【レス夫婦あるある】セックスしたくない妻と夫それぞれの理由とレスからの脱却でもっと絆を深めて
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

結婚したことで、いつでも愛する人の温もりを感じられるようにはなったけれど、何かをきっかけにレス夫婦になってしまうことも。

「最近、夜の営みがレスになっているけど、どうしたらいいのか分からない」「夫が誘てこないのには、何か理由があるのかしら」と悩んでいるなら、男女別の心境から理解を深めていきましょう。

セックスしたくない妻と夫、それぞれの理由がよく分かるレス夫婦あるあるをご紹介しますので、あなたの状況を客観的に分析するための参考にしてみてくださいね。

レスからの脱却で絆を深めて、夫婦としての在り方をもう一度見つめなおしてみましょう。

目次

レス夫婦あるある~セックスレスの定義とは

特別理由がないのに1か月以上期間が空くこと

『セックスレスの定義』で示される期間は、1か月以上とされています。

こちらは、1994年に日本性科学会が定めており、『特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1か月以上ない事を指します』と定義されているのです。

つまり、キスや裸で触れ合うなどもされていない状態を含んでいて、挿入だけを指しているのではありません。

特別な理由というのは、病気やケガ、意志から「控えてください」と指示されている時などが挙げられます。

結婚すると、多くの夫婦は同じ住居に住みますから、単身赴任により遠方で暮らしている場合や元々別世帯で生活する事を選んでいるなら、1ヶ月という期間は非常に短いので当てはまりづらく、特別な理由に含まれるところです。

何か、どうしても出来ない理由がないのに性交や性的コミュニケーションがされないのは、セックスレスの定義に当てはまります。

「そんなにしない人なんているの?」と縁がない人なら思ってしまう期間でも、レスで悩んでいる夫婦なら「短すぎる」「もっと空いている」と驚きを隠せないはずです。

30代~40代の女性の6割がレスという事実

30代から40代の女性で統計を取ると、約6割がしていないという事実があります。

日本はセックスレス大国と言われているほど、世界的にセクシャルコミュニケーションの希薄さが問題視されている状態です。

30代から40代の既婚者は、出産を経験する人が増えたり、夫も社会的立場が変化したりと、家庭内環境が変わってくる時期となります。

要因は、各家庭で違うにしても、実に6割という夫婦がレスになっており、悩んでいる人もいれば、「当たり前だ」とそのまま放置している人もいるのです。

理由は、これから下の項目でご紹介しますが、環境面や心理面が影響している事がわかります。

プライベートな内容だからこそ、他人に相談する事が難しく、一人で悩みを抱えているケースも珍しくありません。

現在は、セックスレスを問題視した医師やカウンセラーも増えてきていて、産婦人科や精神科医が積極的に解消に向けて相談に応じている病院も少なくないものです。

レス=不仲というわけではない

セックスレスについて定義を考えていると、悩みを抱えている人は不仲だと想いがちですが、あながちそうとも言い切れません。

体の交流がなくても、夫婦仲が良いケースが多いのも事実です。

手を繋いだり、休日にはランチデートに出掛けたりと、周囲からは「オシドリ夫婦ね」と言われることも珍しくありません。

または、それぞれが役割を明確に持っているため、子育てと経済など進捗状況を情報交換しながら、夫婦としてお互いに自立して支え合っていることも。

レスが長くなってくると、セックス自体が子作りと考えるようになり、「我が家は、もうこれ以上子供はいらない」「家族が幸せであればいい」と育児を生きがいになるなどの、考え方の転換も起こります。

