不倫がやめられない苦しさの正体とは?やめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因と乗り越え方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「不倫をやめたいと思っているのにやめられない」「頭ではいけないことだと分かっているのにどうして別れることが出来ないの」と不倫をやめられないことで悩みを抱えているあなた。

不倫恋愛は通常の恋愛とは異なる感情や心理をたくさん経験していきます。

だからこそ不倫をやめようとしても自分が抱えている心理を理解しなければ、別れることが難しく感じ、なかなか完全に終わらせることが出来ないのです。

今回は不倫がやめられない辛さや苦しさの正体についてご紹介しましょう。

あなたの中でどんな感情が芽生えているのか、何が原因で離れることが出来ないのか、理解できると今まで難しかった”不倫相手と離れること”も、納得して受け入れることが出来ます。

やめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因と乗り越え方、また自分自身だけではなく不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法もお伝えするので、ぜひ実践してみてくださいね。

不倫相手と離れたくても離れられない時には、心が苦しくて毎日辛いと感じる日々だとは思いますが、この記事で感情や心理と向き合うことを実行することで、すっかりとした気持ちで前に進めるようになるので、楽しみにしてください。

目次

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体

自己肯定感が低く不倫相手に受け入れられることで安心する

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体は、自己肯定感が低いことです。

自己肯定感が低い女性は、不倫相手に受け入れられるということが安心します。

全てのことに対して「私はいつも失敗する」「自信を持つことが出来ない」と思っている女性は、不倫相手から愛されている時間だけは自分自身を受け入れることが出来ているのです。

「君が必要だ」「あなたと一緒にいると心が安らぐ」と既婚男性から甘い言葉をささやかれると、「私でも役に立てている」「必要としてくれる人がいる」と顕著に感じることが出来ます。

しかし不倫相手ほど愛を明確に言葉にしてくれる人はそういません。

職場の人、家族や友人、通常の恋愛でさえも、「大切にしている」「愛している」という言葉は言ってくれないものです。

自己肯定感の低い女性ほど、自分の必要性を自分自身で見つけることが出来ないので、他人の力を必要とします。

不倫をやめられないと思うのは、言葉で大事にしてもらえていることを伝えてくれる不倫相手と離れることが非常に恐怖に感じる事であり、一緒にいることで安心を得られるなら少しでも長く一緒にいたいと心が求めてしまうからです。

どれだけ間違ったことをしていても周りに非難されることのない安全地帯だと感じる

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体は、間違ったことをしていると自覚していることです。

自分自身で間違ったことをしているという自覚がある女性は、不倫という閉鎖的な恋愛で周りに避難されることから逃げることが出来、不倫恋愛をしていることは実は安全地帯にいると感じています。

不倫がバレてしまえば、もちろん非難され攻撃の対象となることは理解しているため、そんな危険なことから逃げ続けたいと願うはずです。

そんなリスクからの逃亡の本能が、不倫相手と離れられない心理につながります。

矛盾のように感じるこの選択を選ぶのは、交際を続ける限りリスクがつきものですが、心のどこかで「これだけ気を付けていればバレないはず」「会えない苦しさを抱えるより上手に隠れながら会える喜びを感じる方が気持ちが楽」と思ってしまうからです。

承認欲求を分かりやすく満たすことが出来る

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体は、承認欲求が強いことです。

承認欲求が強い女性は、不倫恋愛をすることで自分自身の心の隙間を分かりやすく満たすことが出来ます。

過去のトラウマやないがしろにされて育ってきた生活環境などから、承認欲求が過度に強くなってしまう人がいるのは事実。

通常の恋愛で「私のこと好き?」「どのくらい愛している?」「ずっと私だけを見ていて」とまくし立ててしまえば、たいていの彼氏は面倒だと感じて離れていってしまいます。

当然、友達や同僚などにそんなこと言えません。

しかし不倫恋愛では常に不安な気持ちを抱えてしまうのは当然のことなので、既婚男性も不安を言葉にする女性を「大事にしよう」という気持ちで付き合ってくれます。

既婚者は一つ一つ丁寧に「好きだよ」「ずっと一緒にいたいと思っているよ」「家族といても君のことを考えているよ」と応えてくれるので、女性の承認欲求は分かりやすく満たしていくことが出来るのです。

