離婚する気はないけど好き、離婚はできないけど愛してると言う既婚男性の本音を見抜く方法と後悔しない向き合い方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫恋愛をしていると相手の言葉をどこまで信用すればいいのかふと疑問に思ってしまい、頭に疑問が浮かんだ瞬間から不安に胸を占領されてしまうことも少なくありません。

「君のこと本気で好きだよ、でも離婚は出来ないんだ」「離婚しなくても愛しているのは君だけだから安心して」と言ってしまう男の本音が知りたいと思っているあなた。

「離婚する気はないけど好き」や「離婚はできないけど愛してる」と言う既婚男性の本音を見抜く方法をズバリご紹介していきましょう。

一緒に過ごしていると愛されている気はするけど、いつまでも離婚してくれないところを見ると「本当はそんなに愛されていないのかな」と不安になったときは、この本音を見抜く方法をチェックしてみて、相手の考え方を調べてみてくださいね。

離婚する気はないけど好きと言ってくる不倫相手と、後悔しないように向き合うためにきっぱり別れを決心する方法や、納得して愛人として付き合い続ける考え方もお伝えするので、ぜひ取り入れて下さい。

相手の気持ちを少しでも知ることが出来れば、あなたの将来のことを考えることが出来るようになります。

今の関係のまま、不安を抱える関係ではなく、どんな付き合い方をしていくのかここでハッキリ決めてしまいましょう。

目次

不倫相手を本気で好きだけれど離婚する気はない既婚男性の心境

離婚の話をパートナーに切り出すのが面倒

不倫相手を本気で好きでも離婚する気はさらさらない既婚者男性の心境は、離婚の話をパートナーに切り出すこと自体が面倒だというものがあります。

結婚する時には、ウキウキの気分で婚姻届け一枚を一緒に役所へ提出するだけで済みましたが、離婚となるとそんな簡単なことでは済まないものです。

実際に正式に離婚が成立するのは、離婚届け一枚という形式的なものですが、いざ離婚するとなると、今まで結婚生活で培ってきた歴史や時間を全て整理していかなければいけません。

夫婦関係が元々不仲なのであれば、離婚の話を切り出したら妻も未来に向かって積極的に話をしてくれる可能性があります。

しかし、妻には離婚する理由がない場合、一方的に別れを切り出したところで、簡単にうなずいて終わりという話ではないはずです。

とてもじゃないけど、浮気が原因だなんて言えるわけもないので、離婚することに納得してもらうための理由を考えたり、食い下がられた時の押しの説得を考えたりしなければいけないことは、かなりのストレスとなります。

夫婦関係は終わっていても子供は手放したくない

不倫相手を本気で好きだと思っていても離婚話まで一歩を踏み出さない男は、夫婦関係が終わっていても子供は手放したくないという心境になっています。

家庭を持つ男の人にとって、家族は奥さんだけではありません。

自分の血を分けた子供は大事な宝だし、自分もパートナーも親を含めて家族の一員です。

夫婦としての関係は冷めきっていても、子供と離れることは苦痛に感じます。

結婚する時に頭を下げた相手の親にも申し訳が立たないという意識が働くので、離婚を申し出たことに腹を立てた義両親から思わぬ方向に話を進められる不安も抱えてしまうものです。

「子供と会えなくなったらどうしよう」「子供から見限られたら落ち込むどころの騒ぎじゃない」とマイナス思考の方が優位になって、行動に移すことはやめておこうと結論付けます。

自分とそっくりな子供の顔や性格を見てきた父親として、我が子と離れなければいけない可能性があるなら、その先に進みたくないと思うのも当然のことです。

恋愛と結婚は違うと経験してみてわかった

本気で好きな気持ちを持っていても離婚する気はない既婚者の男性は、「恋愛と結婚が全く違うものだと経験してみてわかった」という心境になっています。

既婚者は当然ですが、結婚生活を経験している人です。

誰もが独身の頃、交際している相手に「この人と結婚したら毎日ラブラブでいられる」「ずっと一緒に過ごせる」と希望を抱いているはず。

しかしいざ結婚して生活が始まると、恋人同士の過ごし方とは違う毎日が始まります。

恋人から夫婦になったことで、生きていくための生活をお互いに支えあわなければいけなくなり、思い描いてた風景とは違うと感じる人も少なくありません。

実際には、働きに行って帰ってきたら「少しはゆっくりしたい」と思うようになり、毎日一緒にいることで話す内容も尽きてきて、一緒にいる空間はラブラブというよりも居心地の良さを優先するようになっていきます。

