好きな気持ちはいつまで続くもの?男性の恋愛感情が冷めるまでの期間&全然冷めない彼氏の心理
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

付き合っている彼氏とラブラブだったのに、月日の経過とともに当初のような情熱を感じられなくなり、不安になるという人は、少なくありません。

「いつまでも付き合いたての気持ちを続けることは、無理なの?」「男の人はどのくらいで恋愛感情がなくなってしまうものなの?」と不安から、悲しい気持ちになっているのなら、彼氏の心理の変化を期間という視点で見てみましょう。

男性が女性を好きな気持ちが、いつまで続くものなのか、冷めるまでの期間をお伝えしていきますので、今のカレの状況を判断するための参考にしてくださいね。

恋人の気持ちが冷めてしまうかも知れないと不安に感じやすい女性の特徴や、彼女への愛が全然冷めない彼氏の心理、これから、まるで付き合いたてのような気持がいつまでも続く交際ルールについてもご紹介しているので、今からでも関係をラブラブ感を取り戻せるよう行動に落とし込んでいきましょう。

目次

平均は3年?好きな気持ちはいつまで続くものなのかを男女それぞれ検証

男女ともに恋愛ホルモンの分泌が3年でなくなる

好きな気持ちが継続するメカニズムとして、男女ともに恋愛ホルモンの分泌の影響があります。

異性と出会うと、恋愛のスイッチが入り、相性のいい相手と一緒に過ごす事で、ホルモンが次々と分泌されるのです。

ドキドキしたり、嬉しいながらも緊張したりと、特別な感情が芽生え、好きなヒトと一緒にいたいという気持ちが強くなります。

出会った頃や想いが通じ合った時期に、一番多く分泌されますが、男女ともに本能に組み込まれている恋愛ホルモンの活動は、3年程度で無くなると言われているのです。

遺伝子に組み込まれている男女を見極める本能は、3年というリミットがついており、期間内に、生涯を共にする相手や子孫を残すパートナーと判断できなければ、離れた方が良いという事を意味しています。

恋愛といえば、最初の頃のラブラブ期のインパクトが強く、気持ちが落ち着いてくると同時に、好きなのかどうか分からなくなるというのは、よくあるパターンです。

好きな気持ちの概念が、ドキドキやトキメキと捉えるか、リラックスしてゆったり過ごせる相手と考えるか、継続しているか判断するには、望む形によっても違うと言えます。

セロトニンが早く出始めると安心感が生まれマンネリ気に突入する

好きな気持ちの持続期間には、セロトニンという脳内物質の影響も大きいと言えます。

幸せホルモンともいわれるセロトニン。

恋愛をすると、多くの喜怒哀楽を体験します。

脳を活発にすることで、セロトニンが分泌され、幸せを感じたり、充実感を抱いたり、ストレス解消や日常の意欲向上など様々なポジティブな効果が見込まれるのです。

恋人と過ごす時間を積み重ねる事で、常に幸福状態でいられるようになり、安心感に包まれる相手として、居心地の良さを感じられます。

継続的に「私の居場所」「俺が安心できる相手」としていることで、マンネリ化が起こるのです。

セロトニンの物質が多くなればなるほど、マンネリ化は早く訪れ、ドキドキしなくなったことへの疑問や、安定感から刺激を求めるなどの心境の変化で、付き合い続けるかを考え始めます。

体を重ねる事でも幸福感で満たされるので、体に飽きたと感じるカップルは、セロトニンの影響があるとも言えるところです。

男性は多くの遺伝子を残す本能があるため1年程度で次の相手を探し出す

好きな気持ちが長続きする期間の検証で有効なのは、男性の遺伝子に組み込まれている本能が影響するという事です。

男性は、より多くの遺伝子をこの世に残そうとする生き物。

一度の射精で、何億もの精子が受精を求めて飛び出すのも、少しでも子孫を残す確率を高めるためです。

男性の性欲が分かりやすく、セクシャルアピールをする人が多いのも、多くの女性と出会い、自分の遺伝子を残してくれるパートナーと出会うため。

男性は浮気をする人が多いと言われていますが、理性では一人の女性を深く愛し、生涯パートナーとなる事が素晴らしいと理解していても、時折顔を見せる本能が、性欲を駆り立ててしまうからです。