家族として考え方の共有が出来ていたり、一緒に過ごす時間が幸せだと感じていたりすると、「体が結ばれなくても仕方がないのかな」と諦めモードになるのです。

性について話題を出すのは恥ずかしいと思ってしまう風習がありますので、仲が良くても肝心な事が聞けない夫婦関係が出来上がります。

平均半年していなかったらレスと思っている人が3割

アンケートを取ると、半年レスなら該当すると思っている人が3割という結果になりました。

セックスについて長きにわたってオープンな話題となっていなかった日本。

夫婦間の問題だからと、それぞれの家庭に任せられ、閉ざされた話題でしたが、少子化から社会問題としてセックスレスが取り上げられるようになりました。

現在の制度は、現役で働いている世代が、支払っている社会保険料を年配の年金支払いに充てるシステムになっています。

少子化が進むと、一人当たりの負担額が大きくなり、いくら働いても手元に残らないという状況が起こるのです。

働く事にやりがいを持ったり、目の前のやるべき事が増えたりしていることで、セックスが後回しになっている人が増えています。

「毎日でもしたい」と思っている人もいれば、「一年しなかったらレスに該当するんでしょ」と考えるなど、期間に開きが出ている事が、分かってきたところです。

出産がトラウマとなっているケースもある

以下でご紹介するレスになる理由にも該当することですが、男女ともに共通するのでこちらで触れておきたいのが、出産がトラウマになっているという事。

命を生み出す痛みとして、出産は壮絶な経験となります。

女性は、痛みや体が傷ついた事での恐怖心が生まれ、男性は立ち会ったことで映像が脳裏から離れなくなり、トラウマとなってしまう事があるのも事実です。

女性には、妊娠中から心理的にも身体的にもかなりの負担が掛かります。

出産をしたことで、骨盤の歪みや会陰の裂傷、手術による傷や命の危険が訪れた記憶などが、性行為しようと思ったらフラッシュバックしてしまい、どうしても出来ないという人もいるほどです。

男性は、正直子どもが生まれてからゆっくりと父親になるので、妊娠中にセックスをしてくれない妻に不満を抱いたり、お腹が大きくなっていく姿に、違う生物を見ているようで拒絶反応を起こしたりと、愛する人への味方が変わっていきます。

立ち合い出産をしたことで、大量の血液を目の当たりにしたり、膣から赤ちゃんが出てくる姿を直視して気分を悪くしたりすることも。

愛だけでは出来なくなり、気持ちと性欲が切り離されます。

レス夫婦あるある~妻がレスになる理由

家事や育児で24時間ずっと忙しい

妻の理由としては、家事や育児で24時間ずっと忙しいからというものが挙げられます。

結婚し、子どもが生まれると、女性には多くの役割が課せられるのは、時代が変わってもなかなか変化しない悪い習慣です。

共働き家族であっても、家事や育児をするのは女性の役割。

そんな背景を棚において、男性は胡坐(あぐら)をかいて、食事やお酒が出てくるのを待っています。

育児に参加していると言っても、休日に家族サービスと称して遊びに連れて行ってくれるくらい。

女性側の負担は、日々の中にありますから、少し手が離れたからと言ってその分しておきたいことが山ほどある為、休むことはできません。

夜中にまで及ぶ主婦業の傍ら、いびきをかいて眠っている夫を見ると、とても誘う気にもならないのは当然です。

分単位でやることに追われている妻や母という役割に、疲れ果てています。

夫に魅力を感じなくなった

結婚してやってくる問題の一つとして、夫に魅力を感じなくなるというものがあり、レスの原因ともなっています。

年齢と共に見た目が変化するのはお互い様ですが、女性の方が美意識が高いので、現状維持しようとする気持ちが強いものです。

若々しくいるための努力をする分、何もしない夫にイライラを募らせます。

お酒を飲み続けてパンパンになったお腹、加齢臭や薄毛、年々気にしなっていく服のセンスなど、全てにおいて「もっとちゃんとして欲しい」と願うところです。

妻となった女性で、日々のモチベーションを保てている人は、夫から感謝される関係性を作れている人。

愛は、見返りを求めないものだと言われてはいますが、夫婦を続ける中で感謝されることくらいは求めたい所。

夫は、パートナーが妻でいてくれることが当たり前という気持ちが、態度に横柄さを生み出します。

「おい」「お前」など、名前を呼ばれ無くなったり、カッコいい所を見せようとしなくなったりと、雑に扱われるようになることから男性としての魅力を感じられなくなるのです。

