連絡が減る男性心理って?だんだん連絡が少なくなる場合と急に連絡が減った場合を付き合う前&交際後で解説
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「連絡が減ると男性心理はどうなっているのか知りたい」「付き合う前と彼氏だったら考えている事は違うのか、教えて欲しい」と電話やメッセージをした時のレスポンスに疑問や不安を抱えている時、誰でも意中の相手には嫌われたくないと願うものです。

日々鳴らなくなっていくスマホの向こう側には、相手側の心理や理由、原因などが隠れています。

連絡が減る男性の心理について、詳しくご紹介していくので、あなたが幸せな恋愛をするために役立ててくださいね。

付き合う前と交際中、立場によって違いがあるのかどうか、まただんだん少なくなったりガクンと来なくなったりする状況別でも解説しているので、あなたの状況に合うものを探して、理解していきましょう。

あちら側の心理や状況が理解できれば、相応の対策が出来、望み通りの関係を築けますよ。

目次

男性からの連絡は何故少なくなるの?男性心理学で読み解く理由

所有欲が満たされることで安心するから

男性からの連絡が少なくなる理由を心理学で読み解くと、所有欲に関する感情が挙げられます。

所有欲は、「手に入れたい」「自分のものにしたい」と思う事であり、無機物に対しても人に対しても感じるものです。

男の人は、収集本能があるので、気に入った時計やプラモデル、車などこだわりの作品を集めたくなります。

相手が異性であれば、「彼女にしたい」「結婚相手にしたい」「モテるあの人を自分の物だけにしたい」という所有欲が芽生えるのです。

出会ったばかりの関係性であれば、相手がまだ良く知りもしない赤の他人であることは意識しなくても肌で感じるものであり、別々の時間を生きていることに何の違和感も抱きません。

ところが、交流が深まり相手の事をよく知り、知人以上の関係になってくると、共有する時間は自分のものと感じ始めます。

つまり向こうの人の時間は、自分が使えるものだと考えてしまうわけです。

親しい間柄になるほど、あちらの時間を奪い、全てを自分の所有物だとしたい願望が強くなりますが、「叶っている」と感じた瞬間、欲望は沈静化していきます。

所有欲が満たされると、安心感を抱き、欲しいものを手に入れた満足に浸るところです。

狩りの本能が沈静化して興味がなくなるから

男性からの連絡が少なくなる理由を心理学で読み解くと、狩りの本能が関係していることが分かります。

多くの動物は、狩猟本能を持っており、生きていくために欠かせないノウハウを遺伝子に組み込んでいるものです。

人間も例外ではなく、狩りをしていた時代の闘争心や集中力、危機感などが目覚める瞬間があります。

異性から好意を持たれようとする時、ほんわかムードで求愛行動をする人もいますが、ほとんどの男性がハンターとなるはずです。

「絶対に自分の女にする」「あの子の気持ちをゲットするために、いくらでも努力できる」と意気揚々と接触を試みます。

狩猟とはいえ、相手の命を奪って生命維持をするためではなく、狙った獲物を逃さない集中力と瞬発力、逃すまいとする闘争心をそのままに、よりよい遺伝子を残そうと自分にはない魅力を持った異性をターゲットに選ぶ、複雑な心理が働いているのです。

親しくなり、いつでも捕まえることが出来る射程距離内に入れたと感じたら、狩猟本能が沈静化し、闘争心も凄まじいまでの標的に向ける視線も落ち着きを取り戻します。

心が落ち着けば行動もおとなしくなるため、連絡頻度が少なくなるわけです。

「絶対手に入れたい」という願望が満たされて優先順位の逆転が起きる

男性からの連絡が少なくなる理由を心理学で読み解くと、優先順位の逆転が起こるという反応が関係している事が分かります。

競争社会において、自身の実力を常に向上しようと努力している男性にとって、「トップになりたい」「誰にも負けない人になりたい」と願うのは、常に心の奥底にあるものです。

