不倫をやめたい…もう潮時かなと思う瞬間・終わらせる決心の仕方・関係を断ち切り抜け出す方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

既婚者との恋愛は、苦しみや悩みを抱えながら続けている人も多い恋愛。

「もう不倫をやめたい」「こんなに辛いのに何でやめられないの」と不倫恋愛をやめたいと思っているのにやめられないあなた。

不倫恋愛を終わらせるためには、決心をつけるためのポイントがあるんです。

最初から既婚者だと知っている恋愛では、どうしても我慢が多くなってしまうものですが、その我慢こそが辛さの元だといえます。

そんな苦しんでいるあなたに、不倫をやめたいと思った時に関係を断ち切って抜け出す方法をご紹介しましょう。

独身と既婚者、既婚者同士というケースごとに抜け出す方法をお伝えしていくので、当てはまる方を参考に行動に移してくださいね。

辞めたいと思っていた不倫を終わらせることができたら、新しい人生の一歩を踏み出せますよ。

目次

この不倫はもう潮時かも…関係をやめたいと思う瞬間

独占欲が強くなって「家に帰ってほしくない」と強く思い始めたとき

不倫の潮時を感じてしまう瞬間には、不倫をしている自分自身の独占欲が強くなり、既婚者の彼に「家に帰ってほしくない」と強く思い始めたときというのがあります。

不倫をするときには、お互い割り切って恋愛をしようという暗黙のルールがあるもの。

相手には家庭があり帰らなければいけない立場だというのは、重々承知の上の関係です。

しかし、恋愛を進めていく上で理屈ではどうしようもなく相手を欲してしまう感情にとらわれてしまいます。

「彼と片時も離れたくない」「相手の奥さんはあの人を独り占めして許せない」と不倫関係だけでは満足できなくなってきたと感じたら、素早く関係を断つべきです。

特に相手の既婚男性が離婚の意思がなく、家庭を優先しているのにあなたとの恋愛をしている時には、あなたの独占欲が強くなるにしたがって彼との関係も悪化する道しかありません。

「彼にみっともない姿を見せたくない」「幸せなままでいたい」「キレイな思い出にしておきたい」と思うのならば、今トラブルになっていないうちに別れておく方があなたのためにもなるのです。

既婚者の彼を独占したいという願望を叶えるには、想像するよりはるかに困難な壁を乗り越えなければいけないことになります。

全てを捨ててでもその道を生きていく勇気がないのなら、別れるタイミングと言えるはずです。

年齢を重ねてきて結婚願望が強くなってきたとき

不倫の関係をやめたいと感じてしまう瞬間には、年齢を重ねてきて女性自身の結婚願望が強くなってきたときというのがあります。

不倫関係を続けている限り、幸せな結婚を願っても難しいことです。

不倫相手との略奪婚をするにしても、公表してすべての人に賛同してもらえるわけではありません。

既婚者の彼以外の人と結婚を望んでも簡単なことではないはず。

晩婚化が進んできたとはいえ、結婚適齢期を過ぎて年月が経つにつれて、出会う男性も年齢が上がり、生き方も考え方もしっかりと根付いてしまっている人がほとんでといえます。

結婚生活は他人同士が一緒に生活するものなので、お互いの考え方に柔軟性がなければ窮屈に感じてしまうことも多くあるものです。

相手は結婚経験者で子供がいる場合もあれば、トラブルを抱えて離婚した経緯がある場合もあります。

仕事一筋で独身を貫いてきた人であれば、これから先も仕事優先である可能性は大いにあるはずです。

結婚年齢が上がるというのは、相手の生き方に合わせられる器量の大きさも求められるということ。

「お互いに歩み寄った結婚生活」を望むなら、さっさと不倫をやめて早く結婚相手を見つけた方がいいのです。

生理不順で毎月ドキドキすることに嫌になったとき

不倫の関係をやめたいと感じてしまう瞬間には、浮気相手の女性がもともと生理不順とはいえ、性行為をしていることで毎月ドキドキしてしまうことが嫌になったときというのがあります。

女性にしかわからない生理の悩み。

毎月定期的にやってくるのが理想ですが、社会のストレスや体調不良、不眠や生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの乱れで生理不順になっている女性は多くいます。

