不倫相手と連絡をやめるのが相手から追わせる秘訣!自分からはメールやLINEをしない方がうまくいく理由と実践法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫をしていると、どうしても「会いたい」という気持ちが強くなり、ついついスマホが手放せなくなってしまうという人も少なくありません。

しかし、実は不倫相手との連絡頻度が相手との心の駆け引きにもなることを知れば、あなたも今すぐ自分からメールやLINEをしないという選択をするようになるはずです。

不倫という恋愛では、会えない時間が長いからこそついつい連絡を取り合うことで心を繋いでおきたいと思ってしまうものですが、不倫相手とは連絡をやめることこそが相手から追わせる秘訣になります。

そこには驚くべき理由があり、今回は不倫相手に自分からはメールやLINEをしない方がうまくいく理由と実践法を詳しくお伝えしましょう。

恋の駆け引きは些細なことの積み重ね。

連絡をしすぎて、彼と連絡を取ることが自分の心のよりどころにしてしまう女性よりも、自分から連絡せずに追われる女性になることで幸せを掴みましょう。

目次

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理

常に愛されている実感がないと不安に耐え切れない

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理は、常に愛されている実感がないと不安に耐え切れないというものがあります。

自分が愛されていることに自信がもてない女性にとって、会えない時間に連絡を取り合うことこそが愛されている証であり、不安を解消する手段です。

しかし、不倫関係という性質上、常に連絡を取り合えるわけではありません。

そのためこのタイプの女性は、不倫恋愛をしていることで常に情緒が安定せず、自分に対しても自己価値を低く見積もってしまうという特徴があります。

離れていること、相手には既にパートナーがいるという現実がいつも心を責めてきているため、彼の言葉で安心したいという心理になっているのです。

「愛してるよ」「次に会えるまで待っててね」と言ってもらえるだけで、未来を保証されたような気持ちになり、次のデートまで待つことができます。

「そもそも奥さんがいるのになんで私なんかと恋愛をしているのかな」「遊びでしかないんだ」「すぐ捨てられるんだ」と不安からくる被害妄想を制御するために、不倫相手の彼と連絡をすることをやめることができません。

好きな人に勝るほどの信用できる友達がいない

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理は、好きな人に勝るほどの信用できる友達がいないというものがあります。

恋愛第一優先で生きてきた女性にとって、彼氏こそが自分にとっての一番の理解者であり、友達よりも重要な存在です。

今までもこれからも、異性こそが自分の価値を見出してくれる人だと信じており、友達は数多くいるけれど、彼氏と予定が重なれば迷わず彼を優先させます。

不倫といえども恋人は自分の存在を認めてくれる人であり、自分のことを否定している人または自分のことを大好きな人にとっては、重要です。

恋人に勝るほど信用できる友達がいないことが、不倫相手に連絡をし続けてしまう原因であり、他にすることがない孤独感を生み出す原因となっています。

友達がいないので、普段は暇な時間を楽しく過ごす術を持ち合わせていません。

そもそも友達という存在に重きを置いていないので、彼と会えない時は誰かほかの人と過ごすという考えを持っておらず、「早く会いたいな」「会いに行っちゃおうかな」と不倫相手の彼のことを考える時間を心から楽しんでいます。

奥さんより優先されていると感じていたい

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理は、奥さんより優先されていると感じていたいというものがあります。

既婚男性と交際をしている女性にとって、彼からの連絡が会っていない時に唯一愛を感じる手段です。

最初から奥さんがいる人を好きになっているので、常に劣等感を持っています。

「奥さんよりも愛されたい」「結局は妻が一番大事なのよね」と不安と恐怖から、愛を強く感じたい欲望や皮肉なことばかりを考えてしまうようになるのです。

デートをしている時には「私が一番愛されている」「永遠に一緒にいたい」とその場の雰囲気や彼の愛を存分に感じて幸せな気持ちになっていても、ひと度彼と離れると急激な不安が襲ってきます。