不倫を止めようと思ってもやめられないのは、自分の承認欲求を満たしてくれる相手を手放すことに対して不安を抱くからと言えます。

好奇心を満たすことがなく虚無感の代替

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体は、虚無感があるからです。

虚無感を持ってしまう女性は、常に刺激に飢えており、知的好奇心や興味関心があることを続けていないと無気力になってしまいます。

何か楽しいことや秘密を隠し続けるというミッションを遂行する事を続けなければ、自分の存在価値を見失ってしまうのです。

つまりは、不倫をするのは人生においての暇つぶし。

不倫をすることで「いかにバレずに周りに人がいる状況で愛を伝えられるか」「スリルあるデートをすることが出来るか」「奥さんから奪うことができるか」と考える、言わばゲームをしている状態です。

社会的に生きるか死ぬかのサバイバルゲームは、いくらやめようと思っても簡単に手放すことが出来ないほど中毒になってしまいます。

理性の中では「不倫はやめないと」と思っていても、心のどこかで「じゃあ私は何をすればいいの」「私には何もなくなってしまう」という虚無感の方が恐ろしく感じて、辞めることが出来なくなってしまうのです。

いつの間にか芽生えた服従心に逆らうことが出来ない

不倫をやめたいのにやめられない女性の心に潜む苦しさの正体は、服従心があるからです。

既婚男性に対して服従心を持ってしまった女性は、自覚がないままに不倫相手のためだけに動くようになっています。

不倫恋愛では、デートをするのも電話をするのも彼の都合次第です。

「今すぐ来て」「この時間に連絡してくるなって言っただろ」とワガママ放題の言い分も、不倫という特殊な恋愛だからこそ女性側もすんなり受け入れてしまいます。

奥さんのいる人を好きになってしまったという罪悪感や人に言えない恋愛をしているという背徳感で、彼の言うことに従うことが当たり前になっていくのです。

交際期間に積み重ねてきた服従心で、「自分から別れることは許されない」「彼から呼び出されたらすぐ行かなくちゃ」と別れることが出来ません。

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因

所属欲求が満たされていないから孤独感が強い

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因には、所属欲求が満たされていないから孤独感が強くなってしまうというものがあります。

人は所属欲求が満たされていないと「誰にも理解してもらえていない」「誰にも必要とされていない」と不安が募るものです。

居場所がないと感じる気持ちは、不安や恐怖をあおることになり、誰かに受け入れてもらいたいという気持ちが強くなります。

家族や友人など安心して所属していると納得できる居場所があれば、不倫恋愛で「私がいるべき場所」を確認しなくても満たされていくはずです。

所属欲求が満たされない原因としては、あなた自身が周りの人を信用していないことも挙げられます。

本当は身近な人が受け入れてくれていて、困ったときには手を差し伸べてくれたり、「いないと困る」と思ってくれていたりするのに、あなた自身が「私を受け入れてくれる人はいない」と感じてしまっていることで、所属欲求が満たされず恋愛で満たしていこうとしていくのです。

存在承認を感じることが出来る唯一の相手

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因には、不倫している既婚者があなたにとって存在承認を感じることが出来る唯一の相手だからというものがあります。

存在承認とは「あなたがいるだけで喜びを感じている」と存在そのものを受け入れてもらうことです。

「今日も笑顔が素敵だね」「今日も元気だね」「いてくれるとホッとするよ」とあなたが特に何もしなくても、不倫相手がほめてくれることで、存在承認の世級が満たされていきます。

