ごめんねと謝る男性心理。「ごめんごめん」と繰り返す男性の特徴&彼氏が謝る時や普段謝らない男性が謝罪する時の理由
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「ごめんねと謝る男性はどんな気持ちなのか知りたい」「普段は絶対に折れない人が間違いを認めたのは何故か知りたい」と謝罪を通して本心や相手の性格などを見極めたいと感じている方へ。

人間だれしも間違いがあるものですが、素直に言葉に出して謝罪が出来るかどうかは、社会的関係や恋愛にも影響してくるものです。

彼氏や友人、職場の同僚や上司など、「ごめんね」と謝る男性心理について、ご紹介していますので、相手の事を深く理解するための参考にしてくださいね。

過ちを認める事に対してどう思っているのか、何度も同じセリフを繰り返す人の特徴や普段全く謝らない人が折れる時の理由などと共に、関係を良くするための返答法についても触れています。

謝罪を通して相手の心理に寄り添い、今まで以上の付き合いが出来るように実践しましょう。

目次

男性は相手に「ごめんね」と謝る行為についてどう思っている?

負けた事を認めなければならない屈辱的行為

男性が「ごめんね」と謝る行為について、負けたことを認めなければいけない屈辱的な行為だと考えます。

常に勝ち負けを意識している人は特に、自分の言動が周囲よりも優れているか、称賛されるべきものかという事を、気にしているところです。

最善を尽くすことを大前提としているため、間違いはないはずだと考えます。

けれども人間、失敗しない人なんていません。

間違いがあっても正せばいいのですが、自信をもって自分なりの行動を行っている人にとって、失敗は許しがたい行為です。

謝らなければならないことは理解していても、なかなか素直になれない事も。

屈辱を感じながらも、筋を通すためには間違いを認める必要がある為、言葉に出して宣言します。

「すまない」と口にする事は、非を認め周囲に負けを宣言する事。

プライドの高い男性や人からバカにされるのを極端に嫌う人などは、絶対に避けたい言葉だと考えています。

失敗は成功のもととは言いますが、この時ばかりは未来への礎だと自分に言い聞かせて、意味のある事だと納得させることで、苦渋の言葉を絞りだしているところです。

違う考え方を受け入れるための歩み寄りの一歩

男性が「ごめんね」と謝る行為について、違う考え方を受け入れるための、歩み寄りの一歩だと考えています。

社会に出れば、様々な考え方の人と肩を並べて同じ目標に向かわなければならないこともあるし、全く相性が合わないと思っている人とも付き合いをしなければいけないこともあるものです。

