好き避けは後悔しか生まない。好きな相手に嫌な態度を取ってしまう心理的な原因と乗り越え方&手遅れになる前のフォロー方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「好きなのに、つい避けてしまう」「気になるあの人と上手く距離を縮められない」と心にモヤモヤを抱えているあなた。

思いを寄せている人を前にすると、どういう訳か上手くしゃべれなくなったり、わざと距離をとったりと恋愛とは遠のいてしまう態度をとってしまう事に、悩んでいる女性は少なくありません。

そんな時には、好き避けしてしまう女性の行動の原因や相手の男性の気持ちを知ると、態度を改めることが出来ます。

「やってしまった」「どうしてあんな態度してしまったんだろう」と後悔しか生まない好き避けについて、詳しくご紹介していくので、今後の行動でするべき事と共に学んでいきましょう。

つい距離をとってしまう態度を変える方法、傷つけて手遅れになる前のフォロー方法まで理解しておくと、これからのあの人との関係性を変化させていくことが出来ますよ。

後悔してしまう事態から幸せを生み出して、チャンスを掴みましょう。

目次

本当は仲良くしたい男性に対してつい好き避けしてしまう場面

せっかく近くで話をしていたのに周りの目を気にした瞬間に距離をとる

本当は仲良くしたい人に対して避けてしまう場面は、話をしている最中に起こります。

せっかく至近距離にいて、会話も盛り上がっていたのに、急に「好きな人と話している」「誰かに見られたらどうしよう」と意識が向くことで、突然周りの目を気にして距離をとるのです。

話に夢中になっていると、その相手が好きな人であろうと初めて会った人であろうと関係なく楽しめます。

ところが、周りの目を気にした途端「誰かこの人を好きかもしれない」「付き合っていると誤解されたらどうしよう」と変に思考が迷走し、すぐ近くにいることがいけない事のように感じてしまうところです。

仲良くしたくても、仲良くできない相手、モテる人や既婚者、友達も好きな人などハードルが一つでもあると、周りの目が気になって、自分の気持ちに正直になることが出来ません。

周りの人へと意識が向いた瞬間に「ハッ」として距離をとる行動に起こすので、会話中であっても突然起こります。

職場や部屋に入った瞬間に仲良くしたい男性と目が合った

思わず思っている人から去ってしまう場面は、職場や学校の教室など部屋に入った瞬間に相手の男性と目が合った時です。

予想外のことが起こると、人はつい防衛本能が働きます。

好きな人と目が合うなんてことは、普段であればとてもラッキーだと感じることです。

しかし、突然不意打ちでその瞬間がやってくると、どうしていいのか分からなくなってしまいます。

ちょっとしたパニックで、出てきた最善策が「逃げる」という行為。

好きだけど、話しかけると調子に乗ってしまったり、ボロがでて嫌われてしまったりする可能性が出てきます。

少しでもリスクを減らそうと防衛本能が働き、逃げるという行為になるのです。

何もしていないのに、ただ目が合っただけなのに、なぜか「ヤバイ」と思ってしまいます。

目が合った瞬間、自分の好きな気持ちがバレたような気になり、事実から遠ざけようと目をそらし、その場から足早に立ち去ってしまうところです。

他の人がいると自然に輪に入っていけるような感じでも、突然の出来事に反応できるほど心に余裕がある人は少ないといえます。

複数人で話していて徐々に人数が減って二人きりになった

複数人で話していて徐々に人数が減って二人きりになったら、つい好き避けをしてしまいます。

沢山の人に紛れていると、自分自身の気持ちも隠すことが出来るし、会話の反応もみんなに合わせていれば間違う事はありません。

けれども、大人の社会は何から何まで一緒に行動するわけではないので、自分の都合で仕事に戻ったり、家に帰ったりとそれぞれ自由に動きます。

気が付けば仲良くなりたい人と二人きりで残ってしまったという場面では、急激に状況を把握しづらくなるもので「どうしよう」「会話が続かない」とそれまでとは打って変わって、態度が変化してしまうところです。

