元嫁に未練がある男性の特徴!見分け方と未練を断ち切ってもらう方法&元妻への未練が再燃しやすいケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

バツイチの彼…もしかして元嫁に未練タラタラ?と気になっているあなたへ。

この記事では離婚した元嫁への未練を引きずりやすい男性のタイプや特徴を見ていきたいと思います

どんなタイプの男性が、別れた後もずるずる元妻に対する気持ちを引きずりやすいのでしょうか?

さらに、元嫁に未練がある男性の見分け方、忘れられない元奥さんへの未練を断ち切ってもらう方法もご紹介していきましょう。

そして、元妻への未練が再燃して、付き合っている女性の方が別れを告げられてしまいやすいケースも見ていきましょう。バツイチ男性と付き合うときは、色々と考えてしまいますよね…。

最後に、どんなに努力しても彼の元嫁への未練が消えないケースについて詳しくご紹介しています。

目次

離婚した元嫁への未練を引きずりやすい男性のタイプや特徴

大恋愛の末に結婚したなど、元妻にベタぼれだった男性

何年も前に離婚したのに、いまだに未練を引きずっている男性っていますよね…。

そういう男性って、元の奥さんと大恋愛の末に結婚したとか、自分の方が元奥さんにベタぼれで、根気強くアプローチを続けて結婚できたなど、もともと結婚前から、彼側の方がずっと、奥さんへの愛が強かったというケースも多いです。

愛情のバランスがもともと不均衡だと、元奥さんの方は、そんな彼の熱烈なアプローチに折れて結婚したけど、やっぱり結婚してみたら、自分の気持ちは彼に対する愛じゃなかった、と気づいて別れたパターンもあるでしょう。

男性の方はベタぼれのままだったとしたら、元奥さんの方が結婚生活での相性が悪いと思ったり、他に好きな人ができたなどの理由があったりして、元奥さん側から離婚したいと言われて、男性は仕方なく別れたのではないでしょうか。

男性側は離婚したくなかったけど、元妻からどうしてもと乞われて別れることになったということもあります。

そして、男性の方は別れたことにまだ納得がいかないので、いまだに未練がたらたらなのでしょう。こういうタイプのバツイチ男性って、結構います。

ただ、人を愛することはやはり強制できることではありませんから、どんなに自分が好きでも、相手から愛されることなく終わってしまうと、未練も残りやすいですよね…。

元妻に浮気されたなど、相手からの裏切りで別れた男性

元妻に不倫されて別れた男性も、元妻のことを引きずってしまうものなのです。

浮気するような女ならこっちから願い下げ!そんな女こっちから別れてやる!くらいの気持ちになれれば、未練を引きずることもないのでしょうが、色恋に関してそんな強気になれるのは男性よりも女性の方かもしれません。

浮気をされると、男性は、自分が男として否定されたような気持ちになってしまうのです。

女性も浮気された方の立場になれば、女としての自分が否定されたようで、しばらく落ち込むのではないでしょうか。それが、男性の場合は一生のトラウマになってしまうことも。

もし、男性の方が、元妻のことを一途に愛していた上での、元妻の浮気だったとしたら、裏切られた心のキズは深いでしょう。

傷が深い分、浮気した元妻でも、なかなか忘れることができず、また、他の女性のことを好きになった信じることも怖くなり、ずるずる元妻に対してこだわってしまうのではないでしょうか。

現実に向き合わず、いつも「昔の方がよかった」と過去を向いているタイプ

離婚は、誰にだってダメージを与えます。
ただ、多くの人は、離婚したとしても、時間が経てばきちんと心の中で過去に区切りをつけ、前を向いていくものです。女性の方が、その辺りは気持ちを切り替えるのが上手な人が多いでしょう。