浮気相手は結婚に対してまだ憧れを持っている状態で「彼さえ離婚してくれたら、ずっとイチャイチャできる」と思って催促しているため、心の中では「本当の結婚生活ってそういうのじゃないんだよな」と現実の生活を頭に浮かべているのです。

「今の恋人同士のままの方が好きだと思い続けることが出来る」と感じているため、離婚してまで一緒にいることまで行動が出来ないと思っています。

親の信頼を裏切りたくない

「親の信頼を裏切りたくない」、これが本気で浮気相手のことを好きでも離婚しない男の心境です。

親から過剰な期待をかけられている男の人にとって、結婚も一つの親からの期待と言えます。

親が決めた人と結婚して、親の言う通りの人生を歩むことこそが”親孝行”だと考えているのです。

自分の人生を自分で選ぶことが出来る人は、幸せ。

幼いころから厳しい教育で、親の愛情を受けるためには期待に応えるしかない、と思い込んで育ってきた人にとって、期待された結婚生活を送る事を自分の意思で中断することは親への裏切りそのものです。

離婚をしてまで自分が好きになった人と一緒になりたいとは、口が裂けても言うことが出来ません。

大人になっても未だに感じられない親からの愛情を求め続けている男の人には、トラウマを克服するしかこの問題を突破することは難しいことです。

状況が変われば二人の関係も変わってしまいそうで怖い

不倫相手のことは本気で好きだと思っているのに、法的に離れる気がない男の人は、状況が変われば二人の関係も変わってしまいそうで怖いという心境になっています。

そもそも変化を好まない男の人は、結婚したことで自分の生活で妻と歩幅を合わせる事にも時間がかかったはずです。

やっと夫婦のペースが掴めて、毎日を過ごすことが出来るようになった時点で、いくら浮気相手のことを本当に好きになっても、浮気相手との新しい状況を受け入れることに対して抵抗を持っています。

「この人とは今の関係だからこんなにも好きだと思っているのかもしれない」「もし離婚したら、状況が変わって今思いついていないトラブルが次々起きてしまうかも」と不確かな未来に不安しか覚えていないわけです。

不倫恋愛で本気になっている状況と、離婚して夫婦になるため動き出す状況では、全く自分の状況が違います。

トラブルを避けたい人には、離婚という選択は簡単には出来ないのです。

既婚男性がどれだけ浮気相手を愛していても離婚はできない切実な理由

嫁さんの父親の会社の重役になっている

既婚男性が離婚できない切実な理由としては、嫁さんの父親の会社の重役になっているというものがあります。

結婚する相手というのは自由恋愛で決める人ばかりではありません。

お見合いや職場の社長から実力を見染められて、令嬢の結婚相手にと迎えられることも。

仕事で実績を上げる事に必死で取り組んできた男の人には、社長からの縁談は願ってもない逆玉の輿です。

自分の仕事が認められたことを意味し、全身全霊でやってきた報いとなります。

仕事人生のためにも、社長の厚意に応えるためにも、好きになっていなくても社長令嬢との結婚を決めることも珍しくない話です。

すなわち奥さんとトラブルになることは、仕事を失うことにもつながり、重役という立場も失ってしまうことに直結してしまいます。

不倫相手のことを本気で好きだと思っていても、人生をかけてきた仕事を失うことは考えられないことです。

離婚は、現実には絶対に叶うことのないことだと言えます。

介護が必要な親が妻のことを気に入っている

浮気相手をあいていても離婚が出来ない切実な理由には、介護が必要な親が妻のことを気に入っているという環境があります。

人間は生きていれば、必ず年老いていく生き物です。

順調に年齢を重ねれば、親が先に年を取り老人となっていきます。

そうなれば、生活していくことも自力では難しくなり介護が必要になり、息子の嫁が面倒を見ていることもよくあることです。

嫁姑問題とはよく巷で悪く言われますが、自分の介護をしてくれる嫁のことを信頼して気に入っている姑もいます。

「いつも悪いね」「血もつながっていないのに、こんなに丁寧にしてくれて感謝しているよ」と姑の面倒を手厚く見ている嫁のことを気に入っていると、当の息子はその関係を壊したくないと願うのも当然です。

