離婚後に復縁を叶える可能性が高いのはこんな夫婦!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

復縁、というのは何も付き合っていた2人が別れてもう一度付き合うことだけではありません。

一度結婚して離婚した2人も復縁の可能性があるのです。

離婚ともなると、非常に復縁は難しいのでは?と感じます。

結婚というのはどうしても、あらゆる責任がつきまといますし、離婚するまでにもいろいろ心が揺れたことでしょう。

そうまでしても離婚を決めたのであれば、復縁はなかなか難しいと思うことは当然です。

ですが、全く希望がないというわけではなく、別れ方によって違いがあります。

離婚後に復縁を叶える可能性が高いのはこんな夫婦!といった点をご紹介します。

また、離婚した2人の愛情を修復させる方法やスムーズに再婚する方法など離婚後の復縁についてお伝えします。

目次

離婚した事を後悔…元夫と復縁したくなった理由やきっかけ

子供のことで相談に乗ってもらったり頼りになった時

元夫と復縁したくなった理由やきっかけ2夫婦なので、子供がいる家庭も当然あります。

離婚して夫婦関係が解消されたとしても、子供の親であることには変わりはありません。

そのため、子供の行事の時だけは会うことがあったり、子供との関係で悩んだ時などは連絡をして相談をするという人も多くいます。

そこで、子供のためにお互いがいろいろ話をしていくうちに、ふっと「やっぱりこの人は素敵な人だ」「家族には欠かせない存在だ」ということに気付きます。

それは、あなただけではなくて元夫が感じる場合も非常に多く、子供を間に挟むことによって冷静な気持ちで相手を見ることができるのです。

特に子供は純粋に両親を愛しているので、やっぱり家族みんなで一緒にいることが本来の幸せなのかな?と思うことはよくあります。

離婚をするまでは、元夫に対して「子育てに協力的ではない」と思ったり、「自分のことばかり考えている」なんて思うことが多々あったかもしれません。

でも離れてみて、改めて元夫が家族のことを大切に思ってくれていたとか子供に対する元夫の態度などを見て、考えが改まる人もたくさんいます。

子供にとって元夫の存在がどれだけ大きいのかを知ったり、夫婦関係が終わった後でも子供のことを相談しているうちに頼りにしている自分の気持ちに気付くこともあります。

家族間で大切な存在だったということを子供を通して知ることは変なことでも、不自然なことでもなく割と自然な感情です。

夫婦、というのは子供がいることによって一層強い絆で結ばれていて、目に見えない絆は離れてからじゃないと気付けないものです。

だからこそ、子供を通して関わることによってお互いや家族そのものの大切さがわかります。

子育ては自分1人ではできないこと、元夫がいなくて子供が寂しそうにしているなどがあれば、復縁して一緒にいた方がいいのかな、と思うきっかけになります。

結婚生活で自分にとっての後悔が心の中に残っている

元夫と復縁したくなった理由やきっかけ4人は、何かが終わる時に後悔せずにはいられない生き物です。

例えば、家族が亡くなった時などは「もっと何かしてあげられたのではないか」とか「こうしておけばよかった」などいろんな後悔が頭をよぎります。

離婚も同様で、結婚していた時は「もう関係の修復は不可能」とか「一緒にいたくない」と思うかもしれません。

だけど、実際に離れてみてふっと元夫のことを考える時、「もっと私がこうしていたら関係は違っていたかな?」「あの時あんな態度を取らなかったらまだ一緒にいたのかもしれない」など、いろんなことが頭の中を巡り、離婚したこと自体を後悔する可能性が高いです。

離婚をする時、絶対に離婚することでしか解決できない関係であれば仕方がありませんが、そうじゃない限り関係修復の努力をすることはできるものだといえます。

そういった努力が少なく、早い段階で離婚することを決めたのであれば、離婚した後に後悔ばかりが出てきてしまいます。

何事も、後悔しないように行動しようと思ってもなかなかできません。

結婚生活を続けている時は、冷静に物事を判断できなかったかもしれませんし、元夫から「別れたい」と言われたのであれば、話し合いする時間がとれなかったということもよくある話です。

