既婚者同士はお互いに好意があっても何もしない場合が多数!それでも惹かれていると分かるサイン&行動を起こさない男性の心理とプラトニックな付き合い方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

世の中不倫の話題を多く耳にしますが、既婚者同士となれば行動を起こしている人はごくわずか。

どちらか一方が結婚している場合と既婚者同士の場合では、不倫というものに対しての捉え方がどう違うのか、男性の心理を追っていくことで見えてきます。

「既婚者同士は好意があっても何もしないの?」「好きになっても行動を起こさないのはどうして?」と相手と両思いだと感じているのに、何も動きが見えない男性のことをもっと深く知りたいと思っているあなた。

既婚者同士の好意と行動についてご紹介していきましょう。

家庭を持つ男性が行動を起こさない心理や何もしていないのにお互い好意を感じる場面、好きだと思っている気持ちを隠す行動など知ることで、両思いになっていると思われる相手との関係性を進めるための参考にしてください。

気持ちを明かさないまま両想いの雰囲気を楽しむ方法や「このまま進んだら不倫になってしまう」とセーブしたい時のかわし方、はたまた勘違いで自分だけ盛り上がっていたケースの情報もありますので、プラトニックな恋を満喫したり、気持ちを切り替えたりするためのハウツーとして活用しましょう。

何も行動を起こさない男性が受け入れてくれるプラトニックな付き合い方も伝授していますので、実行して相手が納得する関係で幸せをつかみましょう。

目次

どんなに好きでもキスやハグはしない…愛情表現をセーブする既婚男性の特徴

家庭を守ることが使命だと強く認識している

愛情表現をセーブする既婚男性の特徴は、家庭を守ることが自分の使命だと強く認識しているというものです。

結婚は男の責任、と強い気持ちをもって家族を守る決意をしている人は、例え好きな人が現れても行動に起こすことはありません。

気持ちと現実での行動は別物だと考えており、好きになってしまった感情は自分でコントロールできるから忘れてしまおうと必死になります。

学生の頃、部活動でキツイ鍛錬を乗り越えてきた男性に多い考え方です。

「気合でどうにかなる」「どうしようもないことは我慢するしかない」「自分がやるべきことを全うするべきだ」と男気があふれているため、恋愛感情に流されそうになっても気合で自分の行動を制御します。

もちろんキスやハグなど欲情が伴うものは断固として拒否するところです。

相手のことを好きな気持ちさえも受け入れていないことが多いので、お互い両思いだと認識していても一歩進んだ関係に踏み出すことがなく、女性はやきもきしてしまいます。

「どう見ても私のこと好きなのに」と思っても、相手の行動を変えることが出来ないので、不倫に進めず恋愛感情で苦しむのです。

地元に住んでいるから周りは知り合いだらけ

愛情表現をしない既婚男性は、現在居住しているところが昔から住んでいる地元であり、本人の行動がすべて周りに筒抜けになってしまう状況にあるという特徴があります。

地元に住み続ける人も、結婚して家を建てるタイミングで地元に戻る人もいますが、自分が生まれ育った場所に戻ることで、近所には知り合いばかりという状況が生まれるところです。

どこかに出かけてもすぐ「どこか行っていたね」「友達と遊びにでも行ったのかい?」と突っ込んだ質問をされてしまうので、下手な行動は出来ません。

相手が既婚者の女性であればなおさら、バレた時の問題の大きさを考えて行動に移すわけにはいかず、いくら好きでも気持ちだけで留めておこうとコントロールしています。

奥さんの地元に住んでいる場合も、自分の立場は「○○さんのところのご主人」と常に妻の名前を背負うことになるので、不倫をして修羅場になれば夫婦だけの問題ではなくなり多くの人が悲しむ姿が目に浮かぶのです。

不倫経験がありバレて修羅場を経験している

どんなに好きでも愛情表現してこない既婚男性は、過去に不倫経験があってバレて修羅場を経験しているという特徴があります。

不倫というのは一度体験してしまうとパートナー以外の人を好きになるハードルが下がってしまうので、またしてしまうという人も少なくないものです。

前の不倫がバレずに浮気相手との問題で別れたのであれば「意外と隠せるかも」と思ってしまいます。

以前の不倫がバレて修羅場を迎えてしまったのであれば、その経験は心に大きな傷を刻むんでいるはずです。

奥さんからくぎを刺されて監視が強くなっていたり、会社にバレてクビになり無職の時期が長く続いてしまったりと不倫が原因で自分の自由がなくなり生きることに辛さを抱えている時期を経験していれば、「もう二度と同じことはしない」と固く心に決めています。

好きになってしまった人がいても、行動さえ起こさなければ不倫には発展しないし、自分が傷つくこともないと考えて動かずに見過ごそうとしているのです。

裏切り行為は絶対にしないマイルールを持っている

どれだけ好きな人が出来ても、愛情表現を行わない既婚男性は裏切り行為は絶対にしないというマイルールを持っているという特徴があります。

人とのかかわりに強いこだわりがある男性。

結婚して守りたいものが増えた時、「絶対この家族だけは俺が守る」と決意をしているはずです。

信頼関係で結ばれている人を裏切ってはいけない、という自分なりのマイルールを突き通すことで、自分が原因で悲しむ人を作らないように努力しています。

昔図らずとも人を裏切ってしまって辛い思いをした過去がある、強豪チームで運動をしていたなど結束力が大事なところで誰か一人でもチームの輪を乱す人のせいで全員が涙を流す羽目になった、など経験からこだわりが生まれている場合があるものです。

