あけおめラインやメールを元彼に送る
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

別れた後に、元彼との接点を持ちたいなと思った場合、効果的なのは何かしらのイベントでメールやLINEを送ることです。

きっかけを掴んで、少しでも連絡のやりとりができるようになれば、ちょっとは復縁の可能性も高まるのでは?と思います。

中には嫌だと思われたり、嫌悪感を抱かれることだってあるのです。

そこで、元彼にあけおめLINEやメールを送った時にめんどくさい元カノと認定されてしまうケースをご紹介します。

全ての場合で元カノからあけおめメールやラインをもらって、男性がめんどくさいと思うわけではないため、男性心理を考慮しながら検討してみてください。

目次

別れた彼女からあけおめラインやメールをもらった元彼が考える事

素直に懐かしくて嫌悪感などは感じない

元彼が考える事1元カノからあけおめラインやメールが届くまで、全く連絡のやりとりをしてこなかった場合、「すごい懐かしい」と思うものです。

もうすでに、お互いにとって相手は過去の存在として認識している男性も多くいます。

全く連絡をしてこない状態が続いていた場合、あなたを思い出さない日の方が多いでしょうし、何度か恋を経験している人だってたくさんいるのです。

だからこそ、久しぶりに連絡がきた時には「うわ!久しぶり!」と素直に感じて、うれしくなります。

別れた時の印象って、ほとんどの人が覚えているといってもおかしくはないのです。

素直に懐かしいと思ってくれるような男性であれば、あなたに対して全く悪い気持ちが残っていないと言えるので、ちょっとしたきっかけを掴むことができれば、再会に持っていける可能性も非常に高いといえます。

しっかりと離れている時間があったからこそ、過去のあれこれを水に流せていると思ってください。

突然どうしたんだろう?と不安に感じる

元彼が考える事2当然、もうすでに別れた元カノから急に「あけましておめでとう!」とLINEやメールが来たとことで、なかなか嬉しい!とか嫌だ!とか気持ちが急変することはないのです。

心のどこかで「何かあったのかな?」「よくない連絡かな?でもお正月だしな」といろんな考えが頭を巡っていきます。

男性って結構繊細だったり、小心者だったりするので、女性からある種のアプローチを受けたような状態になるとどうしても「いきなりどうしたの?」と不安になるものです。

もちろん、あなたにとって復縁を狙ったものでも、単純に久しぶりだから連絡したものでも、はっきりと聞いたわけじゃないので元カレとしてもモヤモヤした気持ちになります。

こうした不安を抱いている男性の場合、なかなか返信ができない傾向があり、返信をしたとしても「おめでとう」と一言だけ送ってくる可能性が高いです。

なぜ、そんなにそっけない返答をするの?と思うかもしれませんが、正直不安を払拭するために元カノに質問するのはちょっと男らしくないですし、無視するのもなんか違うな…という思いからだといえます。

元カノに対して良い記憶が残っていない場合は、そのまま無視という可能性もありますが、悪い別れ方さえしていなければ無視をされる確率もこのタイプだと低いです。

女性としては、元彼から返信を心待ちにしているわけなので、やっと返信が来た!と思ってもそっけない1行程度の返信だったら寂しいと思うかもしれません。

ただ、急に元カノから連絡がくる男性の気持ちも考慮してあげましょう。

未練があるのかな?とちょっと警戒心が芽生える

元彼が考える事3男性は、女性よりも警戒心が強いです。

女性は基本的に異性に対して、からだ目当てじゃないのか?という警戒心だけの話になりますが、男性の場合は都合の良い関係に持ちこむ、またはお金の関係も絡んでくる可能性があります。

