「重い」と言われたけれど復縁できる?元彼の本音と冷却期間&復縁を成功させるためにすべきこと
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

「重いと元彼に言われてしまったけれどやっぱり彼が好き…復縁できる方法ってあるのかな」

そんなあなたへ、彼の本音や復縁までの冷却期間を解説します。

「何をがんばったらいいの?」「彼にもう一度振り向いて欲しいけれどどうしたらいい?」という人にも復縁を成功させるための方法を紹介してるので参考にしてみてくださいね。

目次

彼から「重い」と言われてしまった…彼の本音について知っておこう

君のことは僕では幸せにできない。自分の手には負えない

付き合っていて、男性が彼女のことを「重い…」と感じる心理って、いったい何なんでしょう。普通に愛し合っている男女であれば、相手からの愛情に感謝の気持ちを持つことはあっても、重いと感じることはありません。

やはり、重いと感じるのは、相手が自分に向けてくれる気持ちほど、自分は相手を愛していないという自覚があるから、ではないでしょうか。

たとえば、公園にあるシーソーを思い浮かべて下さい。

自分と相手の体重が同じくらいであれば、どちらかに大きく傾くことはありませんが、片方の人の方がずっと重ければ、ぐっとそちらに傾きますよね。

付き合っているのに、一人が相手の気持ちを重いと感じるとき、二人の関係において、心理的にこのシーソーのようなことが起こっています。

実際のシーソーでも、相手が重すぎて、自分だけがいつも宙高く浮いたままだと、怖いですし、居心地が悪いですよね。相手がいきなりそこからどければ、勢いよく地面にたたきつけられるかもしれない、という不安もあるでしょう。

シーソーが楽しいのは、お互いに上がったり下がったり一緒に楽しむから。同じくらいの体重でなくても、工夫すれば、シーソーで楽しむことって十分可能ですよね。

恋愛関係も同じなのです。

相手に重すぎる愛情を向けられると、自分が自由に身動きができなくなって苦しいし、結局は自分は相手に振り回されているような気持ちにもなります。

深すぎる愛情を受けた側は、複雑な気持ちが入り混じった気持ちを抱いてしまうでしょう。

あまりに激しい愛情や、ドバドバと与えられるだけの愛情に対して、息が詰まるような気がすることもあるでしょう。

そしてついに、「この気持ちに自分は同じように応えるのはムリ」「自分にこの人は手に負えない」と逃げ出したくなることもあるのです。

相手からの愛情の重さで、どこか追い詰められた気分になってしまうことって、だれにでも起こりうること。恋愛ばかりに集中していられないと考えている人ほど、「自分は相手ほどの愛を返すことはできない…」と思うのではないでしょうか。

視野の狭い考え方についていけない。鬼気迫った顔も怖い

一人の男性を愛するあまり、周りが一切見えなくなるタイプの女性もいます。

そういう「猪突猛進」のような愛され方をされると、最初は「こんなに愛してくれて嬉しい」と思っていたとしても、だんだんと自分しか見えていない、その視野の狭さにうんざりしたり、怖くなってくることも…。

周りが見えていない人って、なぜかいつも鬼気迫った怖い表情をしていることも多いですよね。のめりこみすぎているから、自分がどんな表情でいるのか、気づくことができないのかもしれません。

そこには、こちらがほっと癒されるような笑顔もありませんから、男性も緊張を強いられてしまうことも。

あまりに一人の男性への愛に溺れてしまうと、女性の方も余裕がなくなり、そういう固い、思いつめた表情になってしまうのではないでしょうか。

ただ、男性からすれば、そんな女性と付き合っていても、恋愛をしている楽しさもうれしさもありませんよね。

男性は女性の愛らしい笑顔が好きなのに、いつも自分を監視するような、厳しい表情をされていたら、怖くなって逃げ出したくなるのも無理はないのではないでしょうか。

何でも決めつけたり押し付けたりしないで欲しい

男性を好きになりすぎて、まるで母親のように「ああした方がいい、こうした方がいい」と、口出しをし、相手を支配しようとするような行動をしてしまう女性もいるでしょう。

恋愛では、男女は対等な関係でないと、どちらかがムリをして相手に合わせたり、息苦しさを感じるだけ…。

特に、男の人は、あれこれ指示されて動くのを好まないタイプの人が多いです。

女性の方は、男性のことを愛し、心配するあまり、ついアドバイスと思って口出ししたり、自分の意見を押し付けてしまうのですが、そういう行動は、男性にとっては余計な口出しと受け取られてしまうことも多いです。