不倫恋愛をしているということは、もちろん体の関係も結んでいる二人。

生理不順とはいえ、本来なら来てもいいはずの時期に生理がやってこなかったら「もしかして妊娠したのかな」「今月はいつ生理になるのかな」と不安になってしまうことも多かったはずです。

性行為がある限り、いくら避妊をしても妊娠の可能性を防ぐことはできません。

毎月遅れてやってくる生理に妊娠の可能性をドキドキ不安を抱えて過ごすのはしんどいと感じることも…。

「毎月不安になるのはもう疲れた」「もう生理不順のストレスから解消されたい」と思ったら、絶対妊娠タブーの不倫関係を断つべきです。

不倫相手の彼の他に気になる男性が現れたとき

不倫の関係をやめたいと感じてしまう瞬間には、不倫相手の彼の他に気になる男性が現れた時というのがあります。

恋愛というのは突然始まるもので、突然終わるもの。

今まで既婚者とはいえ「この人しかいない」と思っていたとしても、ある日突然キラキラまぶしく輝いて見える異性が現れることも珍しくありません。

「今までこんな人に出会ったことない」「今までは何とも思わなかった人なのに、こんなに素敵な人だなんて気が付かなかった」と今交際している彼以外の男性に興味を持つこともあるのです。

新しく気になり始めた男性が結婚していない相手であれば、もちろん既婚者よりもそちらの男性と恋愛に発展させた方が堂々とデートが出来る楽しい関係が築けます。

気になる異性が現れたことで「もうこそこそ恋愛するのはやめたい」と思う気持ちが芽生え、不倫関係を解消しようと思い始めるところです。

女の子はいつだって、自分が恋をしている相手のことを誰かに話したいし、ラブラブな姿を自慢したいという気持ちを持っています。

不倫をやめたいと思うのは、独身の相手であればその願望を満たすことができるからです。

既婚男性からの愛情が冷めて体だけの関係になっていると感じた時

不倫の関係をやめたいと感じてしまう瞬間には、既婚男性から感じる愛情が冷めていて、体だけに関係になっていると感じたときというのがあります。

いくら本気で愛し合っていても、いつまでも同じ熱量で恋愛を続けられるカップルはごくわずか。

不倫関係も最初は刺激的で、危険な恋愛だからこそ燃え上がり「この世で分かり合えるのは二人きり」という気持ちになることで、どんどん深く愛し合っていきます。

しかし、不倫恋愛も慣れてくるとマンネリ化が起きてくるものです。

いつまでも同じ気持ちで求め合いたいものですが、相手からの愛情を感じることができず「ただ奥さんとは違う女とエッチしたいだけなんだな」と感じる交わりはむなしいもの。

「愛されたい」と願う女性は、愛のないセックスが悲しくて仕方ありません。

既婚者とはいえ、恋人の男性に心から求められない関係なら無理に恋愛を続ける必要性を見つけられないはず。

不倫関係を終わらせようと思うきっかけになります。

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由

もう二度と禁断の恋愛ができないのはもったいないと思ってしまうから

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由には、もう二度と禁断の恋愛ができないのはもったいないと思ってしまうからというものがあります。

刺激やスリルを味わうと、「こんな恋愛は他ではできない」と思うことで、不倫ならではの刺激にのめり込んでいくものです。

人目を忍んで会う、誰にも言えない秘密の恋、人様の旦那と愛し合っている、という不倫で発生するすべてのことが刺激に感じます。

独身同士の恋愛であれば、どこで会っていようと誰に関係を話そうと、興味を持たれることもなく誰でも経験できることとして認識するところです。

しかし、不倫恋愛は禁断の恋愛なので「選ばれた人」しかできない恋愛だと感じます。

そのため、不倫関係を終わらせよう、不倫をやめようと思っても禁断の恋愛をもう二度と出来ないと思うと手放すのが惜しくなってしまうのです。

人様の旦那が自分に夢中になっている様子は、とても優越感を持つものなので、自分が「誰よりも魅力があるから選ばれた」と思うことができます。

不倫をやめてしまうことで、なんの秘密もない女に成り下がってしまうことが悔しいとすら感じてしまうことがやめられない理由です。

不倫相手の男性が理想の男性像の人だから

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由には、不倫相手の男性が浮気相手の女性にとって理想の男性像の人だからというものがあります。