「私は本当は愛されていないんじゃないかな」「遊ぶ女が欲しかっただけかも」という不安を払拭するには、彼からのメールやラインの言葉で「君が一番だよ」「愛しているよ」と言ってもらうことのみ。

劣等感や不安を解消するために、結局彼から一番愛されているという確証が欲しいだけで、いつも愛の言葉を求めて連絡をしてしまいます。

不倫相手の彼のことが好きすぎて連絡を取り合わないと心のバランスを保てない

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理は、不倫相手の彼のことが好きすぎて連絡を取り合わないと心のバランスを保てないというものがあります。

不倫をしていることで、精神のバランスを崩しやすくなる人が多いことも事実。

通常の恋愛であれば、デートができない日はそれぞれ好きなことをすればいいだけの話ですが、不倫恋愛では自分が会えなかったら相手は家族と過ごしている時間ということになり、家族と過ごす時間を否応無しに想像してしまうのです。

「今頃家族でご飯かな」「私のこと思い出してくれる瞬間はあるのかな」と想像してしまうことで、合っていない時間に本来なら不要な苦しみを感じてしまいます。

その状況は、とても「自分も趣味に没頭しよう」と思えるようなものではありません。

愛し合っているのに、胸を引き裂かれるような複雑な心境を誰にも相談することもできず、一人で涙を流しても、その事実さえ相手に届かないのです。

連絡を取り続けることでもしなければ、孤独と闇に飲み込まれて崩壊してしまう不安も大きくなります。

「私が私でいられなくなる」という恐怖から逃れるために、家族といる時間に連絡をしてはいけないと分かってはいても、ついスマホを手に取ってしまうところです。

連絡を取ることが日記がわりで何でも知っておいてもらいたい

不倫相手との連絡を心のよりどころにしがちな女性の心理は、連絡を取ることが日記がわりで何でも知っておいてもらいたいというものがあります。

女性に多い「私の全部を知っておいてもらいたい」という願望は、実は男性にとっては全くの未知の世界。

「俺は日記帳かボイスレコーダーか」とツッコミを入れたくなるほど、事細かく報告をしなければ気がすまないという心理なのです。

女性本人もただ純粋に不倫相手の彼とつながっていたいだけなのですが、その方法として今日一日の出来事をつい報告してしまうという手段になってしまいます。

「愛し合っている者同士、全て知っておいてもらわないと相手に申し訳ない」と考えている人は少なくありません。

男性側は「言わなくてもいいこともある」「全部話すことが優しさじゃない」と考えている人も多いため、何でもない連絡を入れ続けたところで、返信をしてくれないという事態になってしまいます。

それでも「なんで返事をくれないのかな」と思いながらも、何でもないことをただ徒然と送ってしまうのです。

不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事

必要ない連絡はしないで欲しい

不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事は、必要ない連絡はしないで欲しいということです。

既婚者の男性にとって、浮気相手からの連絡は不倫がバレてしまうリスクが高まってしまうもの。

頻繁に連絡が入ればその都度確認しなければいけないだけでなく、証拠となるメールやラインを消去する作業が必要です。

奥さんは夫に度々連絡が入っている姿を見ているのに、スマホチェックをした時には何も変化がないところを見ると、怪しさは募っていきます。

家で過ごしている時に、浮気相手から連絡が入るというのは、その都度ドキドキしてしまうものなのです。

浮気相手の女性のことを好きだと思っていても、家での危険が高まるのであれば、愛のこもったメッセージさえ既婚男性にとってはだんだんと迷惑に感じてきてしまいます。

不倫恋愛は、バレてしまったら全てが終わり。

リスクが高まる行為を続けてしまう彼女のことを、信用できなくなります。

迷惑だと感じる気持ちが大きくなるほど、必要なメッセージの範囲は狭まってしまい、デートの約束をするとき以外は連絡をしないで欲しいと思ってしまうのです。

本当に求められていることを実感して嬉しい


不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事は、本当に求められていることを実感して嬉しいというものがあります。