しかし、男性の中には、いつまでも今この瞬間に向き合おうとせず、「昔の方がよかった…」といつまでも後ろ向きなタイプの男性もいます。

そういうタイプは、元妻のことも、離婚した事実があるにもかかわらず、そこから目を背け、「やっぱり、あいつはいい女だったなあ」などと未練を持つのでしょう。

男性って、離婚に限らず、過去の恋愛をいつまでも引きずる人も多いですよね。

これが結婚となれば、一度は妻としてはっきり自分のものとなった女性なので、さらに執着するタイプもいるでしょう。

ただ、周りから見れば、「いい加減気持ちを切り替えたら?」と思ってしまうような、現実ときちんと向き合えない情けない男性に見えてしまう危険性もあるのです。

元妻のことを美化しすぎていて、別れた理由にきちんと向き合えていないタイプ

別れてもう会えなくなった相手って、時間が経てば経つほど、実像とはかけ離れていきますよね。

皆さんも、別れた男性が心の中ではめちゃくちゃいい男として思いだしていたのに、久しぶりに会った途端、「思ってたのと全然違う…」と、愕然とした経験をしたことはないでしょうか。

結婚したけど、結局は離婚したということは、お互いに別れたいと思う理由があったのが普通ですよね。

もちろん、片方がどうしても相手のことがイヤになって別れたいと思うこともあるでしょう。しかし、別れを受け容れたということは、相性の悪さや、やはりこれ以上二人で暮らしていけないなど、自分にも納得できる理由があったからではないでしょうか。

元奥さんだって、ただの人間と思えば、いい所もあったかもしれませんが、悪い所もあったはずです。完璧な人間なんていません。

それなのに、別れた後は、元妻のことを美化しすぎて、悪い部分や、自分と相性が合わなかった部分には目をつむり、好きだった部分だけにフォーカスを当てるような思い出し方をしているバツイチ男性って沢山います。

そんなことをしていると、どんどん相手が美化され、彼の中では完璧な女性像として残ってしまうでしょう。

どんな相手でも、美化しすぎるのは危険です。

美化した相手を心の中に理想像として持ってしまうと、他の誰と会っても、その理想像と比べて、満足できなくなるでしょう。

まずは、きちんと、元妻との別れに至った原因を冷静に分析し、客観的に見ることができないと、いつまでも彼の元妻に対する未練は断ち切れないのではないでしょうか。

元妻との間に子供がいる場合は、元妻に関係なく家庭に未練があることも

元妻との間に子供がいる場合、元妻に対しての未練というよりも、子供、そして家庭に未練があって、新しい恋愛に前向きになれない男性もいます。

シングルファーザーも増えてきているとは思いますが、まだまだ離婚後に親権を持つのは圧倒的に母親が多いですよね。

そうなると、夫婦間の愛情がなくなって離婚に至ったとしても、自分の血を分けた子供のことは可愛くて仕方がないという男性もいるでしょう。しかし、子供にはなかなか会うことができず、苦しい思いをしている男性もいるでしょう。

子供への愛情が強ければ強いほど、自分の子供がいる「家庭」への未練が捨てられず、前向きになれないということもあるのではないでしょうか。

そういう男性が、「別れたからもう諦めないとな。それなら前向きになって、新しい家庭を作ろう」と、気持ちを切り替えて一歩踏み出すのはなかなか大変なこと。

元妻が再婚したり、新しい彼女との間に子供ができるなど、何か背中を押されるような出来事がなければ、いつまでも離れた子供たちのことを思って、うじうじしてしまうこともあるでしょう。

逆に言えば、それくらい子煩悩だったり、子供を愛してくれる愛情深い男性であるということなのかもしれませんね。

隠していても未練たらたら!元嫁に未練がある男性の見分け方

目の前にいる女性には興味を持てず、いつも元妻の話ばかりしている

元妻に未練たっぷりの男性は、他の女性のことが目に入りません。

どんなに魅力的な女性がいても、彼の心の中には美化された元妻が住んでいるので、新しい出会いにも積極的にならないのです。

そして、いまだに元妻のことが好きなままなので、常に話題にもしたくなります。

何か食べていれば、「これ、俺の前の奥さんが得意だったんだよな…」とか、皆で趣味の話をしていれば、「それ、うちの元嫁もハマってたわ」など、彼の話の中には必ず元妻のことが出てくるでしょう。

好きな人のことって誰かに話したくなるものですから、彼の話にはしつこいくらい、彼の元妻の話題が出てくるのです。そんな彼の中では、元妻への一方的な恋愛は続いているのでしょう。

