彼氏の不満の伝え方は口調とタイミングに気を付けて!言いやすい不満と言いにくい不満を上手に伝えるコツ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

「彼氏の不満を伝え方を知りたい」「上手にコミュニケーションを取りながら我慢していることを言いたい」と思っているのは、これからも仲良くいたいと思っている証拠です。

「喧嘩しないで上手に伝える方法ってあるの?」「どんなタイミングで言えばいいのか教えて欲しい」と思っているなら、不満の種類や具体的な言い方を知れば、「今だ!」という瞬間を見つけられるようになります。

信頼関係を構築していくためにも必要なあなたの想いを伝えるためのステップとして、彼氏の不満の伝え方について具体的に解説していきましょう。

言いにくいものや伝える時のコツなどもしっかり伝授していきますので、あなたの想いをぶつけて、ここから更に絆を深められるように一歩を踏み出してくださいね。

目次

彼に不満を伝えたいけれど伝えにくい理由

伝えたいだけでけんかをしたいわけではないから

彼氏に不満を伝えにくいと感じるのは、言いたいという衝動は沸き上がっているだけであって、わざわざケンカをしたいわけではないからという理由があります。

不満と言っても、小言程度のものから、心底許せない事と感情の具合もピンキリです。

嫌だなと思う部分があっても、適度に仲が良い状態を保っていれば、小言をぶつけたところから、険悪なムードになってしまい、何日も会話が出来なくなったり、自分から会いたいと言いづらくなったりする可能性があります。

特に、相手の男性が割と繊細なタイプで、彼女からの言葉に反応して、落ち込んだり気にしたりするタイプなら尚更です。

喧嘩に発展してしまえば、言ってしまった言葉は取り消せないし、「今までそんな風に視ていたんだ」とマイナスのレッテルを貼られてしまい、上手く付き合えなくなります。

トラブルを避けたい彼女としては、仲が良い状態を保ちたいと思うのは当然です。

自分が感じている些細な感情を抑えてしまえばいいだけなので、言わなくてもいいと口をつぐんでしまいます。

嫌な気持ちではあるけど言わなければいけないほど大した問題だと思っていないから

恋人に言いたいことを言えないのは、嫌な気持ちを抱えているとしても、必ずしも警告しなければいけないほどの大きな問題だとは思っていないからです。

どんな場面にしても、問題に直面した時には、ストレスを感じてしまいます。

イラっとしたり、モヤモヤしたり、ドーンと気分が落ち込んでしまうことなど、様々なパターンがありますが、いづれにしても「早くこの不快な感情から逃れたい」と思うから打開策を見つけようと考えるはずです。

行動力がある人であれば、その場ですぐ解決策を探し、結論にまでパパっと動けますが、そんな人ばかりではありません。

「まぁいいか」「気にしなかったらいいや」と思って、問題を先送りにするだけでなく、「そのままにしておいても、不快な気持ちが浮かぶだけで破局や生死に関わるものではない」と判断する事から放置する事もあります。

「自分さえ我慢してしまえば大丈夫」と押し殺して見て見ぬふりをして、ストレスを回避するのです。

不満が原因で別れたくないから

自分が感じている不満が原因で、彼氏と別れたくないと強く願っているから伝えられないという理由があります。

大好きな人でも、完璧な人間ではありませんから、嫌な部分の一つや二つあるものです。

最初の頃は、受け入れがたい部分を拒絶して「そんなはずはない」「すぐに気付いて直してくれる」と信じていますが、その人の癖だったり、育ってきた環境から刷り込まれた当たり前だったりすると、放置するだけではダメだと分かります。

