既婚者同士はラインを毎日していい?友人の場合・好意がある場合・不倫や浮気中のLINE攻略法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「既婚者同士でラインを頻繁にすることは浮気に入るの?」

ラインくらいでは浮気にならないとは分かっていても、毎日メッセージを交換し合っていたり、相手に好意を持っていたりすれば、LINEといえども背徳感を抱いてドキドキしてしまいます。

「お互い家庭があっても友達と思っている人なら毎日しても構わないはず」「相手のことを好きだと思っているからもう浮気に入るのかな」と相手との関係によっても、どの程度ラインをしてもいいのか悩みを持っている人も少なくありません。

そんな悩みを抱えているあなたのために、既婚者同士でラインを毎日することについてご紹介していきましょう。

しょっちゅうメッセージをやりとりしている相手が、友人か好意がある相手か、既に不倫や浮気相手となっているのかによって、攻略法が違ってきますのでそちらも合わせてお伝えしていきます。

全てのケースで今すぐにラインを止めなければいけない訳でもなく、今後上手に付き合っていくために知っておくべきことも学んでおきましょう。

目次

既婚者同士が毎日だったり頻繁にラインをやり取りする時の心境

ラインの終わらせ方が分からないから入ってくるたびヒヤヒヤする

既婚者同士が毎日だったり頻繁にラインをやり取りする時には、ラインの終わらせ方が分からないから、ヒヤヒヤするという心境になっています。

毎日ラインをしていても、喜んで積極的にやりとりを楽しんでいる人ばかりではありません。

相手が空気を読まずに次々とLineを入れてくることを拒むことが出来ず、ラリーが続く場合があるのです。

受け取っている本人は「結婚しているのにこんなにやりとりをするのはまずいんじゃないかな」「そろそろ家事をしたいのにまだ入ってきて困る」と思っていても、断ることは”相手に冷たくすることだ”と感じてしまいます。

ラリーをやめたいけど「相手から嫌われたくない」と思っている人は、終わり方が分からないまま返信を続けてしまうので、いつも「家族にバレたら疑われるかもしれない」とヒヤヒヤしているところです。

相手の顔が見えないからこそ、どんな対応をすればいいのか分からず、常に他人の顔色を窺ってしまう人にとってはコミュニケーションしにくいツールと感じています。

相手のペースに流されるまま、頻繁にやり取りを続けてしまうのです。

家族からのお願い事や連絡事項以外でラインが入ってくることに心躍る

頻繁にラインのやり取りを行う人は、家族からのお願い事や連絡事項以外で着信音が鳴ることに心躍る心境になっています。

結婚してからというもの、科学技術の発達でスマホはどんどん進化していくのに自分はずっと変わらない生活を繰り返していると暗い気持ちになっている人もいるもの。

新しい機種の機能にもついていけず、せっかくインストールしたアプリも家族との連絡ツールでしかないと思っている時には、社会との繋がりがなくなってしまったように感じてとても寂しく感じてしまいます。

相手が既婚者であっても町内の連絡であっても、子供関係のことであっても、家族以外からのラインで着信音が鳴ることが嬉しくて仕方がありません。

「また私のスマホが鳴った」と意気揚々と音の鳴ったケータイを確認します。

どんな内容でも自分の元にメッセージが届くという事実が嬉しいので、相手は誰であっても大した問題ではないと感じているはずです。

次々と音を鳴らしてもらうため、工夫を凝らしてラリーが続くよう会話を仕向けます。

家族に秘密を持っていることが刺激的で病みつきになる

結婚している人同士でlineを頻繁にしている人は、家族に秘密を持っていることが刺激的で病みつきになるという心境になっています。

結婚すると家族には自分のことをすべてオープンにしなければいけないと考えている人にとって、秘密を持つことはとても刺激的なことです。

家族がいる人とラインを頻繁にしていることで、「夫は嫌がるかもしれない」「相手は私のことを好きだったらラインをしている事自体が罪なのかな?」と考え始め、当然パートナーに告げることは出来なくなります。