なので、こちらが愛していればこそ、と思ってやっていることが、逆に彼にとっては「重い」とか迷惑な行為と思ってしまうのではないでしょうか。

特に完璧主義な女性は、気を付けないと、つい相手男性のアラばかり目に入ってしまって、口を出さずにいられなくなるので、注意した方がいいと思います。

結婚を望んでいるのはわかるけど、もっと自由でいたい。縛られたくない

男性が恋愛で一番「重い」と感じるのって、付き合っている女性からの「結婚したいアピール」でしょう。

まだまだ自分は結婚する気はないのに、相手からは結婚したいというプレッシャーをひしひしと感じる…。

たとえば、ちょっとした会話の中で、「そろそろ一緒に暮らしたいな~」とか、「○○ちゃんは結婚決まったんだって」などと、女性から結婚を意識させるような言葉を聞くだけで、「結婚をせかされている…」と感じる男性もいるでしょう。

そんなとき、結婚なんて全く考えていない男性ほど、追い詰められたように感じ、彼女のことを重く思えてしまうのです。

今の時代、男性にとって20代から30代前半くらいまでは、まだまだフリーでいたいし、遊びたい盛りということも多いです。人によっては、それが40代まで続くこともあります。

もちろん、一生結婚しない男性もいますが、だいたい、40才前後になってくると、女性の30前後くらいのように、「結婚したいな~」という気持ちになる男性も多いようです。

男性は、いくつになっても子供を作ることができると思っている(実際は男性側が原因の不妊もありますが)ので、結婚に対しての意識が女性よりも切羽詰まっていない部分があるのでしょう。

でも、女性の方は、妊娠・出産・子育てをする年齢のことなども考えると、そうのんきなことを言っていられないのも事実。

なので、同世代の男性と付き合っている女性としては、自分の結婚したい時期と、彼氏が結婚したい時期とはズレてしまうこともよくあること。

もちろん、最初から結婚を意識して女性と付き合う男性もいないわけではありませんし、付き合うときにそれを確認して付き合えば、一番いいのかもしれません。

でも、自然に魅かれ合って両想いになったときに、そんなことをわざわざ確認した上で付き合い始めることはあまりないですよね。

それに、付き合ってみないと、本当に相性がいいのかもわかりませんし、お見合いパーティーや結婚相談所などでの出会いでなければ、結婚前提でのお付き合いって、なかなかな難しいかもしれません。

でも、女性は付き合い始めて、相手への愛情が深まっていくと、すぐに「結婚したい!」と思ってしまうところがありますよね。

ですが、男性の方は結婚なんて全く考えておらず、ただ恋人として気楽に付き合いたかっただけなら、そこに気持ちのズレが生じ、彼女の結婚願望が重く感じられるようになるのです。

それに、男性からしてみれば、結婚して家族を持つということは、たとえ共働きするとしても、家族を養っていくということ。やはり、独り身の気楽さとは全く違う責任感を必要としますよね。

なので、男性の実際の年齢や精神年齢によっては、大黒柱になって家族のために働くなんて、まだ荷が重いと思っていることもあります。

もちろん、今は、女性だって男性と同じように働ける時代ですから、男性だけがそこまで思いつめることもないのですが、どうしても、家族を持つことに対して、責任や重圧を女性よりも感じる男性は多いと思います。

結婚となれば、「これからはお前が家族を養っていかないとな」なんて言ってくる、親世代など周囲からのプレッシャーもあるでしょう。

女性の方は、結婚式へのあこがれや、好きな人と一緒に暮らせる、というお花畑的な部分ばかりに目が行って、「すぐにでも結婚したい!」と思ってしまう人も多いと思いますが、こと結婚に関しては、男性の方がもっと現実的なのかもしれませんね。