いるだけで嬉しいと言われることは、生きている価値を見出すことが出来る重要な言葉です。

自己肯定感の低さや人を傷つけてまで恋愛をしているという罪悪感を一瞬で乗り越えることが出来ます。

この瞬間はある意味快感を伴うものとなるので、何度でも求めてしまうのです。

「私がいるだけで喜んでもらえる」と感じることは、心からの幸せでありその言葉をくれる相手を手放したくないという独占欲を生み出します。

いくら不倫をやめようと決意しても、貴重な相手を手放したくないという気持ちが勝ってしまうと、離れられずにまた「いてくれるだけで安心する」という言葉を求めて会いに行ってしまうわけです。

自尊感情の低さから自分の決意に不安を持つ

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因には、自尊感情の低さから自分の決意に不安を持つというものがあります。

自尊感情は自分のことを大事だと思う感情であり、自分には価値があると思う気持ちのことです。

自尊感情が低いと、自分が決定したことさえも自信が持てなくなってしまいます。

「本当にやめることが出来るのかな」「彼なしで生きていけるのかな」と自信が持てないことで、「私が決めたことは間違いかもしれない」「あの人の言う通りに生きていった方がうまくいくと思う」と自分の決意をなかったかのように振舞ってしまうのです。

自分の決定事項にいつまでも自信を持てずにいる自尊感情の低い女性は、現状維持を選ぶことで安心を得ようとしてしまいます。

変化することに対して全て自信を持てないので、何も変化しない方が安心できるからです。

不安や恐怖などに対して執着心を持っている

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因には、不安や恐怖に対して執着心を持っているというものがあります。

決定したことに対して確実に遂行することが出来ないのは、心の中に守りたいものがあるからです。

守りたいものとは、安心感や幸福感といったポジティブなものもありますが、不安や恐怖というネガティブなものも守りたいものに含まれます。

不安や恐怖を手放すことが出来ないから、それがなくなってしまう状況を避けてしまうのです。

不倫を止めてしまうと「いつかはバレてしまうかも」「私だけ好きみたいで嫌だ」という不安や不満、「彼が会ってくれなくなったら一人ぼっちになってしまうかも」といった恐怖などを持ち続けることも安定と感じます。

不安や恐怖に執着心を持っていると言えるわけです。

不倫をやめられない人は、ネガティブな感情を持つことで安心しているといえます。

悪いことをしている自分をネガティブな感情で戒めていると思い込んでいるはずです。

不倫を本当にやめてしまうことで、自分に対してネガティブな感情を持たなくなってしまうので、新たに後悔という感情が生まれてしまいます。

感情の変化はとても怖いものだと感じているので、辞めることが出来ません。

相手に対しての尊敬が勝ってしまう

不倫をやめようと決意しても気持ちが戻ってしまう原因には、相手に対しての尊敬が勝ってしまうというものがあります。

不倫をしている女性は、相手の既婚男性に対して尊敬の念を持っていることも少なくありません。

かっこいい上司、人間として見習いたい部分がたくさんある人、理想の男性、優しさを感じる広い心の持ち主、と様々な尊敬の気持ちを持ち続けていることで、恋愛感情だけ切り離そうとしても相手のことを嫌いになることが出来ないのです。

不倫をやめるためには相手と離れるための決意が必要。

しかし、嫌いになることが出来ない相手に対して離れることを決意することはとても難しいこと。

強い決意で「不倫をやめよう」と思っていても、尊敬している限り新たな恋心が次々と芽生えます。

「やっぱりあの人素敵だな」「どうしてあんなに優しいんだろう」と何度も恋をしてしまうことでやめようと思う気持ちが打ち消されてしまうのです。

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸

さらなる自己評価の低下

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸には、さらなる自己評価の低下というものがあります。

そもそも不倫をする女性には自己評価の低い人が多く、「こんな私を愛してくれる珍しい人」と不倫相手のことを過大評価していることも少なくありません。

自分自身に対して評価が低いことで、相手が等身大以上に見えているのです。

不倫を続けてしまうことで、あなたの心の中には罪悪感と背徳感が大きく育っていきます。

「彼には家庭があるのに私がその時間を奪ってしまっている」「最初からダメだと分かっていたのに彼の全てを自分のものにしたいと思ってしまう、ダメな女」と自分のことを責め続けてしまうわけです。