好きな気持ちも本能と共に動くタイプの人が多く、性欲を感じなくなった相手には、恋愛感情も冷めてしまったり、次々と対象が変わったりと、安定する事が難しいと言えます。

付き合って1年程度経過すれば、次の相手を見つけようとする本能が働き始め、関係性にも変化が訪れるはずです。

女性はより質の高い遺伝子を残そうとするため相性を重点的にチェックする

好きな気持ちに関して、女性の場合では、より質の高い遺伝子を残そうとする本能が働くため、相性を重点的にチェックするという行動をします。

「彼氏をもっと深く知りたい」「ずっと傍に居たい」「自分にはない、尊敬できるところを持っている人がいい」など、探求心や求める強さ、相性など女性は相手に執着しやすいと言えるはずです。

より質の高い遺伝子を残すと言う事は、病気に対する免疫が強かったり、欠点を補い合えて長所を取り入れたりといった、二人にとってハイブリッドな存在を作りたいという欲求。

遺伝子レベルで組み込まれている仕組みなので、女性の性質とも言えます。

皮膚疾患やかかりやすい病気、苦手な事など、相手の男性が好条件でクリアして入れば、より強い子孫を残すことが出来るのです。

「この人を逃してはいけない」という強い欲望となり、女性の場合は好きな気持ちと連結して、いつまでも継続しやすくなります。

3年かかっても結婚出来ない相手とは相性が悪いと判断する本能がある

気持ちの継続期間について、3年かかっても結婚出来ない相手とは、相性が悪いと判断するための本能が備わっているため、恋愛の寿命はこのくらいだと言われています。

色んな恋愛参考本やサイトでも、寿命は3年程度だと言われているのは、子孫を残すためのパートナー選びの判断基準が、この期間として組み込まれているからです。

神のイタズラともいうべきなのか、男性にはその期間に相手が「より自分の子孫を残してくれる相手か見極めよ」と指示されており、女性には「強い遺伝子を作れるのか、相性を見定めなさい」とされています。

動物世界であれば、繁殖期に雌に出会った雄は、セックスアピールをし、パートナーを探すはずです。

そして、数週間のうちには相手を見つけ、繁殖行動を起こし、中にはそこで力尽きてしまう種もいる程。

異性と出会うことは、子孫を残すためであり、人間のようにゆっくりと愛を育んだ末に別れる事が多いといった動物は、自然界の中ではありえないと言えます。

人間は、全てが未熟なまま生れてくるわけですから、見定める期間も長く設定されているとも受け取れるはずです。

好きな気持ちが持続するのは、繁殖期間として設定されている間、パートナーとして認識できるからとなります。

あんなにラブラブだったのに…男性の恋愛感情が冷めるまでの期間&過程

付き合って1週間でセックスをすると途端に興味が無くなる

付き合ってい1週間で、体の関係許した途端、男性の愛情が冷めてしまう事があります。

出会ってからすぐに意気投合し、付き合い始めた時から、「離れたくないね」「ずっと昔から一緒にいるみたいだね」など、運命を感じる言葉を交わしていても、結局体目当てだという場合があるのです。

特に、年齢が若ければ、ノリで異性と知り合い、楽しければそのまま付き合うというパターンも少なくありません。

片思い期間が長く会った末のカップルとは違い、ノリがすべて。

この先どうなりたいという理想も、二人の関係のベストな状態を思い描いている事も、大きなビジョンとして持っていないのです。

性欲に流されるまま体を許し、愛が通じ合えたかのように想えても、所詮は本能に従っただけの肉欲。

「エッチがしたい」という欲望が満たされると、興味が無くなり、冷めた態度になってしまいます。

追いかけられる喜びが感じられなくなる3か月程度でドキドキが錯覚だったと感じる

追いかけられる喜びが感じなくなるという心理的変化が起こるのは、付き合って約3か月程度の事で、ドキドキしていた日々さえも、錯覚だったと思ってしまいます。

付き合ってすぐの頃は、女性の方が愛情表現が分かりやすい場合が多く、会う度に甘えてきたり、体をぴったり寄せてきたりして、男性は身を任せているだけで、愛されている事を感じられたはずです。