そして、いくつもの事を同時に出来ないのも男性の特徴。

女性は、料理をしながら考え事をしたり、子供の世話をしながら自分の準備を進めたりと、物事の同時進行が可能ですが、男性はそれが苦手で、悩みがある時は思考に集中しなければいけないし、仕事をしながら恋愛を勧めるのも実はとても難しい事だと言えます。

社会人において、恋愛をするときは必然的に仕事との平行となりますが、流動的にどちらかに比重が傾いているわけです。

好きな女性を「絶対手に入れたい」と願い努力し、ある程度相手側の反応が良くなったり仲が良くなったりすると、気持ちが満足して、優先的に取り組む課題が反転します。

仕事を優先するモードに切り替わるため、女性からすると「突然態度が変わった」と感じられるのです。

ターゲットのスイッチングで他の女性が気になり始めた

男性からの連絡が少なくなる理由を心理学で読み解くと、ターゲットの変更が起こる事が関係しています。

集中力の問題と慣れてくることにより見え方が変わってくることが影響するものです。

人は同じ相手にずっと目を向けていると、違う人物に見えてくることがあります。

これは、漢字を見ている時に起きやすい認知心理学ですが、ゲシュタルト崩壊という現象となっている事に似ているもので、錯覚の一つです。

ふと「こんな顔だったかな」「あれ、本当にこの人だったかな」と間違いないはずなのに分からなくなります。

一旦興味を削がれてしまうと、同じモチベーションまで持ち上げることが出来ないのは、集中力が途切れてしまったから。

仲良くなりたいあまり、集中的に親しくなろうと関わりすぎると、脳内の錯覚により興味を失ったり、集中力が途切れたりすることにより、他の女性に目が移り、新しい情報を得る刺激の方が楽しいと感じるので、気持ちが離れてしまいます。

手に入れた事により本当の自分が出せるようになってきた

男性からの連絡が少なくなる理由を心理学で読み解くと、満たされたことにより自己開示が出来るようになるという変化が影響しています。

初めてあった人やライバル的な相手に、すぐありのままの自分をさらけ出す人は、ほぼいません。

相手の事を知り、自分の事を理解してもらい、信頼関係が築かれた時に初めて、素の姿を見せることが出来るのです。

緊張状態にある時、防衛本能が働いているため、外部の敵に弱みを見せないように、あまり知らない人に対しては心を閉ざしています。

距離感が近くなり、親友や家族のように「大切な人」と思えるようになり、相手からも「大事にされている」と感じることが出来た時、関係性に満足し、安全な人だと認定する事で自己開示出来るようになるわけです。

素の自分を出せるようになったことで、本当は頑張って継続していたラインや電話をしてまで相手を引き留めなくてもいいと判断し、苦手な部分を手放します。

あれ?興味なくなった?付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていく時の心理

確実に付き合えるからもう頑張らなくてもいい

付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていくときには、確実に付き合えるからもう頑張らなくてもいいという心理になっています。

向上心がある人は、どんなに高い目標でも達成するために努力するというモチベーションを高めることが出来るものです。

異性に心を奪われた時、「この人と付き合いたい」という感情が沸き上がるのは、向上心が高くなっている状態。

普段は頑張ることが苦手でも、好きな人と交際に持ち込むためには、「よし、やってやろう」と思えるところです。

好かれようと努力したり、自分を磨いたりして、交際に近づくため手を尽くします。

行動を起こすうち、女性側からも好かれている自信が生まれ、「放っておいても離れる事はない」と確信できると、すぐさま目指すゴールを見失い、努力を放棄するのです。

モチベーションは下がり、「待つだけ」という待機の状態に入ります。

女性の気持ちも確認しておきたい

付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていくときには、女性の気持ちも確認しておきたいという、試す心理が働きます。