いまだに元妻の自慢話を周囲にしている

元妻に未練がある男性は、心の中に、自分が理想化した元妻のイメージをずっと抱いているものです。

たとえ、元妻に不倫されて離婚した経緯などがあっても、そういう裏切りの部分には目をつむっていて、元妻が自分史上最高にいい女のままなのでしょう。

そして、女性として元妻のことがいまだに好きで忘れられない男性にとっては、心の中で元妻のことが都合よく美化されてしまうのです。

ですから、別れて数年経っているのに、周囲には、いまだに自分の妻のように元妻の自慢をしたりして、周囲からひんしゅくを買ったり、心配されたりしています。

「元妻の料理はプロレベルでさ~」とか「元妻はミス○○だったんだよ」などと、周囲からしてみれば「またその話?」と思うような自慢話をしているバツイチ男性は、いまだに元妻に未練タラタラと考えてOKです。

本当に元妻の事を吹っ切れている人は、普段から元妻のことは頭の中にほとんど浮かんでこないので、名前すら出てくることがないくらい、気にならなくなっているのではないでしょうか。

積極的に他の女性との出会いを求めようとしていない

元妻への思いを胸に抱いたままで生きている男性は、「俺はもう恋愛はいいや…」と、積極的に外に出て、新しい出会いを求めようとしません。

職場などで、女性から「休日どこかに出かけない?」とか「今夜飲みに行きませんか?」などと声をかけられても、「俺はもうそういうのいいから…」と考え、気軽に誘いに乗ることもありません。

逆に、元妻との美化した思い出の中に浸り、自分の殻に閉じこもりがち。
どこかで、「どうせ俺なんて…」と、自虐的になっている部分もあるのでしょう。

それに、現実の女性と触れ合うと、理想化した元妻のイメージが崩れたり、少なからずそのイメージが影響を受けるため、あえて他の女性とは親しくなりたくない、という、男性側のかたくなな気持ちもあるのです。

そのうち、男性もだんだんと歳を取り、周りの女性からも声をかけられなくなっていくでしょう。殻に閉じこもっていると、時だけが無残に過ぎていくものです。

元妻を大嫌いになって、いつまでも恨みつらみを持ち続けるのも問題ですが、あまりに元妻を理想化したり、「自分の運命の相手はやっぱり元嫁」なんて思い込むのは、かなりリスキーな生き方だということを、男性には知ってもらいたいです。

女性だけが年齢のことをあれこれ言われがちですが、男性にも旬はあります。誰からも見向きもされなくなる前に、自分を気にかけてくれる女性にも目を向けてみたほうがいいのではないでしょうか。

元妻がいつでも戻ってこられるような間取りの部屋に住んでいる

元妻が二人で住んでいた家から出ていく形で別れ、そのまま、がらんと広い部屋に住んでいる男性も、現実に向き合っておらず、元妻に未練があるとみられても仕方がありません。

どこかで、二人の部屋に元妻が戻ってきてくれることを望んでいるから、引っ越す気にもなれないのでしょう。

本気で元妻を吹っ切ろうとしている男性なら、どんな事情があっても、まずは、二人の思い出が染みついた部屋を引き払い、引っ越しをするでしょう。

心機一転引っ越しをするのって、心の未練を断ち切るには、すごく大切ですよね。

それに、元妻のことをもう顔も見たくない、忘れたいと思っている男性なら、元妻の思い出に溢れた部屋に独りぼっちで済むなんて耐えられないはずです。

逆に、離婚後も元妻と過ごした場所に住んでいるような男性って、元妻の思い出が染みついている場所にいたいのです。そこで一人で元妻の思い出に浸り、自虐的に過ごすのが幸せなのです。そういうMっぽいバツイチ男性もいます。

たいていの場合は、一定期間、そんな風に自虐的になっても、そのうち「はっ」と目が覚めて、前向きになるものなのですが…。

ということで、離婚後も同じ場所に住んでいるような男性は、元妻に未練がある場合が多いでしょう。それか単に、元妻の思い出があっても平気で暮らせるような鈍感なタイプかもしれません。