結婚生活について、自分がどれだけ努力できたのか、精一杯向き合ったのかによって、離婚した時の納得度は変わってきます。

離婚しようと思った時、して欲しいと言われた時は冷静に話せていたかをもう一度振り返った時「どうしてあんなことも言ったのだろう」と思ってもいなかったことを口走ったかもしれません。

あれこれ後悔をしてしまうと、やはり離婚について深く考えて、もう一度一緒にいたいと思うようになります。

離婚というのは、非常に重たい判断にもなるので、気軽に復縁したいと思うことは難しいですが、後悔する気持ちがあるということは、復縁した時に関係が良好に保てる可能性が高いです。

離婚して初めて元夫のスペックの高さに気付いた

元夫と復縁したくなった理由やきっかけ1時々、女性は打算的に相手を見ることがあります。

離婚する前は「こんな人と一緒にいたくない」と相手への不満が募っていたかもしれません。

ですが、実際に離婚してみて、1人になると元夫と一緒にいることによっていかに良い生活を送ることができたのかということに気付きます。

自分で全ての生活費を作り出さなくてはいけなかったり、頑張って仕事をしたとしても元夫と暮らしていた時のような豊かさを手に入れられないこともあるのです。

そこで「それでもいいから離婚したかったんだ」と自分の気持ちに自信が持てるのであれば別ですが、1人になって不便な生活に辛さを感じると「やっぱり離婚しなければ良かった」と思うこともあります。

例えば、離婚したい理由が2人にとって話し合いをすれば改善させられたかもしれないものだったとして、離婚後の生活が不便に感じると「あの時我慢していたらよかった」という後悔につながります。

離婚した後に復縁を望むきっかけの多くが、離婚したことへの後悔です。

もう一度やり直すことができたら、きっと自分達はうまくやれるのに、と結婚生活を振り返って元夫のスペックが高いことに気付くと一層復縁したくなります。

打算的な話かもしれませんが、夫婦関係は離れて初めてわかることだってたくさんあります。

自分の環境がとてもよかったことを理解すると、復縁したい気持ちが強くなるのは、不思議なことではありません。

体調を悪くした時に支えられたことがきっかけ

元夫と復縁したくなった理由やきっかけ3離婚した後、お互いが独り身であれば、風邪などの体調不良の時にとても不安な気持ちになります。

元夫もそうですが、あなた自身も体調を悪くすればとても不安定な感情になり、心が寂しくなります。

人間は元気な時であれば気付きませんが、体調が悪くなり気持ちが不安な時はどうしても寂しいなという気持ちが勝るのです。

寂しいという気持ちは、ふっと夫婦だった日常を思い出させて、元夫は体調が悪かった時にこんなことをしてくれたとか看病してくれて嬉しかったことなどを思い出します。

そんな時に、つい元夫に「体調が悪い」とメールやLINEを送る人もいます。

そこで、元夫から優しい言葉をかけられたり、実際に食料や飲み物などを買ってきてもらったことがきっかけで「やっぱり優しい人」と思いますし、「2人でいた時間は幸せだった」と思うようになるのです。

復縁したい、と女性が思う多くのきっかけは、離婚したことへの後悔と結婚生活が楽しかったのだと思い出した時です。

体調不良はそういうきっかけをつかみやすい大きな理由の1つだといえます。

復縁が叶う可能性が高い夫婦の特徴や離婚方法

夫婦関係が悪くて離婚したわけじゃない場合

復縁が叶う可能性が高い夫婦の特徴や離婚方法1夫婦なので、いろんな事情が結婚生活の中で湧き起こります。

楽しいことはもちろん、辛いことや悲しいことなど毎日一緒にいる中でたくさんの感情を経験することでしょう。

付き合っている時は、ただ相手のことが好きかどうかだけが重要でしたが、夫婦の場合はそういうわけにはいきません。

例えば、産後に気持ちの余裕がなくなって別れてしまったとか、好きな気持ちはあるのにこのまま夫婦でいていいのか疑問を感じて別れた、などお互いのせいではなく、ただタイミングや毎日の疲れによって別れることもあります。

