元彼が別れ際に言う「またね」の意味とは?連絡の終わりにまた連絡するねと言う心理&復縁は脈ありか脈なしか見極めるポイント
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

元彼から別れ際に「またね」と言われた…その意味って?本心が知りたい!と、思っていませんか。

この記事では別れ際に、元カノに「またね」と言う元彼の心理を見ていきたいと思います。そこにはどんな気持ちが込められているのでしょうか。気になりますよね。

さらに、連絡の終わり際に「また連絡するね」と言ってくる男性心理も見ていきたいと思います。気になる男性とのやりとりの中で、「また連絡するね」と言ってきたとき、彼は一体どんなことを考えているのでしょうか。

女性に対して気はあるの?それとも社交辞令?その辺りは、彼の行動を含めて、よく見極めたいポイントですよね。

さらに、別れている元彼から「またね」と言われた時に女性が感じる事も見ていきましょう。女性が元カレに未練がある場合や、もうとっくに吹っ切れている場合など、女性側の元カレに対する感情によっても、この言葉の響き方は全く違うものになります。

そして、「またね」と言う元カレとの復縁が、脈ありなケースと脈なしなケースの見極めポイントについて詳しくご紹介しています。きちんと復縁の意思がある男性だけが見せる言動を見逃さないようにしましょう。

目次

別れ際の「またね」はどんな意味?再会を匂わせる元彼の心理

悪者になって終わりたくないので、会うつもりはないけど「またね」とごまかす

一番罪深いケースだと思うのですが、相手の女性にとって、自分が悪者として記憶に残るとイヤだから、という理由だけで、その後会うつもりは全くないのに、「またね」という言葉でごまかす男性もいます。

そもそも、男性が「またね」と本気で思っているなら、相手の女性と別れていないでしょう。本当にまた会いたいと思っているなら、お付き合いを一旦保留にしたとしても、別れは選ばないはずです。

男性が別れると決めた時点で、もう会いたくないということなのです。

女性にとっては厳しいようですが、それが現実です。

ですが、男性って、カッコつけたがりなので、「別れた後もいい男と思われたい」と思っています。

さらに、相手を傷つけて自分が悪者になりたくない、という自分勝手な理由だけで、はっきり「もう会いたくないから別れよう」とは言えないのです。

なので、便利な「またね」というセリフを使って、カッコよく去っていこうとしているのです。そう言っておけば、相手を傷つけずに済み、自分も恨まれることはない、とでも思っているのでしょう。

しかし、はっきりした別れの言葉ではなく、代わりに「またね」というのは、相手の方に未練が残りやすく、ただ気を持たせるだけの残酷なセリフと言えるのではないでしょうか。

元カレに対して、まだ未練のある女性なら、「またね」と言われたことで、元カレがいずれ自分のもとに戻ってきてくれるんじゃないかと、期待を持ってしまいます。

そうなると、復縁への期待を自分の中だけでずるずる抱き、元カレをすっぱり思いきることができません。そして、そのままでは、積極的に新しい出会いを求めることもできないでしょう。

男性側から別れると決めたのなら、その場は悪者になってでも、はっきり「さようなら、二度と会わない」くらいのキツめの言葉で別れを告げる方が、男としてはよほど立派なのではないでしょうか。

そのときは、ショックを受けたとしても、数年後経てば、そうやってきっぱり振ってくれたことに、女性側が感謝する日も来るのです。そうやってはっきり言ってくれたおかげで、一時は落ち込んでも、また次の恋に向かうことができるからです。

逆に、いつまでも元カレが自分のもとに戻ってきてくれるかもしれない、だって「またね」って言ってたもん、と思って、何年も時間を無駄にしてしまう方が、女性にとってはよっぽど悲惨です。

情が深い女性もいますから、元カレが別の女性と結婚するまで、復縁を願っていた、ということもないわけではありません。

なので、元カレが別れ際に言う「またね」には、要注意です。女性の心を縛る危険性があります。

元カレの方はただその場しのぎに使った言葉でも、女性からしてみれば、すがりたくもなりますし、どうとも解釈できる中毒性のある言葉ですから罪深いと思います。

なので、元カレが別れるときに「またね」と言ったから、という理由だけで元カレを待たないようにしましょう。逆に、はっきり別れの言葉を言えない、情けないオトコ、と見限ってもいいのではないでしょうか。