「こんなに母親の介護を懸命にしてくれる嫁は他にいない」「愛情はもうないけど、母親にとって嫁はいなくてはいけない存在だ」と思うことで、離婚するわけにはいかないと腹をくくります。

持病持ちであることを受け入れて全部世話をしてくれるパートナーと離れられない

既婚男性自身が持病持ちで、奥さんはそのことを受け入れて全部世話してくれている人と離れられない、というのが浮気相手を愛していても離婚は出来ない理由です。

年齢を重ねていくと、糖尿病やぎっくり腰、高血圧やガン治療など、体のあちこちに不具合が出てきてもおかしくないもの。

病気の予備軍や毎日の生活を気を付ける程度のことなら、注意して生活していればいいものですが、特殊な生活や治療が必要な日常を送っている人にとっては、お世話に慣れているパートナーの存在はかけがえのない人になります。

例えば、事故などで下半身付随の車いす生活だとすれば、外に出ている間と家に戻ってからしなければいけないことは全くレベルが違うはず。

パートナーが看護師や介護士という職種であれば、お世話の手厚さは一般人の比になりません。

浮気している相手のことはいくら本気で好きでも、恋愛感情だけの関係。

「不倫相手に自分の世話までは無理だろう」と思っていれば、いくら好きでも離婚してまで彼女を選ぶことはないのです。

既婚男性は家を建てたばかりで浮気相手の親は結婚するなら婿養子を望んでいる

離婚できない切実な理由には、既婚男性は家を建てたばかりの状況で、浮気相手の親は「娘が結婚するなら絶対婿養子」と言っている場合、現実的に無理だと判断しているというものがあります。

結婚生活を送っていると、「自分の家を持ちたいな」「親との二世帯も考えて持ち家にしておこう」と将来設計を考え、実行することも幸せの形としてあることです。

持ち家を検討している時には浮気をしていなくとも、家を購入するには見学から完成まで長い年月が必要なので、家が完成してほどなくして本気の恋愛をしてしまうことも…。

「離婚してって言われても、家を建てたばかりだし…」と現実味を帯びないと悩んでいるところに、浮気相手から「私と結婚するなら婿養子じゃないと親が許してくれない」と宣言されたなら、お先真っ暗になります。

家を建てたばっかりなら、離婚しても住宅ローンの問題や財産分与など様々な問題が発生するのに、婿養子を望まれたらあらゆるトラブルを洗いざらいさらけ出さなければいけなくなるわけです。

「自分からトラブルをまき散らすようなことは絶対に無理だ」と今の家庭を壊す選択肢が消えていきます。

駆け落ちで結婚して離婚したら妻が天涯孤独になる

どれだけ浮気相手のことを愛していても、妻と離婚することは出来ない切実な理由は、今の奥さんとは駆け落ちで結婚しているため、離婚したら妻が天涯孤独になってしまうというものがあります。

結婚した時の事情は人それぞれで、駆け落ちで家族から逃げて結婚した夫婦もいるものです。

身寄りのない奥さんを男性の家族が許してくれず、それでも深く愛し合った妻を引き連れて駆け落ちを決行しました。

そんな過去を持つ既婚者の男性も、生活が平穏になっていくと他の女性に心移りをしてしまい、不倫相手の彼女のことを本気で好きになるという状況を迎えたわけです。

しかし、自分が連れ出した妻は身寄りもなく、帰るところも頼る相手もいない人。

自分が見放すわけにはいかない責任を負っているので、離婚という選択をするわけにはいきません。

離婚する気はないけど好きだと言う既婚男性の言葉が本当か嘘か見抜く方法

浮気相手の幸せのために「他にいい人がいるならその人の所に行った方が良い」と悲しみながら言う

離婚する気はないけど好きだと言う既婚男性の言葉が本当か嘘か見抜くには、浮気相手の幸せのために「他にいい人がいるなら、その人の所に行った方が良いよ」と悲しみを抱えながらも言うことが出来るか見ていきましょう。

