不倫はどこから?男女で違う定義&許される境界線と不貞行為が確定してしまう証拠
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 不倫関係と一言で言っても、その定義をハッキリと説明できる人は少なく、不倫に携わるそれぞれの立場で感じるボーダーラインは様々です。

    「不倫ってどこから?」と改めて不倫に対して明確なラインを突き止めたい、と思っているあなた。

    今回は不倫の基準を一挙にご紹介しましょう。

    既婚者の男女で違う不倫の定義やどこまで許されると思っているのかの境界線の他、既婚男性の奥さんの立場から不倫認定される浮気の境界線、一般的や社会的な常識のボーダーライン、法的に不貞行為があったと確定する証拠と具体的に追及していきます。

    あなたの立場とあなたの周囲の人から見る不倫がどう違うのか、照らし合わせてみてくださいね。

    案外自分では大丈夫と思っていることでも、立場を替えたら見方が変わることも…。

    修羅場を避けるためにも、しっかりと学んで行動に気を付けましょう。

    目次

    どこまで許されると思ってる?既婚男性にとっての不倫の境界線

    相手の女性とも合意のキス

    既婚男性にとっての不倫の境界線は、相手の女性とも合意のキスをするまでは許されると考えています。

    男の人にとってキスは、気持ちが籠っているかどうかで大きく意味が違うものです。

    例えば、飲み会の時にお酒を飲んでふざけてしたキスであれば、それは既婚男性にとってお遊びの一つであり全く不倫とは考えていません。

    また、女性側から突然されたキスも”不慮の事故”であり、自分の意思とは関係がないものなので、不倫ではないものです。

    女性からの好意に気が付いていて、ちょっかいを出すつもりでキスをしたものであっても、彼にとってはお遊びの一つであり、彼女と付き合うつもりかどうかはまた別の話。

    キスをしたことをとがめられても「付き合っていない」と押し通せる範囲です。

    既婚者の男性にとって不倫は、相手との気持ちの通じ合いがあったうえでキスをしたかどうかという部分が大切になります。

    キスをするという合意の共通意識をもってした行為であれば、恋愛が始まったと認識するものとなるので不倫だと認めるものです。

    セックスの関係が3回以上

    既婚男性にとっての不倫の境界線は、セックスの関係が3回以上までは不倫未遂として許されると考えています。

    男の人にとってセックスはある程度仕方のない出来事だと考えている人も少なくありません。

    出来心でエッチをしてしまうこともあれば、性欲が高まって誰でもいいから性行為をすることもあります。

    いい雰囲気になった女性でエッチをするのは、男の人にとって女性に対するマナーだと考えていることも。

    女性がその気になっているのに断るのは男としてしてはいけない行為だと考えている男の人は、体の関係を持ったことと不倫関係とは頭の中で結びつけてはいないのです。

    そんな既婚者の男にとって、不倫とは「特定の人と何度も体を重ねること」であり、少なくとも3回以上関係を持つことで特定の人だと認識するようになります。

    そのため、風俗はもちろん飲み会帰りにいい雰囲気になった人や出会ってすぐ体の関係を持った人は、不倫ではないということです。

    二回目のセックスも、成り行きでしてしまうこともあります。

    しかし3回目はお互い確信をもってセックスをしようとして行うので、成り行きとはならず意図的なエッチとして不倫と認識するようになるものです。

    バレなければ全てグレー

    既婚男性にとっての不倫の境界線は、バレなければ全てグレーと考えています。

    既婚者の男性は、奥さん以外の女性と何か色ごとがあれば全力で隠し通そうとするものです。

    隠し通そうとする全てのことは、本人自体は隠しきれているとも思っています。

    そのため、妻以外の女性とどんな関係を持とうが、家族に迷惑が掛からず嫁にバレなければ全てなかったこととして割り切ることが出来るのです。

    浮気をしても、不倫をしてもバレていなければ何もない愛妻家の夫として自分自身も認識します。

    キスをしても、エッチをしてもなかったことと認識していれば、そこに事実はないも同然。

    どれだけ特定の女性と体を重ねていても、「自分は浮気をしていない」「不倫をしていない」と思っていれば、不倫の事実はないのです。

