子供のために復縁するのは正解?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

両親の不仲は子供とって良い影響はないです。

悪影響なのであれば、一緒にいても意味はあるとは思えませんし、女性も気持ちが苦しいだけで、別れることが最善の結果だと感じます。

ただ、離れた後にふっと「やっぱり一緒にいた方がいいかも…」と思い直すことも多く、両親揃っていた方がいいのでは?と不安に感じるのです。

自分自身では離婚を決定したのに、覆していいのか?と葛藤するでしょうが、その方が良いと思うのであれば、行動した方が良い場合もあります。

そこで、父親と離れている経験が子供に与える影響や元夫と再婚するメリットデメリットをご紹介するので、復縁を決める時の参考にしてみてください。

離婚し父親と離れ離れになる経験が子供に与える影響

異性への価値観

子供に与える影響1子供の年齢にもよりますが、不仲な両親を見てきた後に親が離れ、母親と一緒にいることによって、異性への価値観に偏りが生じる場合があります。

必ず、というわけではありませんが、例えば両親の離婚が父親側に原因があった、となれば「パパは最低だ」と思っても仕方がないでしょう。

子供は無条件に親の味方をしているため、大切な母親を傷つけた父親、といった思いが根深く残り、年齢を重ねていくごとに「男性は女性を傷つける存在」と感じてしまうことは非常に多いんです。

離婚した後の母親が父親の悪口ばかり言っている、「異性と付き合うものじゃない」と話すなどがあれば、なおさら異性への価値観に偏りが生じてしまいます。

子供が男の子の場合は、逆に離婚してハツラツに生きている母親を見て「自分が支えなくちゃ!」と良い影響を与える可能性も高いです。

一方で、離婚したことでしばらく伏せっている状態の母親を見ていると、不要な存在に思えてしまって、苦しい思いをする子供もいます。

父性への憧れ

子供に与える影響2今までいた「父親」という存在が、離婚によって切り離されてしまうと、特に女の子の場合は父親を求める傾向があります。

両親が不仲だったとしても、子供に対しては非常に良い父親だったということも少なくなく、子供にとってはいつまでもステキな父親のまま、ということはよくあり、そばから消えてしまったことに疑問に感じ、寂しくなります。

父親に対して良い印象しかない場合は、大好きなパパを奪ったママ、と感じて母親への当たりが強くなる子供もいるのです。

こうした感情一度沸き起こると、その後の母親との関係性がギクシャクしてしまう可能性もありますし、心のうちに秘めた気持ちが大人になって爆発することもあります。

物心つく前に両親が離婚し、自然と父親がいない環境に慣れている子供も父親という存在に憧れを持つようになります。

例えば、恋愛感情を持つ相手は全て年上の男性、といった女性も多く、潜在的に幼い頃得られなかった父親からの安心感や愛情を求めているから、同年代ではなくてかなり年上の男性に興味惹かれるといえるのです。

男の子の場合は、恋愛関係に影響することはありませんが、周囲その違いを感じて多少の憧れとストレスを抱きます。

ただ、男の子は案外マザコン気質なところがあるので、父親の存在に依存したくなることはありません。

大人になってからの異性の好みに影響が出てくるのは、女の子の方だといえるのです。

母親の新しい恋愛に対する抵抗感

子供に与える影響3両親が離婚をして、母親と2人きりなのは最初の頃、子供は非常に戸惑います。

子供は家族全員で暮らすこと、みんなで笑い合って毎日を過ごすことが大好きです。

両親が離れてしまうことになり、自分は母親と…という事実を子供なりに汲み取ろうと思いを馳せます。

もちろん、母親も全力で子供に対して愛情を注いでいます。

基本的に離婚は子供に大きなストレスを与えることは間違いなく、離婚してしばらくの間は子供に優しくしてあげましょう。

そういった状況は、決して誰かのせいなどではなく大きな決断をしたからには、当然のしかかってくる苦労です。

子供を産んだら、もう二度と女性に戻れないわけではないですし、1人の女性として恋愛をしたいと思う気持ちは間違っていません。

子供は母親が笑っていることが1番の幸せですし、ニコニコしている母親のそばにいたいと思っています。

わかっていて欲しいのは、子供はまだ幼く、自分の感情を丁寧にコントロールすることは難しい、ということです。

まだ子供が小さな時は、何かの縁で交際することに対して、「嫌だな」と感じます。

理由は、恋愛をすることによって、守ってもらえないのでは?と不安に感じるからです。

新しい彼氏と一緒にいても、父親ではないので子供にとっては他人と長い時間を過ごすことはストレスになります。

もちろん、新しい彼氏が良い人で子供と仲良くしてくれる場合もありますが、慣れるまでには相当な時間がかかりますし、子供が単純に気を使って仲良くしているだけかもしれません。