結婚している男性にとって、浮気相手の女性の存在は癒しそのもの。

夫婦生活に嫌気が差している毎日の中で、彼女から届く連絡を見るだけでも、心が洗われるような気持ちになります。

彼女から頻繁に入ってくる連絡で、会えない時間に感じている寂しさを埋めてくれるほど「そんなに俺のことが必要なんだ」「僕は本当に愛されてるな」と実感することができるものです。

夫婦関係が破綻している既婚男性にとって、浮気相手からの連絡こそが生きがいであり、幸せを感じる時間。

「なんでもっと一緒にいられないんだろう」「離れていなければいけないなんて苦しい」と落ち込んでいる気持ちを元気にさせる魔法になっています。

男の人は相手から求められるほど、相手に対しての愛情を深めるものなのです。

何も求めてこない、期待されることもない妻とは違い、浮気相手との愛があるから毎日を頑張ることができます。

日常の中でも気分転換ができる

不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事は、日常の中でも気分転換ができるというものがあります。

家庭を持っている男性は、家族を養うために仕事の成績を少しでも上げて給料をもらうために、日々戦闘モードで頑張っているはずです。

頭の中は常に仕事のことでいっぱい。

そんな状態なのに、家に帰れば子供の相談や家計の相談を持ちかけられるので、脳内はパンク状態です。

「ゆっくりしたい」と思っても無常にも時間は過ぎていくばかりで、一日終われば泥のように眠りあっという間に朝が来て、また一日が始まります。

そんな毎日の中でも、浮気相手の女性から連絡が入ると、ほんの一瞬でも非日常を味わうことができるのです。

「今日はいい天気だからこんなところに行ってみたよ」というメッセージと共に、綺麗な景色の写真が送られてくれば、心がホッと和みます。

自分自身が癒しの場所に行くことができないため、日々の気分転換は、彼女から送られてくる写真やメッセージで癒しの場所に行ったような気持ちになることです。

彼女からの連絡で気分転換ができると、次の仕事のパフォーマンスも上げることができます。

一切連絡は取りたくない


不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事は、一切連絡は取りたくないというものがあります。

一つは既婚者の不倫は、あくまで遊びというパターン。

夫婦仲は悪くはないし、子供も大切で、離婚なんて全く考えていません。

そのため、彼女から連絡があること自体迷惑だと考えています。

連絡が入る度に「そんなに深入りしないで欲しいな」「体だけの関係の何が不満なんだろう」「最初から不倫って分かってるんだから早く割り切って欲しい」と思っているはずです。

一切連絡を取りたくないから、早く気が付いて欲しいと願っています。

もう一つは不倫相手とは職場恋愛というパターン。

職場恋愛であれば、可能な限り直接やり取りをしたいという気持ちを持っています。

好きな人が目の前にいるのに、回りくどくスマホで連絡を取り合うなんて、考えられません。

連絡をするということは、伝えたいことがあるということなので、その分会話をするきっかけがあるという意味になります。

何度でも会話をするきっかけがあるのなら、直接顔を見て話をしたいと考えているのです。

バレる可能性が高まるからスマホを手放せない


不倫相手の男性が女性から来る連絡に対して思っている事は、バレる可能性が高まるからスマホを手放せないというものがあります。

家庭を持っている人にとって、浮気相手の女性から次々と送られてくるメッセージは、嬉しい半面ヒヤヒヤするもの。

奥さんがいつスマホチェックしているのかも分からないので、常にスマホを手放すことができません。

「彼女と連絡を取り合えるのは嬉しいけど、どうやって奥さんにバレ内容にすればいいのだろう」と手段を見つけられずに困っています。

音をサイレントにしていると、彼女からのメールやラインに気がつかなくなっても申し訳ないし、音やバイブ設定にしているとその都度メールやラインが入って来たことがわかってしまう。