一度でも女性関係で痛い目を見た男性っていうのは、そう簡単に相手を信用できなくなっているのです。

「一度付き合ったんだからそんなに警戒されないでしょ」と感じるでしょうが、一度は付き合った事実もそうですが、お互いの中で納得してお別れをしたといえます。

「終わっている関係なのに、どうしてまた連絡をしてくるんだ?」「何か下心でもあるんだろうか?」など、頭の中がパニックになってしまう男性もたくさんいます。

実は、元カノに対して全く無警戒に受け入れてくれる男性って非常に少ないです。

自ら近寄る場合は、全然意識をしないものですが女性から近寄ってこられると途端に「え?なに?」「なんで?」と不安と恐怖心がいろいろ巡ります。

特に付き合っているときに女性に振り回された記憶が濃くなっていたり、自分が女性に振られた立場なら尚更のこと、不信感が募るわけです。

女性も自分が降った男性が急に「あけましておめでとう!」と連絡してきても、気軽に返信して良いのか迷ってしまいます。

返信するとズルズル相手のペースに巻き込まれてしまうのでは?それは嫌だな…などまだ起きてもいないことを考え込んでしまうので、元カノから連絡がお正月にくると急激に疲れる可能性があります。

何も考えずに諸手を挙げて連絡を取り合えたら良いですが、大人同士の付き合いでは難しいものです。

彼女がいる場合は「タイミングが悪いよ」とイラッとする

元彼が考える事4「あけましておめでとう!」言うこと自体は、単純に新年のあいさつなのでおかしなことではありません。

元彼に言うものなのか?と言えば、個人によって違いはあると思います。

男性によっては、いきなり元カノから久しぶりにラインやメールがきて「あけましておめでとう!」と言われると、「は?」とイライラする可能性もあるのです。

理由としては、例えばすでに彼女がいるとか、もう元カノのことを忘れて前を向こうと努力しているようなタイミングで見計らったように、新年のあいさつをされるということになるので、とても腰の骨を折られたような気分になります。

イライラしてしまうことは、男性にとっても女性にとっても良いことにはならないので、連絡がきてもちょっと迷惑に感じるかもしれません。

自分の努力を水の泡にされたような気持ちになるので、男性はストレスを溜めてしまいます。

女性の場合は、自分が今どのような状況にせよ、意外に元彼から連絡がくるとちょっと浮き足立った気分になりますが、男性って自分が欲しいタイミングじゃないとイライラしてしまう生き物であります。

そのため、別れた後に元カレの状況を知らないまま、あけおめメールやLINEを送ると、知らぬ間にイラッとさせてしまうかもしれません。

ただ、一瞬イライラするだけでよくよくメールやLINEを見直すとちょっと元カノから連絡がきたことが嬉しくなって、日数がかかっても返信をくれる可能性もあります。

よく、女性はすぐに返信をもらえないと焦ってしまいますが、相手にも考える時間は必要なのです。

その点をしっかりと考慮してあげることが大人の女性としての対応です。

あけおめラインやメールを元彼に送るとめんどくさい元カノに認定されるケース

「また仲良くして欲しいな」と健気アピールされるとめんどくさい

めんどくさい元カノに認定されるケース1か弱い女性に男性は弱い、明らかなぶりっ子でも女性を可愛いと思ってくれるイメージを持っている女性が多いです。

確かに、自分よりも弱い存在が男性は大好きですし、そういう存在を守ってあげたいとも思っています。

ただ、この認識は単純に「付き合う前の女性像」としてあるだけで、「一度付き合ったことのある元カノが健気になるのは違う」のです。

一度付き合っているのであれば、元カノの性格は十分男性もわかっていますし、もともと明るくてさばさばしていた女性が男性ウケを意識して健気アピールをしたところで、それは嘘の姿だといえます。

自分に嘘をついてまで男性にアピールしようとする感覚が、男性って苦手なのです。

本当はちょっと元カノのことを頭の中に残していた男性すら、急な健気アピールをされると「なんかそういうところめんどくさいな」と思って、感情が消えてしまうことがあります。

元彼にちゃんと連絡をもらいたいのであれば、今までの自分に嘘をつかないことです。

男性って、元カノに惹かれる時はいつでも「懐かしい。この雰囲気好きだったな」というノスタルジックな気持ちで改めて、元カノの良さに気づきます。

そのため、急に女性の態度が変化していたり、今まで自分が知っていた元カノとは違う姿になると「こんな人を好きだったわけじゃない」と目を背けたくなるのです。

女性は、元彼に対して好感を持つのはよりかっこよくなっていたり、成長している姿ですが、男性って不思議なものでいつまでも女性には自分が知っていたままの存在でいてほしいといえます。

