こじれてしまった恋愛…恋愛関係をこじれさせてしまう原因や関係を修復するための方法を紹介
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 「あんなに仲が良かったのに、こんなにこじれてしまった恋愛は元に戻れないのかな」と悲しみと不安で一杯になってしまっているあなた。

    今まで大切に築き上げてきた関係も、こじれてしまうとなかなか元に戻すのが難しく、何から手を付けていいのか分からなくなるものです。

    少しでも二人の仲が良くなるように、こじれてしまった恋愛について、原因や修復するための方法を紹介していきます。

    本当にこじらせてしまうと、修復するのも難しくなってしまうので、「もう手を付けられない」と眼をそむけたくなってしまいますが、こちらの方法を使って、今後も仲良くいられるように回復させましょう。

    目次

    恋愛で関係がこじれてしまう原因

    束縛しすぎて窮屈さを感じてくる

    恋人との関係をこじらせてしまうる大きな原因に、束縛があります。

    良かれと思ってしていることだとしても、相手にとって負担だと感じることであれば、束縛しているのと同じです。

    行動を制限する事、気持ちを抑制する事、何もかも許可を取るように強要する事、などはすべて愛情があるからといっても、相手に負担をかけます。

    スマホを毎回見せること、連絡の義務、休日のデートの強制、他の異性との会話の禁止、愛情表現の発言の強要など、「いつもの事だから、気にしていないはず」と思っていても、言われている側は「束縛されている」と思っている事が多々あるものです。

    何のために相手に求めているのかを振り返ると、自分に自信が無かったり、恋人の事を心から信用していなかったりしているから。

    言っている側は、根本の心理を忘れてつい言葉にしていますが、言われている側は常に発言の裏側にある本質を感じ取っていますから、「信じられていないんだな」「愛情が伝わっていないのかな」と悲しい気持ちになっています。

    相手への尊重が足りなくて言葉遣いや扱いがわるくなる

    相手に対する尊敬が不足している時に、こじれていきます。

    人との関わり合いは、尊敬や感謝の気持ちがマストです。

    親しい人ほど忘れてしまいがちですが、自分のためにわざわざ時間を使ってくれていたり、考えてくれて行動に移してくれたりする人がいることが、どれだけ嬉しい事なのか今一度理解しておくべきだと言えます。

    尊敬の念が薄くなると、言葉遣いや扱いが悪くなってしまい、当然、受け取る側も粗雑にされているのを感じるものです。

    人としての価値観や存在の意義を尊重してもらえると、肯定感が高まり、満足した時間を過ごせます。

    逆に、否定的な言葉を言われたり、人格を疑われたりした時には、脅威となってしまいますから「この人と関わるのは止めておこう」と判断するわけです。

    一番理解してくれようとするはずの恋人から、悪い言葉を使われて、存在を脅かされるような粗雑な扱いを受けたのなら、離れようとする気持ちが大きくなりますし、「他の人ならもっと大事にしてくれるかも知れない」という期待が生まれます。

    自分が正しいと思っているから説教が増えて嫌気が差す

    考え方一つで信頼というものが無くなることも知っておくべきです。

    人間関係を築く上で重要になるのが、言葉のチョイスというのは、ワガママやウソなどから見えてくるものがあります。

    言葉を発する時には、必ず自分の主観を元にしてしゃべっているはずです。

    人間は、主観的な生き物ということを自覚しておかなければいけません。

    「自分の考え方が全てではない」とは知っていても、最初から他の人の意見を全て受け入れられる人は、とても少ないと言えます。

    経験してきた成功談や失敗談は、確実にあった事実ですから、「正しい」と思うのは仕方がないところ。

    自分の中の判断基準の一つに組み込むのはいいですが、人に対して強要しようという考えが浮かぶと、トラブルの元になります。

    正しいと考えている時には、説教じみた会話になってしまい、相手にとっては嫌気が差すところです。

    「べき」や「しなければいけない」と枠を作ってしまうと、自由を奪われた気分がしますし、人権を無視されたような気になりますので、たいていの人は離れたくなってしまいます。