将来のことまで考えていない。まだまだ他の人との恋愛もしてみたい

女性の方は「この人しかいない」と本気になったとしても、男性は恋愛相手の一人としか思っておらず、まだまだいろんな女性と付き合ってみたい、と思っていたら、自分との結婚を見据えている女性からの気持ちは重く感じるでしょう。

年齢的にも結婚なんてまだまだ先の話、と思っていて、まだ家庭なんて持ちたくない、身軽でいたいと考えていたら、「私と将来結婚する気はあるの?」なんて彼女から問い詰められたら、逃げたくなるのも理解できます。

女性の方も、交際ではなく、結婚がしたいなら、やはり同じように結婚したい男性と交際する方が、お互いのニーズが合うはずです。

そういう相手であれば、彼氏から「重い」なんて言われることもなく、とんとん拍子で話は進むでしょう。

結局、「重い」と言われてしまうのは、自分の望みと相手の望みにズレがあるから。

たとえば、全く結婚願望がない女性であれば、結婚なんてまだ先の話と思っている男性と付き合っていても、「重い」と思われることはないでしょう。

逆に、結婚なんてしたくないと思っている女性と付き合っていると、男性の方が「俺以外に、他にも付き合っている男でもいるのかな?」と疑心暗鬼になって、焦ってプロポーズしてくるなんてこともあります。

そんな風に、ニーズが違う相手と付き合わないというのは、重い女になるのを避ける、一番手っ取り早い方法かもしれません。

彼から重いと言われて復縁するための冷却期間

復縁の冷却期間の平均は1か月。それ以下では早すぎる

「重い」と言われた原因にもよりますが、それでも元カレとどうしても復縁したいなら、冷却期間を置くのは最重要。

もし、相手から「別れよう」と言われたとき、あなたが「別れたくない」と泣いてすがれば、本当にウザがられて、今後、復縁のチャンスは消えるでしょう。
なので、いったんは別れて、復縁を目指して冷却期間を置くのがベスト。

もし、「重い」と言われたことが原因ではない別れであっても、復縁するためには、最低でも一か月は彼に連絡を取らず、放っておくことが必要です。

男性の方も、すぐにまた元カノから連絡をよこされては、すぐにまた頭に血がのぼって、「俺たち、別れただろ!」と言いたくなりますし、ここは彼も頭を冷やす時間が必要と思って、割り切った方がいいのです。

あなたの方も、冷却期間と思えば、別れのショックのあまり、行き過ぎた行動に出ることを控えることができるでしょう。

別れた直後って、突発的に決してやってはいけない行動をとりそうになるもの。
たとえば、元彼の会社の前でまちぶせしたり、部屋に押しかけるなど、「ストーカー」として警察に相談されてもおかしくないことをやってしまうこともあります。

でも、お互いのための冷却期間と思えば、我慢もできるでしょう。
逆にこれくらいの忍耐がなければ、恋愛する資格はないのです。恋愛関係って、時には自分を律することも必要になってきますから。

「重い」という理由から振られたときは三ヶ月は冷却期間が必要

「重い…」と言う理由で、元カレに振られた場合は、最低でも三か月間くらいは、冷却期間を置きましょう。

重いという理由ではない別れだとしても、一か月は冷却期間を置いた方がいいのですが、重いと言われた場合は、元彼の方の気持ちが変化していくためには、さらに長い時間がかかるでしょう。

逆の立場になって考えてみてください。

もし、あなたがある男性と付き合っていて、彼の愛情やあなたに対する期待が重すぎて、あなたから別れを告げた場合、一か月くらいで、その男性との復縁を考えるでしょうか?