都合よく体だけ求められても、気分が乗らなくなります。

気持ちよくないしペースが乱されるから面倒くさいと思ってしまう

妻側によくある言い分には、ペースが乱されて面倒だと感じてしまうからという理由があります。

結婚生活が長くなってくると、夫婦はそれぞれ、自分なりのペースでルーティンを構築していきます。

朝の支度から、日中の活動、夕方帰宅してから夕食作りまでの流れや子供を寝かしつけてから次の日の準備など。

頭の中に思い描いているペースは、とても効率的で、自分の中でどこまで終了したのかチェックしやすいようになっています。

夫から体を触られて求められると、その時点でペースを乱されてしまい、ストレスがかかるものです。

イライラする気分も相まって、体が反応しなくなってしまいます。

前項の夫への魅力を感じなくなったという理由も絡み合っていますが、抱きしめられても「そんな事をしている暇はない」「愛情がなくなったからやめてほしい」と拒絶反応をお起こすところです。

気分が高まらないので雰囲気も出ず、しらけて終わりになります。

愛情の問題!夫が嫌いになった

愛情の問題で、夜も離れて眠るようになったという理由があります。

共に生活をしていると、小さな欠点が目立つようになるものです。

「相談もせずに大きな買い物を勝手にしてくる」「子供の進路について何も考えてくれない」「足が臭い」など。

「夫の事をどうしても、好きと思えなくなってしまった」と一度、脳内にインプットしてしまえば、気持ちを覆すのは至難の業です。

よほど相手からの愛情を感じるか、大きな出来事をきっかけに本当は大切に思っていると気が付くか、しかありません。

嫌いな人には、振られたくないだけでなく、同じ空気を吸うのも嫌だと思うようになってしまいます。

冷たい言葉を投げかけ、夫を家から追い出そうとする妻もいるほどです。

そこまで嫌ってしまえば、寝室を別にしている夫婦も珍しくなく、接触する機会が無くなってしまいます。

愛情を感じられない人と同じ家で生活を共にしていても、愛で繋がっている二人というよりも、同居人という感覚になってしまうのです。

母として女になるのはダメだと思ってしまう

妻が夫とセックスできなくなってしまうあるあるの理由に、母となったことで、「今さら女になるのはダメだ」と思い込んでしまうからというものがあります。

わざわざ言葉にする人はいませんが、小さな感情として多くの女性が持っていると言える事です。

母となり、子供が成長するにつれ、授乳やオムツ替えといったお世話から、友達と一緒にいるような感覚になる親子も少なくありません。

同じ家の中で年ごろの子供がいることで、男女が仲良くする姿が恥ずかしいという認識が根付いていき、子供目線から「父と母がイチャイチャするのは気持ち悪い」と言われてしまう事も。

女性は、一緒に過ごす時間が、夫よりも子供の方が長くなるので、子供が感じる気持ちに同調していきます。

「今さら女として夫に抱かれるなんて汚らわしい」「母となったら、もうセックスとは卒業するべきだ」と思い込みが強くなることで、自分から誘う事はもちろん、夫が近づいただけで無意識に距離を取るようになるのです。