今まで隠し事をすることなく過ごしてきた人にとって、秘密を抱えることでとてもいけないことをしている気分が刺激となって心を高揚させるはずです。

夫や子供たちにラインをしていることを悟られることのないように、そっと目を盗んで返信している自分の姿は、さながらスパイのよう。

自分だけが知る秘密を持つことで、家族の中の一人ではなく自分自身を取り戻したような気分にもなります。

久しぶりの恋愛が楽しくて仕方がない

結婚している同士でも、ラインをしょっちゅうやり取りしていると相手と恋愛関係に発展することも少なくありません。

毎日送られてくるメッセージを見ながら、久しぶりの恋愛が楽しくて仕方がないと感じています。

結婚してからも恋愛が出来るとは誰もが思っていないので、突然訪れた人生の新たな楽しみに、毎日心がウキウキしているはずです。

お互い家庭を持っている者同士の恋愛は、相手の独占欲に縛られることもなく、顔色をうかがうこともなく楽しめる関係なので、メッセージだけでも十分幸せを感じることが出来ます。

結婚するまでの期間が長かったり、一緒に夫婦生活を始めて長かったりすると、愛を言葉で表現することが減ってくることが多いものです。

独身の頃には「愛しているよ」「一生一緒にいようね」など甘い言葉をささやいていた彼も、夫となれば愛していることが当然、一生一緒にいるつもりだから結婚した、とわざわざ言葉にしなくても分かっているだろうと思い、会話が変わっていきます。

女性はいつまでも恋愛をしたい生き物なので、夫の態度が変わったことに不満を持っており、恋愛をすることでまた甘い言葉が聞けることが嬉しいのです。

甘い言葉を聞きたくてメッセージのやりとりにハマっていきます。

会えない時間の分だけせめて言葉でやりとりしたい

不倫関係にある人同士がお互い既婚者であれば、会えない時間の分だけせめて言葉でやりとりしたいと思いながら頻繁にラインのやりとりをしています。

家庭を持っている人同士が恋愛をしていると、どうしてもデートをする時間を確保することが難しいことが実情です。

デートをする予定にしていても急に家族の予定が入ってキャンセルをしてしまうこともよくあること。

会いたいけれど会えない、という状況が二人の恋愛感情を燃え上がらせます。

せめてメッセージで愛を伝えあい、想像の中でデートを楽しむためライン上で疑似デートを行うのです。

空想のデートでは自由に過ごすことが出来ます。

温泉デートや遊園地デート、お泊まりや街中で堂々と手を繋ぐことも想像しながら文字の中で楽しむことができるわけです。

現実に出来ないことをラインの中で妄想することで、楽しい恋愛が行えます。

お互い既婚者同士が毎日ラインをするのはOK?やめる必要はないケース

同じ職場でかかわりが深い

既婚者同士が毎日ラインしてもいいケースは、同じ職場の人でなおかつ関わりが深い人の場合です。

職場の上司と部下、同じチームの同僚、新しい業務の指導者と新人、などコミュニケーションをたくさんとることで仕事がうまくいく関係も多くあります。

仕事上のやり取りだけでは分からないことも多くあるものです。

家に帰ってリラックスした途端、次々とアイデアが湧き出てきたり細かいところに気が付いて「今すぐ確認したい」と思ったりすることも。

ここで「明日会社に行ってから確認してみよう」と思うよりも、「今すぐラインで確認してみよう」と実践した方が、業務スピードは上がりその分完成が早くなります。

時間に余裕が出ることでプラスアルファの価値を加えることが出来、クオリティの高い仕事がこなせるのです。

コミュニケーションを密にとって進めていく仕事は、誰もがうらやむ完成度となり、関わる当人たちも充実感を味わうことができるので、イキイキと輝き魅力がでてきます。

仕事が出来る人ほど、多くのコミュニケーションを必要としているので、そのためのラインであれば既婚者同士であってもやめる必要はありません。

会話の内容が他愛もない話ばかり

既婚者が毎日ラインをしていてもやめる必要ないケースは、会話の内容が他愛もない話ばかりの場合です。

結婚したからと言って、仲のいい友人との交流を止めてしまう必要はありません。

何でもない会話をラインでダラダラ続けることがストレス発散になることもある時代。

常日頃気を張って人間関係を構築していると、リアルな関係から少し離れたいと思うこともあります。

ラインでのやり取りは相手が知っている人でも知らない人でも、対面していないことで少しリアルな世界から離れることが出来るのです。

「今日はものすごく疲れた」「家族と一緒にいると幸せ感じるんだよね」と何でもない会話を続ける事で、自分の感情をアウトプットすることができイライラを吐き出したりボーっとすることができてリラックス出来たりします。