次にやってくる感情は、「伝えた事で嫌われたらどうしよう」という気持ちです。

嫌われてしまったら、最悪の場合別れると言われてしまう可能性も出てきます。

大好きなカレと離れる事は断固として阻止したい女性は、不満を飲み込むという手段を取るわけです。

「嫌われるよりマシ」「別れを切り出されるくらいなら、言わない方がいい」とあの人の隣にいる事を優先させます。

彼氏を傷つけてしまうかも知れないことが不安だから

自分が不満を言ってしまえば、彼氏を傷付けてしまうのではないかと不安になってしまうからという理由で、何も言わずに放っておくということがあります。

男性がとても繊細な人だったり、彼女が好きすぎるタイプだったりすると、女性の言葉に大きな重みが加わるのです。

一般市民が「お給料をもっと上げて欲しいな」と愚痴をこぼすのと、一国の主が「全国民の所得を高めた方が、経済が回ります」と宣言するのとでは、聞き手への影響力が違うのと同じ。

カレにとって一番身近であるあなたから、普段の言動や言葉など注意をすれば、まるで人格否定されてしまったかのように受け取られて、激しく落ち込むことが予想されるなら、言わない方がいいと判断するのは致し方ない事です。

傷付けてしまった後も、交際を続けるつもりなら、「あの言葉を言わなかったら、こんなにショックを受けなかっただろう」と気にしながら過ごさなければいけないことになります。

言わなくてもいつか変わってくれるかもしれないから

彼氏の事を信じて、変わってくれるのを待っているのも、不満を言わない理由です。

人は、社会経験を積むと、成長していきます。

多くの人と関わり、今まで当たり前だと思っていたことも、小さな世界で自分だけの物差しで図っていた事だと気が付けば、学んだ事を取り入れて、より豊かな人格になれるように行動を変化させるものです。

生きていると、それぞれの環境に身を置いて、自分の道を歩んでいますが、どんな場面でも学びは起こっています。

成長して豊かな考え方を取り入れ、幸福度を高めるために生きているはずです。

今日出来なかった事が明日できるようになる、というのも日常茶飯事。

女性が抱えている不満は、カレの成長具合で解消される可能性を秘めているので、「いつか気が付いてくれるはず」と大きな気持ちで見守っているわけです。

成長する時には、身近な人がアドバイスしたらいい場合と、恥をかいて身を持って体験したほうがいい事とあります。

社会にもまれながら、経験値を高めれば、多くの不満の要因は解消されていくのです。

どうせ何を言っても変わらないだろうと考えているからから

前項と逆で、カレに何も期待をしていない場合も不満を口にしないという選択を取ることがあります。

目の前の出来事を何でも吸収できる10代や20代に比べ、30代以降は自分なりの考え方や生き方が固まって来て、融通が利きにくくなるものです。

もちろん20代以下の世代でも、「ここだけは絶対に譲れない」と思っている部分や「今までこうしてきた」と習慣化している事に関しては、人を傷つけていると気付かなかったり、周りからいくら注意されても聞く耳を持たなかったりと、強情になるケースもあります。

彼女が諦めてしまうのは、どう考えてもカレが動かないだろうと思っている部分です。

こだわっている所や、習慣であっても、他人から見れば不要な事もあるし、迷惑だと感じることもありますから、「嫌だな」と思う事が出てきても仕方ありません。

「どうせ言っても無駄だ」と思っている事に関して、労力を使いたくないというのが本音です。

彼氏への不満で伝えやすい不満は二人で改善しやすいこと

マイペースで自分の事しか考えていない

伝えやすいことは、カレがマイペースで自分の事しか考えていないという事です。

好きな人とは、歩幅を合わせて付き合いたいもの。

同じ価値観や感動を確認しあうことが、愛し合えているという実感に繋がるからです。

映画を見て「面白かったよね」「面白かったよ」と同調する事や、何が好き「パスタだよ」「一緒だ」と共感することなどは、二人が似ていると感じる瞬間であり、通じ合えていると思えるものと言えます。

同調や共感、同じ価値観の共有などは、多ければ多いほど感動しますが、全てが一致するものではありません。

いつの間にか、何もかも同じペースでいたいと思うようになることから、マイペースなカレの言動に不満を持ち始めるわけです。

「どうしてそんなに早く歩くの?」「急いでいるって言っているのに、まだ準備出来ていないの?」とワガママに思えるマイペースな彼の言動は、割と指摘しやすいことだと言えます。