「恋は駆け引きが大事」とはよく言われますが、女性ばかりが行える特権というわけではありません。

男性は、女性ほど上手に駆け引き出来る人は少ないですが、付き合う前に相手の気持ちを確かめたいという不安を解消するために、行動を起こす人もいるものです。

「確実に両想いだと分かってから告白したい」「自分だけが舞い上がっているのではないか」と思うと、途端に仲良くしている現状さえも不安に感じ始めます。

「いつも俺からラインを入れている気がする」「会いたいって言ってくれないかな」と思った時、連絡を待つという手段をとることで、女性側の動きを確認するところです。

連絡頻度はどのくらいか、言葉の中に「会いたい」「寂しい」など自分を求めるワードが入っているか、など今までとは違うやりとりを試すことで、探ろうとしています。

女の子の反応から、明らかに好きな気持ちを抱いていると感じられれば、次のステップに進もうと考えているわけです。

いざ付き合う状況が見えて来たら気持ちに自信がなくなってきた

復縁後の距離感に不安を感じたりとまどいやすい理由1

付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていくときには、いざ付き合う状況見えて来たら、自分の気持ちに自信がなくなってきたという心理になっています。

目指未来に向かって突き進んでいる時には、他の事は考えられないもの。

一点集中し、ひたむきに付き合うという目標に向かって、行動していきます。

会話の回数が増え、笑顔を見せてくれる確率が高くなり、「もう交際できそう」と思った瞬間、自分の気持ちに自信が持てなくなるのです。

「本当に好きなのかな」「意地になって、高嶺の花を手に入れたいと思っていただけかもしれない」と自分の気持ちを見失い、途端にどうすればいいのか迷い始めます。

入ってくるメッセージには返信しますが、自分から相手の心にこれ以上踏み込んでいいのか決めきれていないので、徐々に連絡頻度は下がっていく訳です。

振り向かせたいから頑張れていたのか、仲良くなれている状況に浮かれていただけなのか、判断が出来ないうちは、積極性を取り戻せなくなります。

LINEが苦手だから少しづつ慣れてもらいたい

付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていくときには、LINEが苦手だから少しづつ慣れてもらいたいという心理になっています。

プログラマーやSEなど、パソコン関係の職種には、男性が多く活躍しており、ネット関係全般得意なように思われがちです。

しかし、男性が得意とするのは、プログラミングや電子機器、ソフトウェア開発などハード部分であり、文章作成やコミュニケーションツールの活用など、ソフト部分は苦手な人が多くいます。

恋愛におけるLINEや電話の活用は、まさにソフト部分であり、文章のやり取りや気持ちの汲み取りなど、「出来ればやりたくない」と考えている人が多いのも事実。

付き合うためには、相手の女性と多く接点を持つため、苦手部分でも合わせて頑張ることが出来ていました。

ところが、もう付き合えそうな射程圏内に入ると、今後の事を考えて、連絡が少ない自分に慣れてもらう必要があります。

だんだんメッセージを少なくすることで、「本当はこのくらいのペースがありがたい」「返せないこともあるのを理解して欲しい」と無言のアピールを行っているのです。

知りたいことが減ってきた

付き合う前の男性からの連絡がだんだん少なくなっていくときには、知りたいことが減ってきたという心理が働いています。

恋人候補になるまでは、一気に関係性を深める必要があり、女性の好みや趣味、生活サイクル、仕事についてなど、多くの情報を得て、コミュニケーションに反映させるところです。

振り向かせることが難しい相手程、細かい情報を得て、アプローチを工夫する必要があります。

行きつけのカフェ、休日の過ごし方、友達との関わり方、過去の恋愛など細かい情報を知るほど、踏み込んだ会話が実践できるため、心を射止める確率が高くなるもの。

やっとの思いで、振り向かせることが出来たと実感した瞬間、「もう知りたいことが無い」「全て出し尽くしたから、会話に困る」と今後の展開方法を見失います。

知りたいことが無ければ、話題を振る前に回答が想像できるため、積極的にメッセージを送る事も出来なくなり、掛ける言葉も減ってくるわけです。

あんなに盛り上がってたのに…付き合ってない男性からの連絡が急に減った時の理由

女性の嫌な部分を知ってしまって冷めた

付き合ってない人からのコンタクトが急に減った時の理由は、女性の嫌な部分を知ってしまったため、気持ちが冷めたからです。

いくら好きな人でも、自分の中にある地雷を踏まれては、急激に冷めてしまいます。

コンプレックス部分を指摘されたり、「女の子にはこうあって欲しい」と願っている期待を裏切られたり、はたまた非人道的な部分があると知ってしまったり。

どれだけ容姿が可愛くて、好みのスタイルでも、影で人の悪口ばかりを言っていると知ったり、人前では完璧なのに誰もいないとゴミを路上にポイ捨てするような偽キャラ女子だったりすると、恋愛感情はなくなります。