自己評価を下げ続ける思考を続けてしまうことで、日常生活にも被害が及びます。

周りの人がすべて不倫を責めているような気持になり、前を向いて歩けなくなったり、隠し事をしていることに後ろめたいと感じていることで人と会話をすることが怖くなったりしてしまうからです。

不倫を続けてしまうことで、コミュニケーション障害を発症してしまうこともあります。

罪悪感に耐え切れなくなり自我の崩壊

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸には、罪悪感に耐え切れなくなり自我が崩壊してしまうというものがあります。

不倫を続けていくことで、最初から持っている罪悪感は大きく膨れ上がるはずです。

「奥さんは今彼のためにご飯を作っているのよね」「子供たちは純粋な笑顔でお父さんの帰りを待っているのね」と家族を想像してしまい、胸を痛めます。

彼のことを好きになればなるほど、同じ女性として奥さんの立場に感情移入してしまい、罪悪感が大きくなっていくのです。

膨れ上がった罪の意識は、あなたの心を蝕んでいき、楽しい恋愛をしているはずだったのにいつのまにか苦しさだけを抱えることに。

そして、自分はなぜそんなひどいことをしてしまっているのか、どうして自分の気持ちなのにコントロールできないのか、悩み続けることで自我が崩壊してしまいます。

感情は不安定になり、全てをネガティブにとらえ、自分の行動を信じることが出来ない状況にまで追い込まれ、うつ状態になってしまうこともあるほどです。

緊張と不安が続くことで自律神経が乱れ体調を崩す

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸には、緊張と不安が続くことで自律神経が乱れて体調を崩してしまうというものがあります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫恋愛は緊張の連続です。

いつバレてしまうか分からない、少しのミスも許されないアリバイ作り、いつ会えるか分からないから自分の予定も決めきることが出来ない不安定な生活、声が聴きたいときでさえ我慢しなければいけない窮屈さ、それら不倫恋愛で起こるすべてのことがあなたの神経を緊張させてしまいます。

過度な緊張とストレスは、自律神経を乱し、本来女性が美しくあるために必要なリラックスした気持ちや受容力といった豊かな愛情をはぐくめなくなってしまうものです。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、頭痛や吐き気、疲れが取れない、めまいがする、などの体調不良を引き起こします。

体調不良が続くことで、さらに「自分はどこか悪いのではないか」と不安になり、体調不良を助長させてしまうわけです。

周囲からの存在承認を受け入れられずますます二人だけの世界に入り込む

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸には、周囲からの存在承認を受け入れらずますます二人だけの世界に入り込むというものがあります。

不倫恋愛を続けることで、周囲の人から隠れて生活するようになってしまい、周りの声をシャットアウトしてしまうのです。

どれだけ称賛されても愛する人から認められる行為には足下にお及ばず、記憶に残らず過ぎ去ってしまいます。

そのため周囲からの存在承認を受け入れることが出来ず、「彼だけが私を必要だと言ってくれる」「あの人だけが私がいることに意味を見つけてくれる」と信じ込むわけです。

存在承認をしてくれている人を認識しているかどうかも、心を満たしていくかに関係していきます。

周りの人に耳を貸さなくなったあなたは、ますます彼と二人の時間を必要とするようになり、依存状態になっていくに違いありません。

周囲にバレて否定の言葉を浴び続けることで行動承認を持てなくなる

不倫をやめられないまま時間が経つと見舞われる不幸には、周囲にバレて否定の言葉を浴び続けることで行動承認を持てなくなってしまうというものがあります。

不倫恋愛が続けられるのは、最低限周りの人に関係を知られないことが条件です。

しかし、バレる時は突然訪れます。

不倫恋愛において、絶対ということはあり得ません。

バレた時には社会的にとことん非難されるだけでなく、人格や今までの功績さえも否定されてしまいます。

居場所がなくなり非難や攻撃され続けることで、「私って結局何をしてもダメなのよ」「私がすることは全部間違っている」と自分の行動に対して信じることが出来なくなってしまうのです。