答えはNOだと思います。

重いと感じる相手と別れて一か月目くらいは、開放感でいっぱいのはずです。

そんなときに、相手から復縁を迫られたら、うんざりしてそれこそ相手をストーカー扱いしたり、とにかく「怖い、もう逃げたい」という気持ちになるのではないでしょうか。

一度そう思われたら、もう復縁のチャンスはなくなってしまうでしょう。
ですから、重いと言われて振られたときは、慎重になりましょう。

まず、元カレには十分な解放感を味わってもらうのです。そんな元カレが、寂しくなるのは、もっと先のことでしょう。

ただ、元カレがものすごくモテるタイプの男性であれば、すぐに次の彼女を作るかもしれません。

そういう場合は、残念ですが、こちらも元彼との復縁は望まず、別の出会いを探した方がいいと思います。それ以上元カレにこだわると、本当にストーカーになってしまいます。

いい女になるためには、要所要所で、きちんと気持ちの区切りをつけることも大切なのです。これも一つの修行と思って、歯を食いしばってあきらめましょう。

彼が別れを後悔するための3ヶ月をあげよう

元カレがそこまで女性からモテるタイプでもなければ、そう簡単に次の恋人なんてできないもの。

そして、それまで恋人がいた男性が、一人になった解放感を楽しめるのも、せいぜい一か月から二か月でしょう。

三か月も経てば、独り身の寂しさがじわじわとやってくるころです。

ずっと彼女がいなかった男性より、恋人がいた男性の方が、一人になったときに人恋しさを感じるものです。

そして、
「元カノのこと、重いとか言ったけど、オレは愛されていたんだな…」と気づくこともあるでしょう。

そういう意味でも、三か月って、彼自身に内省を促すにはちょうどいい期間なのです。

「復縁の冷却期間」についてはこちらの記事でも詳しく解説しているので、併せて読んでみてください。

もちろん、この三か月を女性側もただ元カレの変化を待っているだけで過ごしてはいけません。それについては次で見ていきましょう。

あなたの方も、冷却期間の3ヶ月で変わる努力をすることが大事

重いと言われて別れることになったなら、あなたの方から、元カレに連絡するのも会うのも三か月は控えましょう。

同僚などであれば、会社などで顔を合わせるのは仕方がないかもしれませんが、会っても素知らぬ顔を通してください。

さて、元彼との冷却期間の三か月、あなたならどう過ごすでしょうか。

ただ元カレが寂しさに耐えかねるのを待っているだけですか?

三か月って、短いようで長いですよね。季節が一つ変わるくらいの長さです。

そして、あなたの方も、元カレとの付き合い方を振り返ってみるには十分な期間。

重いと彼から言われてしまった原因をまずは振り返ってみてください。

そして、もし彼と復縁したとしたら、次は同じことをしない自信はあるでしょうか。

それとも、復縁しても、「これが自分の愛し方だから」と、また同じように接するつもりですか?

本当に元カレと今後復縁して長く付き合いたいと思っているなら、元カレが重いと感じるポイントは直す必要はあるでしょう。

たとえば、元カレにはまだ結婚する気がないのに、結婚をせかして振られたのなら、復縁するということは、「結婚したい」というプレッシャーを元カレに与えないことが大切です。

もし、「それはできない、やっぱり結婚したい」という気持ちが強いのであれば、元カレのことはあきらめて、別の、結婚願望が強い男性を見つけた方がお互いの幸せのため。

たとえば、あんこが大嫌いな相手に、おはぎを無理やり食えというのは、相手の気持ちを全く考えない、非常識な行動ですよね。

自分はおはぎをおいしいと思っていても、相手にはそう思えないなら、それを強制するのは単なるイジメです。

結婚なんてしたくない相手に、結婚しろと迫るのは、そういうことに近い行為ではないでしょうか。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

それに、うまくいく結婚って、相手に強制しなくても、お互いの気持ちが高まって、自然と結婚へとたどり着くもの。不思議ととんとん拍子で話が進むものなのです。

ですから、元カレには結婚する意志がないのであれば、復縁後は、元カレが望む付き合い方をしなければなりません。そうなると、自分は本当の望みを隠して付き合わなければいけないので、苦しいと思います。

それを考えれば、そんな苦しい思いをせずに付き合える相手との出会いを新しく求めていく方が、建設的でしょう。自分にも負担をかけずに済みます。そのあたりは、よく考えてみてください。