「この子は、俺の事が好きで堪らないんだな」と思うと、追いかけられる喜びで、恋愛の満足感は高まります。

関係に慣れてくると、カップルはいつも一緒にいるのが当たり前のようになっていき、愛情表現も互いに減っていくところです。

ドキドキしていた気持ちもすっかり落ち着き、触れ合う事が当たり前になっていきます。

3か月程度経過すると、「何をそこまで、ときめいていたのかな」「彼女から追いかけられている感じがないと、自分の感情が分からない」と気持ちに疑問を抱くようになり、本当に好きなのか分からなくなってしまうのです。

容姿に見慣れてくる半年で急激にラブラブ感が薄れる

男性は、彼女の容姿に見慣れてくる半年で、急激にラブラブ感が薄れてしまうという経緯があります。

女性を見た目で好きになるパターンが、多い男性。

理想の女性と付き合うことが出来れば、より気持ちが長持ちしますが、「今まで友達だった人といい雰囲気になったら、不思議と可愛く見えてきた」などといった場合は、半年も付き合えば、容姿も見慣れて、それまで見えていたようなキラキラ感が失われていきます。

どれだけの美女でも、粗が見えてきたり、慣れてしまったことで、完璧に整った顔立ちも、なぜかブサイクに見えてくることも。

半年程度もすれば、「俺の彼女はカワイイ」と思っていた男性も、「他の女性よりは可愛い方」というレベルにまで落ち込んでしまいます。

見ただけで嬉しくなったり、目が合うだけで嬉しさマックスになるような、気持ちの高まり方は出来なくなるはずです。

好きになったきっかけだったり、恋愛感情を持ったことで輝きが増して見えた外見は、慣れてしまえば、魅力としては捉えられなくなり、他の事で好きな要素が強くなっていない限りは、気持ちも冷めていきます。

付き合って1年のサイクルを経験すると新鮮さが無くなり冷める

付き合って1年経過すると、イベントごとを一通り経験した事で、新鮮さが無くなり、ワクワク感が持てなくなります。

恋の醍醐味とも言えるイベント事のワクワク。

お花見、お祭りに花火大会、紅葉やクリスマスなど、四季がある日本では季節ごとに楽しめるイベントがあります。

その他にも、誕生日や付き合った記念日、初めてのデートや旅行など、恋人たちならではのラブラブイベントも盛りだくさん。

「次は、あれがあるね」「今度の○○は、どう過ごす?」など、好きなヒトと楽しい時間を共有できることが嬉しくてたまりません。

「付き合い始めてから初めての○○」といった具合に、初体験のものほど、期待と希望に溢れます。

交際から一年。

仕事や他の予定などで、一緒に過ごせなかったものがあったとしても、一応全てのイベント事を経験したことで、年間の雰囲気を掴むことが出来ます。

二回目となると、新鮮さが無くなるためワクワク感は薄くなり、時間を合わせる事などが面倒だと感じる気持ちの方が大きくなるのです。

半年程度でラブラブしていることに飽きてくる

男の人は、半年程度でラブラブしている行為自体に飽きてくる、という現象が起こります。

片思いしている人と想いが通じた、告白されて好かれている事が嬉しかった、お互い惹かれ合って気が付けばいつも一緒にいるようになった、など付き合い始めのきっかけは様々なパターンがありますが、最初の頃はイチャイチャする事が楽しいと感じるカップルがほとんどです。

触れてもいい恋人特権、どれだけ近づいても嫌われる心配のない優越感で、イチャイチャする事が楽しくて仕方がありません。

「触れてもいいんだよね」とワクワクしていた気持ちも、回数を重ねるごとに慣れていき、何となく体に触ったり、同じ空間にいるだけで満足したりと、「近づきたい」という欲求が薄れていきます。

半年もすれば、「今すぐに彼女に触れたい」というドキドキがなくなり、イチャイチャタイムに飽きてくるものです。

いつか彼氏の好きな気持ちが冷めてしまうんじゃ…と不安に感じやすい女性の特徴

自分に自信を持てない

不安に感じやすい女性は、自分に自信を持てないという特徴を持っています。

せっかく好きなヒトと両思いに慣れても、愛されることに自信が持てなければ、彼氏が隣にいる状況でさえも、不安を感じてしまうところです。

心の中の根底に「こんなダメな彼女だから、いつまで好きでいてくれるかなんて、分からない」「どうせ私なんてすぐに振られてしまう」と自己価値を低く見積もっているので、相手が愛し続けてくれる事が信じられません。