一度知ってしまったことは、無かったことにはできないので、どれだけ盛り上がっていて、もうすぐ交際にまで進めると思っていた人であっても、一瞬でその先の道は絶たれるのです。

嫌な部分を見てしまったことで、関わりたくないという心理が働きます。

仕事が忙しくなって連絡する暇がない

付き合ってない男性からの連絡が急に減った時の理由は、仕事が忙しくなって、今までの様には出来なくなるからです。

一般企業に勤めている人も、自営をしている人も、繁忙期という時期があり、事前に分かっている場合もあれば、突如としてやってくることもあります。

同じ職種や企業内に努めている人であれば、情報共有だけでなく、同様に忙しくなるため、片方蛾だけが不満を抱くという事はありません。

男女が他社で働いていたり、女性側がまだ学生だったりすると、相手の忙しさを知ることが出来ず、突如連絡が取れなくなったと感じます。

「最近忙しいんだよね」と教えてくれていたとしても、言葉で聞くだけでは実際どの程度の状況か想像できず、「連絡できない言い訳かな」「そう言って距離をとろうとしているのかな」とネガティブな発想をしてしまうのです。

目が回るほど分刻みのスケジュールをこなしていれば、まだ彼女でもない相手を最優先させるわけにはいかず、落ち着いてから電話しようと考えます。

やり取りに飽きたから付き合うか迷い始めた

付き合ってない相手との交流が激減した時の理由は、やり取りに飽きたから、これから交際に発展させるか迷い始めたからです。

急激に仲良くなると、冷めるのも早いもの。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

出会ってすぐ毎日連絡を取り合うような関係になったとしても、運命の相手と出会ったわけではなく、そもそも熱しやすく冷めやすいタイプだったという事もあります。

新しい物好きや浮気性の人などは、新鮮さを感じられる事ほど、楽しいと感じる傾向にある人です。

知り合ったばかりで、メッセージのやり取りが楽しかった日々が落ち着き、突如として「飽きた」という感情がやってきます。

仲良くなることが楽しくて暇さえあれば電話をしたり、メールを入れたりしていましたが、いざ親密度が高くなると、「このまま付き合うのはどうだろう」「飽きたから彼女にしても面白くない」と考え、パタリと止めてしまうのです。

