不倫相手への嫉妬で苦しくなる原因とヤキモチを妬かなくて済む方法&嫉妬された既婚男性の心理と不倫関係にもたらす影響
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「最初から奥さんがいる人だって分かっているけど、嫉妬の気持ちが止まらない」「不倫相手に嫉妬しすぎて一人で苦しい」と不倫恋愛で嫉妬に悩んでいるあなた。

結婚して家庭を持っている男性と恋愛をするということは、自分以外の女性と生活をしていることを否応なく受け入れなくてはいけません。

しかし恋愛とはそんな単純なものではなく、やはり愛しい人が自分の知らない生活を送っている事を想像するだけで胸が張り裂けそうになるものです。

そんな時には、不倫相手への嫉妬で苦しくなる原因を知ることで、あなたの心の痛みを軽くすることも出来ますよ。

妬かなくて済む方法や嫉妬された男性心理、嫉妬がもたらす不倫への影響も全て公開していきますので、あなたが苦しくなる原因をいち早く解き放つための手助けとなるはずです。

結婚しているにもかかわらず、愛し合うことが出来ている彼との関係を、これからも良好に続けていくために、嫉妬を手放していきましょう。

目次

不倫相手に強い嫉妬を感じてしまう女性の特徴

愛した男は譲れない…恋愛に関して独占欲が強い

愛した男は自分のものだと考えている、恋愛に関して独占欲が強い女性は、不倫している相手に激しく妬ましさを抱く人です。

恋愛の価値観は人それぞれで、ほんのわずかでも人生の時間の一部分を共有できるだけで至福な時間と満足する人もいれば、好きな人の世界を同じ視点で見ていないと満足できない人もいます。

妻帯者と恋愛している時点で、後者の場合は心に規制をしなければいけないタイプの人なのですが、それもリミットがあるはずです。

「愛してる」の気持ちが大きくなるほど、本来の恋愛の特徴がムクムクと成長し、「彼のすべてをモノにしたい」「あの人が見る景色も感じていることも全部私だけのもの」と所有したい欲が止まらなくなります。

自分の好きなようにデートが出来ないだけでもストレスを感じている女性は、相手の時間を独占できない苦しみを嫉妬という感情にすり替えて、エネルギーを使っていくのです。

「紙切れ一枚で繋がっている女さえ離れてくれれば」「あの方の全ての世界は私のものなのに阻害されている」と苛立ちの感情も合わさることで、妬みは強くなるばかり。

数えきれないほどの愛を重ねていても、自分自身が納得して「私のものになった」と思えない限りは嫉妬がやむことはありません。

恋愛をしたら周りが見えなくなる

恋愛をしたら周りが見えなくなる特徴を持つ女性は、不倫恋愛をすると嫉妬で思考回路が爆発しそうになってしまいます。

恋に恋している状況に陥り、「あの人なしの時間に耐えられない」という価値観となっている人も少なくないはずです。

妻帯者を好きになったおかげで、彼のことを考えている時は相手の奥さんのことも否応なしに思い出さざるを得ない状況になります。

「早く会いたいな、今は奥さんと一緒かな」「楽しかったことを伝えたい、家族で楽しい時間を過ごしているのかな」と好きな人を思い出すこと自体が、悲しいことを連想するきっかけにもなっているところです。

相手の男と体の繋がりを持った時に、「自分だけのことを好きでいてくれているはず」と思うことで、同じように彼からの気持ちも同等の価値を感じたいと願っています。

「離れていても私のことを考えていてくれるはず」「一緒にいられない時でも心だけは結ばれている確信を持ちたい」と好きな人のことばかりが頭を支配し、他のことは全然思考できなくなっていると、どうにも自分の目で相手の存在を確認したいと思い、体温を感じたいと思って気持ちが暴走してしまうのです。