責任感のあるいい男なら、別れる女性の将来のことを考えて、あえて一切期待を持たせないようなはっきりした別れの言葉を言ってくれるし、態度でも示します。

情けない男ほど、自分が嫌われたくないという一心から、別れた後もズルズル体の関係を続けたり、変なちょっかいをかけてきて、別れた女性の心を乱すのです。見せかけの優しさに騙されないようにしましょう。

深い意味はなく、「またね」=「さようなら」の意味あいで使っている

男性からしてみれば、「またね」という言葉自体に深い意味を考えずに使っているケースも多いです。

どんな相手に対しても、去り際に「またね」と言ってしまうタイプの人って、男女問わずいますよね。特に次に会う気もないのに、ただの「さようなら」という意味とイコールで「またね」を使っているだけ。

まあ、また偶然会った時にはよろしくね、くらいの意味あいも含まれているのかもしれません。

それくらい、テキトーなニュアンスが「またね」にはあるのです。
ですから、あまり「またね」という言葉にこだわりすぎると、道を誤るので気を付けましょう。

また声をかけることもあるかもという、キープの意味あいでの「またね」

別れた後も、またチャンスがあれば、一晩くらい付き合うこともあるかもな…などというズルい考えのもと、はっきり「さよなら」とは言わずに、含みを持たせるタイプの男性もいます。

相手が好みの女性であれば、別れた後も自分がその気になれば声をかけて、一夜を共にすることもできるかも…なんて、ズルい気持ちがあるからこそ、きっぱり別れを告げず、キープしておこうという考えなのでしょう。

そんな考えにつられて、元カレのセフレにされる女性もいます。女性の方が元カレのことを思い切れていない場合は、特にそういう性的な搾取にも遭いやすいのです。

男女が別れる、というのは普通は並々ならぬ覚悟のもと、「もう二度と会わない」、という決意があってこそのもの。

それを、「またね」という曖昧な言葉で濁す男性って、女性に対して少し傲慢なところがあるのではないでしょうか。

別れた女性を、自分の性的な欲望のためにキープしようと考えること自体が、身勝手で異常なことです。

そういう相手とは、早々にこちらから手を切った方が、幸せへの近道と言えるのではないでしょうか。

きっぱりと「さようなら」と言い切れない弱い心の持ち主である

はっきり別れを告げられない男性って、優しさと弱さをはき違えている気がします。

確かに、付き合っている相手から「さよなら、もう二度と会わない」ときっぱり言われるのは、そのときはショックですし、辛いですし、しばらくは立ち直れないと感じてしまう女性も多いでしょう。

でも、はっきり言われることでその男性に対しての未練は断ち切られるので、時間が経てば、「はっきり別れを告げてもらってよかった」と思う日が必ず来るのです。

逆に、男側が、その場しのぎで、女性を傷つけたくない、恨まれたくないという気持ちから、「またね」なんて言ってしまうのは、女性に「もしかして彼が戻ってくるかも」という期待を持たせてしまいます。

そんな期待を持ってしまうと、未練が残りますし、いつまでも元カレを待ってしまい、時間を無駄にしてしまいます。

その場だけ女性を傷つけないようにすることで、逆に、長い間女性を傷つけ続ける、ということがその男には分かっていないのです。

そういう男って、自分がひと時たりとも悪者になることに耐えられない、自分の方が別れたい女性からも憎まれるのがイヤだという、弱い人間ではないでしょうか。

恋愛経験が豊富で、自分が別れた後の女性のことを真剣に思いやれる男性ほど、別れる時は冷淡すぎるくらいの態度や言動を見せるものです。そして、逆にそれが「もうこの人との可能性はないんだな…」と女性の方にも覚悟を促してくれるもの。

なので、優しさをはき違えている弱い男性の「またね」には、気を付けてください。
くれぐれも、そんな言葉に期待して、時間を無駄にすることだけはやめましょう。

連絡の終わり際に「また連絡するね」と言ってくる男性心理

その会話ややりとりを終わりにするために、「また連絡するね」と言っているだけ

女性の友人同士のLINEや電話などでもそうなのですが、「そろそろ電話を切りたいな…」とか「LINEもここで終わりにしたい」と思っているときってありますよね。

そんなときは、「あ、もう時間ないや、じゃあバイバイ」というよりも、「あ、もう時間ないや、また連絡するね」と言っていたり、書いたりしませんか?

