モラハラ彼氏の特徴と傷つく言葉や態度への対処法&一緒にいても幸せになれない彼と勇気を出して別れる方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「どうして私の彼氏はひどいことを言うの?」「好きなのに傷つけてくる、あの人の考えていることが分からない」と、あなたに対する恋人の態度に悩んでいる人は、多くいます。

お互い「好き」という感情で結ばれている二人の関係は、フェアなはず。

付き合っている彼女に対して傷つく言葉や態度をしてくる男性を、モラハラ彼氏と呼びます。

モラハラ彼氏の特徴や対処法について、詳しくご紹介していくので、恋人からの態度や傷つく言葉に悩んでいるなら、参考にしてあなたの幸せについて考えてみましょう。

「好き」という感情だけで一緒にいるには、少々リスクが高いモラハラ彼氏。

付き合い続けても幸せになれない彼と、勇気を出して別れる方法も合わせてお伝えしていくので、参考にして実行に移してくださいね。

あなたの勇気が、未来の幸せを掴む一歩となるので、まずはモラハラ彼氏について具体的に知っていきましょう。

目次

どうして酷い事を言うの?モラハラしてくる男性の精神構造

彼女は自分の所有物だから意見は必要ない

モラハラしてくる男性の精神構造は、彼女は自分の所有物だと思っているというものです。

恋人は、自分の言う事を聞いてくれる存在だと思っていて、彼女の意見は必要ないと考えています。

いわゆるペットのような存在。

ご主人様である自分が全ての決定権を持っているので、恋人は対等な人ではなく、所有物という認識になっています。

そのため、自分の気に入らないことをすれば、怒らせるような行動をする彼女の意味が分からず、完全に非があるように責め立てるのです。

完全君主でい続けるためには、反逆者を排除するか屈服させるかしかありません。

モラハラする男性にとって、自分の意見を唱える彼女は反逆者そのもの。

屈服させるために、精神的ダメージを次々と投げつけます。

自分が投げつける言葉や態度で、彼女がだんだんと意見をしなくなる姿や弱々しくなっていく姿を見ると、「勝った」と思い、優越感に浸るところです。

彼女を屈服させる事が快感になり、全く抵抗しなくなった相手でさえも攻撃し続けます。

「自分が好きになってやっている」と可愛そうな人を拾った気分

モラハラする彼氏の精神構造は、「自分が好きになってやっている」と可愛そうな人を拾ってあげた気分になっている慈善精神が働いている状態です。

人は、他人に親切な事をすると、無意識のうちに特別な事をした満足感を得ることがあります。

「この人より自分はマシ」「可哀相な人を助けてあげる自分は、素晴らしい人間だ」と思うことで自分の価値を見出すのです。

愛に飢えていて自己肯定感が低い人などは、他人からの評価を異常に求める心理から慈善活動で心を満たそうとします。

彼女と一緒に居るのは、ボランティア精神。

「無償の愛を与えている」という偽善です。

本人は、偽善だと気づいておらず本気で愛しているつもりで、「俺に愛されているから傍にいないといけない」と交際を続けることを強要します。

束縛する事が愛ではないとは気づかずに、「可哀相な人を傍に置いてあげている自分は素晴らしい」という感情に酔いしれているところです。

言葉の端々から憐れむ様子が溢れていても、本人は一緒に居ることが彼女の幸せだと信じています。

そもそも女性は男性よりも劣っていると考えている

モラハラをする彼氏の精神構造は、そもそも女性は男性よりも劣っていると考えているものです。

男性は、確かに力や行動力など女性より優れている点が多くあります。

モラハラする彼氏は、その点だけをみて「男が偉い」と勘違いをしているのです。

力が勝っているだけでなく、経済力の面でも、状況によって働く環境を変えざるを得ない女性とは違い、一つの企業で実力を認められ、昇進していく様子は、人間の価値そのものだと捉えてしまいます。

「会社からこんなに評価されている俺は、偉い」「嫌な上司に頭を下げてでも仕事をこなしている自分は、すごい」と自己評価の高さを彼女に強要するはずです。

「俺ってすごいでしょ」「お前は誰からも必要とされないよな」と彼女の仕事や人間関係を知ろうともせず、自分だけが評価されているかのように感じています。

彼女がどんな反論をしても、実際に周りからの声を聴いたわけではないので、自分が目で見ている世界だけを信じ込み、「社会に必要とされているのは、男だけ」と彼女に突きつけるのです。