付き合うかどうか迷っている相手と、交際に進んでしまうと、あっという間に終わりを迎えるので、見極めが必要だと言えます。

他に気になる女性が出来た

付き合ってない男性からの連絡が急に減った時の理由は、他に気になる女性が出来たからです。

「彼女がいないうちは何をしても自由」と考えている男性は多くいます。

恋人という特別な立場も人がいないという事は、色恋事も制限されることなく、責められる筋合いもないと考え、彼女候補を何人も作る人さえいる程です。

いくら盛り上がっていて、交際間近と思われる相手でも、付き合うまではフリーの人。

新しい出会いがあれば、ライバルの出現となるし、女性側からアプローチされればその相手の事を知ろうとし始めます。

やりとりしている相手以外に気になる女性が現れれば、その他の人は彼女候補ではなくなり、交流が減っていくのは当然の流れです。

カノジョ未満の人がたくさんいる男性なら、特定の人に決めたという意味になります。

どれほど仲良くなっても、彼女になるかもしれない相手に、他の女性との交友関係を暴露する人はそういないので、異性とのつながりを知ることは困難です。

突然連絡が無くなってから気が付くことが多いので、他の異性が絡んでいると分かれば、潔く諦めた方が身のためだと言えます。

もう付き合っているつもりだから気持ちが通じていると思える

付き合ってない人からのコミュニケーションが急に減った時の理由は、もう付き合っているつもりだから気持ちが通じていると思えているからです。

言葉足らずの男性は多く、「分かっているだろう」「言わなくても知っているだろう」と考えている事が原因で、コミュニケーション不足となる場合は少なくありません。

盛り上がっていた男性が、いきなり関わる頻度が下がった場合には、彼の心の中で「この子とはもう心が通じ合っている」「この状況は確認しなくても、付き合っているだろう」と勝手に考えて判断している可能性があります。

女性はいつでも、男性から言葉で告白されることを待っているものです。

ところが男の人は、「言葉でわざわざ言わなくても、付き合っているに決まっているじゃないか」と勝手に判断している場合があり、確認作業を面倒だと考えます。

付き合っている女性に対して、振り向かせるための努力をするのは不要な事であり、「放っておいても、デートで会える」くらいの認識です。

普段から言葉足らずの傾向がみられる男の人には、言葉で確認したいと伝える事が必要となります。

付き合っている彼氏からの連絡がだんだん少なくなる原因

付き合いが長くなり愛されている事に安心すると連絡が減る

付き合っている彼氏からの連絡が、だんだん少なくなる原因は、交際の長期間化により、愛されている事に安心しているからです。

安心感は、人の思考も行動もゆっくりにする働きがあります。

心配や不安は、焦りを生み出し、行動も慌てたり、結論を早く出したいと思考回路もせわしなくなるものです。

付き合っている人との交際期間が長くなると、努力しなくても「愛されているな」「理解してくれているな」と一緒にいることに安心感を抱きます。

安心する事で、時の流れがゆったりとなり、慌ててメッセージのやり取りをしなくても、「確実にまた会える」「絶対に嫌われない」という自信から、会わない時の確認作業が減るわけです。

交際が長くなると、それだけお互いの気持ちを信用しあう関係が築けており、不安になる要素が排除されていきます。

穏やかな心境でカノジョと向き合っているので、「心が通じ合っていれば、必ずしもスマホは必要ない」と考えているところです。

生活サイクルが分かって来て離れていても行動が想像できる

付き合っている彼氏からの連絡が、だんだん少なくなる原因は、生活サイクルが分かって来て、離れていても相手の行動がリアルに想像できるからです。

目で見た情報は、そのまま映像として記憶に焼き付きます。

イメージ力が強い人ほど、鮮明に覚えることが出来るはずです。

彼女の家に出入りしたり、職場のレイアウトを聞いたことがあったりすると、実際に目で確認しなくても、脳内で立体的に再現できます。

付き合っていると、日々の暮らしや職場であったこと、時系列別に行っている事など、細かいことまで話をしているので、その場に立ち会っていなくても想像できるようになるものです。

繰り返しイメージングをしている事で、連絡を取り合っていなくても、いま彼女が何をしていて、どんな事を考えているのか想像できるようになります。

わざわざ「何をしているの」と聞かなくても、質問の答えを得ている状態です。

特別変わったことが無い限り、全ては脳内で終わってしまうので、連絡頻度が少なくなります。

細かい連絡が面倒。デートの時に話せばいいと思い始める

付き合っている彼氏からの連絡が、だんだん少なくなる原因は、細かい連絡が面倒だと感じ始めるからです。

そもそも男の人はスケジュール管理さえしっかりできていれば、合間の確認は必要ないと考えます。

ビジネスにおいても、会議が連続して行われるというスケジュールが組まれていれば、その合間に次の資料を準備して、気分転換をして集中力を高めておく、という動作は、自己管理の一環であり、わざわざ手帳に書きはしないはずです。

恋愛においても同じで、次のデートの日程が決まっているのなら、その日にそれまでに起きた事や感じた事を話せばいいと考え、隙間時間にまで報告するのは面倒だと考え始めます。