恋愛としてドキドキよりも懐かしさの延長線上に、女性への愛しさを持っている可能性が高いです。

あけおめメール・LINEなのにスクロールしまくりの長文

めんどくさい元カノに認定されるケース2あけおめLINEだけではなくて、元カレに送るメールやLINEで最も避けなくてはいけないことは、長文にすることです。

とにかく自分の気持ちを伝えたい、相手にわかってほしい、自分の存在をアピールしたいという気持ちを集中させると、当然長文になってしまうものです。

内容としては、全く復縁に触れていなくても、単純に近況報告だったとしても、「そんなことまで言わなくても良いよ」と思われるくらいに長文のLINEやメールを送る女性はいます。

確かに、今まで溜めに溜めた元彼への思いを伝えられる大チャンスと意気込んでしまいますが、久しぶりの連絡であり、さらに言えばお正月のあいさつにいきなりスクロールしないと全然読みきれないようなラインやメールを送ってこられても、正直怖いだけです。

最初は「お!元カノからだ!」とちょっと期待に胸をワクワクさせていた男性も、徐々に読んでいくにつれて、長文に気持ちが引いていきます。

中にはもう読むのがめんどくさくなって画面を閉じてしまうかもしれません。

元彼に対してメールやLINEを送っているのに、内容をしっかりと読んでもらえなければ意味がありませんし、単純に「めんどくさい連絡をしてきた人」として認定されるだけなので、好感を持ってもらえる可能性はほぼ皆無です。

お正月やクリスマスなどの1年の中でも大きなイベントは、元彼に連絡をとる最高のきっかけなので、そのチャンスを逃してしまうのは非常にもったいないと言えます。

大事なことは、ラインやメールの文面を作り上げた後に読み直すことです。

不自然な点はないか、長文すぎないか、何を言いたいのかわかるかどうかをちゃんと読み直すことで、しっかりとした内容を的確に送ることができます。

チャンスをものにできるように、文面はきちんと考えましょう。

休暇中毎日連絡してくる

めんどくさい元カノに認定されるケース3お正月時期は、すごくみんなが暇していますし、今の現状的になかなか派手に遊びに行くことも難しいかもしれません。

そのため例えば元旦に連絡した時、元彼から全く返信が来なくて、暇だからこそいろんなことをぐるぐると考えているでしょうし、返信をしようか?もしも返信するならどんなことを伝えようか?など、いろんなことを思ってしまうものです。

その時、元彼の頭の中はあなたでいっぱいになっているので、そこまで不安になる必要もありません。

でも、女性ってあらゆることを考えて想像する生き物のため、返信が来ないと「もう違う人と一緒にいるんだろうか?」「もしかして嫌い担った?」など、よからぬ方向にばかり意識が飛んでいってしまいます。