要望が現実に直結していた人生

禁断の恋をしている女性で相手に妬みを持つ人の特徴は、今まで要望が現実に直結していて望むものが即座に手に入ってきた人生を歩んできた人です。

お金持ちのお嬢様や祖父母に可愛がられていた子、一人っ子、親が高齢で待ち望まれていた子供だった、など環境に起因することが多くなります。

生まれてからずっと、周りから溺愛されてきたことで「望めば全部叶う」と信じて生きてきて来た人です。

考える世界はそのまま現実世界として反映されるので、望んだものが手に入るのは彼女にとっては当たり前の世界。

しかし不倫は、そういうわけにはいきません。

いくら望んでも、好きな人はすでに婚姻関係を結んでいる人であり、手に入らないことを経験した事で「私が欲しい人を先に獲られた」と悔しい思いをしています。

今までは何でも手に入ってきた女性は、初めて思い通りにならないことを目の当たりにして、「本当は私の人なのに」「結婚していなかったらずっと一緒に過ごせるのに…」と虚しさとともに嫉妬と孤独を感じるのです。

自分自身を受け入れることが出来ない人

自分自身を受け入れることが難しい人は、既婚している相手に対して執念と精神の低下を経験しまいます。

そもそも何をしても自分を容認する事が出来ず過ごしてきた人にとって、不倫したことで相手に受け入れられたことで自己肯定をすることができたわけです。

けれども彼は家に帰っていく人。

「私には彼だけなのに、あの人には家族がいる」「あの人が傍にいてくれないと生きているだけで不安になるのに、私のことだけを見てくれることはない」と嫉妬と同時に強い落ち込みを感じます。

好きになった人には安定した生活があり、支えてくれる人もいるけど、自分自身には彼しかいないと感じた時、どうしても手放したくないと思うものです。

「私はこんなにダメな人間なのに、彼は受け入れてくれる」「結婚しているけどあの人以外に私を認めてくれる人なんていない」と思い込むことで、彼が他の人と一緒にいることが苦しくて悲しくなります。

奥さんへの嫉妬、家族への嫉妬、同時に他の人からも愛されている彼自身にもヤキモチを妬いているはずです。

女はみんなライバルで気を許せないと思っている

不倫相手に強い嫉妬を持ってしまうのは、「女はみんなライバルで気を許せない」と思っている女性です。

あらゆる人がいる中にも、したたかで自分以外の同性は全て蹴散らす相手だと思っている人がいます。

そんな女性が不倫をするのは「女はいかにいい男を捕まえるかで価値が変わる」「スペックの高い男を手に入れるためには、結婚しているなんて問題じゃない」「私が手に入れる男を他の女に奪われるなんてありえない」と男の価値で自分の価値が決まると考えているところです。

相手が家庭を持っていても、彼女にとっては関係なく、自分が常にいい男から愛されていたいとだけ考えています。

そのため、自分だけに夢中になってくれない不倫相手の男性に「どうして早く離婚してくれないの」「私に夢中になってるなら家になんて帰らないで」と嫉妬心を露わにするものです。

「私だけを愛しているなら家族なんてどうでもいいでしょ」と高圧的な考え方だからこそ、自分以外の人と平気で過ごす男性に腹立たしさを感じています。

不倫相手への嫉妬で自分自身が苦しくなる原因

周りに人がいる状況では何も言えないから

不倫相手の嫉妬で自分自身が苦しくなる原因には、周りに人がいる状況では何も言えないからという理由があります。

周囲の人に関係がバレてしまえば、二人はもう愛をはぐくむことが出来ません。

いくら嫉妬していても、あからさまな態度を取ることは自分自身の首を絞めることにつながってしまいます。

「結婚しているくせに恋人の私でもない女子と話さないで」「家族の話は耳が拒絶する」と心の中でつぶやいても、二人きりではない状況では、話を遮ることはとても不自然なことです。

いくら焼きもちを感じたところで、そんな場面も遭遇しても笑顔を引きつらせながら相槌をうつしかなく、一人になったときに気分が一気に下がります。

「何で私があんな話を聞かされるの」「あの人は私だけの人なのに他の人と話す姿なんて見たくないよ」と思っても、彼にとっては普通の日常を送っているだけなのでわざわざ伝えることも出来ないわけです。

不倫相手が他の人と楽しそうに話をしている姿を見るだけで、「家に帰れば奥さんや家族と話をしているんだろうな」とその姿を連想してしまい、自分の想像の中でさえも嫉妬してしまいます。