母親が笑ってくれることは嬉しいですが、なんだか自分が置き去りにされたような気分になります。

また、子供が思春期の時に母親が恋愛をすると男女ともに反発の対象になる可能性が高いです。

結局、母親が愛する対象は子供の中では自分と父親だけであって欲しいという心の願いがそういったジレンマを引き起こしています。

両親のケンカを常に見ていたのであれば安心感が得られる

子供に与える影響4子供の前で夫婦ゲンカをする人も中にはいます。

毎日ケンカして、怒鳴り合う両親を見て来た、父親に殴られて泣いている母親をみてきた、というような子供の場合、離婚してくれうれしいとさえ思うのです。

面前DVという言葉があり、子供の前で両親が声を荒げてケンカをすること、暴力をふるうことは子供への精神的虐待と捉えられています。

大好きな両親が、自分の前でケンカをしている、悲しい・苦しい・辛いと思うことで、子供は自分の気持ちを言わなくなり、ちょっとしたことでも過敏に反応してしまうのです。

両親がいつ、どんな時にケンカに発展するのかわからないピリピリした環境にいれば、当然子供へのストレスは想像できることでしょう。

両親が仲良く慣れないのは自分のせいだ、と思う子供も多いです。

両親が離れてくれることによってやっと静かな生活を送ることができる、と安心して母親に甘えるようになります。

気をつけなくてはいけないことは、母親自身も離婚することによって心の安定感を手に入れられますが、その分自分が頑張らなくてはいけない!というプレッシャーによって、子供に対して冷たくしたりする人も多いです。

子供にとって甘えられる存在がいない、自分の居場所がどこかわからなくなることは非常に辛い経験として心に強く残ります。

離婚は、大きな決断となるので子供を守るんだ、という認識を持っていきましょう。

脅威に感じる存在がいなくなることによって、子供は安心感を得られるので、母親との時間を十分に求めています。

自己肯定感への影響

子供に与える影響5子供は、親によって「自分は価値のある人間だ」「生まれてきてよかった」といった、自分に対する肯定感を育ててもらうことが基本です。

自己肯定感がある子供は、何事にもチャレンジしていきますし、自分の可能性を広げるために視野が広くなります。

自己肯定感は、大人になってから自分でどうにか育もうと思ってもそう簡単にはいきません。

他者の力が必要になりますし、子供の柔軟な心の時に育てておかなければ、大人になったときに根深く暗い影を落とすことも多いです。

「自分はこのままでいいんだ!」と強く信じる心は、社会人生活に大きな影響を与えます。

親の離婚は、子供にとっても大きな出来事で、いなくなった父親のことを考えて「悪い子だから、お父さんはいなくなった」など、悪い方向に物事を考えることが多いです。

愛されていないから、親はバラバラになったのだと思うことによって、自分は愛される価値のない人間なのか、と自己肯定感を低くなるのです。

両親の離婚は、子供には青天の霹靂だと思うので、どうしてそんなことが起きたのかパニックになることも多く、自分のせいだと考えることで理解しようとする子供も多いです。

自己肯定感が低いまま成長していくと、何か挑戦したいことがあっても「できるわけがない」と最初から挑戦できなくなります。

親としてできることといえば、別れることになった段階でまず子供に父親と離れることを説明し、子供のせいではなくて両親の間での問題なのだ、ということを教えてあげてください。

そして、離れていても親子であることは変わりなく、愛していることを伝えましょう。

子供のために離婚した相手と復縁するメリット

経済面で安定する

メリット1夫婦というのは専業主婦だった方はもちろんのこと、共働きだったとしても「相手の収入ありき」の生活に慣れてしまっているため、例えば家賃やカードの支払い、生活費の捻出なども離婚して仕舞えば、全て女性1人で対応しなくてはいけません。