別に、その次がいつになるかも、また連絡するかも分からないけど、なんとなく日本人同士のやりとりでは、そういう言い回しになることってありますよね。

それに対して、言われた方も、「じゃあ、本当に次は来週連絡してよね!待ってるから!」なんて返事はしませんよね。

男性の「また連絡するね」にもそういうニュアンスがあることは否めないでしょう。

ただ、その場の会話や、やりとりをその辺で終わりにしたい、でも穏便に終わらせたいとき、「また連絡するね」というのはとても便利なフレーズだと言えるでしょう。

なので、気になる男性から、「また連絡するね」と言われたからと言っても、向こうからは何週間も何か月も連絡が来ないなら、それは彼の社交辞令と断言できます。

本当に気になる女性に「また連絡するね」と男性が、その意味通りに言ったとしたら、遅くても1、2週間以内には連絡をしてくるものです。

ですから、「また連絡するね」には、社交辞令の意味あいが強いことはよく理解し、そこにあまり期待しすぎない方がいいのかもしれません。

ただ口ぐせとして、連絡の終わりには「また連絡するね」と言ってしまう

連絡の終わりに、「また連絡するね」というのが口癖になっている人って、男性にかからず女性にもいるのではないでしょうか。

その「また」があるかどうか、信用できるのかどうかは、その後の相手の行動を見ていれば、自ずと分かります。

本来の意味で、「また連絡するね」を使っている人は、実際に間を空けずにまた連絡をしてきたり、会う約束をしてくるでしょう。

一方、口ぐせで「また連絡するね」を使っている人には、どうしてもという用事がなければ絶対に連絡してきません。

そして、連絡がないまま、もし彼と偶然顔をあわせた時、その人が「また連絡するね」という言葉を覚えていれば、気まずい顔をするでしょう。

ただ、口ぐせで「また連絡するね」を使っている人は、その言葉に何の意味も感じていないので、自分がそう言ったことすら忘れていることが多いです。

そんな相手からの連絡を期待しても、むなしいだけ…。
その辺は、「これって、単にこの人の口ぐせなんだよな」という、こちらの割り切りも必要でしょう。

「さよなら」とはっきり言ってしまうことができない優柔不断タイプ

心で思っていることと、口に出す言葉が違う人もいます。

もちろん、中には相手を積極的に騙す目的の詐欺師タイプもいますが、一方で、ただ相手に嫌われたくないという気持ちが強すぎて、はっきり「さよなら」と口に出せず、「また連絡するね」と濁してしまう優柔不断なタイプがいるのも事実。

こういうタイプは、自分がどうしたいかよりも、相手にどう思われるかが気になって、自分が思った通りの言葉が出せないということも多いです。

本当は、「もうこの辺で、じゃあ」と切り出したいのにそう言えず、つい「また連絡するね」という耳障りのいい言葉を使ってしまう気の弱い男性もいます。

それにしても、「また連絡するね」って便利な言葉ですよね。
特にはっきりした約束をする必要もなく、でも「さよなら」ほどきっぱりした響きがないので、優柔不断な人が好む言葉と言えるでしょう。

