夫婦関係が終わりになるサイン|離婚寸前の夫婦の特徴&夫婦が終わるサインと関係修復に向けて出来る事
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 夫婦関係が終わりになる時には、何かサインが見えるのか気になるあなたは、諦めかけている気持ちと立て直したいという希望との狭間で揺れ動いているはずです。

    「最近夫婦での会話が無くなった…もうパートナーとはやっていけないかも」「うちももしかしたら終わりかけているのかも」「まだやり直せるチャンスはないかな」と考えているなら、どんな形で終わっていくケースがあるのか特徴を含めて、照らし合わせていくところから始めましょう。

    離婚寸前に訪れる特徴などから、夫婦関係が終わりになるサインについて具体的に解説していきます。

    まだ終わらせたくないと思っているなら、関係修復に向けてできる事をぜひ実行に移して信頼できる間柄を再構築してみてくださいね。

    目次

    夫婦が終わるサイン。離婚寸前の夫婦の特徴

    同じ部屋にいても会話がほとんどない

    離婚寸前にもなると、同じ部屋に居ても会話がほとんどなくなってしまいます。

    たくさんの事を経験し、共に肩を並べて生きて来た夫婦も、お互いに対する興味を失ってしまっては、楽しみや成長もなくなるものです。

    会話は人間関係の要であり、言葉を使うから相手の気持ちを理解する事が出来ます。

    いくら長年共に暮らしてきたからと言って、阿吽の呼吸が生まれるとは言いますが、興味を失った事での無言では、理解し合える事はありません。

    家に帰っても、ただ同じ住所に住んでいるだけの存在となってしまい、より幸せに暮らすための創意工夫すらしなくなるはずです。

    スマホが普及した現代では、同じ部屋に居ても、それぞれSNSをしたりゲームをしたりと、会話がなくても時間を過ごす事は出来ます。

    端から見ると、何もしゃべらなくてもいられるなら、居心地のいい空気感と思われるかもしれませんが、心の内を知りたいと思えない人と肩を並べていても、幸福度は生まれずに虚しさが生まれてしまうところです。

    同じ空間にいてもわざと目を合わせない

    同じ空間にいても目を合わせないようになれば、離婚も近い夫婦だと言えます。

    一緒に生活をしているのですから、リズムが出来ている限り、食事や入浴、睡眠の時間を大幅にずらすことは難しいところです。

    けれども、視界に入ることが嫌になってしまうというケースもあります。

    同じ家に住んでいるのだから仕方がないと思っていても、目に飛び込んでくるパートナーの姿に苛立ちを覚える人も。

    こんな事になったのも、今まで我慢をし続けてきたからだと言えます。

    目を合わせれば、何か頼みごとをされてあの人のために動かないといけないという労働が生まれるのです。

    助け合っている、支え合っていると思えている夫婦なら、このような苛立ちは生まれません。

    一方的に負荷がかかっている状態が長年続いてきた証拠であり、我慢の限界が訪れている事を意味します。

    「目を合わせると、面倒だ」と一番に思ってしまう所から、視線をずらしたり動線がぶつからないようにしたりと、無意識のうちに避けるような行動になるのです。

    一緒に食事を取らない

    一緒に食事をとらなくなると離婚が視野に入っている状態だと言えます。

    理由があって食卓を囲まない習慣が出来ている夫婦は別ですが、食事を共に摂っていたにも関わらず、徐々に各々で食べるようになったり、食べれるように準備をしなくなったりと変化する事で、個食となってしまっている状態です。

    妻が「ご飯は勝手に食べて頂戴」と突き放す宣言をしているケースもあれば、夫が「夜は外で食べて帰る」と勝手に言い切って家族との食事を拒絶するなど、意図的に離れていると、離婚の意思が隠れています。