「裏切り行為は人間の恥」というくらい強い考えを持っているので、自分が築き上げている家族の信頼関係に自らが水を差すようなことはしないと決めています。

好きな人に対して行動を起こしてしまえば、自分だけでなく彼女のことも幸せには出来ないと分かっている人です。

自分の気持ちが弱くて一線を越えるとコントロールできなくなるのを知っている

愛情表現をしない既婚男性の特徴は、自分の気持ちが弱くて一線を越えるとコントロールできなくなることを知っているという人です。

男性であっても、自分が決めたことを貫き通せる人ばかりではありません。

自分自身が”誘惑に弱い””すぐ意見を変えてしまう””世渡りが下手”などよく理解している男性は、少しのきっかけで他人のペースに流されてしまう自分のことが嫌だと思っています。

「何でも器用にこなせる人なら不倫をしても隠せるかもしれないけど自分には無理だ」と考えていれば、当然最初から始めないに越したことはないと結論付けるものです。

好きな人が出来ても行動さえ起こさなければ関係が始まることもなく、自分が失敗をすることにもならないので安全地帯で生きることが出来ます。

行動を起こしてしまえばすぐにバレてしまうと思っているので、自分は不倫には不向きな人間だと考えているはずです。

既婚者同士お互いに好意を感じていても行動を起こさない男性の心理

不倫をしてバレて妻から軽蔑されることが怖い

既婚者同士がお互いに好意を感じていても行動を起こさない男性の心理は、不倫をしてバレて妻から軽蔑されることが怖いというものです。

好きな人が出来ても奥さんのことは大事だと考えている人にとって、不倫をしてしまってもしバレてしまった時のことを考えずにはいられません。

大事な妻に軽蔑されてしまっては、もし離婚を免れたとしてもその後の生活は地獄のような日々に違いないはずです。

ましてや相手も既婚者であれば、自分と同じようなことが相手の身にも起きてしまうと想像します。

好意を感じていても行動を起こすことで二つの家庭が事実上破綻してしまうことは、妻を大事に思っている彼にとっては耐え難いことです。

不倫という一時の恋愛で、一生のパートナーから蔑まれ、軽蔑され、一緒に困難を乗り越えてもらえなくなってしまえば、結婚生活も続ける意味も見いだせないだけでなく、彼にとって生きがいも失ってしまうことになります。

好きになった人と一生を誓ったパートナーとでは、重みが違うということです。

何も起きないことが一番平和だと信じよう

好意を感じあっていても行動を起こさない既婚男性の心理は、何も起こさないことが一番平和だと信じようというきもちです。

好きになった相手が既婚者なので、不倫をしてしまったらトラブルは人生を覆すほどの一大事となってしまうもの。

揉め事が嫌いな男性は、現状維持を好みます。

結婚した後に好きな人が出来ても、ゆっくり歩みを進める人生の中では誤差の範囲です。

平穏に、平和に過ごすことが一番幸せだと感じています。

そのため、どれだけ心焦がれるような気持ちに駆られても、結婚して守るべき人が出来て、一緒に幸せを積み上げていく家族と同じ未来を目指していくことこそが幸せだと考えているのです。

好きな人が出来ても、自分さえ行動を起こさなければ、現実を変えることはありません。

行動を起こさないことが恋した気持ちを忘れるために必要なこと。

ただ時間が過ぎることをじっと待っています。

恋とは幻想、現状維持をすることが自分の人生を歩く最重要課題として、トラブルを回避して過ごしているのです。

お互い好意があることを感じ取っている時には、相手にも早く忘れて欲しいと願っています。

好意を感じているけど実は勘違いかもしれない

既婚者同士がお互い好意を感じていても行動を起こさないのは、好意を感じているけど実は自分の気持ちが勘違いかもしれないと思っているからです。

結婚してから恋愛とは音沙汰がなくなっている既婚者。

ましてや好意を持っている相手も既婚者であれば、「そんな恋愛あるはずがない」「お互い恋愛から遠のきすぎて思い上がっているだけだ」と自分の気持ちをなかったものにしようとします。

「あの人のことは素敵だと思うけど、恋愛ではなくて憧れているだけ」「良いなとは思うけど、今まで出会ったことのないタイプだから気になるだけ」と考えることで、相手の家庭も壊さずに済むと思えば、それが一番の解決策だと考えるはずです。

