離れようとはするけれど、彼女にはいつまでも好きでいてほしいと願っているもの。

面倒な事は嫌なので、縋りつかれたり、大泣きされたりしても、困ってしまいます。

彼が求めている反応は、悲しみながらも、真摯に受け入れてくれる姿。

だからこそ、言葉を受け入れ納得しようとする姿勢は、好印象を残します。

ただし、軽く「いいよ」「OK」等と応えてしまっては、別れを喜んでいるようにも受け取られてしまうので、未練どころか怒りを買ってしまう事も。

静かに彼の言葉を聞きながら、「あなたはそうする事が、一番いいと思うんだね」と一番の理解者として受け入れようとする姿がベストです。

「悲しい気持ちを抑えて、受け入れようとしてくれている」「僕のために、我慢してくれている」と感じてもらう事が、後に未練を生み出します。

感謝の気持ちを心を込めて伝える

別れ際に未練を残す方法は、感謝の気持ちを、心を込めて伝える事です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

人が出会い、好きな感情を抱き、交際に発展できたという事は、奇跡とも言える事。

とても幸せな時間を過ごせたはずです。

愛されている事を実感していた時の幸せな気持ちや一緒に楽しい時間を共有していた時の心がワクワクする感情、全ては彼が想ってくれていたからこそ。

ここで終わりになってしまうけれど、少しでも幸せを味わう事が出来たのは、彼のおかげなのです。

交際が出来た期間に、尽くしてくれた行動や気持ち全てに、「ありがたい」「嬉しい」という気持ちを抱き、そのまま言葉にして伝えましょう。

感謝の言葉というのは、どんな場面で聞いても、嫌な人はいません。

あの人自身、それほど大事な時間だったと気付いていない場合も多いはずです。

あなたが言葉にして伝える事で、今までの時間を振り返るきっかけになり、「とても大切な人を失ってしまったのかもしれない」「本当は手放してはいけない人だったのかも」と未練を抱き始めます。

他人同士が意気投合し、幸せな時間を過ごせたというキセキを実感できれば、どれだけ深い縁だったか気付くのです。

不満は一切言わない

未練を抱かせる別れ方は、不満を一切言わない事です。

終わりの時こそ、少し二人の歴史を振り返って話をする事もあるはず。

彼は、「これで終わり」と思っているので、これまでは言えなかった不満や、心に残っている引っ掛かりを「ここぞ」とばかりに吐露してくるかもしれません。

ここで、売り言葉に買い言葉でケンカとなってしまっては、最悪の最後となり、二度と縁が結ばれることはないし、今までの幸せだった日々も全て最悪の思い出に変わってしまいます。

彼が伝えてくる不満には、笑顔で「ごめんね」と軽く流しておき、あなたの口からは楽しかった記憶ばかりを伝えるようにしましょう。

「こんなことがあったよね」「あの時は面白かったね」「楽しかったから、もう一回行きたいな」など、笑顔で話をする事です。

あなたの口から楽しい思い出ばかりが紡ぎだされることで、「不満に思っていたのは、ほんの一部分だった」「こんなにも幸せな思い出があった」と二人の時間が貴重だったと気が付きます。