今までなら夫の給与やボーナスから購入できていたもの、払えていたものが全て自分にのしかかってきます。

養育費をもらっている場合は、子供に関連する部分は負担にならないかもしれませんが、日々の生活費まで別れた後にもらえる人はそうそういません。

各自治体でも1人親世帯を応援する制度は複数ありますが、それでも仕事を増やしたり、収入を増やさないことにはにっちもさっちもいかない人だっているのです。

お金、というのは心をむしばみ、余裕を失わせます。

だんだんと改善しない環境にイライラして、感情を子供にぶつけてしまうことも多いです。

子供のために別れたはずなのに、結果的に子供を傷つけてしまう可能性もおおいにあります。

このような部分を考えると、元夫とよりを戻すことによって以前のように安定した生活を手に入れることができますし、専業主婦じゃなかったとしても全てを1人で抱え込むような事態にはなりません。

生活が安定すると、気持ちも安定してくるので子供に対する態度も軟化します。

ただ、気をつけたいことは母子2人生活のときに、子供へ強く当たりすぎていないことです。

復縁までには時間がかかることも多く、その間にストレス発散の捌け口として子供に強く当たっていた場合は、結果的に前の旦那と再婚できたとしても、子供の傷ついた感情が癒えることはありません。

むしろ、どこか親に振り回されたような気持ちになって辛さが増してしまうでしょう。

そうならないためにも、自分の感情論だけで子供に接しないことです。

精神的に支えとなってもらえる

メリット2子育ては、本来2人でするものという感覚が根強く、いろいろな事情があった結果、別れてしまったとしても子供については協力し合う方もたくさんいます。

子育てを通じて、やはり相手に対して「頼りになるな」と思うことも多いでしょうし、母親1人だけだと大変な時に話を聞いてもらうこともあります。

離れ離れになった後も子育てに関して相談ができる関係、というのはドロ沼離婚ではない場合が基本ではありますが、子供のために別れる決意をした人であれば話し合いで離れることも多いです。

そのため、復縁した時には1人で抱えていた部分を改めて夫に託すことができますし、頼ることもできます。

子供に対しても、自分の子供なわけですから、「助けて欲しい」と声をあげやすいですし、旦那さんのタイプによっては、育児に積極的に参加してくれる可能性もあります。

全く別の男性と再婚ともなれば、子供との関係性にも気を使わなくてはいけないので、女性としても再婚に抵抗感がある人もたくさんいるのです。

しかし、再婚相手が元夫となれば子供だって一緒にいることの方が自然です。

旦那さんとしても改めて、自分の子供と過ごす時間ができて嬉しいと思うことでしょう。

お互いが1人では大変だった部分を安心して補い合えることは、元夫と再婚する大きなメリットです。

子供が喜んでくれる可能性が高い

メリット3父親と離れることによって、一時的に子供は大きなストレスを抱えます。

最初のうちは仕方がないと思っていたとしてもl、だんだん落ち込んでいる期間が長くなってくると、母親としても心配になるものです。

そのため、絶対に復縁なんてありえない!というような理由、もしくは泥沼離婚の末というわけじゃなければ「子供がかわいそうだから、よりを戻そうか」という話に、この場合はなりやすくなります。

もちろんすぐにOKとはならないでしょうし、女性としても「本当に元夫と復縁していいのだろうか?」と不安な点は、多々あるものです。

もしも、お互いに復縁してみようかなという気持ちがあるのなら、再スタートの感覚でよりを戻すことも納得の上でならアリだと言えます。

もう一度、両親が仲良くなってくれることによって、子供が元気に取り戻す可能性もあるので、本当の意味で子供のために復縁をすることになります。

注意点としては、もう一度やり直してみようかと2人の間で話し合いが進んだとして、お互いが何も変わっていなければまた別れようという話になるかもしれませんし、もっと子供を傷つけてしまう結果にもなりえます。

そんな風にならないためにも、しっかりと最初の段階で話し合いを重ね、絶対に大丈夫という強い気持ちを持って復縁しましょう。

本当の両親がそばにいることが、子供の気持ちを安定させることにつながるので、子供のためを思っての再婚はメリットにつながりやすいです。

一度離れたことによってお互いの大切さを再認識している

メリット4一緒にいるときは、どうしても嫌だった部分や我慢できなかった部分が、離婚したことによって「どうしてあんなに毎日イライラしていたのだろうか?」と不思議に感じることもあります。