相手が話をしていても、まともに耳を傾けることが出来なくなり、好きな人と二人だけで話しているという状況だけで、興奮してしまっています。

その場を上手に盛り上げることが出来ないので、すぐに切り上げて相手を遠ざけるのです。

用事があるから話しかけた

用事があるから話しかけた場面では、思わず好きなのに避けてしまう行動を起こしてしまいます。

仕事で書類を渡す、人からの伝言を頼まれた、質問しないと進めない事がある、などどうしても会話をしなければいけない状況というのは、同じ職場やグループで繋がっていれば訪れる事です。

他の人なら、何も問題なく出来るごく普通のありふれた場面でも、相手が気になる人や仲良くなりたいと願っている人なら、極度の緊張を伴う行為となります。

ついでにフレンドリーに何でも話せばいいものを、緊張して堅苦しくなったり、相手が全く興味のない話題を振ってしまったりと、態度が柔らかくできません。

向こうから質問されたり、頼まれごとをしてきてくれたりと、アクションを起こしても、「知らない」「何でもいい」「他の人にして」と冷たくあしらってしまうのは、好きだからです。

好きな気持ちよりも、平静を保とうとする気持ちの方が強くなってしまい、不自然なほど冷たい態度で応対してしまいます。

用事があるから話しかけたのに、他の事は一切しゃべらず、用事すらも面倒だという態度を出しながら、言葉のやり取りを遂行するところです。

仕事や行事でペア割する時に流れで組みそうになる

仕事や行事でペア割をする時に、流れで気になる人と組みそうになった時、つい好きなのに離れようとする行動を起こしてしまいます。

二人一組のペアは、どんな場面でもよく見かける形態です。

実行するべき案件が二人でする方が早いという事、また別の意味ではペアで活動する事での成績向上が期待されるというものと言えます。

「適当にペア組んで」など言われると、つい離れようとしてしまうものです。

「私は他に組む人がいるから」「困っていないから」と適当な理由をつけて、二人きりになってペアになる事を避けようとします。

話しかけなかったり、「頑張ってね」など他人事として突き放すような言い方をしたりと、組みそうになるチャンスを自ら手放していくのです。

仲良くなりたいのに、二人きりでペアになる勇気はなく、仕事でも「一緒にやってね」と頼まれると「えー」と思わず拒否反応をしてしまいます。

聞きたいことに対して何人か答えを知っていそうな人がいる

聞きたいことに対して何人か答えを知っていそうな人がいる場合、つい好きなのに避けてしまう行為が行われます。

仕事面では、質問が浮かんでも「○○さんしか分からない」ということはないはずです。

もちろん細かい事であれば、担当者個人しか返答できないこともあるでしょうが、企業全体的に見ると、チームや部署で同じことをしているので、他の誰かでも答えをもらうことは出来ます。

そんな時には、親しくなりたい人ではなく、他の人に質問を投げかけて、解決してしまうのです。

「近くを通れただけでラッキー」「今度改めて話しかけよう」と思っても、もう済んでしまったことを後悔するばかり。

何人か答えを知っていそうな案件は、つい仲良くなりたい人ではなく他の人に話しかけ、いつでもチャンスがあると信じて、その瞬間を見逃してしまいます。

一度会話のチャンスを見逃すと、もう質問で答えてくれる相手を探すことはしないので、何度も話をする機会を逃すことになってしまうのです。

本気で傷つく?それとも好意に気づく?好き避けされた男性の気持ち

嫌われているのかと思って傷つく

思いがけない態度で避けられた男性は、嫌われているのかと思って傷ついてしまいます。

話しかけようと思って近づいたら、足早にどこかへ去ってしまった、目が合ったらものすごい速さで逸らされてしまった、そんな事が続けば「嫌われているのかな」と思って当然です。

何か悪いことをしてしまったのかな、知らないうちに嫌われるようなことをしてしまったのかな、と疑問が浮かんで答えを聞こうにも逃げられてしまうため確かなことが分かりません。

職場など関わらなければいけない関係性であれば、どう接していいのか悩み始めます。

好意を持っている男性でよほど情熱を持っている人であれば、「嫌われていてもアタックする」「努力すれば報われる」と女性の気持ちを振り向かせるために頑張れるかもしれませんが、「どちらかと言うと好意を持っている」「好きでも嫌いでもない」という感じであれば、努力をしてまで近づこうとはしないものです。