「彼女の中では楽しい時間ばかりだったんだ」「小さな不満を抱いていたのは、僕の器が小さかったのかもしれない」と思うことで、未練を抱くのです。

ハグや握手をする

未練を抱かせる別れ方は、ハグや握手をする事です。

挨拶などで、ボディコミュニケーションを行う習慣がない日本人にとっては、触れ合いは「恋人の特別に許可を得られている方法」と感じている人も少なくありません。

気持ちが冷めている別れの時には、わざわざ触れ合おうとしないものです。

体の一部でも触れ合う事は、話し合いだけの時とはまた、違う印象を残します。

彼からの提案を受け入れ、別れる事を決意した後、ハグや握手などで相手のボディに触れましょう。

体温を感じる事で、「これが最後か」と思わせる事です。

完全にパーソナルスペースに入る事で、どれだけ心許していた人物かを実感します。

無意識のうちに、大切な人だと体に刻み込んでいるのです。

離れてしまう事で、最後の感触をいつまでも覚えてしまい、思い出すきっかけを作ります。

【例文あり】彼が思わず振った事を後悔する彼女からのLINE

「二人で過ごした時間は、とても楽しかったよ」と思い出の写真付きメッセージ

振ったことを後悔する彼女からのLINEは、「二人で過ごした時間は、とても楽しかったよ」と文章と共に、思い出の写真付きで送る事です。

思い出は、記憶の中に眠っていますが、時間の経過とともに忘れてしまうもの。

写真を残していれば、見るだけで当時のその瞬間を思い出します。

別れを考え始めたころから、彼は写真を見て思い出に浸るという行為は、あまりしてこなかったはずです。

離れたいと思っているわけですから、楽しかった記憶を思い出しても決心が鈍るだけだから。

とても楽しかったことを思い出すきっかけとして、写真付きメッセージで、ウキウキした文章を見る事で、「二人にはまだ、やり直す方法があったのかもしれない」「もっと楽しい記憶がたくさんあれば、乗り越えれた問題だったかも」と後悔するきっかけになるのです。

写真に残っている笑顔は、確かに幸せだった自分を映し出しています。

「こんな顔して笑っていたっけ」「この時は、別れるなんて思ってもみなかった」と月日の流れと気持ちの変化を実感し、自分だけが変わってしまったのだと感じるところです。

「あなたほど好きになれた人はいないよ」

カレが振ったことを後悔するラインは「あなたほど好きになれた人は、いないよ」という文面です。

男性は、恋愛において、カノジョの最高の男になりたいもの。

常に、トップでいたい願望を持っています。

今までの恋愛でも、これから出会う人も含めて、一番でいることが、何よりも名誉だと感じるのです。

他の人よりもダントツに愛を注がれていた事を伝えられれば、「ここまで想ってくれる人は、他にいないかもしれない」と考えるようになります。

「彼女に、いったい何をしてあげられただろうか?」と付き合っていた日々を振り返り、何気ない日々が、いかに、恋人にとって幸せだと感じてもらえていたかを知るはずです。

「他の恋愛もしてみたい」という好奇心もありますが、一番愛されたいという願望も捨てきれません。

「そこまで愛してくれていたのなら、手放すべき人ではなかったかもしれない」と、カノジョから向けられた愛の深さに未練を感じます。

「あなたに愛されて、これ以上ないくらい幸せだった」

「あなたに愛されて、これ以上ないくらい幸せだった」というライン文章は、彼に後悔を抱かせます。

女性の幸せは、愛されること。

そう言われることもあるほど、好きなヒトから想われることは、幸福感と直結しています。

恋人同士になれば、好きな気持ちは大前提として過ごしてしまいがちですが、一人の人に愛情を注ぎ続けるのは、とても素敵な事です。

言葉一つ、細やかな行動にまで、「大切にされているな」と感じられる瞬間があると、「この人と付き合えて幸せ」と実感できるもの。

美味しいご飯を食べている時や、疲れた体でベッドに横たわった時など、一日の中でもホッとする瞬間や幸せを感じられる場面はありますが、恋人に愛されることほど充実感がえら得るものは、他にないと言えます。

これからも、記憶に残り続ける相手だとアピールし、満たされた心の状態を伝えるのに、最適な言葉です。

「相性が良かったのかもしれない」「付き合っているだけで、ここまで幸せを感じてもらえていたんだ」と思うことで、「これからの未来も切り拓ける可能性はあるのかな?」と考え始めます。