そのため、ついつい「LINE届いている?」とかスタンプだけを送信するような人も多いです。

男性って、LINEやメールを連絡手段として認識している人がほとんどなので、意味のない内容のものを毎日送られえてくると苦痛で仕方がありません。

しかも、もう付き合っていない女性から毎日連絡がくるのは、良い気はしないです。

元カノのことは好きだったけど、別れてまでしつこくされると気持ちが悪い、萎えてしまうと思われるので、めんどくさい女性認定されてしまいます。

大人の女性として、ここは1つきちんと男性のペースを守ってあげるというのも愛情です。

急かすと男性は基本的に断りたくなる生き物なので、NOと言わせないためにもあなた自身が心に余白を作っておく必要があります。

「初詣行こうよ!」と気軽に誘う

めんどくさい元カノに認定されるケース4お正月のメインイベントでもある初詣を元彼と一緒に過ごしたいと思う人もたくさんいます。

自分にとっては、連絡や再会のチャンスだとしても元彼が同じように思ってくれているとは限りません。

家族や友人との時間を大事にしたいかもしれませんし、仕事をしている人だっているくらいです。

そんな時に元カノから「久しぶり!新年だし、初詣にでも行かない?」と気軽に誘われると、男性はめんどくさい女性だと元カノのことを感じます。

どうして?と思うでしょうが、自身に置き換えて考えてみましょう。

もう気持ちが残っていないような元彼から、突然あけおめLINEやメールがやってきたと思ったら、初詣に誘われるというのは「いきなり失礼だ」と思うものです。

元カレも同じように、いきなりの連絡の時に「会おう:とすぐに言われてしまうとどうしても、下心を感じてしまってその時点で連絡することをやめてしまうかもしれません。

久しぶりに元彼へ連絡するときに大事なことは、元彼のことを第一優先に考えてあげることです。

復縁を希望していたり、何かしら元彼との連絡のやりとりを希望していると、必要以上に積極的にあることもあるので、慎重になることが必要になります。

元彼に対してせっかく連絡をするのであれば、一歩踏み込んだ内容を伝えたいな、と思う気持ちもわかりますが、ラインやメールを送ればそれでOKというわけでもありません。

つい、送るときに気持ちをぶつけてスッキリして終了!な人も多くいます。

ただ、相手が確認をした時にどういう気持ちになるのかをイメージしましょう。

女性らしい配慮ができることが、男性にとっても好感が持てる女性となるので、あまり積極的になって男性が引いてしまうような状況を作らないよう意識しておきましょう。

あけおめLINE&メールを送ると元彼が喜んだり嬉しい気持ちで読んでくれるケース

ポジティブな近況報告をあくまで端的に伝える

嬉しい気持ちで読んでくれるケース1女性は比較的、ネガティブな要素を含む内容でも受け入れることが可能です。

一方で、男性はネガティブ要素が強い会話を繰り返すと、一緒にいることが嫌になってしまいます。

男性同士の愚痴程度であればお互い「大変だよなー」クリアの印象でかいわをすることができますが、女性との会話で女性が常にネガティブな印象だと、一緒にいるのが辛いのです。

「こんなに暗い話をしてくるような女性とは、もうあんまり関わりたくない」と思いますし、元カノであれば過去の出来事を蒸し返してきては美化されたような言い方をすることも多く、非常にめんどくさいと思います。

ネガティブでも男性に受け入れてもらえるのは、現在付き合っている女性だけなので、元カノは常に明るくポジティブでいることが大事です。

特に新年の挨拶になるので、暗い話題を言われてしまうと「ちょっと空気読んでくれよ…」と抵抗感を抱いてしまいます。

好きも嫌いも感情がない相手から、昔の記憶を引っ張り出されてセンチメンタルに浸られてもめんどくさいですし、自分のお正月を台無しにされたような気分になって、嫌な思いしか残らなくなるのです。

元カノは元彼にとって太陽のような存在じゃないといけません。

過去の女性だからこそ、元気に楽しく会話をすることで「やっぱりこの人はステキだ」と思ってもらえます。

メールやLINEの内容も「最近こういうことにハマってるんだよ」というようなわかりやすいポジティブな内容から、仕事についての成果を話してみても良いです。

男性にとっては、気軽に楽しい会話ができる女性は非常に魅力的なので、元カノだからこそ重たくならずにライトな会話が楽しめるようにするのが距離を縮めるためには必要になります。

さらっと休暇中の予定を聞いてみると話が進むかも

嬉しい気持ちで読んでくれるケース2新年の挨拶をする時に、単純に「おめでとう」と送る人が多いです。

元彼なので「今年もよろしくね」と送るわけにはいかないので、「良い年になってね」くらいにしか言えないと思うかもしれません。

でも、こうした挨拶だけだと、元彼との接点を持つことは難しいですし、単に1回ラリーできたくらいで終了です。

「あけましておめでとう」という内容以外にも、元彼との会話に繋がるようなことを話す必要がありますが、基本的には近況報告が多いといえます。

実際、今まで連絡もしていなかったのだから急に何を言えば?と思うのも当然です。

そこでおすすめしたいのは、サラッと休暇中の予定を聞いてみることです。

例えば「あけましておめでとう!最近1年が早くてびっくりしちゃうよ。お正月、お休み取れてる?私は何も予定ないんだー」くらいでもOKなのです。

本当にサラッとですが、しっかり質問を書いていますし、自分はフリーということも伝えられています。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性としても答えやすく、返信する気持ちにもなれるのでやり取りをするきっかけになるかもしれません。