彼女を卑下することで自分を優位に立たせるマウンティング

モラハラする彼氏は、彼女を卑下することで自分を優位に立たせるマウンティングを行っている状態です。

日本語でも、尊敬語や丁寧語、謙譲語など立場や見方を変える方法がありますが、この中で言えばまさに謙譲語の真逆。

モラハラ男は、相手をへりくだらせて、自分を立たせます。

そうしないと、相手よりも自分の方が優れていると感じることが出来ないからです。

「お前がダメだ」「あんたは出来ない」と相手の価値をとことん下げることで、自分の立ち位置が変わらなくても、優越感を得ることが出来ます。

自分に自信がなく、誰かに褒めてもらいたいけれど「努力してもどうせ誰も見てくれない」とネガティブな思考の持ち主です。

一番身近にいる彼女をへりくだらせる事で、せめて自分が胸を張れる人間だと思いたいと希望を持っています。

自分の出来が悪いことを認識してはいるけれど、認めることが出来ない不器用タイプ。

自信がないことが一番の原因なので、相手を傷つけている以上に自分が常に傷ついていることも珍しくはありません。

父親と母親の関係を見てきたから自分の中の常識範囲内

モラハラする彼氏は、幼少期の環境が影響しています。

父親と母親の関係性が、男尊女卑そのものであり、偉そうな父と黙ってうなずく母を見てきたからこそ、あの人の中では恋人に対して行っている言動は常識の範囲内です。

男と女の関係は、父と母のようなものだと思い込んで育ってきているので、当然恋愛関係になると、誰もが同じように、彼女を虐げると考えています。

モラハラ彼氏の中で、”彼女にやさしくする”という選択肢はなく、いたって普通の関係だと思っているので、恋人が自分のことを恐れていたり不快に思っているなど微塵も心当たりがありません。

彼女に愛情を注いでいるつもりなので、誰かに間違いだと教えてもらわなければ、自力で気が付くことは不可能です。

男は女の事を「おい」「おまえ」と呼び、いつも泣きながら後ろを付いて歩く彼女の姿が通常だと思っている人に、男女が平等だと教えるには、人間の価値から向き合い直してもらわなければ難しいところです。

モラハラする彼氏は自分の彼女のことをこんな風に見ています

男がいないと生きていけない人

モラハラする彼氏は、自分の彼女のことを「男がいないと生きていけない人」という風に見ています。

恋愛依存の女性は確かに存在しますが、誰もがそうであるわけではありません。

ところが、モラハラする男性は自分の彼女が恋愛依存だと考えています。

彼氏である自分が、彼女の元を離れると「この子は絶対にダメになる」と思っているので、可哀相だから一緒に居なければいけないという義務感が芽生えているのです。

男がいなければ生きていけない女性は、何をするにも好きな人の言う事を聞き、意見を求め、後ろから付いていって、常に「見捨てないでね」と懇願している人。

自分の彼女がそんな、恋愛依存の女性だから、自分はその子の運命を左右する権限を持っていると勘違いしています。

男として必要されている事が嬉しくて、「俺がいないと、あいつは生きていけないから」と他人に自慢するほどです。

自分の彼女は恋愛依存で、誰かが面倒見なければいけないと考えていることで、「自立できないどうしようもない女」とバカにしています。

不幸しか経験してこなかったはず

モラハラをする彼氏は、自分の彼女のことを「不幸しか経験してこなかった子」と見ています。

むしろ、彼女が不幸な人生を送ってきた人でないと彼自身が困るのです。

不幸を経験してきた人は、わずかな幸せにも縋り付きます。

ほんの少し手を差し伸べるだけで、藁にも縋る思いで必死にしがみついてくるその姿を見たいわけです。

それは、自分が彼女に対して幸福を与えている優越感を味わいたいから。

「あなたがいてくれるから私は幸せ」と言ってもらうためには、彼女が不幸でなければいけません。

今まで誰にも愛情を注がれることのない環境で育ち、何をしても評価をされることなく生きてきた女性を痛ましい気持ちと愛しい気持ちが混ざり合って、ゆがんだ愛情を生み出します。