彼氏が、自分のどんなところを好きになってくれたのかも理解できないので、何をしても恋人の顔色ばかりを窺って、自分の行動が正解かどうかを確かめようとします。

彼氏が望んだ事ばかりを叶えようとするため、いつも無理をしてしまうので、笑顔でいる事すらしんどくなってしまう訳です。

好きなヒトの前で、スッキリとした笑顔でいられない事が、また女性の自信を無くし、「いつかきっと好きではなくなってしまうはず」と彼の気持ちを決めつけます。

言いたいことを我慢してしまって言えない

いつか好きな気持ちが無くなってしまうかも知れない、と不安に感じてしまう女性は、言いたいことを我慢してしまい、何も言えなくなってしまうという特徴を持っています。

色々な事が頭の中に巡っているのに、言葉にしようとすると、相手の反応に恐怖を感じてしまい、飲み込んでしまうのです。

結果的に、何も言えず、気持ちを伝えられないので、彼氏からも「何を考えているのか分からない」「いつもハッキリしない」と不満を持たれてしまいます。

彼の不満げな態度を見て、自分が気持ちを表現できないことが悪いのだと分かってはいるのに、どう言葉にすればいいのか分からずにコミュニケーションがうまく取れません。

彼氏に不満があっても、「私が我慢していれば、平和なままでいられる」と思ってしまうので、気持ちのすれ違いは大きくなるばかり。

何でも話し合える関係の方が長続きできると思うのに、つい我慢してしまう癖が出てしまうので、恋人との間に大きな壁があるように感じてしまいます。

相手に嫌われないように機嫌ばかり窺う

いつか恋人の愛情が無くなってしまう事を恐れる女性は、相手に嫌われないように、機嫌ばかり窺ってしまうという特徴があります。

社会の中でも、周りの人の顔色を見ている人は、発言頻度が少なく、いつも事前準備が完璧にできている人です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

怒られることに極度な恐怖心を抱いているだけでなく、嫌われることが何よりも不安なので、とにかくいい顔をしていようとします。

ご機嫌取りが常習化しているので、「飲み物買ってこようか?」「お昼はお弁当作ってきたらいいかな?」「予定が入ったら、私が調整するから遠慮なく言ってね」と全て恋人の行動に合わせようとするはずです。

自分がしたいことを優先すればいい事でも、彼氏にお伺いを立てるので、主従関係が出来上がっているような構図となります。

デート場所も、連絡を入れる時間も全て、承認をもらわないと叱られてしまいそうで怯えてしまうのです。

会話でも、基本的には疑問形が多く使われ、自分の主張がないタイプといえます。

彼からすれば、「自分からやりたいことを言ってくれた方が、喜んで何でもしてあげたくなるのにな」と不服に感じてしまう事もあるのです。

連絡手段をラインに頼る

連絡手段を、ラインにばかり頼って、電話をしない女性は、彼の気持ちがいつまで続くのか不安になりやすいといえます。

ラインは、思いついた時にメッセージを気軽に送れるとても便利なアプリです。

「返事は、あの人の都合のいい時に送ってくれればいい」と思って、送信するので、その時点では不安を感じてはいないはず。

ところが、日々のやり取りをLINEにばかり頼る事で、少しの気持ちのすれ違いが大事のように感じたり、勘違いしたまま不安が大きくなってしまったりといった弊害が起こります。

「今日は、返信が遅いけど、何か気に障る事を言ってしまったのかな」「なんだか文章がそっけないけど、もしかしてもう興味が無くなったのかな」「仕事が忙しいしか言わないけど、職場で好きなヒトが出来たとか?」と、ネガティブな思考が不必要な不安を生み出すのです。

