価値観の違いなんかで別れたくない!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

人にはそれぞれ、価値観というものがあります。

個人差が大きなもので、自分がこうだと思っても相手が同じことを思ってくれないことや逆に相手が思っていることに自分としては納得ができなかったりもするんです。

価値観が違うと、今後どう付き合っていこう?この彼氏と本当にうまくいくんだろうか?と不安になります。

でも別れたくない!というあなたに向けて、価値観が合わないと感じる例と乗り越え方についてお伝えしていくので、参考にしてみてくださいね。

目次

彼氏の事は好きなのに考え方が合わないと気づく瞬間

「え?そんな感じ?」他者への態度で感じる

考え方が合わないと気づく瞬間1どれだけ好きな人でもどれだけかっこいい人でも、他者への態度を見て「え?嘘でしょ?」って引いてしまう瞬間があると、女性は一気に気持ちが冷めていきます。

価値観というのは、その人の人間性を映し出してもいるので、他者への態度が目にあまるもの、もしくは常識から逸脱しているようなものであれば、当然「この人とは話ないな…」と思ってしまうのです。

よくあるのが、どこかのお店の店員に対して非常に横柄な態度を取ることです。

急にタメ口になったり、乱暴な口調になる、無視をする等々の対応をされると、一緒にいる女性も恥ずかしい思いをしますし、店員に対しても失礼だといえます。

「自分は客だからいいんだ」という価値観の人と一緒にいることは、自分も同じような失礼な人間にみられてしまうので、嫌がる女性は多いです。

どんなに自分に対して優しかったとしても、周囲の人たちに優しくない男性は単純に「自分を大きく見せたいだけなのかな?」と思えるので、とてもカッコ悪いといえます。

女性でも時々店員に横柄な態度を取る人はいますが、男性側が全然違うタイプなのであれば、そんな女性の姿を見て「この子はちょっと無理かも…」と思うようになるのです。

他者への態度は、その人本人が持っている心の底にある面を見せてくれているので、価値観も知ることができます。

身近な人にしか優しくできない人、周囲の人に気を遣える人、どちらと一緒にいたいのかは一目瞭然ですし、意外にこの価値観のズレを感じる人って多くいるのです。

お金の感覚が全く合わない

考え方が合わないと気づく瞬間2顕著に価値観の違いがわかるのが、金銭感覚です。

収入によっても違いが出るものですが、1番厄介なのが身の丈に合っていない金銭感覚を持っている人だといえます。

例えば女性に対してちょっとカッコつけたいからブランド物をプレゼントするとか、以上に遊んでいるなどがあれば、将来的に「この人と一緒にいて大丈夫かな?」「結婚したらどうなるの?」と不安に感じてしまいます。

女性は、一緒に過ごして楽しいことが1番ですしプレゼントも高級なものを貰えばそれはそれで嬉しいですが、かといって彼氏が収入以上の散財をしていれば、それは「ちょっとやめたほうがいんじゃない?」と言いたくなってしまうものです。

でも、相手からすれば「自分がしたいと思ってやっていること」とそっぽを向いてしまうかもしれませんし、自分のお金をどう使おうと関係ないとも思っています。

これからの2人の将来について考えていると、そういう考えは普通起きないのですが、金銭感覚が幅広い人だとあまり先のことを考えられていません。

逆に女性が散財気味の場合、彼氏は「こういう人とは結婚できない」と感じます。

散財も価値観が合わないと悩む理由になりますし、逆に何でもかんでも節約!と考える人も「ついていけない」と思われる理由となります。

金銭感覚は、幼い頃から染み付いているものと自分が社会人になってから変化したものとありますが、どちらにしてもなかなか改善しないことが多いです。

恋愛に対する意識が違う

考え方が合わないと気づく瞬間3恋愛観、という言葉があるように人それぞれ理想の恋愛って別にあるんです。

楽しければそれでOK!将来とかどうでもいい!と思っている人もいれば、次に付き合う人とは絶対に結婚したい!と思う人もいます。

付き合っている2人は、基本的に恋愛観が似通っているでしょうが、付き合う時は勢いで一緒にいることを選んだけど、よくよく知っていくと全然価値観が似通っていない、合わない、と思うこともあるのです。