ポイントは、元彼に負担になるような質問をしないことです。

「休みの日は誰かと遊ぶの?」「明日って何してる?」といった内容は、元カレの気持ちを考慮していないので、もしも届いたとすれば元彼はその文面を読んで「なんだか自分勝手だな」という印象をもちやすくなります。

元カノからの連絡って、ちょっとドキドキしたり「どんな内容だろう?」と考えてしまうものです。

期待感も少しはあるため、自分勝手な内容のメールやLINEをみると男性の心は萎えてしまいます。

「結局こういうところが嫌いだ」と、再度別れたことを納得させてしまうことにもなりかねないので、注意が必要です。

一方的にならずに、優しい印象を与えることで、元カノ特有の安心感を見せることができます。

元彼のことを気遣う内容だけを送って終わる

嬉しい気持ちで読んでくれるケース3あけおめラインやメールをせっかく送るから、自分の印象をアップさせたいとか会う方向に話を進めたい、と思うことは変な話でもありません。

でも、自分のことに置き換えてみるとやっぱり元恋人から連絡がきて、積極的にアプローチされると非常に困惑してしまいますし、「いきなり何?」と感じるものです。

自分の中で、元彼に対してまだ好きという気持ちが残っているからこそ、積極的になった方がいいのではないかとか、もっと自分を表現した方がいいのではないかと思いますが、逆効果になります。

単純に恋愛関係を築いているだけであれば、もちろん積極的な女性は魅力的です。

しかし、一度別れた女性からぐいぐいアプローチをされたとしても、男性は気持ちが追いつかなくてちょっと嫌な気持ちになってしまうこともあります。

好き、という気持ちって、一緒にいる時にふつふつと優しく沸いていますが、別れてしまえば糸が切れたように感情がぷつりと途絶えるものです。

片方に気持ちが残っていても、相手にはない場合がほとんどなので、自分の感情に任せて積極的になると男性は自分の感情をないがしろにされたと思って悲しくなったり、怒ったりします。

女性も自分の気持ちを尊重してくれない男性に魅力を感じないのと同様に、男性だって自分を思いやってくれない女性のことを好きにはなれません。

元カノ、という立場が少し自分を優位な存在だと勘違いさせてしまっていることも多いので、丁寧な文章を心がけてみましょう。

最初のうちは、当然自分の気持ちを隠し、まるで昔の友人に連絡をしているかのような感覚で言葉を選んでください。

書き方1つで人の印象はだいぶ変わってしまうものなので、自分の印象を良くしておくためにも、相手を思いやる気持ちが大事です。

自分はもう自立していると安心してもらう

嬉しい気持ちで読んでくれるケース4男性が警戒しやすい女性って、依存が激しい人です。

恋愛体質だったり、男性がいなくては何も判断できないような、男性主義の女性はどうしても魅力的には感じられません。

好きな人に尽くしたいとか、愛されたいという気持ちがあるのは仕方がないことですし、人の感情として当然のことではありますが、相手の負担になるならないを考えられないような人も多くて、別れる原因となる場合が多いです。

復縁や再会するチャンスを得るためには、まず自分が大きな変化を遂げなくてはいけません。

大事な部分、元彼があなたのことを好きだと思っていたところはそのままにして、別れの原因にだったり嫌だと思われていた部分を改善させることが非常に重要なポイントになります。

難しいことですが、男性に頼ってばかりいた女性が仕事で大きな成功を遂げていたり、いろんな資格を取得して自分なりに前を向いている姿は、男性ってすごくグッとくるんです。