    家を一歩出れば、夢の世界に入っていくと考えていることもあるので、自分の意思とは関係ないと考える人もいるほど。

    認識していない出来事に対しては、定義も何もありません。

    人間観察が必要な仕事は不倫が許される

    既婚男性にとっての不倫の境界線は、人間観察が必要な仕事は不倫は許されると考えています。

    不倫は男の甲斐性だという言葉があるように、昔から不倫が容認される人たちがいるのも事実。

    家庭を持っていても、道行く女性と体を重ねたり恋愛ごっこを楽しんだりすることで、家庭を大切にできたり、多くの人間模様を学ぶことが出来たりする行為は、不倫ではなく勉強だと考えています。

    例えば芸能関係の人や小説家や芸術家など、想像力や人を喜ばせる仕事の人は、よりたくさんの人の生き方を見る事で、自分の価値観を広げることにつながるものです。

    本当は奥さんが嫌がっていたとしても「俺は女遊びも仕事だ」と堂々と言い放つ人もいます。

    そんな人はどんな行為であれ、不倫と咎めたところで意味がないことです。

    奥さんという特定の人だけとの関わりではなく、多くの女性と体を重ねることでインスピレーションをもらい、想像力を掻き立て、思考の広がりに拍車をかけていきます。

    奥さんとの関係の良好さに比例する

    既婚男性にとっての不倫の境界線は、奥さんとの関係の良好さに比例すると考えています。

    不倫とは「奥さんを傷つける行為」という認識をしている既婚者の男性であれば、奥さんとの関係が良好であればあるほど、その境界線は狭まっていくはずです。

    例えば奥さんと毎日キスをして愛を語り合い、ハグをすることが日常になっているときには、他の女性と話をすることさえも心が痛み、「奥さんが嫌がるに違いない」と他の女性との接触を避けるようになります。

    他の女性と会話をして偶然にも触れてしまった場合でも、家に帰ると懺悔の気持ちが沸き上がり、妻を強く抱きしめて愛を誓いなおすわけです。

    しかし、奥さんとの関係が悪化して家に帰っても空気のように扱われてしまうような状態であれば、他の女性といつまでも二人きりで一緒にいても全く罪悪感が湧き出てきません。

    それどころか「俺が女遊びすると、嫁も喜ぶわ」と奥さん以外の女性と関わることが合意の上だと勝手に認識するようになります。

    夫婦関係によって既婚男性の不倫の境界線は大きく変わるのです。

    アウトなのはどこから?既婚女性にとっての不倫の境界線

    エッチをしてしまったらアウト

    既婚女性にとっての不倫の境界線は、エッチをしてしまったらアウトだと考えています。

    女性はエッチをする時に、気持ちが必要になる生き物です。

    結婚して家庭を持っている既婚女性は、夫以外と性行為をするのは絶対にアウトだという認識を持っています。

    どれだけ好きになっても、いい雰囲気になってもデートを重ねていたとしても、体の関係があるかどうかで大きく関係が変わると思っているはずです。

    そのため、体の関係さえなければ二人はまだ何も進展していないと考えており、連絡を取り合ったり、デートを重ねたりします。

    逆に体の関係を一度でも結んでしまえば、その相手に好意があろうとなかろうと、夫に対して罪悪感を抱え、苦しみを感じ始めるのです。

    女が服を脱ぐというのは、相手の男を落とす手段であり、覚悟が必要なこと。

    特に既婚者の女性が簡単に人前で服を脱ぐことはありません。

    相手と体の関係を結ぶということは、不倫をするという覚悟をもって一線を越える意識でセックスに挑みます。

    お互いに好意を確認しあったら不倫

    既婚女性にとっての不倫の境界線は、お互いに好意を確認しあったら不倫だと考えています。

    不倫願望がある既婚女性は、心が乙女になっているので両思いこそが現状からの逃亡であり、禁断の恋愛の始まりです。

    「ダメだと分かっているのに惹かれてしまう」「決して結ばれない二人なのに求め合う」そんな状況こそが、心を高ぶらせます。

    そのため、既婚女性が他の男性と恋愛をしていると興奮度がマックスになるのが両思いになったときです。

    「結ばれてはいけない二人が思いを通じ合わせた」「思いが届いた」と感じた瞬間こそが、禁断の恋愛のスタートであり、そこから逃れられない運命だと感じ始めます。

    目が何度も会う、好意を感じる言葉をかけてくれた、絶対に思いが通じていると感じる、など両思いだと自信を持ったことこそが不倫であり、夫には決して言えない関係になったと確信を持つのです。