    異性の友達関係に対する考え方の違い

    性別の違う友達に対する考え方は、恋人間で意見が食い違うところです。

    「友達に性別なんて関係ない」と思っている人ももちろんいますが、「異性の友達と仲良くして欲しくない」と恋人の交友関係に不満を感じている人もいます。

    恋愛的なものは何もないと信じていたとしても、その友達まで同じ考えを持っているとは限りません。

    知り合う前から仲が良い人でも、「付き合い始めたのだから連絡を取るのをやめてほしい」と言う人もおり、「疑われているみたいで気分が悪い」と反発してケンカに発展する事も。

    お互いが同じ考え方で、友達と関わる時間も同等に作れているなら問題はないですが、どちらかが我慢したり、遊んでほしくないと思っているのに気にせず会いに行ったりを繰り返していると、「自分よりもあっちの方が大事なのかな」と不満や不安が出てきます。

    相手のペースに合わせて心にわだかまりを作るよりは、お互いに妥協できる所を見つけることが、打開策となるはずです。

    金銭的な面や行動面に関する価値観の違い

    金銭的な面や行動面に関する価値観もまた、関係がこじれる原因となります。

    小さいころからの生活環境や経済面は、大人になっても影響が出てくるものです。

    今まで経験してきたことが、固定概念となって価値観を作っています。

    1000円のお肉を高いと思う人もいれば、安いと感じる人がいるのと同じです。

    何にお金を使うのかは、金銭的感覚や人生の中での幸福の優先順位でも違います。

    恋人と過ごす時間を第一優先に考えている人は、デートやプレゼントを大事にしますし、家族や仕事が基本だと考えている人は、時間を調整して彼氏や彼女を後回しにする事も。

    「クリスマスは家族で過ごす」という諸外国の考え方に「ステキ!私も一緒」と感じる人の彼氏が「絶対に恋人と一緒に向かえるべきだ」と思っている人であれば、ギャップが生まれているので、不満や寂しさを抱えてしまいます。

    話し合いでベストな方法を見つけ出せればいいですが、ケンカになったり言い出せなくて一人で落ち込んだりすると、関係がこじれる事になるのです。

    付き合いが長くなるほど遠慮がなくなる

    恋愛をしていても、付き合いが長くなるほど遠慮が無くなる事で、こじれてしまう事もあります。

    遠慮が無くなると、言葉を選ばなくなったり、相手の時間を自分のもののように感じて好きに使おうとしたりと、ワガママになりやすいものです。

    「恋人なのだから、してくれて当たり前だ」と感じるようになって、送迎をお願いしたり、家事を頼んだりしていると、こき使われているような感覚を受けます。

    「いつもみたいに、家の掃除をしておいて」「仕事が終わったら迎えに来てね」と何気ない一言が、「どうして当然だと思っているのだろう」と不信感に繋がるわけです。

    仕事やスケジュールが忙しくなるほど、当たり前のようにこき使われると、「召使いじゃないんだから、感謝して欲しい」と根底の愛情が賭けている事に気が付きます。

    遠慮が無くなると、気を付ければわかるような感謝の気持ちも、恋人の労力も気が回らなくなり、自分の一部として自由になると考えてしまうのです。

    気が付いた時すぐ伝えて、話し合いで和解できれば問題はありませんが、「当たり前だと思わないで」と言われたことに腹を立てたり、理解しようという心構えが無かったりすると、こじれる原因となります。

    関係がこじれてしまいがちなシチュエーションは?

    浮気をしていることがバレた

    浮気がバレるというシチュエーションは、どうしても恋人同士が仲違いする多くの理由となります。

    好きな人と交際をしているはずなのに、違う人に目を向けてしまうのは、恋人に対して失礼なことですし、信じている人に裏切られてしまう苦しみを与えてしまう行為なので、こじれてしまうのは当然です。