どんな人にも理想の人というのがいるものです。

けれども、「優しい人がいい」「落ち着いた人がいい」「リードしてくれる人がいい」などそれぞれ理想の人として抱える人に実際出会えるかどうかは別問題。

恋愛をしても「自分の理想の人に出会ったことがない」と思っている人も珍しくありません。

しかし、不倫相手の彼が浮気相手の女性にとって、まさしく理想の人であれば「不倫恋愛をこれ以上続けてはいけない」と思ったとしても、「離れたくない」「こんな理想通りの人にもう二度と会えないかもしれない」と思うと別れることができなくなってしまいます。

特に既婚者の男性は、結婚という経験を通して他人だった奥さんと生活を共にしているので、器が大きくなっているはずです。

自分の主張を通しすぎることなく、包容力があり、女性の扱いが上手な既婚男性を見ていると、理想の男性と既婚者の彼が重なり、失いたくない気持ちが強くなってしまいます。

別れようと思うたびに優しくされるから

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由には、別れようと思うたびにやさしくされるからというものがあります。

不倫をする既婚男性はずるい一面を持っているものです。

いくら女性側が「別れよう」と思って言葉にしても、「手放したくない」と思っている既婚男性は優しい言葉をかけて離れられないようにしてしまいます。

既婚男性からすれば、浮気相手の女性は必要な存在です。

自分が既婚者であることを理解した上で、男として求めてくれて体の関係を合意してくれる相手というのは、いい方は悪いですがまさしく”都合のいい女”。

女性が離れようとする空気を察して、いち早く対策を練ってきます。

彼女が離れないようにするには、夢中にし続けるしかありません。

優しい言葉をかけ、自分だけが味方だと伝え、二人だけの秘密だと気持ちの共有をすることで離れられなくなることを知っています。

「今日こそは別れよう」と思っている女性に、既婚者の男性は自分の弱いところを見せ「君だけが僕の支えだよ」「家には居場所がないんだよ」「君を見ているだけで心が安らぐ」と伝え、彼女の必要性を訴えることで、女性側は離れられないのです。

時間が空いていると相手してくれることが嬉しいから

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由には、時間が空いていると既婚者の男性が相手してくれることが嬉しいからというものがあります。

人肌恋しいときに会ってくれる人の存在は、離れることにためらいが生まれるものです。

いつも誰かに必要とされたい”承認欲求が強い女性”や、過去の恋愛でひどく傷ついていて「一人になるのが怖い」と思ってしまう女性は、部屋で一人ぼっちになって暇な時間ができてしまうと、「私は誰にも必要とされていない」「私には一緒に時間を共有してくれる人がいない」と辛く悲しい気持ちから抜け出せなくなってしまいます。

しかし、不倫をしていると会えないことが日常であり、それは「会わない」わけではありません。

普段会えないのは当たり前、時間が空いて仕方がない時には体を重ねてくれる相手というのは、女性にとっても都合のいい男。

人間関係の面倒なことを考えずに済み、求めてもらえる相手との恋愛は女性にとって気楽な関係なのです。

不倫はもうやめようと思っても、一人になることが怖い、相手をしてくれる人がいることが嬉しいと感じる限り、やめることは難しいといえます。

既婚男性からの愛情をひしひしと感じるから

不倫をやめたい気持ちがあるのにやめられない理由には、既婚男性からの愛情をひしひしと感じるからというものがあります。

不倫をやめようと思っても愛情のバランスが一方的であれば、別れることも容易ではありません。

浮気相手の女性側が、「もう辛すぎてしんどい」「相手の家族に申し訳ない」と思って別れようと思っても、当の本人である既婚者の男性が自分のことを心から愛してくれていると感じているときには、別れることができないのです。

「あの人には奥さんがいるけど、上手くいってない家庭に戻すのはかわいそう」「嫁より私のことを選んでくれてるのに別れたらあの人はおかしくなってしまうかもしれない」と彼のことを心配する気持ちも沸き上がります。