そういう別れ方は、離婚した後に後悔することも多く、時間が経つと気持ちに変化を感じるものです。

1人になることを選んだのに、その決断になぜか自身を持てないという感情になると復縁がしたくなります。

離婚することが最善だと思っていなければ、どこかのタイミングで復縁したいなと思うものですし、後悔もひとしおです。

離婚した理由がお互いを嫌いになって、泥沼のようなものでなければ復縁することは不可能ではありません。

お互いが、離婚した時に感じた印象や気持ちというのは離れてから徐々に変わっていくのはよくあることです。

夫婦関係が悪かったわけじゃないのであれば、きちんと話し合いの機会を設けたり、きっかけさえあれば、復縁することは難しくありません。

恋愛での復縁もそうですが、付き合っている時や別れた時にとても嫌な思いをしたり、不愉快な感情を抱いた抱いていないかで大きく可能性が変わってきます。

特に夫婦関係は好き嫌いだけでは補えない感情や事情があるものですから、恋愛ほど単純ではありませんが、負の感情が強ければ強いだけ復縁が難しくなるので、夫婦関係が悪くなく離婚したのであれば復縁できる可能性は高いです。

子供がいて家族仲は良かった場合

復縁が叶う可能性が高い夫婦の特徴や離婚方法2夫婦にとって、子供という存在は非常に大きく、つながりを感じる部分です。

お互いがいなければ子供は誕生しませんし、子供がいることによって得られるものは計り知れません。

夫婦2人だけの時とは全く別の幸せな時間や思い出が子供と刻まれているので、やはり離婚した後でも子供の存在は切っても切り離せません。

例えば、夫婦だけだと少し気持ちが滅入ってしまったり、気まずい思いをすることもあるかもしれませんが、子供と一緒にいることによって心の緩和ができて、幸せな時間を過ごしていた夫婦は、離婚をした後も復縁の可能性が高いです。

なぜなら、子供を通して幸せな体験をしていた人が多く、子供の笑顔を離婚によって
失わせてしまったのでは?という後悔や罪悪感に苛まれてしまいます。

さらに、子供との時間を思い出して元夫が寂しいと思うこともありますし、あなた自身もいつも家族で食事をしていたのに、別々になっていることに対して寂しさを感じるものです。

みんなで一緒にいることが当たり前になっている時間がなくなったことに、とても不安感が出て「また一緒にいたい」と思うものです。

子供という大きな存在は、2人を再度夫婦にしてくれる可能性が高く、家族仲の良さは改めて連絡を取り合う大きな要因にもなりますし、一緒にいる時間が少しでも取れるのであれば子供を通して関係を修復することは可能だといえます。

ただ、子供を通して一緒にいる時間を増やす場合、子供に不用意な期待感や負担をかけないようにしましょう。

子供は純粋に親の離婚に傷つき、また両親との時間を過ごすことに対して純粋に喜びます。

だからこそ、復縁に対しては子供の気持ちを最優先にしてください。

子供の気持ちが不安定な場合は、すぐに元夫と会うようになるのではなくて、メールやLINEだけにするなどしっかりと配慮するようにしましょう。

双方の両親との関係が良くいがみ合って離婚したわけじゃない

復縁が叶う可能性が高い夫婦の特徴や離婚方法3よくある離婚の理由は、姑との関係が悪いとか双方の家庭での関係性があまりよくないことから夫婦関係が悪くなってしまうというものです。