自分が間違ったことをしている自覚があるから

自分が間違ったことをしている自覚があると、不倫相手への嫉妬で自分自身が苦しくなってしまいます。

不倫とは、配偶者がいる人との禁断の恋愛。

一般常識で考えると、法律を犯す「してはいけないこと」であるにも関わらず、一度抱いた恋心は簡単に消すことは出来ずに関係を結んでしまいます。

「奥さんと一緒にいる彼のことを考えるととても苦しいけど、私がいけないことをしているんだよね」「私だけの人になってほしいけど、隠れた存在でい続けないといけない」と嫉妬心と同時に罪悪感を持っていることで、相反する気持ちに心がほんろうされてしまうのです。

「彼が好き」「離れたほうが良い」と揺らぐ気持ちを持ち続けることは、精神的にとても苦しくなります。

「私がこの気持ちを消してしまえば済む話なのに離れたくない」「生涯を通しての愛を全身で感じたいから家族は見限ってほしい」と自分の心の中で二つの感情を抱え、苦しみから解放されることできずに現状維持を続けるしかないわけです。

結局は自分が愛人(二番目の女)だから

嫉妬で苦しくなるのは、結局は自分が愛人という立場で、一番にはなれないと分かっているからです。

相手が妻帯者であっても好きになったら自分のものにしたいと思うのは、多くの人が持つ感情であり自然に沸き上がる独占欲。

けれども、浮気相手がどんなに愛を語っても、どれだけ彼に尽くしても、最後には家族の元に帰っていく彼の後姿を見る立場の人でしかありません。

嫉妬した気持ちを伝えたところで、彼が離婚するわけでもなく、最悪の場合自分が関係を断ち切られてしまう危険性があります。

自分の嫉妬が原因で、大好きな彼を失ってしまうことになるなんて、あの人を愛する人間としては考えられないことです。

嫉妬していることを彼に伝えることもできず、常に二番手という劣等感を抱えていることで、苦しみは増す一方になります。

「奥さんよりも愛されたい」「私だけを見ていてほしい」とどれだけ願っても、彼が一番に愛してくれているという気持ちを証明する術はないので、いつまでも嫉妬の苦しみが消えることはないのです。

誰にも相談できないのに唯一の味方である不倫相手を責めたくないから

嫉妬で自分自身が苦しくなる原因は、そもそも誰にも相談できない関係なのに唯一の見方である不倫相手を責めたくないという心理が働くことです。

浮気相手の女性にとって、自分の恋愛を肯定してくれる唯一の人は、恋人である本人のみ。

どれだけ嫉妬で気持ちが整理できなくても、彼が他の女の人と暮らしている事が悲しくても誰にも相談出来ず、自分一人で抱えるしかない恋愛です。

唯一の相談相手である恋人に、「あなたに嫉妬しています」「奥さんに嫉妬しています」と責めることは、自分の味方でさえ敵に回してしまうことになってしまいます。

不倫相手を責められないと感じるのは、嫉妬をぶつけることで相手からの愛が薄れてしまうかもしれないし、何よりも愛している人を責めることで自分自身にも余計な苦しみが生まれてしまうことになるからです。

誰にも言えない恋愛を続けるには、相手のご機嫌を損ねないようにすることが大切になります。

彼に相談したところで、家に帰らないわけにもいかないし、仕事であれば他の女性と話をしない訳にもいかないので、解決にならないのです。

嫉妬していることさえも伝える時間がもったいないと感じて抱えてしまうから

不倫相手への嫉妬で自分自身が苦しくなる原因は、嫉妬している事さえも伝える時間がもったいないと感じて、一人で抱えてしまうからです。

女性が抱えている嫉妬の対象は、愛している人。

彼に会える時間は短いし、自分に会うためにわざわざ家族に嘘をついてくれている人です。

どれだけ嫉妬を感じたとしても、そんなに愛しい人と一緒にいられるのは貴重な時間であり、貴重な時間を割いてくれている相手といる時ぐらいは幸せな気持ちに浸りたいと考えます。

「今だけは私だけの人」「この時間は誰にも譲れない」と少ないデートの時間を、全身全霊で愛を伝えることで必死なのです。

自由に連絡を取ることも出来ない、急に会いに行くことも出来ない、職場不倫なら職場で他人行儀にしなければいけない、という状況は恋愛をしている女性にとってストレスを感じます。