    仕事が遅くなり、徐々に家で食べ無くなったり、妻が出掛けるばかりで友達などとご飯を食べに行ったりすることで、夫婦揃う事が無くなるのも、心が冷めていく序章です。

    食卓は、顔を見ながら会話をはずませられる機会の一つ。

    別々でご飯を食べるようになることで、会話も減ったり、現在の状況も理解しづらくなったりします。

    ビジネスで言う申し送りの場とも似ているので、お互いの事を知らないという状態に陥りやすくなるのです。

    休日も一緒に出掛けない

    休日がやってきても、夫婦で一緒に出掛けることが無くなっているなら、離婚も怪しいと言えます。

    日中は、仕事ややる事に追われていても、休日に買い物に付き合ったり、家族の用事で動いたり、遊びに行くなどしていると、会話も増えコミュニケーションがとれるものです。

    一人で用事を作って出掛けたり、休日出勤ばかりを意図的にしていたりすると、それぞれがどんな状況で、何を思いながら生活をしているのか分からなくなります。

    よくあるのは、夫がテレビばかり見ていて、妻は子供たちと出かけたり、溜まっている家事に追われたりして、片方だけが動いている状態。

    女性側に不満が溜まりますし、何を考えているのか理解できなくなるので、夫婦としての機能が働いていないと言えます。

    旦那が休みの日に接待ばかり入れて、家を空けるのも同じ。

    家の事をすべて妻に任せきりなので、夫婦としてよりもそれぞれ別の時間を生きているので、共に過ごす意味を見失ってしまうのです。

    セックスレスが続いている

    セックスレスが問題になっていますが、長い事この問題に悩んでいるなら、こちらも離婚の危機が迫っていると言えます。

    日本では、奥ゆかしさ故に性に対する話題を口に出すこともタブーとなりがちですし、女性から誘うのは恥ずかしいという認識を持っている人も多いものです。

    妻は家事と育児に追われて、性欲が減退しているケースもありますし、夫側が拒絶してボディタッチすら出来ないという状態になっている事も。

    レスが長く続いていて、お互いに納得しているなら、それが夫婦の形なのかも知れませんが、多くの場合は諦めていたり、不満があっても伝えられなかったりと、穏やかな解決をしているとは言えない状況にあります。

    セックスが無くなると、自分は何のために妻でいるのか、愛する女性を守れる男として存在出来ているのか分からなくなり、自信を失ってしまうところです。

    愛されている自信もなくなると、自己肯定感も低くなりますので、生きていることさえも苦痛に感じる人も出てきます。

    会話や態度などでも離婚寸前となるケースも多い中、日本人夫婦が陥りがちな大きな要因となっているセックスレス。

    男として、女として求められない事に寂しさを感じる人も多いですが、脱却する方法もあるのです。

    こちらの記事では、パートナーともっと絆を深めるためのハウツーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    「夫婦が終わるサイン」は相手に対する気持ちから生まれる

    お互いに干渉しなくなった

    お互いに干渉しなくなるところから、夫婦が終わるサインへと発展します。

    生涯を共にしたいと願った時には、相手の事なら何でもしてあげたいと思っていたし、どんな苦難も一緒に乗り越えたいと考えていたはずです。

    その願望を叶えるためには、今パートナーがどんな状況にあるのか、困っている事はないか、幸せに感じられるものは何かを常に把握し続ける必要があります。

    好きな事などがあっても、状況や環境は流動的なものなので、会話によるすり合わせが重要です。

    仕事が忙しくなったのは何故なのか、一時的なモノか昇進などの立場が変わったことで業務内容が変わったからなのか、また妻が疲れた顔をしているのは何かあったのか、友達と上手くいっていないなど問題がないか、などある程度干渉するようになります。