「嫌われているなら、仕方ないか」と距離をとって遠ざかろうとします。

なぜ避けられているのか分からず悶々とする

避けられる行動をとられると「なぜ避けられるの?」と理由が分からないことで、気持ちが悶々とした状態を続けてしまいます。

「仲良くしたい」「きっぱり縁を切ってやる」と明確な意思が生まれない限り、現状をどうこう動かそうという気力が湧く人はあまり多いとは言えません。

「なぜ逃げるのかな?」「どう対応するべきかな」と、女性が自分から遠ざかる理由が分からず、考えを巡らせ続けます。

「なぜ?」「分からない」「どうしよう」の堂々巡りになるのは、真実を確かめるための行動を起こさないから。

悶々とした気持ちを抱えながら、現状を変えることまではしようとしないことで、ずっと気まずい状態が続きます。

理由を知りたいけど、「聞いてもいい事なのかな?」「理由があるなら、言ってくれたらスッキリするのにな」と女性側の次の行動を待っているのです。

周りに相談する事もなく、本人に確認する事もせず、一人だけでモヤモヤを抱えて時間ばかりが過ぎていきます。

自分が何をしたのか納得できないから怒りがこみ上げる

自分の近くから遠ざかる女性を見て、男性は何をしてしまったのか考えても納得できない事で、怒りがこみ上げます。

人の感情は、移り行くものです。

悲しみを感じても、いつまでも悩みとして抱えているわけではなく、次に待ち受けているのは怒り。

「どうして俺がそんな態度をとられないといけないんだ」「何をしたっていうんだ、言いたいことあるなら直接言えばいいじゃないか」と憤りを感じて、感情を揺さぶられます。

男性は怒りを感じると、感情の表現を止めてしまう人が多く、周りから見ると「怒っているみたいだけど何も言わないね」と噂されるはずです。

怒りが募るほど、口をつぐんで言葉を発さなくなります。

一層何を考えているのか分からなくなり、鋭い眼光だけを向けてくるものです。

「感じの悪い態度ばかりしてくるあの女の子を許せない」「勝手に敵にされている気がする」と避けられるという行動が嫌われているという思い込みを生み、敵対心をむき出しにさせます。

「嫌われても構わない」反発心から嫌悪感を抱く

自分の元から去っていく女性の行動を見て「嫌われても構わない」と反発心から嫌悪感を抱きます。

目が合うとすぐにどこかに行ってしまう、視線を感じるのに話しかけると黙り込んでしまう、そんな態度をする女性を見ると「嫌われているのか」と自分の中で結論付けるものです。

「誰彼構わず好かれなくても構わない」と人付き合いに執着をしない男性は、「嫌っているなら自分も好きになる必要はない」と一刀両断。

「あんな態度する人を好きになるものか」と、あえて自分からも近づかないようになります。

同じことをされたらどんな気持ちになるか、分からせてやりたいという思惑もあるはずです。

出くわしただけでその場を飛び出していくような態度は、された方は嫌な気持ちになるもの。

「嫌われても全然かまわない」と強がる気持ちは、逃げ回る女性と仲良くなることへの諦めと、失礼な態度への怒りが絡まり合った複雑な心境と言えます。

人に対して失礼な人だと周りに言いたくなる

顔を見てどこかに行ってしまったり、話しかけたのに無視や冷たい言葉を吐き出されたりすることで、人に対して失礼な人だと周りに言いたくなる気持ちが沸き上がります。

「あんな失礼な態度をする女性は、他の人にも迷惑をかけるはずだ」「自分はこんなに傷ついた」と、傷ついて嫌な気分になった事実を、一人でも多くの人に言いふらしてやろうと意気込んでいるところです。