でももし、自分が恋人と同棲していたとして、別れることになったら、恋人が出ていったあと、そのまま同じ部屋に暮らすのって、普通はキツイですよね。

もちろん、家賃が一人で払うのは高いから、という金銭的な理由もあると思いますが、本当に相手のことを忘れたいと思っていたら、二人の思い出がつまった部屋には別れを告げたいと思うもの。

相手の思い出とはきっぱり別れ、新しく一人で生活していきたいと思うのが普通ではないでしょうか。

忘れられない元奥さんへの未練を断ち切ってもらう方法

時間はかかっても、明るく付き合うことで、少しずつ相手の心をほぐしていく

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ相手の心を自分の方に向いてもらえるよう努力するのが一番手堅い方法ではないでしょうか。

そのためには、常に明るく接して、彼の固く閉ざされた心をほぐすしかありません。

笑顔の女性に癒される男性は多いです。

元妻のことをいまだに引きずってウジウジしていたとしても、いつも側で笑顔を向けてくれる女性がいれば、時間はかかっても、そのうち男性はその女性に魅かれていくでしょう。

なので、こちらは、彼の方の反応が最初はそっけなくても諦めず、それでいて押しつけがましくならずに、いつも温かい笑顔で彼に接するように心がけてみましょう。

あなたが彼に対してそれだけの思いがあるのであれば、時間をかけて彼の心をほぐすよう、頑張ってみるのもいいと思います。

自分の「好き」という気持ちを押し付けすぎず、時には引くことも大切

あなたがその男性のことがどんなに好きでも、彼の心の中にまだ元妻が住んでいるなら、誰かからのアプローチは正直迷惑と感じてしまうでしょう。

男の人って頑固なところがありますから、元妻との美化された思い出の中に浸っているときに、他の女性から邪魔されたくない、と思ってしまうのです。

本当は、女性からアプローチされるなんてありがたいことですから、感謝して欲しいくらいなのですが、過去を向いて生きている人には、そのありがたみが分からないのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性によっては、現実と向き合うには、それなりに時間がかかるかもしれません。

周囲から見ても、「まだ彼は元奥さんのことが忘れられないんだな…」と感じるとしたら、「今は俺のことはそっとしておいてくれ」というオーラを彼自身が出しているのでしょう。

そんなときは、もしあなたの方に余裕があるのであれば、彼の気持ちをくんで、そっと見守るくらいのスタンスでいいのではないでしょうか。「好き」という気持ちが押しつけがましくなってしまうと、恋愛には絶対に繋がらなくなってしまいます。

ただ、あなたの方も「彼のことをそんなには待てないな…」と思うのであれば、一年など、彼を待てる期間を決めて、その間上手に押したり引いたりを試してみてはいかがでしょうか。

どんなにこちらの気持ちが一途でも、元妻のことに心がとらわれていて、一生そのまま、という男性もいないわけではありません。そんな男性に付き合って、自分の貴重な時間を無駄にするのはもったいないですよね。

そんなことにならないよう、ある程度は期限を切るということも、恋愛には大切なことではないでしょうか。

あなたといると楽しいということを、うまくアピールしていく

最初は、落ち込んでいる彼を笑わせるだけでもOKではないでしょうか。

是が非でも、最初から彼と恋愛モードに持っていこうとするのではなく、彼がいつも楽しくなさげで、暗い感じで生きているなら、ひと時でも、自分と話すことで笑ってもらったり、気持ちが明るくなったりするだけでもいい、と思って接するのもステキですよね。

もし、そういう時間が続いても、あなたのことを「ただの楽しい友人・同僚」としか彼が思えないのであれば、恋愛という形での縁がなかったと、きっぱり諦めるのもいいでしょう。

人を愛するって、時には自分には何の得がなくても、相手が幸せを感じたり、喜んでくれて、前向きになってくれる手助けができたらそれでいい、と思うことでもありますよね。

もしかしたら、あなたと一緒に過ごす時間が彼の癒しになり、あなたを大切な存在として見てくれる日がくるかもしれません。

あなたといると、イヤな気持ちにならず、楽しく笑顔になれると思ってもらえるように、彼の前では暗いことを言わず、いつも彼を笑わせるような話をするなど、工夫をしてみましょう。