    相手の言葉も行動も信用できなくなり、どう向き合えばわからなくなってしまえば、仲直りも難しくなります。

    言い訳をしても心には響きませんし、「本当に大事に想ってくれているのなら、どんな理由があっても浮気にはならないはず」と思うので、保身にしか聞こえません。

    傷つけておいて保身しようという姿勢がまた、情けなくもあり、「とんだダメな人を選んでしまった」という後悔を生み出す事にも繋がります。

    男性恐怖症、女性恐怖症など、恋人からの裏切りがきっかけで、今後の恋愛にも大きな影響を及ぼすこともあり得るのです。

    異性の友達がアリ派とナシ派

    前項でもありましたように、友達に対する考え方の違いは、恋人との関係を狂わせてしまう事になる事も多々あります。

    どれだけ仲のいい二人でも、会話の中のふとした一言から相手との価値観の違いが発覚して、一気にケンカに発展する事も。

    自分の中では、「友達は同性だけでなく異性もいるのが普通」と考えているわけですから、改めて「どこまでが友達だと思う?」などと質問をする事は少ないはずです。

    「昨日遊んだ友達がさ、元カノと遭遇して気まずそうだったんだよね」など、面白おかしく話したつもりが、会話の中で、一緒にいた相手が男性だったと分かります。

    「男友達とまだ遊んでいるの?」と疑問から、異性とのかかわり方についての議論に進むわけです。

    アリだと考えている人と、ナシだと思っている人の間には、捉え方や異性に対するイメージが大きく差がありますから、すぐに埋めるのは難しい問題と言えます。

    同棲開始で生活ペースが違う事にストレスを感じる

    ラブラブなカップルが、一歩踏み込んだ関係になったことで、こじれてしまう事もあります。

    同棲をきっかけに、生活ペースが違う事にストレスを抱くと、言いたい事を言えなくなったり、些細な事が気に食わなくなったりと、これまでの様にはいかなくなるのです。

    それぞれの自宅からデートの度に会っていた頃には、いつまでも一緒にいたいから「帰りたくない」と甘えたり、「時間が止まればいいのに」と願ったりと、甘い時間を過ごします。

    同じ場所に住み始めるだけで、着飾った自分だけではなく、気の抜けている姿も、生活の中のルーティン化している部分も見せることになるのは必須です。

    お泊まりデートを繰り返していたカップルでさえ、脱いだ服をすぐに洗濯機に入れないことに腹を立てたり、食べた後の食器の後始末をどのタイミングで行うかでため息が出たりと、生活ペースが違うだけで小さな不満が募っていきます。

    話し合って決められる二人の共有スペースや時間であれば、問題は起きにくいですが、どちらかに負担がかかったり、「合わせなきゃ」と無理をしたりとなれば、上手くいかなくなってしまうのです。

    喧嘩した後に意地の張り合いから引けなくなる

    意地の張り合いが続くと、どうしても仲直りしづらくなってしまいます。

    ケンカをしてすぐに謝れたり、素直に悪い所を受け入れられて認め合えたりするなら、後に引く事はありません。

    ケンカ慣れてしているカップルほど、元に戻りやすいと言えます。

    一方で、普段相手に合わせることが当たり前で過ごしていたり、幸せだと感じたりしていた場合には、一度の言い合いが大きなトラブルとなるのです。

    自分が思っている以上に抱え込んでいた本音をぶつけて、後に引けなくなったり、想像していた以上に相手が不満を持っていて、耳にしたことでショックで気持ちを立て直せなくなったりと、関係修復するまでに長引いてしまいます。

    意地を張り合って謝れないことで、前にも進めず後にも引けず、押し問答の状態が続いてしまうわけです。

    こじれてしまったケンカを終わらせるためには、どちらかが勇気を出してもう一度本音で話し合う場を設けなければいけませんし、表面上取り繕ってしまえば、今後もずっと蟠りが残ったままになってしまいます。

    悪気なくしてしまうラインの既読スルー

    悪気なくてもラインを既読スルーしてしまうと、関係がおかしくなってしまいます。

    気軽にコミュニケーションが取れるからこそ、相手からのメッセージも軽く扱いがちになってしまうのが、SNS。

    わざと無視をするつもりは毛頭なくても、届いた時間帯が忙しかったり、頭の中がいっぱいで余裕が無かったりすると、パッと画面を開いて目を通したとしても、ちゃんと読み込んでいなくて、流してしまう事もあります。

