この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫って、いつかは別れなくてはいけないというのはわかっていた、と感じている人がほとんどです。

のめり込んでしまってはダメ、気軽な気持ちで一緒にいないとダメ、それらのことはよく理解していたとしても、一緒にいる日々の中で彼の素敵な面を目の当たりにしたり、自分に優しくしてくれる態度を見ていると、好きな気持ちが増長するのは当たり前だと思います。

しかし、さんざん好きが溢れ出すというのは「別れも近い」と言えるのです。

なぜなら、相手に執着心や独占欲が芽生える頃なので、気持ちの制御がつきません。

相手も家庭を壊したってあなたと一緒にいたい!と思ってくれているのであれば別ですが、現実的には難しいと言えます。

だからこそ、期待したり相手との未来を望むようなことをしてないけないと思っていても、結果的別れがやってきたら落ち込んでしまう人が多いです。

不倫はいつか終わる、というのは理解できていたけど、いざ別れてしまうとこんなに苦しいのかと身が削れてしまうような気分になる人もたくさんいます。

そこで、苦しみから抜け出す方法をお伝えするので、自分の気持ちに苦しんでいる場合の参考にしてみてください。

目次

不倫相手との別れは特別辛い!心が負うことになる深いダメージの正体

結局自分は選ばれなかった虚しさ

心が負うことになる深いダメージの正体1不倫は、一緒にいる間は「蜜月」という言葉がぴったりなくらい「この人しかいない!」って女性は思っています。

男性も家庭内の不和だったり、妻と比較するなどして女性の自尊心を満たしてくれる言葉をたくさんくれることもあるでしょう。

そんな言葉たちが全部本当だとは、大人の女性であれば信じられないとライン引きをしているものです。

頭では「そんなにうまい話はない」「本音と建前はあるものだ」とわかっていても、心では「どうか本当であって」「カレは良い人」と相手を信じたいと思っています。

こうした感情の反比例は自分の中で調整しようとしても難しいですし、一緒にいる間は頭と心が違っていてもそばにいることに変わりはないので、彼を信じたいと思っていても自分を立たせていることが可能です。

いざ、別れてしまえば「あの言葉は嘘だったのか」「あんな風に自分を抱いたのもただ体の繋がりを持ちたかっただけ?」と不穏な気持ちしか残りません。

不倫が終了するほとんどの理由が、相手の家庭にバレてしまった、もしくはそろそろバレそうだ、という時です。

この時点で多くの男性は「彼女とは引き際だ」と思うものですし、一度別れたというカタチを作って、落ち着いた頃にもう一度彼女とやり直したいといった考えを持っていることも多いです。

それって都合がいい、と思うかもしれませんが、不倫をする男性って良いとこ取りしたい人も多く、家庭を壊す勇気はないけど、相手女性の魅力に魅了されてしまっている、なんてことはよくあります。

こうした要望を受け入れる入れないも女性側の気持ち1つではありますが、また自分を選んでくれるんだ、と思うとなかなか離れられないのも不倫の特徴です。

また、別れた時の傷が深く、一般的なカップルが別れるのが辛い理由もこうした背徳感や障害による心の燃え上がりによって、引き起こされています。

「あんなに好きと言っていたのに、結局私は選ばれなかった」という虚しさ、苦しさからいつまでも抜け出すことができません。

一緒にいる時は、お互いのことしか考えず、男性もあなたのことをきっとたくさん褒め、愛し、体を重ね合わせてきたことでしょう。

2人の思い出は普通のカップルよりも濃厚で密度が高いため、離れることが決定しても感情が追いつかないことがほとんどです。

心のどこかでいつか自分を選んでくれるのでは?と思っていた感情が、別れることによって一気に壊され、自分が消えてなくなりたいような気持ちになります。

不倫していた彼氏に選ばれなかった自分は、とても無価値で魅力のない人間に感じるという人も多いのです。

不倫を通して自分が魅力的なのだ、カレに求められているのだ、と思っていた人はより苦しみから逃れられなくなりやすいといえます。

決定的な理由がなく離れることへの苦しみ

心が負うことになる深いダメージの正体2通常、カップルの破局は何かしら理由があります。

他に好きな人ができた、相手の浮気、性格や価値観の不一致など、お互いが「これは別れてもしかたないよな」という理由で別れるのが普通のことです。

一方で不倫関係の場合は、全くカップルの別れとは別の理由で別れます。

もちろん、気持ちがスレ違って別れるということも多いですが、不倫関係が家庭にバレてしまった、これ以上深みにハマるのは辛い…など、お互いの問題というよりも「不倫関係に疲れた」という理由で別れることが多いのです。