本当に、やりとりが終わるのが名残惜しい気持ちがある

もちろん、中には、あなたとのやりとりが終わるのが本気で名残惜しいので、「また連絡するね」と使う男性もいます。

間を空けずに、その後、彼が本当に連絡してくれば、やはり彼は本気だったのだ、と思いますし、その辺りは、彼の行動から見極めるしかありません。

「また連絡するね」と言ったとき、本気でそう思っている男性なら、それほど日をおかずに連絡してくるでしょう。

彼の忙しさにもよりますが、何か月も経ってから、思いだしたように「元気?」と連絡してきたりするなら、あまり彼の方にはあなたに対する真剣な好意は感じられません。

男性がぐっと好意を抱いている女性には、それこそ次の日に連絡をしてくることもありますし、遅くても一、二週間以内に、再び連絡をよこしてくるはずです。

別れている元彼から「またね」と言われた時に女性が感じる事

元カレに対して未練があると、「またね」という言葉にすがってしまう

女性の方が元カレに未練があると、「またね」と言われれば、その言葉に必死にすがってしまいますよね…。

まだ好きな男性にそんなことを言われたら、復縁する可能性に期待してしまいます。

ただ、男性の方はほんの軽い、ただのあいさつ程度に「またね」と言っていることも多いんです。

なので、「またね」と言われたからと言って、「まだまだチャンスがある!」とは思わない方がいいでしょう。

本気でよりを戻したがっている男性なら、「またね」とは言わず、「今日これからご飯でもどう?」とか「週末会えないかな?」など、具体的に提案してくるもの。

「またね」という抽象的で、いつ実現するかも分からない言葉は言わないものです。
そう考えれば、大事なのは、「またね」の言葉が本当に実現する約束に繋がるかという点なのです。

なので、元カレの方に本気でまた会う気がないと分かった時は、こちらもきっぱり未練を断つ覚悟が必要ではないでしょうか。

元カレを吹っ切れていれば、「別に二度と会わなくてもいい」と思える

一方、女性が元カレをとっくに吹っ切っていれば、元カレから「またね」なんて、逆に言われたくないですよね。

「散々嫌な思いをさせたくせに、どの口が言ってるんだか」と、呆れてしまう女性も多いのではないでしょうか。

すでに吹っ切れている女性にとっては、元カレって、どうしても、他の男性よりもずっと自分にとって一緒に時間を過ごす価値がない相手に見えてしまうのではないでしょうか。

もし、まだ恋愛感情があったり、元カレを素敵な人だと思っていれば、そもそも別れていないでしょうし、別れたのにはそれなりの理由があったからでしょう。

なので、そんな相手とはもう付き合う気にもなりませんし、話していても時間のムダ、と思えてしまうというか…。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

別れた当初は辛かったとしても、色々な感情を乗り越えたおかげで、元カレを客観的に見ることができるようになった分、元カレには手厳しい判断をしてしまう女性も沢山います。

一方、元カレ側は元カノに対して、「まだコイツは自分に気がある」などと思っていて、「またね」なんて言ったのかもしれませんが、吹っ切ってしまっている女性にとっては、元カレなんてもう目にも入らない存在であることが多いです。

なので、「またね」と言われても、会いたい気持ちになんてサラサラなりませんし、そんな暇があったら別の男を探すわ、という感じでしょう。

女性って、一度相手を吹っ切ってしまうと、相手のよほどの真摯な行動などがあって心でも動かされない限り、よりを戻したいとは思いません。

そのあたりは、いつまでも元カノのことを「俺の女の一人」と思ってしまう男性とは全く違いますよね。

「どうせ会う気なんてもうないでしょ」と相手のうわべトークを見切っている

元カレを見切っている女性の場合、元カレに「またね」なんて言われても、「どうせ会う気もないくせに、また適当なことばっかり言って」と、うわべトークだと見抜いていることも多いです。

「あっそ、ハイハイ」という感じで聞き流している女性も多いのではないでしょうか。

未練がない元カレに対しての女性って、辛辣ですよね。付き合っている最中に、散々相手の言動に裏切られたり、騙されたりという経験をすると、簡単に相手の言葉を信じたりもしません。