彼から「重い」と言われて振られたけれど復縁したい時にすべきこと

自分から連絡はしないこと

重いと言われて別れた元彼と、どうしても復縁したいのであれば、自分からの連絡は控えた方がいいでしょう。冷却期間の間の最低三か月は、こちらかの連絡はやめましょう。

ただ、相手からの連絡を待つだけの日々は長く感じますから、自分磨きや交友関係を広げることに集中してみて。そうすれば、別の新しい世界が広がっていくこともあるかもしれません。

彼からの連絡を待つまでに自然な笑顔の練習をしておく

元カレと付き合っているときは、必死になりすぎて、柔らかい、自然な笑顔を忘れていなかったでしょうか。

元カレに対して、自然に包み込むような態度を見せることができず、逆にいつも追い詰めるような行動をしていたという反省があるなら、もっと女性らしい、優しい笑顔を自然に浮かべることができるようになっていたいですね。

そのためには、沢山本を読んだり映画を見て、純粋に楽しんだり感動したり、感情をみずみずしく保つことも大事。

そして、いろいろな人と話して、視野を広げてみましょう。そうすれば、表情も豊かになります。決して部屋に一人で閉じこもって、引きこもらないように気を付けて。

マイナスのおしゃれは上品に見せる。アクセサリーをつけすぎない

ジャラジャラとアクセサリーをつけるのは、自分を主張しすぎている感じがして、攻撃的な印象を与えてしまうことも…。全体的に、見た目の重さも感じます。

「重い」と言われて振られた場合は特に、見た目の印象も「軽さ」を意識してみましょう。

アクセサリーもシンプルなものを選びましょう。

イヤリングやピアスは大きめのものではなく、キラっと輝く程度で。
ネックレスも、細いチェーンの方が、首回りの細さを強調してくれるでしょう。
指輪もつけすぎたり、大きな宝石のものはやめましょう。

薄めの(に見える)メイクは男ウケしやすい。ナチュラルメイクの練習

ナチュラルメイクって、男性にとってはすっぴんに見えるらしいです。

女性からしてみれば、ナチュラルメイクって、「かなり高度なメイクをしてるのにな…」と分かりますよね。

でも、男性から見ると、「チークを入れすぎていない、黒々とマスカラを塗っていない、口紅の色が派手ではない、アイメイクが濃くない」、というだけで、すっぴんに思うようです。お気楽だなと思いますよね。

ただ、いかにもメイクしています、という濃いメイクより、ナチュラルメイクの方がオトコ受けするのは事実。

印象も派手なメイクより、自己主張を感じませんから、復縁するまでにナチュラルメイクをマスターしておくのもいいでしょう。

髪や爪など、体の先っぽのお手入れは自分を大切にするためにもGOOD

どんなに綺麗にメイクをしていても、髪につやがなかったり、ぼさぼさだったり、爪が汚かったりすると、美しい人には見えませんよね…。

髪や爪って、女性にとってはケアすることで自分のテンションもあがるパーツですから、さらに自分に磨きをかける意味でも、手をかけてみましょう。

彼から「重い」と言われた時に自分自身を変えるためのラッキーアクション

自分の視野を広げるためにも交友関係を活発化させる

元カレの気持ちになってみれば、あまりにもあなたが自分(=元カレ)のことしか見えていないのが、怖くなった部分もあるのではないでしょうか?

「そこまですべてを俺に賭けられても自信がない…」という弱気な気持ちに元カレがなってしまうのも、仕方がないことかもしれません。

そんな風に感じてほしくないと思うなら、あなた自身がもっと視野を広げることが大切。

この世界には元カレ以外にもたくさん男性がいますし、いろんな人と知り合って話をしてみることで、あなた自身も成長することができます。

別の出会いがあって、元カレのことを吹っ切れることもあるでしょう。
元カレのことばかり考えて過ごすのではなく、色々と視野を広げる活動をしてみましょう。

他の男性ともお喋りしたり、遊びにいったりしてみる

元カレとの復縁を目指すばかりだと、他の男性からのアプローチに気づけないかもしれません。

あなたがフリーになったことで、声をかけてくる男性もいるのではないでしょうか。それなのに、元カレとよりを戻したいからと、男性からのデートの誘いを断るのはもったいないです。