彼と会える時間だけがストレスを解消できる唯一の時間。

それだけ大切な時間を、嫉妬していることを伝えるという無駄な時間に費やしたくないというのが本音です。

彼に伝える作業をしていないからこそ、会っていない時間の嫉妬の苦しみが吐き出されずに苦しみとなって積み重なっていきます。

嫌な女になりたくないなら実践するべき不倫相手にヤキモチを妬かなくて済む方法

会ったら一番にしてもらうルーティンを決める

嫉妬をしてしまうのは自分自身でも嫌な女だと感じるもので、そんな人にならないためにもヤキモチを妬かなくて済む方法は、既婚者の彼と会ったら一番にしてもらうことのルーティンを決めることです。

ハグやキス、「会いたかった」「愛してるよ」など、二人にとって当たり前のこみゅんケーションで大丈夫。

普段気軽に会えない関係だからこそ、普通の恋人のコミュニケーションでも貴重なはずです。

二人の中で当たり前とされている事の中から、一つルーティンとして「会ったら一番最初にすること」として選定しましょう。

これを決めることで、どれだけ会っていない間嫉妬しても、必ずしてもらえたり言葉をかけてもらえたりすることで、愛されている安心感が生まれます。

最初は嫉妬心を払しょくするだけのルーティンであっても、習慣化していくことで次第に心と体に愛されている安心感が体に染み込み、嫉妬せずに済むようになるわけです。

異世界の人である芸能人に恋をする

嫌な女にならないために実践するべき嫉妬の予防法は、異世界の人である芸能人に恋をすることです。

嫉妬の気持ちは女性を醜くしてしまいます。

「何で私だけ」「私だけを見て」と攻撃の気持ちになっているからです。

逆に女性を美しくする感情は、恋。

そもそも相手は妻帯者なので、あなたが別の人に恋をしても何も問題はありません。

しかし、相手が独身で身の回りの世界にいる人を好きになれるのなら、不倫を辞めてそちらに本気になったほうがよほど気が楽です。

けれども出来ないから悩んでいる。

そんな時には、芸能人に恋をしましょう。

恋心を分散させることで、彼への執着を薄くすることが出来るし、会えない間他のことを考える時間を作ることが出来ます。

芸能人であれば、リアルにお付き合いをするのはよほどのコネがなければ、ほぼ不可能です。

あなた好みの人も必ずいるし、どんな性格なのか自由に想像して理想の人を作り上げることが出来ます。

わざわざ彼に報告しなくてもいいし、彼から嫉妬されることもありません。

身に着けてもらえるものを渡す

不倫相手にヤキモチを妬かなくて済む方法は、身に着けてもらえるものを渡すことです。

特に職場不倫なら身に着けているのを見るだけで安心することが出来ます。

いわゆる「自分のもの」というマーキング。

パッと見てわかるものが理想です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

可能なら、時計やネクタイ、ピアス、カフスなどファッションの中でも目に付きやすいものがオススメとなります。

職場不倫でなくても、デートの時にそのものを身に着けてくれていたら「離れていても私を傍に感じてくれていたんだ」と思うと嬉しくなるはずです。

このプレゼントは、彼としっかり相談して決めることが最適となります。

あまりにも奥さんの好みとかけ離れていたり、急に高価なものを身につけ始めたら不倫を疑われて関係が終わってしまうこともあるからです。

あなただけが「二人が愛し合っている証」と見てわかるものを身に着けてもらうことで、あなた自身もいつも彼の傍にいるような気持になることができます。

ボディサインを作る

嫌な女になりたくないなら実践すべきはボディサインを作ることです。

ボディサインは、ジェスチャーのことで二人だけでオリジナルのサインを作れば大丈夫。

むしろ、手話など勉強していれば読み解くことが出来る行動は、見る人が見れば二人の関係がまるわかりになってしまう可能性があるので避けるべきです。

二人が愛し合っていることを離れていても確認することが出来るボディサインを決めておけば、言葉を交わせなくても愛を感じることが出来ます。

しかも、そのサインはエッチの時にも活用が可能。

一緒にいるのにあえてボディサインで伝えてくれる愛のメッセージは、より深く心に響いてお互いを近くに感じます。

例えば、目が合った時に耳を触ったら「大好きだよ」のサイン、眼鏡を拭いたら「君のことしか見えない」のサイン、などありふれた動作の中で特別な言葉の意味を付け足すのです。