何不自由なく育ってきたとしても、可哀相な女性が理想になっているので、無理にでも当てはめようとして強制的に自分の考えを押し通すことで、モラハラ発言となって相手を傷つけているのです。

自分が彼女にとって白馬の王子様でいたい願望を強く持っています。

横において自分の男としての魅力を立てる存在

モラハラをする彼氏は、あなたのことを「横に置いておくだけで自分を立ててくれる存在」だと思って見ています。

男性が社会の中で魅力ある人としているためには、そのことを証明してくれる人が必要です。

うってつけの役割として挙げられるのが、恋人。

男の人は、誰かから愛されているかどうか、は重要な魅力ポイントです。

恋人がいるということは、他人から求められている人だという事であり、男性として魅力あることを証明してくれます。

どれだけ仕事が出来ても、評判が良くても、女性から愛されていない男性というのは、「プライベートではあまり良くない人なのかな?」「本当は人づきあいが悪いのかな?」と仕事面でも不安要素として見られがちです。

彼女がいることを全面的にアピールするためには、自分の都合のいいタイミングで、立ててくれる発言をしてくれるよう教育しておく必要があります。

彼女は自分の出世のためのツールであり、お飾りのようなものだと考えているのです。

自分の「今」の気分に合わせることが当然

モラハラする男性は、恋人のことを「自分の感情に合わせるのは彼女として当然の役目だ」と思っています。

常に自由に動けて幸せを満喫するためには、サポートしてくれる人が必要です。

何もかも自分でしなくても、欲しいものが手に届くところにあれば、スムーズに望み通りの時間を過ごせます。

彼女の存在は、自分が滞りなく人生を歩むための黒子のようなもの。

自分の気分にサッと合わせてお膳立てをしてくれなければ、自分自身が動かなければいけない労力が増えてしまいます。

無駄な動きをしたくない彼は「何で俺のやりたいことが分からないんだ」「お前は常に俺の事だけを考えておけ」と自分のためだけに愛情を要求するのです。

行動、気分、予定をすべて把握しておき、自分が何不自由なく道を歩けるように、先回りして邪魔な石を避け、カーペットを引き、時に女性自らが踏み台になって整備しておくことを望んでいます。

彼女は自分のための黒子であり、移り変わる「今」の気分に合わせられる柔軟性がなければいけないものだと考えているところです。

愛しているんだからそれ以上に愛されないとおかしい

モラハラをする男性は、ギブアンドテイクのバランスが崩れていて、彼女からの愛情の見返りを大きく求めています。

「僕の恋人なら、僕が愛する以上に愛してこないとおかしい」と彼女の気持ちのジャッジをしている状態です。

自分が気に入った人には、「彼氏に見てもらえて嬉しい」と考えているはず、と思い込んでいるので、LINEや電話も彼女発信になると信じています。

そのため、自分から連絡を入れることを不服に思い、「何で俺から電話しなきゃいけないんだ」「LINEしたのに既読にならないってどういうことだ」と腹を立てることに繋がるわけです。