    不倫願望がある女性の不倫ハードルは低く、どんな状況でも「これはもう不倫なのよ」と不倫事実があると思うことが、喜びになっています。

    会いたい気持ちを我慢していても会ってしまったらアウト

    既婚女性にとっての不倫の境界線は、会いたい気持ちを我慢していても会ってしまったらアウトだと考えています。

    既婚女性は夫以外の人を好きになっても、すぐに不倫恋愛に発展させるわけではないので、気持ちの変化に伴い行動の変化を実行してしまった時点で不倫への道に歩みだしたと考えるものです。

    既婚女性に気になる人ができた時、「会いたいな」「連絡したいな」と思っても、とりあえずは我慢するのが通常。

    「私は既婚者だから恋愛をしたらダメ」「家族を裏切ることはしてはいけない」と自分の気持ちにふたをして気が付かなかったふりをしながら過ごします。

    しかし、その我慢も限界の時が訪れると、自分の気持ちの中だけでは思いを抑えきれなくなってしまい、つい連絡を取ってしまったり、会えるように行動に移したりする変化が訪れるわけです。

    我慢が出来なくなるのは、妻である前に一人の女性だということに気が付くからです。

    恋愛に気持ちが傾いて行動に移してしまった時、「私は妻や母親としてよりも恋愛を選んでしまった」という罪悪感とともに、恋愛が動き出したことを確信して、不倫をしているという実感を持ちます。

    一方的でもキスをしたら不倫

    既婚女性にとっての不倫の境界線は、一方的でもキスをしたら不倫だと考えています。

    女性にとってキスはとても重要な行為です。

    例え夫以外の男性から一方的にキスされたとしても、また既婚女性が他の男性のことをつい「可愛いな」「守ってあげたいな」という気持ちから衝動的にキスしてしまったとしても、その一回のキスで既婚女性は大きな罪の意識を持ち始めます。

    たった一回のキスでも、一方的なキスであっても、キスはとても大切な行為です。

    夫がいる身で、他の男性とキスをしてしまうなんて、言語道断。

    「いけないことをした」「幸せな家庭の道を踏み外してしまった」と、ドキドキが止まりません。

    禁断の恋愛の予感を感じながら、いつもの日常には戻れないという感覚が沸き上がり、不倫の始まりと認識するのです。

    女性はキスをすることで、相手との距離感がとても近く感じるようになります。

    男性のようになかったことにはできないので、好きでもない相手からキスをされたとしても、そのキスに囚われてだんだんと好きになってしまうこともあるはずです。

    好きな人と二人きりで会ったら不倫確定

    既婚女性にとっての不倫の境界線は、好きな人と二人きりで会ったら不倫確定だと考えています。

    既婚女性が人を好きになると、どうしても旦那のことを考えるための心の余裕がなくなってしまい、好きな人のことばかりを考えて愛情が大きくなる一方です。

    既婚者である自分自身が、好きな人とデートするにはどんな風に会えるのか、という心配よりも、ただ「好きな人と一緒にいられる時間が欲しい」「少しでも長く一緒にいたい」と願うばかり。

    そんな既婚者の女性は、二人きりで会ったらもう恋愛モードから抜け出せなくなります。

    好きな人と一緒に過ごすことに恋焦がれている状態の女性は、恋に恋する乙女。

    実現するだけで、夢が叶ったと感じるほど幸せな気分になります。

    それまでの我慢の連続は、幸せになるための試練だったと感じる他ありません。

    我慢してきた分、好きな人と二人きりで会う機会が訪れた時には「不倫だ」「夫を裏切っている」という気持ちが攻め寄せます。

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線

    連絡を取り合っていることを内緒にしている

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線は、連絡を取り合っていることを内緒にしている場合です。