離れてみることでわかるお互いの良さ、というものはそばにいる時はなかなか気付きにくく、もう会えないとわかってから気付くことの方が多いです。

そのため、元夫のことが恋しくなる女性の多くは、相手の良さを再認識し、子供にとっても魅力的な人だったのだなと思い直すところから始まっています。

このように、相手の良さに気付いた状態で再婚できるのであれば、以前のようなギクシャクした関係ではなくて、もう少し柔らかな雰囲気で家庭を築くことができるのです。

元夫の良さを理解した状態で復縁するわけなので、良いところを見ようという気持ちになりますし、元夫も同じように離れてから気付くあなたの良さを感じているはずです。

きちんと、夫婦として尊敬し合い、慈しみ合える関係に再スタートできるのであれば、再婚した後も子供との関係も良好になりますし、子供との関係も良好になりますし、子供も家族みんなでまた暮らせることに対して素直に喜んでくれるでしょう。

改めてお互いの良さを見直すことができれば、それだけで夫婦円満になりやすいです。

子供の事を考えて元旦那とやり直すデメリット

周囲の反応が冷ややかになる可能性がある

デメリット1通常のカップルが別れて、再度復縁した時ですら「よりを戻すなら別れなきゃ良いのに…」と思われることが多いです。

そのままずっと仲良くできていれば良いですが、また別れることも十分あり得るのでそののような事態になると周囲から「やっぱり」と思われてしまいます。

結婚していなくてもそのような評価を受けることになるので、結婚していた2人で子供がいれば尚のことです。

「子供のことを本当に考えているのか?」「離婚なんてすぐに決めるから、こんなことになるんだ」などなど、周囲からの評判が下がる可能性があります。

さらに言えば、子供が小学生・中学生など多感な時期の場合は、子供が友達などから心にもないことを言われることもあるのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

すんなりと別れた2人であれば、もしも同じ相手と再婚することを決めたとしても、お互い両親に理解をしてもらえるかもしれませんが、本来であれば親としても離婚を決めた時点で「自分の子を不幸にした相手」として元嫁や元夫を見ています。

そんな相手と「再婚しようと思う」なんて言われた時には、「そんなことしたってまた別れるんじゃないの?」「孫の気持ちはどうなってんの?」と非難される可能性も高いです。

しっかりとお互いの気持ちを両親に伝え、理解を得ることは絶対に不可能というわけではありませんし、最終的に認めてもらえる可能性の方が高いですが、そこに行き着くまでにとても時間がかかります。

わかってもらえるために頑張ることに虚しさを感じてしまうこともあり、「こんな思いをするくらいなら再婚せずに一緒にいるだけで良いや」と思うのです。

全く別の男性と再婚するのとは違い、何かと揉めてしまいがちなので、子供のためだけを考えて元夫とやり直す場合気持ちが落ち込んでしまいがちになります。

案外書類の手続が面倒

デメリット2初婚だとしても、各種名義変更、会社への報告、保険等の名義や扶養について検討するなどしなくてはいけません。

そこから、紆余曲折あって別れた場合、旧姓に戻すために同じように変更を行い、子供の姓名なども変更するしないを考えます。

子供の名字は元夫のままでも良いですが、何かと不便さを感じられるので、基本的には母親と同じ名字にすることがほとんどです。

同じ相手と再婚する場合、何かしらの特別な書類が必要、というわけではなく改めて婚姻届を提出し、再度氏名変更等をするだけです。

ただ、この変更手続きというのが非常に面倒で、特に会社の各種保険などの手続きの際には同じ相手と再婚することを知られるのがなんとなく気恥ずかしいことも多く、抵抗感がある人もたくさんいます。

さらに、子供の戸籍届けに関しても母親の方に戸籍がある場合は、再婚の際にはもう一度夫の戸籍に入籍しなくてはいけません。

必要書類としては「届書・戸籍謄本または全部事項証明書・認印」です。

これらの手続きが必要、と知らない人も多いので、いざ元夫と再度結婚しようと思った時に、思わぬ手続きの複雑さに大変だ!と感じてしまうことでしょう。

本当に好きでもう一度やり直したい、3人で楽しい生活に戻りたいという強い思いがあるのなら、しっかり理解しておかなくてはいけません。

手続きの面倒さは、デメリットにも感じてしまいがちです。

そういった部分で再婚に踏み出せない人も多くいるので、まずは2人でどのような手続きを踏まえなくていけないのかなどをしっかりと調べておくと、大変だと感じることはありません。