既婚者同士が恋愛をしてしまえば、当人たちだけの問題ではなくなってしまいます。

関係がバレてしまえば悲しむ家族も多いし、離婚問題にまで発展してしまえば後悔するに決まっていると決めつけているのです。

リスクがある恋愛を始めても女性側が裏切るかもしれない

好意を感じあっていても行動を起こさない男性は、リスクがある恋愛を始めても女性側が裏切るかもしれないという心理になっています。

奥さん以外の女性に対して拒絶反応をしてしまう既婚男性は、結婚できたこと自体が奇跡です。

頑なな心を変化させた唯一の人が奥さんなので、他の女性と自分は縁がないと考えています。

ダブル不倫というかなりリスクが高い恋愛をしてしまっても、少しでもミスを犯せば自分の身を滅ぼすことにつながるものです。

リスクがある恋愛を始めても「もしかしたら相手はただのゲームかもしれない」「俺を陥れようとしているのかもしれない」と疑いの気持ちを捨てきれません。

好きな気持ちを抱えているけれども、心の底から信用しきることが出来ないので、自分の気持ちも本気にして相手に伝える必要がないと考えているところです。

「結婚している女性がわざわざ危険を犯してまで自分のことを好きになるはずがない」と女性からの好意を感じながら信じ切れずにいます。

当然関係は進むことなく、あえて距離をとることもあるものです。

不倫をしてもどうせ会う時間なんて作れない

既婚者同士で好意を感じあっているのに行動を起こさない男性は、不倫をしてもどうせ会う時間なんて作れないという心理になっています。

結婚して家庭を持っていると、仕事と家の往復ばかりで自分の時間を持つことが難しくなるのは既婚者男性共通の悩みです。

唯一楽しみにしている趣味でさえする時間がなくて、さらには仕事で必要な資格取得で勉強が必要になる事や出張で家から離れなければいけない時間があるなど、自分の思い通りに時間を使えないことに既に不満を抱えています。

好きになった相手が同じ既婚者であれば、相手は妻としての役割が数多くあるはず。

家庭内の様子が手に取るようにわかるからこそ、既婚者同士の恋愛は成り立たないと考えています。

想いを通じ合わせたところでデートをする時間がなければ、何の意味もないと考え行動に移すことを端からチャレンジしようとしません。

既婚者は既婚者なりの生活を送ることで精一杯なので、好きな人が出来ても不倫に進む人は「時間の余裕がある人か配偶者公認の不倫が出来る人」と決め込んでいます。

既婚男性と既婚女性がお互いに何もしなくてもなんとなく好意を感じる場面

顔を合わせると必ず長めに目が合う

既婚男性と既婚女性がお互いに何もしなくても何となく好意を感じる場面は、顔を合わせると必ず長めに目が合うという時です。

好意を持つ相手というのは、頻繁に顔を合わせる機会がある人。

同じ会社の中の人や子供の学校の保護者や先生、同じ町内の人や地域の役割を持っている人など、会議や集まりなどよく顔を合わせる機会があります。

そのたびに、何となく目が合い、何となく目を離せずにいる状況と言うのは、お互い好意を持っていて相手からの気持ちも受け取っている時です。

たまたま目が合っただけであれば、特別「目が合った」「向こうもこっちを見ていたのかな?」と意識することはありません。

あなたが無意識のうちに目で追いかけている相手と目が合った時、あちらも同じ気持ちでいた時には自然と気持ちが通じ合い「見つめている」と感じます。

目を離せずにいても恥ずかしさを感じることなく、「いつまでも見ていたい」と引き込まれるように見つめあうのです。

独身であればドキドキするなど恋愛の醍醐味を感じやすい場面ですが、お互い既婚者であれば先に「これ以上進んではいけない関係」とよぎるので、ドキドキしながらも背徳感の方が大きくなります。

会話が終わったのにどちらともなく立ち去らない

既婚者の男性と女性が何もしなくても好意を感じる場面は、会話が終わったのにどちらともなく立ち去らないという時です。

仕事場の同僚、関わりがある人、など結婚してからでも好きになる人とは会話が多い場面が多くみられます。

独身の人のように、「何回でも話しかけよう」「話題をふって楽しませよう」という勢いのある気力はありませんが、話をしている時に「このまま楽しい時間が続けばいいな」と穏やかな願いは胸の内に沸き上がるものです。

ひとり身だった頃のように遊びまわっているわけでもないので、話題も限られてくる既婚者。

すぐに話は終わってしまいますが、お互い「この場を立ち去りたくない」と何となく佇んでしまいます。

お互いその場から動けないことで「同じことを考えてくれている?」と好意を感じ取るわけです。

個人的なことに深く突っ込んで質問をされる

既婚者のコミュニティーは、深すぎる付き合いをしないことが暗黙の了解です。

それぞれの家庭で考え方が異なり、ルールが違い、子育ても教育方針も社会とのかかわり方も全く違います。

同じ学校、同じ職場、など共通の事柄があるからコミュニケーションをとりますが、大人になるにつれて自分の世界観を大事にし、他人のことには深く首を突っ込まないように注意し始めるのです。

自分が属する家族という社会があるにも関わらず恋愛をすれば、話は別。

相手に対してとても興味深く観察し、どんなことでも知りたいという感情が沸き上がります。

大勢で話をしていても「今のはなんでそう思ったの?」「それだけ批判するっていうことは何か嫌なことでもあったの?」と個人の人生に興味を持っていることを隠し切れません。

深く突っ込んで質問をしてくる相手に同じ情熱で「応えたい」「同じ質問を投げかけたい」と話が意気投合している場合、お互いに関心を持っていることを知ります。

面倒ごとを引き受けてくれる

既婚者同士が好意を持っていると分かる場面は、面倒ごとを引き受けてくれる時です。

大人になると誰しもずる賢く、何にでも効率化を求めてしまいます。

「ちょっと頑張ればできる」「少し調べ事が必要だけど誰でもできる」というひと手間必要なことが、誠に面倒になってしまうのです。

仕事でも「誰か同じような仕事をしている人がいないかな」と探すことは、効率化を目指すうえで必要な視点ではありますが、日々の仕事で面倒なことをすべて避け着ることは不可能といえます。