何か他にいい方法はないか、常に模索しているはずです。

奥さんが夫に関心を持っていなければそこまで気にすることもないけれど、嫉妬しやすかったり常に監視していたりする妻だと、不倫を楽しむのも一苦労だと言えます。

彼女も好きだし、奥さんに迷惑もかけたくない、とどっちも大事だと思っている既婚男性にとっては、連絡の取り方は永遠のテーマとなるのです。

自分からは不倫相手にメールやLINE・電話をしない方がうまくいく理由

不倫相手の方から会いたくなる


自分からは不倫相手にメールやLINEや電話をしない方がうまくいく理由は、不倫相手の方から会いたくなるからです。

男性は追われれば逃げたくなるもの。

追われるという行為は、自分の行動を規制されていると感じてしまうため、束縛されている感覚が窮屈に感じるものです。

自分自身が束縛するタイプであれば、喜ぶものの多くの男性は束縛されることを嫌っているため、逃げたくなる心理が働きます。

逆に好きな人が自分の元から逃げ去っていると感じれば、男性の狩猟本能が覚醒して、必死で追いかけたくなるものです。

野生の肉食獣が草食動物に狙いを定めて追いかけるように、男性は狩りの本能に突き動かされます。

また、男の人は所有欲が強いので、一度自分が手に入れたと思っているものがその手からすり抜けようとすると、慌てて拾い集めることも。

「絶対に手放すものか」「今まで普通に連絡が取れていたのに急に様子がおかしい」「自分の知っている彼女じゃなくなってしまう」という心理が、追いかける行動を引き起こします。

彼女から連絡がなくなったことで、自分の元から去っていく気配を感じて、自分から追いかけて会いたくなる衝動と行動が生まれるのです。

待ってくれていることが既に可愛い


自分からは不倫相手にメールやLINEや電話をしない方がうまくいく理由は、待ってくれていることが既に可愛いと感じるからです。

不倫恋愛は、会えない時こそ美学が生まれます。

昔の純文学のように、遠い距離にいる恋人と同じ月を見て心のつながりを感じる描写が美しいと感じるように、既婚者との恋愛は障害があるからこそ純粋な愛になっていくものです。

彼女から連絡がなければ、彼は心の中で彼女のことをこう考えます。

「会えない時間、彼女は自分のことを考えながら次に会えたときのことに思いを馳せているはず。」

「前のデートを思い出して、笑いあったことや見つめ合ったことを胸に、日々を暮らしている。」

そんなことを想像するだけで、彼女への愛しさがますます募ります。

自分のことを想いながら待っていてくれるその姿が、既に可愛くて愛しいため、「次に会った時には思い切り抱きしめよう」と心に誓っているものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

連絡を取らないことは、お互いの想像力を膨らませることで愛を育むことができます。

既婚男性は彼女の気持ちを完全に手に入れられていない気になる


自分からは不倫相手にメールやLINEや電話をしない方がうまくいく理由は、既婚男性は彼女の気持ちを完全に手に入れられていない気になるからです。

不倫恋愛を始めた既婚男性は、恋愛がスタートした時点で既に「彼女は俺にベタ惚れ」「俺が愛してやっている」と愛されていることを自負しています。

それは、男性自身の自信になり、プライドを高めてくれる要素です。

しかし、手に入れたと思っていた彼女から連絡が途絶えてしまえば「俺に惚れているなら、連絡をしてくるはず」「どうして音沙汰がないのかな」と相手の愛情確認ができず焦り始めます。

「完全に落としたと思っていた彼女は、実はまだ落ちきっていなかったのかな」と自分に惚れさせ切ることができていないことに不満を持つのです。

「どうやって本気にさせようか」「彼女のツボは何だろう」と考えることで、どんどん彼女のことを好きになっていきます。

恋愛を始めた男性へ連絡をやめることは、彼の自信を失わせてどんどんあなたのことを考えてもらうことが可能です。

不倫相手の彼女をベタ惚れにするという目標を定めたミッションが達成していないと分かれば、全力であなたを手に入れようと動き始めます。

いつも少し物足りなさを感じる方が愛は深まる


自分からは不倫相手にメールやLINEや電話をしない方がうまくいく理由は、いつも少し物足りなさを感じる方が愛は深まるからです。

不倫恋愛は物足りなさがあるから、愛が激しさを増していくもの。

例えば、一週間ぶりに会えたのにデートの時間が1時間しかない、一ヶ月ぶりにデートができるのに途中で仕事が行かなければいけなくなった、などは誰が考えても不満が残る状況です。