    既婚者であっても、奥さんに何でも伝えている男性であれば、どんなことをしても不倫とは認定されない場合が多くあります。

    例えば、仕事場の女性と頻繁に連絡を取り合っていたとしても「仕事で一緒に責任を任されている」と伝えたうえで、仕事の進捗具合や一日のうちに起きた出来事などを妻に日常会話として伝えていれば、奥さんも何も不審に思うことはないからです。

    夫婦で細かなことを全て共有できている関係を作れていれば、例え「女性と二人きりで飲みに行く」と行っても「大事な用事があるんだね」と見送ってくれます。

    けれども、女性と連絡を取り合っていることを奥さんに内緒にしているのであれば、すぐさま「怪しい」「浮気でもしているのかしら」と疑いの目を向けられても仕方ありません。

    パートナーに言えない人と、言えないような連絡を取り合っているのであれば、恋愛を疑われるのも当然であり、奥さんは密かに二人の関係を調べ始めるはずです。

    2回以上二人きりで会っている

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線は、2回以上二人きりで会っている場合です。

    結婚している人であっても、偶然知り合いの独身女性と会って、お茶をすることくらいはあるもの。

    しかし、そんな偶然は2度も起こることはありません。

    同じ人と二人きりで会うにしても、一度目は何かの相談かもしれないし、偶然かもしれないし、お願いされてそんな状況になったのかもしれませんが、2度目に二人きりで会えば必ず男女の気持ちは緩んでしまいます。

    体の関係が始まってもおかしくない状況と言えることです。

    二人きりで折り入って話があるとしても、結婚している男性を呼び出すなんてかなり勇気のいる事といえます。

    女性目線で見ても、妻以外の女性と2度以上二人きりで会うなんて、女性側にも下心があるとしか思えないからです。

    二人きりで会うこと自体がやましいことだと判断できるので、不倫だと認定します。

    嘘をついて会う約束をしている

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線は、嘘をついて会う約束をしている場合です。

    結婚している夫婦の間に、嘘はよくありません。

    優しい嘘ならかわいいものですが、妻に嘘をついてまで他の女性と会っていることが分かれば、それはもう不倫と認定せざるを得ない状況です。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    結婚するということは、どんな時でもどんな状況でも夫婦二人が力を合わせて乗り越えるという約束を意味します。

    どんな状況も二人で乗り越えるためには、信頼関係が必須です。

    夫婦間で嘘をついている時点で、信頼関係は薄くなってしまい、未来に向けて人生を託す気持ちがなくなってしまいます。

    嘘をついてまで他の女と会う時間を作っていることは、裏切り行為そのものであり、夫への信頼度が激減し、相手の女性への怒りが沸き上がることです。

    例えば「残業で遅くなる」「友達に呼び出された」「どうしても会社に戻らないといけない」と夫が言っていたのに、女性の自宅に行っていたり、どう見ても仕事とは関係のない場所に向かったりしていれば、浮気だと認定する状況がそろったと言えます。

    1回でも体の関係がある

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線は、1回でも体の関係がある場合です。

    夫婦にとって体の関係を裏切られたら、立派な浮気行為であり不倫といえます。

    恋愛感情がなくても、妻という存在がありながら他の女性を抱くなんて行為は、嫁という立場を冒とくしているとしか思えません。

    結婚した時点で、夫の存在全ては妻のものであり、嫁の存在自体が旦那のものです。

    心はもちろん、体も夫婦一体の所有物だと言っても過言ではないといえます。

    風俗だけでなく、遊びの関係でも妻にとっては夫の裏切り行為。

    到底許せるとは言い難い行為です。

    「同窓会で盛り上がってつい過ちを犯してしまった」と「一回でいいから抱いてくれたら諦めると言われた」と既婚者の男性が本気で相手の女性に入れ込んでいなくても、妻にとっては理由なんて関係なく、浮気確定となります。