自分は結婚したいと思っているのに、彼氏はまだまだ遊びたいと思っているとか、自分は恋人が第一優先として考えているけど、彼氏は仕事が第一優先として考えているなど、ちょっとの違いかもしれませんが、その些細なズレが後々結婚などの将来的な話になるに連れて、分かり合えないことが増えます。

付き合っているので、当然恋愛観以外にも良いところはあるでしょうし、お互いに魅力を感じているとは思いますが、いつまでも恋人のままというのはなんとなく結婚願望がある人からすれば辛いものです。

特に女性は出産などを考えたときに、ある程度の年齢は決まってきてしまうので、ずーっと恋人のままだったら自分の将来はどうなるんだろう?って不安に感じます。

男性側も相手から結婚等の期待感が高まっていると、気持ちの負担に感じられますし、逆に自分が結婚したいなと思っているときに仕事を頑張るキャリアウーマンだとちょっと心が引くのです。

恋愛観のスレ違いは、別れの原因にもなりやすいので、できる限り付き合う段階でもっとお互いのことをよく知って、恋愛に対してのベクトルが同じことを確認することがとても大事だといえます。

いざ付き合った後に、お互いのベクトルが全然違う方向を向いていたら、悲しい結果になる可能性もあるんです。

物事の考え方・とらえ方がズレている気がする

考え方が合わないと気づく瞬間4人によって、気持ちのモチベーションや感覚というのは全然違います。

1つのことに対して、思うことや考えることは10人いれば全員価値観は違うのです。

価値観が違う、ということは間違いではありませんし悪いことでもありませんが、他人との関わり合いの中で価値観の相違はよくあります。

大事なことは、物事の価値観が違う人と一緒にいる時に辛いかどうかです。

ほんのちょっとの違いであれば多くの人は受け止めることができますが、話をしているだけでもイライラしてしまうこともあります。

「なんでそんな風に思うの?」「なんでこういう風に受け取るの?」と行き違う気持ちを抱えていると、その人と一緒にいるだけでも嫌な気分になるのです。

結果的にそばにいることがストレスになり、疎遠になることがほとんどだといえます。

物事のとらえ方や考え方、というのは一般常識的な話になってくるので、例えば自分が「この人ちょっとズレてる」と思ったとしても世間一般では普通の感覚かもしれませんし、その逆もあります。

自分としての価値観が固定されている状態だと、視野が狭くなってしまいがちですし、相手への配慮も欠けてしまうので、この点の価値観に関しては自分が絶対に正解なのだ、と思わないことが大事です。

なんとなくそんな気がする…というだけで、実際は全然変なことじゃなかったとしても、自分の中で「これが正解」と思っていることを譲れなければ、今度は逆に自分はちょっとズレた人になりかねません。