特に、別れた相手に対しては、冷めた目で見ている女性も多いです。そういう意味では、女性ってとても強いところがありますよね。

「またね」なんて言って、それが実現したこともないのでスルーしている

「またね」なんて元カレが言ってきても、一度も実現したことがないと経験上分かっている女性は、元カレがそう言っても、軽くスルーしているのではないでしょうか。

色々あって別れた相手ですから、お互いに嫌な面もよく分かっているはずです。

「別に本気でまた会いたいとも思っていないくせに、口ではこういうこと言っちゃうんだよね。こういう軽くウソつくところが嫌いなんだよな」

などと、ネガティブなことを考えてしまうこともあります。

もう元カレに未練がない元カノほど、その男性のことを冷静に見ている女性はいません。なんとなく、夫のことがイヤになって離婚した元妻に似ているかもしれません。

なので、とっくに吹っ切った元カレが「またね」という言葉には、元カノにとっては、なんの重みもないのです。

「またね」と言う元カレとの復縁が脈ありなケースの見極めポイント

「またね」と言われて一、二週間以内に、元カレから連絡がくる

し、あなたがまだ元カレに未練があり、元カレの「またね」という言葉に期待してしまっているなら、復縁が脈ありなケースはどんな場合かを見てみましょう。

まず、元カレの「またね」にウソがないかどうかは大切。

「またね」と言った後、遅くとも二週間以内に、本当にまた連絡してきて、「会えないかな?」などと、具体的に会う約束を提案してきたら、脈ありと考えてもいいでしょう。

ただ、遅くとも二週間ということなので、それは「またね」と言われてからの間隔は短ければ短いほどいいでしょう。

次に連絡してくるまでの期間が短ければ短いほど、元カレの方の気持ちが本気でよりを戻したがっているという表れと言えます。

「またね」と言われてから、LINEなどの連絡がちょくちょくある

実際に会う約束まで行かなくても、「またね」と言われてから、元カレからあなたを思いやるような内容のLINEやメールがちょくちょく届くなら、脈ありと言えるでしょう。

お互いの仕事や立場などの関係で、すぐに実際会う約束ができなくても、LINEやメールで近況を伝えてきたり、頻繁にやりとりがあるなら、元彼の「またね」は、心からのものだったと言えます。

さらに言えば、LINEの内容も、スタンプだけとか、「元気~?」などの一言で、適当なものではなく、あなたの体調を気づかったり、近況を聞いたり、逆に元カレ側の悩みを相談されるなど、深くコミットしたものの方が本気度は高いと言えるでしょう。

以前、付き合う前のような熱心さを元カレの言動に感じる場合

以前、元カレと付き合うことになったときのことを思いだしてみてください。

「またね」と言われてからの元カレの言動や態度が、まるでそのころを彷彿とさせるくらい、あなたに対して熱心さを感じるなら、脈あり度はかなり高いです。

男性の本音って、言葉よりも、行動に出るので、言葉でいくら「またね」と言ったり、甘い言葉を言ってきたりしても、そこにあなたとまた付き合いたい、という熱い行動がなければ、あまり意味はありません。

極端な話、元カレが自分の部屋で寝転びながら、鼻くそをほじっていても、電話で甘い言葉を囁いたり、LINEやメールでそういう言葉を送ることって可能ですよね。

しかし、本気で好きな相手には、絶対にそんなだらしない姿で愛を囁きませんよね。

目の前できちんと対峙し、相手への愛を伝えようと必死になったり、食事をごちそうしたり、プレゼントを渡す、ドライブに連れて行ってくれるなど、何か形や行動にしたいと思うでしょう。

一緒にいたい、離れていたくない、と、思いを行動を示すはずです。そういうところが、以前付き合うことになった頃の相手の行動に近いものを感じるなら、元カレの復縁への気持ちは相当強いと言えるでしょう。

元カレが別れる前よりもあなたに対して誠実になったと感じる

別れた後、また時間が経って復縁してうまく行くカップルって、別れに至った原因やお互いの悪い点をよく反省していて、二度とあやまちを繰り返さない努力をしているものです。

もし、「またね」と言ってきた元カレが、本気であなたと復縁したいと思っているなら、自分が二度とあなたを傷つけない、裏切らないという態度を見せるはずです。付き合っていた頃の自分とは違う、というところを見せたいと思っているでしょう。