顔を見ながら話していれば、相手の様子を見ながら質問するタイミングを図れたり、すれ違いが生まれたと思った瞬間に軌道修正をすることが出来たりします。

微妙な精神面の調整がリアルタイムで行われないため、小さな違和感が積もり、いつの間にか心に暗雲が立ち込めてしまうわけです。

スキンシップが愛情を判断する全てだと思っている

彼の気持ちに関して不安になりやすい女性は、スキンシップが愛情を判断するすべてだと思っているという特徴があります。

付き合ってすぐの頃より、月日が経過するとスキンシップが減ってくるのは、日本人の特徴とも言われるところです。

夫婦となっても、セックスレスが問題となっているぐらいで、カップルにおいても徐々に手を繋ぐ頻度が減ってきたり、エッチの時にしかキスをしてくれなくなったりと、淡泊になってしまう男性は多くいます。

イチャイチャタイムは、愛されている実感が沸き上がるので、とても満たされる気持ちになりますが、スキンシップやボディタッチだけで相手の気持ちを図ろうとすると、後々苦しい想いを抱く原因となるのです。

半年、1年と経過して、「最近、手を繋いでくれない」「愛されているのか不安」と思う事で、相手の気持ちに自信が持てなくなり、冷めてしまったのかもしれないと考えてしまいます。

3年どころか6年経っても大好き!全然彼女への愛が冷めない彼氏の心理

彼女の生き方を近くで応援していたい

彼女への愛が冷めない彼氏は、恋人の生き方が好きで、近くで応援していたいという心理を持っている人です。

好きになるポイントは、人それぞれですが、一緒にいる程想いが強くなるのは、生き方に感銘を受けているパターン。

「イキイキとしていて、カッコいい」「自分の生き方に自信を持っていて、ずっと応援したくなる」とサポーターとして楽しめます。

彼女の考え方や行動が全て、「あの子らしい」と思えるポイントなので、否定する点は全くありません。

それどころか、新しく経験する事があったり、初めて困る姿を見かけたりした時も、「こんな時には、どう乗り越えるのかな」「何か手伝えることはあるかな」とポジティブな気持ちで見守れるので、ますます愛情が深くなります。

どんな面を見ても、新たな彼女の一面として受け止められるので、愛情が冷める事はないのです。

考え方が違うからこそ尊敬している

ずっと気持ちが冷めない彼氏は、考え方が違うからこそ尊敬しているという心理を持っている人です。

人間は、例え同じ環境で育ったとしても、十人十色の性格や性質を持っています。

同じ受精卵から生まれた一卵性双生児でさえ、僅かな人間関係や環境の違いで、異なる考え方を持つのは自然な事です。

違う両親から生まれ、別々の道を生きて来た恋人同士は、考え方や価値観が違って当然。

個性をしっかり理解している男性は、恋人との違いを楽しめる価値観を持っています。

「自分にはない考え方だから、聞いているだけで面白い」「あの子の思考は、思ったことが無いから、取り入れてみよう」と別の人間同士だからこそ、共有しあえる知恵がある事や経験談を持っている事を貴重だと考え、相手に尊敬の念を持っているのです。

「彼女との日々は、全てが学び」「こんな考え方もあるんだと思うと、これから役に立つことが必ずある」と思えるからこそ、恋人を大切に扱えます。

外見だけでなく好きなポイントがいくつもある

ずっと好きでいられる彼氏は、「外見だけでなく魅力を感じるポイントがいくつもあるから幸せ」という気持ちの人です。

外見で惚れる事は、何も悪い事ではありませんが、内面にどれほど惹かれるかが、胸がきゅんとする状態を長く持続させられるかどうかに影響してきます。

笑った顔が可愛い、スタイルが良い、髪がサラサラでドキドキする、ファッションがものすごく好み、など見た目に関して、魅力を感じる部分が多ければ、好きになる可能性はかなり高いはずです。

付き合い始めて、知り合いだったころよりももっと深く知るようになると、「人知れず努力を続けている」「理想の自分を表現するために日々研究をしている」「甘えた時の言い方が可愛い」「リラックスしていると気持ちを許してくれていることが分かるから嬉しい」など、見た目だけでは分からない彼女の性格や日頃の姿が見えてきます。