このようなとらえ方・考え方の問題は、非常に繊細な部分なのでお互いのコミュニケーションを取りながら、折り合いをつけることが最も良いです。

また、自分だけでは「これって非常識なの?それとも私の常識が違うの?」と悩むことも出てくるので、第三者に相談して価値観については考えていきましょう。

固定概念が強すぎて柔軟性を感じられない

考え方が合わないと気づく瞬間5人はどうしても「こうあるべきだ」「こうじゃないとおかしい」という固定概念に縛られていると、とても考え方が固執していきます。

自分が思うこと、感じることが全ててそれ以外の意見は全部違う、間違い、と思い込む人は一定数います。

実際に正しい考え方かもしれませんし、それが一般論かもしれません。

ですが自分の感覚が全て正しいと思ってしまうと、他の人の意見を受け入れにくい状況になってしまいますし、自己中心的な印象をもたれます。

誰にでも意見や考えはあり、それら全てが絶対に正解と間違いで分かれているわけでもないんです。

一般的にはこういう考えだけど、一方でこっちの考え方もわかる…というような柔軟性には生きていく上で必要になります。

全ての物事が0か100で進んでいってしまうと、どうしても他者との関わり合いが難しくなっていくので、少し気持ちに余裕を持たなくてはいけません。

誰だって自分の意見と100%一緒ということはないですし、考え方は同じ方向を向いているけど、結論がちょっと違う程度のことはよくあります。

その点すら許せなくて、全部一緒じゃないと全部反論!という流れになる人も多く、それではいざこざが絶えません。

友達同士や家族との間ならまだしも、こうした固定概念の強さは仕事にも現れます。

柔軟な考え方ができる人の方が、人間的にも大きく見えるので固定概念に縛られるのは避けましょう。

相手が固定概念に縛られている時は、少し優しく諭してあげることが大事ですが、なかなか分かり合えないことも多いのは難点です。

相手の自宅に遊びに行った時のこだわり

考え方が合わないと気づく瞬間6例えば自分が友人や恋人の部屋に遊びに行った時、もっとも価値観が違うなと思うのは、自宅へのこだわりです。

「これはこの場所でこういう向きで置く」「トイレットペーパーの補充はこれくらいしておきたい」などなど、その人ならではのこだわりや感覚が満載だといえます。

自宅なので、本人が過ごしやすいようにいろんなことを組み立てているのは間違いではありませんし、当たり前のことです。

ただ、あまりにもこだわりが強すぎると「…もうここには来ないでおこう」と人が避けるようになります。

自宅でのこだわりはほとんど全員が持っていると言っても過言ではなく、それぞれのこだわりがあるのものだと認識して欲しいのですが、いきすぎたこだわりを持っているといくら仲良しの友人でも、好きな人でも「この人とは合わない」と思われる理由なるんです。

部屋ではスリッパを履いて欲しい、上着はきちんとかけて欲しい、床に座らないで欲しい、いろんな小さなこだわりがあるのは仕方ありませんが、友人や恋人が来ている時くらいは少しゆったりとした気持ちで受け止めて欲しいと思います。

どうしても譲れないこだわりがあるのなら、最初から言うべきですし、相手としても言って欲しいです。

今まで知らなかった相手のこだわりが急に見えてくると、価値観の違いを実感しやすくなります。

カップルの間でよくありがちな価値観の違いの具体例

結婚の話をしたときに「当然働くよね?」「仕事辞めるよね?」と決めつけられた

価値観の違いの具体例1付き合っていると、必然的に将来の話をすることは多いです。

「結婚についてどう思う?」「いつ頃したいよね」という話はとっても楽しいものですが、結婚観が合わない2人の場合、どちらかの意見を押し付けられることもよくあります。

分かりやすいのは、結婚した時に専業主婦になって欲しいのか、そのまま働いて欲しいのか、という点です。

非常に男性の意見が分かれる部分ですし、専業主婦が希望だけど家計的に大変だからとりあえず働いて欲しいといった意見もあるくらいです。

さらに、女性側も「仕事は続けたい」「ちょっと家庭を大事したい」と意見を持っているので、将来を考えている2人なら必ず話し合う部分ではあります。

その時に、男性が仕事をするしないを一方的に決めたり、女性側が「辞める気はないから、ちゃんと家事は分担してね」と押し付けるようなことを言ってしまうと、急激に仲が悪くなるんです。

恋愛観があるように、結婚観もみんながほとんど持っているので、理想の結婚とは?家庭とは?といったお互いの理想や感覚を話し合わなくてはいけません。

でもお互いの価値観が合わないと、相手から強要されているような気がして嫌ですし、言ってる側も悪気があるわけでもないので、非常に空気が悪くなってしまいます。

話し合うことは大事ですが、一方的な言い方をしないようにお互い配慮が必要です。

「彼氏がいるんだから服装に気をつけろよ」と怒られる

価値観の違いの具体例2付き合う前はミニスカートだったり、ちょっとセクシーな服を着ても「可愛いね」と言われるだけだったのに、付き合った途端に「彼氏持ちなんだからちょっとは服装考えろよ」と怒ってくる人がいます。