なので、「またね」と言った後は、あなたにきちんと連絡をしてきたり、会う約束をしたり、誠実な態度を貫くはずです。それは、別れたあなたに見直してほしいからです。また信じて欲しいからなのです。

元カレが、そういう行動を示してくれるなら、元カレの復縁への気持ちは強いと言えるのではないでしょうか。

またねは「バイバイ」と同じ…復縁は脈なしなケースの見極めポイント

「またね」と言われてから偶然顔をあわせるまで何の連絡もなかったら脈なし

確かに「またね」と言ったくせに、それから何の連絡もなく、その後偶然顔をあわせた時は、そんなことを言ったことすら忘れていた、覚えていなかったなど、元カレが不誠実な態度を見せる場合は、残念ながら脈なしと考えた方がいいと思います。

一度は別れた元カノに対して、本気で復縁を望むのであれば、不誠実な態度は一番のNG行為。それを平気でするのは、元カレが別れてから何も変わっていない証拠です。

元カレの愛を取り戻したいと本気で思っているなら、並々ならぬ努力や真摯な姿勢が必要なのです。

ですから、軽々しく「またね」と言っておきながら、何も連絡もせず放置してくるような元カレなら、よりを戻さない方がいいのではないでしょうか。

こちらからLINEを送っても未読・既読スルーで何の反応もない

元カレに「またね」と言われたあと、ただ待っているのも性に合わないので、積極的に連絡を取ろうとする女性もいるでしょう。

しかし、LINEを送っても、既読スルーだったり、そもそも既読すらつかず、元カレから何の反応もない、という場合は、元カレの「またね」は「バイバイ」の意味だったと言うことでしょう。

その場合も、ただ漠然と待つより、こちらから連絡を試みることで、元カレの気持ちがはっきり分かってよかったと考えてもいいのではないでしょうか。

そんなクソ男のために、これ以上さらに時間を無駄にすることもこれでなくなりましたし、未練もきっぱり断ち切ることができたでしょう。

そう考えれば、自分から行動することにも大きな意味があったということ。
そんな自分を誇りに思いましょう。

顔をあわせるたびに「またね」と言ってくるが具体的な誘いがない

元カレと会社が同じだったりして、別れた後もしょっちゅう顔をあわせる環境にある女性もいるでしょう。

顔をあわせるたびに、元カレの方は「またね」と言ってくるのに、具体的に「二人で会おう」という誘いがない、つぎに会った時も懲りずに「またね」と言ってくる、という場合は、復縁は期待できないでしょう。

元カレにとっては、一度は付き合った元カノに対しては、「元気?」とくらいは声をかけたい気持ちはあるけど、もう二人きりで会いたいとは思っていないのではないでしょうか。

「またね」は、元カノとの人間関係を円滑にしたいだけの、あいさつと判断できます。

本気で男性が元カノとの復縁を望んでいるのだとしたら、「またね」という別れのあいさつ代わりの言葉ではなく、もっと相手との距離を縮めるための、具体的な問いかけが出てくるはずです。

たとえば、「今度の週末、○○に行こうと思ってるんだけど、一緒にどう?」とか、「見たい映画があるんだけど、興味ないかな?」とか、何らかの形で一緒に時間を過ごしたいという姿勢を見せるでしょう。

一度は付き合った間柄ですから、あなたの趣味や好みも分かっているでしょうし、誘おうと思えば、いくらでもあなたが喜びそうなことは思いつくのではないでしょうか。

そういうことが一切ないのであれば、やはり元カレには復縁の意思はない、と判断した方がいいでしょう。

元カレに他の女性との噂がある場合は要注意!!!