彼にとっては、彼女の頭の中が自分でいっぱいなはずなので、連絡が付かない、無視されるなど、想定外のことが起こると必要以上に恋人のことを責め立てます。

モラハラの要因は、過剰な愛情の枯渇です。

自分が愛していることが彼女にちゃんと伝わっているのか不安で、女性側からの愛情表現で気持ちの繋がりを判断します。

当てはまったら100%モラハラ彼氏だと断定できる特徴

名前ではなく「おい」「お前」「あんた」と呼ぶ

モラハラ彼氏だと断定できる特徴は、彼女のことを名前で呼ばないというものがあります。

基本的に彼氏は彼女のことを見下しているので、対等な関係だとは認めていません。

名前を呼ぶのは、対外的に関わらなければいけない人であり、自分が我慢をしている状態。

取引先の人や会社の人などは、わざわざ名前を読んであげているという意識を持っています。

そのため、心を許している恋人に対しては、名前ではなく「お前」「おい」「あんた」など代名詞で呼ぶことで、自分の力を誇示しているのです。

一昔前は、父親が家族に対して一家の大黒柱としての威厳を誇示するために「おい」と妻や子供たちを呼んでいる姿を多く見かけたもの。

モラハラ彼氏は、まさにそんな気分になっているので、社会的に仕方のない相手やごまをすりたい相手以外には、その人の名前を呼ばず偉そうに代名詞で呼び捨てます。

言葉が悪くなると、「おい」「お前」など使う人が増えるように、感情の高ぶりで我を失った時に出やすいワードです。

モラハラ彼氏は、常に冷静な理性が保てていない状態だと言えます。

お店の人に失礼な事を平気で言う

恋人を平気で傷付ける男の人は、お店の人にまで失礼な態度を出します。

初めていく店でも店員に向かって「おばちゃん」「早く来いよ」など、失礼な言葉を連呼し、サービスを提供してくれている事への感謝がありません。

「汚い店だな」など平気で言葉にし、「自分は客だから何を言っても許される」と考えています。

この心理は、恋人に対しても同じで、「俺は彼氏だから何をしても許される」という考えに共通するものです。

お店の良いところを見ようとせず、少しでも粗捜しをしようと蔑んだ目で見渡します。

常連で親しいわけでもないのに「おばちゃん」「安くしろ」など、定価で提供しているサービスに文句を付けたり失礼な言葉で相手を傷つけることで、”お客様である自分”を偉いとアピール。

お店から出入り禁止を言い渡されても、全て他人のせいで「店の受け入れ態勢が悪い」「サービスがなっていない」と文句を言いふらします。

嫉妬心が強く他の男性が彼女に話しかけると代わりに答える

恋人を傷つける男性の特徴は、嫉妬心が強いという点です。

恋人は自分のものだと思い、所有欲が非常に強くなっているので、他の男性が彼女に話しかけると「俺の女にちょっかいをかけている」と思います。

何でもない会話でも彼女の代わりに答え、本人には一言もしゃべらせないようにするのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「こいつはドジなんで」「こいつアホでしょ」と第三者に彼女のことを悪く言うことで、社会から嫌われるように仕向けます。

恋人が自分以外の誰からも見放されると、彼氏にとっては都合がいいから。

自分の所から離れなくなり、浮気の心配もなく他の男に目を付けられることもなくなるため、わざとそのように仕向けます。

他の男の人から話しかけられた場合、「お前が隙を見せるからだ」「色目を使って誘ったんだろう」と彼女のせいにし、束縛を厳しくするのです。

好きな人の心を「自分が必要」「彼氏に見放されたら一人ぼっちになってしまう」「私はダメな人間。この人だけが受け入れてくれる」と洗脳するために、社会のはみ出し者にしていきます。

彼女の行動を勝手に決める

モラハラする彼氏は、彼女の行動を勝手に決めてしまうという特徴を持っています。

男にとって彼女の予定は関係ありません。

自分が会いたいときに会い、セックスしたいときにして、行きたいところに行くデートが普通です。

彼女自体もそのことを望んでいると思っています。

デート場所の相談はもちろんないし、どこに行きたいか希望を聞くこともまずないので、いつも彼氏が楽しむばかりで女性側はちっとも楽しくない時間を過ごすところです。

突然呼び出されて、彼の行きたいところに連れて行かれるので、ある意味毎回サプライズデートと言えます。

男性自身が楽しければ、恋人も楽しんでいると思い込むので、「良い所でしょ?嬉しいでしょ?」と質問風に意見を押し付けているのです。

一言でも不満を言えば「俺がせっかくお前を楽しませようと思って考えたのに、何が不満なんだ」「俺の愛情が何で伝わらないんだ!バカにしているのか」と逆上します。

親切の押し付けは、相手にとって嬉しくないことを知らず、「これだけしてやったのに」と自分の積み重ねてきた迷惑な優しさを引き合いに出し、愛している度数として提示しているはずです。