どれだけ仕事やプライベートでいいことを思いついたと思っても、行動承認ができていなければ、行動に移すことが出来なくなってしまいます。

頭の中だけで思い描いても、行動がなければ現実が動くことはないので、いつまでも成功体験を経験することが出来なくなってしまうわけです。

行動できない女性になってしまえば、これから先幸せをつかむことも難しいといえます。

不倫がやめられない自分を認めよう!自分を許す事で不倫相手への関心を薄れさせる方法

孤独な時には親友や家族との思い出を思い出して存在承認

不倫がやめられない自分を認め、許すことで不倫相手への関心を薄れさせる方法には、孤独な時には親友や家族との思い出を思い出して存在承認を積み重ねていくというものがあります。

不倫をやめられないのは、存在承認をしてくれる人がいないと思い込んでいるから。

実はあなたのことを「いてくれるだけでいい」「必要かどうかなんて考えなくてもいい」と認めてくれる人はたくさんいます。

不倫で存在承認を満たそうとする人は、周りの人の愛に気が付いていないだけです。

本当はたくさんの人があなたのことを見てくれていることに気が付きましょう。

孤独に泣いてしまう時、「この世に一人ぼっち」だと感じてしまう時には、過去のことでもいいので親友や家族と過ごした楽しい時間を思い出すのです。

身近な人と笑いあい、幸せに暮らした日々、あなたは理由もなく受け入れられていました。

そして、そんな人たちは時がたっても愛が変わることはありません。

あなたは一人ではない、いるだけで幸せな気持ちになる人はたくさんいるということを信じるのです。

好きな人への気持ちを素直に行動したことを受け入れる行動承認

不倫がやめられない自分を認め、許すことで不倫相手への関心を薄れさせる方法には、好きな人への気持ちを素直に行動したことを受け入れる行動承認していくというものがあります。

好きな人が出来ても、相手が既婚者であればたいていの人はそこで諦めてしまうものです。

しかし、あなたは行動しました。

だからこそ好きな人と甘い時間を過ごすことが出来たのです。

不倫という言葉に罪悪感が大きくなってしまいますが、結婚という制度は人間が勝手に作り出した契約。

好きになった人と心を通わせあい、愛をはぐくみ、体を重ね合わせた日々は奇跡としか言いようがありません。

好きな人が好きになってくれる確率は、人口数から考えれば非常に低いものです。

しかも相手は既婚者なので、既婚者との恋愛が成立する確率はごくわずか。

あなたは奇跡の中の奇跡を体験することが出来ました。

その行動力、愛を信じた自分自身を褒めてあげましょう。

あなたの行動は、これからもあなた自身を幸せにする力を持っているはずですよ。

今までバレていないことだけでもありがたい!結果承認

不倫がやめられない自分を認め、許すことで不倫相手への関心を薄れさせる方法には、今までバレていないことだけでもありがたいという結果承認を行うというものがあります。

不倫がバレないなんて、本人たちにとっては感謝以外の何物でもありません。

結婚相手の奥さんにとっては、好きな人と毎日一緒に生活しているわけですから、少しの変化でも気が付くのが当然です。

特に女の勘はバカにできないもの。

「うちの夫に女の気配がある」「今日仕事が遅くなるって言ったけど、違う気がする」とちょっとしたことを虫の知らせと感じて、浮気疑惑を持ちます。

男の人は嘘つくことが基本へたくそなので、今までバレて修羅場になっていないことだけでも本当にすごいことなのです。

今、感謝の気持ちが沸き上がったこのタイミングで、不倫を終わらせておくことが自分にとっても気持ちよく離れることが出来るタイミングだということは容易に想像できるはず。