「自分と元妻のどっちを取るか」と突き付けるのはあなたが別れてもいいときにしよう

たとえば、もうすでにあなたがバツイチの男性と付き合っていて、それでも彼の中に元妻の幻影が住みついていると感じているのであれば、どうしても、「私と元奥さんのどっちが大事なの!」と言いたくもなりますよね…。

少なくとも、元妻への未練は断ち切れていなくても、新しい一歩を踏み出そうと前向きだからこそ、あなたと付き合っているのは間違いありません。

ただ、男の人って、ロマンチストで、過去の思い出に浸る自分も大好きなので、付き合っているあなたから見れば、「彼は元奥さんのことをいまだに愛してる!」と思えてくることもあるでしょう。

ただ、「自分と元妻のどちらが大切なの!?」と突き付けるのは、あなたに彼と別れてもいい、という覚悟がある場合だけにしましょう。

そんなことを言われても、男性は混乱するだけです。自分が元妻のことを吹っ切っていると思い込んでいるならなおさら、「え?俺ってまだ元妻に未練があったの?」と自分の気持ちが分からなくなってしまうでしょう。

そして、「今の恋人にそんな風に辛い気持ちを抱かせているなら、別れた方がいいかな…」などと、あなたと別れる方向に気持ちが傾く可能性が大です!

記憶喪失にでもなられけば、彼の中で、元妻を完璧に忘れることなんてできないでしょうし、その思い出と生きていく部分がどうしてもあるのがバツイチ男性。

それをその思い出ごと受け入れる懐の広さが、バツイチ男性と付き合う女性には求められるかもしれません。

逆もしかりですよね。例えば女性の方が離婚歴がある場合も、その女性を愛して結婚したいと思う男性は、女性の過去ごと受け止める、という覚悟がなければ、いつまでも彼女の元夫に嫉妬していなくてはなりません。

過去も含めて、今目の前にいる人が好き、という気持ちがないと、初恋同士でもなければ、普通の恋愛でもうまくはいきません。

今付き合っているのは自分なんだから、と自分に自信を持つことも必要なのではないでしょうか。

元妻への未練が再燃して別れを告げられてしまいやすいケース

女性側が、元妻と張り合うような態度や発言をしてしまうケース

女性側が彼の元妻と張り合うような言動をしてしまうと、彼の方はどうしても目の前にいない元妻に気持ちが傾きがち。

先ほどから書いているように、元妻に未練があるタイプ男性の中にいる元妻像は、ほぼ幻想です。美化されすぎているし、今は嫌なこともいいませんし、元妻のいいところばかりが浮かんでくることもあるでしょう。

そんな中で、新しく付き合っている彼女が、もっと自分の方を向いて欲しくて、元妻と張り合うようなことをしても、それを「カワイイなあ~!」と思ってもらえるかは微妙です。

たとえば、料理上手な元妻に対抗して、料理を頑張ってくれたら、きちんと元妻とのことが吹っ切れている男性なら、そのけなげさをいとおしいと思うのではないでしょうか。

しかし、元妻に未練がある中で、そんなことをされると、彼の方は、「元妻の手料理はおいしかったなあ…」とか「元妻に会いたいなあ…」などと、元妻のことを余計考えてしまうでしょう。

そして、「やっぱり元妻の方がいいや。どうして俺はまだ元妻が好きなのに、この子と付き合っているんだろう?」と、今の彼女との関係を切ろうとしてしまうのです。

ですから、最初から元妻とは張り合おうとせず、あなたは自分らしく、自分のよさを見せていけばいいのではないでしょうか。結局は彼の中にあるのは元妻の幻想なのですから。

元妻が彼としょっちゅう連絡を取り合っていて、ヘルプを求めてくるようなケース

彼が未練があるのは、元妻の方がしょっちゅう彼に連絡を取ってくるせいという場合もあるでしょう。

金銭的な面ではなくても、別れた夫に頼る女性っていますよね。
例えば、今一人で住んでいる部屋でトラブルがあったり、ひどい場合はちょっと車を出してほしいなど、便利に元夫を使っている女性もいます。