苦手な人との交渉、大量の荷物の移動、他部門との打ち合わせをしてからの実行など少し面倒だと感じることを、「一緒にやろうか」「大変そうだから手伝うよ」「やっておいてあげる」と引き受けてくれる人、その言葉に甘える人の態度からお互いの好意が分かるものです。

興味のない相手やどうでもいい人に対して面倒なことを申し出ることはよほどの仕事熱心な人かお世話好き。

好意を持っている相手でなければ声を掛けません。

言葉を受け取る側も、面倒なことだと分かっているだけに誰にでも引き渡すわけにもいかないので、相手からの好意を感じ自分も好意を持っている相手であれば「ありがとう、お願いしたい」と快くお手伝いをお願いすることが出来ます。

少しぶつかっただけでも意識して「当たった」と言葉にする

既婚者同士が好意を持っていると感じる場面は、少しぶつかっただけでも意識して「今腕が当たったね」「指が触れたけど大丈夫?」とわざわざ言葉にして確認する時です。

物を渡したり、説明をしたり人と関わっている中でふいに体が触れてしまうという場面はよく見かける光景。

通常であれば「ごめんなさい」「痛くなかった?」と確認して終わる会話です。

好意を持っている相手であれば、当たった部分が気になって仕方ありません。

男女として意識しているので「今当たったよね」「腕が当たったけど、これってセクハラになる?」「わざとじゃないよ」と何度も触れた事を話してきます。

「嫌なわけないよ」「別に触ってもいいよ」と返答を返したとき、お互いに好意があると感じ取るはずです。

「もっと触れていいってどういうこと?」「わざと触ってもいいかな」と意識的に触れようと言葉を続けます。

一見脈なしのように見えて実は違う!既婚男性が好意を隠す時に見せる行動やサイン

幼馴染でもないのに「妹みたいなものだから」

一見脈なしに見える行為の隠し方は、幼馴染でもないのに「妹みたいなものだから」と言いながら世話を焼くことです。

男性が心配したり世話をやいたりするのは、相手に対して好意を持っているから。

自分が既婚者という立場ということもあり、堂々と一人の女性に構っているわけはにはいきません。

立場は分かっているのに放っておくことも出来ず、「妹みたいなものだから世話ぐらい焼かせてくれよ」「心配しているんだよ」と言い訳をして近くにいようとするのです。

言われた方の女性は「私は妹か」と異性とみられていないことにガッカリしてしまいますが、不器用な男性の言い訳なので気にしなくてもいい言葉と言えます。

幼馴染でもない人が「妹みたい」と言ってくるのは、あなたに対して深い信頼と愛情を持っているサインです。

相手の立場も考えると素直に「心配だ」と言葉にするわけにはいかず、どうにかして近づくための理由付けと言えます。

頻繁に誘われる「みんなで飲みに行こうよ」

既婚者の男性から一見脈なしに見える行動は、頻繁に「みんなで飲みに行こうよ」と誘われることです。

「みんなで」と二人だけでないことを堂々と宣言されているので、好意を持っている女性側からすれば「二人きりじゃないのか」「大勢の中の一人でしかないってことか」とがっかりして脈なしだと思ってしまいます。

既婚者は不倫へ一歩踏み出すことが怖いと感じているので、「少しでも長く一緒にいたい」「隣に座ってお酒を片手に色々話したい」と考えているため、どうにか一緒に過ごせないか考えた末の誘い文句です。

歓送迎会などとは別で頻繁に誘われる場合は、あなたに好意を持っていることを隠しながら近くにいようとしている行動といえます。

隠しているので、当然あなたとべったり会話するわけでもなく、みんなと平等に話をしながらさりげなく近づいてきたり、そっと二人きりになれるチャンスを伺っているはずです。

頻繁に飲みに行くうちに、固定のメンバーとなり気が緩めば進展するチャンスも出てきます。

ただの一般論と思いがち「やっぱり女性はいつもきれいにしていて素敵だね」

一見脈がないと思われる既婚者の男性が好意を隠しているサインは、「やっぱり女性はいつもきれいにしていて素敵ですね」と褒めてくることです。

「女性は」と言われていることで、ただの一般論と受け取ってしまいがちで「なんだ、私じゃないのか」「私はどう思っているんだろう」とおもってしまいます。

この場合の「女性」は、あなたのことを指していると考えましょう。

奥さんがいる立場の人が既婚者に「綺麗ですね」ということは、とても気恥ずかしいことです。

奥さんと比べているように受け取られても失礼だし、容姿に触れるだけでもタブーの様に感じます。

思わず褒める言葉が出てしまうけど、彼女個人のことをいつも見ているとバレてはリスクとなると考え、一般論を装ったのです。

男性は外見がきれいな人は好きですが、好きな人が身を整えている姿が何よりも美しいと感じます。

相手に気づかれないよう、とっさに女性全体のことを言ってしまったにすぎません。

仕事を理由でのライン交換

既婚者の男性が好意を隠している行動は、仕事を理由にしてライン交換することです。

男の人は仕事を理由にすれば、何でも通ると考えています。

浮気を隠すアリバイを「仕事」と言うのと同じで、ビジネスを理由にすることで好きな人との連絡も自由にできると考えるのです。

「今関わっている仕事、少し難しいことが多いから細かいことはラインで伝えるよ」「分からないことがあったらすぐに連絡してよ」と個人LINEを交換する事で、あなたと少し近づけたことを喜んでいます。