内面的な部分や性格で、どのくらい「キュンとする」「カワイイ」「幸せにしたい」と思えるポイントがたくさんあるかが、好きの気持ちに関連するのです。

彼女の事をいつまでも愛し続けられる男性は、このポイントをいくつも見つけることが出来るし、どんどん増やしていく事が出来る人。

そのため、常に素敵な彼女をアップデートし続け、愛するわけです。

自分が愛し続ける事で関係が継続すると信じている

気持ちが冷めない男性は、自分が愛し続ける事で、関係が安定して継続すると信じている人です。

男性側が、どれだけ絆を信じているかは、二人の関係を安定させるためにとても重要といえます。

最初から「飽きたら他の人を探そう」「今は紛れもなく大好きだけど、10年後どうなっているかは分からない」と考えている男性は、情熱的な愛を注いでいても、何かきっかけがあれば気持ちが冷めてしまう可能性が高い人です。

「嫌いになるなんてありえない」「どんな道を選んで生きていても、必ず会えたと思う」と運命を信じて、彼女を愛している人は、何があっても二人で乗り越えようとします。

喧嘩をしたとしても、分かり合うまで話し合うか、「そういうものだ」と割り切って受け入れるか、など考え方のどこにも別の道を選ぶという選択肢がありません。

「例え彼女から嫌われたとしても、自分の想いが届けば、持ち直せる」と考えていて、「そもそも嫌われるようなことをするつもりはない」と深い愛情を持っています。

彼女との時間があると何もかもうまくいく

彼女との時間がある事で、何もかも上手くいくと感じている男性は、いつまでも好きでい続けるタイプの人です。

恋人の存在を完全に「あげまん」だと思っているカレは、何があっても「彼女のおかげ」と感謝する事が出来ます。

付き合い始めてから、仕事が上手くいったり、諦めていた夢をもう一度追いかけることが出来るようになったりと、日々のモチベーションを高める事が出来ている人。

「今日頑張れば、明日あの子に会える」「仕事を頑張って、プレゼントを買ってあげたい。喜ぶ顔が見たいな」と彼女がいるおかげで、毎日が充実し、彩鮮やかな人生を送れるようになっている人は、何が何でも絶対に手放したくないと考えます。

天使のように感じ、「そばにいてくれるだけで幸せ」と思えるので、多くの事を望みません。

望みがなければ、ガッカリする事や不満に思う事もなく、いつまでも幸せが継続します。

まるで付き合いたてのような好きな気持ちがいつまでも続く彼氏との交際ルール

相手の気持ちを疑う質問をしない

まるで付き合いたてのような気持が続く交際ルールは、恋人からの愛を疑うような質問は、最初からしない事です。

恋人同士の間で、質問を含む会話は必ずあるもの。

予定を尋ねたり、起きた出来事に対しての気持ちを聞いたりと、好きなヒトの事を知る為に重要な情報です。

愛情に関して言葉を交わし合っていても、ポジティブな気持ちはいくら聞いても嬉しいばかりですが、ネガティブな感情は「それ以上聞きたくない」と思うはず。

「私の事は、もう好きじゃないの?」「二人の事なのに、どうでもいいって言うの?」「仕事の方が、やっぱり大事なんだね」など、彼の気持ちが冷めたと決めつけて質問を投げかけるのは、修羅場でよくある光景です。

修羅場で使う言葉は、基本的に良いエネルギーを持っていません。

聞いていても、「疑われて嬉しい」と思う男性は、いるはずがないからです。

最初から気持ちを決めつけてネガティブな判断をしている言葉は使わず、逆の発想をしてみましょう。

「私の事、大好きなんだよね」「離れたくないだろうけど、次のデートまで我慢だね」など、両想いであることを前提で会話を勧めると、あちらも安心して好きでい続けられるのです。

感謝は全部言葉にして伝える

ずっとラブラブでいるための交際ルールは、感謝する事は全部言葉にして伝える事です。

「ありがとう」という言葉は、とても美しいもので、漢字にしても深い意味を持っている文字。

「有難う」と書きますが、有ること(そこに存在する事、その状態になっている事)が、難しいのです。

本来、手に入れるのが難しいはずの状況を作り出してくれている人がいることは、奇跡であり、心から感謝するべきこと。

「好きでいてくれてありがとう」「生まれてきてくれて有難う」「出会ってくれて感謝します」と伝えましょう。

交際が続く中で、いくら慣れても「忙しい中、わざわざ連絡をくれて有難う」「私のために予定を空けてくれて嬉しい」と喜び続ける事で、いつまでもお互いを尊重しあえる関係でいられます。