彼女のことを本気で好きになっても、自分は離婚できないという事情を十分理解している既婚者の男性は、不倫相手の幸せを願うことしかできなくなってしまうもの。

むしろ、自分が幸せにしてあげることが出来ないのなら、彼女が幸せになるために自ら身を引く覚悟を持っているべきです。

「本当は絶対に離れたくない」という本音を押し殺しながら、「君が幸せになるなら僕は我慢する」「他の人の所に行くことであなたが望む未来を手に入れることが出来るなら、遠慮なくそっちに行ってね」と優しく促すことで、心から彼女の幸せを考えます。

いくら自分が悲しくても、手放したくないと思っても、妻と籍を外さないのは自分自身の都合です。

彼女を巻き込んでいることで引け目を感じています。

離婚できないことを納得してもらうためにも、彼女の幸せに積極的になる他ないのです。

離婚のシミュレーションを言葉に出しながら無理なことを伝える

離婚する気はないけど好きだと言う既婚男性の言葉が本当か嘘か見抜く方法は、離婚のシミュレーションを言葉に出してくるかどうかを見ることです。

離婚のシミュレーションをしながら、現実的に無理なことを伝えてくる時には、好きと伝えてくる言葉は本当だと判断できます。

離婚届けに判を押すつもりはない彼にも、人知れず深いわけがあるものです。

なぜ離婚することが出来ないのか、離婚することでどんな問題が発生するのか、離婚することがどれだけお互いの人生に影響を与えるのか、家庭を持つ彼だからこその理由を必死に考えた結果、心振るえるほど好きな相手と一緒になれないと腹の底から理解したことを、懸命に説明してきます。

具体的なシミュレーション内容がなかったり、どれだけ悩んだかという感情の推移が見られなければ、いくら「本気だよ」と言っていても本当だとは言えません。

言葉ではいくらでも嘘をつくことが出来るからです。

相手が想像できるほど具体的なシミュレーションを伝えてくるのなら、全て事実を思い描きながら話している事なので、信じることが出来ます。

出来る限り会う時間を作る努力をみせる

既婚男性の言葉が本当か嘘か見抜くには、出来る限り会う時間を作る努力を見せるかどうかというところを確認してみましょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「離婚する気はないけど本気で好きだよ」と言うからには、本気度を態度で示してほしいもの。

事実、離婚することが出来ないなら、少しでも一緒にいたいと思うのが恋をする人の心理と言えます。

離婚に踏み切るなら「きっぱり別れたらその先はずっと一緒にいられる」と会う時間を削ってまで離婚協議に向かうことは不思議ではありません。

けれども、彼は「妻と離婚はしないんだ」と言い切っている状況。

ならば、本気で好きだと自分の気持ちに気づいた時点から、より濃密な時間を過ごすようになってもおかしくないはずです。

「もっと一緒にいたい」「本当はずっと一緒にいたいけど、出来なくてごめんね」と離れなければいけない時間に悲壮感を抱きます。

彼の様子を観察して、会う時間を増やそうともせず、平気でデートの終わりに離れるような素振りを見せるなら、彼の言葉は嘘だと言えるものです。

名残惜しそうなら、本当だと言えます。

「いつかは一緒になろう」と時期をあいまいに期待を持たせる

不倫している男の人の言葉が本当か嘘か見抜くには、「いつかは一緒になろう」と時期をあいまいに言いながら彼女に期待を持たせる言葉を言うかどうかという部分です。

本当に離婚しないけど本気で好きだと思っている人なら、相手に無謀な期待を抱かせる言葉は使うはずありません。

期待させるだけ彼女は既婚者の彼から離れることが出来ず、いつまでも待ち続けることになるからです。

「いつかは一緒になろうね」「今は無理だけどきっとその時がくるよ」と曖昧なまま期待を持たせ続けているのは、ただ彼があなたのことを手放したくない独占欲がそうさせています。