やはり、恋愛と結婚の大きな違いは双方の家庭との関わり合いです。

恋愛の場合は、お互いを見ることに一生懸命で好きという感情さえあれば問題もありません。

でも、結婚は双方の家族との関係が良好であることも望ましいといえます。

お正月やお盆など、イベントごとに双方の実家に行く際に関係があまりよくないと一緒に行っていても疎外感を感じてしまいます。

結婚して家族になったのに、相手の家族から自分を受け入れられないとすごく悲しい気持ちになります。

そういった気持ちに対して元夫が配慮してくれなかったり、あなた自身も改善を試みることができないという場合は離婚を選択することもありえるのです。

それくらい、お互いの家族との関係というのは、自分自身の家庭関係よりも重要なポイントだったりします。

逆に、双方の家族関係がよければ、そもそも離婚する時にもとても悩むものです。

「あんなに良くしてくれた元夫の家族に対して申し訳ない」とか「元妻の家族と離れるのはとても寂しい」といった感傷的な気分になります。

もちろん、双方の家族も離婚の事実を知るととても悲しい気持ちになるでしょうし、子供がいたとすれば孫に会えなくなるのでは?という気持ちにもなります。

離婚した時の罪悪感は、その後の後悔につながるものです。

お互いの家族が仲良しであれば、復縁のきっかけをつかみやすいですし、後押しもしてもらえるかもしれません。

双方の家族関係が悪ければ、復縁に反対される可能性もあるので、良好な家族関係を築けている場合は、復縁に対しても双方前向きになれるのです。

自分の家族と相手が仲良くしてくれたことは、やはりとても素敵なことですし、復縁した時にまた一緒に家族として迎え入れてもらいやすいことは復縁に対して大きな後押しになります。

恋愛と結婚の大きな違いだと理解しましょう。

生活のズレが引き起こした別れ

復縁が叶う可能性が高い夫婦の特徴や離婚方法4結婚生活は、恋愛と違って毎日一緒にいるものです。

同じ時間を過ごすことが普通になるので、どうしても揉めことは増えてしまいます。

一緒にいればいるだけ意見の交換もありますし、意見の対立もあるものです。

そういったケンカは夫婦関係を深めるためにはとても必要なことで、夫婦といえども他人であり、本当の意味で家族になるには時間が必要だといえます。

ケンカをするため、というわけではありませんが、きちんと2人の時間を持つことがとっても大切です。

子供がいる場合は、なおさら夫婦間での話し合いや子育てへの気持ちを伝え合う時間が必要になります。

ですが、男性はよく「仕事が忙しい」と女性の話を聞かない傾向が高いです。

もちろん、しっかりと働いて家庭を守ろう!と思っているからこその言葉なのかもしれませんが、女性は毎日家庭と向き合っています。

共働きの場合は、家事も仕事も一生懸命になっている人がほとんどです。

そこで、大切なのは夫である男性がどれだけ話を聞いてくれたのか、という部分です。

この点を男性は理解しない傾向が高く、女性の話を「くだらない世間話」程度に受け取ってしまいます。

そうなると、女性は話す気持ちも失せてしまって、だんだん夫婦の間で会話がなくなり、顔を合わせる時間も減ります。

結局「結婚した意味あったの?」と女性男性どちらからともなく離婚を決めることは、珍しいことではありません。

でも、この理由で別れた場合は、お互いが離れた後に反省します。

女性はもっと冷静に話し合いをすればよかった、と思いますし、男性はもっと話を聞いてあげたらよかった、と思うものです。

こうした後悔は、機会さえあればもう一度相手と話をしたいと思う理由にもなるので、きっかけとタイミングが合えば復縁する可能性が高いです。

別れた後に、きちんとお互いが反省し関係を見直すチャンスが欲しいと思っていることが重要ですが、そこまで深く感じていなかったとしても、会うようになって自分の気持ちを素直に伝えることができれば、深く相手の気持ちを理解することができます。

お互いがお互いを尊重し、生活ペースを合わせようと思うことも離婚後の復縁には重要な考え方です。

復縁成功の確率が低い夫婦の特徴や離婚方法

すでに元夫に再婚を見込む相手がいる場合

復縁成功の確率が低い夫婦の特徴や離婚方法1離婚の理由が元夫に新しい恋人がいるとか、浮気が原因など異性関係だった場合、離婚後に復縁をすることは非常に難しいです。

そもそも、新しい恋人がいるから別れて欲しいと言われたのであれば、相手の女性と再婚する気持ちがあるかもしれませんし、異性の存在をあなたに伝えているのでもう気持ちがないことの表れです。

新しい人に対して気持ちが向いているのに、あなたが一生懸命元夫に対して復縁アプローチをしたところで関係の修復は望めません。

また、離婚理由で多いのは元夫の浮気が原因というものです。

浮気をされてカッとなって勢いで離婚したけど、離れたら寂しくなって復縁したいと思う人も中にはいます。

でもよく考えてみてください。

浮気をするような男性は、いつまで経っても浮気をします。

浮気がバレるたびに今度はバレないようにやろう、と巧妙になっていくものです。

そんな人と復縁をしてもあなたは幸せにはなれませんし、復縁後も「また浮気されるのでは?」と不安に感じます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