    本人は読んだつもりになっているので、理解していると思っていますが、返信を忘れてしまうほど頭に入っていないという事。

    送った側からすると、既読のマークが付いて読んでくれたことは分かるので、返事は今かと待ち望んでいます。

    そもそも返事をもらえるような内容だったのかも見直す必要がありますが、「大事なら電話をしてくるだろう」と考えている人も少なくないため、そのまま忘れてしまう事もあるはずです。

    一度だけでなく、繰り返されることで、信頼を失い、付き合い方を考えなければいけないと思い始めます。

    ラインやメッセージの送り先を間違えて修羅場

    ラインやメッセージの送信先を間違えてしまうと、とんでもない事態に発展することがあります。

    内緒にしておこうと思っていた事や、本人に言えない本音の部分の不平や不満、元恋人や異性の友達とのやりとりなど、見られてしまうと問題があるものに限って、ご送信をしてしまう事があるものです。

    一番見られたくない恋人に、間違って送ってしまって、秘密がバレたり、愚痴を見られて普段どう感じているのか知られたりしたことから、修羅場に発展します。

    内容が激しいほど、謝る程度では済まされずに、お互いにヒートアップして引けなくなるわけです。

    普段耳に入ってくる情報と違うものほど、受けるショックは大きく、現実から逃避したくなります。

    一度送ってしまったメッセージは、既読後は消すことが出来ませんので、誤って送信してしまった事態に後悔が付きまとうのです。

    様々なシチュエーションで関係がこじれてしまうと、心もポッキリ折れてしまう事も。

    こちらの記事では、「もうムリ」と思ってしまうほど恋愛で心が折れてしまう原因や心が折れそうな人に贈りたい名言をご紹介していますので、悲しみの果てにたどり着く前に、少しでも希望を見出せるよう参考にしていただきたいです。

    恋愛をしていると様々な感情が沸き上がりますが、落ち込んだ時ほどしっかりと改善させるための知識を知っておくことが大事になります。

    恋愛でこじれてしまった関係を修復する方法

    一緒に居たいという思いを共通認識で持ってからしっかりと話し合う

    こじれた関係を修復するには、お互いに思っている事を一致させて、同じゴールに向かう事が大事です。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    一人が「ちゃんと向き合って、思っている事をしっかり伝えたい」と思っているのに、もう一方が「一度リセットしてから、友達からリスタートしたほうがいい」と思っていたのでは、考え方もゴールも違うため、話が食い違い、余計なトラブルを引き起こします。

    恋愛でこじれたのなら、まずは二人がこれからも一緒に居たいと思う気持ちをお互いに認識しあう事から始めるべきです。

    「一緒に居たいよね」「だったらどうするか」と考え方のスタート地点を合わせてから、しっかりと話し合う事で、次に進むことが出来るようになります。

    問題改善が最優先か、本音をぶつけ合うのが先か、思いやりが足りなかった、言葉に対する配慮が必要だった、など振り返ると様々な理由が浮かびますが、お互いに「やり直したい」と思っていればどんなに厳しい指摘も聞き方が変わってくるはずです。

    ゴールが明確でなければ「うるさいな」「嫌な事を言わないでほしい」と聞く耳を持たなくなってしまうところですが、向き合う事を目的としていれば、「悪い所を直そう」とポジティブに受け止められます。

    原因自分論!自分のなにが悪かったかを考え直す

    自分の何が悪かったのかを考えて、こじれた原因は自分にあると考えると、関係を修復できます。

    人間関係において、問題が起きた時には、誰か一人だけが悪いと言う事はほとんどありません。

    複雑な要因が絡まり合って、現象を作り出しているのですが、今までの向き合い方や小さなきっかけが、さざ波となって大きなトラブルとなっているにすぎない場合もあります。

    何かの問題と向き合う時に、原因自分論で考えると、具体的に実行できる改善策を見つけることが出来るのです。

    ラインを送っても返事が返ってこなくなったという出来事があったとして、原因を自分側にあると考えてみると、「返事がしづらい文章を送った」「今日は連絡が取れないと聞いていたのに、忘れて送っていた」「送ると約束していた時間よりもはるかに遅くなっていて、相手を怒らせていた」「話し合っている事とは違う事を突拍子もなく送ったから混乱させてしまった」など、様々な要因が考えられます。