「順調に進んでいるかな?」「困ったことはない?」と仕事を理由にすれば、業務時間外に連絡を取り合うことも出来るので、お互い既婚者であっても連絡できる最高の理由となるわけです。

女性側の夫に浮気を疑われないよう、ラインの内容も仕事であることを徹底していますが、言葉が優しくなったり励ましてくれたりと距離感が近くなることを感じます。

仕事で関わって入ればプライベートラインを使っていても業務の一環だと言い訳できるため、男性は好意を隠しきれていると思っているはずです。

「女性の意見を知りたくて」と恋愛観や好みを聞く

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

一見脈なしだと感じられる好意を隠している行動は、「女性の意見を知りたくて」とあなたから恋愛観や好みを聞くというものです。

「奥さんへの誕生日が近くて女性が喜ぶものが分からない」「バレンタインの義理チョコのお返しをしないといけないんだけど女性が欲しいって思うもの教えてくれない」と一般論としての女性の好みを聞くことで、質問を投げかけている相手が喜ぶものを聞き出そうとしています。

「結婚している女性って恋愛はしたいって思うものなの?」「結婚しても昔の彼氏のこと思い出したりすることある?」「旦那さんに隠し事ってするもの?」と女性という実態について知りたいといいつつ、あなたの考え方や価値観を知りたくて様々な質問を投げかけているところです。

時には奥さんへの贈り物だと理由を付ける場合もあるので、言われた側は「奥さんへのプレゼントの相談、好きな人にはする訳ないよね」と脈なしだと判断してしまいます。

男性は好きな人の情報を収集するためなら、妻の立場さえも利用するので全く諦めているつもりでもありません。

行動を起こさないタイプの男性でも受け入れやすいプラトニックな付き合い方

ラインの中だけで恋人になる

行動を起こさないタイプの男性でも受け入れやすいプラトニックな付き合い方は、ラインの中だけで恋人になることです。

行動を起こさない男性は、現実的に付き合いをすることがかなり高いリスクだと考えています。

そのため彼に安心感を与えるためには、実際に会わない付き合い方を提案することです。

「ラインの中だけでいいよ」「この中でだけは素直になろうよ」と伝えることで、「現実で二人きりにならないなら、恋愛してみたい」と心が動きます。

既婚者同士が恋愛をするということは、実際のところ会う時間を作ることが難しかったり、会える時間はあっても会う場所がなかったりと交際を続けていく中の、最低限のことが困難だと感じることが多くあるものです。