元夫に新しい女性がいる場合も同様で、もしも無理して復縁したとしても結局一度元夫はあなたがいるのに浮気をして、新しい女性を選んで離婚したのだ、という事実は消えるものではありません。

その時に受けた心の傷はなかなか癒えるものではないのです。

異性関係がだらしない人は、何歳になっても一度離婚して復縁することができたとしても、またあなたを不安にさせて、裏切る可能性がゼロとはいえないので、復縁の可能性も低いですしそもそも復縁しないほうがいい相手ともいえます。

DVやモラハラが原因で離婚した場合

復縁成功の確率が低い夫婦の特徴や離婚方法2DVやモラハラという言葉が知られるようになってきたのは、最近のことです。

以前であれば、男性が女性に暴力をふるったとしても、言葉で嫌な思いをさせたとしても、それは単なる痴話喧嘩の延長のように思われてきました。

しかし、現在ではDV法というものもあり、一度や二度ではなく暴力をふるったり、言葉で女性を支配下に置くような行為は離婚事由になります。

そういった理由で離婚した夫婦は、復縁をしない方が良いです。

人間というのは、自分に対してどれだけ嫌な思いをさせてきたとしても、離れた後は普通に記憶として処理されてしまったり、美化されることも多くあります。

ただ美化された記憶というのは、あまりにも嫌な思い出だから歪曲してしまったという人もいますし、どこかで「自分は間違っていたのかもしれない」という不確かな思いから生まれるものです。

DVやモラハラといった、その人本人の人間性が関係してくる部分だと、改善することは難しいといえます。

最初のうちは優しかったとしても、一緒にいることが当たり前になっていく中で結局同じことの繰り返しです。

今度は一度復縁しているので、そう簡単にまた別れることはできないとか我慢しなくちゃと思って、一層自分を苦しめる可能性があります。

結婚生活というのは、どちらかの我慢で成り立つものではありませんし、ましてや直接的間接的であっても暴力は絶対に許してはいけないのです。

もしも子供がいれば、家庭環境というのは非常に重要な部分なので、DVやモラハラをするような人とは復縁しない方が自分自身のこれからのためだと思いましょう。

お金の問題で離婚した場合

復縁成功の確率が低い夫婦の特徴や離婚方法3「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、お金の問題というのは非常に現実的で難しい問題です。

恋愛中ですら、相手に対して「優しい人だけど将来性がないから結婚はちょっと……」と思う女性はたくさんいます。

また、結婚した時はまったく金銭面での問題はなかったとしても、転職や病気などで思うような収入増加が見込めない場合もたくさんあるのです。

そんな時に、女性の方も自分が働いて養う!くらいの覚悟を持っている人はそうそういません。

現在は共働きが当たり前の世の中になってはきましたが、まだまだ男性が生計維持者の場合がほとんどで、女性はその補助的な収入しかないことが多いです。

そのため、結婚生活を続けていく上でお金の話というのはついてまわります。

愛情だけが結婚生活の全てではない、といったシビアな感情を持っている人も多いですし、結婚生活が長くなるにつれて、金銭面で不満を感じるということもよくあるのです。

お金の問題で別れた2人は、その後の状況が変わったり、やっぱり一緒にいたいと思ったとしても、結局お金の問題にぶち当たったらまた気持ちが離れるのでは?と元夫は不安に感じます。