    付き合いたてはなんでも幸せだったはず。最初の頃の気持ちを思い出す

    付き合いたての頃の気持ちを思い出すと、恋愛の状況を変化させることが出来ます。

    好きな人と過ごせる時間を持つことが出来る”恋人”という立場になると、一緒に幸せを見つけるために懸命になるものです。

    「何が喜んでもらえるかな」「傷つける言葉は使わないようにしよう」「笑っていてほしいから楽しい話をしていよう」など、相手の心を常に思いやりながら関わります。

    目が合うだけでも、会う時間が出来るだけでも幸せだったはず。

    こじれてきたときには、些細な幸せが見えなくなってしまっています。

    相手に何かを求めたり、自分の主張ばかりを押し通そうとしたりと、自分軸が強くなっているものです。

    これからどうなりたいのかを想像してみた時、「最初の頃の何でも幸せに感じられていた時間を取り戻したい」と考える人は多くいます。

    少しでも近づけるように、尊重しながら気遣いと思いやりを持って、向き合いましょう。

    お互いの事を知っている知人に仲介してもらってベストな方法を探す

    お互いの事を知っている知人に話をして、仲介をお願いすると、関係を修復することも出来ます。

    それぞれに「自分は正しい」と思っている時には、いくら話し合っても平行線のまま怒りばかりが積み重なってしまうものです。

    どちらも譲らないことで、「ガンコ」「分からずや」「ワガママ」とさらなるマイナスイメージが加わっていきます。

    お互いが出張しているだけでは、折衷案どころか、どこが中間地点なのかも見つけられずに、心はなかなか向き合えません。

    お互いの性格や生活環境、過去の恋愛まで知っている友人がいるなら、仲介をお願いするべきです。

    それぞれの話を聞いてもらい、二人の長所と短所を鑑みた上で、客観的な意見をもらえると、冷静さを取り戻すことが出来ます。

    こじれている張本人には何を言われても腹が立ってしまいますが、第三者にアドバイスをされると、素直に受け入れる事も可能。

    これからもやり直して上手く関係を築きたいと思うのなら、第三者を巻き込んで、冷静に話し合いが出来る環境を整えましょう。

    関係がこじれてももとに戻りやすい人たちの特徴は?

    「どうとでもなる」と考えられるポジティブ思考な人

    どんな局面でも「どうとでもなるさ」と考えることが出来るポジティブな思考な人は、人間関係でややこしいことが起きても、乗り越えることが出来ます。

    そもそも、深刻に悩むことがありませんので、早い段階で事態を終息に向かわせることが可能です。

    「どうとでもなる」と思う事が出来るのは、自分の行動次第で現実を変えられる事を知っているから。

    今までも、思い立ったことは必ず実行に移したり、悩んでも上手くいった経験が何度もあったりするはずです。

    悩み続けてしまう方が、誰とも会わなくなって解決の糸口が見えなくなって、こんがらがってしまう事が多々あります。

    「どうすればいいのか分からない」と悩んでいる人は、なかなか行動を起こす事が出来ずに、何も動かないまま時間ばかりが過ぎ去っていくものです。

    深く考えなくてもとにかく何か動けば、半歩でも動くことを知っている人は、悩む前に会いに行って話をしたり、自分の考えをアウトプットしてどの部分ですれ違いが起きたのかを追及をしたりします。

    普段から比較的感情の揺れが大きいけど後に引かないタイプ

    比較的感情の揺れが大きいけれど、後に引かないタイプの人は、関係がこじれてもどうにかできます。

    喜怒哀楽の表現が激しい人は、何でも粘着質に覚えていたり、すぐにトラブルが起きたりするイメージがありますが、一瞬の感情で心が動いているのを表しているだけなので、案外あっさりと解決できるのです。