結婚している人にとって、リアルな世界から離れる時間があることで現実を輝かせるきっかけともなるわけです。

何でもない会話をするだけであれば、相手がどんな人であっても自分の時間を堪能していることとなり、意識して辞める必要のないことだと言えます。

完全に体の関係が一切ない相手

結婚している同士が頻繁にラインしていても、完全に体の関係が一切ない相手であれば特別やめる必要はないケースといえます。

不倫とされるのは体の関係があるケースです。

男女の関係でなければいくら親しくメッセージのやり取りをしていても、悪いことをしているとは言えないから。

体の関係がない相手とは、どんなにエッチな内容でも単なる冗談でしかありません。

お互い冗談だと認識しているやりとりは、世間話と同じです。

毎日ラインのやり取りをしていると、パートナーは嫌な気持ちになっていることもありますが、一線を越えていなければ責められることでもないので、やり取りをしている本人が配偶者の気持ちを気にしなければ続けていいと言えます。

ただそのやりとりが原因で夫婦が不仲になってしまったり、恋愛が始まってしまって違う問題へと発展してしまったりすれば話は別です。

体の関係のない相手とは、現実世界が変化しないことが大前提であればやめなくてもいいといえます。

他の人には言えない相談事をしあっている

しょっちゅうやり取りをしているラインをやめなくてもいいのは、お互い他の人には言えない相談事をしあっているケースです。

家庭を持っている二人であっても、誰にも言えない悩みを抱えている人は多いもの。

家族にすら言えないことを抱えていると、心が飽和状態になり抱えきれなくなって苦しくなってしまいます。

知らない人に話を聞いてもらうカウンセリングを受けられる人は、相談を打ち明けることで心の整理や問題解決に向かうことが出来ますが、知っている人に話を聞いてもらいたいと思っている人も多くいるのです。

知っている人だから説明を省くことが出来、悩みに寄り添ってもらえるのなら、「言葉にはできないけどラインでなら言えるから聞いてもらいたい」と頻繁にメッセージを送りあいます。

お互い悩み相談をしている関係であれば、あなたのために必要なやりとりであるため辞める必要はないと言えるはずです。

好意がなくお互いのパートナーも連絡を取り合っていることを知っている

結婚している同士であっても、好意を持っておらずお互いのパートナーも自分たちが連絡を取り合っていることを知っているのであれば、やめる必要はないといえます。

連絡を取り合っている二人がもともと友達で、今では家族ぐるみで仲がいい関係であれば二人がラインをしょっちゅうやりとりしていても、夫婦公認の関係なので今更急に意識してやめる必要はありません。

二人の仲がいいのは今始まったことではないはずです。

学生のころからの付き合いや幼馴染という場合もあり、大人になっても結婚して家庭を持ってもいつまでも仲がいい関係を保っているケースもあります。

家族ぐるみの付き合いが築けているのであれば、二人のラインのやりとりには異性としての意識があるとは疑われることもないので、やめなくても何も問題がないのです。

二人のやり取りがあるからこそ、「今度家族と一緒にキャンプしよう」「バーベキューしたら子供が喜ぶかな」という楽しいイベントを企画できます。

家族の楽しい想いで作りのためにも、辞めるべきではないと言えるケースです。

既婚者同士のライン攻略法:友人として付き合っていきたい場合

常に明るい文脈を意識する

友人として付き合っていきたい場合の既婚者同士のライン攻略法は、受け取った人が明るくなる文脈を意識するというものです。

大人になって、ましてや結婚してから人と揉め事を起こすことほど面倒なことはありません。

しょっちゅうやり取りをする仲になっているということは、お互いかなり親密だということを納得した上での交流のはずです。

親しくなりすぎると「あまりよく知らなかったから踏み込まないでおこう」と許せていた部分が見過ごせなくなってしまったり「今まで深く話をしたことがない種類の話題だから考え方を知らなかった」と知らなくても過ごせた部分を発見して相容れない部分で衝突してしまったりと、不要な争いを起こしてしまいます。