デートとは思わず、軽く遊びに行く程度なら、と、気軽にお出かけしたりするのもいいのではないでしょうか?元カレも、あなたが他の男性とデートっぽいことをしていれば、嫌でも気になるでしょう。

そういう意味でも、元カレに遠慮せず、どんどん他の男性とも楽しく遊びに出掛けてみましょう。元カレへの気持ちにも変化があるかもしれません。

「重い」原因はひとそれぞれ。しっかり自分を見つめなおして

重いと言われた原因は、いったい何なのか、自分を見つめなおしてみましょう。

例えば、自分に自信がなくて、つい精神的に元カレに寄りかかりすぎたのであれば、もっと精神的に自立した女性になれるよう、努力してみましょう。

根本原因をきちんと理解し、それを解決しなければ、また元カレと付き合えたとしても、同じ過ちを繰り返すだけです。そうならないためには、自分自身としっかり向き合って、乗り越えるところは乗り越えていきましょう。

自分と彼の関係はどうなりたい?理想の関係について考えよう

元カレとよりを戻すとしても、あなたはこの先、どういう関係を彼と作っていきたいのでしょうか?

たとえば、彼が重いと感じるなら、あまり頻繁に連絡を取り合ったり、会ったりせず、お互いに自由な関係でいることが、本当にあなたが望む理想の関係なのでしょうか?

彼の方はそれで満足かもしれませんが、あなたが我慢してしまうばかりなら、お付き合いすること自体、無意味ですよね。

そう考えて行けば、元カレとそこまでして復縁する必要はないのではないか、など、色々軌道修正もできるでしょう。

恋愛関係は、どちらかが相手に従属することではありません。
あなた自身の望みも大切にしてください。

結婚や彼に執着しすぎているならいったん、復縁の考えは捨てよう

結婚を迫って振られたとか、元彼に執着しすぎてウザがられた、というのであれば、いったん復縁の考えを捨ててみてはどうでしょうか。

そのままの考えで復縁したとしても、結局、また彼に執着しすぎたり、結婚できないことにいら立ちを感じてしまうでしょう。そういう意味では、彼との相性があまりよくないのかもしれません。

あなたがベタベタしてくれるのをウザがる相手ではなく、うれしいと感じてくれる男性もきっといますし、結婚を前向きに考えてくれる男性もいるはずです。

そう考えれば、元カレにこだわりすぎるのはもったいないと思います。
いったん、元カレ以外の男性と可能性も考えてみるのもいいのではないでしょうか。

彼に「重い」と言われて振られたのにやってしまうNGな行動

冷却期間が経たないうちにすぐ連絡してしまう

では、重いと言われて振られたのにやってしまうとNGな行動を見ていきましょう。

まず、冷却期間を十分に置くべきなのに、自分の気持ちのアップダウンに耐え切れず、連絡をしてしまうことです。

そんなことをしても、余計相手から強く拒絶されて、さらに気持ちが滅入るだけなのです。

こんなときこそ、忍耐力が試されていると思って、ぐっと我慢して自分から連絡しないこと。本当に復縁したいなら、「急がば回れ」なのです。

SNSへネガティブな気持ちを投稿する

元カレも知っているSNSに、ネガティブな気持ちばかり投稿してしまうと、元カレは自分への嫌味と受け取る可能性があります。

また、共通の知人から、元カレが悪人のように思われたり、逆に、あなたのことをうざくて重いめんどくさい女、と見てくる人もいるでしょう。

もちろん、リアルな友人や元カレが知らないアカウントで、鍵付きで思いのたけをつぶやくのは、ストレス解消になっていいかもしれません。

ですが、スクリーンショットを取られれば、いくら鍵付きであっても、内容が広まらないとは限りませんし、結局、不特定多数の人が見る可能性がある場合は、あまりネット上でネガティブなことを書かない方がいいのではないでしょうか。