    むしろ、心に素直なので、余計な事を勘繰る必要もなくて、付き合う人は気持ちが楽だと感じる人も少なくありません。

    見ただけで機嫌が分かったり、考えている事が伝わってきたりすると、軌道修正をするのも明確だからです。

    それよりも普段から自分を隠していて、小さな不満をコツコツと蓄積させている人の方が、関係を難しいと言えます。

    溜め込んでいるうちに、本当の不満とは違うこだわりやプライドなどもくっついてきて、原因を突き留めて直せばいいというモノでは無くなるから。

    感情を押し殺している人の気持ちをすっかり解消するには、圧縮された不満を何度もアウトプットしてもらい、少しずつクリアにしていく必要があります。

    時間がかかりますし、ややこしくなるのは必須です。

    相手を責めない自責思考の人

    相手を責めないで、自分自身に目を向ける自責思考の人は、こじれた関係を修復する事が出来ます。

    人間関係は、必ず誰かと関わっている事で成長も問題も起きているのですが、相手にばかり目を向けて、不満を感じている人は、なかなか元の仲に戻る事は難しいところです。

    自分自身に何が出来るのか、責任はないかと考える人の方が、簡単に今まで以上の距離感にまで近づけます。

    過去と他人は変えることが出来ませんが、未来と自分は変えることが可能です。

    「あの人のせいで」「あの時、アイツが…」と人を責めている間は、自分で出来る事も見つけられませんし、やってくる運命の流れをただ受け止めて対応するばかりで、いつも後手に回る生き方をしています。

    自らに責任を問いただす自責タイプの人は、常に頭の中が未来をイメージして進もうとする気力を持っているはずです。

    どこの部分を修正すれば、どんな未来を掴むことが出来るのかをしっかりイメージ出来ているので、謝ったり話し合ったりなど、必要な段階にすぐ取り組めます。

    交友関係が広くて視野が広い知人がいる

    交友関係が広い人は、こじれた時でも難なく対応して修復が可能です。

    多くの人は、自分に近い環境の人や考え方、年齢層、趣味などの人と仲良くなります。

    同じ職場や学校、サークルや友達の友達など。

    考えや価値観が近い人と一緒にいるのはとても楽しいですが、視野が狭くなりがちというデメリットもあります。

    交友関係が広い人は、年齢も職業も価値観もバラバラな人でも、仲良くなることが出来るはずです。

    社長や医者、消防士や看護師、介護士、パート、アルバイト、などどんなジャンルの人とでも話が出来る人は、収入や生活環境による価値観や考え方の違いも自然と身についています。

    何がいいとか悪いとかはありませんが、自分の今ある環境で幸せだと感じられる事や望む世界に足を踏み入れることが簡単だと考えられるのです。

    恋人との関係がこじれたとしても、「そんな人もいるよな」「自分の考えばかりを押し付けたらダメだな」とすぐに改められるので、仲直りも早いと言えます。

    関係がこじれないようにするための予防策

    自分本位ではなく相手のことを考える

    自分本位ではなくて、相手の事をしっかりと考えることが普段から出来るようになると、こじれる事は無くなります。

    前項までの流れを見てお分かりの様に、自分の事ばかりに目を向け始めてしまうと、どうしても恋人との関係はこじれやすくなるのです。

    自分の望みやお願いを一方的に通そうとするから、相手が不愉快な気持ちになったり、躊躇ったりしていることに気が付きません。

    好きな人が困っているのに、さらに困らせてしまうのは、言語道断。

    本来なら、一緒に幸せになりたいと願った二人のはずです。

    相手の気持ちを優先させて、どんな風に時間を過ごすのがいいのか、思いやる為には何が必要なのかに目を向けましょう。

    付き合っているとはいっても、つい忘れてしまいがちなのが相手の気持ちです。

    気持ちのいい関係を続けられるように、いつも気持ちの部分に目を向けて過ごしましょう。

    交際歴が長くなってもバランスの良い距離感を意識する

    交際期間が長くなっても、お互いにとってバランスのいい距離感を意識して保ちましょう。

    親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、仲が良くなりすぎると、ついうっかりミスしてしまうのが距離感です。

    ”こじれてしまう原因”にもあったように、自分のことばかり考えるようになると、ワガママになったり、命令口調になったり、当たり前だと思って感謝をしなくなるなどの弊害が出てきます。