「せっかく会えたのに」「ゆっくり出来ると思っていたのに」と期待していたことが満たされないからこそ、次に期待してなんとしても満足感を得るために方法を考えていきます。

同じようにデートの合間に連絡を取る頻度も不倫恋愛の満足度に影響するものです。

連絡する頻度が多ければ、会えない時間も愛を感じて満足してしまいます。

逆に連絡がなければ「声が聞きたいのにできない」「どうしてるのか知りたいのに分からない」という不満が、次への期待につながるはずです。

「次に会ったら聞きたいことが山ほどある」「早く都合をつけて会うようにしよう」と不満を解消する手立てを考えます。

デートの時に非日常を強く味わうことができる


自分からは不倫相手にメールやLINEや電話をしない方がうまくいく理由は、デートの時に非日常を強く味わうことができるからです。

現代はSNSやネット環境の拡充で、離れていても離れている気にならないという特徴があります。

例えば何十年も会っていない友達でも、SNSで近況や写真を見ているおかげで再会した時にも久しぶりの感覚を持たないという特徴があるのです。

まるで昨日も会っていたかのように、普通に話しをすることができ、近況も頭に入っているため、実際には会っていない間の情報も話題を共有することができます。

不倫恋愛も会える時間が少ない恋愛ですが、連絡を取り合うことでお互いにとって相手の行動が手に取るように分かり、何も新鮮さがなくなってしまうはずです。

会っていない間の話をしても「こないだ電話で言ってたやつだよね」「LINEで写真送ってくれたところだよね」と言わなくても伝わります。

それでは、既婚者にとっての日常が少し幅を広げただけとなり、せっかくの不倫愛が非日常になりません。

連絡を取り合わないことで、会った時の会話が全て新鮮で、知らない世界を覗く楽しさ、刺激を楽しむことができ、デートの時間が非日常になり色鮮やかになっていきます。

【相手が既婚男性の場合】向こうから会いたいと思わせる!不倫相手との連絡をやめる事で虜にする方法

【既婚女性】「会いたいけど予定が分からない」と二週間連絡しない


向こうから会いたいと思わせるために不倫相手との連絡をやめる事で虜にする方法は、「会いたいけど予定が分からない」と二週間連絡しないことです。

既婚女性であるあなたと既婚男性がデートをしようと思うと、常に予定とにらめっこすることになります。

いつも同じ曜日で会っていたとしても、急に「予定がわからない」と言われると相手の既婚男性は「無理はさせられないけど、何かあったのかな?」「ただでさえあんまり会えないのにいつ予定がわかるんだろう」と気持ちが落ち着かなくなるはずです。