友達として付き合っていきたいという気持ちがあるのなら、どれだけ親しくなっても穏やかにやり取りを行うことを意識するべきです。

そのためには常に明るい文脈を意識して使うようにし、言葉のラリーが楽しいと感じられるようにしていきましょう。

絵文字やスタンプを入れて見た目を楽しくする

しょっちゅうラインをしている人と友人として付き合っていきたいときの攻略法は、絵文字やスタンプを入れて見た目を楽しくするというものです。

絵文字やスタンプといえば、今ではラインで欠かせないアイテムと言えます。

スタンプも名前を入れられるものや、自分で好きなテキストをはめ込むことが出来るものなど、多彩になっているところです。

友達として楽しい時間を過ごしたいと願うのであれば、ライン一つとっても楽しむための工夫をすることで、次に会った時の話題作りにもなるしメッセージで相手を楽しませようというサービス精神が育まれます。

あまりに連続してスタンプを入れてしまうと、大人として中身のないラインとなってしまい、本意が伝わらないことがあるので、連発はしないようにするべきです。

上手な使い方としては、感情を示すスタンプを入れていくことであなたの気持ちを代弁してくれることにもなるし、形として目に入るのでどんな心境でやりとりをしているのか伝えることが出来ます。

見た目を楽しく、時にボケて時にツッコミをするくらいのノリのいいレスポンスが出来れば、今後も友達として長く関係を続けることが叶うはずです。

LINEの中にも礼儀あり!お願い事などは敬語を使う

友達としてこれからも付き合い続けていくつもりの既婚者が相手であれば、LINEの中でも礼儀を大事にしておくべきです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

いくら親しくなっても、礼儀を怠ってはいけません。

Lineのやり取りを行っている間、ずっと”彼の時間を使わせてもらっている”状態です。

人生の時間を共有しているということは、あなたと関わりたくないと思っているわけではないという事になります。

仕事関係の人であれば、手を貸してほしい時など「ちょっとお願い」を頼むときには敬語を使う方が誠実さをアピールできるのです。

仲良くなってしょっちゅうラインをしているからといって「頼むよ」「仲良しでしょ」とぐいぐい強めに出るのはナンセンス。

お願い事など少しでも甘える時には、敬語を使い相手の時間を使っている事に感謝をして「お手間をとらせて申し訳ないです」など一線引いて付き合うことで、どれだけやりとりをしても友人として気の置けない人に成長していくはずです。

出かける約束は複数人が大前提

ラインを頻繁にしていてこれからも友達として付き合っていきたいのなら、出かける約束をする時には複数人にすることを大前提としておきましょう。

しょっちゅうやりとりを行っていると、相手との距離感はぐんぐんと近づき、友達以上恋人未満、または親友のような感覚になっていきます。

けれどもあなたもあちらも、結婚しているという事実があることを忘れてはいけません。

Lineをしている中で「遊びに行こう」「あの場所良かったよ」「連れて行ってよ」といった会話がされることも珍しくないので、そこで気を付けておきたいのが”誰と行くか”というところです。

もちろん会話をやり取りしている相手と行くことは分かり切っていますが、ここで二人きりで出かけるという思考にならないようにします。

結婚している二人が親しくなりすぎることで、線引きが分からなくなってしまい流れで不倫に発展することもよくあることです。

どこかに出かける話があがったら、必ず他の人も誘って複数で行くようにしましょう。

ラインやりとりの終わり時間を決めておく

友人として付き合っていこうと思っている人とよくラインをしているのなら、終わり時間を決めておくことで攻略することが出来ます。

「友人としてやり取りを続けたいけれど、あまりに親しくなりすぎることは避けたい」と思っているのなら、長い時間いつまでもラリーを続けないことを意識することで、一線を引くことです。