レス夫婦あるある~したくない夫の理由

仕事が忙しい上に帰ったら小言を言われて家でくつろげない

したくない夫の理由に、仕事が忙しい上に、自宅に帰ったら小言を言われて家でくつろげないからというものがあります。

男の人にとって、仕事は生き様と言っても過言ではありません。

社会の中でどれほど評価されるかが、自身のアイデンティティとなるところです。

社会に入って間もない20代に比べ、既婚者となり環境が変わる頃と重なって、社会的地位も高まっていきます。

後輩を育てたり、実力が買われて新しい業務を任されたりと、職場内でも大きな転換期を迎えるのです。

慣れ親しんだ業務内容と異なり、新しい事を覚えるのは中年には難しいことと言えます。

上と下の板挟みで、毎日神経をすり減らしながら戦い、やっとの思いで帰宅すると、妻や子供から小言を言われる始末です。

接待で仕方がないのに「好き勝手に飲み歩く」と不満を言われ、仕事中の一息で持っているタバコを取り上げられようとされ、安息の血がないと感じます。

家の中にいるのが苦痛だと感じている時に、妻を抱こうとは思えません。

妻に魅力を感じなくなった

女性側の理由にも同じものがありますが、妻に魅力を感じなくなったという夫側の目線もあります。

女性は、安心感を持つことで努力する気力を失ってしまう傾向にあるものです。

「どうせもう恋愛はしないから、着飾る必要はない」と思い始めた女性は、急激に魅力を失い始めます。

メイクをやめ、下着もボロボロで平気になり、美容院に行く頻度も下がってしまうため、オバサン化が加速するわけです。

交際中には、見つめただけで恥ずかしがっていたのに、今では目が合うと「何か用があるならハッキリ言って」と喧嘩腰で言われてしまいます。

ムードを作る以前に、女性として磨くことを止めてしまった妻は、性別がなくなってしまったようにさえ感じるところです。

出産を経て、仕方がないとはいえ体型はすっかり変わってしまい、年齢とともに代謝が落ちた事で、洋ナシ体型になっていく姿を見ていると、恋愛をしていた相手とは思えなくなります。

妻が疲れて不機嫌な姿を見ていると抱きたくない

妻が忙しそうで、不機嫌だから近づけないという理由もあります。

お互いに家のためにやることをやっていて、妻に感謝はしているけれど、機嫌が悪い相手を誘うほどの勇気はないものです。

苛立っている感情は、近い関係性の家族には伝染してしまいますから、あれこれ忙しく動き回っている妻がイライラしていると「何で、あんなに不機嫌なんだよ」「見ているだけでこっちも腹が立ってくる」とピリついた空気になってしまいます。

夫から見ると、妻がいくつも抱えている家事や育児は、どう手を付けていいか分からないと思っている事がほとんどです。

食器洗いをしても、「そんなやり方だと綺麗にならない」と怒られたり、洗濯を畳むと「余計にしわになるでしょ」と言われたり、子供の悩みを聞こうとすれば「普段から関わってないんだから、勝手な事を言わないで」と叱咤されます。

不機嫌な妻のご機嫌取りをしようと思っても、不発に終わる事ばかりで、とてもベッドに誘う気持ちにはならないのが現実です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

拒否されて傷ついたので誘えなくなった

以前、セックスしようと思った時に拒否されてしまい、傷ついた経験があるので、誘えなくなったという理由も多数あるものです。

男性にとって、拒絶されることは、自分を受け入れられなかった事と感じる程、大きな出来事。

男としての自分を否定されたようで、とても傷付きます。

性欲が高まった時も、「また拒否されたらどうしよう」「もう一度嫌がられたら、もう立ち直れない」と勇気が出ず、踏みとどまってしまうわけです。

男にとって、結婚は一生セックスの相手を手に入れる事と言われるほど、重要な意味を持つ営みを嫌がられたとなると、自信を失うだけでなく、居場所さえなくなってしまったような気持になります。

妻の心情や状況を鑑みることなく、起きた出来事だけを見て、夫婦として終わったと半田してしまう事も多いため、なかなか立ち直ることが難しいのです。

ベッドで断られただけで、「俺は財布としてしか見られていない」とまで思考が飛躍し、まともに話し合う事もせず、夫婦関係に亀裂が入ります。

他の女性とのセックスで満足している

夫側の理由として、他の女性とのセックスで満足しているからというものがあります。

浮気は男の甲斐性という言葉もあるくらい、結婚しても他の女性に目がいく生き物です。

たくさんの子孫を残すことがDNAに刻まれていますから、脳内の思考回路としては仕方のない事ではあるかも知れませんが、日本の結婚という制度の中で生きる女性にとっては、考え難い考えと言えます。