学校に通っている時は、同じ志を持っていたり、似たような性格の人とだけ付き合ったりしていれば良かったものですが、大人になるとそうはいかないのは誰もが承知の事実。

今まで経験してきたことから導き出した考え方や、行動であっても、他人から見れば理解しがたいという場面も多々あります。

自分の意見を押し通すことは出来ますが、いかに他者と歩み寄り、互いが納得して前進できるか、大人の力量が試されるところです。

本当は手放しでは受け入れられないと感じていても、謝る言葉がきっかけとなり、向かい合う意識を作れて、大人としての対応が出来るようになります。

我が道を突き進むだけではなく、違う考えの人が手を取り合い協力するからこそ素晴らしい未来を切り拓くことが出来ると、知っているのです。

言葉にするのが恥ずかしいから勇気が必要な行為

男性が「ごめんね」と謝る行為について、言葉にするのが恥ずかしいから勇気が必要な行為だと考えています。

謝ることに慣れていない人にとって、「ごめん」というワードは、気恥ずかしさを感じるもの。

どんな顔をして言えばいいのか、その後の展開はどうなるのか、よく分からないため、たった一言を口から出すだけで、ものすごく勇気が必要になります。

「どのタイミングで言えばいいのかな」「みんなどんな気持ちで使うのかな」と、形として見えない感情面を示す言葉だからこそ、周囲の方法が気になるところです。

謝るという動作は、小さな子供であれば「間違いを指摘されて悲しい」と感じて、絶対に言いたくないと頑なに拒否する子もいるもの。

素直に「ごめんなさい」と伝える機会をそのまま経験せずに大人になると、成人してからも謝り方が分からないのです。

発言や行動を取り消して欲しい時のお願い

男性が「ごめんね」と謝る行為について、発言や行動を取り消してほしい時のお願いだと考えています。

自分自身の間違いを認めるだけでなく、一度表現してしまった言葉や動作を取り消してもらいたいときにも、謝罪が使われるもの。

「あ、ごめん。違ったわ」と使い方としては、間違いを訂正するものですが、その意味としては「無かったことにして」というものと同じです。

言葉を省略しがちな現代の日本人は、肝心な部分を言わない場面も多くなっています。

「すまん」「悪い」と言うだけで、言葉の裏には「取り消してほしい」「もう一度チャンスをください」という意味を含んでいるわけです。

友達同士やカップル等、親しい間柄であれば、謝罪の言葉以降の文脈を省略する事が多いので、対話を受け取る側が意味を汲み取る必要があります。

対人関係で重要となる挨拶ですら、省略言葉を使うような時代であり、謝れば何度でもチャンスがもらえると思っている人が増えているとも言えるところです。

自分が犯した非礼や無礼を許してほしい誠意

男性は謝る行為について、自分が犯した非礼や無礼を許してほしい誠意だと考えています。

単なる口先だけで紡ぐ謝罪だけでなく、誠意を伝えるための手段。

心の底から申し訳ないと思っているとき、口先だけで「ごめんなさい」と言うのは簡単ですが、その一言にどれだけ誠意を込められるかで、人間性や相手に対する陳謝の気持ちが見えてきます。

態度一つで大きく伝わり方は変わるもの。

目も合わさない状態であれば、いかにも心が籠っていないと感じられますが、服装を整え、姿勢を正し、お辞儀をしながら伝えることで、「この人は本当に向き合ってくれている」と判断できます。

紳士的な態度と共に、ゆっくり丁寧に言葉を紡ぎだすことで、真心を伝えることが出来る、最強の言葉なのです。

知らずに無礼な態度をしてしまった時や、人を傷付けてしまった時、心の底から反省している場面で、非礼を詫びるために誠心誠意心を込めて謝罪をするための、手段として「ごめんなさい」という言葉があります。

そんなに謝らなくても…「ごめんごめん」と繰り返す男性の特徴

何でも謝ればどうにかなると考えている

「ごめん」と同じ言葉を繰り返す男性の特徴は、何でも謝ればどうになると考えているというもの。

目の前の出来事に対して、いつも軽く見ているタイプの人。

世の中上手に渡る方が賢い生き方だと考えており、長いものには巻かれるような立ち振る舞いを行います。

特に同じ立場の人や親しい間柄の人を見下している傾向にあり、自分のせいで問題が起きたとしても、謝れば誰かがどうにかしてくれると考えているのです。

簡単に謝罪を済ませ、面倒な事から手を引きたいと考えているため、しっかり話し合う場面やお伺いを立てて慎重に物事を進める事においては、彼の姿は見えません。

努力する事が苦手なので、適当に取り組んでみますが、何でもすぐに出来る事ばかりではないのは当然のことです。

失敗したり間違えても、自分の努力不足のせいにはせず、「運が悪かった」「どうせ誰も出来ない事だった」と責任転嫁するのが上手。

「何度も謝る必要ないよ」と言われると、ラッキーと言わんばかりに即座に謝らなくなります。

相手の機嫌を窺うクセがある

「ごめん」と同じ言葉を繰り返す男性の特徴は、周囲の人間の顔色を窺うクセがあるというもの。

対人関係をうまく築こうと思った時、周囲の喜ぶ事進んで取り入れたり、ニーズを引き出して応えたりするのは、とても有効な手段となります。

社会生活を円滑に進めるため、常に他人を怒らせないように、機嫌を損ねないようにと、顔色を見て生活しているうちに、自分を押し殺して我慢する生活がクセになってしまうのです。