ラインの中だけであれば、移動しなくてもいいし場所を気にせずいられるので、気軽に恋をすることが出来ます。

両思いであることを楽しむには、言葉さえ伝えあえれば十分です。

食事デートだけの関係

なかなか行動を起こさないタイプの男性とプラトニックの関係になるためには、食事をするデートだけの関係となることです。

ご飯に行くだけなら友達とも行くこともあるもの。

男性にとって”体の関係”でない限り、不倫ではないと考えることが多いので「食事だけならいいか」と好きな人との時間を楽しむ余裕が生まれます。

一緒に食事を囲む時間が至福の時間なり、デートの時間も遅くなりすぎないので家庭を壊す不安も少なくなるものです。

お互い好意を持っていることを認識しているだけでも幸せ、一緒に食事が出来るだけでも幸せ、と考えることでプラトニックな関係を受け入れてくれます。

体の関係がないことで、男性自身も日常で不審な行動をすることがなくバレるリスクも少なくなる方法です。

生きていく上で重要な食事。

お腹が満たされると同時に、心も満たされ、好きな人と向かい合うことで充実した人生を歩んでいることを実感できます。

既婚者の彼女は、普段家族のために料理を作っていることを考えれば、食事デートをすることで一回分食事を作る手間を省くことが出来るとも考えてくれるはずです。

時々お酒を飲みに行って他愛もない話をする

行動を起こそうとしない妻帯者の男性が受け入れやすいプラトニックな関係は、時々お酒を飲みに行って他愛もない話をすることです。

ただ飲みに行って話をするだけ、の関係は「飲み友達」でもあり「ストレス発散をする時間」でもあります。

どうにでも関係性を説明することが出来る飲みデートは、好きな人と過ごすととても心が幸せで満たされる時間となるものです。

たまに飲みに行く、何でもない話をすることがどれほど幸せなことなのか、相思相愛の人と過ごすからこそ知ることが出来ます。

月に1度でも定期的に飲みに行くことで、自分の生活サイクルを崩すこともなく、ハマりすぎることもなく、ちょうどいい距離感で関係を続けることが可能です。

男の人にとってお酒を飲む場というのはとても重要な意味を持ちます。

仕事のストレスを吐き出したり、家庭のプレッシャーを手放したりする場が必要なのです。

女性にとってもお酒を飲みに行く場は、非日常空間と言えます。

仕事に家事、毎日大忙しで時間に追われている日々の中で、好きな人と一緒にお酒を飲めることはとても穏やかな時間だと感じるはずです。

一緒に趣味の時間を持つ

行動に移すことが出来ないタイプの既婚男性とプラトニックな関係になるには、一緒に趣味の時間を持つことです。

最近では趣味の幅も男女の境がなくなってきました。

男性の趣味だと言われていた釣りやゴルフも女性が多く始めているし、女性が興味を持つことが多い料理やハーブなども男性が好きになっている人も多くいます。

男女の境がなくなってきたことで、好きな人と一緒の趣味を始めるということもハードルが低くなったのです。

マリンスポーツやダイビング、ロッククライミング、キャンプ、ハイキングなどアクティブな趣味も男女ともに出来ます。

一緒にスポーツや習い事、遊びなどをすることで、体の関係がなくても一緒に過ごすことが出来、共感する体験をたくさん重ねることが二人の充実した時間となるわけです。

健康的に愛を育みながら、好きな人と好きなことが出来る時間で、人生を楽しみましょう。

両思いだけど相手からの気持ちを求めず会いたいときに会う

なかなか行動を起こさないタイプの男性とプラトニックな関係を始めるには、両思いだけど相手からの気持ちを求めすぎずに、ルールを決めず会いたいときだけ会うという付き合い方をすることです。

行動を起こせない男性が心配している「デートをする時間がない」「会う日を決めても約束を守れないかもしれない」という心配事を”約束を決めない”ということで解消していきます。

既婚者同士であれば、予定を合わせることはとても困難です。

だからこそあえて予定を合わせず「今日会いたい」「明日会いたい」と気持ちに従って会うようにしていきます。

突然の連絡であれば、長時間のデート時間を確保することは難しいです。

その分「一瞬でも会えたことが嬉しい」と思いあえていることに価値を見出せます。

不倫や付き合うという言葉を使わないことで、抵抗を持っている男性とも思いを通じ合わせ続けることが出来るはずです。

会いたい気持ちが確認できるだけで、毎回喜びを感じる関係は、プラトニックながらも「必要とされている」という自己肯定感を高める関係となり、幸せを感じます。

好意のある既婚者に気持ちを伝えないまま惹かれあう空気感を楽しむ過ごし方

目を見つめながら会話を続ける

気持ちを伝えないまま両想いの感じを楽しむには、目を見つめながら会話を続ける事です。

目を見て話すと言うのは、コミュニケーションの基本として重要視されていることではありますが、多くの人は自信のなさや注意散漫などで視線があちこちに飛んでしまう事も少なくありません。