嫌いになれたらよっぽど気持ちが楽ですが、不倫をしている時、相手の嫌な面・情けない面を見たとしてもなぜか許してしまう女性が多くいます。

そのため、男性側から「奥さんにバレそうだから関係を解消したい」と言われたり、このままの関係は難しいと言われると「今まで一緒にいたのにどうして?と気持ちが辛くなります。

そもそも、不倫関係という状態自体、女性側は大きなストレスを感じて一緒にいるのです。

つまり、多くの我慢をしているのだからいつかは自分を選んで欲しかった、という残念だなという気持ちが苦しくさせています。

さらに言えば、お互いの気持ちは大いに残っているのに離れざるを得ない状況ともなると別れに納得できないと思っている人も多いです。

向こうの家庭に発覚してしまった、不倫関係が発覚してしまいそうというのは確かにお互いの関係を継続させるさせないについて重要だといえます。

ここで、男性と女性の気持ちに違いがあり、男性は「もう別れるしかない」と考え、女性は「自分のことを選んで欲しい」と考えます。

せっかく妻と別れる理由ができたのなら、自分を選んでよって女性は思いますが、多くの男性はそこまでの勇気がありません。

そのため、第三者の都合と思ってしまい、2人の間は問題なく良好なのに、別れなくてはいけない状況に苦しんでしまうのです。

好きな人と好きなまま別れることは時々発生する破局の流れですが、どんな場合であれ、忘れられる・思い出になるまでには非常に時間がかかることが多いです。

さんざん心が疲れた状態からの喪失感

心が負うことになる深いダメージの正体3不倫をしている=悪いことをしている、というイメージは根強く、している者同士ですら罪悪感に苛まれながらも好きだから離れられないといった関係となっている人も多いです。

中には「好きになったのだから仕方がない」と思う人もいますが、多くの場合が「不倫はよくない…」と思いつつも、好きな人が自分を愛してくれている状況に酔いしれてしまいます。

不倫という背徳感から、2人だけの秘密を共有し、まるで共犯者のような連帯感が普通のカップルよりも強く、それだけ離れられなくなるのです。

沼にハマってしまったように、一度入り込んだら離れないような、不思議な感情の変化が起きるのは不倫の特徴だといえます。

女性の中では、好きなときにすぐ会えないもどかしさ、自分がそばにいて欲しい時でもがまんしなくちゃいけないストレスの中、相手を好きだという気持ちを糧に頑張っているのです。

不倫という名前をとっぱらってしまえば、自分達は純愛なのだと思っている人も多いため、別れた時の喪失感は自分が予想していた以上だと思いましょう。

「こんなに辛くなると思わなかった」と感じるくらいに、喪失感が体の中まで侵食していって、自分が生きている理由を失ったとすら思います。

たくさん我慢して、相手のことを考えてきたのに、結局自分を選んでくれなかった、何のためにこのストレス我慢し続けていたのだろう?と心が落ち込むのです。

さんざん、相手の言葉を鵜呑みにして我慢し、会いたい時も「会いたい」と言えない日をどれだけ乗り越えてきたのか…と心がまるで詩人のようにさざなみ、疲れた心を癒すことができません。

男性とケンカをした、何か大きな理由があったのであれば納得もできますが、単純に男性側の都合で別れてしまったのであれば、それだけ女性には言いたいことも募っていきます。

しかし、別れてしまったら言いたいことも言えず、言いたかった話もできないまま、1人にされてしまうことで、いつまでも苦しみから逃れずに悲しみや苦しさで胸が辛くなるのです。