家に帰れば既婚女性はしなければいけないことが山ほどあります。

家族分の食事の準備、子供の宿題を見てお風呂に入れさせ、寝かしつけをして洗濯をしてようやく自分の時間です。

スマホを気にしている時間が長くなるほど、日常でやらなければいけないことにかかる時間が長くなり、寝る時間がどんどんと遅くなるだけでなく家族ともコミュニケーションが不足していきます。

着信が鳴れば「すぐに返信しなくちゃ」と思ってしまいがちですが、最初から「ラインは21時までにしよう」と決めておけば、相手も入れてくることもないしあなたも返信のために焦らなくて済むはずです。

既婚者同士のライン攻略法:異性として気になったり好意がある場合

ひとまず恋愛ごっこを楽しんでおく

異性として相手のことを意識しているなら、ひとまず恋愛ごっこを楽しんでおきましょう。

相手に対して好意を持っていると、「気持ちがバレてしまったらどうしよう」「向こうからの気持ちも求めてしまう」と悩み始めますが、とりあえず相手を絡めた気持ちの悩みは置いておくことがポイントです。

「まるで恋人みたい」「こんなにやりとり出来て幸せ」と好きな人が自分にメッセージを送ってくれる事実そのものに喜ぶことで、とても楽しい時間を過ごせます。

異性として意識しすぎると「あまり返信したら迷惑かな」「あの人からの気持ちを求める言葉を出さないように気を付けよう」と思っていれば、せっかくのメッセージも苦しいだけになってしまうところです。

あなたとあの人はまだ恋愛関係になっていないのなら、楽しんだもの勝ち。

「次はどんなメッセージが入ってくるかな」「また入れてきてくれた」と喜んでおくことで、相手も楽しんでくれます。

相手に楽しんでもらえることを心がける

やり取りを行っている相手に好意を持っている場合の攻略法は、相手に楽しんでもらえることを心がけることです。

まだ恋愛関係にないけれど好意を持っているのなら、あなたと関わることが「楽しい」「もっと続けたい」と思ってもらうことで、これから恋愛に発展する可能性を高めます。

恋をする時というのは、感情が大きく動いている時です。

楽しい、癒される、救われた、感動した、など関わる中で感情が動き、相手に対して大きく印象付けられることが合った時に好意がむくむくと育ち始めます。

相手から好意を持ってもらいたいと思っているのなら、あなたとのやりとりで感情を動かし、強い印象を与える事です。

次の日に会った時「昨日のラインは楽しかったね」「驚いたよ」「思いがけず乙女なんだね」とあなたに対して感想を言ってくれるようなやりとりが出来れば、カレのココロが動いた証拠。

相手に楽しんでもらいつつ、あなたのいいところや意外性をアピールしていきましょう。

質問を投げかけて自分しか知らない一面を探す

好意を持っている相手とのライン攻略法は、質問を投げかけて自分しか知らない一面を探していくことです。

誰もが知っているあの人の良いところや悪いところは、説明しなくても受け入れられている部分といえます。

ところが個別に言葉を交わし合うことで、相手のもっと深い部分を知ることが出来るはずです。

沢山質問を投げかけて、あなたしか知らない事実を見つけていきましょう。

彼が”食べることが好き”ということを知っているなら、「どんな食べ物が一番好き?」「どこのお店が一番美味しかった?」「薄味としっかり味付けがされているのとどちらが好き?」と好みを掘り下げて質問していきます。

カレのことを知れば知るほど、好意を抱いているあなたにとっても嬉しいこととなるし、相手にとっても「自分のことをよく知ってくれている人」と認識になり、心の壁がなくなっていくのです。