これから関係を続けてもバレない保証はどこにもありません。

いけないことでも自分にとっては必要だった。自己受容

不倫がやめられない自分を認め、許すことで不倫相手への関心を薄れさせる方法には、いけないことでも自分には必要だった、と自己受容していくというものがあります。

不倫をしていることで、自分自身を許せない、法に触れることをしてしまって存在価値のない人間だ、と自分を責め続けて苦しくなる人は少なくありません。

しかし、あなたには今までの経験全てが必要だったのです。

人間として生まれて、死ぬまでの間に学ばなければいけないことがたくさんあります。

これから起きることを乗り越えるためにも、必要な経験として目の前に訪れた試練だと考えましょう。

必要なことしか目の前に訪れることはありません。

不倫という行為は確かにあなたも傷つき、多くの人を傷つける行為だったかもしれませんが、いけないことだと分かっていながらも避けることが出来なかったのは、必要だったからです。

あなたのしたことは、起きるべきことだった、と受け入れてあげましょう。

愛されるだけの価値があると認める自己価値

不倫がやめられない自分を認め、許すことで不倫相手への関心を薄れさせる方法には、愛されるだけの価値があると認めるための自己価値を受け入れるというものがあります。

「彼しか私を見てくれない」「既婚者だから私を傍に置いておいてくれた」と誰にも愛されないと心から信じてしまっている人は、不倫を止めることが出来ません。

しかし、本当は誰もが愛されるべき存在です。

あなたが生まれた時には多くの人が喜んでくれたはず。

そして、生きてきた中でもたくさん笑顔になる瞬間があったはずです。

あなたのことを心から心配してくれて、大切に思ってくれた人が必ずいます。

あなたには、何もしなくても愛されるだけの価値があるのです。

誰にでも愛してもらえると信じることが出来たなら、不倫をしている既婚男性に執着する必要もなくなります。

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法

既に妻を裏切っている人と受け入れ自己防衛本能を高める

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法には、既に妻を裏切っている人だと受け入れて、あなた自身の自己防衛本能を高めるというものがあります。

既婚者の男性とお付き合いをするということは、相手には奥さんという絶対的立場の人を裏切っているということです。

つまり、彼は人を裏切ってまで自分の気持ちを優先する人。

今のあなたは選ばれて一緒にいられる側かもしれませんが、このまま不倫関係を続けると、あなた自身も裏切られる可能性があるのです。

いつか今の奥さんのように、あなたにいい顔をしながら他の女性に愛をささやく日が来るかもしれません。

あなたは彼に愛を尽くしながら「私だけを見てくれている」と信じているのに、相手にはたくさんの女性がいるという残酷な未来が訪れることも考えられます。

結婚という周囲の人にも「愛し続ける」と宣言した経験をしていても、裏切っているあの人。

あなたはいつまで彼を信じるべきなのか、今一度考えてみましょう。

不倫恋愛が出来る二面性を見て必要性を確かめる

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法には、不倫恋愛が出来る二面性を持っている彼を見て、あなたは相手にとって本当に必要かどうか確かめるというものがあります。

不倫をしている既婚男性は、恋愛の側面を決して表に出すことはありません。

出してしまえば不倫の事実が表ざたになってしまい、恋愛が続けられないだけでなく社会的に抹殺されてしまうからです。

そんな表の顔と裏の顔、既婚者の男性としてしっかり家族を養っている風の顔と、家族に嘘をついて恋人に愛をささやく顔を使い分けている、相手の二面性に注目してみましょう。