情けない男性の姿を見た苛立ち

心が負うことになる深いダメージの正体3不倫の終わりは、温和に終了することはなかなかありません。

多くの場合が激情的に終了するか、多くの悲しみをまとって終了するかのどちらかだといえます。

お互いが納得して別れることを決断しているのであれば別ですが、相手側の都合だという場合は女性からすると「見たくなかった相手の本性」が垣間見える瞬間です。

例えば、奥さんに不倫がわかってしまってから別れ話をされる時は、非常に同様した状態で男性から連絡がくることでしょう。

今まで男らしくあなたのことを愛してくれた男性はどこに行ってしまったのか?と悲しくなるくらいに焦り、家庭を壊せない・子供がいるから無理だ等々の言葉が並んであなたを傷つけます。

バレるかもしれない、ということで別れを決意した場合も同様のことが言えて、あれだけ甘い言葉を囁いていたカレが、急にあなたのことをもう要らない存在のように捨てようとしてくるのです。

家庭に対して不満があると言う男性も多いですが、結局不倫をする際は何の責任も持たなくていい相手の女性に甘えているだけなのです。

現実的に家庭崩壊の危機が訪れたら女性を捨ててしまう男性は、とてもたくさんいます。

そんな男性の情けない姿、だらしない姿を忘れることができずに「こんな人に自分の時間を費やしていたのか」というイライラから、忘れることができずに苦しむことも多いです。

可愛さあまって憎さ百倍、といった言葉があるように、あまりにも好きだった相手からの裏切りや態度の変化に関しては、通常の人間関係よりもいっそう憎しみが沸き起こり、自分を苦しめる可能性があります。

あなたにとって、不倫といえども相手のことを本気で好きだったからこその憎しみ、苛立ちなので自分で「もう終わったことだから」と慰めてみたところで、どうにもなりません。

時間が経てば収まる怒りもありますが、怒りが体の中にある状態では、いつまでも新しい異性に興味が持てないこともあるのです。

ダメだダメだ、忘れなくちゃいけないと思うたびに逆に忘れられなくなるので、いつまでも不倫時代を思い出してしまいます。

自分で振ったとしても辛いもの

心が負うことになる深いダメージの正体42人の関係を終了させるのは、何も男性だけではありません。

不倫関係を続けている時の男性の態度を見てうんざりしたり、相手の愛情を感じられないからもう関係を遮断したい、辛い思いをするのが嫌という考えから自分で別れを切り出す女性もいます。

「深いところまで入り込みたくない」「これ以上一緒にいたら、関係に耐えられなくなりそう」と自分達のこれからを考えて、男性を振ることも多いです。

引き止めて欲しい、という気持ちと、別れるほうが良いのだ、という気持ちで揺れ動きながらも男性が別れを受け入れてくれたら「寂しい」と思います。

女性は、心の奥底で別れ話をした時の相手の態度で、自分への愛情をはかろうとする傾向があり、すぐにでも「そんなこと言わないで」「別れたくない」と本当は言って欲しいのです。

この感情は、本気で別れようと思っていても沸き起こり、そうやって引き止めてもらうことによって、相手に自分の記憶を植え付けたいと考えています。

不倫関係は不毛なことが多かったけど、それでも私のことを忘れないで欲しいというある意味「女の意地」のような感覚です。

ただ、男性側も不倫をしていること自体は悪いと思っていますし、女性を引き止める権利は自分にはないと思っていることも多いので、別れたいと言われたらそのまま受け止める人が多くいます。