女性としては、以前と変わらぬ姿で彼氏に「可愛いね」と言ってもらいたいだけなのに、いきなりどうしたの?とびっくりしてしまうかもしれません。

男性と女性の価値観の違いで、男性って自分のものだと認識する前は、自分が女性を追いかけている立場なので、女性からどんどん刺激をもらいたいのです。

アドレナリンを分泌させて、女性を狩りに行きたいという本能的な考え方が働きますが、いざ付き合うと途端にテンションが低くなり、自分が捕まえた女性だと感じます。

すると、興奮材料が消えてしまうのでどれだけセクシーな服装をされても、自分のものなので刺激的にはなりません。

むしろ、挑発的な服装を恋人がすることに抵抗感があり、「なんで自分がいるのにそんな異性を意識した服装をするの?」と180度感覚が変わったしまうんです。

一方で女性は、付き合う前に彼氏から可愛いと言われたことはきちんと覚えているので、「彼氏はこういう服装が好きなんだ」と思い込み、彼氏の好みになりたい人がほとんどなため、服装やメイクにも注意します。

よかれと思って着てきた服装でお叱りを受けてしまうと、「あれ?前は可愛いって言ってたのに…」とすごく悲しい気持ちになるのです。

お互い「どうして分かってもらえないんだろう?」とそれぞれ悩むことになります。

「女の子は料理ができて当然」と思っている

価値観の違いの具体例3男女の価値観の違いで大きく出るのは、理想の女性論と現実の女性論です。

男性は基本的に女性に対して夢ばかり見ていて、なんでてもできるスーパーウーマンがほとんどだと思っています。

でも現実の女の子は、揚げ物をする時に油が沸騰するまで待つ人もいれば、目玉焼きにたまごの殻が入り込んじゃう人だっているのです。

人間はそれぞれ得意不得意があって、裁縫は得意だけど料理は苦手、料理は好きだけど掃除は苦手、というように何でもなんでも全て上手にこなせる人は数えるほどしかいません。

しかし男性は「女の子なんだからそれくらいできるだろ」と思い込んでいます。

女性から見れば迷惑な話ですが、男性の価値観の1つとして「女性は料理ができて、家事全般はOK」と思っている部分があるのです。

そうした男性の理想を女性は叶えてあげたいな、とは思いますが、あまりにも「できて当然」というような雰囲気を出されてしまうとどうしても「それっておかしくない?」って言いたくなります。