すぐ持論での説教が始まる

恋人に対してひどい言葉や態度を繰り返すモラハラ彼氏は、すぐ持論を持って説教を始める特徴を持っています。

モラハラ彼氏は、本当は自信がないのに虚栄心から常に自信満々な自分を演じているものです。

知識をひけらかしたり、「これだけ出来るんだ」と自慢をしたりして、優れている点をアピールします。

アピール対象は一番身近にいる彼女となり、恋人だから受け入れてくれることをいいことに、いかに優れている人間かを懇々と説明を始めるわけです。

仕事で、普段我慢をしている事が多い人は、特にこの傾向が強く出ます。

「俺は評価されるべき人間だ」と承認欲求が強いけど、立場が上の人には向かっていくことが出来ません。

そのため身近な彼女に向かって、持論で説教を行い、頭のキレる男をアピールしています。

恋人は黙って聞いてくれるので、その姿を見て「受け入れてもらえている」と喜びと安心感を得ているところです。

モラハラ男から傷つく言葉を言われたり酷い態度を取られた時の対処法

素直に「傷付いた」と伝える

彼氏から傷つく言葉を言われたりひどい態度をとられた時の対処法は、素直に相手に「傷付いた」と伝えることです。

モラハラ彼氏は、あなたが傷ついたことを分かっていません。

女性も意志が強く主張しやすくなった時代なので、相手から傷つけられたらつい言い返してしまい、その言葉で彼氏を逆上させることで、何倍にもなって言いくるめられた経験をした人も少なくないはずです。

モラハラ彼氏は、言い返されることが大嫌い。

傷付けたことを自覚するよりも、「俺が反論されるなんてありえない」と自己否定されたことにフォーカスしてしまうからです。

言い返したことであなたが更に傷つけられ、何も言えなくなる姿を見せると、彼の優越感を大きくしてしまっています。

「だって」「違うでしょ」と相手の意見を否定する前に、「その言葉は傷つくな」とそっと返すと、彼は自分のしたことにハッとするはずです。

壁を作る前に受け入れたままの気持ちを伝え、反省を促しましょう。

自分の意見を丁寧に伝える

モラハラ男に傷つけられた言葉を言われたり態度をされたりした場合、自分の意見を丁寧に伝えることです。

彼女に対して強く出る男性は、自分の言動を深く認識しないまま行動していることがほとんど。

同じように彼女の行動に対しても、言葉や行動の背景を考えることなく、結果だけを見て自分にメリットがあるかどうかの判断を下し、傷つける行動に出ます。

基本的に欠点探しばかりをしているので、あなたの行動は自分の為にして起こしているものではなく、陥れるために何か企んでいると考えがちです。

「そんなに俺の事をバカにしたいのか」「騙そうとしているのか」とあなたの言動を否定することで傷つけられたら、「○○だと思ったからそうしたんだよ」「○○君に喜んでほしかったんだ」と理由を伝えることで、受け入れようとしてくれます。