「君がそう言うならわかったよ」と素直に受け止めるため、女性からすると「私がいなくなって楽になった?」とすら思うのです。

そして離れると、本当に別れることは正解だったのか?もう少し待てば男性はこちらに来てくれたのでは?なんていろんなことを想定し、悩み、落ち込みます。

いまさら考えてもしかたがない、とはわかっていても、心がザワついてしまいます。

不倫相手と別れた後時間が経ってもなかなか傷が癒えない理由

本気で好きだからこそ別れた

なかなか傷が癒えない理由1不倫は、好きだからこそ一緒にいない方がいい、という判断になりやすいです。

本来好き同士は、何がなんでも離れてはいけないと思われています。

それは、好きならどんな壁があっても2人でいることで乗り越えられますし、最終的には結ばれるのだと強く信じる人が多いからです。

一方で、不倫関係の場合は相手の家庭もありますし、中には自分にも家庭がる場合もあります。

そういった関係性なので、好きならそばにいるべき!とはなかなか言えません。

むしろ、本当に相手のことを思っているのであれば、別れるのがお互いのためなのでは?とも思うことが多いです。

好きだからこそ、相手の幸せを一番に考えてあげなくてはいけない、好きだからこそ、自分の思いを主張してはいけないのだ、と不倫をしている女性って思いがちです。

男性の場合は、一緒にいたいからいる、家庭か女性かを選ぶことは難しいけど女性がそばにいくれるなら甘んじて一緒にいるという人がほとんどだといえます。

この点でも、不倫に対する男女の感覚の違いがわかります。

女性の中にも「今が楽しかったら別にいいじゃん」と割り切っている人はいますが、関係を継続させていくと情が出やすいのは女性の方です。

お互いが全く感知せずに、ドライな関係を続けていける場合はそれぞれに別の相手がまだいるからだといえます。

人間は、1人のみ愛情を注ぐようになるとその人のことしか考えることができなくて、気持ちがふらふらするのです。

愛してる、と言ったその口で他の誰かにも同じように言える人は、不倫関係が続いたとしても苦しくはありません。

不倫相手のことを本気で愛し、相手のために苦しい気持ちを押し殺して別れるような人は、いつまでも相手の面影を感じて悲しいままなのです。

家族と仲良くしているのかな?など想像してしまう

なかなか傷が癒えない理由2別れようと思った時、別れたすぐ後は「この結末が最善なんだ」と思っているため、苦しみも寂しさも仕方が無い、と感じます。

ですが、徐々に別れてから月日が経っていくと「ああ、今頃あの人は奥さんと仲良くやっているのかな」「離婚して、他の女性と付き合っているのかな」なんていろいろ考えてしまうのです。

女性って、男性と違って「別れた相手が幸せになるのはちょっと嫌」と思っています。

本当に好きなら、相手の幸せを願うのは当然では?と思う人も多いですが、もちろん建前上は幸せになって欲しいと思っていますし、自分も相手と一緒にいたら得られなかった幸せが欲しいと考えているものです。

一方で、心の底や思いの深い部分では「自分と別れたんだから、絶対幸せになんてならないで」って思っています。

こうした感覚は不倫だったから、というわけではなくて通常の恋愛関係でも同じく感じます。

薄情だと男性は思うでしょうが、女性は自分を幸せにしてくれる男性が大好きで、自分を悲しませ、手を離す男性は好きじゃないんです。

不倫関係を終わらせる、ということは改めて男性は自分の家庭と向き合うことを意味していますし、もしも向き合わないのであればまた他の女性を見つけるのだろうと女性は思います。

「私のことを愛していたみたいに、他の人のことなんて愛して欲しくない」と、自分が知りえない男性の未来に思いを馳せてイライラしたり、悲しくなったりするのです。

そう思うことによって、不倫相手が自分の心の中から消えることがなく、いつまでも執着に近い感情が、うずまいてしまいます。

女性の想像力はとっても豊かでいて、そしてリアルです。

リアルだからこそ、本当にあったら苦しい!辛い!嫌だ!と思うことで、モヤモヤが心に張り付いて、いつまでも元彼である不倫相手のことを忘れられずに別れた傷も生々しく痛みます。

別れ話がLINEや電話だった

なかなか傷が癒えない理由3男性から振られるにしても、女性から振るにしても、別れ方ってすごく重要です。

言葉選びはもちろんのこと、話をするスピードや視線の巡らせ、別れ話をする場所などさまざま考えなくてはいけません。

付き合う時もそうですが、別れっていうのもすごく重要でお互いの記憶に残るようなものです。

別れの最終的な記憶が嫌なものだになると、不倫関係が全て最悪だったと思えてしまいます。

不倫を終わらせて、いつまでも心の傷が治らない人の多くは別れ方に納得ができていない人も多いです。

特に、会わずに別れる方法をとった2人は心残りになってしまいやすいです。

例えば、電話だけLINEだけで一方的に別れが決定してしまった、なんてことはよくある話だといえます。

もう絶対に別れたい!嫌い!くらいの気持ちであれば、会ったとしても自分が「別れたい」と言った感情を貫くことができますが、不倫関係って好きなまま別れることが多いため、顔を見たらまた好きになってしまうということもよくあるのです。