そんな風に、男性側がいくら元妻をきっぱり断ち切ろうとしても、向こうからしょっちゅう連絡が来て、男性も一応一度は結婚までした相手だからと甘い顔を見せているようでは、新しい彼女ができたとしても、心は元妻にとらわれたままでしょう。

男性から別れを言い出す場合もありますが、元妻にいいように利用されているような男性なら、女性側から別れを言い出してもいいのではないでしょうか。

元妻との間の子供のことで、二人が密に連絡を取っている場合

元妻との間に子供がいる場合、子供のことで元妻から相談を受けたり、逆に男性側が積極的にかかわりたくて、密に連絡を取っているケースもあるでしょう。

そんな風に、元妻に未練もありつつ、子供を通して関わりを持ち続けると、結局は元妻から精神的にも離れることができず、新しい彼女との関係の方を終わりにしてしまう男性もいます。

子どものことがあっても、元妻のことはきっぱり吹っ切れていれば、こうはなりませんが、元妻にも未練があり、子供たちもカワイイとなると、男性は元サヤに戻りたくなるものではないでしょうか。

男性が自分の気持ちに気真面目過ぎる場合

男性が生真面目な性格の場合、自分の中にまだ元妻への未練があることにこだわり、新しい彼女に申し訳ないと感じて、別れを切り出すこともあります。

人間なんですから、心の中で何を思っていようが自由ですし、矛盾するような、色んな気持ちが渦巻いているのが普通ですよね。

しかし、生真面目な男性って、自分の思いも、100%じゃないと納得できません。

なので、元妻に多少でも未練があることに気づくと、新しい彼女とはやっぱりやっていけない、と言うふうに、関係を終わらせてしまうこともあるでしょう。

そういう場合は、きちんと彼と話し合ってみるのがいいのではないでしょうか。

彼の過去を含めて、好きだと言う気持ちがあなたの中にあるなら、それを伝えるのもいいのでは?

もちろん、彼の未練の程度にもよりますが、あなたが元カレに対して思う気持ちくらいのものなら、「少しくらい元奥さんのことを考えることがあったっていいんだよ」ということを伝えてみてはいかがでしょうか。

生真面目過ぎる人は、自分の気持ちにも厳しすぎるところがあるので、いきなり「別れたいんだけど…」と言ってきたときは、二人でしっかり話し合ってみた方が、二人にとっていい結果になることも多いと思います。

どんなに努力しても彼の元嫁への未練が消えないケース

元妻が彼と同じ職場など、普段から彼の近くにいてちょっかいをかけてくるケース

元妻への未練が消えないのは、環境が問題ということもあります。

例えば、元妻が彼と同じ職場の場合は、なかなか難しいですよね…。

毎日顔を合わせるような関係だと、なかなか未練って消えませんよね。これで、自分が連絡を取らないと決めれば、会うこともないような環境にいるほうが、ずっと未練は断ち切りやすいのです。

男性にとって、基本的に元嫁が外見や中身などがタイプの女性の場合は、顔を見られる環境である限り、ずるずると未練が続く可能性が高いです。

男性がこうと決めたら人の意見を聞かない頑固な人の場合

男性が、人の意見に耳を貸さない性格だと、自分の思いだけでずっと突っ走ってしまうので、元妻に対する思いも、いつまでも断ち切ることができないでしょう。

それは、元妻から浮気されて離婚したというような、自分の方が裏切りにあった場合でも同じ。

周囲から見れば、どう考えても元妻が「ビッチ」のようなタイプでも「俺にはいい嫁だった」などと言うのもこのタイプでしょう。正直言って、自分の意見が絶対的に正しいとお思っているので、こういう男性には何を言っても無駄なのです。

そういう、人の意見に耳を貸さないような性格が、元奥さんもイヤになって別れた原因なのかもしれません。

元妻が彼の気持ちを支配しているような特殊な関係の場合

マインドコントロール、とまではいかなくても、別れてもなお、相手の気持ちを支配しているような強烈な人って男女問わずいますよね。

ある意味、教祖と信者の関係のように、盲目的に相手を慕っていて、どんなに傷つけられてもイヤな思いをしても、自分は「この人を信じて愛している!」というようなカップルもいます。