この時丁寧に言葉を紡ぐことがポイントで、怒りや悲しみに任せて伝えると逆上されて再び傷つけられてしまうので、自分を守ることを優先しながら伝えましょう。

最後に愛情を伝えることも忘れないようにすることで、彼の意識変化を起こしていくことが出来ます。

目を見て受け入れつつ聞き流す

モラハラの男のやること、言う事に傷つけられたときには、目を見て受け入れつつ聞き流すというテクニックを使いましょう。

相手は愛情に飢えている、とても不器用な人。

愛する方法が分からず、好きな人を束縛したり傷つけたりすることでしか、傍にいる方法を知らない人なのです。

そんな彼の事をまだ好きだと思うのなら、相手の不器用な愛情表現さえも愛してあげましょう。

「女が喜ぶ言葉を知らないのね」「傷付けてまで自分のものにしておきたいって必死なんだね」と思えば、ひどい言葉も態度も可愛く見えてくるものです。

受け入れる時、何かをしながら適当に「うん、そうだね」「はい、分かりました」とやってしまっては、面倒な時間が長くなってしまうだけ。

こんな時は、わめいている男の目をじっと見ながら、「そうだよね」「私のことが大好きだから言ってくれているんだよね」と伝えましょう。

相手の言葉を受け入れなくても大丈夫です。

わざわざ傷つけられる必要はなく、彼の愛情を確認して、相手の”言葉”は意味もないものとして流しましょう。

別の言葉にいい変えて受け入れる

モラハラ彼氏に傷つけられた時の対処法は、別の言葉に言い換えて受け入れることです。

相手は自分の言葉を認識していない状態で、感情のままに思いついた言葉を並び立てている状態。

その根源は自己顕示欲と承認欲求、そして嫉妬心です。

人は感情が高ぶると、言葉のレパートリーが少なくなります。

彼があなたを傷つける時、同じような言葉ばかり言っていることが分かるはずです。

こんな彼には、別の言葉に言い換えて冷静さを取り戻させてあげましょう。

「そうね、○○だね」と言葉を入れ替えることで、自分が発している言葉のひどさを認識します。

彼の根底にあるのは、「彼女に離れて欲しくない」という願望なので、自分のせいで彼女を傷つけていると認識出来れば、行動を改めてくれることも増えるものです。

モラハラ彼氏と一緒に居るためには、あなたの方が何枚も上手で冷静になっておかなければいけません。

何が言いたいのか本質を見極め、難しい言葉ではなく誰にでも通じる言葉に言い換えます。

難しい言葉を使うと、「バカにしている」と逆上されてしまうので、あなたの語彙力も重要です。

してもらったら嬉しい事、言ってもらったら幸せな事を伝える

モラハラ男に傷つけられたら、相手を教育するのも一つの対処法です。

女性を傷つける男性は、自分が彼女を幸せにできる自信がありません。

自信がないけど自分の力でどうにかしたいと考えている、カワイイ人。

こんな男に腹を立てるのも、時間がもったいないと考えましょう。

あなたがしてもらったら嬉しい事、言ってもらったら幸せな事を徐々に伝えていきます。

一度に多くの希望を伝えてしまうと、すぐにキャパオーバーとなり「俺に指図するな」と命令することで自分の容量の小ささを隠そうとするはずです。

相手の機嫌がいい時に、「私○○っていう言葉が好きなんだよね」「愛している人には名前を呼んでほしいな」などやんわり教育していく事で、少しずつ彼の心にあるべき愛情表現を植え付けていきます。