おしゃれじゃない

オシャレさを感じられない男性への不満は、女性は言いやすいものです。

世の中に流通するアイテムの特徴として、女性ものの方が種類が豊富で彩り豊か、量産されているし、比較的安価なものが多いと言えます。

一方で、男性のファッションや髪型はいかに個性を出すか難しい所。

こだわりはじめれば、ブランドものや自分に似合う系統を勉強して取り入れるなど、方法はありますが、あれこれ同時進行が難しい男性にとっては、非常に手間に感じる人が多いのも事実です。

「着られたら何でもいい」「最低限、清潔にしておけば大丈夫」と思っている人を彼氏に持つと、オシャレな彼女からすると不満を感じます。

「もっと身だしなみに気を使ってよ」「オシャレになる努力してよ」と不満を伝えると同時に、こういうタイプのカップルは彼女が彼に似合う服を選ぶという結末に進みやすいと言えるはずです。

結婚や同棲など将来の話

結婚や同棲などを考えた時の将来の話に対しては、不満を抱きやすく、直接伝えやすいという特徴があります。

交際を続けてきて、「このまま結婚しよう」「一緒に生活をしたい」と思っている時に、時期や場所などで意見が割れやすいものです。

お互い独身で、仕事に力を入れている時期であれば、両者とも職場が近い方がいいですし、親に不安があればなるべく近辺にいたいと考えます。

話し合いで決めていきますが、結婚や同棲の時期、場所、金銭的な段取りなど、見通しが絶たなければ不満が生まれるのは当然です。

いつ、どこにと決めなければいけない部分は、早々に固めたいと考えます。

彼氏との意見が合わなかったり、一向に動いてくれないようだったりすると、「早く決めようよ」と催促するのです。

結婚に対してあこがれが強いのは女性の方ですから、結論を固めてしまいたいのは自然な事だと言えます。

たばこやお酒などの嗜好品

カレが好んでいるたばこやお酒などの嗜好品に関して、女性は不満を言いやすいと言えます。

男性が好むお酒やたばこは、匂いや後癖の悪さなどの理由で嫌っている女性も多く、「早くやめてよ」「私がいないところでして」などと口うるさく伝えるものです。

一緒に楽しめる彼女であれば不満にはなりませんが、彼氏だけが好んでいるのであれば、不満ランキング上位に上がるほど、嫌われやすい要素となります。

お酒は、百薬の長と言われるくらいですから、ほどほどに嗜む程度なら、健康にもいいとされていますが、文句を言われるくらいの男性は、明らかに飲みすぎているはずです。

酔っぱらって記憶を無くしたり、女癖が悪くなったり、依存症レベルになっているなどであれば、全力で留めるのは必須。

たばこは百害あって一利なしと言われる嗜好品ですから、彼女としてはカレの健康のためにも止めて欲しいところです。

嗜好品は、止めて欲しいと伝えたところで、本人の意志が固まらない限り止める事は難しいものでもあります。

連絡がマメじゃない

女性が彼氏に不満を抱くモノの中に、連絡頻度というものがあります。

「どこで何をしているのか分からない」「もっとラインをしてきてよ」とお手軽さゆえに、男性に求めて、口にするはずです。

誰もがスマホを持っている時代ですから、現代では連絡がすぐ着かないことが不安要素であり、不満にもなります。

束縛や監視などという激しい感情でなくても、すぐに連絡が取れない時点で「どうしてだろう」と不安になってしまうという事です。

男性は、仕事中にはプライベートの連絡をしない人も多く、休日もデートをしていない時は、一人の時間として楽しんでいます。

友達と遊んでいたり、趣味に没頭していたりする間は、彼女に電話をしようと思わないので、スマホを放置し、気付けば着信が数件溜まっているという状況も。

彼女としては「何ですぐに出ないの?」と不満をぶつけますが、男性としては故意ではないので仕方がないと肩をすくめます。

浮気癖のあるカレ。女好きなのはかなりの不満

女好きな彼氏であれば、浮気癖に感情が爆発するのは当然です。

自分という彼女がいても他の異性にうつつを抜かす彼氏を見ながら、グッと耐え忍ぶほど絶対的な関係性ではありません。

浮気されても平気な人は、最初から覚悟をしている人か、自分も同じようにしている人だけ。

好きな人が他の女性と浮気をしているのを黙って見ているくらいなら、問い詰めて白黒はっきりさせた上で、交際を続けるのか、相手との縁を切るのか選択を迫るはずです。