「あなたが教えてくれた悪い所を頑張って直して、いい女になるね」

後悔させるラインは、「あなたが教えてくれた悪い所を、頑張って直して、いい女になるね」という宣言です。

別れ話をする時には、「君のここがダメだと思う」「合わないと思う原因は、こんな瞬間だった」と不満をぶつけられる事もあります。

かなりショックな言葉ですが、彼に後悔させるためには、チャンスとも言えるのです。

彼が指摘してくれたことは、あなたが成長するためのヒント。

言われたことを課題として掲げ、クリアしていく事で、確実にいい女になるわけです。

振ったばかりの時は、上手くいかない原因として突き付けているだけかも知れませんが、あなたが前向きに課題に取り組む姿勢を見せる事で、成長する伸びしろを見せる事が出来ます。

「最初から、言葉で伝えればよかった」「もっと早く言えていたら、成長した彼女と一緒に居られた」と後悔し始めるのです。

カノジョが成長すると、一緒にいる男性の株も上がるというもの。

男としての価値も高まり、素敵な彼女になればなるほど、彼の幸福度も高まります。

二人で過ごす可能性を思い描かせることで、別れは時期早々だったかと後悔するはずです。

「お互い幸せになろうね」

「お互い幸せになろうね」という言葉は、とてもポジティブな気持ちを抱かせ、振ったことを後悔するきっかけを作ります。

別れた事に不満を抱いているわけでもなく、前向きな姿勢で捉えていることに、まず交換を抱くはずです。

振った相手の幸せまで願う、優しい言葉は、あなたの人間性の大きさを窺わせます。

今の状態のままでは、傷つけあう関係かも知れないけど、幸せになる覚悟があるのなら、どんな間柄でも明るい未来を作り出せるものです。

ラインの文面を見た瞬間、彼にとっての幸せとは何だろうかと考え始めます。

今までの関係では、何が足りなかったのか、追求が不足していたと気が付くわけです。

思いやりや許す事、個性を受け入れる事や考え方の違いから学びを得る事など、幸せは自分で作り出すことが出来ます。

「もっとカノジョから学べることが沢山ある」「近くにいると幸せになる方法が見つけられそう」と未来に希望を抱けるところです。

男性のプライドを傷つけダメージを与える別れ方

「あなたより幸せになって見せるよ」

男性のプライドを傷つけて、ダメージを与えてしまう別れ方は、「あなたより幸せになってみせるよ」という言葉を伝える事です。

よくありがちな言葉のようですが、こういわれてしまうと「遅れを取りたくない」「負けたくない」という勝負心に火がついてしまいます。

愛し合っていたはずの相手に、ライバル心を抱き、どっちが幸せになるか競い合うのは、悲しい姿です。

お互いに切磋琢磨するつもりで女性側は発する場合が多いですが、受け取る側はライバル宣告として聞いてしまいます。

「いやいや、俺の方から振ったんだから、こっちの方が幸せになる」と交際を踏み台にしてまで先に進もうとするのです。

「付き合っていた時に、幸せになれなかった」と言われたようにも感じるため、プライドも傷つきます。

男性は、傷つける相手には絶対に負けたくないという防衛本能が強く働くので、あなたに対しては敵対心しか抱かなくなるわけです。

今まで楽しかったことも、全て「どうせ幸せではなかったんだよね」と投げやりな記憶となり、全て忘れてしまおうとします。

「あなたがいなくなったら誰が荷物持ちしてくれるの?」

男性のプライドを傷つけるのは、「あなたがいなくなったら、誰が荷物持ちしてくれるの?」という言葉を投げかける事。

「別れたくない」「どうにかしてこの話を阻止したい」と必至になって、拒絶しようとしている時には、適切な言葉が選べなくなることもあります。

女性側は、何でもいいから理由をつけて、「あなたは私の傍に居るべき人」と伝えたいだけなのに、言い方が悪いおかげで、最悪の別れとなってしまうのです。

「荷物持ち」や「セックスの相手」、「ご飯に連れて行ってくれる人」など、役割を持たせて、別れる事で自分の世話をしてくれる人がいなくなると言ってしまうと、男性側は「俺は、何のために一緒にいたのかな」と落ち込んでしまうのは当然のこと。