別れが怖くて本音を言えない

デメリット3復縁をしたカップルもそうですが、一度は別れを決めた2人なので改めて一緒に暮らすこと・夫婦としてやり直すことを決めても、心のどこかで「本当に今度はうまく行くのか?」と不安を感じている人も多いです。

カップルの2人であれば、家族や両家などは関係しませんし、子供もいない状態なので、社会的に何かしら気を使うこともありません。

元夫と再婚をして、会社に報告しなくてはいけませんし、子供の学校などにも氏名が変わることを伝える必要があります。

中には「しばらくの間は旧姓のまま…」ということも多いですが、そうそうに変えてしまおう!という人も多いです。

もちろん、元夫と真剣に話し合いを重ね、もう一度やり直すことを決めた人がほとんどでしょうが、「同じ結果になったら困るな…」と不安感を抱く人も多くいます。

今度こそは!という思いを抱いて、復縁をしても時々はケンカもするでしょうし、あなたの中で「やっぱりこういうところは嫌いだな」と思うこともあるでしょう。

そんな時にふっと「こんな風に思っているけど、もう別れるという結果になってはいけない…」と感じため、こうした不安感がプレッシャーとなって心の歪みになる可能性もあります。

本当は、再婚できてすごく幸せ!と思っていても、素直に元夫に接することができなくなってしまったという人も多いんです。

本来、そばにいる存在として夫婦や親子というのは誰よりも正直にお互いの感情をぶつけ合わなくてはいけないのに、なかなかそれができずに苦しむ人もいます。

やり直すのであれば、入念に相談を繰り返し、本当に問題がないのかを夫婦で確認し合いましょう。

離婚するに至った原因が解決されているかどうか、というのも重要な部分なのできちんとお互いの気持ちを確認し合うことが重要になります。

子供の幸せのために…と考えてよりを戻す時の注意点

何か良くないことがあったとしても子供のせいにしない

注意点1子供の幸せのため、子供の将来のために元夫と再婚した場合、基本的にあなたは自分が我慢しているという気分でよりを戻すことでしょう。

もちろん、あなた自身が「絶対に無理」「元夫とよりを戻すくらいなら子供の親権を渡したっていい」くらいに拒絶反応があれば別ですが、そうじゃない限り、抵抗感が生まれることはありません。

しかし、誰かのために自分を犠牲にしている、我慢しているのだと思い込みすぎると、何かの拍子に元夫とうまくいかなくなったり、揉めごとが発生すると「こんなに我慢しているのも、辛い思いをしているのも子供のせいなのだ」と思ってしまうことがあります。

子供としては、両親が一緒にいてくれることは嬉しいですし、再度一緒に生活できることで両親が笑顔になってくれるのであれば、それ以上にうれしいことはありません。

ですが、母親が何か辛いことがあった時に「あんたのために再婚したのに」「とても辛い」など言い出すと、子供は親が思っている以上に自分を責めるようになります。

自分がわがままだから、お母さんは再婚してくれたのに、傷つけてしまった、そんな風に思うのです。

本来なら、親は子供を守るべき存在としていなくてはいけないのに、逆に子供が気を遣って親の顔色をうかがうようなことになりかねません。

こうした環境は、子供の精神的成長に著しく悪影響を及ぼします。

家庭、というのは子供が最初に関わる社会の縮図です。

辛いものにならないよう、親が配慮する必要があります。

元夫側に状況の変化がないかどうかをしっかり確認しておく

注意点2元夫と再婚するときの大きなメリットとして、やはり経済的な面で安定するという部分を見逃すわけにはいきません。

シングルマザーが最も苦労する局面であり、経済的に不安定な状況が続くと子供との関係性にも歪みが生じます。

母親がストレスを溜め込んだ状態だと、子供は敏感にそういった環境の変化を察知し、母親の機嫌を取るようになるのです。

そんな子供の姿を見て、母親は申し訳ないなと思いながらも自分の状況が苦しいままでは子供の気持ちをケアするところまでは意識が向きません。

そのため、いろんな思いや藁をもすがる思いで、元夫と再婚する人も多く、経済的に安定させてくれていた元夫に感謝の気持ちが芽生えたりもします。

ここで注意しなくてはいけないのは、別れてからすぐによりを戻したのであれば問題ありませんが、しばらく1人で頑張っていた状態で再婚した場合、ある程度の年月が経っているので、元夫の収入や生活状況が変わっていないかどうか、という点です。