「明日会うのに、今日電話する必要ある?」「昨日話ししたから、特別な事なんてないよ」というように、日々刺激があるわけではない事を理由に、連絡を求めるカノジョを面倒扱いするのです。

付き合う前は毎日のように連絡していたとしても、付き合い始めると何を知りたいのか分からなくなり、必要ないと言い始めます。

恋人優先が落ち着いて友達との時間を作るようになった

付き合っている彼氏からの連絡が、だんだん少なくなる原因は、恋人優先が落ち着いて、友達との時間を作るようになったからです。

好きな人と気持ちが通じ合った時には、気持ちも舞い上がり、毎日でも一緒に過ごしたいし、離れていても繋がりを確認したいと考えます。

そのため、付き合う前はもちろん、交際が始まってすぐも頻繁にやりとりを行う事が楽しくて仕方がありません。

交際が安定してくると、好きな気持ちは変わらなくても、他の人との時間も作りたくなります。

彼女に夢中になっている間、それまで仲の良かった友達とは疎遠になり、遊ぶ約束も断る事態も起きていたはずです。

状況が落ち着いたことで、埋め合わせをしたいと考えるようになり、会えなくなっていた人との連絡を再開し始めます。

友達と遊ぶ時間を優先的に作るようになったり、実家に帰ったりする事で、「今まで私が一番だったのに、後回しにされている」と不満を抱いてしまうものです。

彼にとっては、後回しにしていた人へのフォローであり、彼女が出来たからと言って友達を見限るつもりはないので、大切な時間と言えます。

仕事の疲れから返信する気力がなくなってくる

付き合っている彼氏からの連絡が、だんだん少なくなる原因は、仕事の疲れから返信する気力がなくなってくるからです。

恋人第一優先でしたくても、心身ともに元気な状態でなければ難しいものがあります。

疲労やストレスは、日々の中で積み重なりますが、解消する術を誰もが持っているわけではありません。

毎日ストレッチをしたり、心が落ち着く趣味を持っていたりするなら、少しづつでも日々解消することが出来ますが、多くの人は継続的な行動ではなく、まとまった休みに旅行へ行ったり、週に一度は何も考えずに過ごしたりと、単発的にリフレッシュを取り入れています。

疲れが溜まってくると、普段優しくて温和な人も攻撃的になったり、気配りが出来る人の視野が狭くなり焦りが見えたりと、良い所が隠れてしまう事も。

恋人にマメに連絡を入れている人も、一刻も早く寝たい日々が続けば、返信する気力が湧かずに、寝落ちしたり、文面がそっけなくなったりと、普段とは違う印象となります。

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境

別れを考え始めて悩みを抱えているけど時期早々で言えない

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境は、別れを考え始めて悩みを抱えているけど、時期早々だと思うから言えないというもの。

別れを考え始めていても、決意するまでは素振りを見せるわけにはいきません。

早まって彼女に「別れたいの?」と悟られてしまい質問されれば、別れ話について向き合わなければいけなくなるからです。

自分の中で結論が出ていない状態で、終焉に向けて話し合いをするのはナンセンス。

「このまま一緒にいて、いいのだろうか」「彼女の事を幸せにできるのかな」と付き合う中で相手を導けるのかという悩みから、「気になる人が出来たけど、好きかどうかはまだ分からない」と気持ちの揺らぎが起きている時など、心の中はザワザワしているのに伝えられない時には、何も言わず態度に表れてしまいます。

積極的に連絡が出来なくなり、心と向き合う事で精一杯なのです。

ケンカした原因が許せない

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境は、ケンカした原因が許せないというもの。

付き合っていれば、ケンカの一つや二つ、どんなカップルでも起きます。

その場で解決することが出来るカップルもあれば、言いたいことが後から次々と浮かんで、収拾が付かなくなることも、珍しくありません。

喧嘩の進捗や解決方法は、男女それぞれの性格が大きく影響してくるので、思い通りにストーリーを進められない場合も多くあります。

冷静に話し合いをしたいのに、相手が感情的なままであれば実行は不可能だし、そもそも喧嘩になった原因を互いに違う事を考えていれば話しはいつまで経っても平行線のままです。