    帰宅時間はどうなのか、顔色はいつもと変わらないか、悩んでいる様子はないかなど干渉することがなくなれば、興味も関心もなくなり、無視するようになってしまうのです。

    会話をしていても、パートナーについての質問がなかったり、変化に気づかなかったりするので、一人ぼっちの気分になります。

    無断で外泊したり遅く帰ってきても心配しない

    相手に対する気持ちの変化は、パートナーが無断で外泊したり遅く帰って来ても心配しないというところに現れます。

    仕事だけでなく、飲みに行ったり、遊びに行ったりなど、予定を聞いていても、好きな人が夜遅くなったり、翌朝まで戻って来なかったりすると心配するものです。

    信頼からくるものならいいのですが、「事故に遭ったりしていないか」「他所の男(女)にたぶらかされていないか」など、気になるのは、愛情があるから。

    大切な伴侶が無事に戻ってきてほしいと願い、不安が募ると心配するのは当然の感情です。

    「いつ帰ってきたのも分からない」「好きにすればいい」と思っているなら、愛情が薄れているサインとなります。

    信頼があるケースと違い、帰ってきたときに確認作業がないのが特徴です。

    「いたの?」と姿を目にした時に気が付くというようでは、関心がないと言っても仕方がありません。

    相手に対する興味がないので何をしていても気にならない

    興味が無くなると、何をしていても気にならなくなります。

    完全に愛情が失われたかどうかわからない時点でも、妻や夫が何をしているのか、何を考えているのか気にならないなら、冷めていっている序章です。

    家の中にいるのか、休日にどこに出掛けているのか、関心がなければ質問を投げかける事もありません。

    同時に、「出掛けてくるよ」「○○しているから、何かあったら声をかけて」などのやりとりも発生しないので、互いに思いやりの心が失われている状態です。

    子供から「お父さんどこに行ったの?」と聞かれても「知らない」と答えているでしょうし、「お母さん、何をしているか知らない?」と言われた夫は「洗濯でもしているんじゃないか?」と、適当に返答をします。

    この手の会話が無くなってしまうのは、関心が無くなるだけでなく、「パートナーに直接関わる事ではないから、言っても仕方がない」という心理が働いているからです。

    日常を切り離して考えている証拠であり、自分の行動を伝えて心配させないようする愛情がなくなっていると言えます。

    生活リズムが違うのですれ違いが多い

    生活リズムが違うため、すれ違いが多くなると、相手に対する気持ちが薄れていきます。

    子供がいる家庭では、多くの場合女性が育児に携わるため、仕事に復帰しても時短勤務になっていたり、フルタイムで働きながらも、帰宅すれば家事をすべてしている状況が未だに多く見受けられる状況です。

    家の中の事は、家族全員に責任があるわけですから、分担すればいいのですが、母親一人に全部の仕事がのしかかっているのが日本の現状と言えます。

    つまり女性は、朝から夜中まで家族のために動き回り、男性は養うために仕事に専念するして家から離れていくのです。

    仕事に夢中になるあまり、朝早くから出て、夜遅くまで帰ってこなかったり、仕事場の近くのホテルに泊まることが増えたりと、家族と顔を合わせなくなる機会が増えていきます。

    会話もなくなるし、どんな気持ちで妻や子供たちが過ごしているのかも、仕事という隠れ蓑のせいで、見えなくなるわけです。

    「知られたくない」という気持ちの裏返しで隠し事が増える

    「知られたくない」と思う気持ちが沸き上がり、隠し事が増えていくと夫婦が終わるサインへと発展します。

    好きな気持ちが薄れてきたり、関わるのが面倒だと思い始めたりすると、少しずつ心の溝が広がっていき、自分の事をあまり知られたくないように思い始めるものです。

    激しくなると、嫌悪感を抱くほどにまでなってしまい、「髪を切った?」「シャンプー変えた?」と変化を聞かれることさえ、気持ちが悪く感じます。

    連れ添っている伴侶という考えではなく、別々に生きているただの同居人と思い始めると、より自分のプライバシーを守ろうとして、秘密が増えていくはずです。

    へそくりをしたり、内緒の買い物をしたり、と小さな隠し事ならかわいいものですが、給料明細を知られないようにしたり、パートナーが知っている銀行口座を解約して別口に作ったりと、大事な物を秘密にし始めると、離れる準備を進めている状態だと言えます。