そもそもの浮気性の人はもとい、夫婦間での様々な不満から他の人に目移りすることで、体の関係を結べば、妻とは違う魅力にハマってしまう人は少なくありません。

特に、年齢が若い女性と浮気をすれば、妻よりもピチピチで弾力のある肌に、若い頃の性欲が蘇る男性も多いはずです。

一日に何度も射精できる体力のある人は別として、加齢と共に筋力も衰え、浮気をした日に妻を抱く気力にはなれないもの。

性欲も下がり、毎日とまではいかなくなるので、浮気相手とのセックスで十分満足してしまいます。

性的に満たされている状態なので、妻との営みがなくても、気にならないところです。

レス夫婦からの脱却と解消方法~妻からの歩み寄りも大事

笑顔の魔法!不機嫌な自分をやめよう

笑顔はどんな場面でも魔法の力を発揮します。

家族になってしまえば、ありのままの自分を見せるのは当たり前のように感じますが、不機嫌な自分を止める意識を持つだけで、驚くほど家庭内の空気は変わるものです。

無神経なようで、夫は妻であるあなたの顔色や空気感、ご機嫌などをよく見ています。

「何に怒っているのか分からないけど、面倒だから酒でも飲んでさっさと寝よう」と思うのが亭主の心理です。

こんな時には、少なからずあなたからの会話が減っていたり、言葉にとげがあったりします。

不機嫌からの脱却で、セックスが戻ってくるなら簡単な事。

何も嬉しいことが無くても、ニコリと笑顔で出迎え、忘れがちな挨拶を目を見て言いましょう。

「お帰りなさい」「今日もお疲れだったね」と目を見て伝えれば、心から愛し合った二人ですので、瞬時に緊張感が解けていきます。

男性は、家に帰れば癒されたいという気持ちを強く持っているはずです。

「居心地がいい」と感じる事で、「この空間を作ってくれる妻に感謝が溢れてくる」と愛情が高まります。

まずは自分が機嫌良く過ごすこと

まずは、自分が機嫌よく過ごすところからセクシャリティコミュニケーションを再開させましょう。

機嫌よく過ごすのは、単に笑顔でいる事だけではありません。

先ほどお伝えしたように、笑顔は万能役となりますので、もちろんとても重要な事です。

さらに、加えるならウキウキする事を見つけて、毎日楽しむこと。

家事や育児などの中で見つけるのもいいですが、社会の外にそれがあれば、より魅力的になります。

やりたいことを見つけて少しづつでもチャレンジしてみる、好きな芸能人が近くにいるとイメージして好きになってもらえる自分になる、キラキラしたものを身につけて女性である自分を楽しむなど。

妻が楽しそうにしていると、夫も嬉しくなります。

家の中が明るくなり、会話が増えるため、デートの頻度も高まるはずです。

「今日は一緒に晩酌しようかな」「手を繋いでみようかな」と思えば、二人の時間を楽しめ始めます。

身だしなみは最低限整えよう

身だしなみを整えると、ベッドに誘われる確率もぐんと高まります。

外に出る時はもちろんですが、家の中にいる時ほど夫は期待をしているものです。

何年も着まわしているような服やヨレヨレの下着、ゴムが伸び切った靴下など、家族以外目にする事のない事ほど、ちゃんとしておくべき。

いつでも完璧を目指す必要はありませんが、最低限のボーダーラインを持っているかどうかは、異性として見られたいなら非常に大きいポイントです。

休日でもアイブロウだけは描いておく、清潔感のある部屋着を維持する、お風呂上りにはスキンケアをして若々しさを保つ努力をするなど、オフの妻を見る夫だからこそ惚れ直すシーンとなります。

育児をしていると楽な服装になりがちですが、スカートを履いたり、少しヒールのある靴で姿勢を正したりするのも、男心をくすぐるところです。

「俺の嫁、やっぱり可愛いな」と思う度に、結婚してよかったという満足感になり、抱きたい願望に繋がります。

寝室を別にしないこと

夜の営みを取り戻したいなら、寝室は絶対に別にしない事です。

既に、別々の部屋で寝ているなら、工夫して同じところで眠れるように環境を整えましょう。

「子供も大きくなってきたから、そろそろ夫婦のベッドに戻そうか」「ゆっくり話が出来る時間を作ろうよ」など、夫も納得する理由を伝えると、目的を達成するために、やるべき事を頭の中に思い描きます。