大多数に合わせる事が彼の中の基準となっており、少しでも違う事をすれば、「反感を買ってしまう」と恐れます。

すぐに謝る事で、穏やかな空間を壊すことなく、平和を保とうとしているところです。

周囲の人が「そこまで謝らなくてもいいのに」と、彼の精神を心配してしまうほど、恐怖心と焦りで一杯の表情になります。

機嫌を窺う事が日常になっているので、自分の意見を押し通すようなことはなく、自我は心の奥底に眠らせているのです。

イジメられていたり、虐待を受けていたりという過去を持っている人も少なくありません。

自分の言動に自信がない

「ごめん」と同じ言葉を繰り返す男性の特徴は、自分の言動に自信がないというもの。

失敗を極端に怖がる傾向にあり、目立つ立場になる事は極力避けたいと考えています。

何かしようと思っても、人前に立つポジションが苦手で、いつも人の後に回っているので、いつまで経っても成功体験を得ることが出来ません。

人は「出来た」と達成感が持てる成功体験を積み重ねる程、自分に自信が持て、未知の世界でもチャレンジが出来るようになります。

自信が持てないままでいる人は、誰かの敷いたレールの上を歩くことで、安心感をもてるため、失敗する事もないのです。

けれども、どんな場面でも他人と同じように進めて、正解というわけでもなく、他人から「違うんじゃない」「それは間違っているよ」と指摘されることも。

安定の道から踏み外れてしまった事に、急激に焦りと恐怖を感じ、何度も「ごめんなさい」と言葉を繰り返し、無かったことにしてもらおうとします。

自信が持てない事で、周りの人に迷惑をかけることは避けたいと考えているわけです。

間違えた事を素直に謝らないと気が済まない正直で真面目な面を持つ

「ごめん」と同じ言葉を繰り返す男性の特徴は、間違えた事を素直に謝らない時が済まない、根っからの正直者でまじめな面を持っているというもの。

千差万別、多種多様な性格や考え方がの人が集まる社会では、何事もきっちりと決めきるのではなく、グレーゾーンがなければ収まらない事というものもあります。

白か黒かはっきりさせ無ければならない世界では、窮屈で仕方がないはずです。

1か10かと極論ではなく、3や7など曖昧なところでも、受け入れられる懐の広さが、人間性を表すところ。

他人の個性や特性を受け入れてくれる環境にあっても、自分自身が一番許せないという場合もあります。

「自分が間違えたのだから、絶対にダメだ」と頑なに自己否定を繰り返し、謝らなければ繰り返さない人は、周りの人が許してくれていても、気が済むまで謝罪を繰り返すのです。