元カレが「またね」と言ってきたけど、周囲の噂によれば、元カレにはすでに新しい彼女がいるとか、親しくなりかけている女性がいるなど、他の女性の影がある場合は、注意が必要です。

元カノであるあなたに「またね」という言葉でエサをまきながら、本命の彼女がいたり、付き合おうとしているということは、あなたのことをセフレとしてキープしようとしている危険なサインかもしれません。

もし、別れた元カノのことを本気で心配し、幸せになって欲しいと願っている男性なら、軽々しく「またね」なんて言ってこないもの。

それよりも、相手に未練が残らないよう、あえて声を掛けないようにするなど、復縁の期待を持たせないようにするのではないでしょうか。自分に新しい彼女がいるならなおさらです。

元カノに「これかもまた連絡するかもしれない」というような匂わせをして、セフレとしてキープしておこうなんて、ゲス男のすることです。

なので、元カレに他の女性の影がある場合は、決して元カレの「またね」という言葉には惑わされないようにしてください。

大体、こういう男に限って、元カノが新しい男性を好きになり、いい感じになってくると、自分には恋人がいるくせに、元カノの新しい恋路を邪魔しようとしてきたりもします。男としての変な所有欲だけは人一倍持っているのでしょう。

なので、元カレに、「またね」なんて言われても、きちんとスルーできる強さを持ちましょう。それが一番、危険な相手から身を守る手段です。

もし本気で復縁を望んでいる男性なら、「またね」というような曖昧な言葉で、元カノの気持ちを宙ぶらりんにさせることは絶対にしません。きちんと具体的な行動で、自分の復縁の意思を明確に示すはずです。

男性の「またね」「また連絡するね」には期待しないことが幸せへの近道

「またね」とか「また連絡するね」って、便利な表現ですよね。

女性でも男性でも、こういう表現をする人ってよくいますよね。

別に本気でまた会おうとか、また連絡しようとするつもりはなくても、「またね」とか「また連絡するね」と言っておけば、柔らかくその場を終わりにすることができます。

そして、実際にまた会う約束をしなくても、相手はそこまでギャーギャー言わないだろうと予測できますから、安全な表現でもあります。

実際、「また連絡するね」と言われたのに連絡が来なかったからと言って、次に偶然相手に会った時、「『また連絡するね』って言ったのに、何で連絡くれなかったの!」とはっきり面と向かって抗議する日本人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

その辺りは、日本特有の文化とでもいうのか、いい所でもあり、悪い所でもあるのかもしれません。日本語を習っている外国人がいたらちょっと疑問に思うところかもしれませんね。

ただ、一般的な意味では、そういうものだと分かっていて、さらに自分もそんな風に使っていたとしても、この言葉を未練がある元カレや気になる男性から言われてしまうと、過剰な期待をしてしまうのも女ごころなのかもしれません。

特に、未練がある元カレから「またね」なんて言われてしまうと、「次はいつ会えるんだろう」とか「早く連絡してくれないかな」などと、ついつい復縁まで期待してしまうこともあるのではないでしょうか。

ですが、そもそも「またね」という言葉を、ただの社交辞令として使う人が多いと言うことは忘れないようにした方がいいでしょう。大切なのは、その言葉を言われたことではなく、そういった後、実際に元カレがどう行動したか、なのです。

本当に元カレがあなたと復縁したいと思っていれば、日をおかずに連絡してくるはずです。何週間も何か月もほったらかしにするなんてあり得ません。

なので、あなたが「待たされている」と感じた時点で、向こうには復縁する気はない、と考えてOK。もうきっぱり未練を断ち、次のステップに進んだ方が身のためです。

男性は、心から思っていることは、行動に移さないと気が済まないところがあります。
なので、本当にまた会いたい、連絡したいと本気で思っているのであれば、こちらが驚くくらいのスピード感で連絡を取ってきたり、会う約束をとりつけようとします。

「また連絡するね、と言われたから待ってるのになかなか向こうから連絡来ないなー」と思っている時点で、もう男性にはその気がない、と判断するくらいでもいいのです。

もちろん、男性側の仕事が忙しいなどの理由を考慮しても、目が回るような忙しさでも、本当に気になる女性にはその忙しさの合間を縫ってでも連絡を入れてくるのが恋をしたときの男性なのです。

ですから、「またね」とか「また連絡するね」という言葉には騙されず、男性の行動をみましょう。それが全くないなら、脈なしという判断をした方が、時間のムダを防げるでしょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事