寝室を別にするきっかけは、子供が出来たからというものが多くありますが、男性が家で仕事をしたい、いびきがうるさいなど、本人たちの問題もあるはずです。

夫婦としてあるべき姿を考えた時、二人にとってどう問題を乗り越えるかは、必須の課題となります。

家での仕事は〇時までと決めたり、いびきがあまりにもうるさいなら病院で呼吸器を検査してもらったりと、対処法を探すのです。

「離れてしまえばいい」ということで解決しなかった末の現実が、寝室別問題。

レスになるのも仕方がないと言えます。

同じベッドで眠るようにすれば、毎日体温を感じ、何を考えているのかが今以上に分かるようになり、疲れていても癒しのエネルギーを与える事が出来るようになるわけです。

コミュニケーションを大事にする

コミュニケーションを大事にするのは、夫婦関係を取り戻すのに必ず必要なことです。

会話がほとんどなくなっているなら、少しづつでも再開していくことがマストですが、話をしているけど子供の事ばかりというケースなら、話題の見直しが必要になります。

これからの家族のことや、二人で行ったデートの思い出話、どれだけ日頃感謝をしているか、恥ずかしくて「愛している」と言えなくなった事への後悔など、今の現状となっている原因を振り返ったり、幸せな気持ちになれる未来を想像したりと、会話から生まれる空気感を楽しみましょう。

さらには、ボディタッチのコミュニケーションもプラスしていくことが大事です。

手を繋いだり、キスをしたりハグからスタートし、いきなり体が結ばれなくてもイチャイチャする時間を取り戻します。

旦那にとって、あなたが「触れてもいい」存在に戻ってくることで、性生活も取り返せるはずです。

セックスレスで離婚の可能性が上がることもある

レスが長引くと夫婦仲が悪くなることもある

レスが長引くと夫婦仲が悪くなり、離婚の可能性も高まってしまいます。

レス歴が長くなると、「たかがセックス」と考えている人が多いですが、体を通じたコミュニケーションがないという事は、夫婦がただの他人になってしまうことも。

元々、違う環境で育ち、奇跡の出会いからお互いの事を好きになり、愛情があるから「一生を共にしたい」と思うようになった関係です。

恋人同士の時には、セックスをする事で愛されている事を感じ、「この人を大切にしたい」と決意を新たにし、互いに惹かれ合っている状況を確認し合います。

体の繋がりが無くなると、心だけで愛を確かめ合う必要があり、相手が何を考えているのか、空気感や顔色などから懸命に想像を働かせなければいけなくなるはずです。

労力を使う作業なので、長引くと疲れてしまい、目の前の出来事の処理や作業だけで満足するようになります。

食事を作り、日々の暮らしで起こる出来事を会話にし、一日の終わりに就寝という生活に疑問を持たなくなるわけです。

愛し合えているのか確認できないので、精神的な疲れはぎくしゃくした空気を作り、ひどくなると離婚も視野に。

夜の関係だけで夫婦仲を決める事はありませんが、少しずつ歪さが出てきたときにはサインが見られます。

日常の中に潜んでいる、不仲になる要因をこちらの記事でご紹介しています。

修復するための実践的なポイントも記載されていますので、手遅れになる前に少しずつ取り入れてみてくださいね。

浮気に走りやすくなる

浮気に走りやすくなってしまうので、婚姻を終わらせることも出てきてしまいます。

どれだけ気持ちが冷めても、浮気をされてしまうと女性は夫の事を赦せなくなるものです。

例え、セックスレスがずっと続いていて、ただの同居人のような感じになっていたとしても、他の女性との不貞行為を知れば「裏切られた」と思うし、「私に魅力がないってことなのかな」と悩みます。

夫婦としていられる、最低ボーダーラインとして、浮気をしていないという条件があるわけです。

触れ合ってもいない、愛されているかもわからない、家の事をすべてこなしていても感謝されない中で、亭主が他の女性と浮気をしていると分かったり、夫に魅力を感じなくなって他の男性に心奪われてしまったりすれば、修復は不可能になってしまいます。