元奥さんが彼の心をまだ支配下に置いているなら、こういう男性は下手すると一生、元妻のいいように使われることになるでしょう。

たとえ、元妻が別の男性と再婚したとしても、彼の気持ちはずっと元妻のものなのです。

たとえば、彼が元妻のことを話すとき、どこか彼はうっとりしていて、他の人が元妻へ批判的な言動をとろうものなら、「彼女はそんな人じゃない!」などと怒り出すようなときは、精神的に彼は元妻に支配されている可能性が高いです。

人の気持ちをコントロールすることに長けている人って、男女問わずいますから、そうなってしまうと、人の意見にも耳を貸さなくなりますし、未練どころか、支配を断ち切るのは、そうとう難しいかもしれません。

ただ、周りから見ればかわいそうなことかもしれませんが、その男性本人にとっては、元妻から利用されても、関わりを持てるだけで嬉しいことなのです。

そういう男性を好きになっても、いいことは何もありません。
できるだけ関わらないようにして、べつの恋を見つけた方が幸せへの近道でしょう。

元妻への未練の大半は思い込み。ただ男性の思い込みはしつこいです

別れた元妻への未練は、別れてから日が浅ければ、多少残っていても仕方がないことではないでしょうか。そう簡単に気持ちの切り替えができる人ばかりではありませんし、元々好きで結婚したんですから、色々思うところがあるのは当然です。

しかし、もう別れてから数年経っているのに、まるでまだ結婚しているかのようなテンションで元妻のことを語ったりするのは、心の中にしっかりと元奥さんが住み着いているのでしょう。

そして厄介なことに、何年も心の中に住み着いている元妻って、彼が作り出した一種の幻影。元妻を美化していますし、理想の女性になっているのです。

ですから、元嫁ではなく、感覚的にはいまだに「俺の嫁」的な口ぶりで話したりするのです。正直、ちょっと引きますよね…。

きっぱりと元妻に対して未練を断ち切っている男性なら、元妻の話題を自ら出してくることはないでしょうし、新しい出会いに対しても前向きなのです。

もし、元妻への未練たらたらなバツイチ男性のことを好きになってしまったなら、長期戦の覚悟が必要になってくるでしょう。元妻が、同じ職場にいるなど、いまだに彼と関わりがあれば、なおさらです。

未練がある元妻が近くにいる環境であれば、どうしても目に入りますし、思いは断ち切れるものではありません。

それに、元妻の方が、元夫を毛嫌いして、相手にしていなければいつかは男性の方も諦めがつくかもしれませんが、元妻が彼の未練を分かっていて、自分の都合のいいように利用するような関係ができあがっていれば、最悪ですよね。

「この人は元妻への未練がたっぷりで、しばらくは他の女性に関心を持つことはないな」と思うのであれば、すっぱり縁がなかったと諦めた方が身のため。

彼の未練に付き合わされて、都合のいい女扱いされる恐れもあります。

男性の未練って、結構しつこいですから、こちらの時間もかなり消費されてしまうでしょう。

自分の方を向いていない男性を振り向かせる労力を使うようりも、そんな努力をしなくても、きちんと自分と向き合ってくれる男性を探す方が早いです。

元妻から、精神的な支配されているような男性もいないではありません。
そういう男性には、できるだけ近寄らない方が身のためです。

バツイチ男性は、それなりに見栄えのいい人もいますし、一度結婚したことがあるだけあって、女性の扱いに慣れている人も多いので、モテるタイプもいるでしょう。
そんな彼に魅かれてしまう女性がいるのもおかしくはありません。

しかし、彼が元妻への未練が断ち切れていないと感じるなら、あまりいい相手とは言えません。こちらが結婚したいと考えているならなおさらです。

元奥さんに未練たらたらな男性といても、決して幸せになれませんし、彼の心を自分に向けようと必死に頑張っても、なかなかうまく行かず、疲れ果ててしまうこともあります。

なので、時間がかかるリスクもあるし、時間をかけたところで頑固な男性の気持ちが変わらないという可能性もあることだけは覚えておいた方がいいでしょう。

同じ時間をかけるなら、過去の方ばかりを向いていない、一緒に前を向いて歩んでいける男性を探したほうが、いいのではないでしょうか。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事