噂話が好きな男性や、女性の友達が多い人、傷ついたことを周りの人に知って欲しい男性などは、すぐに周りの人に言いふらします。

「あの女の子には近づかない方が良いよ」「嫌な態度をしてくるから、きっと性格が悪いんだよ」と周りの人からの同意を求めるものです。

同志を増やして自分の気持ちを癒そうとします。

「本当だね」「顔を見て逃げるなんて失礼だよね」と共感してもらうために、周りに仲間を増やしていくことで、自分を無下に扱った女性を孤独に追いやるはずです。

攻撃的な気持ちになっているので、これ以上好き避けをすると取り返しのつかない事態に発展します。

好きな相手に嫌な態度を取ってしまう女性の心理的な原因

他の人に好意を知られる事が恥ずかしいと感じる

嫌な態度をしてしまう女性の心理的な原因は、他の人に好意を知られることが恥ずかしいと感じるというものです。

自分の心の内側を見られる事が何よりも苦手で、特に恋愛に関しての話題が恥ずかしくて仕方がないと感じています。

誰かに好きな人を聞かれることでも「放っておいてよ」「勝手でしょ」と思ってしまうタイプなので、好きな人と話している姿を誰かに見られることで、「仲が良いね」「付き合っちゃえばいいじゃん」とはやし立てられる事が何よりも許せません。

恥ずかしさは、余計な強気を生み、好きな人に対しても冷たい態度をすることが「気丈に振舞うことだ」と考えています。

自分の心の中にある「好き」という感情を誰かに悟られることは、何よりも恥ずかしい事なので、彼氏が出来ても絶対に知られたくないと隠し通すはずです。

好きな気持ちを知られてからかわれた経験がある人などが多いと言えます。

好きすぎて近くにいるだけで胸がいっぱいになって苦しい

好きすぎて近くにいるだけで胸がいっぱいになって苦しいというのが、好き避けをしてしまう女性の心理的原因です。

好きな人の近くにいると、胸のあたりがギューッと締め付けられ、上手く言葉を話すことが出来ません。

好きな人から話しかけられても、ドキドキと心臓の音がうるさくて相手の言葉が上手く聞き取れず、「今すぐこの場から去りたい」という気持ちを優先させてしまいます。

そのため、相手が話をしている最中でも、突然駆け出して逃げたり、顔を背けて一切話を聞かなかったりするのです。

相手からすれば自分の話を聞いてくれない謎の行動。

女性は、そんな気持ちを抱いている事に気づくこともないほど、自分のことで精一杯になっています。

好きすぎると「近づきたい」よりも「少し離れたところから見ていたい」という気持ちが強くなってしまうからです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

想定外に近い距離になる事で、自制心がコントロール出来なくなり、胸の苦しみに行動を支配されます。

前に「好きじゃない」と言った事があるから気まずい

前に「好きじゃない」と言った事があるから気まずいというのが、好きなのに避けてしまう行動をする女性の心理です。

その時は、本当にまだ全然好きじゃなかった場合もあれば、気持ちはあったのに強がって言い放ってしまった場合とあります。

どちらにしても、言ってしまった言葉を取り消すことは出来ず、「あの時あんなことを言わなければ、もっと仲良くできるのに」と後悔ばかりが心に広がるものです。

男女の気持ちの移り変わりは、予想できるものばかりではなく、以前は今と真逆で「嫌い」で冷たい態度ばかり取っていたというケースも。

嫌いから好きに気持ちが転じた場合は、昔の自身の言動が行く手を塞ぐため、なかなか上手く距離を縮めることが出来ません。

過去の自分に腹を立てても、無かったことにはできず、「気まずいな」「どうやって仲良くなったらいいんだろう」と悩みを抱えています。

相手の男性は、気持ちの変化を知る由がないので、あなたからは嫌悪感を抱かれたままだと信じているはずです。

女の方から好きな態度を出すべきではないと思い込んでいる

女の方から好きな態度を出すべきではないと思い込んでいる人は、思っている事を行動に出すときにチグハグな事をしてしまいます。

「恋愛は男がリードするものだ」「女が恋愛感情を表現するのは、はしたない」と考えている女性は、古風な考えと言える人です。

昔は女性が好きという感情を表現する事は、恥ずかしいことだとされて、男性からの誘いを待つしかありませんでした。

恋愛に関しての積極性や考え方は、育ってきた環境や親の考え方に大きく影響される部分があり、ずっと「女の子は好きとか簡単に言わないの」と言われて育っていれば、当然そのような考え方になります。