既婚者同士の恋愛で、予定を深く聞くのはナンセンス。

相手の都合が分かるまで、待つしかありません。

予定がわからない状態で二週間連絡がなければ、「どうしたんだろう」「いつになったら連絡が来るのかな」と相手は待ちきれなくなります。

既婚男性は、既にあなたに夢中になっているので二週間経過した時には、すぐに会える予定を伝えましょう。

待ちに待った連絡で、すぐ会えると分かることで、気分が高まりあなたのことしか考えられなくなります。

【既婚女性】「夫の帰りが早くて」と返信さえも時々に控える


向こうから会いたいと思わせるために不倫相手との連絡をやめる事で虜にする方法は、「夫の帰りが早くて」と返信さえも時々に控えることです。

ダブル不倫において、お互いのパートナーの状況は二人の不倫恋愛に直結する重要な要素。

既婚男性の奥さんの性格や既婚女性の夫の仕事状況などは、不倫恋愛をしていく上で考慮すべきことです。

既婚女性であるあなたの「夫の帰りが早くて」という言葉は、連絡ができないことを意味しています。

同時にデートができないことも意味しているもの。

こうなってしまえば、既婚男性にとって彼女の夫の存在は完全に邪魔者でしかありません。

独占欲の強い既婚男性は、彼女のパートナーにもジェラシーを感じてしまいます。

「早く抱きしめたい」「俺の彼女を拘束して、俺から奪っている」と思うことで、愛情を募らせていくはずです。

ダブル不倫という関係が、もどかしくなってきて自分の妻にも冷たく当たり始めます。

こうなると、既婚男性はもうあなたの虜です。

【独身女性】飲み会に行く予定を伝えてから連絡をやめる


向こうから会いたいと思わせるために不倫相手との連絡をやめる事で虜にする方法は、飲み会に行く予定を伝えてから連絡をやめることです。

独身女性のあなたと不倫をしている既婚男性にとって、あなたの存在は自分だけの大切な宝物のように感じています。

あなたが飲み会に行く予定を伝え、その場には男性も一緒にいるということを最初に伝えておくだけで、既婚男性はソワソワし始めるはずです。

それでも、いつも連絡を入れてくるあなたから飲み会の途中や終わってからメールやLINEが入ってくると「楽しかったんだね」と終わらせることができます。

しかし、飲み会が終わってもあなたからの連絡がなく、何の話題もなければ「変な虫がついたのかも」「飲み会の男といい雰囲気になったのかも」と詮索する気持ちを止められません。

飲み会に行くとしか伝えていないのに、既婚男性の頭の中には嫉妬と不安が渦巻いている状態です。

「なんで連絡が来ないんだろう」と不安が止められなくなり、気がつけばあなたのことばかりを考えています。

あなたの虜になっている状態なので、相手からの連絡も増えてくるに違いありません。

【独身女性】旅行に行って戻ったら連絡をやめる


向こうから会いたいと思わせるために不倫相手との連絡をやめる事で虜にする方法は、旅行に行って戻ったら連絡をやめることです。

独身女性が彼と会わない時間に自分の人生を楽しむことは、不倫恋愛ではとても大切なことだと言えます。

自分にばかり執着されても、どうしようもないこともあるので、不倫相手の女性には会えない時間こそ楽しんでもらいたいというのが既婚男性の本音。

そこで「友達と旅行に行ってくるね」「お土産楽しみにしててね」と話をしておいて、旅行に出かけ、その後戻っても連絡をやめるという方法は、彼の気持ちを虜にしていきます。

この方法を実行するときには、戻ってくる予定の日を先に伝えておきましょう。

旅行に出かけている時には、連絡がなくても男性はさほど気にしません。

しかし、戻ってくる予定の日になっても連絡がなければ「もう帰ってきてるはずなのに…」「何かあったのかな?」と心配になってきます。

心配の次にやってくるのは、不安です。

「何もなければいいんだけど」「とにかく連絡を取りたい」という気持ちが湧き上がり、いてもたってもいられなくなります。

「戻ったよ」と一言だけ連絡を入れることで生存確認として安心してもらうことができるので、心配だけさせるのはかわいそうと思う人はそれだけ入れておきましょう。

「事故じゃないことは分かったけど、何かあったのかな?」と今度は出来事やメンタルのことが気になって、早く会いたいと思い始めます。

【相手が独身男性の場合】彼のほうから追わせる!不倫相手と上手に連絡をやめる方法

酔ったふりをして突然電話で愛を語って次の日から連絡しない

彼のほうから追わせるために、不倫相手と上手に連絡をやめる方法には、酔ったふりをして突然電話で愛を語って次の日から連絡しないというものがあります。

既婚女性は不倫をしていても自分が結婚しているという引け目を感じて、愛を語ることは控えているという人も少なくありません。

普段あまり愛情表現をしない既婚女性だからこそ、酔った勢いを装うということがひとつの方法です。

不倫中の既婚女性から突然電話があれば、いつ電話を切らないといけないか分からないので、集中して話を聞いてくれます。

酔ったふりをして電話の中で、普段言わないような愛情表現をたくさん伝えましょう。

「そんな風に思ってくれていたんだ」「こんなに愛されているのか」と知った途端、あなたからの連絡がなくなれば「酔った勢いで言ったこと恥ずかしくなってるのかな、可愛い」「あんなに愛を語っておいて、もう逃がさないぞ」とあなたのことが可愛くて手放したくなくなります。