    夫のことを愛している妻だからこそ、たった1回でも体の関係があることが、許せません。

    夫の好意のあるなしに関わらず女性からの好意を知っていて連絡を取り合っている

    既婚男性の奥さんから不倫認定されてしまう浮気の境界線は、夫の好意のあるなしに関わらず女性からの好意を知っていても、連絡を取り合っている場合です。

    女性側に好意があることが分かった時点で連絡をやめない夫は、浮気男だと認定する妻は珍しくありません。

    女性の気持ちの重さは同じ女だからこそ、妻にはとてもよくわかるもの。

    夫のことを好きになる気持ちも、自分こそが夫のことを心から愛しているからこそ理解できます。

    だからこそ、女性の気持ちをもてあそぶような行為をする夫のことを許せないとも思うはずです。

    女性の恋する気持ちを察するからこそ、夫が女性のことを好きであっても、そうでなくても、女性側に好意があるということを気が付いていたのであれば、連絡をやめなければ男性が悪い、という考えを持ちます。

    連絡を取り合っている限り、女性側は男性からの気持ちに期待を持ってしまうものです。

    期待を持たせたまま連絡を取り続ける夫の精神は、不倫する男と同じだといえます。

    一般的・社会的にはどこから不倫?常識のボーダーライン

    二人きりで一緒に食事をする

    一般的や社会的に常識のボーダーラインとして、二人きりで一緒に食事をすることは不倫をしていると認識されます。

    既婚者の男性が、奥さん以外の女性と二人きりで食事をしているということは、とても親しい関係であると推測されることです。

    食事は、人間の三大欲求の一つだからこそ、食欲を満たすということは性欲を満たすのと同じとも言われています。

    好きな人ができると「一緒にご飯を食べたいな」と願う人も多いはず。

    また、一緒に家庭を持つ女性も「毎日旦那さんと美味しい食事を一緒に食べられる」「彼に手料理を食べさせてあげられる」と食事を通して愛情を確認することも多くあります。

    既婚者の男性が奥さん伊賀の女性と食事を一緒にするという行為は、他の人から見れば「あの二人絶対不倫しているね」と噂が立つ元です。

    1回だけならまだしも、2回以上二人きりで食事に向かう姿が目撃されれば、確実に周囲は二人の関係を疑います。

    「奥さんに言った方がいいんじゃない」「バレることやって…修羅場にならなきゃいいけど」と心配されるのがオチです。

    密室空間に入る

    一般的や社会的に常識のボーダーラインとして、密室空間に入ることは不倫をしていると認識されます。

    男女が密室空間に入れば、大抵の人は体の関係を疑うものです。

    いくら打ち合わせと言っても会議室にいつも二人きりにこもったり、改めてミーティングと言ってビジネスホテルに二人きりで入ったりすると、周囲の人は確実に浮気を疑います。

    浮気をしていない男女であれば、密室空間に入る必要がないからです。

    ホテルに出入りする姿を見かけたり、深夜のオフィスにいつも二人きりで残業をしていることが知られたりすることも、当然不倫をしていると認識します。

    特に夜であれば、人間も本能が表れやすくなり、二人きりで密室に入ると性欲を我慢できなくなると考えるのが当然です。

    世の中きれいごとばかりではないというのは、誰もが知っていること。

    密室空間に入っていくということは、どうしてもその後の展開を想像してしまいます。

    二人きりで何も起きない方がおかしい、という認識を持っているので、何もなかったような顔をして出てきてもアウトです。

    親しく話をしていて二人きりで出かけることもある

    一般的や社会的に常識のボーダーラインとして、親しく話をしていて二人きりで出かけることもあることは不倫をしていると認識されます。

    会社の人、友達同士、趣味の集まり、どんな関係であっても既婚者が異性と親しくなると、それだけで注目を集めてしまう要因です。

    「結婚しているのにあの女性といつも楽しそうに話している」と誰かに思われた時点で、二人は恋愛関係を疑われます。

    さらに、二人きりで出かけることがあれば「確実にあの二人は不倫しているね」と確定することにつながるのです。

    二人きりの状況が例え、買い出しや用事であっても普段の仲の良さが恋愛関係を裏付けてしまう原因となります。

    既婚者の男性が異性と親しくしているだけでも要注意ですが、二人きりで行動することがあれば、どれだけ理由をつけたとしても怪しまれているということをお忘れなく。

    戻ってきた二人を何食わぬ顔で迎え入れてくれている周囲の人も、心の中では不倫だと確信を持ってしまっています。

    手をつないでいるところを見られた

    一般的や社会的に常識のボーダーラインとして、手をつないでいるところを見られたことは不倫をしていると認識されます。

    既婚者がパートナー以外と手をつなぐということは、もう不倫以外に考えられません。

    例え二人が体の関係がなくて、両思いかどうかも確認しあっていない状態であったとしても、手をつないでいるところを見られたら、周囲の人は「両思い」「既婚者だと理解したうえで恋愛に踏み込んでいる」と判断するものです。