好意を寄せていても、悟られないように、自分の気持ちをひた隠しにするための行動をするのです。

避ける行動は、女性の中では当然の事であり、むしろ自分の魅力に気が付かない男の方がどうかしていると考えています。

恋愛をスタートさせるのは、いつも男性からで、本人は受け入れるばかりのスタートをしている人です。

好きな人の前でデレデレしてしまう自分が情けないと感じる

好きな人の前でデレデレしてしまう自分が情けないと感じてしまうのが、逃げる動作をしてしまう女性の心理的原因です。

気持ちに嘘が着けずに隠すことが出来ない人で、何でも顔に表れてしまいます。

憤りを感じた時には無口になり、表情が硬く、眉間にしわが寄って、誰がどう見ても「怒ってよね」と分かるものです。

好意を持っている時も同様、目尻が下がり顔の筋肉が緩み、どう見てもデレデレ。

他人が見ても「絶対好きだよね」と丸わかりの自分の表情や態度を、情けないと感じています。

「もう少し上手に隠せばいいのに」「こんなに丸わかりの態度だったら、あの人が迷惑がるかもしれない」と思うと、好きな人の近くにい続けることが出来ません。

自分の感情をコントロールする事、心にあることを表に出さずに済む方法を知りたいと思っていますが、「あの人を見ても堂々とする」と誓ったところで、なかなか行動に移すことが出来ず、後で一人落ち込んでしまいます。

情けない姿を見られるくらいなら、その場を離れてしまおうと考えているため、体が勝手に動いてしまうのです。

好き避けせずにはいられない自分を乗り越えて態度を変える方法

体を好きな人に対して正面に向ける

自分を乗り越えて態度を変える方法は、体を好きな人に対して正面に向けることです。

人とのコミュニケーションで大事なのは、対面する時の角度。

カップルや親友など、よほど親しい中であっても、体の向きによって話す内容が変わってきます。

横並びで話している時には、お互いのことを相談したり将来のことを話し合ったりと、心理的にも並行になっている感覚ですが、顔と顔を突き合わせ正面を向いていると、心の内面をさらけ出すようになるはずです。

「この人の話をちゃんと聞こう」「私の本音をさらけ出そう」と無意識のうちに、心構えが変わります。

好意的に思っているのに伝わらない動作をしてしまう時には、向こうの人が近くにいる時点で体が横を向いたり、すぐ駆け出せるように少し後ろ向きになっているところです。

意識して体を正面に向ける事で、逃げ出さず「受け止めよう」という気持ちが生まれます。

上手に会話が出来なくても、話しさえきちんと聞く態度を持っていれば、嫌われることはありません。

口角を上げる意識で会話する

好意を持っている人を避けずに済むようになるには、口角を上げる意識で会話することです。

話をする時に、口角を上げる意識を持つと、それだけで表情が柔らかくなります。

ポイントは、「思い切り上げる」こと。

中途半端に口角を上げようとすると、口が真一文字になり「何かを言居たけど我慢している人」の表情になってしまいます。

ところで、思い切り口角を上げる意識を持つと、自分の中では「不自然な表情だな」と感じても、周りの人から見ると自然な笑顔に見えるものです。

顔の筋肉が強制的に上げられ、目尻が下がり、誰が見ても「笑顔」に見えます。

「何でもない話で笑顔はおかしい」と思うのは、単なる思い込み。

何でもない会話、今日の晩御飯がどうとか誰かがどこに行ったとか、些細な会話でも笑顔で話をしていると、相手側は気持ちよく過ごすことが出来ます。

話の中身がなくても「会話が楽しかったな」と思ってもらえるきっかけになるのです。

視線が逃げてしまうのを止める

視線が逃げてしまうのを止めるのが、どうしても好き避けをしてしまう女性が意識するべき事です。

心がつい「逃げよう」「耐えられない」と思って行動に移してしまう人は、知らず知らずのうちに、視線が相手から外れてしまっています。

逃げる方向を見ていたり、「どうしよう」と考えることで宙を舞っていたり、しっかりと好きな人を捉えることが出来ていないはずです。

だからこそ、好きな人をしっかり「見る」意識を持つだけで、逃げ出さずに済むようになります。

下を向いたり上を向いたりしたとき、「この人の目を見よう」と一回集中することで、避ける態度を回避することが出来るだけでなく、相手からもしっかりと存在を認識してもらえるものです。