「でも、女の子ってそういうもんじゃない?結婚したら当たり前にできるものじゃないの?」と男性は平気で言ってくるので、結局ケンカに発展してしまいがちです。

会う頻度や連絡頻度の感覚の違い

価値観の違いの具体例4女性はあまり意識していないかもしれませんが、男性って非常にマザコンが多いです。

あからさまにマザコンってわけじゃなかったとしても、心のどこかで「結婚するなら母親のような人」と思っている人って意外にいます。

自分が幼少の頃母親にしてもらったことが記憶に残っていて、母親のように安定感をもって自分を愛してくれる人、尽くしてくれる人を男性は探しているんです。

でも、付き合う女性が自分の母親のような人ってほとんどいません。

だからこそ結婚と恋愛は違う、と言われる所以でもあり、男性は恋愛するなら容姿が良い人、結婚するなら家事ができて母親のような人と思う人が多いです。

女性の中には、魅力的なのに全然結婚ができない人もいますが、それは付き合う男性の多くがきっと理想の女性像が母親だったなんてことがよくあります。

男性の中で、女性らしさとは愛情とはの集大成が母親ということが多いですし、逆に「母親みたいな人は絶対に嫌だ」と思っている人もいるんです。

その場合、少しでも男性の母親に似ているような部分があれば、すぐに嫌になることもあります。

それだけ、幼少期の体験というのは心の中に刻まれてしまうものなので、お互いの親の話をしてみると、お互いの潜在意識が理解できるかもしれません。

母親のような人が女性の集大成だと思って求めている

価値観の違いの具体例5付き合う2人の永遠のテーマともなっているのが、「どれくらいの頻度で会うのか、連絡の頻度はどれくらいか」ということです。

女性も男性も、付き合う少し前の恋愛になるかならないかの瀬戸際では非常にたくさんの連絡をやりとりします。

会いたいと思えばすぐに会いますし、お互いが相手に配慮して自分の都合を決めていくのです。

でもいざ付き合うと、女性よりも男性のほうがトーンダウンするので、会う頻度や連絡の頻度が落ちやすいです。

連絡の頻度はそのままで会う頻度が下がることもありますし、男性によっていろいろあります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

女性の多くが、こうした変化に対して敏感になりやすく、変わった男性に対して不満を感じるものです。

でも男性は「付き合ってるんだから、何を不安に感じるの?」と分かり合えません。

よくある男女の感覚の違いで、男性は釣った魚にえさはやりたくないけど、女性はお腹がすきやすく愛情を求めている人が多いので、付き合って少し経つと意見のすれ違いでイライラしやすくなるのです。

お互いの温度感が落ち着いた雰囲気であれば別ですが、それこそ価値観が違って温度感に差が出てくると、一気に別れたくなったりもします。

彼氏が1番?仕事が1番?何かと順位をつけたがる

価値観の違いの具体例6恋人ができると、女性の優先順位は変わります。

彼氏が1番で仕事は2番、もしくは3番!と思っている人も多いです。

でも、男性って恋人ができても仕事が1番って人が多く、どれだけ好きな人でも仕事が忙しい時は相手をしなくなります。

よく聞くのが「仕事と私どっちが大事なの?」という言葉ですが、そう言われると男性は困ってしまうのです。

どちらも大事だけど、両方を同じくらいのウェイトで大事にすることは男性の本能的に難しく、かといって仕事は生活の基盤なので疎かにもできないという責任感を持っています。

女性は器用な人が多いので、仕事中でも彼氏とのメールやLINEは欠かしませんし、仕事が終わればあとはプライベートな時間!と割り切るものです。

男性はいつまでも仕事をことを考えがちなので、自分に余裕がなくなると女性を構う隙がなくなります。

そういう男性の態度は女性を不安にさせているのに、男性は女性が支えになってくれないと嘆いてしまいがちです。

なかなか男女の差というのは、埋まらないものだといえますが、現実的に非常に多い違う部分なので、この点は乗り越えていかないと良好な関係を築くことがとても大変になります。

価値観の違いを理由に別れると後で後悔するケース

結局人としては好きだったから恋しくなる

別れると後で後悔するケース1価値観が違う、というのは基本的に付き合う前から少し感じていた場合と、付き合ってからよくよく知ると価値観が違うと感じる場合があります。

付き合って、気持ちが近くなっていくとお互いの存在感も近くなるので、付き合う前のちょっと距離感がある2人とは違うのです。

そのため、どうしても良い部分よりは悪い部分の方が目立ってしまい、付き合う前の情熱的な雰囲気が薄らいでしまいます。

本当は好きだけど、でも付き合う前と価値観の違いとかを感じて嫌になった…と勢いで別れることも多いですが、実際に別れてみると「やっぱり好きだったな…」と気持ちが落ち込んでしまうこともあるんです。

価値観うんぬんの前に、1人の人として元彼のことが好きだったと気付いたとき、あなたはとても後悔することでしょう。

価値観が違う、嫌だなと思っているときは、相手の良さを見るのではなくて、逆に悪いところばかり見てしまう人も多いので、別れて冷静になると「ああ、価値観が違うことはそこまで困難な話でもなかったな、といったことに気付きます。

もういない元彼を思って、恋しくなって苦しくなるのは心の底では好きなまま別れたからだといえます。

勢いで別れたけど冷静になれば良い部分の方が大きかったと気づく

別れると後で後悔するケース2価値観が違うことがわかると、なんとなく一緒にいることがつまらなく感じることも多いですし、もう二度とわかりあうことなんてできなのでは?と思うかもしれません。