女癖が悪い人は、何度も浮気をするので、「またか」と思いながらも、そんなカレと離れられない自分さえも情けなくなることも。

それでも、放置するのではなく、しっかりと意見を伝えて立場を理解してもらい、是正を行おうとします。

罵倒する事もあれば、静かに話し合いをすることもありますが、怒っている事をしっかりと伝える必要があるのです。

彼氏への不満で伝えにくいのは彼の人格形成やプライドに関わること

ギャンブルで浪費するお金にルーズなところ

伝えにくいのは、お金にルーズなところです。

夫婦になったのならまだしも、恋人の段階で経済状況や金銭感覚に口を出すのはなかなか言いにくいもの。

生活の優先順位や楽しみなども関係してきますから、現段階ではあまり言えません。

ギャンブルなどが好きなカレでも、「止めて」と言ったところで、「将来が不安だから」「良い事にはならないよ」などそれ以上の理由は言えないはずです。

生計を共にしているなら、生活費や光熱費などを理由に出来ますが、恋人が言ってしまえば「私にお金を使って」という意味に受け取られかねない状況となります。

強制力はない関係ですし、恋人の楽しみを奪う権利もありませんが、浪費癖は直してもらわなければ、将来のことが考えにくいというのも事実です。

彼女としては、将来の事と立場と天秤にかけて、不満を言うべきか否か、もどかしい思いを抱えています。

定職についていない

恋人が定職に就いていない事を不満に思ったとしても、直接言葉には出さない方がいい事柄だと言えます。

男性が仕事をしていないというのは、まだまだ社会的にマイナス評価を受けやすい状況です。

職業の幅が広がり、フリーランスや動画配信をメインの収入としている人も増えていますし、いくつも仕事を掛け持ちしてお金の入り口を増やすためにわざと正社員にならない人もいます。

収入を得る方法は増えているとはいえ、決まった就職先がないと言うのは、将来共に生活をしたいと考えている彼女としては不安要素が大きいと言わざるを得ません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不安定な職業であれば、いつ無収入となってもおかしくない状況です。

金銭的余裕は心のゆとりにも影響しますので、収入が無くなった時の精神状態を考えれば、早く定職について欲しいと願うもの。

親世代からしても、娘の彼氏がフリーで働いていると知れば、結婚を反対する理由にもなりますし、苦労をかけるかも知れないと予測を立てるのは当然です。

本人は、好んでか好まざるか、今の状況にあるわけですから、プライドの問題も関わってくるので言えない状況にあります。

彼女よりも自分の家族を優先させる

付き合っていても彼女より自分の家族を優先させるという事態に不満を感じても、言えないのが現状です。

家族を大切にするのはとてもいい事ですが、恋人本人からすれば、自分を優先して欲しいもの。

他人同士であるため、どうしても家族に対して「いつでも会えるでしょ」「今までずっと一緒だったでしょ」と思ってしまうからです。

海外では、恋人と家族は同等に大切にされる存在ですから、家の行事やイベントに彼女を招待するというのは良くある話。

日本は、彼氏の家族と一緒に過ごす事に対して、まだまだ抵抗感が強い人が多いものですから、結婚が決まるまで紹介されないというケースも珍しくありません。

彼女としては、「私と過ごす時間を増やしてほしい」と思っていますから、家族のちょっとした用事でデートを中断されたり、キャンセルされたりするのは、納得いかないものです。

ただ、悪い事ではないと分かっていますし、今までの習慣もありますから、言えないのが現状となります。

年齢の割に子どもっぽい

年齢の割に子供っぽいところに不満を持っても、プライドを傷つける場合があるので、我慢してしまうということがあります。

男性は、いくつになっても少年のようなところがありますが、あまりにも幼い言動を見ると、「いくら何でも、もう少し大人になって欲しい」と願うところです。

「可愛いな」と微笑ましく感じられるようなことならいいですが、大人として意見を求められたり、振舞う姿勢を求められたりしている時に、子供っぽさ全開の時には、どうしようかと頭を痛めます。