ボディサインを決めた事で二人にとっての秘密が、増えたことで嫉妬する気持ちすら沸き上がらないほど信頼しあえる関係になります。

不倫相手の変な顔の写真を保存しておく

実践するべきヤキモチ予防法は、不倫相手の変な顔の写真を保存しておくことです。

多くの男の人は自分のことをかっこよく思われたいと思っているので、普段ふざけた顔をして会話を楽しむタイプの人でも、写真にまで残されるのは嫌がるもの。

しかし彼がふざけた顔や変顔を見せるのは、あなたに心を許している証拠です。

嫉妬してしまって自分のことを嫌な女だと卑下してしまう前に、彼の変な顔を写真に収めて保存しておきましょう。

「この顔を見られるのは私だけ」「保存してもいい立場の人は他にいない」と思えることでありのままの彼を手に入れた気持ちで満たされます。

時々写真を眺めて、「なんてかわいい人」と思うだけで、嫉妬で狂いそうになる前に心を静めることが出来るはずです。

「相手との関係の信頼が揺らぎ始めた時が嫉妬のサイン」と覚えておけば、彼の変顔写真を持っているあなたとは信頼関係を気付けていると改めて認識することが出来ます。

「今度はこんな顔してもらおうかな」「あの人のあの表情好きなんだよね」と嫉妬しそうだった時でも心を和ますに違いありません。

不倫相手の女性から嫉妬された時の既婚男性の心理

仕方のないことを言われてもどうしようもないから困る

不倫相手の女性から嫉妬された時の既婚男性の心理は、仕方のないことを言われても自分自身もどうしようもないから困るというものです。

結婚している人に「家に帰らないで」「奥さんとしゃべらないで」「家族のことを聞かれても話さないで」と嫉妬をぶつけたところで、言われた本人としてはどうしようもないもの。

家に帰らなければ家族が路頭に迷うことになるし、帰宅すれば妻とも会話をすることが普通。

既婚者が家族のことを聞かれることも日常の出来事です。

それらすべてに嫉妬しているからといって、妻帯者に無理難題突きつけても、叶わぬ夢となります。

「どうにかできる事ならしてあげたいけど、俺にはどうすることも出来ないよ」と困ってはいますが、そのことを伝えてしまうと火に油を注ぐことになるので黙っている既婚男性も少なくありません。

「私がこれだけ色々言っているのに彼は何も答えてくれない」「黙ってたら収まると思ってるんだわ」と嫉妬が怒りに代わって責め立てる人もいますが、彼は答えようがないだけです。

離婚の催促みたいで苦しい

不倫相手の女性から嫉妬されると、既婚者の男の人は「なんだか離婚を迫られてるみたいで苦しいな」と感じています。

妻がいる身なのに恋愛をしていると、既婚者は既婚者で引け目を感じているものです。

妻に対しても「申し訳ない」という気持ちを持っているだけでなく、浮気相手の女性に対しても「結婚しているから自由な恋愛が出来なくてごめんね」と感じています。

不倫相手の女性から直接「離婚して」と言われなくても、彼女と一緒にいるだけで家庭を持っていること自体に負い目を持っているので、嫉妬を伝えられると余計に責められているような気持になるわけです。

「言われたわけじゃないけど、離婚してほしいっていうことなのかな」「嫉妬されても結婚している限りは現状を変えることは出来ないよ」と彼女の気持ちの行き場を探します。

自分自身に出来ることは限られていて、離婚となれば大きな問題になってしまうので、八方塞がりの現状に苦しんでいるところです。

愛の度合いを見ることが出来て愛しい

不倫相手の女性から嫉妬された時、既婚者の男性は彼女からの愛の度合いを見ることが出来て嬉しいという心理になっています。

不倫をする男の人は、愛に飢えている人です。

家庭で空気のように見られていて、男としても期待をされず、会社でも上司と部下の顔色をうかがう毎日。

そんな日常の中で、彼女だけが自分のことを必要としてくれていることを実感できるのが彼女からの嫉妬です。

嫉妬をされると男の人はたいてい、トラブル回避をしたいという心理が働きますが、このタイプの男性にとって嫉妬はスパイスとなっています。

「そんなに俺のことを大事にしてくれているんだな」「愛情もなくなってしまった夫婦なのに嫉妬してくれて、嬉しい」「彼女の心を乱すほどの存在になれているなんて愛しい人だ」と思っているものです。