不倫恋愛では、既婚者の男性にふりまわされることがほとんど。

既婚者の男性からの愛情が大きすぎると、いくら浮気相手の女性が離れようと思っても、いつの間にか彼のペースに巻き込まれて離れることが難しいのです。

不倫をやめたいと思ったらこう考えて!終わらせる決心の仕方

二人の関係を知ったら傷つく人がたくさんいるということを思い出す

不倫をやめたいと思ったら、二人の関係を知ったら傷つく人がたくさんいるということを思い出すという決心の仕方があります。

不倫恋愛で傷つく人のことを考えた時、具体的に思い浮かべることができる人は少ないものです。

多くの浮気女性が、今している不倫恋愛で傷つく人を思い浮かべた時に真っ先に出てくるのが相手の奥さん。

次に相手の家族くらいです。

しかし、よく考えてみてください。

あなたと彼が不倫をしていることを知ったら、傷つく人は他にもいるはずです。

相手の家族はもちろん、相手の親、兄弟、そして浮気相手であるあなたの親兄弟や友人、社会人としてしっかりと愛を持って育ててくれている上司とあなたの親族だけではありません。

それに、あなたが不倫を無事に辞めれた後も、不倫をしていたという事実は残ります。

今後、今の既婚者の彼ではない誰かと恋愛をして、あなたが不倫経験を隠していても、ふとしたきっかけで既婚男性と再会してバラされる可能性もあれば、時間が経過した後に奥さんから責め立てられることもあるのです。

結婚しても「夫も不倫をするかもしれない」という恐怖を常に持ってしまうことにもなりかねません。

不倫をしていることで一番傷ついているのは、あなた自身です。

不倫が長引けば長引くほど、心に積み重なる傷は大きくなるので、一刻も早く不倫をやめることを決意しましょう。

自分の人生に「不倫自慢」はいらない

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫をやめたいと思ったら、自分の人生に「不倫自慢」はいらないという考え方をすることでやめる決心をする方法があります。

危険な恋愛をしていることで、あなたの心の中にはどこか「不倫自慢」をする気持ちを持っているはずです。

「そんなわけない」と思っていたとしても、結婚している人から愛されるという喜びは誰もが経験できることではないので、特別感に喜びを感じたことがあることを思い出しましょう。

「人と同じことはしたくない」と、他人と足並みをそろえることを嫌う人は特に、選ばれた人にだけ許される不倫恋愛をどこか自慢に感じてしまうものです。

しかし、実際のところあなたの人生の中で、今までもそしてこれからも「不倫自慢」は全く必要ありません。

不倫経験があることを人に話したところで、あなたの信用度を下げてしまうだけ。

誰にも言えない関係であることは、終わってからも誰にも言ってはいけないことです。

「終わったら言ってもいい」と勘違いしないように気をつけましょう。

大恋愛のチャンスを逃している

不倫をやめたいと思ったら、大恋愛のチャンスを逃しているという考え方で不倫をやめる決心の仕方ができます。

独身女性であるあなたにとって、独身時代は長いようでとても短い期間です。

成人してから結婚するまで、人生のどのくらいの時間か考えてみましょう。

例えば18歳で社会人になったとして、一般的な結婚適齢期を25歳と考えて、その期間はたったの7年間です。

不倫をしていることで、あなたの結婚適齢期はどんどんと過ぎ去っていくのですが、一般的な7年間は、出会いのチャンスも多ければ年齢的にも勢いがある時期なので、一つの恋愛も大恋愛に発展する可能性が高い時期と言えます。

大恋愛ができる時期がこの時期だけとは限りませんが、可能性が高い時期を逃してしまうというのはあなたの恋愛人生においてとてももったいないことです。

若い時期というのは、どんな些細な出会いでも恋愛に発展しやすいので、思いがけない出会いも誰も想像できない大恋愛に発展することがあります。

年齢を重ねるにつれて人を見る目が肥え、恋愛対象を選ぶようになってしまうことで、大恋愛のチャンスを逃してしまうことになるのです。

「やめたい」と思った時点で運命の人ではない

不倫をやめたいと思ったら、「やめたい」と思った時点で運命の人ではないという考え方で決心をする方法があります。

不倫恋愛をしていると、どうしても「特別な人だから結婚しているのに恋愛関係になった」「あの人は運命の人だ」と思ってしまいがちです。

しかし、本当の運命の人というのはどれだけ周囲から引き離されても「どうしても一緒にいたい」と強く惹かれあってしまう人のことであり、別れてしまうことがあっても「いつかは一緒になれる」「また会える」と信じてやまないという特徴があります。