どうしても吐き出したいときは、家にあるノートに書きなぐって、次の日には捨ててしまうのも、いいストレス解消法ですよ。

「ありのままの私を受け入れて欲しい」という気持ちに執着する

復縁しても自分は変わりたくない、ありのままの自分を受け入れてほしい、と元カレに対して思っているなら、復縁はしない方がいいです。

自分の気持ちはもちろん大切にした方がいいのですが、相手が嫌がること、不快に思うことを押し付けるのは違います。

ありのままの自分を受け入れてほしい、というのは、究極のわがままなのです。

向こうが、ありのままのあなたを受け入れられないから、「重い…」と言われて別れることになったのです。

そう考えれば、元カレがあなたに対して重いと思う部分は変えていかなければなりませんし、それができないのであれば、向こうから「ありのままのあなたがいい」と言ってくれる人と付き合った方がいいでしょう。

自分のわがままを相手に押し付けるのは、愛ではありません。相手のことがどんなに好きだとしても、相手が嫌がることをやめられないなら、それは本当に相手を愛してはいないのです。

相手が喜ぶこと、うれしいと思うことをするのが愛です。それは時には、自分が我慢したり、自分を曲げることかもしれません。それでも相手のためになることをするのが本当の愛情なのです。

ですから、本当に愛し会うことって、実はとても難しいことなのです。

SNSや会社などで、直接話しかけないけれど彼に付きまとう行為

今はネットストーカーという言葉もありますよね。

直接元カレに話しかけたり連絡しなくても、SNS上で他人を装って元カレとやりとりしたり、同僚などであれば、会社でもじーっと見つめたり。

同じ職場でなければ、元カレの住んでいる駅をうろついたり、職場の前で待ち伏せしたり。

とにかくどんな形であれ、話しかけないからと言って、元カレに付きまとうようなことは絶対にやめましょう。

別れたと思っている相手から待ち伏せされたりすれば、男性は恐怖を感じますし、下手をすると警察に相談されます。

そして、そんな相手と復縁したいとは絶対に思わないでしょう。なので、復縁したいときにそういう行為は絶対にやめた方がいいです。

SNSでも、他人を装っても、バレるときはちょっとした言葉からあなただとバレることもありますよ。匿名性が高いとはいっても、あまりにもSNSを過信しすぎるのはやめましょう。

「重い」のは愛情深い証拠!方向性を変えたら復縁も上手くいく

愛情が「重い」と言われてしまうと、落ち込みますよね…。自分の愛し方がまずかったのか、そんなに相手に負担をかけるほど依存していたのかと、いろいろと考えてしまうのではないでしょうか。

ただ、恋愛って、相性もありますし、相手の性格にもよりますから、あなたの愛情をありがたい、うれしいと感じてくれる男性もいると思います。

なので、もし、「自分はそこまで元カレに依存していなかったし、愛情が重いと受け取られるようなことはしていない」と思うのであれば、それは相手の性格があなたと合わなかった、と考えてもいいのではないでしょうか。

「重い」と言われたからと言って、必ずしもあなたが悪いわけではない、ということは覚えておいてください。

そして、そんな相手なら、復縁を望まない方がいいと思います。結局同じことでもめるだけですから。あなたの愛情をありがたいと感じてくれる人を探しましょう。

一方、振り返ってみると、元カレから「重い」と言われたことに思い当たるフシがある、かなり元カレに執着し、依存し、重い行動をとっていた、と思うのであれば、反省して、今後は態度を改める姿勢が必要です。

なかなか自分の恋愛パターンを変えるのって、大変ですが、それでも元カレと復縁して、今度はうまくやっていきたいと望むなら、精神的に自立した女性になるよう努力しましょう。

また、一人の男性にのめりこんでしまうのは、視野が狭すぎるのも原因の一つです。もっと自分の世界を広げるためにも、交友関係を広げ、色んな人と知り合ってみてください。

そうすれば、元カレに対しても、「そこまで復縁を望むほどの人かな?」など、客観的な視点で見ることもできるでしょう。

さらに、復縁したいのなら、冷却期間を置いて、元カレの心境の変化を促すことも大切です。

元カレだって、付き合っていた彼女と連絡を取らなくなれば寂しくなってきますし、重いと思っていたものも、自分へのまっすぐな愛情だったと気づくこともあるでしょう。

ですから、しっかり相手にも自分にも考える時間を与え、復縁できたときは、次こそ二人にとってベストな関係を築けるといいですよね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事