誰でもそうですが、お金や環境、スペックなどで自分を選んだ相手とは長く一緒にいることは難しいとかんがえています。

本来の自分の内面を知った上で好きになってほしいと思うのは、何も変なことではありません。

女性が思う、お金の余裕が欲しいという気持ちもわかりますが、復縁について考えるのであれば、お金が原因で離婚した2人は復縁する可能性が低いです。

復縁や再婚を切り出す前に!将来に繋がる愛情の修復方法

定期的に会う機会を設け、家族だった頃の心地よさを思い出してもらう

将来に繋がる愛情の修復方法1離婚した後も、何かと連絡を取り合う機会はあるはずです。

例えば、子供の行事であったり忘れていた手続きがあったなどがあれば連絡を取ることもできます。

離婚したいっても、非常に揉めて別れたというわけでなければ、元夫も子供のことや何かしらの手続きに関しては普通に対応してくれるものです。

そこで、会う機会をどうにか設けるようにしてください。

電話やメールだけでは伝わりにくいとか、子供のことだから会って話がしたいなど恋愛関係だった2人ではないので、何かと理由をつけることはできます。

元夫も、負の感情が強くない限りあまり元妻に悪い印象を持っている人も少ないので、ちょっと会うくらいならいいかな?程度に考えています。

会うきっかけさえ掴めたら、もともと夫婦だったのでそこまで気まずい思いをすることはありません。

むしろ、夫婦だった頃を懐かしく思うようにすらなります。

歪みあって、揉めて離婚しておらず、きちんと話し合いを重ねたなどしていたら、何も問題はないわけです。

でも、後悔がなければただ事務的に会うだけなのでは?と思うかもしれません。

たしかに、ただ用件を伝えてさようならとしてしまうのであれば、チャンスは全然ないといえます。

しかし、一度や二度ではなく、定期的に会うようになれば話は別です。

そんなに用事はないかもしれませんが、子供がいる人の場合なら月に1回でも一緒に過ごすこともあるかもしれませんし、子供がいなくてもそれとなく理由をつけて会うことは可能です。

恋愛関係の復縁と違って、結婚した2人には自分達でも気付いていないような絆が生まれていることが多いんです。

だから、定期的に会いたいと元妻から言われても「なんで、嫌だよ」と拒絶する男性の方が少ないといえます。

当然、元夫に新しい恋人ができたとかもう会う気はないと言われてしまったらそこは諦めるタイミングだと思うべきですが、そうじゃなければちょっと積極的に会う機会を増やしてください。

何度も会っているうちに、結婚している時もこんな感じだったとか、あなたのこんなところが好きだった、楽しかったなど、前向きな感情を思い出してくれます。

明るい記憶を取り戻すことができれば、また2人の間に優しい空気が流れることはまちがいありません。

きっかけ作りは難しいかもしれませんが、会うことが難しければ最初は電話からなど段階を踏むと元夫も警戒しませんよ。

離婚した理由について考えよく2人で話をする

将来に繋がる愛情の修復方法2復縁をしたい、と思った時、とにかく「どうして別れたのか」について考えることが必要です。

この時、恋愛であればお互いが離れている冷却期間中に考えてみて、いざ復縁のアプローチをする時に改善を見せたらよいのですが、離婚してからの復縁の場合はそういう問題でもありません。

なぜなら、結婚生活は2人がきちんと別れた理由について考えた上で前を向かなくてはいけないからです。

結婚生活はこの先何十年と続くことが予想されます。

そんなに長い期間一緒に過ごすわけですから、復縁したいと思っているのであれば全てを話す必要があるのです。

お互いの気持ちをしっかり話し合って、どうして離婚したいと思ったのか、どうして離婚するような状況になってしまったのかを話してみてください。

最初は「いまさら、そんな話はしたくない」と元夫は背を向けるかもしれませんが、復縁するしないに関わらず、納得感のない離婚をした2人は一度話し合いを通して気持ちをスッキリさせた方が良いですよ。

ケンカをするわけではないので、きちんと大人同士の冷静な会話の中で、離婚について話をしてみてください。

そこから、今あなたがどう思っているのか、元夫についてどんなことを後悔しているのかを伝えることによって、元夫にもあなたの真摯な気持ちが届くはずです。

離婚は、非常に大きな出来事です。

そんな風に踏み出さなくてはいけなかったのか、何か改善の余地はなかったのか、関係を修復しようと結婚している時には考え行動したのか、ということをよく話してみましょう。