素直ではありますが、自分に厳しく、真面目で融通が利かない所があるとも言えます。

非を認める部分は、好感度が持てますが、余りにもしつこく自己否定を繰り返すと、頭の固い人だと周囲から煙たがられることもあるものです。

コミュニケーションは信頼が一番大事だと考えている

「ごめん」と同じ言葉を繰り返す男性の特徴は、コミュニケーションは信頼が一番大事だと考えているというもの。

信用や信頼は、仕事を通じても、友人との間でも、とても大切な事です。

逆に信頼できない人には、自分の秘密も相談事も打ち明ける事はなく、協力して何かを成し遂げようという気持ちは沸き上がりません。

他人から信頼してもらうためには、正しくあるべき。

正しさもまた、自己価値感により大きく変動のあるものではありますが、自分に正直であることは、他人への誠意を持つこととも同じだと考えます。

自身の意見を伝え、切磋琢磨をする仲間同士であっても、時に「失敗した」「あの人に失礼な事をしてしまった」と反省する場面も訪れるものです。

瞬時に「ごめん、ごめん」と謝ることが出来ると、失敗したとしても信頼関係を壊すことなく、今までと同じ距離感で接し続けることが出来ます。

付き合っている彼氏がごめん…と謝ってくる時の男性心理

バレる前に告白!浮気した事を許してほしい

付き合っている彼氏が謝ってくるときの心理は、浮気した事を許してほしいというものです。

彼女に知られてしまう前に、自分から告白してしまえば少しでも罪が軽くなると考えての事。

起きてしまった事実は変わりませんが、黙ったまま過ごして、周り巡って友達から浮気現場を見られたと知らされるよりも、白状したほうが彼女の怒りも違うはずです。

懺悔は、悔いている出来事を蒸し返さない力を持っています。

自分が反省しているのに、他人がとやかく言う筋合いはないのです。

というのも、希望的観点でしかなく、自分から告白しているのに、言い訳も聞いてくれずものすごい剣幕で怒鳴られることもありますが、運が良ければ簡単な注意で済むことも。

一縷の望みをかけ、「許してほしい」と浮気の事実を自ら彼女に伝え、魔が差しただけというポイントをアピールします。

浮気相手とどうこうなるつもりは毛頭なく、彼女とやり直す道を決心しているからこそ、意を決して白状したわけです。

恋人に頭を下げる時には、「こんなことがあったけど、君の事が一番大切だよ」という気持ちが込められています。

好きな子相手に優しく出来ない自分が情けない

付き合っている彼氏が謝ってくるときの心理は、好きな子相手に優しくできない自分が情けないというものです。

男の人は彼女が出来た時に、なりたい彼氏像というものを心に抱きます。

いつも笑顔でいてもらえるように望むことは何でもしてあげたい、悩み事はすぐに解決してあげたい、いつも男らしくいて頼ってもらえるような彼氏でいたい、など。

恋人と一緒にいられるだけで幸せなのだから、他に望むことはなく、彼女のためだけに動きたいと考えます。

実際に交際をしていると、彼も人間なので、わがままを言ったり、言いすぎて彼女を傷つけたりすることもあるところです。

その度に理想の彼氏とは違う自分の姿にガッカリし、彼女の事を好きな気持ちを改めて痛感します。

「こんなに大切に思っているのに、好きな子の笑顔を曇らせてどうするんだ」と自己嫌悪に陥り、情けなくなり謝罪の言葉が口をついて出てくるのです。

何度謝っても心に出来てしまった情けなさというトゲは、彼自身を傷つけ続けます。

誠実な男だとアピール。気持ちが離れないで欲しい

付き合っている彼氏が謝ってくるときの心理は、誠実な男だとアピールしているというものです。

交際している相手との関係を続けるためには、好きでい続けてもらう必要があります。

人の気持ちは移りやすいもので、いくら硬い約束をしていても、嫌いになるのは一瞬。

ちょっとした失敗や、想定外の出来事で引いてしまうなど、「たったそれだけの事」と思える事でも、気持ちが冷めてしまう事があります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