    束縛されていたり、一方的な価値観で押さえつけられていたりした人の感情が、爆発した時に起こりやすい現象です。

    実行に移すと夫婦が終わるサインがより濃厚になる

    妻は専業主婦なのに突然働きたいと言い始める

    専業主婦の妻が突然働きたいと言い始め、実行に移すとより濃厚に終わるサインになっていきます。

    今まで働かなくても生活が出来ていたのなら、経済的に夫だけの収入でも問題がないという事です。

    男の人の中には、好きな女性には家で帰りを待って欲しいと願っている人もいて、結婚する時に伝えます。

    子供が出来た事がきっかけで、今まで働いていた職場を退職し、そのまま専業主婦として生活を続けるというケースも。

    いづれにしても、共働きでなくても衣食住に困らない生活が出来ていたので、今後も継続することが出来る状況と言えます。

    子供の成長により、働かざるを得なくなったという状況を除き、今のままでもいいのに「働きたい」「外に出たい」と言い始めるのは、女性側に不満が溜まっているからです。

    家の中にずっといると、社会と隔離されたような気分になったり、夫のために尽くすだけの人生に感じてきたりと、自分の存在が分からなくなってしまいます。

    小さな世界で苦痛を感じていたことが分かる言動であり、今までの夫婦関係のままでは納得できないという心境を示しているのです。

    妻が夫に食事を作らなくなる

    実行すると終わりのサインが確定してしまうのは、妻が夫に対して食事を作らなくなるというもの。

    家族に対してよりも、夫一人分だけ抜いてしまうとなれば、かなり深刻な状況となってしまいます。

    結婚する時には、「好きな人の胃袋を掴め」と言われるほど重要な食事。

    同じメニューでも各家庭により微妙に味付けが異なったり、地域ごとに材料が違ったりするため、慣れ親しんだ料理を食べるのは、心がホッとする時間でもあります。

    奥さんが元々料理好きならまだしも、必ずしもそうとばかりは言えません。

    料理が苦手、家事が嫌いな人でも、夫や家族のためだから頑張れるところがあります。

    不器用なのに毎日作ったり、苦手なのに旦那が好きなメニューを作る妻の気持ちを知らずに、味付けの文句を言ったり、せっかく作った料理を食べなかったりすると、不満が爆発し、放棄するという事態に陥るものです。

    料理を作らなくなってしまえば、夫婦としての縁を切ったとも言えるような行為。

    心の絆はかなり希薄なものとなってしまいます。

    妻が実家に帰ったきり戻ってこない

    妻が実家に帰ったきり戻って来なくなってしまえば、夫婦関係は破綻を迎えると言っても過言ではありません。

    二人で一つの家庭を持つと、自分の居場所として生活の第一優先となります。

    多くの女性は、実家を出て嫁いでいますから、親の顔を見に帰る事はあっても、簡単に泊まろうとは思わないもの。

    嫁に出た娘が帰ってくるのは、親としては嬉しいものですが、夫婦仲が良くないのかと心配する場面でもあります。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    孫の顔を見せる、長期休暇に遊びに帰る、など理由がポジティブなものであればウェルカムですが、旦那とは少しでも別の場所にいたいというネガティブな訳なら、親としても「いつまででもいなさい」と心理状況を経過して観察し始めるはずです。

    ポジティブな理由がなくて、妻が自宅に戻って来なくなったなら、女性本人の強い意志か、親からの警告だと言えます。

    夫が浮気相手や友達の家に泊まり込むor内緒で賃貸契約を結ぶ

    実際に行動に移してしまうと完全に終わってしまうのは、夫が浮気相手や友達の家に泊まりこむような事になるか、内緒でアパートなどの賃貸契約を結んで、もう一つの居場所を作るかした時です。

    元来、男の人は一人でいる時間が必要と言われていますが、一般的な家庭であれば、家の中で落ち着ける場所を確保しようとします。

    自宅外で居場所を作る必要はないし、あったとしても職場からの利便性などの理由があると言えるはずです。

    それ以外で自宅に寄り着こうとしないのは、家の中に居場所がないと感じているから。

    浮気をしていても同じです。

    家の中にホッとできる場所があったり、落ち着ける時間があれば、「離婚はしたくない」「家族は失いたくない」と思います。

    浮気相手の家に入り浸ったり、友達の家を渡り歩いたりするのは、妻と顔を合わせるのを避けているサインであり、内緒で賃貸契約を結ぶような部屋があるのなら、知られたくない秘密基地として空間を確保したいという心理が働いているのです。

    夫が財産について集計し始める

    夫が財産について集計し始めてしまうと、終了のゴングが鳴り響きます。

    離婚をするとなれば、夫婦は財産を一とする関係性ですから、最終局面で分け合わなければいけません。

    完全に半分とは言えませんが、貢献度に合わせて分配金額が変わります。

    夫婦として生活を共にしてきた中で、家や車、家具や家財、預貯金や保険解約返戻金など、簡単に数字で分けるのが難しい事も多々ありますので、勉強が必要です。

    弁護士に相談したり、金融機関と話をしたりと、かなり集中的に調べたり計算したりしなければ、割り出すことが難しいもの。

    財産について、何があるか、分けられるものか権利を争うものか、調べながら集計を始めると、誰かの指導の元動いていると言えますので、離婚を視野に入れていると考えて間違いない状態です。