エッチなことを連想する会話をしてはぐらかしながら返信をやめる


彼のほうから追わせるために、不倫相手と上手に連絡をやめる方法には、エッチなことを連想する会話をしてはぐらかしながら返信をやめるというものがあります。

不倫恋愛において、ラインや電話でエッチな会話を楽しんでいるカップルも多いもの。

しかし、追われるようになるためにはリアルにエッチな会話をしてはいけません。

匂わすという絶妙なラインが重要なのです。

「お風呂上がりだから暑くて服着れない」「今日は家に誰もいないからあられもない姿」など、具体的にどんな様子か触れないけれど、相手の想像力を掻き立てる言葉を選びます。

「どんな格好なの?」「何も着てないの?」と彼が聞いてきても「想像に任せる」「どうかな?」などはぐらかすことで、余計に想像力を掻き立てるはずです。

そのまま連絡がなくなれば、相手は想像するだけして、答えを貰えないので歯止めがきかなくなります。

「早く会いたい」「俺がエッチな姿にさせてやる」と情熱を燃やして追いかけたくなるのです。

「早く会いたいね」と言いつつも具体的な日にちのことは提案せず1週間放置


彼のほうから追わせるために、不倫相手と上手に連絡をやめる方法には、「早く会いたいね」と言いつつも具体的な日にちのことは提案しないまま1週間放置するというものがあります。

不倫恋愛では既婚者の都合に合わせることがマスト。

既婚女性が、自分の都合次第なのに「早く会いたいね」と言って予定を伝えてくれなかったら、相手の男性は早く逢いたくてたまらなくなります。

しかし、無理をさせてしまうと恋愛が終わってしまうので、独身男性は彼女からの連絡を待つことしかできません。

会いたいという気持ちは聞いているので、いつになったら実現するのかやきもきしている中で、一週間という時間はとても長く感じるはず。

「まだ予定がわからないのかな」「早く会いたいのは俺の方が強いのに」と自分の気持ちの大きさを改めて知ることになります。

日中いつも彼女のことを考えて、連絡が今か今かとスマホばかりを見てしまうため、連絡が取れた時には、すぐにでも駆けつけたい気持ちでいっぱいになるに違いありません。

「一人になったら連絡する」と言って連絡しない


彼のほうから追わせるために、不倫相手と上手に連絡をやめる方法には、「一人になったら連絡する」と言って連絡しないというものがあります。

独身男性との不倫恋愛では、あなたが一人になったときしか連絡を取り合うことは難しいもの。

家族を持たない彼にとって、彼女がどんなタイミングで一人になれるのか、家ではどんな時に電話ができるのか、想像することができません。

彼女から「一人になったら連絡する」と言われれば「家族といるときにはメールやLINEも無理なのか」と考え、待つことを決めます。

しかし、一向に連絡が来ないことにしびれを切らし「結婚するとこんなに一人になれないの?」「僕と会ってくれている時間はかなり貴重な時間なんだ」と気がつくはずです。

デートをしている時間がどれほど大事な時間なのか、痛感することであなたに流れる時間の重さを感じ、「会っている時間は僕が幸せをいっぱい感じさせてあげよう」とあなたへ愛を一生懸命注ぐ決意をしてくれます。

結婚している人が独身男性と恋愛をしていることの特別感を知ることが、二人の愛を大きくするポイントです。

不倫相手と連絡をやめると相手から追われるようになる


不倫恋愛では、会えない時間が多いからこそついつい連絡を多くとってしまいがち。

しかし、連絡をとればとるほど男性は恋愛感情が冷めていってしまいます。

男性心理を知り、不倫相手に追われる恋愛をするためには連絡をやめることがポイントです。

自分からメールやLINEをしない方がうまくいく理由をしっかりと学び、いつまでも追いかけて不安になる恋愛よりも、追われて愛される恋愛をしていきましょう。

愛される喜びを感じることで、不安になりがちな不倫恋愛も幸せになることができますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事