一様に嫌がられやすい嫉妬の感情ですが、男性にとって嫉妬してくれる彼女ほどカワイイ人はいません。

「困っている顔も可愛いな」「一生懸命気持ちを伝えてくれている姿をもう少し見ていたいな」と観察しています。

モテていることを実感できて鼻が高い

彼女に嫉妬されると既婚者の男性は、モテていることを実感できて鼻が高いという心理になっています。

結婚している男性がモテていることを実感できる場面というのは、そうそうあるものではありません。

通常周囲の人は”既婚者”というだけで、恋愛対象から外れるので会社の同僚からも知人からも”そこそこの付き合い”をされるようになり、一歩距離を取ったところで交流をしていくようになります。

結婚して家族という自分の社会を持っている人が、取り合いをされるなんて男性にとっては夢のような世界です。

不倫相手の彼女が妬心してくれていることで、「俺ってモテるな」「そんなに人に愛されるなんて結婚してから初めてだ」と恋愛の醍醐味である”愛されている喜び”をかみしめています。

そこまで愛されている事を実感でき、鼻が高いと感じているので、他の人に自慢したいとさえ思うほどです。

彼女の心は嫉妬でいっぱいになっているけれども、それを聞いている男性は内心ニヤニヤしています。

男として優良なことを妻に教えたい

不倫相手から嫉妬をぶつけられると、家庭を持つ男性は自分自身が男として優良なことを妻にもぜひ教えてあげたいという心理になっています。

どれだけ恋焦がれて大恋愛の末結婚したとしても、結婚生活が始まるとラブラブな生活は徐々に収束していくものです。

誰しも最初は「これから一生、毎日ラブラブでいられる」と思って、結婚生活に望みを持っているものですが、生活を安定させることを優先させていくうちに愛情よりも情で一緒にいるようになることも珍しくありません。

子供が出来た事をきっかけにセックスレスになったり、育児と生活にいっぱいいっぱいになっている妻から夜の生活を拒まれるようになったり、「役立たず」と男としての魅力を感じてもらえなくなるなど、奥さんから無下にされていきます。

彼女から嫉妬されることで、「男としてまだまだ魅力がある証拠だ」とうれしくなり、「妻にこの姿を見せたい」「俺は男としてイケてるってことを理解させたい」と思うけれども、実際には言えないのでヤキモキしてしまうのです。

不倫中の女性の嫉妬が既婚男性との関係にもたらす影響

小言を言われているようだから彼が会ってくれなくなる

嫉妬が既婚男性との関係にもたらす影響には、「小言を言われているようだ」と彼が会ってくれなくなります。

不倫をする既婚男性は、家で小言をずっと聞かされてうんざりしている人も少なくありません。

この時点で「女って面倒くさい」「黙って問題解決できないのか」と苛立ちを抱えている可能性が非常に高いのです。

こんな気持ちを抱えている既婚者の男性に対して、嫉妬したことを伝えると「彼女からも小言を言われるのか」「そんなことを聞きたくて会っているんじゃないのに」と急に気持ちが冷めてしまうことも。

「恋愛する時くらい楽しい気分だけを味わっていたい」「嫉妬するくらいならそこまで本気にならなくてもいいのに」と嫉妬する彼女に愛情が冷めてしまった男性は、遠いところから眺めるような客観的な心情に気持ちを占拠されるはずです。

次第に時間をやりくりしてまで会うことが面倒になり、「どうせ嫉妬でグズグズ言われるなら、もう会わなくてもいいか」と自然消滅を狙って連絡を取らなくなっていきます。

「妻がいるって分かっていたじゃないか」と理解していない女だと見切られる

不倫している女性の嫉妬が既婚男性との関係にもたらす影響には、「最初から俺には妻がいるって分かっていたじゃないか」と、既婚者であることに理解を示していない女だと判断されて見切られてしまうことがあります。