彼は愛情の伝え方を知らない人だからこそ、教えてあげることであの人もこっそり心の中で「そうなのか」と発見をしているところです。

一緒にいても幸せになれないモラハラ気質の彼と勇気を出してスムーズに別れる方法

幸せの方向性が違う事を伝える

一緒に居ても幸せになれないモラハラ気質の彼と勇気を出してスムーズに別れる方法は、幸せの方向性が違う事を伝える事です。

誰にでも理想の幸せというものがあります。

恋人同士は、理想を擦り合わせて一つの二人の形を探すものです。

ところがモラハラ気質の男は、あなたの理想を受け入れてくれません。

受け入れてもらえないのに、二人の形を作っていく事は不可能。

「私が求める幸せを見ようとしてくれないよね」と伝えることで、大事な人を失う悲しみを実感します。

自分の言う事だけをしていれば、彼女は幸福になれると信じてやまないあの人にとって、女性からの幸せの提言は目から鱗です。

「言う事聞け」としか言えない男は、自分の言い分が通らないことに歯がゆさを感じます。

いくら命令をしても、言い負かそうとしても、幸せを追い求めている女性はとても強くなるものです。

「私が求める幸せに向かって歩きたい」と伝えると、追いかけることは出来なくなります。

仕事を理由に会う機会を減らしていき相手の幸せを願う

モラハラ気質の彼氏と別れるためには、徐々に時間をかけて距離を作っていく事が有効です。

彼女を傷つけてまで傍に置いておきたい男は、距離感が尋常でないくらい近い人。

恋人を自分の一部として、取り込んでいるつもりになっています。

所有物として思っているので、自分の思い通りにならなければ納得できません。

そんな彼と距離をとる為に、都合がいいのが仕事です。

「新しい仕事が始まって帰る時間が遅くなる」「休み時間がバラバラだから決まった連絡が出来ない」と理由を付けて、距離をとっていきましょう。

相手が会えないことに対して怒りを通り越し、拗ね始めたら、別れを切り出すタイミングです。

「我慢ばかりさせてごめんね、あなたにはもっといい人がいるはずだから終わりにしよう」と切り出しましょう。

会えないことに耐え切れないけれども、理由が仕事であれば束縛のしようがありません。

彼女が「仕事に専念する」という決断を止めることが出来ないのです。

会わない日を増やすことで、あなたがいない生活に慣れてもらいましょう。

レストランやカフェなど人目があるところで別れを告げる

モラハラ気質の男と別れるためには、逆上してさらに傷つけられる事態を避けましょう。

別れ話を切り出すときには、レストランやカフェなど多くの人が出入りする、人目があるところで話をすることがベスト。

二人きりの空間でれば、そのまま拘束、監禁されてしまうことも考えられます。

モラハラ気質の彼は、感情の高ぶりで自分の行動をコントロールできない人です。

あなたのことを傷つけても、その時には気づいていません。

ドライブ中などに別れを切り出せば、「頭を冷やせ」と山の中に置きざりにされることも。

多くの人がいる場所であれば、彼が声を荒ぶる事もなく、相手に先に店を出てもらい、あなたは友人や、警察、店員に様子を見守ってもらうくらいの用心をしておいた方が安心です。

言葉や態度だけで傷つけられる行為で終わっていた今までの恋人期間と違い、他人となることでDVの危険性も出てくることを忘れないようにしましょう。

レストラン選びも、雰囲気のある暗い店ではなく、明るい照明で賑わっている店内を選ぶことで、彼の感情の高ぶりを予防できるはずです。

しばらく実家に戻ることを伝える

モラハラで愛想をつかした男に別れを告げるなら、別れ話の前に実家との調整が必要です。

モラハラする男は、相手を傷つけても傷つけていると認識しない人。

そのため別れ話を切り出した後も「俺の愛情が伝わり切っていないからいけなかったんだ」「あいつは俺がいないと生きていけないんだから、絶対戻ってくる」とストーカーになってしまう可能性があります。

一人暮らしなら、家族と話をして正直に現状を話しましょう。

しばらく実家で暮らす手配を済ませてから、別れ話を切り出します。

その時も相手に「しばらく実家に戻らないといけなくなった」「親に呼び戻されていて」と伝えることで、一人でいないことを知らせておきましょう。

家族の存在は、彼の気持ちの暴走の抑止力になるはずです。

この時、「親が倒れて看病が必要」「実家を継がないといけない」と嘘をついてはいけません。

モラハラ彼氏は頭もよく、あなたの身辺を調べることが出来るので、嘘だと分かれば逆上して家族にまで迷惑がかかる可能性があります。

全力で甘えつつ無理難題を言い始める

モラハラ気質の彼氏と別れるには、時間はかかりますが逆に甘えるという方法もあります。

全力で甘えつつ無理難題を言い始めることで、彼氏の心境をコントロールしていきましょう。

モラハラ彼氏は甘えられるのが大好きです。

そもそも愛されたい願望が強いので、彼女が自分に一途だと分かれば十分満足します。

所有欲も独占欲も満たされ、何を優先してでも彼氏一番で行動してくれることに、調子に乗り始めるはずです。

相手があなたの愛情にうつつを抜かし始めたら、作戦開始。

彼の方からも連絡をもらえるように打診していきます。

「仕事早く終わってよ」「朝一番に電話が欲しいな」と自分ではなかなか調整が難しい部分にまで介入していくのです。

当然、相手も「そんな無理を言うな」「俺のタイミングでするからお前は待っておけ」と言うでしょうが想定内なので、さらに「だって早く声が聞きたい」「早く会いたい」と甘えましょう。

徐々に無理をさせていき、彼女が自分の思い通りにならないストレスを蓄積させていきます。

ストレスが限界突破すれば、「お前みたいな面倒な女なんていらない」と相手から別れを告げてくれるはずです。

あなたから別れ話を切り出すよりも、よほど安全で円満な別れを迎えられます。

傷つけられ続けることはやめて自分を大事にしよう

恋人だからと言って、好きな人を傷つけていい権利は誰にもありません。

彼氏の暴言や行動に傷つき、何も言えない状態が続いているのなら、それは愛のない関係です。

あなたがそれでも一緒に居たいと思うのなら、気持ちの切り替えをすることで可能になりますが、傷つけられてまで彼の言いなりになる必要はないはず。

モラハラ彼氏の特徴を見て、好きな人に当てはまり、そのことで傷付くのなら、別れを切り出して自分を大事にする道を選びましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事