「好きだったんじゃないの?」「ただの荷物持ちだったの?」と彼女の事を信じられなくなり、復縁はもっての外で、今後友達関係に戻る事も難しくなります。

「そんなに好きじゃなかったから良いよ」

確信してOKな友人の行動2

プライドを傷付ける別れは、「そんなに好きじゃなかったから、いいよ」という受け入れ方です。

女性でも、強がって気持ちとは反対の言葉を言ってしまう事があります。

好きなのに「嫌い」、離れたくないのに「せいせいする」など。

あまのじゃくな言葉で、付き合っている最中のラブラブ期には「素直じゃないな」「可愛いな」と想われるかも知れませんが、終わりの時に言ってしまうと、最悪です。

「好きじゃなかったから、別れるのは平気」と言われると、「もっと早く終わればよかった」と顔を見るのも嫌になります。

別れ話の時は、相手も余裕があるわけではありません。

いつもの「素直じゃないな」と思える状態ではないので、言葉のままに受け取ってしまうからです。

「どうしてこんなにかわいくない人と、いつまでも付き合っていたのかな」と、別れ話に悩んでいた自分の気持ちすら、腹立たしくなってしまいます。

プライドも傷つけられるだけでなく、「最悪な女と束行ってしまった」と、汚歴史として記憶から抹消しようとするはずです。

嫌だったところや不満を羅列する

プライドを傷つける別れ方は、嫌だったところや不満を羅列する事です。

付き合ってきた二人の最後という大事な場面だからこそ、今までの不満をぶつけたくなる気持ちが沸き上がるのも、仕方がありません。

好き合っていた二人が終わりを迎えるのは、完全にどちらか一方が悪いというわけではなく、お互いに努力が足りなかったり、理解が不足していたりするもの。

「終わりにしよう」という言葉に反発するように、心の中に溜まっている不満をぶつけると、相手も同じかそれ以上に返してくるのは当然です。

最悪の記憶となるだけでなく、大切に思い合っていた時間も無かったことになり、言葉が乱暴になるにつれ、お互いの印象も最悪に。

嫌なところを伝えられると、穏やかに終わらせようと思っていたとしても、腹が立つし、反発したくなります。

プライドを傷つけられるだけでなく、好きだった人から嫌われるという結末に、衝撃を受けるはずです。

「出会ったことが間違いだった」「今まで楽しかったと思っていたことも、全てまやかしだった」といい思い出まで無かったことにされてしまいます。

自分から別れを告げる

別れたくない時の行動②1

傷付ける別れ方は、相手からの話なのに自分から終わりを告げる事です。

途中で、話を奪い取るパターンとも言えます。

カレは、付き合っている彼女にどう切り出そうか、本当にもうやり直すことは出来ないのか、真剣に考えて結論を出したはずです。

「どう伝えれば、傷が浅くて済むかな」「出来れば、もっといい恋愛をして欲しい」と希望さえも抱いているに違いありません。

女性を泣かせるかもしれない事を告げるのは、男性にとって勇気が必要な事。

意を決して胸中を伝えているのに、彼が言葉を言い終わる前に、かぶせるように「分かった、別れたいんだよね」「いいよ、そうしたいんならすればいい」と最後まで言わせてあげない事は、プライドを傷つけてしまいます。

やっとの思いで言葉を紡いでいるのに、半ば投げやりに受け取られてしまっては、真剣に悩んできた時間が無駄だったと感じてしまうからです。

逆切れとも言えるこの行動は、女性側の品位を落とすだけでなく、「二度と関わりたくない」と思うきっかけともなります。

心の中を温かくしよう

大好きな人との別れは、どんなに頑張っても辛いものです。

免れない事実としてやってくるなら、せめて記憶に残る女性になりたいと願います。

彼に未練を抱かせて、引きずる別れ方をするなら、終わりのその瞬間に、相手の心を温かくしてあげることが大切です。

楽しかった記憶で埋め尽くし、希望を抱いてお互いの幸せを願えるように終われれば、「あんなに素敵な子はいなかったな」といつまで経っても心の中に残る、美しい記憶の存在となりますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事