何でも知ってくれているあなたのことを「一番の理解者」だと認識するようになれば、相手も信用と好意を持ってくれます。

相手の恋愛観を引き出す

既婚者のカレに好意を持っている時の攻略法は、相手の恋愛観をラインで引き出すことです。

あなたがスマホの向こうにいる人と不倫をしたいと思っているのなら、相手の不倫に対しての抵抗感を知る必要があります。

「既婚者が恋愛をすることは断固反対」と思っている人であれば、このまま仲のいい友人でいた方が幸せでいられるし、「結婚していても好きになってしまうこともあるだろう」と考えている人であれば、恋愛に発展させることも可能です。

ストレートに「不倫についてどう思う?」と質問してしまえば、あなたが軽く見られてしまう可能性もあるので、絶対にNG。

恋愛観を引き出すときには、あなたの考え方や結婚してからの気持ちを話すことから始めましょう。

「夫のことは好きだけど恋愛とは違ってきているんだよね」「たまにはドキドキ出来る恋も楽しいかもしれないな」と話せば、あなたの夫婦の距離感を伝えることも出来るし、恋愛願望があることも知らせられます。

あなたの話にどう乗ってくるか、返答を見る事で相手の恋愛観を知ることが出来るはずです。

夫婦関係が良好か聞き出し寄り添う会話をする

好きな人とのやりとりを攻略するには、夫婦関係が良好か聞きだして寄り添う会話をすることです。

既婚者が異性とラインする時には、パートナーにはないものを求めている時というものがあります。

気の強い奥さんを持つ男性は、穏やかで何でも笑顔で「うん、うん」と話を聞いてくれる女性とのコミュニケーションをとることで癒しを感じることがあるからです。

逆に「あなたの言う通りにします」と全ての責任を夫に丸投げする奥さんを持つ男性は、話の切り返しが早く自分の意見を表現する女性とのやりとりに楽しさを感じます。

好きな人とのやりとりでこれから恋愛に発展するかどうかを見極めるには、相手の夫婦関係が良好か、不満はないか聞き出すことで次のステップに進めるのです。

パートナーとの関係が良好であっても、寄り添って「すてきな奥さんだね」「楽しい時間を過ごせるね」と肯定することで、あなたは好印象になります。

寄り添ってくれる人とメッセージのやり取りを続けることで、あなたのことが気になる異性へと変化していくはずです。

既婚者同士のライン攻略法:相手と不倫や浮気中の場合

オリジナルスタンプを作って二人だけの会話を楽しむ

既に不倫関係にある人と毎日連絡をしあっている時には、オリジナルスタンプを作って二人だけの会話を楽しむことでラインを大活躍させることが出来ます。

ラインアプリの中で、スタンプ機能はもはやコミュニケーションの中で必須ともいえるものです。

最近ではオリジナルスタンプを作ることも出来るし、ダウンロードできるスタンプでもテキスト部分だけ自由に入力できるものも増えています。

自由度の高いスタンプを利用し、二人だけのオリジナルの会話をすることで毎日のラインライフも今以上に楽しむことが出来るはずです。

簡単な「おはよう」「がんばってね」などだけではなく、「会えなくても愛がある」「平和の中の魅惑」など二人だけの関係を文字であらわすことで、既婚者同士のなかなかデートが出来ない環境でも幸せを感じられます。

スタンプだけで会話が成立するような流れを決めておくのも、楽しむポイントです。

家庭を持つ者同士、お互いを想いあう時間があるからこそ日常を彩ることが出来ると実感できます。

愛を伝える言葉は直接使わない

不倫愛をスタートさせている二人のライン攻略法は、愛を伝える言葉は直接使わないというものです。

LINEは手軽なコミュニケーションとして不倫カップルにも人気のアプリ。

けれども普及率が高いからこそ使い方を誰もが熟知していることも事実です。

パートナーに不倫がバレないように工夫しようにも、すぐに「設定を変えたな」「時々着信音が違うな」と手を加えた事さえもバレてしまうのが人気過ぎるが故のラインのデメリットとなります。