避けられるようであれば、最初は簡単な雑談から開始してみてください。

すぐに話すことができなかったとしても、定期的に会ったり、メールやLINEをしてコミュニケーションをはかっていれば、必ず話すきっかけはつかめます。

その時に自分の気持ちを隠したり、保身に走るようことは絶対にしないようにしましょう。

相手へ与える印象は、あなたの言葉選びや会話のトーンでかなり変わってきます。

変に勘ぐられないように、きちんと落ち着いて順序立てて話すことが不可欠です。

連絡を絶やさず相手に配慮しながら支える気持ちで接する

将来に繋がる愛情の修復方法3離婚した後も、メールやLINEだけはやりとりをしているという人も多くいます。

復縁をしたい、と思っているのであれば1日1回でもいいので、何かしら連絡しましょう。

子供の様子でもいいですし、他愛もないことでもなんでもいいです。

とにかくあなたの存在が元夫の中で薄くなってしまわないように、きちんと絶えない連絡をすることが必要になります。

「離婚したのに図々しいと思われないだろうか」と不安に感じるかもしれませんが、きちんと相手に対して配慮した内容であれば問題はありません。

例えば、最近仕事どう?でもいいですし、体調悪くしてない?とかきちんと食事はしてるの?なんてどこか母親のような内容の連絡をしてください。

元夫から見ると、あなたはいつまでも自分を心配して支えようとしてくれる人、という印象になります。

自分にとってどんな人が必要なのか、どんな人と一緒にいたいのか、ということを通常離婚した後に考えるものです。

この点を考えなければ新しい恋愛に踏み出すことはできませんし、これからの自分に対して前向きになることができないためです。

離婚した後も疎遠にならずに自分を心配してくれて、連絡をくれる人というのは非常に素晴らしい存在に見えるものだといえます。

それに、通常は別れてしまえばもう連絡もしたくないとか、連絡をしてもどこかぎこちない状態になるかもしれない状況で、変わらず優しい態度をとっている元妻を見て、とても元夫は感謝します。

離婚の原因がどちらにあるとか、離婚したいと思った事実はどうしたって消しされるものではありません。

お互い反省する点はあるでしょうし、改善しなくてはいけない壁もあると思います。

でも、変わらない態度で相手に接することは非常に難しいはずなのに、してくれるということはそれだけ自分を大事に思ってくれているのだと元夫に知らせる大きなポイントです。

相手に気兼ねして、なかなか連絡を取れないという人もいるかもしれませんが、結婚生活があまりに短かった場合は別ですが、何年も一緒にいた間柄なら連絡をとっても相手に嫌な思いはさせません。

連絡を取り続けることによって、相手の状況をよく理解できますし、的確にアプローチにタイミングを見計らうことができるので、必ず連絡だけは絶やさないようにしましょう。

もう一度心が通い始めたらすぐ実行!スムーズに再婚する方法

相手の変化も受け入れて前向きに会話をする

スムーズに再婚する方法1連絡を取り続けたり、会う回数が増えてきた頃、当然相手も離婚した時と現在とでは変化があります。

仕事でも価値観でも、何も変わらない人間はどこにもいません。

変わらないように見えても何かしら変わっているものです。

自分自身も変わったはずだと冷静に誰に対してもフラットな目で見ることができれば、再婚に対しての話し合いについても冷静に会話ができます。

基本的に大事な話をする時に感情論をぶつけてはいけません。

感情的になってしまうと、本当に伝えたいことが見えなくなるので、冷静さを失わないことは必要です。

相手の変化を受け入れることができた、というのはあなたの中で再婚したい気持ちがしっかりと固まったという意味にもなります。

なので、復縁のアプローチをする際にはまず、お互いが変わった部分について話してみると話しやすいです。

昔はこんなところがあったけど、今は違うとか、元夫と離れてみてこんな風に思った、など、過去を懐かしむのではなくこれからの将来に対して、その変化がどう影響するのかを話すようにしましょう。

その後、「私の気持ちとしては、またあなたと一緒にいたい」という思いを伝えてみてください。

お互いの変化を話しているうちに、元夫の方も結婚生活を振り返るきっかけにもなりますし、今こうして目の前にいる元妻は自分にとってどんな存在なのかを理解する機会にもなります。