一般的に、最後の記憶のまま今に至る、という人も多くいます。

ただ、人間必ずずっと同じ生活が続くとも限りませんし、元夫も離れている間に色々な変化があったかもしれません。

別れてからずっと定期的に連絡のやりとりを続けていたのであれば別ですが、自分の状況が苦しくて相談してから…という流れです。

そうなると相手の状況などについてそこまで深く知ることができません。

元夫婦といえども、やり直す直さないの話になる時は男女の関係として感情が先に出てくるものなので、あまりお互いの「今」を知らずに復縁する人も多いです。

気持ちが盛り上がった状態で再婚するため、パッと冷静になった時「あれ?結婚してた時と全然収入が違うのでは?」と驚くことがあります。

さらに、以前ならお酒を飲まなかったのに飲むようになっていた、新しい趣味にお金を注ぐようになっていたなど、人間なのでいろんな変化があるのは当然です。

そういった変化をあなた自身が受け入れられるものなのかどうか、というのは実際に確認しておかなくてはわかりません。

なので、感情に任せてよりを戻してしまう前に、きちんとお互いの今の状況を伝え合い、一緒になることで支え合える人なのかを見極めましょう。

別れるにいたった原因

注意点31人になって、気持ちが落ち込み、寂しさなどで元夫に頼る人も多いです。

そのほかにも、子供がずっと「パパに会いたい」などと言うことによって、子供の笑顔を奪ってしまったのでは?と離婚を後悔する人もいます。

目先の後悔、というのは自分の判断能力を著しく低下させ、将来的にどうなっているのか?という点を考えられなくするのです。

自分の子供がかわいそうだから、今私が寂しいから、誰かに頼りたいからという気持ちで再婚したとしても、結果また同じことの繰り返しになりやすいです。

いろんな要因が重なった結果、再婚したいなと思う場合はまず、自分たちが別れた理由が解決しているかが重要なポイントです。

金銭的な問題、相手の浮気、性格の不一致、子育ての価値観の相違などあらゆる部分で違いが出てくるので、重大な問題が夫婦間で起きた結果、別れているのならまずは問題が解決できているかは再婚の大きな壁だと思ってください。

仲が深まるにつれて、再度不満が爆発することもあり得るので、後悔しない再婚をするためにも、問題解決ができているかは注意して考えておきましょう。

元夫との復縁を子供が嫌がる時の納得してもらえる対処法

3人で会う機会を増やしていく

納得してもらえる対処法1子供にとって、一度離れ離れになった父親を受けいれるということは非常に難しいです。

まだまだ小さな年齢であれば、少し雰囲気は変わってきますが、小学生くらいになるとどうして自分の両親は揃っていないのかということは十分に理解できます。

そのため、中には「母親を傷つけた人だ」という思いが拭えない場合もあるのです。

別れるときに、なぜこのような結果になったのかということを子供に丁寧に説明する親は、ほとんどいません。

気付いた時にはすでに戸籍が抜けていて、子供は母親と一緒に暮らしているというような状況になります。

どちらかについていくだけならなかなか子供の感情が追いつきませんし、子供は親のおもちゃや持ち物ではありません。

別れてしまったことは理解できるけど、なぜお父さんもお母さんも自分に何も言ってくれないんだろうか?という疑問点が強く沸き起こります。

ただ、親としても子供を巻き込んだ会話は避けたいものなので、もしも話した場合でも「別れることにしたんだよ」「あなたはお母さんと一緒に暮らそうね」という程度のことだけです。