    熟年離婚で妻が預貯金を分与でもらうことが、着目を集めた時期がありますが、男の人は遺産相続など大きな金額など気にしている人も多いので、事前に計算しておきたいという場合には、早々に行動を始めます。

    夫婦が終わっているサインは日常生活にある。夫婦関係破綻度チェック

    パートナーと最近笑ったことがない

    パートナーと最近笑ったことが無いという人は、破綻度が徐々に高まりつつあります。

    前項から何度か出てきましたように、夫婦の間では、会話が非常に重要な意味を持っているものです。

    相手に興味を持っているか、どんな状態でいるのか、最近の心理の具合は、など様々な事にアンテナを張って、「知っておこう」と思わなければ、質問や労いの言葉なども出てきません。

    相手の状態を知っているうえで、心に余裕があれば笑い話に発展していきます。

    笑いあっていないとおう事は、関心がない上に心にも余裕がなくなっている状態です。

    子供の事でも、テレビのことでも、何でもオッケー。

    何か笑えるような話をしたか、思い出してみましょう。

    笑顔は、心の万能薬です。

    楽しい時間を一緒に過ごせたという記憶が残るだけで、一日が幸せな気持ちになります。

    悩んでいる人でも、一日一回は笑えるようなことがあれば、夫婦関係も快方に向かっていくはずです。

    一緒に食事を摂っていない

    一緒に食事をとらなくなっているのなら、破綻度は高めで、深刻になりつつあると言えます。

    先ほども食事について触れましたが、一緒に食卓を囲むと、一日にあった出来事を話し合ったり、ホッとする時間を共有したりと、心にプラスの影響を与えるものです。

    仕事から疲れて帰って来て、冷えた夕食を温めなおしている姿は、男性にとってかなりみじめな姿と言えます。

    まるで一人暮らしをしているかのような気持ちになるわけです。

    食事を用意しているのですから、妻としては手間暇かけているのですが、男性はその部分は見えていないことが多いので、「一人で食べるご飯は味気ないな」とさみしさを感じているばかり。

    おふくろの味が懐かしくなり、実家に頻繁に帰るようになったり、どうせ一人で食べるのだからという理由で、ササっと外食で済ませて帰ったりするので、余計に溝が大きくなってしまいます。

    せっかく作ったものを食べてもらえない悲しさもまた、男の人には伝わらないので、愛想をつかしてしまうところです。

    言いたいことが言えないで我慢したり諦めたりしている

    言いたいことが言えないで、普段から小さい事を我慢したり諦めたりしているなら破綻度は中程度。

    会話が無くなっているわけではないけれど、何となくすれ違いが起きていると感じるのは、小さな我慢を積み重ねているからです。

    「服を脱ぎ散らかされるのをいつになったら止めてもらえるのかな」「帰りが遅くなるなら、早めに教えて欲しい」「ご飯をお義母さんと比べられるのは嫌」「洗いものしてくれるのは嬉しいけど、やり方が違うから後が困る」など。

    我慢強い女性は、「このくらい言っても仕方がないよね」「小さい事を口に出してケンカになるくらいなら何も言わずに自分でやった方がいい」など、機嫌を損ねない事が夫婦円満になると信じていると、負担ばかりが増えていきます。

    一人なら気にならない事でも、他にも人間がいるからどうしても相手に期待をしてしまうのは、当然の心理です。

    「協力し合うって約束したのに」と覚えているのは、女性ばかり。

    小さな不満を抱えていると、心に鉛のように重くのしかかってきて、ストレスで精神をやられてしまいます。

    後ろめたい気持ちがある

    結婚生活に後ろめたい気持ちがあると、破綻度はじわじわ高まっている状態です。

    そもそも、結婚する時に自分のメリットのためにお願いをするような形だったり、他に好きな人がいたり、内緒で借金を抱えているなど、心の中にひっかかりがある状態で生活をするには、あまりにもストレスが掛かります。