あなたが「もう不倫をやめたいな」「彼との関係をやめよう」と思った時点で、運命の人ではないのです。

「でも運命感じたから離れたらいけないかも」と思ってしまうのは、運命という言葉に縛られた単なる思い込み。

彼と離れる勇気がないだけの言い訳です。

都合よく”運命”という言葉を使うのをやめましょう。

宇宙に失礼だということを念頭に置くだけでも、別れる勇気に代わります。

今日にでも激しい修羅場になる可能性がある

不倫をやめたいと思ったら、今日にでも激しい修羅場になる可能性があるという考え方で決心する方法があります。

不倫関係がいつまでも続けると思ったら大間違い。

あなたが「やめたい」と思っている・いないに関わらず、今この瞬間にもリスクが続いています。

結婚している人と付き合っているという時点で、リスクが生まれていることは百も承知のはずです。

そのリスクについて今一度ゆっくり考えてみましょう。

あなたのリスクとしては、会社にばれたら信用がなくなり仕事を失う可能性がある、奥さんから慰謝料を請求される可能性がある、今住んでいるところを離れないといけない可能性がある、といったところです。

既婚者の彼のリスクとしては、家族も仕事も失う可能性がある、離婚に伴い養育費の支払い義務が発生する、再就職もできない可能性がある、とすべて失ってしまうリスクが付きまとっています。

あなたが別れようかどうしようか悩んでいるこの時にも、彼は奥さんから問い詰められているかもしれませんし、探偵があなたの身辺調査をしているかもしれません。

不倫をしている限り、リスクがない瞬間なんてないのです。

「失うことが怖い」「人生狂ってしまうかも」と不安になるくらいなら、今すぐに不倫関係を断ち切りましょう。

【独身×既婚者】不倫関係を断ち切って抜け出す方法

周囲の人に「彼氏欲しい」アピールをする

独身の人が不倫関係を断ち切って抜き出すには、周囲の人に「彼氏が欲しいよ」と恋愛をしたいアピールをすることです。

独身の人が「恋愛をしたい」と口にするのは、何もおかしいことではありません。

むしろ、健全な一人の女性として当然あるべき欲求です。

しかし、既婚者の彼と付き合い始めてから、あなたは恋人との恋愛という面で満たされていたのでそんな言葉を口にすることはなかったはず。

何も言わない人に対して周囲の人も「恋愛しなよ」とは言いません。

よっぽどの世話焼きでない限り、人が恋愛をしたいかどうかまで興味をもつことはないからです。

しかし、独身のあなたが「恋愛したい」「彼氏欲しい」「誰か紹介して」と言葉にすることで、周囲の人は「それならいい人を紹介してあげる」と動いてくれます。

人からの紹介で出会った人ととは、何気なく出会った人よりもご縁を大切にするものです。

当然恋愛に発展する可能性も高いし、「紹介するならいい人を」とあなたに合った人を紹介してくれるはずなので、上手くいく可能性が高くなります。

新しい恋愛を始めるきっかけをつかむことができれば、不倫恋愛という辛い恋愛から抜け出すことができるはずです。

「結婚するか別れるか」と選択を迫る

独身の人が不倫関係を断ち切って抜き出すには、既婚者の彼に対して「私と結婚するか、今すぐ別れるか」と不倫恋愛の未来に対して選択を迫ることです。

結婚している彼にとって、「今すぐ私と結婚して」という言葉はタブー。

面倒なことを避けていたいという心理が働くので、「既婚者だってわかってて恋愛してるのにそれはなしだよ」と逃げようとします。

しかし、あなたが鬼気迫る勢いで「今すぐ私と結婚してくれるの!?」と問いただせば、彼もたじたじして逃げ腰になるはずです。

「さもなくば今すぐ別れて」というもう一つの選択肢を与えることによって、既婚者の彼はトラブルを回避するために別れを選ぶに違いありません。

あなたから別れる勇気が出ないのであれば、この方法で彼の方から別れを告げることを引き出し、お互い合意の元別れることが叶います。

お互い合意で別れていれば復縁することもなく、別れてからも「あんな面倒なこと言われるなら彼女とはもう関わらない方がいい」と反省してくれるので、あの人もおとなしくなるのです。