彼氏が謝る時には、自分はまだ離れるつもりはないという気持ちを誠意として表しているのです。

離れたくないアピールと同時に、彼女の心も離れて欲しくないという懇願が含まれます。

お願いだから、嫌いにならないで。

そのまま言葉にすると情けなくて、それこそ去ってしまいそうなので、「ごめんね」と一言に全ての感情を含ませて伝えます。

好きでい続けてもらいたいために、謝る事で心が向き合っている事を伝えているわけです。

恋人同士は、どちらか一方だけが思い続けていても、上手くはいきません。

相手の気持ちが離れないよう、繋ぎ止める役割を持っています。

波風立てるのがめんどくさいから謝って彼女を落ち着かせたい

付き合っている彼氏が謝ってくるときの心理は、波風立てるのが面倒なので、謝って恋人を落ち着かせたいというものです。

恋人同士でも、ケンカが起こることもあれば相手のことが分からなくなり、距離を取ろうとすることもあります。

女性は感情的な生き物だとは言いますが、時にヒステリックになるタイプの人も多くいるもの。

彼氏からすれば、問題が起きた時に恋人がヒステリーを起こす事の方が面倒だと感じます。

謝っておくことで、彼女の気持ちが落ち着き、ゆっくりと話し合いが出来る状態になれば、一番スムーズに解決できると考えているのです。

付き合ってきた中で得た恋人ならではの知恵であり、学び。

二人で問題を共に乗り越える事も大切ですが、必要がなければ波風立てずに過ごせるのが一番平和です。

大事になる前に謝っておけば、とりあえず彼女が感情的にある事態は避けられます。

面倒ごとを避けるため、ひとまず予防線として謝っておくのです。

間違いばかりだから彼女と意見が違ったことが申し訳ない

付き合っている彼氏が謝ってくるときの心理は、間違いばかりだから恋人と意見が違った事が申し訳なく感じているというもの。

考え方や生き方に自信がなく、いつも「僕が正しい事なんて一つもない」「彼女にさえ合わせていれば、幸せに暮らせる」と考えています。

いつも怯えながら生活しているため、彼女と少しでも違う事を言ってしまうと、「失敗した」「どうしよう、嫌われる」と思ってしまうわけです。

お昼ご飯のジャンルを決める時、デートでする事を考えている時など、恋人同士の分岐点はたくさんあります。

全てのポイントで、一応意見は言いますが、基本的には彼女の意見が正しいものであり、するべき事だと考えているものです。

まだ恋人の段階であるにもかかわらず、尻に敷かれている男性も、同じ様に彼女の意見に合わせるために謝ります。

「分かってあげられていなくて、ごめんね」「そうだよね。余計な事を言って悪かったね」と彼女には向かったと思われるのが嫌で、謝罪を伝えているところです。

普段なかなか謝らない男性が「ごめんね!」と謝罪する時の理由

相手の悲しみや悔しさが伝わって心の底から申し訳なくなったから

普段なかなか謝らない男性が言う時の理由は、相手の悲しみや悔しさが伝わって、心の底から申し訳なくなるからです。

どれだけプライドの高い人でも、失敗を経験した事のないタイプでも、自分に非がある事を認めた時には、潔く謝ります。

ビジネスやライフプランで結論的に違うと思った事は、軌道修正すればいいだけの話ですが、人間同士の対人関係となれば話は違うものです。

相手の悲しみや悔しさが、十分伝わり、心の底から「あの人には本当に申し訳ない事をした」と思った時には、どれだけ今まで謝罪の場面がなかった人でも、頭を下げます。

申し訳なさを感じた時というのは、分厚いプライドの鎧を難なく脱がせてしまう事があるので、仕事でも対人関係でも状況を詳しく説明するという場面は、とても重要です。

逆に言うと、人の気持ちを自分だけで推測するのは難しいため、周囲のサポートがなければ人を傷つけたり迷惑をかけた事を実感するのは難しいと言えます。

納得できないけどその場を切り上げるにはそうするしかなかったから

普段なかなか謝らない男性が言う時の理由は、納得してはいないけど、その場を切り上げるにはそうするしかなかったからです。

話が平行線で進まないという場面は、仕事でもプライベートでもよくあること。

食べたいものがまとまらない、意見を吸い出して取りまとめたいのに何も出てこない、など人は数人集まれば、考えの統一化という問題が訪れます。

自分一人で決めていいのなら、何も迷うことなく次々と進めることが出来るのに、人間の頭数が増える程意見がまとまらなくなるのは、多くの人が悩みの種として持っている事です。

リーダー的存在の人がAという意見を持っていて、周囲の3人がBと考えている場合、多数決的に見ると後者で決定できますが、立場を考えると即決できるものでも無くなります。

このように立場やシチュエーション等によって、スムーズに決まらない場面では、一人が謝って意見を取り下げる事で、うまくまとまることがあるのです。

先ほどのパターンで言えば、リーダー的存在のAという意見を取り下げる事で、多数派意見で決定し、先に進めます。

不服でも、時には謝ってでも物事を勧めた方が良い場合というのが多々訪れるわけです。

自分をワンランクアップ成長させるために言ってみた

普段なかなか謝らない男性が言う時の理由は、自分をワンランクアップ成長させるために、とっかかり的言葉として、使ってみたというものです。

人間、大人になってくると「若い頃は尖っていたな」と振り返る人も珍しくありません。

経験を積み重ね、多くの人との出会いを経験し、若い頃に「絶対にこうでなければいけない」と言い張っていた部分が、実はそこまでこだわらなくてもいい事だと気が付く場面もよくあります。

こだわりを持ち続ける事は、とても素敵だし、重要な事ではありますが、縛られ過ぎると他人の見方に偏りが生まれたり、自分自身も苦しんだりと、狭い世界で生きている事を感じ始めるものです。