メールよりも見てしまうことへの抵抗感も低いと感じている人も多いため、不倫がバレてしまうことも多いものです。

ラインをパートナーに見られてしまっても、すぐにバレないように愛を伝える言葉は直接使わないことがベストと言えます。

二人だけで独特の言い回しを考えたり、ラインでは他愛もない世間話だけで満足して置いたりと話題そのものを工夫することでバレない関係を続けられるはずです。

大丈夫な時間でもやり取り可能か尋ねる

恋愛をしている既婚者同士のライン攻略法は、大丈夫だと聞いている時間でも始める前にはやり取り可能かどうか尋ねるというものです。

家庭を持つ者同士であれば、ラインからパートナーにバレないよう「〇時から〇時なら家に奥さんがいないから大丈夫」「〇時以降はみんな寝ちゃっているから大丈夫」と可能な時間を最初に伝えています。

その言葉を信用しない訳ではないですが、慎重に念を押すのが既婚者流。

「今からラインは大丈夫?」「今一人?」と確認してからやり取りを始めるようにすることで、「本当に周りに誰もいないのかな」とヒヤヒヤすることなく二人きりの時間に没頭することが出来ます。

ラインのやりとりを頻繁にしていれば、バレてしまう時というのもあっけないものです。

驕(おご)ることなく、慣れることなく、恋愛がスタートして期間が長くなってきたとしても確認作業を入れることで、いつまでも二人の幸せを壊されることなくいられます。

仕事中であっても、家出の時間であっても既婚者である自覚をもって連絡可能か、自分も本当に時間は大丈夫か確認してから始めましょう。

話したいことはラインで伝えない

大好きな人と不倫をしているときの攻略法は、話したいことはラインで伝えないということです。

ラインを頻繁にしあってもバレないからといって、全てアプリに依存してしまっては大事なコミュニケーションが欠けてしまいます。

本当に伝えたいことや、あなたが心から感動した事、大事なことなどは、言葉で伝えるように意識しておきましょう。

ラインですぐ伝えたいと思うのも誰もが持つ感情ですが、指先ひとつで伝えきれるものよりも言葉を選び想いを乗せ、体温を感じながら会話をする方がずっと心に響くことが多くあります。

ラインで何でも伝えてしまうよりも、会話で伝えることを残しておいた方が直接会うことができたときのデートが濃くなるはずです。

会えなかった時間にどんな思いでいたのか、何があったのか、会った時に伝えることで愛を深く感じます。

LINEに頼りすぎず、言葉でのコミュニケーションも大事にするようバランスを考えて活用しましょう。

お互い削除約束しているなら激しい内容も可能

不倫関係にある人とのライン攻略法は、お互い削除約束しているなら激しい内容も入れてしまっても大丈夫です。

ラインでデート中の生々しい出来事を振り返ったり、写真を送りあったり、愛を直接語り合う事はNGとされていますが、実は抜け道というものがあります。

お互いにラインが終わった直後にトークルームを削除するという約束を徹底できるという信頼関係があるのなら、激しい会話もOKです。

ただ、この方法は家にいない時の方がベターといえます。

家族がいる中であれば、いくら約束を守るつもりでもライン中に横から覗かれてしまったらアウトだからです。

家の外にいる時、家族もしくは自分が家の外にいる時などは、必ずトークルームを削除する約束で、思い切り愛を伝えあう濃厚なラインをしてみましょう。

普段なかなかできない濃密なライン内容は、ふたりの愛情を熱くしてくれるはずです。

削除する約束をしておきながら、もしその作業を怠ってしまえば、不倫がバレお互いの家庭が崩壊してしまう原因となってしまうので、約束を守れない人とは最初からしないべきだと言えます。

結婚している人であっても毎日ラインしてもいいケースはある

お互いに結婚して家庭を持ち、家族と暮らしていても毎日や頻繁ラインをするのは「いけないことだ」と悩んでしまいがちですが、実はOKなケースがあることがお分かりいただけたはずです。

相手に対して好意を持っていたり、既に不倫関係が始まっている相手だったりしてもOKなケースさえ知っていれば、悩みを解決する考え方やパートナーにバレないようにするヒントになります。

毎日ラインを続けたいと思う相手ならば、頻繁にやりとりをしても不自然ではない関係になることで心おきなくやり取りを続けられるものです。

あなたが心おきなくラインアプリを使用するために、攻略法も活用して上手にコミュニケーションを楽しんでくださいね。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事