離婚を経験したわけですから、同じ相手から「再婚したい」と言われたとしても、二つ返事で了承するわけにもいきません。

ここで大切なことは、元夫からすぐに良い返答を得ることができなかったとしても、焦って「ダメかな?」とか「はっきりして欲しい」など、元夫を急かすような言葉を伝えてはいけないです。

あくまで、自分は再婚に対して前向きに考えていて、元夫も同じ気持ちであれば嬉しい、くらいの言い方で止めておきましょう。

素直に再婚の意思を伝えよう!しつこくするのはNG

スムーズに再婚する方法2再婚に向けて、お互いの心が暖かくなってきたな?と感じたら、遠回しな言い方はせずにはっきりと「再婚したいです」と伝えましょう。

恋愛と違って、離婚というのはかなり勇気が必要なことですし、決断をしているといえます。

そんな決断を覆して、再婚して欲しいと思ったのであれば、駆け引きをしたり相手に察してもらうというような言い方や雰囲気を出しても無駄です。

判断を相手任せにしてしまうのは、離婚後では逆効果になります。

元夫はあなたからの気持ちに勘付いていたとしても、確信が持てないと行動ができませんし、自分の勘違いだったら恥ずかしいと思ってしまうのです。

離婚、という大きな決断をした後なので自分の気持ちに自信が持てていない場合は、自信を持って「再婚したい!」と言える側が行動しないと、何も関係は発展しません。

だからこそ、無駄な駆け引きは抜きにして、素直な自分の気持ちを伝えましょう。

元夫もお互いの関係が離婚した時よりもずいぶんとよくなっていることに気付いているはずなので、再婚したいことを告げられても動じない可能性が高いです。

でも、多くの男性が「すぐに返答ができない」とか「考えたい」と一旦時間を置きたがります。

その時は必ず「わかった」と引きましょう。

当然、再婚をしたいと言ったのにそのままにされることは嫌かもしれません。

ただ、元夫だって再婚をすぐにOKすることはちょっと軽いのでは?と不安に思っているのです。

再婚をスムーズに成功させる大きなポイントは、相手のペースに合わせて、自分の気持ちだけはしっかりと保つことです。

あなたの強い意志を感じることができたら、元夫も早い段階で返答をくれるので、待つ姿勢はかなり重要だといえます。

異性として再婚したいことをきちんとアピールする

スムーズに再婚する方法3離婚した後に再婚を希望すると、どうしても「もう一度奥さんになりたい」というような印象が強いですが、元夫にはそういう雰囲気を出してはNGです。

復縁は、恋愛でもそうですがお互い新しい気持ちで一緒にいることが大事だといえます。

なので、心が通い始めた頃、再婚したいという気持ちが芽生えても以前と同じ関係になりたいと思わせてはいけません。

あくまで、改めて元夫を異性として好きになったということをアピールしましょう。

その上で、再婚できたらとても幸せだと伝えるのです。

以前とは同じ関係ではなく、新しい家庭を築きたいという気持ちを伝えることが必要になります。

元夫・元妻という関係ではありますが、復縁をしてからは新しい恋人として関係を築くことが大事ですし、その点を踏まえて再婚に踏み切ることがポイントです。

今までの2人は事実として残りはしますが、これからの2人にとって何か重要なものではありません。

つまり、過去は過去として心にしまっておくことが必要なんです。

離婚したとしても復縁することは可能!大事なことはお互いの存在を大切に思うこと

離婚後に復縁を叶える可能性が高いのはこんな夫婦! まとめ結婚も離婚も、人生において大きな決断となります。

多くの人は、一度離婚してしまえばもう二度と同じ相手とは関係を築けないと思ってしまいますが、そういうわけではありません。

離婚理由や離婚した後の関係性によっては、もう一度復縁し再婚することも夢ではありません。

大事なことは、お互いの存在が重要だったとを気付き、そばにいてもらいたい相手だったと認識することです。

近くにいすぎると相手の良さや大切さを見失ってしまうことがあります。

結婚した多くの人が、距離が近すぎて異性として好きなのかはもうわからないと思っています。

しかし、離婚という重大な決断をした後に本当に大事な人は誰なのか気付くことはあるので、自分の気持ちに素直なって復縁に向けて頑張ってみてください。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事