大人として成長するためには、スマートな謝罪が出来ることも一つ。

今までは決して言わなかった「すまなかった」「申し訳ない」というワードを、サラっと言えるようになる事で、人間性が磨かれます。

相手の方が上手だったと負けを認めたから

普段なかなか謝らない男性が言う時の理由は、相手の方が上手(うわて)だったと負けを認めたからです。

競争社会で生きている男の人にとって、勝ち負けは誇りに影響します。

年齢を重ねる事で、プライドを持って仕事に取り組んできた集大成を発揮する場面も、多くなってくるもの。

いざ全霊をかけて取り組んだことに対して、ライバルが一枚上手だと実感する状況を引き起こしたら、完敗宣言をする他ありません。

ここで意地になって、相手を蹴落とそうとしたり、陥れようとしたりと悪あがきすれば、それこそ大人の男の恥。

体を正面に向け、「すまなかった」とハッキリと言葉にしつつ素直に負けを認め、意地を張り、負けるつもりもなく挑んだ勝負が浅はかだったことを受け入れます。

負けを認める事も、カッコいい大人にしかできない事。

本人は悔しい思いをしている最中でも、彼は再び、女性ファンを獲得しているはずです。

相手の成長を称え、素晴らしい現実を見せてくれたことに感謝します。

今までのように接したいけど他にどう言えばいいのか分からないから

普段なかなか謝らない男性が言う時の理由は、今までのように接したいけど他にどう言えばいいのか分からないからです。

「ごめん」「すまない」などの謝罪ワードは、感情の面だけでなく、場面転換を行いたいときにも使います。

現在がどんな空気感なのか読み取れない、どうもピリピリとした緊張感は読み取れるけれど何故なのかは分からない、など。

沈黙ばかりが続く静寂を切り裂く一言は、場面転換の「ごめん」です。

「何があったのか分からないけれど」「どう導くのが正解なのか見当もつかないけど」という枕詞として謝罪ワードを使います。

その後は、親しい友達や恋人など、とても近しい関係なのに、問題が勃発した事で声をかけづらくなってしまった相手などに対しては、今まで通りの関係を望むところです。

場面転換を行ってから、恋愛に進むか友情を続けるか改めて考えようとしています。

今までの関係を壊したくない、けれど今ある空気感をどう説明すればいいのか分からないし、ともかく謝るよりほかにどうするのがベストか分からないので、謝罪しておこうというものです。

男性からごめんねと謝られた時に実践すべき今後の関係がより良くなる返答法

「私もごめんね」自分の非も認めて一緒に謝る

実践すべき今後の関係がより良くなる方法は、「私もごめんね」と自分の非も認めて一緒に謝るというもの。

喧嘩両成敗という言葉の様に、どれだけ一方的な言い分だとしても、基本的に誰でも間違いを犯していることがあります。

相手の意見を素直に受け止めきれなかった、暴走をくい止められなかった、言い返しの言葉がきつかった、など思い出せる限りの、自分の非の部分を挙げて謝りましょう。

「私もあなたの意見を聞けていなくてごめんなさい」「素直になればよかった。申し訳なかったね」と、自分の悪かった部分を具体的に伝えることで、謝罪してくれている相手の気持ちも軽くなります。

謝るという行為は、勇気が必要であり、プライドが傷つくもの。

何度も謝る人であれば、あまり真剣に言葉を出していないかもしれませんが、普段言わない様な人であれば、よほどの決意があったと考えられます。

相手の勇気と行動を認め、自分がへり下る事で、関係性が良好になるはずです。

距離を近づけたい相手なら「貸し、一つだよ」と関係性を深める

実践すべき今後の関係がより良くなる方法は、距離を近づけたい相手なら「貸し、一つだよ」とわざといたずらっぽく仕掛ける事で、関係性を深めることが出来ます。

謝ってきたときには、相手の心境はとても真剣で暗い気分になっているはず。

だからこそ、あなたの返事の一言で、「気にしなくてもいい」というニュアンスを伝える必要があります。

「貸し、一つ」という言葉は、ライバル的関係であれば、腹が立つワードになりますが、ケンカや思い違いがきっかけで互いを意識し始めた二人なら、存在を関連付ける出来事となったことをアピールできるのです。