    その都度気が付いて、「ごめんね」と言えればまだいいですが、一度どっぷりハマるとなかなか自分の横暴さや傲慢さに気が付けないものです。

    誰かに指摘されるわけでもありませんから、気が付かないまま、相手からの信用を無くしたり、ガッカリさせたりしています。

    距離が近すぎると、自分の所有物のように感じてしまい、付き合いたての頃からは想像も出来ないほど、上下関係を作ったり、人格を忘れたりするわけです。

    バランスのいい距離感とは、お互いに甘えることが出来て頼ることも可能なところ。

    「この人なら信用できる」と思われるような関係性を創っていきましょう。

    思っていることは早めに優しく伝える

    思っていることがあるなら、早めに口調に気を付けて優しく伝えていくべきです。

    心に溜め込んだままにするから、余計にややこしくなってしまいます。

    人間、誰しも考え方は違うのですから、違和感を抱いたり、反発心が浮かんだりするのは当然です。

    その度に、ケンカごしに「違うよ」「それはおかしい」と指摘しても、相手は苛立ちを覚えるだけで、何も解決には向かいません。

    必要なのは、心の渡しあい。

    どう感じた、何を大事にしたい、傷ついた、など二人で擦り合わせていきたい部分は、早めにアウトプットすることが大事です。

    その際に、言葉を投げつけるように言っては、受け取る側も心の準備が出来ていないので拒絶してしまいます。

    最大限優しい言葉を選び、「私は○○だと思うんだけど、何であなたはそう感じたのか教えてほしいな」「あなたの考えを知りたい」と伝えると、話し合いの心積もりが出来て、理解しようという気持ちで言葉のセッションがスタートするはずです。

    早めに第三者に相談する

    こじれてしまいそうだと感じたら、その時点で早く第三者に相談する事も大事です。

    人間一人の脳みそで考えられる事なんて、たかだか知れています。

    一人、あるいは恋人同士の二人が考えても、二人分の経験値しかない訳ですから、擦り合わせようと思っても平行線になる事もあるはずです。

    だからこそ、全く違う立場の人に入ってもらって、客観的視点やその人の経験値、立場から学んだ事など、様々な部分で意見をもらうことで新たな関係性を築くことが出来ます。

    こじれてしまってからでは、他の人が介入すること自体が地雷となってしまう可能性もありますから、早い時点で相談するのがベストです。

    今後の方向性や、どんなことに躓いたのかなど、アウトプットしている中でもたくさん気付きが起こります。

    相談は、仕事もプライベートも、なるべく早い方が解決も早くて済むのです。

    事を荒立てないためには、お互いの知っている人がベストですので、しっかり人選を吟味する必要があります。

    いい意味で相手に期待しすぎない

    相手に期待をしすぎないのは、コミュニケーション能力を高める一つの方法とも言えます。

    関係がこじれるのは、干渉しすぎるからだというのも一理あるところです。

    我を通しすぎたり、相手の自由を奪ったりしたことが原因で、不信感が生まれたり、不満が出てきたりするので、過干渉は大敵だと覚えておきましょう。

    大事なのは、距離感。

    いい意味で期待をしなければ、望みすぎてイライラすることもなくなります。

    例えば同棲を始めたカップルが、「脱いだ服を洗濯機に入れてくれない」と嘆いたり、誕生日の近い彼女が「カレがデートの予定を立ててくれない」と悲しんだりするのは、相手に求めているからです。

    「してくれないだろう」と最初から思って、自分から楽しめる方法を考えたり、提案したりすれば、相手が動いてくれた時には感動が生まれますし、うっかりしていたのなら「やっぱりね」と笑って過ごす事が出来ます。

    相手にも留めず、自ら幸せな時間を作ろうとする意識が、幸福感を何倍にも高めるのです。

    こじれた関係を戻すために勇気を出して小さな一歩を踏み出そう!

    喧嘩をしたり、無視されたりと、関係がこじれてしまうと「どうにかして戻したい」「もう無理なのかな」と不安で悲しくなってしまいます。

    こじれてしまった恋愛を修復させたいのなら、勇気を出して、自ら行動を起こすことが大事です。

    相手に幸せにしてもらおうと期待するのではなく、自ら楽しくて幸福感に満たされた時間を満喫しようと考えていれば、ややこしくなった関係も、スルスルと解けていきます。

    お互いを理解する事や積極的にポジティブに持っていく事が、キーポイントです。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事