今離婚できない人に、将来離婚できる見込みなんてあるはずがないのです。

家庭を持つ人の覚悟が離婚の事実を引き寄せるのみ。

自分の都合のいいように、彼女を手放さないようにコントロールしようとしている彼は、「本気で好き」という言葉さえも都合よく使っているだけです。

「信じてくれ」とやけに自分の言葉に注目させようとする

既婚男性の言葉が本当か嘘か見抜く方法は、「信じてくれ」とやけに自分の言葉に注目させようとしているかどうかという点です。

嘘をつく人というのは、一様に自分のことを信じてもらうために必死な姿を見せます。

「信じてくれ」「君だけは分かってくれるよね」「君のことが大好きだから、俺も本当に悩んでるんだ」と自分がどれだけ真剣に言葉を紡ぎだしているか、受け止めて欲しがるものです。

嘘つきほど饒舌になるのは、昔から変わりません。

やたら「信じてくれ」と言う彼の言葉は嘘です。

本気で好きなのに離婚できない状況が本当なら、一緒になれないことにひどく落ち込むはずです。

「こんなことになってごめんよ」「本当は離婚して一緒になりたいところだけど、どうしても無理なんだ」と痛いくらい悲しみが伝わってきます。

そこには、無理に自分の言葉を信じさせようとする、余計な言葉は追加されていないものです。

既婚男性が離婚しないなら別れる!ときっぱり決心するための方法

今まで付き合ってきた期間に何が出来たか仮定してみる

離婚しないなら別れることをきっぱり決心するための方法は、これまであの人と関係を持ち続けた期間に一体何が出来たか仮定してみるというものがあります。

不倫を始めて、どのくらい経過したかあなたは指折り数えたことがあるでしょう。

会えない時間が多い恋愛だからこそ、「私たちが関係をもってもう1か月経ったな」「あっという間に半年経ったな」と交際した期間を思い起こしては、いかに自分たちが苦しい恋愛をしているか瞼を泣き腫らした日々が、二人の関係を深くしてきました。

不倫では、交際期間を振り返っても「もっと会いたい」「なんで結婚してから出会ってしまったんだろう」と悲観的なことばかりだったはず。

悲しみにどっぷりと浸るからこそ、不倫は抜け出せなくなります。

きっぱり別れたいのなら、今まで付き合ってきた期間、本当はどんなことが出来たのかあなたの人生だけを振り返ってみる事。

仕事に懸命になっていればもっと勉強して資格取得が出来たかもしれない、違う人と出会って幸せな結婚をしていたかもしれない、不倫をして顔を合わせにくくなってしまった親と仲良く旅行して親孝行できたかもしれない、と数々の台無しにしたことを思い描いてみましょう。

思い描いた映像は、全て本当にあったかもしれない過去。

あなたは人生のあらゆる可能性を見過ごしてきたことになります。

後悔し始めたなら、チャンスです。

あなたの人生を取り戻しましょう。

奥さんとの関係を徹底的に調査する

きっぱり別れることを決心するためには、既婚者の彼と奥さんとの関係を徹底的に調査するという方法があります。

彼が話す奥さんの話は、かなり偏りがあるはずです。

夫婦としての夫から見た妻、異性としての一面、家で見る姿、など毎日一緒にいるとはいえほんの一部分しか知らないということもよくあります。

探偵を使ったり、信頼できる人に協力してもらったりして、不倫相手の奥さんを徹底的に調べ上げましょう。

普段していること、性格、容姿やファッションセンス、母としての一面と女性としての一面、など細かい視点で見ていくことで、彼と奥さんの夫婦の姿が見えてきます。

「本気で好きだけど離婚することは出来ない」という彼が、離婚しない理由は奥さんとの信頼関係がしっかり築けているからという事実を目の当たりにするのです。

他人が入り込む隙間のないほど固いきずなの信頼で関係の結ばれた夫婦の姿を見れば、きっぱりと別れを決心することが出来ます。

離婚してくれた後に立ちはだかる壁をリストアップ

離婚しないなら別れることをきっぱり決心するための方法は、離婚してくれた後にに立ちはだかる壁をリストアップしてみるというものがあります。

別れることを考えてみても、好きだという気持ちがある限り、決定打がなければ別れる決心は簡単につきません。

では、逆に「離婚してくれたなら…」という発想をしてみましょう。

離婚してくれたことを想像したら、嬉しさからポジティブなことばかりを思い浮かべてしまうものですが、ここは気を引き締めて「二人に立ちはだかる壁」をリストアップしてみます。