一つと表現した事で、相手から貸しを返すような事を期待していると伝えられるだけでなく、まだほかに競える事があると匂わすことが出来ます。

関わり合いを続けたいという意思なので、相手の心理が「借りが出来たから、何かしてあげたい」「今度はあっちを謝らせるような事を仕掛けよう」など、やりとりをする気力が生まれるわけです。

「もうこの話は終わり!」謝ったことで一連のいざこざを終了させる

実践すべき今後の関係がより良くなる方法は、「もうこの話は終わり!」と謝ってくれたことで、一連のいざこざを終了させる宣言をする事です。

誰でもネチネチと過去の事を持ち出されるのは、快いものではありません。

恋人であってもそうでなくても、揉め事が起きたからと言って関係がギスギスするのは、今後一緒に過ごす時間が不快になるし、逃げ出したくなるもの。

だからこそ、「終わり」と終止符を打つことで、今まで行ってきたバトルは後を引かないことを約束します。

相手の事を罵倒したり、あなた自身悪く言われたりと、記憶の中で綺麗な事ばかりではないでしょうが、だからこそ水に流す勇気を持つことは、あなたの人間性を高める発言となるのです。

再発防止のための話し合いを行い、今回の一軒が合ったからこそ、学べたことをディスカッションしましょう。

二人にとって経験値を積み重ねられた出来事へと昇華でき、「あのことが合ったから今がある」と思えるようになります。

終了宣言をする事で、謝った後の気まずさも解消でき、仲は深まるはずです。

「悪いと思うなら私の言うこと聞いてくれる?」とご飯を一緒に食べに行く

実践すべき今後の関係がより良くなる方法は、「悪いと思うなら私の言う事聞いてくれる?」と食事に誘う事です。

同じ釜の飯を食う仲間という言葉があるように、一つの食べ物を分け与えられる関係性は、信頼関係が結びやすくなります。

ケンカや争いを利用してというワケではありませんが、一気に楽しい出来事に転換する事で、二人の仲も急接近するはずです。

お詫びという名目があるので、食事の誘いを断られることも、まずありません。

ご飯を食べていると、本音を話しやすい状況になるので、今までの事を通して感じた事やこれからどうしていきたいか、反省や展望を語り合うチャンスが訪れます。

不快感を完全に排除した状態であれば、楽しい食事をしながら意見交換会が出来るのです。

相手の善意を利用しているように感じますが、謝罪の後何の音さたもなくなる方が、相手にとって失礼。

次のアクションを指定した方が、謝った側の心も救われます。

「傷付いた。だからいっぱい癒して欲しい」とラブラブモードに転換

実践すべき今後の関係がより良くなる方法は、「傷付いた。だからいっぱい癒してほしいな」と相手に対してラブラブモードを全開にして転換する事です。

特に、恋人に対して効果を発揮します。

ケンカの後というのは、謝られて事態が収束したとしても、どう接していいのか分からなくなり、ぎくしゃくし始めたことがきっかけで破局するというパターンも珍しくはありません。

好きな人とのケンカなら、雨降って地固まると言うように、即愛情の礎にするべきです。

「いっぱい愛して」「傷付いた心を癒して」と甘える事で、彼にラブラブ期に戻るチャンスを与えてあげます。

また、両想いかもという段階の相手なら、一気に交際に持ち込む機会。

付き合えるかもしれない人とすれ違ってしまった事に、猛省しているはずなので、物理的に歩み寄るきっかけを作ってあげます。

二人の関係は親密になり、寄り添える関係性が出来上がるはずです。

片思いの相手なら、異性として意識してもらえるきっかけ作りとなります。

「癒してよ」と甘える事で、異性として見られていなかったあなたも、晴れて女の子として接するべき相手として見られるようになるのです。

言い方やパターンから本音を探ろう

男性がごめんねと謝る時には、言葉以上の思いがあることが多いもの。

丁寧に言葉を紡ぎだしているパターンや、何度もごめんと重ねる時など、相手の本音を探って次につなげられる反応をしてあげましょう。

今以上に親しくなるにも、関係を元通りにするにも、気持ちを理解していれば対応策が見えてくるはずです。

好きな人やめったに謝らない人など、ケース別においても異性の事を知り、無言の本音を理解して問題解決に繋げてくださいね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事