    心に夫婦間に関するストレスを抱えている状態の期間が長くなるほど、不安や逃げ出したい気持ちが高くなり、離婚衝動が高まるはずです。

    平気な顔をして嘘を吐ける人もいますが、大抵の場合は自分なりの正義感を持っており、幸せを感じる時ほど正直でいたいという気持ちになります。

    後ろめたさを感じたまま平凡な暮らしをするほど、欺瞞の上で成り立っていると感じてしまうものです。

    「このままでいいのかな」「本当の幸せって何だろう」と未来をイメージできなくなり、自ら破局の道を辿ってしまいます。

    歪な空気感を察してぎくしゃくするケースもありますし、パートナーが鈍感で笑顔でいるほど責められているような気持になる事もあるところです。

    家でくつろげないと感じるから帰りたくない

    家でくつろげないと感じるから、帰りたくないと思うなら、破綻度はかなり高まっている状態と言えます。

    日々の生活を遂行している場所が、自宅です。

    生きるために必要な食事や睡眠が安全に出来る場所なので、本来安息の地と言えます。

    大切な人に囲まれて、愛されている実感と守りたいと思える使命感を高められる空間。

    結婚した当初は、早く家に帰りたくて仕方がなかったという人も少なくないはずです。

    パートナーとは元々他人な訳ですから、性格や生活が違うのは当然の事。

    補い合い、擦り合わせ、尊重しながら居心地のいい空間になっていきますが、ズレをそのままにしておいたり、ある時をきっかけに大きく「私達は合わない」と感じてしまったりすると、ある日突然居場所がないように感じてしまいます。

    「家に帰っても窮屈な気分」「話し相手もいないし、楽しいことが無い」と思えば、帰りたくなくなってしまい、顔を合わせる事すら気まずさを感じるようになるのです。

    夫婦関係が終わりになるサインが出ても関係修復できるポイントがある

    日常生活の小さな目に見える努力で関係修復は可能

    日常生活の中で、小さな事をコツコツと目に見える形で努力する事で、関係を修復する事は可能となります。

    「もう終わりだ」「別れるしかない」と思う状況であっても、再構築しようという姿はあの人の心を動かすものです。

    いくら「元に戻りたい」「愛されたい」と思っていても、心の中だけで留めていては、顔も見ない、会話もしない状態になっている二人にとって意思疎通はかなり高い壁となっています。

    視界の端に入っている姿程度でも「あれ?いつもと違うな」「何かしているな」と思われるくらい行動に落とし込むのがポイントです。

    想いの強さよりも少しづつの行動が重要となります。

    ご飯の準備をしている時に、「ご飯の量はこのくらいで良かった?」と質問してみたり、お酒を飲む夫に「いつもとは違うのを買ってみたんだけど、試してみる?」と新しい会話を生み出したり。

    男の人は、誰かが何かをしてくれたとしても、ハッキリと提示されなければ気が付きません。

    言葉に出し、行動を変えていくところから、再構築が始まります。

    元に戻そうと思うほど焦りを感じて、余計な事をしてしまいがちです。

    焦りの感情は、視野を狭くし、冷静な判断が出来なくなるので、間違った方向に進んでいても、完全に破綻してしまうまで気が付かない事も。

    離婚したくない時ほど焦りは禁物な理由を数多くご紹介している記事がありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

    簡単な会話を増やしていく!挨拶から始める

    完全に言葉を交わすことが無くなっているなら、簡単な挨拶から会話を増やしていきましょう。

    何年も同じ家で暮らしていると、自分のパーソナルスペースを共有している事になるので、パートナーが出入りしても何も思わなくなります。

    「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえり」「お疲れ様」「体調は大丈夫?」など、些細な言葉のやり取りが無くなるところから、自分の事を伝えなくなるという深刻な事態に陥るものです。

    二人が共に生活しているのは、当たり前の日々ではありません。

    現に、離婚の危機を感じてしまったあなたは、今の日常がいつまでも続かないという未来もあり得ると感じたはずです。

    長々と、近況や心情を引き出すための質問攻めをしたり、自分の事を伝えるために語り続けたりすると、「急に、何?」「何か企んでいるみたいで怖い」と敬遠されてしまいます。