別れる決意が揺れてしまい、いつもの関係に逆戻り、となってしまうかもしれません。

男性が、不倫している女性に対して別れを告げる時は基本的に自分の家庭にバレてしまった、バレそうという時です。

だからこそ、「確実にわかれなくちゃ!」と思っているため、顔を見ると情が出てきて無理だから、電話やLINEだけで一方的な別れを告げる人が多くいます。

女性からすれば「最後くらい顔を見たかった」と思いますし、なんだか逃げられたような気分になって苦しいです。

最後の別れ方が納得てきないため、いつまでも別れの傷が癒えない理由にもないます。

男性からもらった言葉が呪いのように残っている

なかなか傷が癒えない理由4不倫をする男性って、すごく女性に対しての気遣いができたり、愛の言葉を平気で囁けたりします。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「好きだよ」「愛してる」なんてことを言ってくるので、なかなか日本人男性っぽくない発言も多いです。

「こんなこと言われたの初めて…」と女性の多くはうれしくなり、気付いた時には好きになっていたなんてこともよくあります。

不倫関係が進んでいくうちに、自分を愛してくれる人はきっとカレだけ!と思い込む人も多いですが、現実的に別れた後「あの言葉は嘘だったんじゃないのか」と思うようになるのです。

あなたじゃなくて家族を選んだ、あなたのためだと言って別れを選んだ、そのような人が多い中で、女性は不倫関係だった時のことを1人なると良く思い出します。

その時、あらゆる愛の言葉を発してくれたはずのカレが自分から離れた、ということは全部嘘だったんだろうな…と落ち込むのです。

一方で、別れたから嘘に感じるけど、付き合っている時は本気だったのでは?とも思います。

そのため、女性の中にはいつまでも自分を「愛してる」「大事だ」と言ってくれた男性の言葉が頭の中に巡り、離れなれなくなってしまうのです。

それはまるで呪いのように、あなたの心の奥側に張り付いて、いつまでも感情の中で傷口が乾くことはありません。

こうした相手の言葉の呪縛から逃れるためには、やはり新しい恋人を作る、ジムなどに行って汗を流してリフレッシュする時間を作るなど、自分なりに変化をしなくてはいけないのです。

さらに考えて欲しいことは、どれだけあなたに対してよい言葉を伝えてくれていたとしても、結果的に別れたのですから、運命ではなかったのだと思いましょう。

一緒にいる時、真剣に愛してくれたのだということだけを気持ちの支えにしてください。

感情的になりすぎてしまった

なかなか傷が癒えない理由5別れ話をするとき、男性よりも女性の方が感情的になって、泣いたり怒鳴ったりすることもあります。

取り乱してしまうのは、全てにおいて愛情があるから、まだ好きだからだといえますが、それにしても男性から見ると辟易としてしまう姿なのです。

そのまま別れてしまえば、ふっと冷静になった時に「どうしてあんなに取り乱してしまったんだろうか」と自分の態度に後悔します。

もっと冷静になれば、彼氏は自分と別れなかったかかもしれないし、同じ別れるにしても最後の記憶の自分はきっと可愛かったはずだ、といろんなことを考えてしまうのです。

年齢関係なく、女性は好きな人の前では少女になりますし、不倫関係という2人だけの秘密を共有していたカップルなら、通常のカップル以上に信頼関係やお互いにしかわからないよさを感じていたことでしょう。

そんな相手と別れてしまわなくてはいけない辛さ、というのはどうしようもありません。

本当は別れたくないのに、不倫だからと離れていく彼氏に対してイライラを募らせ爆発させる、なんてこともあります。

逆に、不倫関係のときからずっと何も言えなかった分、別れ話のときにも良い子になってしまって、感情を伝えることができずに離れたあとに「もっと自分の気持ちを伝えたらよかった」と苦しんでしまうことも多いです。

好き、という気持ちが歪んだり絡まったりして、感情のコントロールが効かなくなる人が多いことも不倫をしている2人の特徴だと思ってください。

そのため、別れた時もなかなか自分の気持ちと向き合えずに辛いなと思っています。

不倫は関係が短くても長くても苦しんでしまう

なかなか傷が癒えない理由6恋愛って、不倫でもなんでも情熱がなければ関係は発展しません。

最初からすごく好きで結ばれる2人もいれば、何かしらのきっかけがあったからこそ結ばれる2人もいます。

不倫関係に発展する多くが、ちょっとしたきっかけを境に燃え上がるような関係になるのです。

瞬間的に盛り上がって、盲目状態の中お互いにのめりこみやすくなるのが不倫ですが、ふっと気付いた時に「自分はこんなことをしていいんだろうか?」という疑問も起きやすいです。