    二人で話していて、ちょっと手が触れた拍子に「手をつなぎたい」という衝動に駆られてつないでしまっただけだとしても、好意がなければそんな衝動は起こりません。

    「気持ちを伝えるために言葉よりも手をつなぐという行為が先に出てしまった」とまだ不倫関係になってもいないのに、一方的に手をつないでしまった場合も、周囲から見ればお互いの意思だと判断します。

    誰かに見られる可能性があるところで手をつなぐということは、例え両思いになっていなかったとしても周囲からは不倫と確定される出来事になってしまい、噂が立つので注意しましょう。

    婚姻関係ではないのにいつも一緒にいる

    一般的や社会的に常識のボーダーラインとして、婚姻関係ではないのにいつも一緒にいることは不倫をしていると認識されます。

    既婚者がパートナー以外と一緒にいることは、社会の中ではよくあることです。

    しかし、特定の人といつも一緒にいるのはいささか穏やかな状況ではありません。

    「あの人いつも一緒にいるけど奥さんじゃないよね?」「隣にいる男性は誰なの?」と既婚者のパートナー以外が隣にいる人物に興味津々です。

    それが秘書という立場であっても、いつも一緒にいることが当たり前の後継であれば、一般的には「あの二人は恋愛関係もあるよね」と疑い始めます。

    人の世というのはいつでも噂が好きなもの。

    仕事で一緒にいるだけだとしても、常日頃行動を共にしている人と恋愛関係だと思いたがります。

    仕事が理由でなければなおさら。

    「仕事が終わると絶対あの人と一緒にいる」という姿を目撃されれば、確実に不倫案件として認識されます。

    もう逃げられない…法的に不貞行為があったと確定する証拠

    ホテルを使ったクレジット明細や領収書

    法的に不倫行為があったと確定する証拠には、ホテルを使ったクレジット明細や領収書があげられます。

    ホテルを使ったクレジット明細や領収書は、その日にホテルを利用したという何よりの証拠。

    その明細がラブホテルであれば確実に肉体関係を示す証拠となります。

    ビジネスホテルであっても、誰といたのか追究することは簡単ですし、何の目的で活用したのか仕事内容を確認すればどうしてもその場所でなければいけなかったのかどうかはわかるはずです。