    当たり前と感じる毎日が、するりと手のひらからこぼれ落ちてしまう前に、挨拶から言葉を交わし、相手の存在が自分の空間に居てくれることに感謝しましょう。

    休日はスーパーなどに一緒に出掛ける

    休日は、スーパーなどに一緒に出掛けるところから修復は始まります。

    一人で買い出しに行く事になれてしまうと、男手がなくても平気になってしまうもの。

    むしろ黙って好きなものを勝手に入れられたり、進行方向にぬぼっと立っていられたりすると「邪魔」と思ってしまい、イライラを抱えてしまいます。

    小さなイライラが夫婦関係を壊しているのなら、自ら楽しい時間にするべきです。

    誘うのが恥ずかしいと思ってしまうなら、重い荷物がある買い物から始めます。

    「今日は、お米とお酒と両方買いたいから、持ってくれると助かるんだけどな」「調味料が一気に切れちゃって、あれこれ買わないといけないから、重くなるんだよね」と。

    男性は、手伝いたいという気持ちがあっても、妻が一人でやっている事に手出しをすると怒られてしまうという経験をしているため、何もしない方がスムーズだろうと踏んでいます。

    役割を明確に与える事で、「それならできる」「そういう事に困っていたのか」と妻の心の声に気が付けて喜ぶのです。

    夫の食事を丁寧に作ってみる

    夫の食事をいつもより丁寧に作ってみるところからも、関係修復に繋がります。

    いつもご飯は丁寧に作っているという人であっても、夫のだけ一工夫をし、一家の大黒柱という箔をつけてあげる事です。

    子供たちよりも立場が上である事、妻であるあなたが尊敬する存在であることを可視化する作業と言えます。

    「尊敬するところなんてない」と思ってしまう気持ちが浮かび上がるなら、料理を作りながら、「美味しい」と言ってくれながら食べてくれる旦那の姿をイメージしながら作るのです。

    「あの人は言葉に出さなくても、心の中では満足してくれているはず」と思えば、表現下手な夫の事が可愛く見えてきます。

    夫が、食事を食べてくれたり、懸命に掃除をした家に帰ってくるという事は、妻として頑張っているあなたに感謝しているという事です。

    わざわざ頼んでいなくても、生きるために食べる食材を購入する資金を捻出しようと日々汗を流してくれているパートナーには、感謝するべき。

    収入の多い低いは関係ありません。

    家族のために頑張っている姿が、既に感謝や尊敬に当たります。

    一品増やしたり、飾り野菜を添えたりして、工夫して愛を伝えましょう。

    詮索しないが帰りが遅かったら「心配した」と伝える

    帰りが遅い時には詮索をせずに「心配したよ」と伝えて、夫婦であることを再認識してもらいましょう。

    夫は、帰りが遅くなっても心配もされない、帰っても気にも留められない事を寂しく思っているはずです。

    「うちの嫁なんて、俺がいない方が気が楽なんだ」と自暴自棄になるのは、根本にさみしさを抱えているから。

    気にかけている事を伝えるという作業が、二人の絆を再び取り戻します。

    「心配したよ」「遅かったんだね、疲れたでしょう」と声をかける事で、気にかけてもらえた喜びを感じるわけです。

    ここで、「どこに行っていたの」「遅くなるなら明日は絶対に連絡をしてね」と詮索したり圧をかけたりすると、委縮してしまいます。

    浮気相手の所にいたなら、尚更家に帰りたくなくなるはずです。

    妻が心配してくれる、黙って待っていてくれると思うだけで、浮気をしている男性も「帰っている人がいるから早く戻ろう」という気持ちが芽生えます。

    ちょっとした日常のずれがきっかけになって夫婦生活が終わることもある

    夫婦関係が終わりになるサインは、日常のあちこちに転がっています。

    言葉に出したりボディタッチをしたりで、愛情表現をするのが苦手な日本人は、「言わなくても分かっているだろう」「何を考えているのか分からないから、放っておこう」と勝手に距離を取ろうとしてしまいがちです。

    ちょっとした日常のずれがきっかけとなり、いつの間にか離婚の危機に陥っている事も少なくありません。

    今のままでは嫌だと、本気で思うのなら、関係修復に向けて出来るところから、少しずつ取り入れて、絆を取り戻していきましょう。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事