離婚が成立したからと言って再婚に進むかどうかは不明、略奪婚出来たとしても一生彼が不倫をしないかどうかは不明、今の家庭との関係がすっぱり切れるわけではない、経済的に生活が安定するかどうか、離婚の事実を知っている周囲の人と上手くやっていけるか、など多くの問題が立ちはだかるはずです。

それらの問題すべてクリアにする自信があるかどうか、よく考えてみてください。

「簡単だよ」「愛があれば平気」など単純に考えるのは、あまりにも浅はかです。

多くの難題を抱えてしまうことよりも、自由を手に入れてあなたの幸せを追求していきましょう。

「不倫の関係だから本気で好きになれた」と考え方を変化させる

離婚しないなら別れたいと思うのなら、「不倫の関係だから本気であの人のことを好きになれた」と考え方を変化させることで、きっぱり別れを決心することが出来ます。

家庭を持つ人を本気で好きになったら「何で結婚したのが私じゃなかったのかな」「彼がいるだけで幸せだと思えるのに、どうして叶わないの」とどうしてもマイナス思考が強く働いてしまうものです。

しかし一旦考え方を変化させてみましょう。

「妻帯者っていう相手じゃなかったら、好きになっていた?」「あんなにドキドキしたのは不倫っていう状況に刺激を感じたからじゃないかな?」と自分自身の感情に一つ一つ向き合うことで、今までと違った見え方になってくるはず。

男性は結婚することで落ち着きが増し、経験値が増えることで自信を積み重ねることになります。

独身の頃に出会っていたなら、今の彼ではないということです。

もしかすると非常識で、責任感もなく、女遊びが尽きない人だったかもしれません。

不倫として一緒にいられたから、今ほどの愛情を持つことが出来ているのだと思えば、「必死にしがみつくことでもないか」と気持ちが楽になり、きっぱりと別れを決心することが出来ます。

まっとうな付き合いではないから成立させることは無理だと納得する

「既婚男性が離婚しないなら別れる」ときっぱり決心するためには、今の関係はまっとうな付き合いではないのだから、そもそも成立させることは無理なんだと納得することです。

世の中、正しいか正しくないかだけがすべてではないですが、往々にして間違ったことがまかり通るほど甘い世界ではありません。

確かに、結婚した後に運命の人と出会うという奇跡が訪れることもありますが、多くの不倫は出来心や成り行きから始まっているものです。

スタートは出来心でも一緒に過ごす中で本気で愛するようになったなら、それは二人の時間が積み重ねた愛の証と言えます。

そもそもまっとうな付き合いではない二人は、離婚させてまで一緒になることは端から無理だった事です。

潔く、「間違ったことをしていた」と認めると、あっさりと別れを受け入れることが出来ます。

不倫相手や愛人でいる事に納得して家庭のある彼と付き合い続ける場合の考え方

結婚することが人生の目標ではない

不倫相手や愛人でいる事に納得して家庭のある彼と付き合い続ける場合の考え方は、結婚することが人生の目標ではないというものです。

最近では、お一人様の人生にも寛容な時代になってきました。

一昔前は、「結婚してこそ一人前」「好きな人の子供を産んで育てることが女の幸せに違いない」と言われることも普通でしたが、時代が進み女性の社会進出も増えたことで、結婚しない女性が多くなってきたものです。