男性の中で、思うように解決できない事にイライラしているだけでなく、喧嘩の発端となった原因をどうしても許すことが出来ず、どう伝えていいのかも分からなければ、いつも通りにlineや電話をしようという気持ちにはならないと言えます。

一人の時間が欲しいから察して欲しい

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境は、一人の時間が欲しいから察して欲しいというもの。

男の人は一人の時間が必要ですが、女の人は誰かと一緒にいることを好みます。

一人でいる時間に考え事をしたり、誰にも邪魔されずボーっとすることも大切な時間なのです。

女性の様にコミュニケーションをとることで安心感を得たり、連帯感から孤独を回避するのとは違うため、理解しにくい部分と言えます。

特に何をする訳でなくても、一人になりたいと思っている時、彼女に伝えると「どうして」「何をするの」と理由を尋ねられるのが面倒です。

理想は、一人になりたい事を、連絡頻度の減少や雰囲気から察して、そっとしておいてくれる事。

付き合っているうちに、対応できるようになって欲しいと願っています。

一人でいられる空間を確保したり、「一緒にいなくてもいいんじゃないかな」と思えるデートを提案してきたりすると、気持ちの裏側を察する努力が必要です。

結婚を考えてプロポーズの作戦を練っている事をばれたくない

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境は、結婚を考えてプロポーズの作戦を練っている事を、バレたくないというもの。

サプライズなどが大好きな男性は多くいます。

ロマンティストな人やイベント企画が得意な人も、カノジョを喜ばせようと常に思考を凝らしているはずです。

最近では、フラッシュモブでサプライズプロポーズをする男性も多く、普段とのギャップや驚きから、印象に残る記念日にしたいと考えています。

ただ、ウソが下手な男性が多いのも事実。

隠し事をしていても、女性の第六感が鋭いおかげで、何もかも知られてしまいます。

プロポーズは、フラッシュモブまでしなくても、出来ればその時まで内緒にしておきたい事です。

彼女にバレないようにするには、なるべく接触を減らし、表情や動作を見られないようにすることがベスト。

結果的に連絡が激減したり、デートが出来なかったりするため、女性側は不満を抱きます。

デートが出来ない分、内緒で婚約指輪を見に行っていたり、申し出をするロケーション探しをしていたりと、忙しくしているので、本人は連絡が減っている自覚がないはずです。

彼女に不満を感じていてイライラしている

交際している恋人からLINEや電話が一気にガクンと来なくなった時の彼氏の心境は、彼女に不満を感じてイライラしているというもの。

男性が攻撃的な精神状態になると、彼女に対してきつく当たり、本当は好きなのに傷つけたり、追い詰めたりしてしまう可能性が出てきます。

自分がイライラしているとどんな状態になるのかを理解しており、「今は、会わない方が良い」「落ち着くまでは彼女の声を聞きたくない」と自分を制御しているところです。

ビジネスにおいて、自己管理はマストであり、精神状態も然り。

イライラを抱いたまま、大きな商談をしても成果を得ることは出来ないので、時期を見計らったり、リフレッシュして問題を解消してから挑みます。

恋愛においても同じことが言えるもので、小さな不満はそのままぶつけるよりも解決策を提示したり、自分が納得できる方法を見つけたりしてから、本人と対峙する事がいいのです。

イライラしている状態のまま、無理に接触して破綻するよりも、賢い選択をしている最中と言えます。

信頼関係を築くことが大切

散々メッセージのやり取りをしたり、電話をかけあったりしていたのに、突然連絡が減る場合やだんだん頻度が少なくなる時には、嫌われたのか不安になるものです。

男性心理を知るは、相手との信頼関係を確認する作業でもあります。

付き合う前であれば、タイミングを待つしかできない場合もありますが、交際中であれば相手の望みを汲み取る努力も必要です。

信頼関係を築き、男性ならではの考え方も受け入れて恋愛を楽しみましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事