どれだけ相手を愛し続けても、表の顔のあの人にあなたの姿はないはずです。

つまり、あなたは恋愛だけに必要であって、彼のすべてに必要なわけではないということ。

大好きな彼のほんの一部しか共有できないことに、本当の愛はあるのかしっかりと考えてみるべきです。

不倫を正当化していることに疑念を持つ

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法には、不倫を正当化している彼の言動に疑念を持つというものがあります。

不倫を続けている既婚男性は、あなたといることに全うそうな理由を付けて、不倫を正当化しているはずです。

「本当に好きになったんだから仕方がない」「男は不倫してステータスが上がる」「男の価値は不倫の数に比例する」「好きになったらたまたま結婚した後だった」と様々な理由を持っています。

しかし、そのどれもが彼が自分自身を守るための言い訳にすぎません。

あなたのことをどれほど大切にしてくれている言葉なのか、ゆっくり紐解いてみましょう。

不倫を正当化することは、本気で離婚して再婚まで考えるほどの愛情ではないということ。

あなたへの愛は不倫という関係で十分だと思っていると判断できます。

あなたの存在は、そんな失礼な扱いを受けるべき人ではないはずです。

ちゃんと愛されるべき人であり、胸を張って愛を宣言できる相手であるべきだと受け入れ、あなたがあなたの価値をきちんと大切に守ってあげましょう。

彼の自尊心を高めるためだけに利用されていることを理解して自分の自尊感情を高める

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法には、彼の自尊心を高めるためだけに利用されていることを理解して、自分の自尊感情を高めていくというものがあります。

不倫をすることは既婚男性にとって自尊心を高める行為です。

「結婚しているのにモテる俺ってすごい」「奥さんからは空気のような扱いをされているのに彼女は男として褒めてくれる」とあなたと不倫関係でいることで、彼のプライドを高めています。

この行為は、彼にメリットはあってもあなた自体にはメリットがない感情です。

彼のプライドのためだけにあなたを傍に置いていると考えたら、腹が立つほど都合のいい話。

あなたはあなた自身の自尊感情を高めていくことが必要です。

そのためには、そんな自分勝手な都合であなたと別れようとしない既婚男性と離れる事こそが、自分の価値を高める行為となります。

あなたはあなたを大切にしていいのです。

誰かに利用されるために生きているわけではないということ自覚し、あなたが幸せになる方法を考え行動に移していきましょう。

性の捌け口ではないと断固抗議する怒りを沸き上がらせる

不倫相手の男性を冷静に分析して離れられない感情を手放す方法には、性の捌け口ではないと断固抗議する怒りをしっかりと沸き上がらせるというものがあります。

あなたは心のどこかで「この不倫は彼の性欲処理かもしれない」「奥さんとセックスレスだから私が代用?」と思ったことがあるはずです。

男の人は愛情とは別であってもセックスをすることが可能な存在。

愛を求めて必死に彼に合わせてきたあなたの気持ちを微塵も感じてくれていません。

セックスする事で、あなたは今まで「愛されている」「必要とされている」と心も満たされてきました。

しかし、彼はエッチが出来ればそれで満足。

奥さんがしてくれない日に、あなたと会おうとしてきた可能性も十分あります。

あなたはセックスのためのホールとして使われていただけ。

怒っていいのです。

利用した相手に怒りの感情を持ち、別れるためのエネルギーに転換していきましょう。

不倫がやめられない苦しさの正体を知って対処しよう

不倫をやめようと思ってもやめられないのは、あなた自身が心の状態をよく理解できないから。

不通の恋愛とは違って、相手が既婚者という不倫は様々な感情が動いているので、自分では整理が出来なくても仕方がありません。

絶対に不倫をやめたいと思うのならば、苦しさの正体を知って、対処していきましょう。

あなたの心を分析できれば、抱えてきた辛さや苦しみを手放すことが出来、前に進むことが出来ますよ。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事