女性にはいまいちわからないかもしれませんが、1人で頑張る女性、自分と離れた後でもしっかりと地に足つけて頑張ろうとしている女性って、男性はつい守りたくなります。

常に男性に甘えて、どうにかしてもらっていた女性は最初のうちはいいかもしれませんが、結局「重たい」と思われてしまって、破局することも多いです。

もしも、別れる原因にあなたの甘えが含まれているのであれば、あけおめメールで自分がどれだけ自立したかをアピールしてみると、男性は嬉しくなるかもしれません。

男性は女性の変化が素直に嬉しいですし、魅力的に感じれば「また会いたい」と思うものです。

あまり、駆け引きを得意としない男性が多いので、良いと思えばストレートに表現します。

自立する、というのは言葉だけ聞くと大変そうですが、大きなことじゃなくて良いのです。

例えば今までこういうことを元彼に頼っていたけど、もうすっかり自分でできるよ!と言うだけでも、元彼の頬は緩みます。

振られて疎遠になった彼や音信不通の男性と関係が再開するあけおめline&メール例文

「いろいろあったけど、今年は良い年にしよう」別れてそこまで期間があいてない時に効果的

関係が再開するあけおめline&メール例文1まだ別れて1年も経っていない場合、そもそもあけおめメールやラインを送っても良いのかな?と感じます。

もう少し離れている期間や全く連絡を取らない期間をあけた方がいい場合もありますし、送ってもOKな場合があるので、見極めが重要です。

まず、送ってはNGなパターンは元彼が別れを告げてきて別れたケースです。

元彼の中であなたの魅力が失われてきたことによって、別れるという判断をしているわけなので、そこまで期間が空いていないのであれば、まだ連絡するのはやめましょう。

未練を強く感じられてしまいますし、自分から別れを望んだ場合の男性は別れてしばらくは元カノから解放されて嬉しい!とすら思っています。

そのため、いくら新年のあいさつといえどもメールやLINEが来ても無視しようという気持ちが心を支配しています。

逆に積極的にコンタクトを取ろうとする元カノに対して恐怖を感じることもあるので、注意しなくてはいけません。

一方で、話し合いを繰り返した末に別れたような2人であれば、そこまで期間が空いていなくてもあけおめラインをしたって抵抗感なく受け入れてもらえます。

元彼もあなたも、別れたことには納得していて、その上で「今年は良い年にしようね」という内容なので、嫌な気分にはさせないです。

むしろ、別れてからもそんな風に気遣ってもらえうんだ、と男性は嬉しくなることだってあります。

男性の胸キュンポイントってあまり女性がイメージしにくい部分で発動することも多いです。

だからこそ、常に相手のことを考えて優しい女性でいた方が得と言えます。

「いろいろあった」というのは、2人の関係が終わったことを意味しているとも感じられるでしょうが、そのほかにも生きていればいろんなことはあります。

複数の意味合いを含めることが、元彼に対して負担なくアプローチすることができる理由にもなるので、内容は非常に重要です。

いかに元彼が自然にあなたのLINEを受け止めるのか、によっては返信をもらえるもらえないが変わってきます。

「すごく久しぶりに○○君のことを思い出したよ。元気?」とそれとなく送る

関係が再開するあけおめline&メール例文2あけおめメールというのは、他の連絡するタイミングよくとは異なり、相手のことを懐かしく思う瞬間や素直に新年のお祝いを元彼にも言いたい、という気持ちから送る人も多いです。

もちろん、心のどこかに「また連絡のやりとりができたら」とか「それとなく今恋人がいるのか知りたい」など、いろんな思惑はどこかにあります。

ただ、より懐かしさを強調できるのは、実はお正月だったりするので、その点を強調してみましょう。

「なんとなく思い出しちゃって」とか「懐かしくて」という曖昧な表現を使っても、お正月の時期はそんなに警戒されることなく受け取ってもらえます。

読んだ元彼も「そうだな、久しぶりだな」と思うでしょうし、ふと自分のことを思い出してくれる元カノのことを愛しく感じるかもしれません。

人は、いつも自分のことを思ってくれる人、自分を忘れないでいてくれる人のことが好きなので元カノだとしても、自分を忘れずに、年が明けた時に連絡をくれたということがとても嬉しいのです。

「最近は毎日忙しい?仕事の調子はどう?」など、もしも元彼から返信が来れば、そこから色々質問することができます。

通常なら、たくさん質問しても元彼の負担になることの方が多いですが、この場合は違います。

思い出して連絡をしているので、色々聞きたくなって当然だからです。

理由づけができること、説明が可能なことに対しては人はすぐに納得して、警戒心なく返答してくれる傾向があるので、懐かしさや思い出という言葉を使うのは元彼のことを知るためには良い言い方だと思いましょう。