無計画にお金を散財することもそうですが、目上の方に敬語を使えなかったり、食事のマナーが悪かったりするのを見ると、どのタイミングで教えたらいいのか悩んでしまうはずです。

指導のような形になってしまえば、カレの気分を害してしまうし、「母親でもないのに」と拒絶されてしまう可能性もあります。

誰かが教えてあげた方がいいと思っても、彼女の立場がしてもいいのか考えると、言えなくなってしまうのです。

社会の中での人との関わり方

先ほども出てきましたが、社会の中での人とのかかわり方に不満を持った時には、どうしたものか悩むものです。

言葉遣いや態度、上から目線の普段の考え方など、人格を形成している根本的な部分を見直してほしいと思っても、なかなか言えるものではありません。

「あれさえなければ、とても優しくていい人なのに」「人当たりが良くて、明るくて面白い人なのに、時々すごく横柄なのが気になる」と思っていると、別れるに別れられませんし、直してほしいとも伝えられずもどかしい思いをします。

店の店員に敬語が出来なかったり丁寧な対応を知らなかったりして「ちょっと」「おばちゃん」と呼びつける、目上の人をあだ名で呼ぶ、TPOを考えずにいつでも好きな服装で動く、などは、社会人としてもっと多くの事を学んでほしいと願うばかりです。

彼に不満を伝えるときに気を付けるポイント

冷静に分析しながら希望を伝える

彼についてや自分の気持ちの部分など、冷静に分析しながら希望を伝える事を気を付けましょう。

不満と一言に言っても、感情面を振り返ると非常に深い意味を持っていることが分かります。

なぜ不快に感じたのかを掘り下げて考えてみると、「過去に付き合った彼氏と同じことをしていて、思わず思い出してしまうから」という理由が隠れていたり、あなた自身の事を「大事にしてもらえていない気がする」という自己評価の低さから来ていたりすることもあるからです。