奥さんの写真が欲しいと伝える

独身の人が不倫関係を断ち切って抜き出すには、既婚男性の奥さんの写真が欲しいと伝えることです。

「別れる勇気が出ない」「別れる気持ちはあるけどきっかけがない」と思っているあなたには、思い切って既婚者の彼の奥さんの写真を見て反省と罪悪感にまみれて早々に不倫を切り上げる方法を試してみてください。

そのためには、不倫相手の奥さんの写真を入手するところから始めます。

それをわざわざ既婚者の彼に頼むのです。

「奥さんの写真が欲しいんだけど」というと、必ず彼は「嫌だ」と拒否するはず。

それもそのはず、浮気相手の女性が自分の嫁の写真を欲しいなんて言い出したら気味が悪いと思うに違いありません。

「何にするんだろう」「嫁に嫌がらせでも企んでるのかな」と不安に思う気持ちが生まれるので、あなたに対して距離を取ろうとし始めます。

すると迷わず「あなたとの関係に罪悪感をちゃんと持ちたい」と伝えることで、あなたが別れようとしていることを汲んでくれるのです。

奥さんの写真を手に入れることができても出来なくても、彼に別れる意思を伝えることができ、妻を巻き込むという突拍子もない方法を提案してくるあなたとはやっていけないと別れを受け入れてくれます。

不倫で破滅した体験談を読み込む

独身の人が不倫関係を断ち切って抜き出すには、不倫で破滅した体験談を片っ端から読み込むことです。

不倫恋愛は交際しているその時は、辛いときのほうが多くても幸せな瞬間があるからこそ辞めることができません。

いくら涙で枕を濡らそうとも「でも会いに来てくれる」「私のことを心から愛してくれてる」と思うと離れる事のほうがよっぽど辛く感じてしまうからです。

しかし、あなたはまだ本当の修羅場を経験したことがありません。

修羅場を経験した瞬間、彼との関係は終わりを迎え、人生が大きく変わってしまうという経験に代わってしまいます。

修羅場をわざわざ経験しなくても、あなた以外の人がたくさん経験してくれているのです。

不倫の先輩たちが、どんな終わり方をしてどんな破滅の道をたどったのか、しっかりと知識として入れておくことが重要になります。

幸せに向かう時にはネガティブな想像をしないようにするものですが、反対に不倫を終わらせたいときにはネガティブな想像を駆り立てることで、「今すぐにやめたい」と思いが強くなり行動できる強さが生まれるはずです。