実際に目を合わせながら会話を進めている人は、あまり多くはないと言えます。

だからこそ、ジッと目を見つめるだけで、相手の心にグッと入り込んでいくような感覚を味わう事が出来るはずです。

目は口程に物を言うということわざがあるように、目の奥には本音が隠れています。

他愛もない話をしているようで、視線をまっすぐ合わせていると、「大好き」「触れ合いたい」と心の声が聞こえてくるような気さえしてくるものです。

会話をしている時には、目を見て、そのまま3秒以上逸らさない事。

慣れていない人にとっては3秒がとても長く感じて、恥ずかしさから逸らしてしまう人もいます。

気持ちを伝えあうには、なるべく長く視線を合わせてみましょう。

二人きりになると無言になって状況や相手を意識する

二人きりの空間になると、わざと無言になって、その時の状況や相手の存在にしっかりと意識を向けると、告白をしていなくても両想いのドキドキを楽しめます。

恋愛の醍醐味と言えるドキドキ感。

お互いに既婚者であれば、背徳感も混ざる事で、より刺激の強い感情が沸き上がります。

「好きな気持ちは言葉に出してはいけない」と思うほど、二人きりでいられる状況で「何かが起きそう」と予想してしまい、ドキドキが加速するはずです。

わざと無言の時間を作る事で、頭の中で様々な妄想を膨らませられるように待ってみます。

「きっかけさえあれば、関係が進んでしまうかも知れない」とドキドキする気持ちが、女性ホルモンを刺激して、可愛さもアップしていくものです。

用事があるついでに立ち話の時間を満喫する

想いを告白していない状態で、恋愛の雰囲気を楽しむには、用事があるついでに立ち話をして、そこの数分をしっかり満喫する事です。

同じ職場であれば、書類や道具を渡したり、確認をお願いしたりなど業務上の関わりがメインになります。

保護者同士や先生と親というプライベートな関係性であれば、少しの隙間時間に雑談をするタイミングがあるものです。

長話をしていては、本来の立場で行うべき流れを妨げることになるし、周りの人にも噂を立てられてしまう可能性があるので、5分以上は危険だと思っておきましょう。

たった5分でも、積み重なれば「いつもあの二人楽しそうに話をしているね」と周りの人の目に留まりやすくなってしまうからです。

3分程度の立ち話が、二人のデート時間だと設定して、楽しい事や嬉しい事を中心に会話しましょう。

仕事でもプライベートでも小さな差し入れで心の交流

プレゼントの選び方2

想いを確認しあっていない状態で、いい雰囲気を楽しむには、仕事でもプライベートでも、様々な場面でちょっとした小さな差し入れをする事で、心の交流をする事です。

アメ一つ、焼き菓子一個にしても、差し入れがあれば、その場にモノと感謝のギブアンドギブが生まれます。

まさしく愛のカタチであり、幸せを感じられるやり取りです。

高級なお菓子を購入したり、珍しいアイテムを手に入れたりする必要はありません。

どこにでも売っている缶コーヒーや栄養ドリンクでも大丈夫。

あの人に、何かしてあげたいという気持ちだけ伝われば十分です。

話しかけられるきっかけがあるだけで、幸せに感じられるので、一言二言ついでに話せれば、その日は心が満たされた状態で一日を終える事が出来ます。

気負っていないものだからこそ、カレにとっても、特別な事をされている感覚がなく、プレッシャーに感じる事もなく、受け取りやすいのです。

通りすがりにちょっかいを出す

通りすがりに、ちょんと触れたり、いたずらしたりと、ちょっかいを出すのも、お互い気持ちがあると感じながらも、伝えあっていない状態で楽しめる方法です。

その姿は、まるで中学生のよう。

字を書いている邪魔をしてみたり、ひざかっくんをしかけてみたりと、やっている事も、いい大人とは思えないものでも大丈夫です。

既婚者が恋をするという時点で、良い子のままではいられない訳ですから、思い切り幼くなってふざけ合う楽しさを体験したほうが、関係を進展させずに済むこともあります。

好きなのを分かっているくせに「妹みたい」「近所の悪ガキと同じ」などお互いに冗談で悪態を吐くのが、コミュニケーションの一つです。

本気で悪口を言ったり邪魔をしたりするつもりがないのを分かっているからこそ、触れ合いの時間となって、心がウキウキします。

お互い好き同士の既婚男性といい雰囲気になってしまいそうな時のかわし方

空気を切り替える一言を発する「さて」

いい雰囲気になってしまいそうなときには、「さて」など、空気を切り替える一言を発する事です。

恋愛モードになった時には、つい無言になりがち。

頭の中は「この後の展開は、どうなるの?」と様々なシチュエーションが繰り広げられています。

無言の状態が続くほど、妄想を現実に移したくなる願望が強くなり、後戻りできなくなってしまうので、早い段階で打ち切る必要があるのです。

「はい、終わり」と突然宣言しても大丈夫。

どうせ、相手も同じことを考えていたはずです。

「さて、お互いの家庭に戻ろうか」「ちょっと無言になっちゃったね」と言ってしまえば、相手もつい夢中になってしまっていたことにハッとします。

家庭がある事、好きな人がいても動かない方がいいと決めている事を思い出せば、気持ちを切り替える事が出来るのです。

わざとあっけらかんと「いい雰囲気になっちゃう」と言って気付かせる

いい雰囲気になるのをかわすには、わざとあっけらかんとした口調で「やだ、いい雰囲気になっちゃうね」と面白く言って、状況を確認してもらう事です。

男女の関係に進むときには、それなりのムードが作られていきます。

無言の時間が続いたり、見つめ合ったまま顔が近づいたり、触れ合おうとする気持ちが沸き上がる時に、モードに集中しているはずです。

大きな声や明るい声色、楽しそうな雰囲気や心躍る感覚の時に、しっとりと大人のムードににはなりません。

「キスしそうだな」「手を繋ぐかな」と感じる時には、それらのポップな雰囲気をパンと入れ込んでしまう事で、解消できます。

まるで夢から覚める時のように、気持ちがサクッと切り替えられるところです。

頭の中に楽しい音楽を流すように、あなた自身の気持ちを切り替えれば、その場の空気は変わります。

家族の誰かを褒める

いい雰囲気を切り替えようと思う時には、家族の誰かを褒めるという会話を入れましょう。

お互いに家庭を持つ身であれば、家族がどれほど自分にとって大事な存在か理解し合えるはずです。

恋愛モードになっている時には、つい自分中心の考えになってしまい、待ってくれている人の気持ちを忘れてしまいます。

お互いが夢中になってしまいそうなときほど、忘れてはいけない人たちの顔を思い浮かべるように心がけるのです。

愚痴や不満を言えば、好きな人が励まし、二人の絆が深まります。

大事な居場所を守るためには、あなたの中で大切な家族の存在を褒める事です。

子供や夫、両親など、身近な人ほどしっかりと良い所を見つけて、変えるべき場所がある事を認識しましょう。

本当に好きな人であれば、「この人の幸せを壊してはいけない」と思えるものです。

例え二人きりでも周囲を見渡す

例え二人きりだとしても、いい雰囲気になったら周囲を見渡して、自分達の世界に入り込んでいた事に気付いてもらうよう行動で示します。

想いが通じ合っている時には、どんな場所でも、どれだけ短い時間でも瞬時に自分達の世界に入り込むことが出来るものです。

視界には、大好きな人だけが映っている状態。

けれど、実際には職場や公の場、知らない人が行き交う街中など、他の人も存在する世界であることは間違いありません。

同じ地球上に存在するのですから、当然のこと。

気が付いた瞬間に、ピタっと動きを止めます。

同じように相手の動きも止まったら、ぐるっと辺りを見回して「他にもたくさん人がいるよ」「誰か知っている人がいるかも知れないよ」「何が起こるか分からないよ」とリスクがある事に気が付いてもらいましょう。