付き合う前はあんなに相性が良いと思っていた相手が、価値観の相違から知らぬ間に嫌な人に感じてしまった…ということはよくあることです。

でも、価値観の相違で勢いに任せて別れてしまうと、結局冷静になった時に「ちょっと決断を早まってしまったのでは…と後悔します。

もっと冷静になって、価値観の違いについて考えていけばよかったのに、当時の自分は目の前にある嫌なことの方がすごく大きな存在に見えてしまった、と感じていたたまれなくなります。

そして、別れを決断したのは自分なのだから…と復縁を諦めたり、自分を責めたりして苦しい思いをする人が多いです。

別れてから後悔する人のほとんどが、本当は元彼って良いところの方が多かったなって後々気付くものだから、価値観のズレくらいでなんで別れちゃったんだろう?と自分に対して問いかけてしまいます。

本当に我慢できないほどの価値観のズレであれば、別れてから元彼のことを考える時間は少ないですが、実際は良い部分が多かったなと思い出が美化されていくたびに、好きな気持ちや後悔の念が沸き起こってくるんです。

だから、価値観のズレを感じたときはもっと慎重に我慢できるできないを見極めなくちゃいけません。

価値観が違うことを自分は全く受け入れようとしなかった

別れると後で後悔するケース3別れた後に、元彼に悪いことをしたな…と後悔する人も多いです。

なぜなら、価値観が違うことに対して、自分自身で全く理解しようとしなかったからです。

本来であれば、好きな人の価値観というのはお互い配慮し合わなくてはいけませんし、付き合いを継続させていくための努力としては必要なことだといえます。

でも、意外に多くの人が付き合う人とはお互いの価値観がぴったり一緒で、いつもベクトルが同じ方向を向いていると思い込んでいるのです。

だからこそ、ちょっとでも価値観が違うと「こんな人じゃなかった!」とがっかりしてしまいます。

交際するということは、お互いの気持ちを全て理解していることではないのです。

違う部分は違う部分として受け入れ、それらをどうお互いが昇華していくのか、ということは重要だといえます。

なかなか違いを認める、ということは難しいですし、好きだからこそ相手への期待感が強く、価値観が違うとガッカリしてしまう人も多いです。

なので、「価値観が違うなんて信じられない」と自分で別れを選択してしまいがちです。

好きな気持ちがあるのなら、やはり一旦立ち止まって考えを改めてみてください。

話し合うこともなく別れた

別れると後で後悔するケース4付き合っている2人にとって、ちょっと嫌なことがあったからといってすぐに別れる、というのは少し早すぎる判断です。

そのため、多くの場合がそばにいるときにちょっと気持ちの行き違いや嫌だな不満だな、と思うことに対して相手にぶつけています。

「こう思っているからもうそういうことはやめてほしい」「自分はあなたの行動にこう思っている」など、素直な気持ちを伝えることで、より一層2人の関係性は深まるものです。

でも、価値観の違いを感じるとどうしても「言っても無駄なのでは?」「価値観なんてそう簡単に変えられるものじゃない」と自分自身の中で思い込んでしまい、何も言わないまま彼氏との関係を断つこともあります。

価値観は、その人が人生を歩く上で得たものなので非常に根深い印象があり、いくら恋人だったとしても簡単に変えることはできないと思うのです。

確かに、価値観はそう簡単に変わりませんし、もしかすると相手の価値観を否定する=相手の人生を否定しているような意味にとらえられる可能性もあるので、話し合いをするときに揉めることはイメージできます。