仲良くなるためには、「目が合う」という動作が重要。

しっかりと相手の目を見る意識を忘れず、まずは視線から逃げる行為を止めてみましょう。

家を出る前に「逃げたら二度とチャンスはこない」と言葉に出す

好きなのに避けてしまう態度をついしてしまう人は、家を出る前に「逃げたら二度とチャンスはこない」と言葉に出すことで、変化させていくことが出来ます。

チャンスの女神は、前髪しかないと言われているものです。

一度通り過ぎてしまうと、二度と掴むことは出来ない事の例え。

人生、逃げる癖をつけるよりも、正面からチャンスをつかむ習慣をつけておいた方が、何事においても活用できるものです。

好きな人と話が出来る日は、「今日で最後かもしれない」と思えば、目の前に現れた事がどれだけ嬉しい事か実感できるはず。

一回の会話のチャンスをしっかりと掴み、距離を縮めていくために、家を出るために言霊を使って自分の意識を高めましょう。

「逃げたら二度とチャンスはこない」「絶対に笑顔で会話する」と言葉に出すことで、自分の声を聴いて、意識がプラスに転じます。

今までと違う行動を起こすためには、発言から変化を起こすのが、有効です。

つい逃げてしまう自分を変化させる意識を言葉にして出しましょう。

好きな人が近くに来たら一度深呼吸をする

好きな人が近くに来たら一度深呼吸をするのが、つい避けてしまう態度をとっていた自分を変化させるために重要な事です。

好きな人は、自分の平常心を乱す存在。

いくら「冷静に行動しよう」と思っても、今まで出来なかったことを急に変えるのは、なかなか難しいことです。

好きな人が近くにいるだけで、ドキドキするし自分の行動をすべて見られているような気がして、緊張します。

だからこそ、まずは自分をリラックスさせることが大切です。

動作を付けなくてもいいので、静かに深呼吸をしましょう。

鼻から大きく息を吸って、「1・2・3秒」呼吸を止めてから、ゆっくり吐き出します。

全身の緊張とネガティブな気持ち、心配などを全て吐く息とともに外に出しましょう。

深呼吸をすることで、頭がすっきりし、取るべき動作が明確になるはずです。

逃げ出したいというよりも、「楽しい時間を過ごしたい」と気持ちを切り替えることが出来、一歩前進できます。

好き避けして後悔しているならすぐに試して!相手を傷つけて手遅れになる前のフォロー方法

好き避けした日に即LINEで謝る「嫌な態度しちゃったよね」

好き避けした日に即LINEで謝ることで、相手を傷つけて手遅れになる前のフォローに出来ます。

好意を持っているのに逃げてしまう動作そのものは、頭が働く前に体が動いてしまうもの。

後から「なんてことをしたんだ」「傷付けてしまったかもしれない」と後悔する事は多々あります。

だからこそ、謝るまでの時間こそが大事。

「嫌な態度しちゃったよね」とLINEを送る事で、自分の行動で傷付けてしまったかもしれないと気付き、反省している事を伝えられます。

「大丈夫だよ」「気にしていないよ」と変身してくれれば、許してくれたも同然。

それでも、心の中では引っ掛かっているかもしれないので、次に会った時には絶対に変化しておくことが大切と言えます。

謝ることが出来れば、「あの態度はよくないよね」「嫌われたのかと思った」と相手の気持ちを知ることも出来、心を通わせあう第一歩とすることが出来るはずです。

本気で怒ってくれたなら、落ち込んでしまうだけではもったいない。

本気で向き合ってくれて、叱咤してくれるほど直すべき点を指摘してくれる大事な存在なので、言葉を受け入れて次はないように宣言することで、信頼関係が結ばれます。

次の日は誰より先に話しかける

次の日は誰よりも先に話しかけることで、傷つけてしまったかもしれない相手をフォローすることが出来ます。

人間関係は、一度のミスで崩れてしまうほど儚い関係も多く存在します。

だからこそ、失敗したら態度で返すことがベスト。

「傷付いたかもしれない」「嫌われたかもしれない」と落ち込んだら、翌日は一番最初に声をかけて、元気よく挨拶をしましょう。