男性のことを本当に人間として好きなのか、それとも衝動的に体を重ねたことにより感情が溢れたから恋をしたのか、はっきりとわからない人がたくさんいます。

不倫関係なので、相手には帰らなくてはいけない家があり、大事にしなくてはいけない何かがあります。

本当は自分を1番に考えて欲しいのに、不倫関係だからこそわがままも言えない、言ったら関係が終わってしまうと思ってしまうんです。

こうした気持ちは、不倫関係がスタートするとすぐに行き着く悩みでもありますし、最初のうちは全然考えていなくても徐々に辛くなります。

最初の段階の好きよりも「この人と一緒にいることがすごく楽しい!」という感情が先に走っている時点では、そこまで苦しさはありません。

むしろ、不倫関係を楽しんでいる人すらいます。

しかし、段々好きという気持ちが増えていくにつれて、彼を独り占めしたい気持ちがでてくるのです。

好きだから仕方がありませんが、そういった感情は不倫関係を破滅に導きやすいので、男性が別れようと言ってくる原因にもなります。

不倫だし…とその時は納得して別れたとしても、短くても長くてもそばにいた時間が濃密に感じられて、すごく苦しいです。

もっと一緒にいたかった、もう少し自分が我慢していたらカレは自分を選んだのではないか?たくさんの「もしも」が自分の中でぐるぐる巡るせいで、ずっと心の傷が残ってしまいます。

不倫関係を終わらせた後の喪失感を今すぐに少しでも軽くする方法

実は単純に彼を忘れたくないだけかも

軽くする方法1不倫関係が終わる、というのは必ず自分の気持ちに寄り添っているとは言い切れません。

自分は好きだったのに、相手の都合で別れなくてはいけないことも多いです。

彼にも「好きだけど、僕らは別れるしかない」と言われてしまえば、あなたも何も言えなくなります。

別れることが、今の2人にとって最善だとするのであれば仕方がない、と思いつつも不倫関係を築いていた時の「リスクを背負っても一緒にいたい人」という気持ちが別れたあとも残る人が多いです。

不倫関係じゃなくても、別れてすぐに相手の男性のことを忘れられる人はいませんし、嫌いになったとか問題があって別れたわけじゃないならなおのこと辛い、と思うのは普通のことだと言えます。

別れてもずっと、ずっと忘れられないまま…という人は、一度自分の感情を振り返ってみてください。

忘れられないのはどうしてなのか?と自分を振り返ってみると、もしかすると「彼のことを忘れたくないのかな?」と思うかもしれません。

心の底で相手のことを忘れたくないからこそ、別れたあともずっと引きずっていることもあります。

そんな時は、心から「もう終わったことだ」と認識しましょう。

自分の中で「不倫していた元彼を忘れたくない」と思っているうちは、何をどうしても忘れることはできないのです。

すごく好きだった、という気持ちがあるのはわかりますが、いつまでもそのまま好きで忘れられなくても、彼があなたの元に戻ってくる可能性は非常に低いと言えます。

なので、いつまでも忘れたくないと思っていても自分の時間が無駄です。

忘れたくない、と思うのは自分がまだ一歩先に踏み出す勇気がないからだと言えるので、そんな自分に対して「終わったことをいつまでも覚えていても、彼は私のことを忘れるんだ」と諭しましょう。