彼の行動にしても、特別な意味がないものもあれば、自分の弱い部分を隠そうとしている裏返しの表現というケースも。

なぜ、不満を感じているのか、どうしてカレはその言動をしているのかを分析し、改善出来る方法で希望を伝えることがベストです。

「止めて」「嫌なの」と不満ばかり伝えられては、どうすればいいのか具体策がないので、現状は変えられないと言えます。

彼の機嫌の良いタイミングで伝える!イチャイチャしながら伝えてもOK

不満を伝えるタイミングを見極める事も大事です。

人は、自分がしている言葉や行動、考え方などを否定されると「拒絶された」と感じてしまいます。

愛し合っている2人であっても、人格を否定されたと感じてしまえば、そこから先は好きな気持ちを保てないというケースもあるはずです。

しっかりとひざを突き合わせて話し合わなければいけないほど深刻な事態でなければ、笑って受け入れられるタイミングを見計らって伝えるのがベスト。

恋人同士なわけですから、イチャイチャしている時に、ふと思い出したかのように言うのもアリです。

「そういえばさ、何でいつも靴下脱ぎっぱなしなの?」「寂しいから連絡はもっといっぱい欲しいな」など、サラっと口に出せば、スッと相手の心に届きます。

「言われるまで気にしていなかった!ごめんね、気を付けるよ」と案外あっさりと解決する事も珍しくありません。

あれもこれも言わないで1つずつを明確に

1つずつを明確にして伝えることも、注意しておきたいポイントです。

女性は、マルチタスクが出来る生き物ですから、頭の中に浮かんだことを色々手がける事が出来ますが、男性は基本的に一点集中する脳の作りになっています。

ただでさえ、マイナス要素を言われるのは誰だっていやですから、それを散弾銃の様に訴え散らされては、相手は参ったものです。

彼女がワーッと言い終わった後で、ふと振り返れば、あれこれ言われても、結局何を言われたのか理解できていないという事も少なくありません。

何個不満があったとしても、伝える時には1つに絞って、明確にすることが大事です。

「この部分を直してほしい」「気になっている」と伝えると、相手も納得できます。

伝えた部分をクリアしてから、次の課題を出したり、言っても変わらない様であれば手法を変えるつもりで、違う問題点を切り出したりすることです。

同時進行で求めないようにしましょう。

相手に伝えようと思っても、カレの方があなたに不満を持っていることもあります。

あれこれ言いたい気持ちをグッと抑えて、相手が何を考えているのか思いを馳せてみる事も大切です。

こちらの記事では、彼氏が冷たくなる本当の原因や対処法を具体的にご紹介していますので、問題を解決する時のヒントにしてくださいね。

言葉に気を付けて彼の人格否定をしない

相手の人格を否定しないことが、最低条件です。

どれだけ鬱憤が溜まっていようとも、言葉は丁寧に紡ぎましょう。

形に残らないものだからこそ、意識して美しい言葉遣いをしなければ、時としてナイフのようにカレの心をえぐって傷付けてしまいます。

「そんなんだから、昇進出来ないんだよ」「言われたことも出来ないから、誰にも見向きもされないんだ」など、人格や社会的地位をバカにするような事を言ってしまうと、一気に信頼関係が崩壊するはずです。

付き合っているあなたは、誰よりも彼の味方であるべき人。

どれだけ不満があっても、味方としての視点を忘れてはいけません。

「あなたにもっと幸せになって欲しいの」「他の所で恥ずかしい思いをする前に、知って欲しい」と支える側としての言い方や、「二人でいる時間を充実させたい」「大好きだから気になっちゃって」と恋心を引き合いに出すなど、聞く側も受け取りやすいよう工夫をしましょう。