「今度そっちに行く予定があるんだけど」お正月は勇気を出しやすい

関係が再開するあけおめline&メール例文3久しぶりに連絡をする場合、お正月ってすごく自然な流れでメールやラインを送ることができます。

元彼も返信がしやすくて、元カノのことを思い出しやすい時期といえるので、もしも踏み込んだ勇気を出すとすると大きなチャンスでもあるのです。

例えば、あけおめLINEやメールの返答がきたら、最初のうちは少し連絡を繰り返して、その後「今度そっちに行く予定があるんだけど…」と切り出します。

相手の反応が、スルーだったり「へえ」というような内容じゃなければ、「落ち着いたら会わない?」と伝えてみましょう。

男性にとって、女性から言われると警戒心を持つこともあり得そうな言い方ではありますが、お正月の力を借りて勇気を出したともいえます。

大事なことは、元彼にあなたがどれだけ勇気を出してアプローチしているのか、どんなに想いを込めているのかを理解してもらうことです。

そんなの難しいって感じますが、元彼にとってあなたはよき過去の女性であり、よき思い出であれば、理解してもらえるものです。

「元カノはきっとこういう時すごく勇気が必要だろうから、今緊張しているんだろうな」と付き合っていた頃のあなたを思い出して、元彼はきっといろんなことを考えてくれます。

あなたのことを考える、ということはそれだけ過去の思い出を思い返してくれている、ということになるので、2人の関係をまた見直すことができるとも言えるのです。

今後、と含んではいますが、男性のあなたへの感覚次第では「じゃあ、休暇中に会おうよ」と言われることもあります。

会いたい、と勇気を出して伝えたことの意味を考えてもらえるため、元彼との関係が進展する可能性があるのです。

どんな小さな可能性だったとしても、勇気を出さなくては何かを発展させることは難しいと言えるので、考えすぎて慎重になるよりも、ちょっと普段よりも勇気を出してみましょう。

お正月って、多くの人がお祝いムードに包まれているのですごく気持ちが高揚していますし、みんなに会いたい!と思う時期です。

そんな時に元カノから「会おう」と連絡がきても、そこまで驚きません。

今日明日会おうと言われているわけではないので、元カノの配慮を感じることができますし、自分としても元カノの変化などを知りたいと思っている男性も多いので、関係が進展しやすい時期です。

共通の友人の話題に触れる

関係が再開するあけおめline&メール例文4年末年始は何かと忙しい時期で、いろんな飲み会なども繰り広げられます。

例えば、あなたと元彼が学生時代からの知り合いであれば、「この前プチ同窓会が会った」と伝えてみましょう。

「え!行きたかった!」と返答がくる可能性が高く、旧友の近況を聞いてくることもあります。

もしもそうじゃなければ、共通の友人と最近会った、といったことを報告してください。

元彼にとって、いきなり元カノから「あけましておめでとう」と連絡がくるよりも、あいさつの下に「そうそう、この前〇〇に会ったよ。すごく仕事が忙しいみたいで痩せてた!」と元彼が興味を引きそうな内容を送ってみましょう。

元彼も読んだ時は「あれ、なんで元カノから?」と警戒するかもしれませんが、知っている名前が登場することによって「あいつ元気だった?」と元カノを経由して聞こうとしてきます。

しっかりと思い出トークをすることができ、元彼にも「あなたの方はどう?元気だ」と質問がしやすい内容です。

別れた2人にとって、繰り出す質問の内容は自然か不自然かによって同じ質問でも印象が180度かわってしまうので、最初のラインやメールの文面ってすごく大事だといえます。

何も考えずに挨拶だけ送ってもスルーされる確率が高いですし、かといっていろいろ伝えたいことが多すぎて長文になってもスルーされます。

ちょうど良い内容は、お互いの知っている人の近況報告というわけです。

あけおめラインやメールへの返信から分かる元彼の男性心理

「あけましておめでとう!良いお年を!」は単なる社交辞令

元彼の男性心理1新年の挨拶を送ることは不思議なことではないので、単純に祝いの言葉をもらっているだけ、と思っても元カノからのLINEやメールってあいさつ以外の意味も想像してしまいます。