それなら最初から別れてしまいたいと、行動することもありますが、何も話さず、相手の気持ちもわからないまま離れてしまうとやはり後悔してしまいがちです。

「少しは元彼の意見を聞いてみればよかった」「私の気持ちを聞いてもらいたかった」など離れて初めて思う気持ちに胸が苦しくなります。

話し合いをして、自分で納得した状態の別れじゃないと後悔しやすいです。

別れたくないなら即実践!彼氏と価値観が合わないと感じる時の乗り越え方

王道の対処法はやっぱり顔を見て話し合おう

乗り越え方1価値観が合う合わないを感じた時の対処法は、そんなに複雑な方法を用いる必要はありません。

誰もがイメージできる「話し合うこと」が1番大事です。

価値観は、自分や相手に染み付いているものなので本人は人とズレているとは微塵も思っていません。

今までその価値観で生きてきたわけですから、当たり前のように思っています。

そのため、ズレを感じていることを素直に伝えると「え?どういうこと?」と話を聞いてもらえるような状態にはなりますし、相手も自分の気持ちを教えてくれます。

ただ、あまりにもストレートに「こういう感覚が理解できない」というような言い方をしてしまうとケンカになるので、言い方には注意しましょう。

価値観は、どちらが正しい間違ってると簡単に判断できないので、まずは自分と相手で異なっている価値観について話をすることが大事です。

そして、相手の気持ちも聞き、自分の気持ちも話し、折り合いをつけられるかどうかを自分たちで模索してみます。

話し合いなので、時間がかかることも多いですが、それでもお互いが一緒にいるためであれば頑張れるはずです。

こうした話し合いを重ねることが非常にストレスに感じる人もいるので、もしも顔を見て話し合いをするのが辛ければ、メールやLINE、もしくは電話でもちょっと価値観の違いに悩んでいることを打ち明けてみましょう。

相手を否定せずに「まあ、そういう考え方もあるかな?」と自分を変化させる

乗り越え方2価値観が違うと、どうしても相手を批判してしまいたくなりますが、カップルの場合は否定をしても良いことは1つもありません。

逆に否定することによって相手からも「今まで言わなかったけど、こっちだってこう思っていたんだよ」と、言われる可能性が高いです。

そうなると、お互い今までうちに秘めていた不満が爆発して、価値観のズレがどうとかいうレベル感の話し合いではなくなってきます。

そのため、話し合いをするとついつい熱が入ってしまって難しいなと思う人は、前段階でちょっと違う価値観を受け止めてみよう、と試してみてください。

「そういう考え方もあるかな?」「ちょっとは理解できそう」と思うのであれば、話し合わずとも一緒にいることができるようになります。

どうしても理解できない、どうしても気にかかるというような部分があれば、そこはもちろん話し合いを通じて解決していくようにしてください。

友人や知人であれば、価値観が合わなければそのまま付き合いを無くせばいいかもしれませんが、恋人だとやはりそういうわけにはいきません。

相手を否定する前にまず受け入れてみて、そこから自分はどうするべきなのか、この点は受け入れられるけど、ここはちょっと難しいななどいろんな視点で考え方を変化させていくことは必要です。

1対1の人間同士が一緒にいるわけですから、何から何まで一緒という方がおかしいんです。

受け入れること、受け入れられないことの分別をすることは大事だといえます。

価値観のズレがわかったらルールを決めよう

乗り越え方3価値観が違ったとしても一緒にいたい、別れるほどではないと思った場合、お互いが価値観のすれ違いがあることをよく認識しましょう。

お互いが「ここは違うよね」と理解した上で、ルールを設けると良いです。

理解できない部分、全く合わない部分に対しては口出しをしないことや、自分の意見ばかりを通そうとしないなどきちんとお互いの気持ちを尊重した決めごとを定めると、意識が変わりますし、気分が楽だといえます。