なので、離れ離れになっている間は、子供もお父さんのことを考えないようにしていますし、お母さんとの生活に満足しようと一生懸命気持ちの整理をしてくれています。

しかしそんな時に、また両親が結婚して一緒に暮らそうとしているともなれば、当然反発してしまうものです。

そこで、もめずに再婚を子供に認めてもらうためには、再婚を視野に入れ始めた頃から子供と3人で会う機会を増やしていきましょう。

もともと家族だったわけですから、最初のうちはギクシャクしてしまったとしても、少しずつ距離感を元に戻すことは可能です。

改めて家族としての関係を取り戻すことができてきたら、頃合をみて「また一緒に暮らそうと思うんだけど…」と切り出してみましょう。

その頃には、一緒にいることに慣れてきているのですんなりOKが出やすくなります。

なぜ子供は再婚して欲しくないのかについて話をする

納得してもらえる対処法2本来なら、もともと家族だったわけなので、再婚するとなってもそこまで抵抗感はないはずです。

通常なら、全く他人の男性が母親と再婚する方が子供にとってはストレスとなりますし、抵抗感を抱きます。

なのに、元夫と再婚することに対して、子供が抵抗感を示す理由としては「あんなに嫌がっていた人となぜまた一緒に住もうとするのか?」といった純粋な疑問からです。

別れる決意をした時は、もう二度と一緒にいることはない!と決めていた人も多く、そんな母親の姿を子供はじっと見ていました。

にも関わらず、同じ人と再婚するともなれば、子供にとっては理解ができない出来事です。

また同じ悲しみに苛まれてしまうのではないか?という不安から、母親の再婚に反対してしまいます。

両親としても、本当の親同士が再婚するわけだから、子供からの理解も得やすいと見込んでいたでしょうが、現実は少し複雑です。

小学生未満ならまだ、素直に両親がまた一緒になってくれることを喜びますが、小学生以上になるとある程度空気も読めますし、親に対する気を使うこともあります。

自分にとって、両親が離婚したことはすごく悲しい出来事だったのに、何もなかったかのように再婚することに抵抗感があるのです。

そのため、まずは子供と1対1で話す場を設けましょう。

最初から3人で話し合いをすることも1つの手ですが、まずは母親が子供に対して丁寧に気持ちを説明してあげてください。

どうして再婚しようと思ったのかを伝え、そこを踏まえて子供の気持ちも聞いてあげましょう。

絶対に避けなくてはいけないことは、子供感情を押し殺して、自分の気持ちを突き通そうとすることです。

両親の幸せを願うのが子供の役目だ、というようなことはしてはいけません。

子供の自尊心を傷つけ、まるで用のない人間だと思ってしまう可能性もあるので、お互いの気持ちの折り合いがつくように冷静に話し合いをしてください。

子供や自分の誕生日・年末年始などに元夫を呼ぶ

納得してもらえる対処法3本当の親なのに、なぜ再婚を拒むのだろうか?と大人としては不思議な気持ちになることでしょう。しかし、子供は子供なりに葛藤をしているのです。

別れることを決めた時、子供は大きなショックを受けました。さらにいえば、お父さんが何も言わずに自分と離れていったことにも、ショックを受けています。

まるで、自分は不要な存在に感じられますし、嫌われてしまったのではないか?という疑心暗鬼にも繋がります。

両親としては、自分の子供が憎いわけない、と思うでしょうが、子供は両親が離れ離れになることを自分のせいなのかな?と無意識に思ってしまうのです。

愛されている気持ちが薄れていき、母親と2人の生活に虚しさを感じます。ただ、その中でも「お母さんと2人で頑張っていかなくちゃ」と子供なりに気持ちを新たに生活をリスタートさせる子が多いです。

なのに、元夫と母親が再婚するとなれば、あの時頑張った自分の気持ちは一体どうなっちゃうの?と不満に感じます。

だからこそ反発してしまうもので、父親にも母親にも素直になれない子がたくさんいます。そこで、少しずつ関係性をやわらかくさせるためには、何かしらのイベントに元夫を呼ぶことです。

子供や自分の誕生日、クリスマスやお正月など、家族で通常なら過ごすイベントに元夫を呼ぶことで、子供が父親と会話をする機会も増えますし、その時にお互いの気持ちを話すことにもなります。

家族だとしても、会話をしない限り相手の気持ちを理解することはできません。

よいきっかけとして、イベントを活用してみましょう。

ただ、子供の中には抵抗感をあらわにする場合も多いので、無理強いは禁物です。

元夫との再婚は子供のことを含め慎重に

子供のために復縁するのは正解? まとめ通常のカップルがよりを戻すのとは違い、子供の問題や自分の社会的な問題としても非常に色々気を使うものです。

経済的な面や精神的な面で、お互いが支えになることを再認識した場合に再婚を意識すると思います。

ただ、色々な障害だったり、周囲の理解を得られないこともあるので、再婚に踏み切るまでには少し時間をかけてじっくり決めましょう。

丁寧に出した結論は後悔しないので、まずは自分の気持ちと向き合い、子供と自分にとって最善の結論を出してください。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事