いろんな想いが巡り巡りはしますが、その前にあいさつされたことに対しては返答しないとと思う時、単なるあけましておめでとう!が返ってきます。

一言言われるだけではちょっと物足りないですし、「何も考えてないの?」と不安になるでしょうが、考えているけど今はちょっと待ってというサインでもありますし、単純にきたからあいさつを返しておこうという社交辞令とも言えるのです。

社交辞令には、全くあなたに興味がないという意味もありますが、社交辞令だとしてもあなたにメールの返信をしておかなくては、と思ってもらえたともいえます。

なんとなく社交辞令なんだろうな?と思ったとしても、素知らぬ顔で期間をあけてもう一度連絡してみると意外に今度はフランクなLINEが返ってくるかもしれません。

お互いの状況、というのは日々変化していくものです。

今この一瞬が社交辞令でも、来月に連絡した時は少し近づいているかもしれませんし、遠くなっているかもしれないため、元彼と連絡を取り合いたい、また話がしたいと思うのなら一度社交辞令が返ってきても諦めちゃダメなんです。

あなた自身も社交辞令で送った、ということでもない限り、元彼からのLINEやメールに一喜一憂しすぎて、次のチャンスや本当の元カレの心理状態を見お落とさないようにしましょう。

「初詣行った?」など質問してくる場合は興味がある

元彼の男性心理2元彼の方から返信の時に何かと質問してくる場合は、別れた後にあなたがどうしていたのか、どんな女性になっているのか興味がある証拠です。

別れてから期間があいていると、当然相手に対して「元気だった?」「ずっとどうしてた?」と気になりますし、別れてからさほど期間があいていなくても「あのまま離れたけど、ちゃんと毎日を過ごしていたのかな」とちょっとセンチメンタルな気分になります。

とくに、お正月はお休みに入って自分の時間を取れるという人も多いので、初詣のことだったり休み中に何をしているのかなど、質問しやすい時期でもあります。

男性って、相手に対して興味があるかどうかがはっきりとわかるタイプが多いので、質問をたくさんしてくるというのはあなたと連絡を続けたい証拠ですし、興味好奇心も芽生えているのです。

「ありがとう」だけは元彼が混乱している証拠

元彼の男性心理3一言だけ返答が返ってきた場合、多くの女性は「これは脈がないな」と思うものです。

自分が色々考えて送ったメールやラインに対して、一言しか送ってこないということはそれだけ自分にもう興味がないんだなと感じます。

本当にそう思われている場合もありますが、中には「突然連絡がきて戸惑っている」から一言しか返せない男性もいるのです。

男性って、すごく不器用で自分にカッコつけたい人が多いので、お正月のメールやLINEが元カノからやってきて、無視をしたり興味があるなどを表現するとカッコ悪いと思ってしまいます。

戸惑いを素直に伝えるのもなんとなくダサい、と思っているので一言だけまず返信しています。

一言しか返ってこないと、女性としても次に繋げるいとぐちが見つからない…と混乱するかもしれませんが、「元気だった?」「お仕事はお休み?」など、些細なことを質問してみましょう。

一言の返信にめげていては、もう一度元彼と連絡のやりとりをするのは難しいので、粘り強くいってみることが大事です。

メールやラインの冒頭には、しっかりと「返信ありがとう」と伝えてください。

あけおめメールやLINEはタイミングとしては良い

あけおめラインやメールを元彼に送る まとめ新年、というのは世界中でお祝いムード一色なので、非常に魅力的な時期だといえます。

クリスマスほど、カップル要素はありませんが、だからこそ下心を感じさせずに元彼に連絡をすることができるのです。

内容も新年のあいさつに絡めて送れるので考えやすく、連絡を再開させる大チャンスでもあります。

ただ、内容によってはめんどくさい女性だなと思われる可能性もあるので、あまり長文だったりしつこくしないように心がけてください。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事