【既婚者同士のダブル不倫】W不倫の関係として会うのをやめる方法

夫との関係を見直し改善していく

既婚者の人がダブル不倫関係を断ち切って抜き出すには、あなた自身が夫との関係を見直して今の生活を改善していくことです。

W不倫関係においては、どちらが悪いとか一方的に我慢しなければいけないという関係ではありません。

相手も奥さんを裏切っているし、あなた自身も夫を裏切っている結果の交際です。

不倫相手に別れを告げる前に、あなた自身が夫婦間で幸せになることがW不倫の別れにつながります。

あなたが夫に対して感じていることを改めてゆっくりリストアップしてみましょう。

夫に対して抱えている不満は、あなたの態度を変えることで改善されることがよくあります。

「うちの夫は何をしても変わらない」と諦めてしまう前に、あなた自身が子供の母や妻としてではなく、一人の女として夫と向き合ってみてください。

優しい言葉をかけて、少しオシャレをして、言葉遣いも姿勢も正したら夫の態度は必ず変わります。

夫婦関係はお互いの歩み寄りにより成立するもの。

相手にばかり要求する前に、あなたができる事をまず行動することで、不倫という恋愛に頼らなくても心を満たすことができるはずです。

家族の時間を増やして家での居場所を心地よくする

既婚者の人がW不倫関係を断ち切って抜き出すには、家族の時間を増やして家での居場所を心地よくすることです。

ダブル不倫をしていると、知らないうちに家族に対して遠慮をし始めてしまいます。

不倫恋愛をする人というのは、不倫をする前から家族の中で居心地の悪さを感じていることもあるものです。

家族というのは自分の所有物ではなく、それぞれが意思を持った人間だからこそ難しいこともたくさんあります。

しかし、家族だからこその絆もあるはず。

子供がいなかったころの夫婦、子供が小さかった頃の家族の形を思い出してみましょう。

あなたはそのころと同じように笑っているか、怒鳴ってばかりいないか、将来の不安ばかり口にしていないか、思い出してみることで、変化していることがあることに気が付きます。

家族の時間を増やし、お互いが本音で話し合える環境を準備するだけでも家族の中で過ごす時間の輝きが変わるものです。

あなたが家にいて「居心地がいい」と感じることができれば、不倫相手と会うために外に出ることもなくなり、W不倫の恋愛から抜け出すことができます。

離婚して一人で生きていく覚悟をする

既婚者の人がW不倫関係を断ち切って抜き出すには、離婚して一人で生きていく覚悟をすることです。

ダブル不倫をする状況というのは、よほど家族とうまくいっていないか自分の人生に不満を持っている状況、もしくは本当に心から愛してしまって第二の人生を歩き始めてしまった場合と言えます。

いずれにしても元の形に戻ることは難しく、あなたはW不倫を経験したことで人生のステップを一コマ先に進めてしまったのです。

家族の元に帰ることもいいですが、あなたの人生をステップアップさせるチャンスとも言えます。

ダブル不倫相手と別れることを決意すると同時に、今の家族とも決別することを決めましょう。

あなたはそもそも自分の人生を歩むために生まれてきたのです。

結婚したからと言って、今の夫にすべてをささげる必要はありません。

今までの人生には夫が必要でした。

しかし、ダブル不倫相手と出会って、必ずしもそうではないということに気が付いてしまったのであれば、今あなたに夫は必要なくなってしまったのです。

乗り換えるという都合のいい考えではなく、自分の人生を歩みなおすという意味で、離婚をして一人で生きていく覚悟を決めることで不倫相手とは難なく別れることができます。

いっそのこと略奪愛のために困難に立ち向かう覚悟をする

既婚者の人がW不倫関係を断ち切って抜き出すには、いっそのこと略奪愛のために困難に立ち向かう覚悟をすることです。

別れようとしているとに略奪愛に立ち向かうとは矛盾していると思いますが、あながちそうではありません。

略奪愛って簡単に出来るものではないというのは、既婚者のあなたなら容易にそうぞうできるはずです。

略奪愛をするためには、あなた自身も離婚をしなければいけないし相手にも離婚をしてもらわなければいけません。

略奪愛が難しい理由には、二組の夫婦が離婚をすることが簡単に出来るなんて、そうあることではないからです。

しかもダブル不倫をしているということがバレてはいけないので、慎重に事を進める必要があります。

お互い子供がいれば親権の問題にも発生するし、両親にも説明しなければいけません。

ただでさえ離婚は簡単なことではないのに、二組同時に離婚となると何年越しになるか想像もできないはず。

不倫関係をやめないのなら、「いっそ略奪愛をしますか?」と自分自身に問いただしたとき、簡単に「じゃあ略奪しよう」とはならないのです。

困難に立ち向かう覚悟が決まらないのなら、ここが潮時と諦めるチャンス。

「困難に立ち向かう勇気さえないのに関係を続けるなんて無意味」と改めて実感して、落胆してください。

別れる決意につながるに違いありません。

不倫をやめたいと考えるならやめる方法を具体的に考えて

不倫恋愛は、「やめようと思ってもやめられない」と悩んでいる人は実に多いものです。

では、なぜ「不倫をやめよう」と思ったのか、なぜ「やめられないのか」その理由を自分自身の中で明確にすることが大切になります。

不倫をやめる方法を具体的に考えて、簡単に出来るものを実践するだけで案外簡単にやめられるものです。

意志の強さを高めるためにも、不倫関係から抜け出す方法を実践してみてくださいね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事