カレの人生は、付き合っているからといって、あなたの物ではありません。

時間を作ってくれる事、優しくしてくれる事、癒してくれる事など、全てに喜びましょう。

察してもらうのではなく知ってもらいたい事は自分から発信する

ラブラブでいられるための交際ルールは、自分が望んでいる事は、相手に察してもらおうとするのではなく、自分から発信する事です。

女性は、よく「空気を読んでよ」「言わなくてもわかって欲しい」と望むことがありますが、これは女社会では相手の顔色を察して、求められている事を先回りして円滑に人間関係を築くという能力を持っているから。

男の人は、言葉で言われないと分かりません。

顔色を見る、空気を読む、日付から考察するなどは、とても苦手な分野です。

生理中で機嫌が悪い時に、平気で「女は面倒だな」とデリカシーのない言葉を投げかける事があるのも、気持ちを察することが出来ないから。

逆に、男性も無言の美学を持っているので、思っている事があっても、黙っている場合がよくあります。

お互いに望んでいる事があるのなら、言葉に出してはっきり伝えること。

相手の言いなりで動くのではなく、その都度話し合いをして折り合いをつけたり、心地よく過ごせる方法を考えたりすることが必要です。

現状に甘んじることなく愛し愛される努力をお互いにする

ラブラブで居続けるために、現状に甘んじることなく、相手を愛して、自分も愛される努力をする事をルールにしましょう。

付き合っているのだから、愛されて当たり前という考えでは、飽きられてしまうのも時間の問題。

好きな気持ちを持続させるためには、常にアップデートした自分を見せ続ける努力も大切になります。

愛されるための気配りも重要です。

付き合いが長くなったからといって、いつでもすっぴんでデートをしたり、デートは自宅ばかりで部屋着しか見せていなかったり、女性ならではの可愛らしさを表現出来る場を持たなければ、ドキドキ感も早々になくなります。

「今日は、こんな感じのファッションにしてみたよ」「髪型を変えてみたから、一緒に買い物に行って、似合うものを探すの手伝ってよ」など、愛されるために彼を巻き込みましょう。

彼氏の事を知る意識も、常に大事に持っておきます。

仕事が忙しい時に、自分のしたい事ばかりを押し付けては、イライラさせてしまうし、体調が悪い時にノンストップのおしゃべりをしていれば、疲れさせてしまうはずです。

「今、大変そうだから、デートは出来るようになってからでいいよ」「疲労回復できる料理を作るね」など、彼を思いやる気持ちを優先して、過ごします。

不満がある時には感情的にならずに日にちをずらして話し合う

いつまでも好きでい続けてもらうために、不満がある時には、感情的にならずに、一旦その場を離れて、日にちをずらしてから話し合うルールを作りましょう。

愛情が急激に冷めてしまう原因に、大きな喧嘩をすることが挙げられます。

意見の衝突が全くないよりは、お互いの事を知る中でぶつかり合う事も多少はあるものですが、感情的になってしまえば、言葉が汚くなってしまうのです。

言わなくてもいいのに相手を罵倒したり、全く関係のない不満を思い出して言ったりと、事態をややこしくこじらせるだけ。

喧嘩を繰り返すカップルでも、結婚に至る人もいますが、出来れば穏やかに愛を育みたいものです。

感情的になりそうになった瞬間、その場を離れてしまいましょう。

アンガーマネジメントでは、怒りは6秒でピークを過ぎ去ると言われています。

彼の前から姿を消し、6秒数えながら深呼吸をすれば、沸点は乗り越えられるはずです。

冷静になってから日を改めて話し合いを行い、二人にとってベストな方法を常に見つける事を心がけましょう。

愛される努力が大事

付き合っている彼が、いつまで好きな気持ちのままでいてくれるのか、不安になる女性は少なくありません。

いつまでも同じ感情で、ラブラブなままでいるためには、あなた自身も愛される努力が大切です。

彼の気持ちを信じ、明るい未来をイメージし、最高にかわいい彼女でいる努力を続けましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事