大きな声、元気な表情、明るい言葉は、人間関係を構築する上で重要な基礎部分です。

嫌な思いをさせてしまった相手に、ポジティブな声掛けで「もっと近づきたい」「仲良くなりたい」とアピールすることが出来ます。

多くの人がいる中をかきわけ、颯爽と相手の前に向かい、元気よく話しかけましょう。

その時に、「昨日は避けちゃってごめんね」と一言言えれば、尚好印象となります。

会話のチャンスを掴んだら相手を褒める言葉を入れる

会話のチャンスを掴んだら、相手を褒める言葉を入れることで、好きな人の心をフォロー出来ます。

好き避けしてしまう相手でも、また接触するチャンスは訪れるものです。

その時も同じように逃げてしまったり、無言を貫いたりしては、何もフォロー出来ないのは明白。

対面をする機会がありそうなら、自分から積極的に出向き、会話の輪に入りましょう。

そして、相手を褒める言葉を必ず入れていきます。

「すごくいい人だから、憧れる」「周りの人にやさしくしているよね」と褒めることで、いつも見ている事もアピールできるはずです。

褒めることで「この前の態度は、たまたま急いでいたのかな」「ちょっと機嫌が悪かったのかな」と思い過ごしかも知れないと考え直してくれます。

褒める言葉は、いくら使っても悪い印象になる事はありません。

脳裏に浮かぶだけ、たくさん綴り、好印象を残しましょう。

避けてしまったりする自分の性格も、少し触れることが出来れば、自分のダメな部分も受け入れてもらえるチャンスとなります。

「あなたの前だと緊張しちゃうんだよね」と好意を匂わす

「あなたの前だと緊張しちゃうんだよね」と好意を匂わすことが、好き避けをすっかり印象の逆転を起こすきっかけと出来ます。

緊張する人と言うのは、憧れている、好意を抱いている、上の立場でいたい、などの相手。

「あなたの前だと緊張しちゃう」と言われることで、相手は「どんな気持ちを持ってくれているのだろう」と推測を始めます。

話している最中も緊張がほぐれないようなら、「いい格好したいのかな」と思いますが、はにかむ表情と共に伝えたなら「もしかして、好きな気持ちがあるのかな」と想像するものです。

緊張という言葉を使って、好意を匂わすと、後の展開がスムーズになります。

ハッキリと好きと伝えたわけではないので、急に関係を進展させなくてもいいし、そのまま告白に持ち込んでもOKです。

自分のペースで相手と関わりながら、向こうには嫌われていないという安心感を与え、「緊張したから逃げてしまったのか」と思ってもらうことが出来、あわよくば「かわいいな」と思ってもらえる可能性も出てきます。

友達との会話に好きな人を誘って輪に入れる

友達との会話に好きな人を誘って、輪に入れることで逃げてしまった事実を覆すことが出来ます。

バッタリ対面して逃げてしまった、話しかけてくれたのに無言で立ち去ってしまった、という場合には、二度と話すチャンスがないとも思ってしまう所。

けれども、親しくなるチャンスは作るものです。

友達と会話をしている時に、「あの人はこの話詳しいかな」「好きそうな話題だよね」と切り出して、輪の中に誘いましょう。

自然な流れで会話をするチャンスを作ることが出来るだけでなく、友達がクッションとしていてくれることで、無言の時間を過ごさなくても済みます。

友達同士で盛り上がっている時でも「楽しい会話」として印象に残るので、あなたの事も「話やすい人」と記憶されるのです。

何でも抱え込まずに、周りの環境も含めて自分の世界だという事を思い出して、行動してみましょう。

自分の行動を反省して挽回するならスピードを持つ

好きなのについ避けてしまう、逃げてしまう癖を直したいと思っているのなら、まずは自分の行動をしっかりと反省しましょう。

相手がどんな気持ちを持っているのか考え、逆の立場だったらどう思うか思いを巡らせることで、反省することが出来ます。

挽回して嫌われてしまう前にフォローしたいなら、スピードを持って、ポジティブな行動に移しましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事