晩婚化も進み、年齢を重ねていても結婚していない人が、特別周りの人に何かを言われたりすることはありません。

不倫をしていても周りに発表することはないため、「この人は結婚しない人なんだな」と思われて終わり。

あなた自身決して不幸でもなければ、仕事で頑張った分の報酬をすべて自分のために使えると思ったらむしろ「私って意外と幸せ者だな」と感じる人も多いはずです。

恋愛も人生のスパイス程度に考え、「私が自由に生きていくために本気で愛する人も必要なの」くらい堂々とお一人様人生を楽しみましょう。

不倫の二人…ちょうどいい距離感が自分たちの場合はこの関係

家庭を持っている人と交際を続けるなら、不倫の二人だからこそちょうどいい距離感が生まれ、自分たちの場合はこの関係がベストだと考えましょう。

恋人同士と言えども、居心地のいい距離感や本気で愛し合うことを継続できる距離感はカップルによりけりです。

あなたと家庭のある彼にとっては、真剣な愛をこれからも継続するためには今の不倫という形が一番ベストと考えられます。

もっと近くにいたいなら、自然とそんな流れになったはず。

けれど現実には離婚ということには至っていません。

つまり、二人にとっては家庭のある彼と愛人という関係がちょうどいい関係ということです。

「一番ベストなように現実は動く」と信じることで、今の状況を心から納得して受け入れることが出来ます。

不倫相手の”いいとこ取り”が出来てむしろありがたい

家族のいる人と付き合い続ける時に、不倫相手の”いいとこ取り”が出来ていることに、むしろありがたいと考えることで、愛人として付き合いを続けることが出来ます。

彼のことを好きになるあまり、つい「離婚してほしい」「私が彼と結婚したい」「私だけの人になってほしい」と思ってしまいがちですが、実はそれは間違った考え。

あなたは不倫相手でい続けることで、既婚者の彼の日常のお世話を奥さんがやってくれています。

略奪婚をしてしまうと、家事などに追われ、子供が出来れば育児に追われ、彼と恋人のようにふるまうことは出来なくなってしまいます。

また、毎日食事に洗濯と繰り返しているうちに「あの人のお母さんみたい」とむなしくなってしまうこともよくある話です。

好きな人にとってあなた自身が好きな人でい続けるためには、不倫相手でいることが一番いい条件がそろっています。

「私ってラッキー」と思うことで、彼の愛だけを純粋に求めることが出来るはずです。

女でい続けることが出来る

不倫相手や愛人でいることに納得するためには、女でい続けることが出来ると考えることで、付き合い続けることが出来ます。

あなた自身が女でい続けるためには、エステに行ったり新しい洋服を買ったりして、常に自分を磨いておく必要があるわけです。

そのためには必然的にお金が必要。

自分が一生懸命働いたお金を、全てあなた自身の自分磨きのために使えることは、独身ならではの特権です。

独身貴族という言葉がありますが、相手が離婚して上手く結婚することが出来たとしても、そこからの生活は二人で稼いだお金は二人で使わなければいけなくなります。

あなた自身が働いていても、仕事に口出しされることもあれば、お金の使い方を制限されることもあるはずです。

実は、浮気相手でい続ける事は、あなたが美しい状態をキープするためには絶好の条件でいられるということと言えます。

女として磨くから、彼はまた会いに来てくれて愛してくれる。

そう考えれば、愛人でい続けることも納得することが出来るに違いありません。

「愛されているからこそ続けられる関係」だと実感できる

家庭のある彼と付き合い続ける場合には、「愛されているからこそ続けられる関係」だと実感できると考えることで、愛人でいることに納得することが出来ます。

不倫関係は、既婚者の彼に愛されている事が必要条件です。

二人が一緒にいる事だけでリスクが生まれ、もし誰かに関係がバレてしまえば彼は全てを失ってしまうことになります。

それでも、彼はあなたの元に来てくれているというのは、まぎれもなく愛されている証拠です。

夫婦になれば、一緒にいることが当たり前になるので、愛され続けているのかどうか確かめることが出来なくなってしまいます。

しかし、夫婦ではなく恋人だからこそ「愛されている」「また会いに来てくれた」と彼の気持ちが変わらず注がれていることを実感することが出来るのです。

いつでも終わらせることが出来る関係だからこそ、続いていることは愛されていることを意味しています。

彼の愛情を存分に浴びて、「不倫相手でよかった」と自慢に思っておきましょう。

離婚する気はないけど好きという言葉には様々な事情がある

結婚して家庭を持っている彼が、不倫相手に対して「離婚する気はないけど本気で好き」「本気で愛している」と言葉を出すときには、何らかの事情があることが伺えます。

彼の気持ちが本当かどうか確かめて、本当にどうしようもない事情を抱えているのであれば、別れるなり愛人として付き合い続けるなり、あなたが納得して未来に進めるように選択をしていきましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事