カレの思考もピタッととまって、あなたの一言から見える世界が広がるはずです。

「今度ゆっくりお茶でもしようか」と立ち去る

「今度ゆっくり昼間にお茶でもしようよ」と別の日を提案して立ち去るというのも、ムードを交わす作戦です。

いい感じになるのは、二人きりになっているか、夜であたりが暗いせいで他の人が見えないか、閉ざされた空間か、というあたり。

ハードルの高い恋愛と言うのは、一進一退が普通です。

特に、進んではいけないと分かっている禁断の関係であれば、思い切って足を踏み入れようと決断するのも、かなりの勇気が必要なはず。

簡単に決められない事は、後延ばしにしてもいいのです。

日を改めて、明るいうちにお茶をする設定にすれば、改めて人目を意識したり、気持ちが整理できたりとメリットがたくさんあります。

今の条件だから入り込みすぎたのであって、少しライトな環境に変更する事で、楽しいまま関係を続けられるわけです。

相手は好きでも行動しないタイプだと思っていたらただの勘違いだったケース

自分にだけ優しいと感じていたけど好きだからそう見えていただけだった

「いつも私にだけ優しい」と感じていたから、行動しないタイプだと思い込んでいたら、自分の気持ちのせいで誇張して見えているだけだったというケースがあります。

恋は盲目と言いますが、好きになるとその人の行動全てが自分に向けられていると感じるものです。

アイドルのコンサートで、惜しメンバーと目が合ったと感じるファンの心理と同じと言えます。

基本的に親切な性格をしている男性は、関わる女性から好意を持たれがちです。

「いつも助けてくれる」「困っていると駆け付けてくれる」と特別扱いされているように感じます。

男性から見れば、誰に対しても同じように対応していても、受け取る側は単独なので、「私にだけ親切」と思ってしまうわけです。

好きになればなるほど、一人だけ大切にされていると思いますが、ふとしたきっかけで他の人にも同じように接している場面に出くわすと、一気に現実に引き戻されます。

男社会経験が長くて女性と仲良くなる免疫がない人だった

勘違いだったケースでは、男社会にいる経験が長く、カレ自身が女性と仲良くなる免疫がない人だったというのがあります。

育ってきた環境は、人によって様々違いますが、異性とあまり関わらない状態で大人になる人もある程度いるもの。

男性であれば、男兄弟に囲まれていたり、男子校に通っていたり、スポーツも柔道や剣道など女性がほとんどいない環境でずっといたという経歴を持っている人は、女の人を前にすると緊張して普段の自分とは違ってしまいます。

上手くしゃべれなくなったり、どう接していいのか分からなくて視線が泳いだり、恋愛を意識している女性から見ると、好きだから緊張しているのかと勘違いしてしまうのです。

異性への免疫が少なければ、好きになる確率も高いですが、全ての人が気持ちを奪われるというわけでもありません。

「緊張はするけど、理想の女性は思い描いている」と好みを明確に持っている人は、簡単に好きにならないと言えます。

妻への愛情が深すぎて女性の意見をたくさん聞いておきたいタイプだった

結婚している男性から好かれていると思っていても、逆に妻への愛情が深すぎるがゆえに、愛するパートナーの事をもっと知りたくて女性と仲良くなるというケースもあります。

夫婦関係の事は、外部の人間には分からないもの。

妻帯者の男性から、家での話が一切出ない場合、夫婦関係があまり良くなくて、会話があまりないか、逆にものすごく仲が良くて、二人の空気感が出来上がっているという事もあります。

夫婦にとっては仲が良いのが当たり前なので、わざわざ他人にいう必要もないといった感じです。

妻が大好きな男性は、「女の人はみんな大切にしなければいけない」という意識が根付いています。

他の女性はどんな物が好きなのか、どんな願いを持っているのかを調査して、パートナーに還元しようとしているのです。

昔ホストをしていて女の扱いに慣れていたけど簡単に好きにはならない人だと発覚

過去、若い頃などにホストをしていて、どんなことをすれば女性が喜ぶのか、自然に身に付いている人でも、簡単に心は開かないというタイプの人もいます。

仕事として異性を喜ばせる事をしていた人なら、無意識のうちにアテンドをしたり、喜ぶ言葉を掛けたり出来るようになっているものです。

女の人が喜ぶ姿が心地いいと感じるので、積極的に関わろうとすることも少なくありません。

受けている側は、気持ちが通じ合っている、いつも自分のことを気にかけてくれると感じますが、彼の中では当たり前の事です。

仕事として取り組んでいた分、恋愛に対しては慎重になっていて、簡単には人を好きにならないというのも珍しくない事。

パートナーとの結婚は、本当に惚れこんだのかもしれないし、きっかけがあった勢いでしたのかも知れませんが、すぐに浮気をするほど軽い人ではないと言えます。

二人で行動する機会が多かっただけで相手は割り切っていた

想いが通じ合っていると思っていたけど勘違いだったケースでは、仕事や用事など、二人で行動する機会が多かっただけで、実は相手は最初から割り切って動いていたという事があります。

プレゼンや契約、セミナーや勉強会、子供の部活の遠征、PTA行事の準備など、結婚している者同士でも、異性と動かなければいけないシーンは数多くあるものです。

今まで同じような状況になる事があまり機会が無かった人にとっては、「恋愛が始まるかもしれない」と思ったことがきっかけで、意識するようになります。

ドキドキしながら、同じ空間に二人きりでいる状況を楽しんでいるものです。

同じ気持ちでいるとは限らず、相手は最初から「ビジネスの為」「保護者として当然の事をしている」と割り切っている事も少なくないと言えます。

家庭を持っている人同士は不倫の実行が難しい

実際既婚者同士は好意を持っていても、行動に移すことが難しいと感じている人がほとんどです。

よほど思いが強くても、現実的でなかったり、リスクが高すぎることで行動に移すことが出来なかったりともどかしい思いを感じている人も多くいます。

行動できない人はそれなりの考え方を持っているものです。

相手の考え方に寄り添い、無理のない関係を築けるように工夫すれば二人が愛し合うことも可能となります。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事