二人の妥協点を見つけること

もちろん、相手にばかり意見を押し付けるのではなく、二人の妥協点を見つける事も必要です。

不満に感じる事の中には、カレ自身が気付いていない軽いものもあれば、どうしても直らないクセもあるし、こだわりとして譲れない部分もあります。

要望ばかりを投げかけて、彼の気持ちを踏みにじってしまっては、相手としてはストレスでしかありません。

好きな人と長続きしたいなら、お互いに譲歩するポイントを見つけて、いい距離感を作る事も大事です。

相手からもあなたの本音を聞きだしたり、どこまで修正が可能か聞いてから、あなたが我慢する部分を明確にしたりなど、話し合いが必須になります。

二人で話し合って決めた事は、信頼と絆になり、一層絆が深まるきっかけとなるので、どんな困難も乗り越える力になるはずです。

少しずつステップアップして、最終的にクリアできることもありますので、時々振り返りの話し合いも取り入れましょう。

彼に不満を伝える時の上手な伝え方

彼を誉めてから伝える

一方的に不満ばかりぶつけるのではなく、カレを褒めてから言いたいことを伝えると上手に心に届きます。

気兼ねなく言えない事というのは、言われる側からしても指摘されていい気分ではないはずです。

いくら言葉を選んでも、「あれが嫌なんだけど」と言われてしまえば、ショックを受け、落ち込むのは必然と言えます。

ネガティブな話題だからこそ、嫌いではない気持ちや修正点だけ理解して欲しい想いを伝えるためにも、先にカレの事を褒めましょう。

頑張っている事や、他の人より優れている事、あなたが好きと思っている所や魅力や長所など、何でも大丈夫です。

「こんなところが素敵だね」「良い所がいっぱいあるね」と褒めた後で、「この部分は少し気になるな」と付け足せば、あたかもおまけで思い浮かんだようにも感じます。

何となく不満が出てきたように感じれば、「そうか、気になるところもあるのか。だったら、次からは気を付けておこう」とポジティブな思考で受け取れるのです。

自分への不満はないか聞く

あなた自身への不満がないかどうか質問するのも、上手くやりとりを進めるポイントです。

女性は、自分の心をスッキリさせることに意識を向けがちで、男性は好きな人の困っている事をクリアしようと考える傾向にあります。

心に溜まりすぎた想いを伝えようとすると、どうしても一方通行になってしまい、後味が悪い話し合いになる事も。

だからこそ、先に、あなたへの不満がないか聞くことで、痛み分けをする事が出来ます。

また、「私に直してほしい所や気になっている所はない?」と切り出すことで、「これはきっと、何か言いたいことがあるんだな」と察してもらう事にもつながるのです。

話の土台が出来てから切り出せば、問題を受け入れる心の準備が整っているので、真剣に聞いてくれます。

あなたへの不満がない前提で聞いたとしても、案外聞かれると出てくるもの。

「こんなところを直してほしい」と言ってもらえれば、大ごとになる前に対処でき、ラブラブ期を長続きできるきっかけにもなります。

不満と自分の正直な気持ちも伝える

不満と同時に、自分の正直な気持ちも表現できると、上手く次のステップに進めます。

あなたがカレに「どうしていつもそうなのかな」「もっと○○だったらいいのに」と感じるのは、意思疎通を今以上に上手くやりたいと願っているからに他なりません。

つまり、大前提として大好きという気持ちがあるからこそ。

その部分を言わずして、不快な感情ばかりを吐き出しては、元も子もないのです。

全ては、二人がもっと仲良くなるためであり、大好きなカレと長く一緒にいたいと思っているから。

想いを伝える時には、根底の部分をしっかりと伝えた上で話をしていきましょう。

嫌な事ばかり言われるのと、「あなたともっと仲良くいたいから」と前置きをされるのとでは、言葉の印象が大きく変わります。

二人の将来の姿も想像しながら、理想の付き合い方をするための建設的な話し合いにしましょう。

不満部分の意図を聞く

カレがしている言動の意図を聞くというのも、解決するためのポイントです。

毎日24時間、全ての行動に意識を向けて意図的に動いている人はいません。

歯磨きや身支度など、習慣となっている事は無意識のうちに終わらせているし、貧乏ゆすりやルーティンなどのクセや心理の反動であれば、意味なく行動していることも多くあります。

「私、あの○○が気になっているんだけど、何か意味があるの?」と質問してみることで、「そんな事していた?」「それは嫌な感じだね!教えてくれてありがとう」と感謝されることも。

毎日見ている側としては、気に障るものであっても、本人にとっては深い意味のない事ならすぐに解消できることも少なくないものです。

一度、意識できるレベルに提示する事で、本人の行動を振り返るという行動を促します。

「他人から見るとこう見える」と客観的視点を知らせる事で、本人にどう感じるのかをジャッジしてもらえば、押しつけがましくない伝え方になるはずです。

直接言いにくいなら手紙を書くのもOK

直接言いにくい事なら、手紙にしたためるのもOKです。

恋人同士、何でも言葉にして言い合えば良いというものではありません。

言いたくない事もあるし、触れられたくない部分もありますし、即答できない事もあるのは当然です。

手紙に書けば、聞きにくい事も聞けるし、面と向かわないので、空気感を壊すこともなく、相手にしても返答を考えながら用意するチャンスを作る事にもなります。

投げかけてから返答まで、タイムラグがある為「ここは言いたくない」と言われれば、そのままそっとしておく事も出来ますが、言葉でのやり取りではレスポンスが早いので、「どうして」「私が嫌だって言っているでしょ」と追い打ちをかける言葉を投げてしまうのです。

ゆっくり愛を育むためには、文字による思いのやりとりも味わい深いもの。

手紙を書くことで、気になっている事を言おうか悩んだというあなたの気持ちまで察してもらえます。

お互いに優しくなれるので、丁寧に接する事が出来るようになるはずです。

もっと彼と仲良くなりたいなら不満を上手に伝えて

付き合い始めのカップルも、期間が長くなってきた二人も、心にわだかまりが出来ると、どのタイミングで伝えるべきか、悩んでしまいます。

彼氏の不満がある時には、伝え方や口調、タイミングに気を付けてアウトプットすれば、二人の信頼関係を強化するための話し合いになるものです。

どんな問題も乗り越えられる二人になるために、上手に伝える方法をマスターして、絆を深めていきましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事