    法的に不倫と確定するには、肉体関係の証拠を上げなければいけません。

    ホテルという密室空間に誰といたのか、ということを明らかにすることで不貞行為があったかどうかは容易に特定できるのです。

    クレジットカードは最近ではインターネット明細で見ることが出来るので、奥さんが管理していることも珍しくないこと。

    家計をやりくりしている妻としてはクレジットの内容も把握しておかなければ、金銭の管理ができないからです。

    ホテルを利用した形跡を見つけて不倫が発覚する大きな理由でもあります。

    ベッドで一緒に撮った二人のラブラブ写真

    法的に不倫行為があったと確定する証拠には、ベッドで一緒に撮った二人のラブラブ写真があげられます。

    不倫カップルはいつでも会えるわけではないからこそ、二人でベッドにいる時間が幸せすぎてスマホ写真に収めて後から見返しているカップルも少なくありません。

    奥さんに見られたらいけないので、既婚男性が写真を撮ることはなくても、浮気相手の女性が「会えない間に見たいの」と写真を撮りたがることもよくある話です。

    撮った写真が嬉しくてつい既婚者の彼にLINEで送ることもあります。

    その写真は、実はLINEアプリを共有しているパソコンなどから筒抜けで見ることが出来るのです。

    パスワードさえわかれば、パソコンにLINEアプリを入れて新着ラインからすぐに見ていくことも可能。

    もしかしたら、奥さんは浮気相手の女性からのラインを随時チェックしているかも…。

    例え夫が「ベッドで写真を撮ったけど、肉体関係は絶対になかった」と言っても、それは苦しい言い訳です。

    裸の男女がベッドで何もなかったはずがないのですから。

    体の関係があったことが分かる内容のLINEやメール

    法的に不倫行為があったと確定する証拠には、体の関係があったことが分かる内容のLINEやメールがあげられます。

    不倫をしている男女は、会えない時間に前のデートを思い出すことで心を満たしていることもよくあることです。

    「昨日は激しいエッチだったね」「早く抱きしめたくて仕方がない」とメッセージでやりとりしていることもよくあります。

    今すぐにでも会いたくても、会えないというもどかしさがメッセージの内容を過激にしていくものです。

    特に、久しぶりにデートをした後は、エッチの余韻を感じていたくてメッセージで具体的にセックスの感想を述べていることもあります。

    「まだ体が求めてる」「早くあなたが欲しい」「次会った時はすぐにホテルに行こうね」など具体的に肉体関係があったことが分かる内容になっていれば、それはもう不倫の証拠となる内容です。

    法的には「確実に肉体関係があった」と認められなければ、証拠にはなりません。

    しかし、カップルの言葉が全て証拠となってしまうので、不倫を疑った場合には、メッセージの内容は重要になります。

    不倫をしたと認めた発言やその録音音声

    法的に不倫行為があったと確定する証拠には、不倫をしたと認めた発言やその録音音声があげられます。

    法律的に、本人が「不倫をした」「肉体関係があった」という音源は、不貞行為の証拠となるものです。

    例えば、奥さんがこっそりボイスレコーダーを仕込んでおいて、不倫を問いただしたとして、その時に夫が一度でも認めた発言をすればしっかりと録音として残ります。

    「あの時は嘘ついて認めたふりをしたんだ」と言ったとしても、記録として残ったものは取り消しができません。

    最近では、車の中での会話も録音されているドライブレコーダーがあるので、証拠はそろいやすい状況と言えます。

    いつも帰りが遅い夫のドライブレコーダー記録を確認してみれば、思いもよらない会話が飛び込んでくることもあるのです。

    愛をささやきあっている相手が奥さんではなければ浮気だし、ホテルの場所を言葉に出していて向かっている様子が録音されていれば、ホテルに向かったことを証明することができます。

    ホテルに出入りしていることを目撃した人の証言

    法的に不倫行為があったと確定する証拠には、ホテルに出入りしていることを目撃した人の証言があげられます。

    実際に不倫現場に乗り込んだり、証拠としてラインや写真をそろえることが出来なくても、周囲の人の協力を得る事で不貞行為の証拠として挙げることが出来るのです。

    近郊のホテルに出入りしていることを目撃した人が多数居れば、すでにその人たちの目撃証言が不貞行為の証拠になります。

    特に都会であれば、徒歩で行けるホテルはたくさんあるもの。

    会社から近いホテルに入る姿やホテル街で浮気相手と一緒にいることを見かけられたりすることもしばしば。

    「あの人よくあの人と一緒にホテルに入ってるの見るよ」「ホテル街に週に1回は同じ人といるよ」と目撃証言がそろえばそろうほど、免れない証拠になります。

    写真がなくても、同じような状況の証言があれば信ぴょう性が高いと判断されるからです。

    一緒にいる人が特定の女性であれば、その特徴も覚えられるもの。

    女性の特徴まではっきりと証言してくれることで、法的に相手を追究することが出来ます。

    不倫の定義はそれぞれ違うことを覚えておこう

    「不倫はどこからなの?」「自分が思っている不倫の定義は他の人には当てはまらないの?」と疑問に思っていた人も、今回の記事でそれぞれ不倫の定義が違うことが分かったことでしょう。

    既婚男性、既婚女性、既婚男性の奥さん、一般的な意見と立場が違う視点で見ると、それぞれ定義が違うので、自分の中ではセーフだと思っていても、違う立場ではアウトだということも。

    不倫恋愛を成就したいと思っているのであれば、違う立場の人から見てもアウトだと思われない方法で愛を確かめ合う必要がありますね。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事