結婚生活を継続する意義を見失ってしまえば、離婚という選択肢も現実味を帯びてくるはずです。

離婚の可能性も上がる

夫婦の営みがないと言うだけで、確実に離婚の可能性が高くなってしまう事を知っておきましょう。

セックスは、若い男女がするモノではなく、他国ではごく自然な夫婦のコミュニケーションとして行われている事です。

日本の夫婦の年間セックス回数は、22.3回というデータが一般社団法人の日本家族計画協会の調査で出ています。

他国のデータを見てみると、1位はギリシャの138回、2位はクロアチアの134回となっており、世界平均は約103回です。

日本がどれだけ夫婦での営みの頻度が低いかが、よく分かります。

他国では、単なるコミュニケーションだけではなく、体のコンディションを整える為だったり、生活習慣に組み込まれていたりと、日本よりももっとラフに捉えているからです。

「いい雰囲気になってから」「相手が誘ってくれてから」「良い事があった時に」など理由をつけている限り、頻度は下がってしまいますし、他力本願になりがちなので、信頼関係も薄くなってしまいます。

相手との心の交流が上手くいかないということなので、離婚に繋がるのは自然だとも言えるはずです。

どんな理由であれ、離婚が視野に入ってくると焦りを感じ始めるものです。

ましてやセックスレスが離婚の原因となれば、他の人に相談も出来ずに、対処法も見つけにくくなります。

こんな時こそ、焦りは禁物。

上記まではセックスレスとなった原因を深堀してきましたが、他の理由でも夫の気持ちを理解する事はとても大切です。

こちらの記事では、離婚したくない時には焦らずに修復する秘策をご紹介しています。

今から何をスタートさせれば、夫婦関係を元に戻せるのか、参考にして実践できることはやってみてくださいね。

どちらかのセックスへの拒絶や不貞行為は慰謝料支払いの対象になることも

ただの夫婦の問題だと思われがちですが、セックスを拒絶したり不貞行為を行った場合は、慰謝料支払いの対象になる事もあります。

恋人でも結婚してパートナーとなってからも、セックスは当事者のプライベートな問題であり、頻度などそれぞれ違うものだと考えられますが、実は、婚姻関係にある二人がレス状態を長く続けると、離婚案件に発生するのです。

民法の770条で定められています『その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある時』という文言は、セックスレスも含まれます。

性的不能や性交拒否、性的異常などにより、レスが半年から1年以上継続していると、「こんなの夫婦生活じゃない」とさじを投げられる事があるというわけです。

慰謝料請求をすると100万円以上の支払い命令となることも。

もちろん、性的欲求不満が原因で、他の人と不貞行為となれば、離婚裁判で慰謝料請求となりますし、パートナーにトラウマを残す事態となります。

両親との不仲にもつながり親族関係がぎくしゃくしてくる

体を求め合わない生活が続くと、両親との不仲にもつながってしまい、親族関係がぎくしゃくし、離婚に発展するケースもあります。

「エッチの問題なんて、夫婦で解決するモノ」と思っているなら大間違い。

解決するのは当事者ですが、問題を大きくするのは夫婦だけではないという事です。

孫の誕生を心待ちにしている義両親や嫁の務めとして夫に尽くすことが当たり前だと思っている女性側の親などは、なかなか子供を授からない時に急かす言葉や傷付ける一言を発する事があります。

「役に立たない嫁ね」「体がおかしいんじゃないの」「旦那にちゃんと役割を果たしているの?」など。

行為をしていないので、当然妊娠する事はありませんから、子供が出来ない事は女性が悪いと言われてしまうのが今の日本です。

謂れのない文句を言われ、酷く傷つけられます。

跡継ぎを求めている義両親なら、「子供が産めないならさっさと離婚しなさい」と命令されることもあるので、夫婦だけの問題ではないことがわかるはずです。

レス夫婦は意外と多い!互いに歩み寄ることで解消しやすくなる

レス夫婦あるあるを夫側と妻側とそれぞれご紹介しましたが、どちらが悪いという問題ではないことがわかります。

日本では、悩んでいる家庭も多く、家族の問題として大きくなっているケースもあるほどです。

いつまでも仲良くいるためには、パートナーの気持ちを鑑みて歩み寄るのも必要だし、少しずつでも状況が変わってくれば、家庭全体が明るくなり、もっと愛情を感じられるようになります。

いつでもベタベタする必要はありませんが、健康づくりや相手を知るためにも、会話やボディタッチなど出来るところから始めましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事