一緒にいた時間は幸せなものだったかもしれませんが、別れた今はもう別々の人生を歩き始めているのだと理解してください。

悲しいならその悲しみに浸るのも1つ

軽くする方法2いつまでも不倫していた頃の記憶が頭の中をめぐり、傷が癒えない…という時は、いっそのこと悲しみに浸り続けるのも1つの手なのです。

人は何か悲しいことが起きたら、すぐに立ち直らなくてはいけない・元気にならなくてはいけない、と思いがちになります。

確かにずっと悲しい気持ちを背負ったままだと、自分がよくないことをしているような、ダメな人間と思ってしまうものです。

そのため、ほとんどの人が「すぐに元気になろう」「すぐに新しい恋をしよう」と一生懸命になります。

人はそんな風に器用にはなれませんし、好きなまま別れたのであれば忘れられないのも仕方がないのです。

つまり、自分の心を受け入れることも1つ自分を成長させる方法だともいえます。

悲しいときは悲しい状態を受け入れることも必要ですし、その先に「もう大丈夫」と気持ちを切り替えられるタイミングがやってくるものです。

自分で無理やり調整しようとするから気持ちが苦しくなった李、本当は忘れていないのに無理して「もう終わったことだ」と言い聞かせても無意味だったりします。

無理をしないこと、自分を責めないことはある意味、自分を早く立ち直らせるためには必要なことです。

いつかは別れる関係だったのだと考える

軽くする方法3不倫関係は、ずっと続けられるものではありません。

男性があなたと一緒にいることを決めてくれるか、もしくは別れるのかどちらかです。

通常のカップルみたいに理由がなければ別れなくてもOKではなくて、男性の家庭にバレてしまわないかとかあなたも家庭があればお互い気を使わなくてはいけません。

そんな関係は永遠に続くことは非常に難しいといえます。

本当に好きならそんなの関係ない!と思う人も多いですが、単純な恋愛とはまた別物なので、好きだけじゃどうしようもないことがあるのです。

不倫関係の間は楽しく愛されていた、と思うようにしてください。

いつか別れる関係だったのだから、不倫の間は良い思い出が作れた、と考えたら少しスッキリする気持ちになることでしょう。

自分だけが辛い、相手に捨てられてしまったのだ、と被害妄想が膨らまないように、注意しながら心を冷静に保つことが大事です。

不倫していた頃の思い出や相手の記憶を思い出したくない時の対処法

そのうち消えていくのだと受け止める

対処法1人はなぜか今悩んでいることや困っていることが、未来永劫続くのでは?と不安に感じてしまいます。

実際は、その悩みも困りごとも明日になれば忘れてしまうかもしれませんし、来年も同じことで苦しんでいるとは限りません。

単純に「今」辛いだけで、この先もずっと苦しいことはほとんどないのです。

不倫相手と別れた時、あなたの心はどうしようもなく乱れるでしょうし、忘れかけたと思ってもふとした瞬間にフラッシュバックすることはあります。

ただ、わかっていて欲しいのはそんな気持ち自体もそのうち消えていくのです。

ふっと思い出した時に胸がえぐられるように辛いのか、「そんなこともあったな」と振り返ることができるのかは離れている期間によって違いは出ますが、ずっと苦しいままなんてことはないといえます。

現実的に離れていて、お互いがお互いの生活を大事している現状に対して受け止められるように心は変化して、不倫関係だったあの頃を良い思い出として受け入れる時がくるのです。