恋人同士の二人は不倫するにあたって、最初に既婚者であることに対する抵抗や理解を示す会話があったはずです。

「会う時間が少ないけどいいかな」「結婚しているけどそれでも良ければ一緒にいよう」などお互い不倫関係になる事に合意した上で関係を結んでいます。

それにも関わらず、嫉妬されていることを何度も言われていると、さすがに既婚者の彼がイライラし始めるのは、無理もない話です。

「最初から分かっていた話だろ」「嫉妬されてもどうしようもないよ」「嫌なら最初から不倫しなかったらいいだろ」と恋愛関係に進んだことを責め始めます。

これは不倫を始めた二人のコミュニケーション不足であり、好きになる度合いの違いや認識の違いから生まれるすれ違いです。

「ストーカーになられたら迷惑だ」と早々に別れを告げられる

既婚男性と不倫している中で嫉妬が影響することには、「ストーカーになられたら迷惑だ」と早々に別れを告げられるというものです。

家庭を持つ人にとって、彼女がストーカーになってしまうというトラブルは絶対に避けたい事態と言えます。

不倫中の女性がストーカーになってしまうことで、浮気をした事実がバレてしまうだけでなく、家族に被害が及ぶ可能性もあるからです。

奥さん以外と恋愛をしているからと言っても、男性にとって家族は大事な存在。

守らなければいけない家族に危害を加える可能性があるなら、例え恋愛中の彼女であっても関係を断ち切る必要があります。

嫉妬の程度によっては、話を聞くだけで危機感を抱くこともあるはず。

彼女はただ彼のことを好きなことを伝えたい、どれだけ苦しいのか伝えたいという思いだけで嫉妬をぶつけていたとしても、不倫相手の彼からすればストーカー予備軍と判断されていることもあるのです。

「悲しい思いをさせてごめんよ」と一層愛情を注いでくれる

不倫中の彼女の嫉妬は、既婚者から「悲しい思いをさせてごめんよ」と今まで以上に愛情を注いでくれるという影響をもたらします。

不倫をしていることで、彼は「もっと彼女と一緒に時間を過ごしてあげたい」「結婚していることで彼女にはつらい想いばかりをさせてしまっている」と胸を痛めているはずです。

「本当は俺も彼女と一緒にいたい」「嫁にバレないか心配ばかりしながら恋愛するのはもう嫌だ」と思っているところに、彼女が嫉妬していることを打ち明けてくると、普段から気にしているところを突かれて、余計に彼の胸は痛みます。

「悲しい思いをさせてごめんよ」「今の自分には君が必要だよ」と一層愛情を注いでくれるようになり、二人の甘い時間が濃密になっていくのです。

二人の関係は強いきずなで結ばれ、彼女に嫉妬をさせないよう彼は思いやりを持つようになり、彼女は迷惑をかけないように一緒にいる時間を大切にしようと愛のある時間を過ごすようになります。

このまま愛を深めていくことが出来る二人は、将来結婚出来ることも夢ではありません。

自分の代わりのものを渡してくれて絆を確認できる

不倫をしている彼女からの嫉妬は、既婚男性との関係にさらなる絆をもたらすという影響を与えます。

「結婚している自分のことを好きだと言ってくれる彼女のことを大切にしたい」「いつも我慢させてしまっているあの子を安心させてあげたい」と思っている既婚者の男性は、彼女からの嫉妬を打ち明けられることで、何かプレゼントをしたいと考え始めるものです。

プレゼントは、相手を喜ばせたいという目的もありますが、一番の理由は「自分の代わりとして持っておいてほしい」「不安になったら愛しているということを思い出してほしい」というもの。

自分にどことなく似ているぬいぐるみや、二人で一緒に写っている写真などは、彼と一緒にいられない寂しさで嫉妬を沸き上がらせてしまう女性の心を落ち着かせてくれるはずです。

恋人同士に人気のアクセサリーは、彼が愛している証拠として目で確認できるものとなるので、触れているだけで幸せな気持ちを引き上げてくれます。

「自分からの愛情が足りなくなったら、アクセサリーを触ってごらん。いつも君を想っているよ」と言葉を添えてくれるだけで、二人の愛の絆は強固なものになるに違いありません。

不倫相手への嫉妬で苦しくなるときは彼からの愛を信じよう

不倫相手への嫉妬で苦しくなるのは、彼から愛されていることに自信がなくなっている証拠です。

家庭を持っていても、デートの後必ず家に帰って行っても、彼はあなたのことを愛しています。

彼からの愛を信じることで、不倫相手への嫉妬で苦しくなることはなくなりますよ。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事