モヤモヤとお互いが何も言わずに黙ってストレスを募らせていくだけでは、ほとんどのことは解決しません。

相手に対して嫌な気持ちだけが募っていくので、何か些細なきっかけを通して破局に発展する可能性も高いのです。

押し付けない決めつけない逃げ出さない

乗り越え方4価値観の違いがある時、相手から意見を押し付けられたり、自分も一方的に「それはおかしいよ」と決めつけてしまうことがあります。

でもそれって、お互いの気持ちを低迷させるだけですし、良い関係を築くことはできません。

おかしいとか違う、という感覚はそれぞれが別の気持ちを持っているので、一般常識から大きく外れていること以外は、責められるものではないのです。

なのに、相手の気持ちを考えずに意見を押し付けたり、決めつけたりすることは相手への精神的負担になりますし、自分もそういう態度を相手から取られると悲しくなります。

かといって、じゃあ話し合いは怖いし、ケンカもしたくないからということで目を背けたとしても、それはそれで良好な関係は築けません。

愛してる人なのに、わかりあうこともないまま心が離れていくのは寂しいだけなので、逃げ出さずに向き合ってください。

お互いがお互いを大事に思っているのであれば、理解できるできない抜きにしてまずは話し合いをするようにしましょう。

価値観が違う彼氏とこのまま別れずに幸せな結婚を叶える方法

完全に価値観が同じ人はいないと理解する

結婚を叶える方法1価値観、というのはどれだけ好きな人でもどれだけ魅力的な人でも完全に一致する人はいません。

恋愛や結婚の場合、一層相手への期待感が高くて「この人は運命の人なんだ」と信じてやまない人もいるので、価値観が違うともなれば、どこか理想を打ち砕かれたような気分になる人は多いです。

そのため、価値観が違うと「もう別れた方がいいかも」とか「一緒にいても幸せになれないかも」と不安が先に立って、解決しようと行動するよりも不安感で心が右往左往する方が強くなります。

動揺しているだけではどうしても物事はうまく進みませんし、そうこうしている間にお互いの信頼関係が揺らぐ可能性も出てくるのです。

あなたが相手に対して価値観が違うと思っている時、相手もあなたに対して同様のことを感じている可能性は十分に高いため、価値観が違うのは嫌だなとモヤモヤしているうちに、心の距離感も離れてしまうかもしれません。

そうならないためにも、まずは価値観が違うのは誰だって当たり前!と思うことが大事です。

違うのが普通だと思えたら、いざ何か違いに気づいてもきちんと受け入れることができますし、相手のネガティブな面以外にも目を向けることができます。

長所に目を向けよう

結婚を叶える方法2相手との違いは、マイナスに受け取る人が多いので、そんな時こそしっかりと長所にも目を向けてください。

好きな人というのは大前提にあるので、本来なら良い面の方が多いはずです。

でも、価値観の違いを感じるとそこにばかり目が向いてしまうので、なぜか「嫌な人かも」「合わない人かも」とネガティブになってしまいます。

付き合う前、好きになった瞬間、それぞれを思い出して、自分にとって彼氏はどんな存在なのか、どんなところが好きなのかをよくよく思い出してください。

きちんと魅力を思い出すことはできるので、まず冷静になることが大事です。

価値観が合わなくて悩んでいる人の多くが、偏った悩みを抱えているので、その点はよく自分とも向き合わなくてはいけません。

一緒にいる時の心地良さをお互い感じること

結婚を叶える方法3いくら価値観が違っていたとしても、お互いが一緒にいることを選んでいるわけですから、2人でいるメリットを感じているはずです。

好き、という感情はもちろんのこと、一緒にいると気持ちが楽だとかいろんな思いがあります。

そういう気持ちをずっと持ち続けていられたら、価値観が少し違っていてもお互いの中で昇華していけるのです。

心地良さは、2人の中でしかわからないことではありますが、なんとなく安心する、価値観は違うけど一緒にいることで自分の気持ちがリラックスすると思っているなら、2人は相性が良いといえます。

価値観の違いは誰にでもあること!お互いを信じよう

価値観の違いなんかで別れたくない! まとめせっかく恋人ができたのに、お互いの価値観が全然違って困惑してるという人も多くいます。

その違いは折り合いがつくものなのか、つかないものなのかは個人差がありますが、すぐに「もう別れる」と判断せずに、お互いが寄り添えるような環境作りをしてみましょう。

話し合うことや、受け入れることなど、他者との関わり合いというのはいかんせんめんどうなことが多いですが、好きな人と一緒にいるためと思えば難しいことではありません。

誰にでも起こる価値観の違いは仕方がないことだと受け止め、相手と過ごす時間を大事にしてくださいね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事