そう考えると、今苦しいのはしかたがないことなんだと受け止められます。

相手のことを思い出す癖がついたと考える

対処法2誰だって自分の気持ちをコントロールしているようで、できていないものです。

忘れたい忘れたいと思えば思うだけ、色濃く相手の笑顔や楽しかった思い出が頭に浮かんで辛くなることはたくさんあります。

それら全てに心を痛め、もう無理だとネガティブになってしまうこともあるでしょう。

不倫関係は、一般的な恋愛よりもずっと濃厚で密度の高い時間を過ごしている人が多いです。

その分、お互いの距離感も近く思い出も濃いものとなっているので、忘れたくても忘れられないのは当然だと思いましょう。

別れた後もいつまでも思い出してしまって嫌な気持ちになっても、サラッと受け流すことが大事です。

難しいかもしれませんが、ふっと不倫時代のことを思いだしてしまったら「私の心がまたあの人を思い出したがっている」と思ってください。

心のクセだと思い、少しだけ気持ちに余裕を持たせると良いです。

思い出してイライラする時は体を動かそう

対処法3思い出すは仕方が無いし、受け止めるしかない…そう思っても、不倫相手のことを思い出すだけでイライラしてしまうこともあります。

そんな時は、自分のことを責めたり、思い出に対して毒づくなどして、心が乱れる可能性が高いです。

まだ不倫していた頃を引きずっているのか、と自分が嫌になるでしょうし、いつになったら忘れられるの?と苦しくなります。

思い出さないようにする対処法は、体を動かすのが一番です。

非常に基本的なことですが、健康的な生活、健全な体づくりは人の精神力を強化します。

運動に集中し、汗をかいている時は不倫自体のことなんて思い出す隙はありませんし、運動が終了した後は心地良い疲れに気持ちがリフレッシュしているものです。

なので、無理して誰かと会ったりせずに黙々と運動して、相手の影など蹴散らしてしまいましょう。

不倫相手と別れた苦しみから完全に抜け出し立ち直る方法

とにかく相手に関係するものは捨てる・消す

立ち直る方法1あなたが独身の場合、基本的にデートの場所はあなたの家だったりホテルだったりします。

そのため、不倫相手が私物を置いて行ったり、2人だけの思い出の品などが所狭しと残っていることはよくある話です。

誰にも言えない関係だけど、自宅残っている2人の思い出を見ていると「彼だって私のことを好きなのに」と気持ちのモヤモヤが晴れません。

確かに、お互い好きなまま別れたかもしれませんが、現実問題すでに会うことは叶わなくなっているので、自分を奮い立たせる意味もこめて、カレに関するものは全て捨ててください。

プレゼントされたもの、部屋着、写真など、捨てたくない…と思うようなものはたくさんあるでしょうが、一歩自分が前に踏み出すためにも、全て捨てましょう。

携帯電話に残っているメモリ、LINEの登録、写真等も全部削除が必要です。

思い出に浸らないようにするため、カレを思い出すきっかけを遮断することは非常に効果があるといえます。

「自分は被害者」という気持ちをなくす

立ち直る方法22人だけの問題であれば、相手が自分よりも家庭を選んだ、愛の言葉を散々囁いたくせに!なんて憤ることも多いといえます。

しかし、よくよく考えてみると男性から発せられた「妻とは不仲」「もう関係は終わっている」などの言葉を全て信用していいのか?という部分には疑問が残るものです。

不倫相手のことを忘れられない多くの女性が、自分が1番の被害者だと感じて、男性を恨んだりします。

憎むことによって、相手のことをより一層忘れられなくなっていることに気付いていないので、自分を単に苦しめているのです。

「本当に好きだったのは自分だけなんて辛い」と思うでしょうが、別れてしまった現実を受け止めて「恋が終わっただけ」と冷静になることが大事だといえます。

不倫というちょっと特殊な恋愛をしているので、被害妄想が強くなりやすいですが、その気持ちはただ自分を苦しめて、成長させることはありません。

単純に1つの恋が終わっただけ、と割り切りましょう。

次の恋はどうしたいのか?を考える

立ち直る方法3恋愛の痛みを癒すのは、恋愛しかないです。

すぐに恋愛はできない!と悩むでしょうが、その前にいったん「自分は次どんな恋愛がしたいのか?」を考えてみると良いといえます。

不倫をした経験は、あなたにとって自分の価値観を変化させたり、成長させるきっかけにもなりますが、虚しさも当然残ります。

本当に好きだったけど、別れてしまった悲しみがあなたの心を支配する期間もあるでしょうが、その後の恋愛はどうしたいのか?を考えることで、少し前向きにあることも多いです。

理想的な男性像を改めて認識することは、どんな出会いの場に出向くべきか?行動したらいいのか?を考えるきっかけになります。

行動しようと思えることはイコール新しい自分を見つけるきっかけにもなるので、立ち直りたい!と思う時には試してみてください。

不倫の傷は永遠に続くわけではない

不倫の別れが辛すぎる! まとめ不倫関係が長くとも短くとも、好きな人と別れるのは相当苦しいものです。

あなたは本気で愛していたのに、相手の男性はそうじゃなかった…家庭を優先して別れなくてはいけなくなった…など、いろんな別れの事情がある中で、どうにかして立ち直りたいと思うのは当然のことです。

無理をしたり、誰かに頼って自分を見失わないように、辛いことはしかたがないと受け止めて、時間とともに自分の気持ちが昇華できるよう少しずつ立ち直りに向けて行動してみてください。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事